ニチャアとは?意味や元ネタは?使い方を例文で紹介!

ネットを見ていると、たまに「ニチャア」という言葉を語尾につけている人がいますが、この「ニチャア」の意味や元ネタはご存知でしょうか?また、ニチャアはどんな時に使われるのか気になる人も多いことでしょう。今回はニチャアの意味や元ネタ、使い方などをご紹介していきます。

ニチャアとは?意味や元ネタは?使い方を例文で紹介!のイメージ

目次

  1. 1ニチャアとは?意味や元ネタは?使い方を例文で紹介!
  2. 2ニチャアとは?
  3. 3ニチャアの元ネタは?
  4. 4ニチャアの使い方とは?
  5. 5ニチャアを使った例文
  6. 6なぜニチャアなのか?
  7. 7ニチャア以外の面白い言葉をご紹介!
  8. 8ニチャアを理解して上手に使いこなそう!

ニチャアとは?意味や元ネタは?使い方を例文で紹介!

ニチャアとはいったいどんな意味があって、何が元ネタなのかとても気になることでしょう。さりげなく使っている人もいますが、意味が分かっていないと会話も楽しめないものです。

ここでは、ニチャアの意味や元ネタの解説や、どんなシーンで使われるのかということを例文を使ってご紹介しています。

ニチャアとは?

ここではニチャアとはどういう意味があるのかについてをご説明していきます。声に出してニチャアと言ってみると、あまりいい響きはしませんが、この言葉にはどんな意味が含まれているのでしょうか。

オタクの気持ち悪さを際立たせる言葉

ニチャアとは、オタクの発言の語尾に使われる言葉です。ニチャアという響きが気持ち悪さを醸しているように、ニチャアを語尾に付けることでオタクの気持ち悪さを際立たせています。

ネットでの発言の語尾にニチャアとついていれば、その発言を見た多くの人はその発言者がオタクであることがわかり、気持ち悪がって非難する人も多いです。

最近ではオタク文化が受け入れらて、市民権を持ち出したオタクですが、いかにも気持ち悪い響きであるニチャアを使われると、普通の人は引いてしまうことでしょう。

ニチャアの意味

ニチャアとは「唾液を立てる音」「乾いた口で話す様子」と表しています。オタクは一部の人から「普段人と話さないから口が乾いている」というような偏見を持たれており、それをニチャアという擬音で表現しているのです。

また、過去には性的な表現でニチャアと使われることもありましたが、現在はあまり性的な意味を持つことはありません。

単純にオタクが語尾に付けることもあれば、普通の人でもオタクを蔑む発言をするときや、敢えてオタク発言をするときに語尾にニチャアを使うことが多いです。

ニチャアの元ネタは?

ここまでで、ニチャアにはどんな意味があるのかをお分かりいただけたことでしょう。かなり気持ち悪い言葉であるニチャアですが、この言葉がどこからやってきたのか「元ネタ」もとても気になるところです。お次は、ニチャアの元ネタについてをご説明していきますので、よかったらご覧ください。

ある漫画で使われ擬音語から

ニチャアとは、Twitterでは10年以上前から使われている言葉で、結構前から存在する言葉ではあります。そんなニチャアの元ネタは、一体どんなものなのかと気になるところでしょう。

実がニチャアの元ネタはある「漫画」であるという説があります。オタクに由来することはわかっているので、漫画が元ネタでも不思議ではありませんが、それは一体どんな漫画なのでしょうか。

ニチャアの元ネタである漫画とは、様々な諸説があり、どの漫画が元ネタかは明確に不明です。しかし、性的な表現が多い漫画を始め、様々なジャンルの漫画までニチャアがあることが確認されているため、漫画が元ネタであることは間違いはないようです。

ニチャアの使い方とは?

もうお分かりのとおり、ニチャアはあまりいい意味で使われる言葉ではありません。オタクを蔑視したり、オタクの気持ち悪さをネタにしたりするときに使われることが多いのです。

しかし、仲間内のグループトークやSNSなどで、状況を選んでネタとして使うと「面白い」と感じられることがあります。ごくごく一部で空気を読んで使う分であれば、面白いワードではあるのです。

そんなニチャアという言葉ですが、具体的にはどのように使うのが正解なのでしょうか?ここでは、ニチャアとはどういう使い方をするのかをお伝えしていきます。

発言の語尾につける

基本的なニチャアの使い方は、発言の語尾に付けます。どんな様子で発言をしているかを表現するために、ニチャアは発言の語尾に付けるのがわかりやすいのです。

人や状況によってはニチャアだけを発言する人もいますが、それは雰囲気を出すためだったり、特に意味がないものだったりするので、初心者がニチャアを使うときは発言の語尾に付けると失敗しないでしょう。

カギカッコをつけて「〇〇(ニチャア」

語尾にニチャアを付けるときは、発言にカギカッコを付けて、ニチャアを丸カッコで閉じると、より雰囲気を出すことができます。いかにも音を出しているような感じになるので、ニチャアをより引き立てることができるのです。

表現するのであれば「〇〇(ニチャア」と言った感じです(〇〇は何らかの発言)。発言をしながらもニチャアとした感じがよくわかります。

〇〇の内容は何でもOK

ニチャアを使う際に、どんな発言の後に使おうか悩んでしまうかもしれませんが、基本的にはどんな発言のあとでも構いません。

単純に挨拶の後に付けたり、何気ない返事の語尾に付けたりと、好きに使ってOKです。何の関係もないタイミングでニチャアを使うことで、その発言とのギャップが笑いを誘うことがあるのです。

何だか盛り上がらないときや気まずい雰囲気のときに、敢えてニチャアを使って場を和ますことも可能で、万能の語尾と言えるでしょう。

しかし、偏ったオタク発言や性的な言葉のあとにニチャアを使ってしまうと、変な生々しさが出て周りに引かれてしまう恐れがあります。万能な語尾ではありますが、発言の内容や状況はしっかり見極めてから使うようにしましょう。

アニメやゲームの話の語尾につけるのが一般的

基本的にはどんな発言の語尾につけても問題のないニチャアですが、ニチャアという言葉の性質を考えると、アニメやゲームの話しの語尾につけるのが一般的と言えるでしょう。

今でこそ、アニメやゲームはオタクに限らず多くの人が楽しむものになりましたが、やはり皆心のどこかでは「オタクと言えばゲーム」「アニメはオタクのもの」と思っているところがあります。

そのため、アニメやゲームの話をするときは「今、自分はちょっとオタクになっています」という自蔑な意味を込めてニチャアを使うのです。

親しい友達や趣味友達の間ではこういったニチャアは理解されるので、様子を見て使ってみるといいでしょう。

三点リーダーをつけてより気持ち悪く

ニチャアとは、その言葉だけでも十分に気持ち悪さが伝わってくる言葉です。しかし、どうせならもっとニチャアを使いこなしたいという人は、より気持ち悪く、雰囲気を出すためにニチャアのあとに三点リーダーを付けてみましょう。

小説や雑誌、漫画はもちろん、ネット上での記事などでもよく使われる三点リーダーですが、発言の歯切れが悪いときや、余韻を残すとき、何かの前兆があるときなどに使われることが多いです。

そんな三点リーダーをニチャアの後に付けることで、変な余韻を残すことができるため、より気持ち悪さが引き立つのです。三点リーダーによってニチャアの粘っこくしつこいイメージが強くなるので、さらに雰囲気が出ることでしょう。

ニチャアを語尾につける理由

ニチャアを語尾につける理由は、先ほどお伝えしたように、どんな様子で発言しているかを表現するためというものもありますが、実はそんなに深い意味はありません。

初めは漫画が元ネタとなって広がったニチャアですが、今はどんな発言の語尾にも付けられる言葉となっています。親しい仲間内でのネタトークやプライベートのSNSなどでニチャアを使っている人も多いですが、特に何か理由を求めて使っているものではないのです。

ニチャアを使った例文

ニチャアの意味や元ネタなどを理解していただいたところで、お次はニチャアを使った例文をご紹介していきます!

本来はあまりいい意味を持たないニチャアですが、使いこなすことで親しい間柄の友達とのメッセージのやりとりやネットでのやりとりをすることができることでしょう。

例文①好きなものに対して

好きなものを堪能したり好きな芸能人のことを考えていると、何だか幸せな気分になる人も多いことでしょう。そんなときに、ニチャアという表現を使って「今、充実しています」「とても幸せです」ということを表現する人はたくさんいます。

例えば「今日のアニメは最高でした(ニチャア」「今日のライブは見ごたえあり(ニチャア」など、好きなものに対してに使われることが多数です。

例文②意味深さを表現したいときに

一般的にはオタク的な表現をするときに使われることが多いニチャアですが、発言の裏側に隠れた意味を持つときに「臭わせ」としてニチャアを使う人も多いです。発言と本音が異なることに語尾にニチャアと付けることで、相手方に「何かあるな」と勘づいてほしいのです。

例えば「まぁ、何もありませんでしたけど(ニチャア」「僕はどうでもいいですけどね(ニチャア」など、発言と本音に違いがありそうなときに使われます。

こうして見ていると、ニチャアを使うことで「発言の内容は真意ではない」ということを知ってほしい感じを出しているので、冗談や皮肉を言うときに使われやすいとも言えるでしょう。

例文③敢えてオタク感を出したいときに

現代では、オタクはタレントのオタク宣言やオタク文化の一般化によってそれなりの市民権を得ています。多少のアニメ好きやゲーム好きなら気持ち悪がられることも減りました。

しかし、完全なオタク以外は心のどこかで「オタクは受け入れられない」と思っている節もあるので、例えアニメやゲームが好きでも、それを簡単に「好きだ」と口に出すことができません。

でも、好きなものは好きだと周りに言いたい気持ちもあるというジレンマに陥っている人は結構多いものです。

そんなときに便利なのがニチャアという言葉です。普段はアニメやゲームなどに大して興味がないように見える人でも、オタク的な話題の発言の後でニチャアを付けることで「ネタ発言」「ジョークで言っている」という保険を得ることができるのです。

例えば「今期のアニメは○○が最高だな(ニチャア」「新作のあのゲーム、あのキャラがたまらん(ニチャア」など、一見ヤバそうなオタク臭がする発言でもニチャアを付けることで、普段のキャラを守りつつも「ネタ」として解決することはできます。

なぜニチャアなのか?

ここまではニチャアについて詳しくお伝えしてきましたが、中には「なぜニチャアという表現をするのか」と疑問に思った人もいることでしょう。単純にオタクの気持ち悪さを表現するだけであれば、別の表現もありそうなものです。ここでは、ニチャアは「なぜニチャアなのか」についてをお伝えします。

ニチャアは唾液音

前述したように、ニチャアの語源は「唾液を立てる音」や「乾いた口で話す様子」の表現です。口でこのような音を鳴らすなんて、想像するだけでも気持ちが悪いものですが、一部のオタクに偏見を持つ人たちにとって、ニチャアはオタクの気持ち悪さを表現するにはピッタリだったのでしょう。

また「オタクは陰キャ、つまり無口」と思われていることから、口が乾いているという考えから来ている表現でもあります。たまに口を開いたと思えば、唾液が乾いていてニチャアという音を立てたというもので、オタクの陰湿さや気持ち悪さを表現しています。

ニチャア以外の面白い言葉をご紹介!

ニチャアとはオタクの様子を表す言葉であることがよくお分かりいただけたことでしょう。元ネタを知らない人たちからもライトな感じで使われいますが、実はオタク絡みの言葉だとは知らなかった人も多いのではないでしょうか。

お次は、ニチャア以外で主にネットで使われていると面白い言葉をご紹介しますので、コレを機に使ってみることをおすすめします。

ファッ!?

ネットの掲示板などを見ていると、驚いたときや想定外のことが起きたときに「ファッ!?」という声を漏らしている人を多く見かけることでしょう。一見、ただの驚きから漏れた声だと思われがちですが、コレにもちゃんと元ネタがあります。

この「ファッ!?」の元ネタは、実は「真夏の夜の夢」というゲイ向けのアダルトビデオなのです。このビデオに出演する俳優がラストに漏らした言葉が「ファッ!?」であることがネット民に面白がられて、よく使われることになったのです。

汎用性が高い言葉なので様々なシーンで使われますが、元ネタを知らずに面白がって使っている人も多くいます。

卍(マンジ)

最近では割とメジャーになっているものですが、語句を強調するときに「卍(マンジ)」という言葉を使う人が多いです。

コレはオタク言葉というよりも今は若者言葉としてよく知られており、元ネタは明確にわかってはいませんが、モデルでタレントの藤田ニコルさんがSNSで使用していたことが有名でしょう。

嬉しいときも怒っているときも、悲しいときも「マジ卍」と表現するだけで「とにかく○○なんだろうな」ということが相手に伝わるほど汎用性が高い面白言葉です。

ニチャアを理解して上手に使いこなそう!

ニチャアという言葉は、オタクが絡む言葉であることがお分かりいただけたことでしょう。決していい意味を持つ言葉ではありませんが、親しい仲間内でネタとして使う分には「面白い言葉」として使うことができるでしょう。

ニチャアの持つ意味をよく理解し、使いどころをよく見ることで「わかっている人」「発言が面白い人」と思ってもらえるので、これを機に相手を見てニチャアをネタとして使っていくといいでしょう。

ただし、あまりにも所かまわずニチャアを使ったり連発したりすると、本当に気持ち悪い人だと思われたり、何もわかってないダサい人と思われたりするので注意が必要ですよ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ