寸止めオナニー は危険なの?オナニーで寸止めするやり方や注意点!

寸止めオナニーというオナニーをご存知でしょうか?寸止めオナニーは文字通り、絶頂に達しそうになったらオナニーをやめて快感を味わい続けるオナニーのことです。オナニーで寸止めするやり方や寸止めオナニーの注意点について見ていきましょう。

寸止めオナニー は危険なの?オナニーで寸止めするやり方や注意点!のイメージ

目次

  1. 1寸止めオナニーは身体に悪い危険行為?やり方や注意
  2. 2寸止めオナニーとは?【男性編】
  3. 3寸止めオナニーは危険!?【男性編】
  4. 4早漏を治すための寸止めオナニーもダメ?
  5. 5寸止めオナニーの正しいやり方【男性編】
  6. 6女性の場合の寸止めオナニーとは?
  7. 7寸止めオナニーの正しいやり方【女性編】
  8. 8回数を制限して寸止めオナニーを楽しもう!

寸止めオナニーは身体に悪い危険行為?やり方や注意

寸止めオナニーというオナニーをご存知でしょうか?寸止めオナニーは、イキそうになったらオナニーすることをやめて快感を感じ続けるオナニーのことです。実は、寸止めオナニーは身体に悪い危険な行為であると言われているのです。

以下では、寸止めオナニーのやり方と危険性をまとめていきましょう。オナニーによって射精しそうになったら、手を離しオナニーをやめて、またオナニーを始めることで、身体に悪い影響が出ると言います。具体的に何が危険なのかについて見ていきましょう。

オナニーによってすぐに射精してしまうと物足りないと感じる人がいます。そうした人は、寸止めオナニーを始めてみようと思うはずです。寸止めオナニーは、射精時に得られる快感が非常に大きいので、病みつきになる人が多いのです。

寸止めオナニーとは?【男性編】

まずは、寸止めオナニーとは何かについて見ていくことにしましょう。まずは、男性の寸止めオナニーについて詳しく見ていきましょう。男性はオナニーによって、あるときに射精し、絶頂に達して賢者モードに入っていきます。

寸止めオナニーでは、射精しそうになったら、イキそうになるものを抑え込むように何もしないでいるのです。そして、ある程度収まったら、またオナニーを始めるのです。これをひたすら繰り返すことで、なかなか射精しない快感を味わえるのです。

寸止めオナニーは多かれ少なかれ、誰しもがやっていることです。中には、寸止めオナニーをひたすら繰り返して、数時間もオナニーをしているという人もいます。寸止めオナニーは、実は危険な行為であることが分かっています。

長く気持ちよくいたいから射精を我慢

寸止めオナニーをする理由は、長く気持ちよくいたいからです。すぐに射精してしまうと、エッチな気持ちはなくなり、冷めてしまいます。オナニーで射精することを我慢していれば、ずっと長い間気持ちいい感覚を味わい続けられます。

寸止めオナニーをしていれば、ずっと長い間快感を感じ続けられるのです。ですから、普通のオナニーをしていた人が、寸止めオナニーに出会ってしまうと、ずっと寸止めオナニーをしていくことになるのです。それくらい大きな快感を味わえるオナニーなのです。

寸止めオナニーは、射精することを我慢するオナニーです。普通は、射精時に最も大きな快感を味わえるので、早く射精したいと望むものです。しかし、寸止めオナニーでは、その射精を先延ばしにして、より大きな快感を味わうことを目的としています。

イキたいゾクゾク感を楽しめる

寸止めオナニーは、射精を我慢して、普通のオナニーよりも大きな快感を味わうことを目的としています。イキたいゾクゾク感を楽しめるオナニーなので、一度やってしまったら、病みつきになってしまうことでしょう。それくらい強烈な快感を味わえます。

寸止めオナニーのやり方はいたってシンプルです。射精しそうになったら、射精の直前で寸止めして、ペニスにかかる刺激を減らすのです。そして、ペニスが落ち着いたら、またペニスに刺激を与えることを再開していくのです。

これを繰り返すことで、射精を先延ばしにして、ずっと気持ちいい感覚を味わい続けられます。寸止めオナニーのやり方は単純ですし、誰もがやれるほど簡単です。しかしながら、寸止めオナニーには少なからず危険があるのです。

とうとう射精した時の壮絶な快感

寸止めオナニーでは、できるだけ射精を先延ばしにします。射精しそうになっても、射精を我慢し続けるのです。寸止めオナニーのやり方で気を付けることは、ただ射精してしまわないことだけです。そして、射精するときには壮絶な快感が訪れます。

寸止めオナニーでは、射精を先延ばしにし続けるので、射精時に味わえる快感はとてつもなく大きいのです。寸止めオナニーのやり方は、ただ我慢することなので、誰にでも始められる簡単なオナニーです。大きな快感を味わいたい人はぜひ試してみましょう。

とはいえ、この寸止めオナニーには少なからず危険性があることが分かっています。寸止めオナニーを何度の何度もしていると、身体に悪影響が出てしまうのです。寸止めオナニーは大きな快感を味わえますが、やりすぎには特に注意しましょう。

寸止めオナニーは危険!?【男性編】

寸止めオナニーとはどういうものなのかについて見てきましたが、続いては、寸止めオナニーが危険であるのかという点について詳しく見ていくことにしましょう。男性が寸止めオナニーを何度も何度もすることは、実は大きな危険性があるのです。

寸止めオナニーは射精するという自然な流れを寸前で止めていることなのです。したがって、これを繰り返すと、精液が逆流してしまう危険があります。これが非常に最悪なケースでは、不妊につながる場合があることを頭に入れておきましょう。

また、絶頂に達してペニス自体が射精する態勢に入っているのに、射精を寸止めしていると、射精障害という病を抱えることにもなりかねません。射精するという自然の行為を止めてしまうことは、実は大きな危険をはらんでいる行為と言えます。

危険な症状①不妊につながる逆行性射精

最初に取り上げる危険な症状は、不妊につながる逆行性射精というものです。これは、自然な射精を寸止めすることで、精液が逆流してしまう病気です。これが怖いのは、不妊につながる点です。男性の側にも不妊につながる病は存在しているのです。

危険な症状➁勃起障害(射精障害)

寸止めオナニーの危険な症状としては、勃起障害が挙げられます。これは射精障害ともいわれ、射精しづらいペニスになってしまうという危険性があるのです。射精という極めて自然な行為を直前で寸止めしてしまうと、射精そのものがしづらい状態になりかねません。

危険な症状③尿道炎(膀胱炎)

寸止めオナニーの危険な症状としては、尿道炎も起こりえます。これは膀胱炎ともいわれ、男性の大事な場所で炎症が起きてしまうことを指します。寸止めオナニーを何度もしていると、尿道や膀胱が炎症を起こしてしまうという大きな危険があるのです。

危険な症状④精巣炎(前立腺炎)

寸止めオナニーの危険性はまだあります。続いて紹介する危険な症状は、精巣炎です。これは前立腺炎ともいわれ、大きな問題となっています。男性にとってとても重要な場所が、寸止めオナニーによって傷つけられてしまうのですから、やりすぎには注意しましょう。

早漏を治すための寸止めオナニーもダメ?

寸止めオナニーの危険性について見てきましたが、続いては、早漏を治すための寸止めオナニーもダメであることを見ていきましょう。よく早漏に悩んでいる人が、早漏を治そうとして、寸止めオナニーをしている場合がありますが、これもしない方が良いでしょう。

基本的には、寸止めオナニーをしても早漏を治すことは難しいでしょう。早漏を治すなら、寸止めオナニーではない方法で治しましょう。寸止めオナニーはすでに述べたように危険性が非常に高いので、やりすぎては逆効果になってしまいます。

寸止めオナニーは早漏を治すためにはあまり意味がないと考えておきましょう。寸止めオナニーは早漏を治そうとするためにするものではないのです。寸止めオナニーによる弊害はかなり大きいものがあるので、基本的にはやらない方が良いでしょう。

寸止めオナニーの正しいやり方【男性編】

早漏を治すために寸止めオナニーをすることはやめた方が良いことを見てきましたが、続いては、寸止めオナニーの正しいやり方を見ていきましょう。まずは男性編を取り上げます。正しいやり方が分かれば、寸止めオナニーの危険性を減らせます。

寸止めオナニーをするからには、自己流でやるよりは、まずは正しいとされるやり方を参考にしましょう。寸止めオナニーには少なくない危険が潜んでいるので、やりすぎることは禁物です。やりすぎないで、楽しむ程度にやりましょう。

なお、早漏を治すのでしたら、TENGAを使うことをお勧めします。早漏用のTENGAが発売されているので、それを用いましょう。寸止めオナニーを早漏対策のためにするのはあまりおすすめしません。危険性を当た目にしっかり入れておきましょう。

やり方①早漏用TENGAを使う

早漏を治したいなら、早漏用のTENGAを使うと良いでしょう。また、早漏を治す目的でなくても、早漏用のTENGAを使えば、寸止めオナニーを味わうことができます。寸止めオナニーは、早漏用のTENGAによっても楽しめるのです。

寸止めオナニーを早漏用のTENGAで楽しむときは、まずは、レベル別のTENGAがあるので、自分のレベルに合ったTENGAを選びましょう。レベルは1から5までそろえられているので、どんなに早漏の人でもレベル1であれば射精はしないでしょう。

やり方➁いつも通りのオナニーを始める

寸止めオナニーをしたいなら、普通のオナニーを始めるだけです。まずは、自分が好きなように、好きなものを見て、いつも通りオナニーしましょう。このあたりは寸止めオナニーも普通のオナニーも同じです。変わるところは一つもありません。

普通にオナニーをして、ペニスを勃起させて楽しんでいればよいのです。このときに気を付けることはただひとつ、射精しないことです。気を抜いて、気持ちよくペニスを愛撫していると、思いがけず射精してしまうこともあるので気を付けましょう。

寸止めオナニーをするなら、ただ普通のオナニーを始めて、ペニスを愛撫していればよいのです。そして、射精しないように気を付けながら、刺激を調節しましょう。射精しそうになるまで刺激を与えないことが重要です。

やり方③射精しそうになったらやめる

普通のオナニーをして、ペニスを愛撫し続けていくと、あるときに射精しそうになることでしょう。射精しそうになったら、すぐにペニスを愛撫することをやめましょう。オナニーをいったんやめるのです。刺激を全く与えないようにしましょう。

寸止めオナニーと普通のオナニーの最大の違いはこの点なのです。普通のオナニーでは射精しそうになったら、その勢いに任せて、射精してしまうでしょう。しかし、寸止めオナニーでは、射精しそうになったら、すぐに射精を回避する行動をとるのです。

寸止めオナニーでは、射精をなるべく引き伸ばします。人によって引き延ばす時間は違いますが、30分以上引き延ばすことはよくあると言えます。射精しそうになったら、射精を回避する行動をとり、ペニスに与えていた刺激をなくしてあげるのです。

やり方④繰り返し寸止めオナニーを楽しむ

普通のオナニーをして、ペニスを愛撫して、射精しそうになったら、愛撫自体をやめるということが一つのサイクルなのです。寸止めオナニーでは、このサイクルを何度も何度も楽しむことになります。多い人ではこのサイクルを1時間以上することもあります。

寸止めオナニーの醍醐味は、イキそうになるのを抑えるところです。イキそうになるのを寸止めして、快感を持続させるのです。ペニスを愛撫する仕方を緩めたり、エッチな画像や動画を閉じたりして、イキそうになる気持ちを和らげます。

そして、気持ちもペニスも落ち着いたら、また最初に戻ってオナニーをすればよいのです。こうしてまた愛撫を続けていくと、再び絶頂に達しそうになるはずです。そうしたらまた同じく愛撫をやめて、気持ちとペニスが落ち着くのを待つのです。

女性の場合の寸止めオナニーとは?

男性の場合の寸止めオナニーを見てきましたが、女性の寸止めオナニーはどういうものなのでしょうか?実は、女性でも寸止めオナニーは可能ですし、男性同様快感を味わうことができます。では、男性の寸止めオナニーと女性のそれとは何が違うのでしょうか?

実は、男性の寸止めオナニーと女性の寸止めオナニーの最大の違いは、女性の場合、危険性がないということなのです。男性の場合は、精液が逆流してしまう危険性や、勃起がしづらくなる勃起障害になる危険性などがあることを見てきました。

一方、女性の場合は、男性が抱えているような危険はないのです。これは、女性の場合、男性の精液のように外部に分泌されるものがないからかもしれません。男性が抱える危険性がないのですから、女性は寸止めオナニーを心おきなく楽しめるのです。

イキそうでいかないを楽しむオナニー

女性がする寸止めオナニーは、イキそうでいかない状態を楽しむオナニーと言えます。基本的には、女性の寸止めオナニーも男性の寸止めオナニーと同様、イキそうになることを回避するのです。それによって、快感が持続するという楽しみがあるのです。

女性の場合は、オナニーグッズを使っていいですし、自分の指でしてもいいでしょう。ある程度、性感帯を愛撫してイキそうになったら、刺激を与えるのをやめて、気持ちを落ち着かせましょう。そして、落ち着いたらまた愛撫を始めるのです。

寸止めオナニーの考え方は、男性と女性とで変わりはありません。イキそうになったら、刺激を与えるのをやめることが重要です。そして、落ち着いたらまた最初から始めるのです。これを繰り返せば、1時間以上もオナニーすることができるでしょう。

女性の寸止めオナニーは危険ではない

女性の寸止めオナニーは危険ではないのです。この点は、男性の寸止めオナニーとは大きく異なる点です。男性は、寸止めオナニーをしすぎると、精液が逆流してしまったり、勃起がしづらくなったりしてしまい、大きな問題があるのです。

一方、女性の寸止めオナニーの場合は、危険性がないのです。こうした点を考えれば、女性は寸止めオナニーをどんどんしてもかまわないということでしょう。普通のオナニーに飽きてしまったら、寸止めオナニーを始めてみると良いかもしれません。

メリット①興奮が長く続く

では、女性の寸止めオナニーのメリットを詳しく見ていきましょう。まず紹介する女性の寸止めオナニーのメリットは、興奮が長く続くという点です。女性の場合、男性より興奮が長く続く傾向があるのです。寸止めすることで持続するのです。

寸止めオナニーをした女性は、普通のオナニーよりも興奮が長く続くために、病みつきになることがあります。寸止めオナニーをしてもそれほど危険ではないため、多くの女性が多かれ少なかれ寸止めオナニーをしていると考えられます。

どのくらい寸止めオナニーをするかは人それぞれですが、多い人では1時間以上も性感帯を愛撫し続ける人もいるようです。女性の場合は、興奮が持続する傾向があるので、寸止めオナニーするのに適していると言えるかもしれません。

メリット➁性感帯が発見できる

女性が寸止めオナニーをするメリットのふたつめは、性感帯を発見できるという点です。自分の性感帯を見つけるのはそれほど容易なことではありません。自分自身の性感帯を見つけるのには、それなりに長い時間を必要とするのです。

寸止めオナニーを繰り返ししていれば、性感帯を見つけやすくなるでしょう。体のいろいろなところを愛撫していって、どこが気持ちいのかを探ると良いでしょう。寸止めオナニーを繰り返すことで、自分が気持ちいいと感じる場所が見えてくるはずです。

メリット③妄想が楽しい

女性が寸止めオナニーをするメリットの3つ目は、妄想が楽しいことでしょう。寸止めオナニーをするときに、妄想によって快感を味わうと大きな快感を味わえるでしょう。自分好みの男性に誘われて、すてきなエッチをしている様子を妄想すればよいのです。

妄想は自由なので、一番理想とする男性に一番理想とするシチュエーションで誘われる様子を妄想しましょう。そうした妄想によって寸止めオナニーをし続ければ、たまらなく濃密な時間を過ごすことができるでしょう。病みつきになってしまうかもしれません。

寸止めオナニーの正しいやり方【女性編】

女性の場合の寸止めオナニーについて見てきましたが、続いては、女性の場合の寸止めオナニーの正しいやり方をご紹介していきます。基本的な考え方は、男性の寸止めオナニーと同じです。普通のオナニーを始めて、イキそうになったらやめるのです。

女性の寸止めオナニーは、男性の寸止めオナニーほど危険がないことを指摘してきましたが、全く危険がないかというとそうではないのです。女性の場合の寸止めオナニーには、それなりに危険はあります。以下ではそれをまとめていきます。

やり方①普通にオナニーを行う

寸止めオナニーを女性がする場合、最初は普通のオナニーをしましょう。このときに特に気を付ける点もないのです。ただ、普通にオナニーをしていればよいわけです。寸止めオナニーとはいえ、最初は普通のオナニーと何ら変わる所はないのです。

オナニーするときには、道具を使っても良いですし、妄想によってエッチな気分を作り出すのも良いでしょう。自分好みのオナニー法を使えばよいと言えます。寸止めオナニーをするからといって、何も特別なことはないということなのです。

やり方➁イキそうになったら手を止める

そして、普通のオナニーを続けているとあるときにイキそうになるでしょう。そのイキそうになる瞬間に、手を止めましょう。こうしたやり方は、男性の寸止めオナニーと全く同じです。イキそうになったら、そのままにするのではなくて、手を止めるのです。

これによって、イキそうになったことを寸前で止めたことになります。これが寸止めオナニーなのです。これによって、性感帯に対する刺激がなくなるので、イキそうになるものが食い止められます。この点が、普通のオナニーと一番違うところです。

やり方③まずは10秒ほど我慢

普通のオナニーをしてイキそうになったら、まずは手を止めてみましょう。そして、そのときに10秒ほど我慢しましょう。10秒我慢すれば、たいていの人は、イキそうになることを止められることでしょう。これで寸止めが完成したのです。

10秒待つのが辛いと感じる人がいるかもしれませんが、10秒より短くしてしまうと、イってしまう危険性があります。寸止めオナニーでは、イクこと避けているので、だいたい10秒程度は我慢して、イキそうになる気持ちを抑えることが必要なのです。

注意点①恥骨の疲労骨折

女性の場合の寸止めオナニーには危険がほとんどないと述べましたが、危険がないということではありません。寸止めオナニーを女性がする場合の注意点としては、恥骨の疲労骨折が挙げられます。寸止めオナニーをすることで、恥骨が疲労してしまうからです。

注意点②興奮による血圧上昇

女性が寸止めオナニーすることで考えられる注意点は、恥骨の疲労骨折のほかに、興奮による血圧上昇が考えられます。寸止めオナニーを何度もしていると、興奮状態が持続していくことになるので、血圧が短い時間に急に上昇してしまうのです。

急激な血圧上昇は体に大きな負担となるので、できれば避けたいものです。寸止めオナニーによる危険性が男性ほどはないとはいえ、全くないということではないのです。したがって、以上の2つの注意点に気を付けながら、寸止めオナニーを楽しみましょう。

回数を制限して寸止めオナニーを楽しもう!

イキそうになったら手を止める寸止めオナニーについていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?男性の場合は、射精したくなるのを我慢することで、いざ射精するときには普通のオナニーとは比較にならないほど大きな快感を味わえます。

とはいえ、寸止めオナニーには危険性が付きまとっているのです。特に男性にとって、寸止めオナニーをすることはそれなりに大きな危険を抱え込むことになるのです。寸止めオナニーをするときは、危険性をしっかり認識しておく必要があります。

女性も、男性同様、寸止めオナニーを楽しめるのです。女性の場合は、男性ほど危険性はないとはいえ、まったくないわけではないので気を付けましょう。恥骨が疲労骨折してしまったり、血圧が急上昇してしまったりするので注意が必要です。

寸止めオナニー自体は気持ちがいいので何度でもしたくなるものですが、回数をしっかり制限しましょう。回数を制限していれば、寸止めオナニーを楽しんでも良いでしょう。危険性を頭に入れておきながら、寸止めオナニーを節度を守って楽しみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ