須藤弥勒ちゃんはゴルフがすごい?両親は?滑舌が気持ち悪いと炎上?

最近子供用の商品のCMでも話題を呼んだ須藤弥勒ちゃんをご存知でしょうか。初めて見た方は子役の子かと思うかもしれませんが実は天才ゴルファーなんです。今回は幼いながらも天才と言われる須藤弥勒ちゃんのプロフィールからご両親のことをご紹介します。

須藤弥勒ちゃんはゴルフがすごい?両親は?滑舌が気持ち悪いと炎上?のイメージ

目次

  1. 1須藤弥勒ちゃんはゴルフがうますぎる?一方活舌の悪さで炎上も
  2. 2須藤弥勒ちゃんとは?
  3. 3須藤弥勒ちゃんのゴルフの腕前がすごい!?
  4. 4須藤弥勒ちゃんの父親が編み出した練習方法とは?
  5. 5須藤弥勒ちゃんの両親は?
  6. 6須藤弥勒ちゃんはブスで活舌が悪いとネットで話題に!
  7. 7須藤弥勒ちゃんのピアスも話題に
  8. 8ビックマウスも騒がれる
  9. 9将来を期待させる天才少女

須藤弥勒ちゃんはゴルフがうますぎる?一方活舌の悪さで炎上も

皆さんは天才ゴルファー少女と話題になっている須藤弥勒ちゃんをご存知でしょうか。幼いながらもゴルフの大会で堂々とした姿で優勝して大人のプロゴルファーなどにも注目されており、まさに天才ゴルファー少女として活躍しています。

最近では子供用商品のCMでもその愛らしい姿が話題になりました。そんな須藤弥勒ちゃんですが、一方では活舌が悪い過ぎると炎上したこともあるようです。

今回は、須藤弥勒ちゃんのゴルフの功績のご紹介と父親が独自で編み出して行っている練習方法、須藤弥勒ちゃんご両親は何をされている方なのか。など詳しくご紹介していきます。天才ゴルファー少女になった理由が分かるかもしれません。

須藤弥勒ちゃんとは?

49778275 221690362047172 2637280298843135682 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
miroku_suto

須藤弥勒(すとうみろく)ちゃんの現在の年齢は6歳で、まだ幼い年齢でありながらもゴルフの天才として有名です。そのレベルは大人顔負けと言われるほどで大人のプロゴルファーにも絶賛されているようです。

須藤弥勒ちゃんのご両親はゴルフをされているわけでもスポーツ選手でもないのですが、父親が熱心に須藤弥勒ちゃんの練習をしてその力を鍛え上げているようです。

天才ゴルファー少女として有名で絶え間ない練習と努力をしている須藤弥勒ちゃんですが、それとは裏腹に子供らしい笑顔や愛嬌で大人たちを魅了しているようです。

須藤弥勒ちゃんのゴルフの腕前がすごい!?

天才ゴルファー少女と話題になるほど須藤弥勒ちゃんのゴルフの腕前はすごいようです。父親や母親がプロゴルファーであるわけでも趣味としてゴルフをしていたわけではなく、週末などたまにゴルフをする程度だったそうなのですが、ご両親が須藤弥勒ちゃんのゴルフの才能を見出したことにより、須藤弥勒ちゃんは天才ゴルファー少女となったそうです。

それでは日々の練習と努力によって得られた須藤弥勒ちゃんの功績を詳しくご紹介していきます。想像していたよりも素晴らしく圧倒的な功績で、これからが期待です。

2017年カルフォルニア州の6歳以下の大会で優勝

2017年にカルフォルニア州で行われた6歳以下を対象とした大会で堂々の優勝を飾りました。そのときの須藤弥勒ちゃんのスコアが2位の人との差を31打差をつけていたそう。

ゴルフの世界では差を付けることが難しいとされていて、これはプロとアマの差であり大人と子供くらいの差でもあります。31打差という圧倒的な差で優勝をしたことはご両親もとても驚いたことでしょう。

2017年サンディエゴ「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝

2017年にアメリカのサンディエゴで「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」でも史上最年少として優勝に輝きます。アメリカの実況でもこの出来事を絶賛しており、またとても驚いていたようです。

このIMAGA世界ジュニアゴルフ選手権で2位と5打差をつけての優勝でしたが、5打差もつけるのはゴルフの世界ではなかなか難しいことのようですし、国内だけでなく世界を相手に優勝するというのはかなりすごいことでしょう。

世界ジュニア選手権の出場権を獲得

須藤弥勒ちゃんは、2017年のカリフォルニア州で行われた大会で優勝したことで世界ジュニア選手権の出場権を獲得しています。

幼い時から世界と戦ってしかも優勝するというのはとても難しい事。しかし、須藤弥勒ちゃんは5歳の時にそれを経験しているので、やはりすごいです。しかも本人は緊張はしなかったと語っていますから、その堂々とした姿はすばらしいです。

須藤弥勒ちゃんの父親が編み出した練習方法とは?

須藤弥勒ちゃんが幼いながらもここまでの実力と冷静さを持ち、天才ゴルファー少女と呼ばれる理由はなんなのか?それは須藤弥勒ちゃんの父親が娘のために独自に編み出した練習方法が理由としてあるようです。

決して簡単じゃなく大人でも大変で辛いと感じるような練習。しかしそれが須藤弥勒ちゃんの力に繋がっているようです。その練習方法をご紹介します。

クラブ投げ

ゴルフの練習と言えば普通クラブでボールを打つところから始まるはずの練習ですが、父親はまずクラブそのものを投げさせることから始めたようです。

私たちにとっては意味のある練習なの?と少し困惑してしまいますが、この練習はとても大事なようで須藤弥勒ちゃんの父親曰く、この練習方法が一番に力が伝わりインパクトの瞬間を覚えられるようになるとのこと。この時点で、私達には考えられないような深い事まできちんと考えているということが分かります。

古タイヤを打つ

今度はクラブでボールを打つのではなく、古いタイヤを打つ練習をされているようです。ただ適当にタイヤを打つのではなく、斜めに寝かせてあるタイヤをクラブでひっくり返すという練習方法。

これは力もいるでしょうし集中力もいりますから小さな子供にとってはとても大変で辛い練習方法でしょう。これにもしっかりと意味があります。斜めに寝かせたタイヤをひっくり返すことで、体の軸がぶれないようにするためなんだそうです。

確かに小さいころから軸がぶれないようにしていれば、将来でも役に立つでしょう。しかし、集中力を切らさずにできる須藤弥勒ちゃんもすごいです。

目隠し特訓

これは目隠しをした状態で的に当ててみたりパッドでホールにボールを入れてみたりする練習方法です。目隠しをした状態で行うので難しい練習方法なのですが、須藤弥勒ちゃん自身は「心の目で見えるから難しくはない」と断言しているようです。

大人でも難しいはずのこの練習方法ですが、どうすれば心の目で見えるようになるのでしょう。やはり日々の練習によるものなのでしょうか。絶え間ない努力と諦めない力で得られるものでしょうか。

集中しすぎてトイレに行き忘れることも

色々な辛い練習をこなしながらも須藤弥勒ちゃんはゴルフや練習をやめたいとは思ったことも言ったこともないようです。練習では集中力を切らしたことは無いよう。

須藤弥勒ちゃんは集中力がかなり高く、練習をすることに集中しすぎてトイレに行き忘れてしまったという驚くエピソードがあったと母親が語っています。それだけ練習に熱中していたのでしょうか。ゴルフに対する思いが強いのでしょう。

須藤弥勒ちゃんの両親は?

こんなに強く頑張り屋さんな須藤弥勒ちゃんを育てたのはご両親。父親は練習ではかなり厳しくて娘が泣き出したとしても手加減はせずに常に厳しく接しているようです。そんな須藤弥勒ちゃんの練習などを母親は優しく見守っているようです。そんなご両親は何をしているのでしょうか。詳しく見ていきます。

父親は東京大学の教授

須藤弥勒ちゃんの父親は須藤憲一(すとうけんいち)さん。憲一さんはなんと東京大学の教授をされているそうです。見た目はすこし強面でスポーツをされているようにも見えますが東京大学を卒業し、現在では教授をされているとのこと。

学歴も良く教授をされている方なので教育のことはしっかり考えているからこそ、須藤弥勒ちゃんはここまで注目される人になれたのでしょうか。

大学時代では仏教を研究されていた憲一さんですが、実家は28続くお寺の長男なんだそうです。須藤弥勒ちゃんの名前は仏教から来ているのかもしれません。

母親はピアノの先生

須藤弥勒ちゃんを優しく見守っている母親は須藤みゆきさん。みゆきさんは現在ピアノの先生をされているそうで、リズム感を鍛えるために須藤弥勒ちゃんの練習の一つとしてピアノも行われているようです。ゴルフにはリズム感も大事ということでしょう。

そして現在はピアノの先生をしているみゆきさんですが、小学生時代はフィギアスケートをされていたそうです。県大会にも出場していてすべて優勝されているとのことなので、かなりのレベルでしょう。

フィギアスケートもピアノも厳しい世界なのだそうで、そういったことを経験しているみゆきさんだからこそ須藤弥勒ちゃんを育てられるのでしょうか。また、須藤弥勒ちゃんのアスリートな気質は母親であるみゆきさんの遺伝なのでしょうか。

自宅の隣に600坪の土地を購入し練習場を作る

すごい経歴を持つご両親ですが、なんと須藤弥勒ちゃんのために自宅の隣に600坪の土地を購入していつでも練習ができる場所を作ったそうです。父親である憲一さんは教授ですから土地を買えるのは難しいことではないかもしれませんが、600坪も買うのはすごいです。

また、憲一さんは毎朝の日課として練習場をゴルフ場と同じように整えたり、生えている草を機械は使わずに手で丁寧に整えているそうです。憲一さんは、「ここまでしなくても勝てる子はいるけど、やらなくて勝てなかった時悔しいと思う」と語っていてその熱意が伝わってきます。

また、パットの練習が出来るように自宅も改装したりアメリカで有名なプロコーチを週3で招くなどしていて、こういったことから徹底した教育と練習を行っているのが分かります。

須藤弥勒ちゃんはブスで活舌が悪いとネットで話題に!

ご両親による徹底した練習の指導などで天才と言われるほどに成長している須藤弥勒ちゃんですが、残念なことにネットではブスで活舌が悪いなどと話題になりました。

子供らしい表情が魅力

須藤弥勒ちゃんはまだ6歳というとても幼い年齢。この年からブスだと決めつけるのは難しいのではないでしょうか。人間は成長をしていけば顔は変わりますし、女の子なのでこれからメイクもしていくでしょうからそれによってまた変わってくるでしょう。

須藤弥勒ちゃんは練習や試合以外ではとても子供っぽく愛嬌溢れる子で、その表情も魅力的。いつも笑顔を絶やさず何事も楽しんでいる愛くるしい笑顔がとても可愛いのではないでしょうか。

活舌はまだ幼いから?

須藤弥勒ちゃんの活舌は、単純に幼いためなのではないでしょうか。6歳でも活舌が不安定である子はたくさんいるはずです。その子によってはっきり発音できる単語や苦手な言葉はありますから、活舌は仕方のない事。

これから成長してく須藤弥勒ちゃんですから活舌もだんだんと良くなっていくでしょうし、そういった部分があるからこそ。また可愛らしく魅力的だと思えるのではないでしょうか。

須藤弥勒ちゃんのピアスも話題に

須藤弥勒ちゃんの耳元をよく見てみると、なんとピアスをしているのです。ネットではこのピアスもとても話題になりました。外国では赤ちゃんがピアスをしていることは普通だとされているところもありますが、日本ではこんなに幼い歳からピアスをしているというのは馴染みがなく驚かれるところでしょう。

ピアスは3つ

須藤弥勒ちゃんの耳は現在3カ所開けているようです。こんなに幼いときから耳に穴を開けるのはすごいですし、痛みにも強いのでしょうか。普通、幼い時から耳を3つも開けたいとは思えないのではないでしょうか。

しかし、このピアスはダミーという話も。マグネットタイプのピアスをしているのだそうで、正確には耳は開けていないとのこと。確かにこんなに幼い時に耳にピアスをすることは考えられません。おしゃれをしたいという思いがあってマグネットのピアスをしているのでしょうか。

須藤弥勒ちゃんのピアスには魔よけの意味がある?

須藤弥勒ちゃんのピアスには魔よけの意味があるとも言われています。ある国ではピアスは魔よけのためにしているところもあるそうなので、教授をされている父親の憲一さんですからその事実を知っているかもしれません。なので、そういった魔よけなど悪いものから遠ざけるという意味をこめて須藤弥勒ちゃんにピアスをさせているのかもしれません。

ビックマウスも騒がれる

須藤弥勒ちゃんは試合でも常に堂々としていて言葉もハキハキとしているのが印象的ですが、ゴルフに関して須藤弥勒ちゃんはビックマウスになるようでそれがネットで騒がれました。まるで大人が言っているようなことを言えてしまうので余計に話題に。

たとえば、試合の時に緊張しないのかと聞かれた時には「緊張するのは凡人」だと語っていて、それに続き「ゴルフの神様の子供なので緊張しない」とはっきりと答えました。さすが世界を見ているだけあります。さらに「私が一番」と言っていたり、将来の夢について「伝説のプロです」と答えていました。

もうすでに天才と言われていますから伝説のプロになれる日は近いのではないでしょうか。また、ヘリに乗って遊覧飛行をしていた際には「ゴルフの神様が見える」と嬉しそうに話していました。言葉は自分を動かす力にもなるので、須藤弥勒ちゃんの大胆な発言はとても良い事ではないでしょうか。

将来を期待させる天才少女

6歳という年齢でありながら世界とたたかい、将来を見据えている天才ゴルファー少女の須藤弥勒ちゃんをご紹介しました。もともと持っている才能と日々の絶え間ない努力とご両親のサポートによって素晴らしい功績を残している須藤弥勒ちゃん。練習のときには涙を流すこともあるほどの辛い練習ですが、諦めることもやめることもしない姿勢は素晴らしいもの。

これから色々な困難や悩むことがあるかもしれませんが、まわりのプレッシャーや大人たちの圧には負けず、自分のペースで今と同じように頑張っていってもらいたいです。これからの須藤弥勒ちゃんの将来に期待です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ