思い込みが激しい人の性格とは?心理や特徴など紹介!

思い込みが激しい人は、自分の思い込みから周りに迷惑をかけることがあります。もし自分が思い込みが激しい性格であるという人は生きづらさを感じているのではないでしょうか?今回は、思い込みが激しい人の性格や心理、特徴、困惑したときの対処法などをご紹介していきます。

思い込みが激しい人の性格とは?心理や特徴など紹介!のイメージ

目次

  1. 1思い込みが激しい性格かも?と思ったら
  2. 2思い込みが激しい人の性格や心理
  3. 3思い込みが激しい人の特徴
  4. 4思い込みが激しい人はうつ病になりやすい説
  5. 5思い込みが激しいと恋愛がしにくい
  6. 6思い込みが激しい人度診断テスト
  7. 7思い込みをなくす方法とは?
  8. 8思い込みが激しい人に困惑した時の対処法
  9. 9まずは思い込みが激しいことを認めることが大事

思い込みが激しい性格かも?と思ったら

人にはそれぞれ生まれ持った性格というものがありますが、なかには「付き合いにくいな」という性格の人もいることでしょう。

自分中心で考えるから話しが全然噛み合わなかったり、いくら説明しても理解してもらえなかったりと、コミュニケーションの取りにくさを感じることがあります。また、自分自身もそのような性格で生きづらさを感じている人もいることでしょう。

そんな人は「思い込みが激しい性格の人」である可能性が考えられます。ここでは、思い込みが激しい人の性格や心理、特徴などについてをまとめましたのでぜひご覧ください。

思い込みが激しい人の性格や心理

「付き合いにくい」「生きづらい」と感じることが多い思い込みが激しい人ですが、具体的にはどんな性格や心理をしているのでしょうか?ここでは、思い込みが激しい人の性格や心理についてご紹介していきたいと思います。

性格や心理①被害者意識が強い

思い込みが激しい人は、自分は正しいと思い込んでいるため、他人から何かを指摘されたり失敗したりすると「何でこんなこと言われないといけないんだ」「こんなに頑張っているのに何でこんな目にあうんだ」とまるで自分が不遇な扱いを受けたように思い込みます。

また、不都合なことが起きたりちょっとついてないことがあったりするとすぐに「なんで自分だけ」「周りの人は優遇されているのに」と被害者意識を持ちがちです。

例えば、他の人が努力によって何かを勝ち取ったとしても、その努力は認めず「あの人は恵まれているけど、自分は恵まれていない」と自分は悲劇の主人公であるかのように思い込みます。

性格や心理②自分の考えが一番正しいと思っている

思い込みが激しい人が、自分の考えが一番正しいと思っています。もう自分の中では正解が出ているので、周りがいくら意見やアドバイスをしても、考えを変えることはありません。

自分の中で答えや結論が出てしまうと「それしかない」と強く思い込むので、他人から指摘を受けても「自分は正しいのに、なんでこんなこと言われるんだろう」と不思議に思ったり、周りが自分の邪魔ばかりするとさらに間違った思い込みをしたりすることがあります。

性格や心理③他人を信用していない

思い込みが激しい人が信じられるのは、ごく一部の理解者と自分だけです。それ以外の人は、自分のことを理解してくれないと思い込んでいるので、信用していません。

思い込みが激しいと、周りから思い込みについて指摘されることが多いので「自分のことを否定してくる」「みんな私のことが嫌いなんだ」と勝手に誤解します。思い込みの激しさが悪循環して、結果として「自分を理解してくれる人以外はみんな敵」だと判断してしまうのです。

性格や心理④何事も主観で考える

思い込みが激しい人は、何事も主観で考えているため、他人目線を持つことをしません。自分のことを信じ切っている上の視野がせまいので、周りの人の立場になって考えてみたり客観的に自分のことを見ることができないのです。

自分にとって最良の方法が周りにとっても最良だと思い込んでおり、他人の意見は聞き入れません。主観的であることを指摘されると「みんな、私のことが嫌いなんだ」とショックを受けて、暴走したり自分の殻に閉じこもったりすることがあります。

思い込みが激しい人の特徴

ここまでは、思い込みが激しい人の性格や心理についてお伝えしてきました。そしてお次は、思い込みが激しい人の特徴についてお伝えしていきます。

思い込みが激しい人にはどんな特徴があるのかよく知っておくことで、自分自身を見つめなおすことができますし、思い込みが激しそうな人がすぐにわかるようになることでしょう。

特徴①感情的になりやすい

思い込みが激しい人は、感情的になりやすい人が多いです。思い込んで突っ走っているときは冷静さを欠いているため、気持ちに余裕がありません。

そんなときに思い込みを指摘されたりすると、すぐにカッとなってしまったり、必要以上にショックを受けたりしてしまいます。感情的になっているときは何をやっても上手くはいかないため、さらに思い込みを加速させてしまう人もいます。

特徴②柔軟性がない

思い込みが激しい性格の人は、1度自分が思ったことや感じたことに執着し、物事を柔軟に考えられないところがあります。

例えば、他人から指摘をされても「コレでいいんです!」「前はこのやり方をしていました」と、人の意見も聞かずに自分の考えに執着します。柔軟な思考を持っていないので「別の考え方がある」という発想や、自分の意見や考えを疑うということをしません。

こういった特徴から、思い込みが激しい人は職場や友達の集まりなどで「扱いづらい人」として煙たがられるということがあります。

特徴③視野がせまい

思い込みが激しい人は、自分がこうだと思ったらそれが全てになります。

良く言えば「思い立ったら目的に向かって熱心に取り組める人」なのですが、悪く言えば「目的しか見えない視野がせまい人」と言えます。他にも重要なことがあっても見落としてしまったり、他人からアドバイスされても聞く耳持たずなんてこともあります。

自分の考えが正しいと思い込むあまりに、それ以外が見えなくなってしまうので行動しても失敗して暴走することが多いのも思い込みが激しい人の特徴と言えます。

特徴④ネガティブ思考で落ちこみやすい

思い込みが激しい人には、ネガティブ思考で落ちこみやすい人が多いです。何かあるたびに色々と想像をするのですが、マイナスなことや悪いことしか思い浮かばず、まだ何も起きていないのに落ちこんでしまいます。

そして「自分はダメな人間だ」「どうせ何をしても失敗する」と勝手に思い込んで自分の殻に閉じこもり、結局何もできずさらにネガティブ思考に陥ってしまいます。

思い込みが激しい人はうつ病になりやすい説

思い込みが激しい人というのは世の中にはたくさんいますが、そのなかでも特に思い込みが激しい人は「そういう性格だから」というだけでは片づけられないことがあります。

何らかの原因で思い込みがどんどん激しくなり、やがて「うつ病」に発展してしまうこともあるのです。

うつ病との関係

うつ病になりやすい人の特徴の1つに「ガンコで融通がきかない」ということがあります。

ガンコなので自分が思ったことや考えを変えることはしませんし、融通がきかないのでそれ以外の方法を思いついたり試そうとしたりすることもありません。「コレはこうしなきゃ」という思い込みの激しさがあるのです。

ガンコさ故に自分のやり方や意見に執着し、融通のきかなさから逃げ道を失うことで自分の思い込みの激しさに疲れてしまい、心を病んでうつ病になってしまうことがあるのです。

ADHDや発達障害?

ADHDとは「注意欠陥多動性障害」と呼ばれる発達障害の1つです。ADHDの原因はまだはっきりとわかってはいませんが、育ってきた環境やしつけ方などで発症するものではありません。このADHDの特徴の1つに「思い込みが激しい」ということがあります。

また、発達障害のなかには「自分が正しいと思い込む」「感情に振り回される」「一度決めたことから抜け出せない」などの特徴を持つものもあります。どれも思い込みが激しい人が持っている特徴でもあり、発達障害で生きにくさを感じている人が多いです。

統合失調症や認知症?

これまでは穏やかで人の話をよく聞くような人だったのに、突然怒りっぽくなったり思い込みが激しくなったという人は統合失調症や認知症である可能性があります。

統合失調症や認知症の症状には「被害妄想」があります。実際は何もされていないのに「誰かが自分のものを盗った」「みんなが自分の悪口を言っている」などありもしないことを妄想して「被害を被った」と思い込んでしまうのです。

誰かを陥れるためにウソをついているわけでもそういう性格というわけでもなく、統合失調症や認知症はそういう症状がある病気なのです。特に高齢者の場合は認知症である場合があるので、急に性格が変わったなと感じたら早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

思い込みが激しいと恋愛がしにくい

思い込みが激しいと、自分の考えに固執して相手の気持ちや意見を尊重せずに突っ走てしまいがちなので、恋愛においてもいいことはありません。

恋愛中は特に思い込みが激しくなるので、相手の気持ちをろくに知ろうともせずに「自分は好きなんだから、相手も自分のことを同じだけ好きなはず」「私たちは、何の不満もない最高のカップルだ」と思い込みます。

そして、もし相手の気持ちが自分から離れていったときは「なんで自分だけこんな不幸なんだろう」と被害妄想を膨らませることがあります。

恋愛は、相手がいないとできないものです。それなのに相手の考えは無視で自分の考えだけ突っ走り、勝手に思い込んで暴走していては恋愛なんて上手く行きません。

また、恋愛においての思い込みで怖いのが「片想いの相手に対しての思い込み」です。ちょっと会話をしただけで「嫌いじゃないと話なんかしないよね」「もしかしてあの人も私のこと好きなんじゃないかな」と思い込み、1人でどんどん妄想を膨らましていきます。

その結果、ストーカーまがいのことをやってしまう人もいるので、思い込みが怖いものであることがよくわかります。

思い込みが激しい人度診断テスト

思い込みが激しい人は、自分が思い込みが激しいと思っていない人がほとんです。他人から指摘されても「自分はそんなことない」と思い込んでいるので、なかなか自分の思い込みの激しさに気付くことができないのです。

しかし、なかには自分の性格に生きづらさを感じている人や、これまでの経験的に「もしかしたら」と思っている人もいることでしょう。

ここでは、思い込みが激しいタイプかをチェックする診断テストをご紹介しますので、思い込みの激しさに心当たりのある人はぜひチェックしてみてください。

診断テスト①固定観念を持っている

「女性は子育てをするべきだ」「男性は安定した職に就くべきだ」など、「~するべきだ」というような固定観念をたくさん持っている人は、思い込みが激しいタイプである可能性があります。

思い込みが激しい人は、人それぞれの考え方や新しい価値観があるということを受け入れられず「自分が昔そう教えられたから」「これまでの常識ではそうだから」と思い込んで、それを貫くことが多いです。

診断テスト②不測の事態があるとパニックになりやすい

物事が自分が思い描いていた展開にならなかったり、急な予定変更などがあったりするとパニックになりやすい人は思い込みが激しい人に多いです。

自分の考えを正しいと思い込んでいるため、不測の事態が起きるなんて考えておらず「こんなはずじゃなかった」「こんなこと考えてなかった」と慌ててしまうのです。

また、不測の事態に陥ったときに対処しきれず「自分なんて」と落ち込んでしまう人も思い込みが激しい人と言えます。思い込みが激しい人は視野がせまいので、最初に思いついた以外の考えや助け舟を出してくれた他人の意見も受け入れることができないのです。

診断テスト③結論を急いで失敗しやすい

何か取り決めをしているときなどに結論を急いで失敗することが多い人は、思い込みが激しさが原因になっている可能性があります。思い込みが激しい人は、自分の中でコレだという答えが出ると、それが正しいと思い込むので、それに向かって突っ走る人が多いです。

そのため、他人の意見を聞いてみたり、クールダウンして一旦頭の中を整理してみたりなんてことはしません。自分の考えを疑うこともしないので、失敗しても「何がダメだったんだろう」と思い込みが原因であることにも気づきません。
 

思い込みをなくす方法とは?

思い込みが激しい人は、何か物事が起きると一気に頭に血が上って暴走しがちです。その結果、周りを見回す余裕がなかったり、感情的になったりとしてしまいます。このようなことにならないためにも、思い込みをなくす方法があったら知っておきたいですよね。

ここでは、思い込みをなくす方法についてご紹介していきますので、参考にしてみてください。

冷静に状況を観察する

思い込みが激しいとつい感情的になって暴走してしまうものですが、まずはそこをグッとこらえてみましょう。カッとなっても一旦ゆっくりと深呼吸をすることで、結構冷静になることができます。そして冷静さを取り戻したら、今の状況をじっくりと観察してみましょう。

冷静になることで、これまでは思い込みから視野がせまくなって見えていなかったものが見えてくる、感情のまま暴走して気付こうともしなかったことに気付けると、色んな発見をすることができます。

落ち着いて考えたら「自分の考えは偏ってたかな」「こんな方法もあるんだ」ということに気付けるはずです。何か話し合うときや他人から意見をもらうときなどで思い込みが激しさが出てきそうになったら、何かを発言する前にますは深呼吸をして冷静になるようにしましょう。

周囲の意見をちゃんと聞く

思い込みが激しい人は周囲の意見を聞くことができず、自分の考えや意見を疑わない人が多いです。1つの考え方に縛られているのでそれが原因で思い込みの暴走が起こりがちです。それを防ぐためには「周囲の意見をちゃんと聞く」ということがとても大切になります。

最初のうちは他人の意見を聞こうとしても納得できないことも多いでしょうが、そこはグッと耐えて冷静に周りの声を聞いてみてください。そうすることによって徐々に周囲の意見も理解できるようになり、思い込みも軽くなってきます。

過剰な場合は医師に相談

先ほどもお伝えしましたが、過剰なほど思い込みが激しい場合は、ただの性格ではなくうつ病などの何らかの病気である可能性があります。こうなってしまうと、医療の力に頼って治療をしていくことが必要になります。

「自分は病気なんかじゃない」と思い込んで逃げてしまう人も多いですが、病的な思い込みで生きづらさを感じている以上、専門医のサポートを受けて治療するのが一番です。

しっかりとした治療と投薬によって精神的にかなり楽になることもあるので、おかしいなと感じたら心療内科への受診がベストです。

思い込みが激しい人に困惑した時の対処法

ここでは、思い込みが激しい人に困惑した時の対処法についてご紹介していきます。

身近な存在である自分の両親や、仕事上お世話になっている上司などが思い込みが激しいタイプだと、度々困らせられる人もいることでしょう。そんな思い込みが激しい人たちと上手く付き合っていくためにも、ぜひ参考にしてみてください。

①上司の場合

社会に出て仕事をしていると、どうしても避けられない存在なのが「上司」です。仕事をする上でとてもお世話になる人なのですが、この上司が思い込みが激しい性格の人だと大変です。自分の思い込みから部下に的確な指示を出せなかったり、ちょっと意見を言っただけでも不機嫌になられたりして困っている人も多いことでしょう。

また、自分のミスなのに「部下がちゃんとしなかったから」「自分だって被害者だ」と思い込んで怒り散らす人もいます。

そんな思い込みが激しい上司のへ対処法は、上司が出した指示や話した内容をしっかりとメモをとっておくということです。いざ上司が「そんな指示は出してない」「そんな話しはした覚えがない」と思い込みで言い出したときは、そのメモを証拠にしましょう。

しかし、人によってはそのメモを「自分を陥れるために作られたものでは」「きっと部下の都合のいいようにしか書いてないんだろう」と思い込んでしまうことがあります。

このように、もう部下では手が付けられないような思い込みの激しさがあるのなら、上司の上司や社内の総務人事部に相談してみるのがベストです。上司の目上の人やパワハラまたは人間関係の対応をしてくれる部門に相談をし、今後の上司への対策を仰ぐようにしましょう。

➁両親の場合

自分を育ててくれた両親には感謝はしているけど、その両親が思い込みが激しい性格だと、これまで困ったことも多かったことでしょう。親の思い込みから、ありもしないことで怒られたり疑われたりと、辛い思いをしたことがある人もいるはずです。

そんな思い込みが激しい両親への対処法は、まずはしっかりと相手の話しを聞き、受け止めてあげましょう。そしてその上で思い込みが激しくなっているなと感じたら「お母さん、それはちょっと違うよ」「落ち着いて、お父さん」と優しく語りかけてみてください。

話しもロクに聞かずに否定したり、面倒だから聞き流してしまったりしてはいけません。思い込みが激しい両親でも、子供であるあなたの言葉なら素直に聞いてくれることでしょう。

もし、それでも両親の思い込みの激しさがおさまらない、またはもっとひどくなるようであれば、一度医療機関を受診することをすすめてみましょう。先ほどもお伝えしましたが、認知症の場合でも思い込みが激しくなることがあります。

最初は、病院と聞くと嫌がることでしょうが「お母さんが心配なんだ」「1度だけでもいいから診てもらおう」と説得して、早めの受診を促しましょう。
 

まずは思い込みが激しいことを認めることが大事

思い込みの激しさは、自分本位な部分があることから引き起こされています。自分の考えが一番だと思っているところや、何事も主観で考えるところなどが、特にそうであると言えるでしょう。

思い込みが激しいと、周囲の人たちから面倒くさい人と思われるだけでなく、自分自身も生きにくい思いをしてしまうので、ちょっとずつでも直していくことをおすすめします。

まずは「自分は思い込みが激しい方だ」ということを認め、思い込みで暴走しそうになったときは冷静になって周囲にも目を向け耳を傾けてみてください。そうすることで、思い込みによる失敗を減らすことができるでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ