中性的な名前一覧!男の子でも女の子でも共通で使える名前を紹介

名前はわが子に一番初めに与える贈り物です。考えに考え抜いて決める人も多いでしょう。男の子でも女の子でも共通で使える、中性的な名前が近年人気を集めています。外国で使われている両性で兼用できる中性的な名前の一覧や名付けるときの注意点も載せていますので、参考までに。

中性的な名前一覧!男の子でも女の子でも共通で使える名前を紹介のイメージ

目次

  1. 1男の子も女の子も使える中性的な名前一覧!
  2. 2中性的な名前って?
  3. 3中性的な名前一覧【日本編】
  4. 4中性的な名前一覧【外国編】
  5. 5日本の中性的な名前の注意点
  6. 6日本の中性的な名前のつけ方
  7. 7中性的な名前の他の使い方
  8. 8かっこいい名前は中性的な名前がおすすめ

男の子も女の子も使える中性的な名前一覧!

近年、男の子でも女の子でも共通で使える中性的な名前が人気を集めています。中性的な名前は両性兼用で使える上、漢字を変えたりひらがなにしたりすることによってイメージが変わってきます。

子供にどのような人生を送ってほしいのか、どんな漢字を使いどう読むのかをしっかり吟味することで、両性兼用の名前でも親の願いに即したイメージを与えることができます。

その反面、中性的な名前は人によって、名前に性別のイメージがついていたり偽名を疑われたりすることもあり、子供が悲しい思いをしてしまうこともあるようです。

今回は中性的な名前を一覧にまとめました。中性的な名前を付ける場合の注意点についても一覧の後に紹介していますので、参照してください。

中性的な名前って?

中性的な名前は両性で共用できる名前のことです。同じ学年に性別が違うのに共通の漢字を使った名前の子がいたり、芸能人の名前にも下の名前が同じで性別が違う人もいたりします。

例えば「友」と書いて「とも」や「ゆう」と読ませるのも中性的な名前の一例ということができます。また、同じ「ゆう」という読みでも「裕」「優」「勇」など複数の漢字をあてることができます。

男の子でも女の子でも使える中性的な名前は近年人気を集めています。しかし、男の子と女の子の名前を逆転させてつけるのは中性的な名前とはまた別です。子供の将来のためにも絶対に避けましょう。

異性なのに同じ名前

日本では昔から女性らしく、男性らしく、と名前にその思いを込めた名前を与えることが多い傾向があります。

しかし、近年は女性らしい、男性らしいといった価値観に捕らわれることなく、自由に生きてほしいと願う思いを込めて、読み方が中性的な名前や両性兼用の漢字をつかった名前が人気を集めています。

また、同じ学年に男の子と女の子同じ読み方の名前の子がいたり、芸能人の下の名前が共通の読み方や兼用できる漢字を使った名前だったり、中性的な名前は特に珍しい例ではありません。

ただし、中性的な名前と認識されることが多い名前であってもその人の経験や感覚によって男の子の名前、女の子の名前と判断されることもありますので十分に注意しましょう。

男の子でも女の子でも使える

中性的な名前の大きなメリットは、男の子でも女の子でも使えるという点です。

当然のことと思う人も多いでしょうが、これは初めてわが子に贈る名前という贈り物に、中性的な名前を選択することで、生まれてくることが決定した瞬間から準備ができるという時間的なメリットでもあります。

妊娠して数か月もすれば男の子か女の子かの判断はつきますが、楽しみに取っておく夫婦も多く、そうでなくともそれが分かるまでの時間も共通で使える中性的な名前を選択することで考える時間に充てることができます。

時間があればいくつか両性共通の中性的な名前をリストアップしてから吟味して、漢字にするのかひらがなにするのか、男の子か女の子かで漢字をどのように使い分けるのかを考える時間が十分に確保できる可能性があります。

配偶者や親せきなど身近な人たちにも相談でき、名前を考える楽しみをより多くの人と共有できるというメリットもあります。

また、気にする方は画数はどうなのかまで考える時間があるのが嬉しいところです。名付けられた子供からすれば、その名前は一生使うものです。両性兼用の中性的な名前にする場合でも、そうでない場合でも、生まれてからフィーリングで決めるのは絶対にやめましょう。

中性的な名前はかっこいいものも多い

せっかくつける名前にはかっこいいものを、と思う親も多いでしょう。そんな時には男女兼用の中性的な名前をあえて選択するのも一つの選択肢でしょう。

中性的な名前は性別問わず付けることができ、よみかたの響きもかっこいいものが多いので、かっこいい名前を探している場合は中性的な名前がぴったりです。

中性的な名前には読み方が中性的な響きのもので漢字の候補も豊富にある場合、漢字が両性兼用で使える上、読みが多くある場合とがあります。

あらかじめ名前の読み方を決めておいて、どちらが生まれてもいいように漢字の候補を複数用意しておくこともできます。

女の子の場合、この後にある中性的な名前の一覧にあるような漢字をあえてひらがなにして柔らかい印象の名前にすることもあるとのことです。

中性的な名前一覧【日本編】

日本で男女共通で使える中性的な名前の一覧です。両性兼用で使える中性的な名前を付けるときの参考までに。一覧の下には中性的な名前を付ける際の注意点を載せていますのでそちらも参照してください。

あ~な行の名前

まずはあ~な行の音で始まる中性的な名前の一覧です。使いたい読み方がある場合はブラウザのページ内検索機能を使うと探しやすいでしょう。

さ行から始まるよみかたの名前はクールな印象になります。男女共通で使える中性的な名前にも向いています。

【あ行】の名前例

・あお(青・蒼・碧)
・あおい(葵・蒼・藍)
・あおば(青葉・青羽)
・あきら(晶・命・彰)
・あさ(朝・亜紗・亜沙)
・あさひ(朝日・旭・旭日)
・あすか(明日香・飛鳥)
・あずさ(梓・亜寿佐・杏沙)
・あつみ(渥美・温海・充実)
・あまね(天音・徇・普)
・あゆみ(歩・亜由美・安友美)
・いおり(庵・伊織・衣織)
・いく(育・郁・衣玖)
・いくみ(郁美・生実・郁)
・いさみ(勇実・勇・伊佐美)
・いずみ(泉・湶・和)
・いち(市・一・逸)
・いつき(樹・斎・一紀)
・いぶき(息吹・衣吹・生吹)
・いまり(伊万里・今里)
・うた(歌・唄・詩)
・うみ(海・宇美・海未)
・えいく(永久)
・えのん(咲音・慧乃・絵音)
・えま(恵麻・絵麻・依馬)
・おと(音)

【か行】の名前例

・かえで(楓・花楓)
・かおる(香・薫・郁)
・かずき(和樹・一喜・一輝)
・かずさ(和沙・和佐・一颯)
・かずは(一葉・万葉・和葉)
・かずみ(和美・一美・一三)
・かつみ(克己・勝美・勝海)
・かなめ(要・中)
・きずな(絆)
・きよ(清・喜代)
・きよい(清)
・きよみ(清美・公世美・清海)
・きり(桐・樹理)
・くに(邦・那)
・けい(敬・圭・佳)
・けいと(圭人・佳斗)
・こう(孝・浩・光)
・こはく(琥珀・幸白)

【さ行】の名前例

・さかえ(栄・昌・境)
・さく(作)
・しおん(紫苑・詩音・汐音)
・しき(四季・色・織)
・しずか(静香・静・康)
・しずき(静稀・静紀)
・しづき(志寿樹)
・しのぶ(忍・志信)
・しゅう(秋・柊)
・じゅん(純・澄)
・すなお(素直・直)
・すばる(昴・昴流)
・せな(瀬奈・瀬那・世那)
・せん(千・先)
・せんり(千里・千利)
・そら(空・天・青空)

【た行】の名前例

・たから(宝・多家良・隆良)
・たまき(環)
・ちあき(千秋・千晶)
・ちかげ(千景・智景)
・ちとせ(千年・知登世・千登勢)
・ちはる(千春・千晴)
・ちひろ(千尋・千裕)
・つかさ(司・官)
・つづり(綴)
・つばさ(翔・翠)
・とおる(透・徹)
・とき(怜・朝)
・とも(友・智・作)
・ともみ(朋美・智美・知己)
・とわ(永久)

【な行】の名前例

・なお(尚・直)
・なおみ(尚美・直巳)
・なぎ(凪・椥)
・なぎさ(渚・渚沙)
・なつ(奈津・夏)
・なつき(夏樹・菜月)
・なつめ(夏目・夏梅)
・ななお(七緒・菜々緒)
・ななせ(七瀬・七星)
・なるみ(鳴海・成実)
・のぞみ(望・希実)

は~わ行の名前

続いて、は行~わ行から始まるの中性的な名前の一覧です。は行から始まる読み方の名前は柔らかい印象があり、男女共通で使える中性的な名前にぴったりです。また、ら行はかわいらしい印象が先行しがちですが、凛とした雰囲気の中性的な名前もいくつかあります。

【は行】の名前例

・はる(春・波留)
・はるか(春香・晴佳)
・はるみ(晴美・治美)
・ばんり(万里・万理)
・ひかり(光・日香里)
・ひかる(晃・光)
・ひじり(聖)
・ひでみ(英美・秀己)
・ひでよ(英世・秀代)
・ひなた(日向・陽)
・ひびき(響輝・響)
・ひろ(広・尋)
・ひろみ(浩美・大海)
・ふゆ(冬)
・へきる(碧)
・ほまれ(誉・穂希)

【ま行】の名前例

・まお(真央・真緒)
・まこと(誠・真)
・まさき(正樹・真咲)
・まさみ(正美・正巳・勝)
・ますみ(真澄・真純)
・まひろ(真優・真宙)
・みさお(操・節)
・みさき(美咲・美佐喜)
・みずき(瑞樹・水季)
・みつき(美月・充希)
・みつる(満・美鶴)
・みなと(湊・奏)
・みのり(稔・実)
・みやび(雅)
・みらい(未来・美来)
・むつき(睦月・睦喜)
・むつみ(睦・陸)
・めぐむ(恵・萌)

【や行】の名前例

・ゆう(有・優・友)
・ゆうき(勇気・結城・勇樹)
・ゆうひ(遊飛・優日)
・ゆうり(裕理・友理)
・ゆき(幸・有希)
・ゆずき(柚希・柚葵)
・ゆづき(優月・結月)
・よう(洋・耀・暢)
・よしみ(好・義美・吉海)
・よみ(読・詠)
・よむ(読・詠)
・より(頼・和)

【ら行】の名前例

・りお(理央・璃緒)
・りおん(李苑・里音)
・りつ(律・理津)
・りょう(涼・亮・良)
・りん(凛・鈴・倫)
・るい(類・瑠偉)
・るき(留樹)
・れい(玲・玲衣)
・れん(連・蓮・怜)

【わ行】の名前例

・わお(和央・和生)
・わおん(和音・羽音)
・わおり(和織)
・わか(和香・和佳)
・わかさ(和香紗・若桜)
・わかな(和佳奈・和加那・和奏)
・わかば(若葉)
・わと(和都・和登)

中性的な名前一覧【外国編】

外国でも中性的な名前は人気を集めています。日本人が聞いたら女の子の名前、男の子の名前と認識の偏る名前もありますが、外国ではどちらでも使える中性的な名前であることが多いです。

また、その逆に日本ではどちらでもおかしくない中性的な名前に聞こえても、国によっては性別を選ぶ名前であることも十分にあり得ます。

外国でも通用するよう名前で中性的な名前にしたいというのであれば、下記の一覧を参考に漢字も含めてよく調べてみるといいでしょう。ほかの国と共通で通用する中性的な名前を決める場合にも、ほかの人とよく吟味することをおすすめします。

・エメ(Aime)
・アレックス(Alex)
・アマーリ(Amari)
・アリ(Ari)
・アルメル(Armel)
・カミーユ(Camille)
・ケイシー(Casey)
・クリス(Chis)
・クロード(Claude)
・ダニエル(Daniel)
・デヴィン(Devyn)
・ドミニク(Dominique)
・エリシャ(Elisha)
・エマーソン(Emerson)
・エメルソン(Emerson)
・エモリー(Emory)
・インファント(Infant)
・ジャン(Jean)
・ジェシー(Jessie)
・ジョディ(Jody)
・ケリー(Kerry)
・レイトン(Leigton)
・ルカ(Luka)
・マリオン(Marion)
・ミカ(Mika)
・ミシェル(Mshiel)
・ポール(Paul)
・ペイトン(Peyton)
・レミー(Remy)
・ライリー(Riley)
・サンタナ(Santana)
・サシャ(Sascha)

日本の中性的な名前の注意点

男女兼用で使える中性的な名前はかっこいいものが多いのですが、注意点もあります。名づけにもルールがあり、使ってはいけない漢字がいくつかあります。

名前の読みや漢字などが子供の人生に影響があることもありますので、中性的な名前を付ける場合でもそうでなくても十分に注意しましょう。

見た目や響きだけで漢字を決めない

先に書いた通り、一覧を参照したのであっても漢字の見た目やその音だけで名前を決めるのは絶対にやめましょう。文字にはあまりよくない意味を持つものもあり、大体のあまりよくない意味の漢字は使用が禁止されていることもあります。

中性的な名前の響きは聞いていていい雰囲気のものもあります。しかし、その音に宗教的な意味を持っているものや、日本では特に問題がない中性的な名前でも国によっては両性兼用できない名前になることもあります。

漢字も複雑なものほど格好よく見えるのですが、テストや届け出の時にそれを毎回書いたり打ち込んだりするのは子供です。時には偽名を疑われることもあるかもしれません。

わが子には一点ものの名前を、と張り切る気持ちもわかりますが、親から与えられた名前はよほどのことがない限りは子供が一生使うものです。一度落ち着いて、じっくり吟味しましょう。

名前の響きが地味でも、両親が願いを込めてつけてくれた名前ならば、立派な一点ものです。名前は中性的な名前かどうか以前に、込める意味が大切です。

漢字の意味も調べる

名前に意味を込めるのであれば使う漢字にもこだわりが多い人が多いでしょう。意味を込めるのはとてもいいことなのですが、漢字の見た目がかっこいいからといってその漢字をそのまま使うのはやめましょう。

漢字にはそれぞれ意味があり、それらを構成する部品にも意味があります。そのため、名付けに使ってはいけないと決まっている漢字もいくつかあります。名付け用の辞書などにも一覧で載っていますので、面倒くさがらずによく調べてから名前に使うかどうかを検討しましょう。

また、画数によって姓名判断などもできますので、占い師や姓名判断師など専門職を頼るのもいいでしょう。ネットの姓名判断を利用するのもいいですが、画数や共通の漢字にこだわるあまり妙な名前になってもいけませんので、十分に注意しましょう。

中性的な名前≠男女の名前を逆にする

中性的な名前は両性共通で使える便利な名前ではありますが、男の子と女の子の名前を逆にすることではありません。あくまで両方で使えるよみかたの名前か、共通で使える漢字を使った名前を指します。

一味違うという感覚を待たせたい、ほかの子より特別であってほしい、という親の願いはわかりますが、その名前を一生使うのは子供です。

あまりにその性別からかけ離れすぎたイメージの名前や、共通認識から外れた珍しい名前を付けると、違和感を感じた一部の人にからかわれたり、偽名を疑われたりして、子供の人生に影を落とすこともあるようです。

あまりにひどい場合は役所の人にストップをかけられることもあるようなのですが、名前で子供の人生台無しにしたくなければ、出生届に書き込む前にはほかの人とも相談して、よく吟味しましょう。

両性兼用の名前は誤解されることも

両性兼用の名前はかっこいいものも多く、共通で使える漢字も多いのですが人に感覚によっては男の子の名前、女の子の名前と意見が分かれることもあります。

その判断は当人が会ってきた人に同じ名前の人がいると、その会った人の性別の名前というイメージがついていることが少なくないようです。

また、日本では男の子でも女の子でも使える中性的な名前であっても、出身国や年代によってはその響きなども含めて男の子の名前、女の子の名前と決まっている場合が少なくないようです。

逆に、こちらで両性兼用でない名前がついている場合でも、国によっては中性的な名前として認識されることもあるようです。また、心無い一部の人によってからかわれることもありますので、名前を付ける際はそういったこともよく話し合うといいでしょう。

日本の中性的な名前のつけ方

中性的な名前の例の一覧や、中性的な名前の注意点を踏まえたうえで、中性的な名前を付けるためにはいくつかポイントがあります。

よみから決める方法と漢字から決める方法とがありますが、その子の幸せを願って選ぶのが一番のポイントです。

男女共通の漢字を使う

中性的な名前には「光」や「志」などの両性兼用で使える漢字を使うことが多い傾向があります。漢字によっては性別の印象のあるものもあるので、他の人とも相談しながら漢字を選ぶのがおすすめです。

漢字の印象が中性的な名前もあり、読みからでなく漢字から決める方法もあり、例えば一覧にある「海」を「かい」「うみ」と読み方を変えて名付けることもあるとのこと。その場合は一文字を名前に使用することが多い傾向があります。

あえて性別の印象を付ける漢字を使う

読み方が中性的な名前を付ける際には漢字を変えることで、男の子の名前、女の子の名前と区別することができます。

一覧に並んでいるように共通で使うことのできる漢字も多くありますが、女の子であれば「美」や「菜」、男の子であれば「樹」や「飛」など、これも個人の感覚によって変わってきますが、漢字を変えるだけでも名前のイメージが変わってきます。

女の子であれば、漢字を使うと男性的なイメージになってしまう可能性がある名前でも、ひらがなを使うことで、やわらかな印象になります。

姓名判断師を頼る

一覧を見てどうにもしっくり来ない、複数候補があって迷うといった場合には名前を付ける専門の人たちや、姓名判断ができる占い師たちを頼るのも一つの選択肢です。

中性的な名前の候補がすでにある場合にはあらかじめそのことを伝えるのも大切です。

ただし、姓名判断師の人たちは占いの知識と技術があることもあり、よりよい名前を付けようと子供と相性の悪い名前を排除したり、色々提案してくれることもありますので、意見の一つとして覚えておくといいでしょう。

中性的な名前の他の使い方

中性的な名前はわが子にかっこいい名前や願いをこめた名前を与える以外にも使い道があります。主に創作や、自分の性別を名前で判別されたくない場合に使うこともできます。

創作の人物名に中性的な名前

お話を作っている人であれば、人の名前は気をもむ人もいるかもしれません。特に男の子か女の子かどちらでも影響が少ないときにどちらにするのかを迷ったときにも中性的な名前は扱いやすい傾向があります。また、お話のちょっとしたギミックに仕込みやすいことがあり、人物名に迷った場合には両性兼用の名前を利用するのもおすすめです。その場合は、名前に使ってはいけない漢字も自由に使えるというメリットもありますので、お好みでつけるといいでしょう。

中性的な名前をハンドルネームに

両性兼用の名前はハンドルネームにも重宝します。オンラインゲームや掲示板などのサービスを利用する際の女性のユーザーがサービス内でのナンパや追いかけを避けるために、男性が声をかけたがためにあらぬ疑いをかけられないように、自分の性別を隠す人が多いです。性別を偽るのは気が引ける人があえて中性的な名前を利用することが多いようです。本当の性別を公開する必要がない場合、少しの間サービスを利用する場合などに使いやすいとのこと。

かっこいい名前は中性的な名前がおすすめ

名前は親が子供に与える最初の贈り物です。せっかくなのでかっこいい名前をつけたいと思うのであれば、あえて中性的な名前を選ぶのもいいでしょう。また、漢字をどれにするのか、ひらがなにするのかなど、書いた時の印象もバリエーションがあるのもうれしいところです。読みで判断する漢字が中性的な名前も視野に入れると、そのバリエーションは広がります。その子にどう生きてほしいのかという願いを込めた一文字を使うのもおすすめです。
同時に、名前はよほどのことがない限りは子供が一生使っていくものです。そのフィーリングだけで音と漢字を決めるのは避け、必ず周囲と相談して、漢字の意味や画数を調べながら決めることをおすすめします。両性で使うことのできる名前には男女のイメージに多少の偏りがあることもあるようなので、そういった意見も参考にしながら決めると失敗は少ないでしょう。もし迷った際にはお金がかかりますが、姓名判断専門の人に頼んで候補を出してもらうのもおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ