スレンダーマン事件とは?概要や裁判の判決など都市伝説を解説!

スレンダーマン事件をご存じでしょうか?これはアメリカの都市伝説であるスレンダーマンという架空の人物が関係した怖ろしい事件なのですが、日本でもテレビで放送されるほど話題になりました。今回はスレンダーマン事件の概要と、スレンダーマン都市伝説についてまとめました。

スレンダーマン事件とは?概要や裁判の判決など都市伝説を解説!のイメージ

目次

  1. 1映画化も話題のスレンダーマン事件とは?
  2. 2事件にもなったスレンダーマンとは?
  3. 3スレンダーマン事件の概要
  4. 4スレンダーマンは都市伝説化
  5. 5映画「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」
  6. 6スレンダーマン事件は都市伝説が原因の悲劇だった

映画化も話題のスレンダーマン事件とは?

スレンダーマンは都市伝説にもかかわらず、映画化もされるほど話題になったのですが、実はスレンダーマンが原因で、ある怖ろしい事件が起きてしまいます。いわゆる「スレンダーマン事件」と言われるものですが、このスレンダーマン事件とは、2014年にアメリカで起きた殺人未遂事件なのです。

しかも当時まだ12歳だった二人の少女が、「ある信じられない理由」で同級生の少女をナイフで襲うという、ショッキングな事件でした。このスレンダーマン事件は全米に衝撃を与え、人々の関心を集めるようになります。

事件にもなったスレンダーマンとは?

スレンダーマン事件に深く関わっているスレンダーマンとは架空の人物なのですが、身長は2~3mもある長身で髪の毛はなく顔はのっぺらぼう、そして異様に身体が細く手足が長いという設定です。また身体から木の枝のような触手(手)を4本以上生やしていることもあるといいます。白のワイシャツに黒のスーツ姿で、子供をストーキングしたり拉致することもあるとされています。

スレンダーマンは紀元前9000年ごろのブラジルの壁画や、紀元前3100年ごろのエジプトのファラオの墓にある刻印、ルーマニアやイギリスの神話、さらにはドイツの木版画にも登場しているという、大昔から人類の歴史に深く関わっているという設定です。

しかし、これらの設定はもちろん作り上げられた話であり実話ではないのです。普通に考えればスレンダーマン事件のようなおぞましい事件に発展することなど考えられませんが、子供だけでなく人によっては深く信じ込んでしまうこともあるのかもしれません。

インターネット上で生み出されたキャラクター

スレンダーマン事件の原因となった架空の人物、スレンダーマンが生み出されたのは、Something Awful(サムシング オーフル)という名のサイトです。2009年6月10日にそのサイトで「超常的な画像を作成する」というコンセプトのコンテストがあり、そのコンテストに参加したVictor Surge(ビクター サージ)という人物が作った画像がもとになっています。

実は、Victor Surge(ビクター サージ)とはハンドルネームであり、Eric Knudsen(エリック クヌーゼン)という名前が本当の名前なのですが、彼が作ったのはスレンダーマンのもととなる画像だけでした。

その画像を他の人がそれぞれにアレンジしていき、いろいろな形のスレンダーマンの画像や設定、ストーリーなどが作られていき、さらには映画やスマホのゲームも作られるようになりました。App Storeでも「Slender man」と検索するとゲームを確認することができます。


インターネット上で話題となったスレンダーマンは、架空の人物として認識された上で広く拡散されていきましたが、全ての人がその出自を知っているわけでもありません。その中、リアリティのあるストーリーやインパクトのある画像などの影響を受けて、ついには目撃証言まで続出するまでになっていきました。

このことを考えると、スレンダーマン事件を起こしてしまった二人の少女のように、信じ込んでしまう人も出てくるかもしれません。それほどまでに装飾されたストーリーや画像は見る人に影響を与えていたのです。

スレンダーマンの権利

「スレンダーマン」の名称には、驚くことに著作権登録がされています。普通、都市伝説に著作権登録をするというのはあまり聞かない話ですが、2010年1月にEric Knudsen(エリック クヌーゼン)は著作権登録をしているのです。

Eric Knudsen(エリック クヌーゼン)自信は、自分以外の人が手を加えることや映画化・ゲーム化などの様々なプロジェクトには賛同しているものの、「金銭的な目的などではなく、芸術としてのアイデンティティを守るため」としています。

日本にもスレンダーマンが広まったきっかけ

スレンダーマンを日本に最初に紹介したとされるのは、自称・都市伝説マスターで作家の山口敏太郎さんです。東京スポーツの記事に取り上げられ超常現象マニアの間に広がっていきました。しかし、日本で広まったきっかけとしてはやはり「ザ!世界仰天ニュース」でしょう。

2017年3月に放送された同番組で、スレンダーマン事件をテーマとして取り上げ放送されています。12歳の少女による殺人未遂事件ということだけでも衝撃的なニュースだったのですが、そのスレンダーマン事件の原因となったのが架空の人物ということで、事件の異常な内容がさらに日本でも関心を集めていきました。

このように日本でも超常現象マニアの間だけでなく世間一般にも広まったきっかけはテレビで取り上げられたことが一番大きな要因でしょう。では日本にも衝撃を与えたスレンダーマン事件の内容とはどのような内容だったのでしょうか?

スレンダーマン事件の概要

アメリカだけでなく日本にも広まったスレンダーマンですが、そのスレンダーマンが原因で起きたスレンダーマン事件は、12歳の少女二人が同級生の少女をナイフで襲うという衝撃的な事件でした。

このスレンダーマン事件の被害者の少女はペイトン・ロートナーさん(当時12歳)で、犯行に及んだ容疑者は同じ中学の同級生で、友人でもあったアメリカ・ウィスコンシン州に住む、アニッサ・ウェイアー被告とモーガン・ゲイザー被告です。


被害者のペイトンさんはスレンダーマン事件前日の2014年5月30日に、自宅に招かれて宿泊していました。もともと二人の被告は、ペイトンさんが眠っている間にガムテープで口を塞ぎナイフで襲おうとしましたが、ためらったのかこの時は犯行に及んでいません。後日、「もう一日だけ生きている日をあげた」と語っています。

翌朝、二人はバスルームでの犯行を考えていましたが、家の外にある森の中で殺害しようと計画を変更し、「かくれんぼをしよう」と森の方へと誘い出しました。そして2014年5月31日の朝、とうとうスレンダーマン事件は起きてしまいます。

二人はかくれんぼの最中に捕まえたペイトンさんを押し倒し、「ごめんね」とささやいてからナイフでメッタ刺しにしたのです。その傷は19箇所にも及んでいました。

ペイトンさんは19箇所も刺されながらも「だいきらい、信じていたのに」と言い、なんとか逃げようとしましたが、そんな彼女を二人は引き倒して徐々に動きが鈍くなっていくペイトンさんを見て「助けを呼んでくる」と言い残しその場から立ち去っていきました。


この後ペイトンさんは自力で近くの道路まで歩き、たまたま通りかかったサイクリストに発見され一命をとりとめましたが、19箇所にも及ぶ刺し傷の中には動脈すれすれの傷や心臓達するような深い刺し傷もあったといいます。生きていたのが不思議なくらいの傷だったのです。

この12歳の二人の少女による同級生殺人未遂事件がのちにスレンダーマン事件と言われるようになったのですが、なぜスレンダーマン事件と言われるようになったのでしょうか?その理由はこの二人の少女が犯行に及んだある驚くべき犯行動機にありました。

スレンダーマンの影響で未成年が殺人未遂

この事件がスレンダーマン事件と呼ばれるきっかけになった犯行動機とは、「スレンダーマンに気に入られたかった」「スレンダーマンの手下のプロキシーズになりたかった」というものでした。二人は長い間いじめを受けていたらしく、学校でも孤立状態になっていました。

そんな彼女たちが現実の世界に居場所を見つけられず、インターネットの世界に没頭していったのです。想像力が豊かであった彼女たちは、Creepypasta(クリーピーパスタ)でスレンダーマンの画像や目撃証言などを目にし、次第にスレンダーマンは実在すると思い込むようになります。

 


もともと二人は同級生で顔見知りでもあったのですが、「いじめ」と「スレンダーマン」という共通する部分を持ち合わせていたため、次第に意気投合し生贄として人を殺害するということすらも正当化していったのです。

ついには「自分たちがスレンダーマンの代わりに誰かを殺せば手下になり一緒に暮らせる」「自分たちが誰かを殺さなければスレンダーマンが家族に危害を加えてしまう」という妄想まで抱くようになり、二人の豊かな想像力が危険な妄想へと変わってしまいスレンダーマン事件という悲劇を引き起こしてしまうのです。

スレンダーマン事件の判決

都市伝説が原因となった悲惨なスレンダーマン事件ですが、加害者である二人の少女はその後どうなったのでしょうか?警察の取り調べに対し二人は「自分でも不思議だけど自責の念はない」「たぶん間違っていたと思う」などと供述していて、精神鑑定にもかけられました。

そんな12歳の少女による殺人未遂事件ではありましたが、二人とも成人と同じ扱いで刑事裁判にかけられることになり「計画殺人罪」の罪で判決を言い渡されることになります。このスレンダーマン事件の加害者である二人はそれぞれ判決内容が異なっています。というのも、実際にナイフで19回刺したのはモーガン・ゲイザー被告一人で、アニッサ・ウェイアー被告は横で鼓舞していたためです。

実際にナイフで19箇所に及ぶ刺し傷を与えたモーガン・ゲイザー被告に言い渡された判決は、最低40年間精神病院への収監という判決が出され、横で鼓舞していたとされるアニッサ・ウェイアー被告は25年の精神病院への収容のという判決が言い渡されました。

アニッサ・ウェイアー被告の量刑は逮捕時にまでさかのぼって適用されることになるということで、37歳まで精神病院へ収容されるということになります。二人の被告に対しては、医師が十分に回復したと判断すれば、裁判所の監督下のもと早期釈放となる可能性もあるようです。

スレンダーマン事件に対する判決結果が妥当なものなのかどうかはわかりませんが、12歳の少女が成人と同じ扱いで刑事裁判にかけられたという部分から、スレンダーマン事件の悲惨さや重大事件として取り扱われたということが読み取れます。

スレンダーマンは都市伝説化

このような悲惨なスレンダーマン事件をきっかけに、スレンダーマンの話題はネットの世界だけにとどまらず世間に広く知れ渡ることとなります。スレンダーマン事件をテレビなどで見た人々はスレンダーマンについて調べるようになったのです。

Creepypasta(クリーピーパスタ)だけにとどまらず、ファンアートやコスプレのサイトなどにも広がっていく中で、オンライン上で広がる様々な画像や多数のストーリー、そして作り上げられた目撃情報など多くの人の手によって脚色が加えられていきました。そして実際に起こったスレンダーマン事件がよりリアルに感じさせるようになっていたのです。

スレンダーマン事件がきっかけでまるでウィルス感染のように加速度的に世間一般に知れ渡り、うわさがうわさを呼びやがて都市伝説と化していきます。そしてその勢いはアメリカだけにとどまらず、イギリスやロシアなど世界各国で目撃情報が出てくるようになりました。

映画「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」

スレンダーマンはアメリカで映画化もされています。2018年8月24日に全米2358館で公開された「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」この映画は、公開初週末に990万ドルを稼ぎ出すだろうと予想されていました。

しかしこの予想を上回り、公開初週末1137万ドルを稼ぎ出しています。この興行収入は、週末興行収入ランキング初登場で4位という数字です。そして3週連続で全米トップ10入りをする大ヒット作品となりました。この数字からも本作に対する人々の関心は高かったと言えますが、一方でスレンダーマン事件の関係者からは批判の声も上がっていました。

スレンダーマン事件の加害者であるアニッサ・ウェイアー被告の父親は、「このような映画を作るのは道理に反しており、悲劇を大衆化しているだけで個人的にはとても不愉快です。この映画を作ろうとしていることは、私たち3つの家族の傷を広げるようなものなのです。」と語っています。

スレンダーマンの映画を日本で見るには?

賛否両論ある中での公開となった本作ですが、日本国内では劇場公開はされていません。本作に興味を持っている人も多いと思いますが、日本で見るにはどうすればいいのでしょうか?

映画「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」は2019年2月6日(水)よりDVDレンタル開始・発売が開始されます。販売元はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントで、同日にデジタル配信も順次開始される予定です。

全米では大ヒットとなった映画を劇場のスクリーンで見られないのは残念ですが、ストーリーなどは都市伝説となったスレンダーマンがもとになっているので、オカルト好きの人や超常現象好きの人は楽しめると思います。

スレンダーマン事件は都市伝説が原因の悲劇だった

スレンダーマン事件とは、スレンダーマンという空想上のモンスターを信じてしまった二人の少女が起こした悲しくも異常な事件だったのです。被害者となったペイトン・ロートナーさんは奇跡的に命を取り留めはしたものの、19箇所に及ぶ刺し傷と6回に及ぶ手術、そして心にとても深い傷を負ってしまいました。

スレンダーマン事件をきっかけに、アメリカ全土に広がったスレンダーマンは都市伝説となり、ついにはイギリスやロシアなど世界各国でも目撃情報が出てくるようになります。日本でもテレビで取り上げられスレンダーマン事件と共にその都市伝説は広く知られるようになりました。

スレンダーマン事件の悲惨さとは裏腹に、スレンダーマンという架空の人物は人々の関心を集めゲーム化や映画化までされるようになりました。特に映画「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」は賛否両論はあるものの、3週連続で全米トップ10入りを果たす大ヒットとなり、日本国内でも2019年2月6日よりDVDレンタルの開始・販売とデジタル配信が順次開始されます。

都市伝説がこれほどまでに人々に影響を与えるというのもすごい話ですが、スレンダーマン事件のような悲劇が二度と起こらないように願うばかりです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ