月星座が蟹座の運勢!男性•女性の性格や恋愛•適職!

月星座で占う運勢というのは、毎年気になってしまうものです。2019年、蟹座さんの運勢はどうなのでしょうか?月星座で分かる蟹座男性の性格や蟹座女性の恋愛傾向、蟹座さんにピッタリの仕事とは?2019年の蟹座さんについてまとめました。

月星座が蟹座の運勢!男性•女性の性格や恋愛•適職!のイメージ

目次

  1. 1月星座が蟹座の運勢2019!男女別の性格など
  2. 22019年の月星座【蟹座】の運勢
  3. 3月星座が蟹座の性格の特徴【男性編】
  4. 4月星座が蟹座の性格の特徴【女性編】
  5. 5月星座が蟹座と他の月星座との相性
  6. 6月星座が蟹座の恋愛傾向や結婚観
  7. 7月星座が蟹座の適職とは?
  8. 82019年の蟹座は新しいことにチャレンジを

月星座が蟹座の運勢2019!男女別の性格など

誕生日を12の期間に分けて、星座を振り分けたものを「月星座」と言います。日本人は特に、占いが好きですから、自分の星座を知らないと言う人はほとんどいないでしょう。

毎年年末になると、来年の月星座別の運勢などをまとめた占い雑誌なども書店やコンビニでたくさん見かけるようになります。今回は、月星座の中でも6月22日~7月22日生まれの「蟹座」の運勢についてまとめました。

男女別の性格や、夏生まれの月星座が蟹座の人にぴったりな仕事についても紹介しています。ぜひ、最後まで読み進めてください。

2019年の月星座【蟹座】の運勢

6月22日~7月22日生まれの蟹座さんの2019年の運勢とはどうなのでしょう。1年の全体的な運勢を占う「総合運」や女性は特に気になる「恋愛運」、男性が気になるのは「仕事運」でしょうか。そして女性も男性も外せないのが「金運」です。

月星座を元に占われた、蟹座さんの2019年の「総合運」「仕事運「恋愛運」「金運」についてまとめました。今年の運勢が気になっている蟹座の人や、好きな人の月星座が蟹座という人もチェックしてみてください。

総合運

2019年の月星座が蟹座の人を総合的に表すのは、ずばり「チャレンジの年」です。2018年は、今までやってきたことを更に突き詰めることが多かった蟹座さんですが、2019年は新しいことにチャレンジすることで、どんどん運勢が上昇していきます。

月星座の中でも明るく愛されキャラである月星座が蟹座の人ですが、2019年は更に人との関わりが増える年になりそうです。周りの人との協調性を大事に、何事にも丁寧に作業を進めると、人間性や物事に取り組む姿勢を高く評価してもらうことができます。

今まで経験が実を結び、仕事でもプライベートでも大きな成果を掴むことができる可能性があります。経験を元に、新しいことにチャレンジすることが2019年の月星座が蟹座の人の運勢を良くするのです。

恋愛運

月星座の中でも、豊かな感受性と直感力、面倒見の良い蟹座の人は根っからの愛されキャラという魅力があります。男性・女性問わず、蟹座さんはグループの中心的存在であることが多いでしょう。月星座が蟹座の人の2019年の恋愛運は、出会いに恵まれる年になりそうです。

2019年の蟹座の人には、異性と出会うチャンスがたくさんあります。出会いを求めている人にとっては嬉しい予感ですが、出会いが多い分注意が必要になります。出会う相手がみんな素敵に見えたり、出会ってすぐに意気投合したりして不特定多数の相手に心が移り変わる可能性があります。

「運命的な出会いをして、めくるめく恋がしたい!」と思っている蟹座の人もいるかもしれませんが、出会いが多い分先の事を考えて相手を選ばないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

2019年、月星座が蟹座の人にオススメなのは、第一印象で「合わないかも」と思ったりなぜかイラッとさせられるような相手です。2019年、月星座が蟹座の人さんは、他の月星座の人よりも新しいことにチャレンジする運に恵まれています。

恋愛の相手も今までと違うタイプの相手に踏み込んで見ることで、新たな発見がある可能性大なのです。

仕事運

蟹座さんは元々、他の月星座の人に比べてやる気に差があるという特徴があります。そのため、好きな仕事はとことん突き詰めてできるけど、苦手な仕事は後回しにしたり雑になりがちなのです。

しかし、2019年はそういったやる気の差をできるだけ無くすことで、仕事運はどんどん上昇します。2019年、蟹座さんの周りには協力者がたくさん集まってきます。蟹座さんをサポートしてくれる人たちとの関係を崩さないよう、仕事上の協調性を大切にすると、仕事効率はこれまで以上によくなります。

2つのハサミを器用に使いこなす蟹のように、何事も器用に卒なくこなす月星座の蟹座さんは、仕事の処理スピードが早い割に作業の詰めが甘かったり雑な部分が目立ちます。2019年は、そういった詰めの甘さや雑さを出さないよう、どんな仕事も丁寧にゆっくりやるように心がけましょう。

また、2019年の蟹座さんはチャレンジ運に恵まれた年なので、転職を考えている人は思い切って転職してみるのも、運を切り開くキッカケになるでしょう。新しいジャンルに飛び込んで見るチャンスの年なので、仕事に迷いがある人は早めに決断しましょう。

金運

12個の月星座の中でも、直感が優れている蟹座さんは、基本的に金運は強いです。収入は安定しており、急な出費があったらその分臨時収入があるなど、直感に助けられてお金に困ることは殆ど無かったでしょう。

しかし、2019年の蟹座さんは強い金運に陰りが出てきます。仕事が上手くいく分、収入はそれに合わせてアップしますが、その分支出も多くなるのです。例えば、仕事の付き合いで外食する機会が増えたりそれに伴う交通費が思いの外かさんでしまいます。

恋愛運も良く、出会いのチャンスが多いので、それに合わせてファッション面での出費も増えそうです。また、直感に優れている蟹座さんは衝動的に物欲が湧き上がってくることも多いです。そういった物欲をコントロールしないと、2019年は想像以上に出費が多くなります。

ただ、自分のスキルを高める為の投資は、2019年の蟹座さんの運気を格段に良くします。資格取得やお稽古ごとなど、生涯役に立つ部分についてはお金をかけてみましょう。

月星座が蟹座の性格の特徴【男性編】

6月22日~7月22日生まれで、月星座が蟹座の男性というのは、どんな性格なのでしょうか。夏生まれ特有の明るさやフットワークの軽さはもちろん、「愛されキャラ」「直感に優れている」といった蟹座ならではの特徴を持ち合わせた男性の性格をまとめました。

気になる男性が蟹座の場合、ここであげる特徴を参考に相手の男性のことを理解していくのも良いでしょう。

家族や仲間を大切にする

共感能力の高い蟹座男性は、月星座の中でも仲間想いな男性の多い星座と言えます。困っている人を見捨てることが出来ない優しい一面もあり、同性から慕われる男らしさも持ち合わせています。

元々、蟹座男性は自己主張が苦手で相手に合わせることが上手なので、家族や友人の意見を尊重し大切にすることができるのです。一度安心できる場所を見つけると、必ずそこに帰ってくるので、結婚後は家族を大切にする家庭的な夫になる傾向があります。

ただ、自分の意見を言わずに相手に合わせすぎるところがあったり、流されやすく優柔不断な一面もあるので、お金の貸し借りなどで金銭トラブルに巻き込まれる人が多いのも蟹座男性の特徴です。

適応能力が高い

蟹座の男性は、12の月星座の中でもトップレベルに適応能力が高いと言う特徴があります。直感に優れている上に、共感能力も高いので新しい環境に入ってもすぐに周りに溶け込むことができます。

仕事をさせても、要領よく物事をこなすのですぐに仕事をものにすることができます。一度スイッチが入ると周りの人を寄せ付けないほど集中して取り組むので、やる気さえあればどんどん出世していくというのも蟹座男性の特徴です。

適応能力が高く、どこででも上手くやっていける割には、独立心が高いので一通り技術や知識を身につけるとあっという間に独り立ちしてしまうのも蟹座男性の魅力の一つと言えるでしょう。

自由人

他の月星座の男性よりも、自由人な傾向があるのが蟹座男性です。蟹座男性は、共感性が高く周りの人に合わせることが得意な反面、物事を指図されるのは嫌がります。蟹座男性には独特のペースがあり、自分の好きなことを好きな時にやりたいという思いがあります。

ただ、自分の好きなことを周囲に押し付けるようなことは無く、周りの迷惑にならないようひっそりと自分の世界に入れれば良いと思っています。そのため、蟹座男性には、他の月星座の男性には無い独特の雰囲気があるのです。

恋愛においても自由主義であり、自分の趣味や趣向を相手の女性に隠さず見せてくれます。

恋愛体質

蟹座さんの特徴として、感受性が豊かで共感性が高いということをあげましたが、蟹座男性にはもちろんこの特性が備わっています。その為、女性に惚れやすく常に好きな相手がいて恋愛しているような男性が多いです。

恋愛体質でありながらも、誰彼構わずアプローチするのではなく、一途に一人の女性を愛し長く恋愛を楽しみたいというロマンチストな恋愛体質であり蟹座男性との恋愛は、他の月星座の男性との恋愛よりも安定して長く続くものになるでしょう。

また、想像力豊かで女性の喜ぶ姿や将来を想像するのも得意です。家族を大切にする家庭的な蟹座男性は結婚相手として最適といえるでしょう。

月星座が蟹座の性格の特徴【女性編】

月星座が蟹座の女性の性格や特徴とはどんなものなのでしょうか。蟹座男性同様、「愛されキャラ」「直感に優れている」といった蟹座ならではの特徴を持ち合わせた女性は、周りの人を明るくしたりグループの中心的存在であることも多いです。

蟹座女性は他の月星座の女性と比べてどうなのか、性格や特徴からみてみましょう。

母性が強く家庭的

月星座が蟹座の女性は、母性が強く家庭的で深い愛情を持っています。男性同様、家庭を持つとそこに帰ることでリラックスを得るので家庭を守りたいという気持ちが強いです。母性が強いので、母親になると子どもへ無償の愛を注ぎ大切に育てます。

月星座が蟹座の女性は、結婚相手として最適で「この人だ!」と決めると一人の相手を本当に大切に愛し続けます。また、月星座が蟹座の女性は忍耐強い女性も多いので結婚生活は長く安定して続くでしょう。

優しい

月星座が蟹座の人を表す時、男性女性問わず言われるのが「優しい」ということです。特に女性の場合は、グループや組織の中でも聞き役に徹し、自分の意見よりも相手の意見を尊重する傾向があります。周りへの気配りも忘れないので、世渡り上手と言えます。

困っている人を放おっておけない優しさから、日常的に人を助けておりその姿から蟹座の女性は周りの人から優しい女性だと愛されるのです。優しく家庭的なので、同性のグループの中では「お母さんキャラ」「お姉さんキャラ」として、なぜかいつも周りに友達が集まってくるような愛されキャラです。

恋多きロマンチスト

月星座が蟹座の女性は、愛情深い性格なので基本的には一人の男性を愛しますが、「相手に愛されている」という安心感が無いとすぐに不安になってしまいます。そのため、帰る場所・愛してくれる特定の相手がいれば、一途に家庭的ですが、相手からの愛情を感じられなくなると外に愛情を求めに行ってしまいます。

愛情深く女性的な性格から、男性にモテますが自己主張が苦手なので、相手に押されると拒否できずそのまま流されてしまうことも多いです。押しに弱くハッキリと断れない性格から、多くの男性と親しくしていると思われるので「恋多き女性」と言われてしまいます。

ですが、基本的には「一人の男性からずっと愛されたい」と思っているロマンチストな一面もある女性です。

気分屋

月星座が蟹座の女性は、あまり自己主張をしない割に自分の世界をしっかりと持っています。ただ、自分の世界やテリトリーに入られるのを嫌がるので、例えば、趣味で絵を描いている時に声をかけられたりすると、自分の世界に入られたような気がするので、絵を描くのを終わったりします。

月星座が蟹座の女性は、自分が気分屋だとは思っていませんが、周りの人から見ると気分屋に見えてしまうのです。

月星座が蟹座と他の月星座との相性

1年を12の期間に分けて、星座を割り当てた月星座には、それぞれに特徴や性格のクセなどがあります。月星座が蟹座の人は、6月22日~7月22日の人ですが、そんな蟹座の人と相性の良い月星座は何座の人なのでしょうか。また、蟹座さんと相性が良くない月星座は何座なのでしょうか。

相性の良い月星座と相性の悪い月星座、なぜ相性の良い悪いがあるのかについてまとめました。

相性の良い月星座

月星座が蟹座の人というのは、愛情深く多くの人に愛される性格ですが、特に相性が良い月星座の人は、ずばり「乙女座」と「蟹座」です。なぜ相性がよいのか、詳しくみてみましょう。

蟹座×乙女座

月星座が乙女座の人は、几帳面で責任感が強い性格です。一方蟹座は、仕事は早いが大雑把な部分があるので、乙女座の几帳面さが蟹座の大雑把な部分をしっかりフォローしてくれます。

愛情深く家庭的な蟹座とは違い、乙女座は精神的にもろく落ち込みやすい一面もあります。乙女座のもろく崩れやすい心を、蟹座の深い愛情で包むことで、バランスの取れた関係を築くことができるのです。

蟹座×蟹座

月星座が蟹座の人は、考え方の似ている同じ蟹座の人との相性が良いのです。愛情深く、愛してくれる人のところに留まる性格なので、お互いに深い愛情を与え合えばより強いきずなで結ばれる関係になることができます。

ただ、お互いに尽くしすぎたり相手の気持ちばかりを優先しようとしすぎることで、付き合いに疲れを感じしてしまう可能性もあります。適度に距離を保ちながらお互いの世界観を大切にして付き合っていくことができる相手でしょう。

相性の悪い月星座

月星座が蟹座の人は、基本的に誰とでも仲良くできる性格なのですが、他の11の月星座の中にはあまり相性の良くない星座の人もいます。蟹座の人と相性が悪い月星座は「双子座」と「獅子座」です。蟹座と相性が悪い理由について詳しく見てみましょう。

蟹座×双子座

月星座が双子の人というのは、社交的で誰とでもすぐに親しくなることができます。蟹座も、友達は多いタイプですが蟹座の場合は、一人の人との関係を大切にすることが多いので、双子座のように誰とでもすぐに親しくなられると蟹座の人は不安を感じてしまいます。

一人ひとりとの関係を大切にする蟹座と多くの人との関係を大切にする双子座では、付き合い方の違いが大きすぎて相性が良くないのです。

蟹座×獅子座

月星座が獅子座の人は、星座の名の通り力強くたくましい性格の人が多いです。優しく母性的な蟹座とは対照的な性格に魅力を感じるので、一見相性が良さそうに見えますが、付き合いを続けるうちに自分のテリトリーを守りたい蟹座にとって、獅子座は暑苦しく感じるようになります。

力強い獅子座との付き合いは、自己主張の苦手な蟹座にとってパワーバランスに不満を感じることも多くなってくるようです。

月星座が蟹座の恋愛傾向や結婚観

月星座が蟹座の人は、恋愛においてどんなことを重要視しているのか、何を大切に付き合っていくのか、また結婚したらどんな家庭になっていくのか、月星座が蟹座の人の恋愛傾向や結婚観についてまとめました。

安心感・安定感を求める

月星座が蟹座の人が、恋愛において最も重要視するのは相手といる時に安心できるか、安定した関係を築くことがきるか、ということです。元々、母性的な性格ということもあり、あまり刺激的でハラハラするような恋愛は好みません。

一人の人を長く愛することができる蟹座の人は、一度交際がスタートすると他の月星座の人に比べても長く付き合っていけるでしょう。

スキンシップは徐々に

月星座が蟹座の人は、慣れない相手にベタベタとスキンシップを取られることをとても嫌がります。月星座が蟹座の人は、一人の人を長く愛しますが、相手を本当に信じられるか判断するにはじっくり時間をかけます。そのため、スキンシップも徐々に段階を踏んでいくことを好みます。

一度心を許せば、スキンシップを取るのは好きなので、日常的に触れ合うことで相手から愛されていると実感することもできます。

結婚願望が強く家庭的

母性的な性格の蟹座の人は、早い内から結婚して家庭を築きたいと思っている人が多いです。結婚願望が強く、若い内から結婚を意識した付き合いをしているのも特徴です。しっかりと先を見据えて相手を選ぶので、交際に至るまでに時間はかかりますが、一度「この人だ!」と決めると結婚まではあっという間でしょう。

結婚後は、家庭を大切にするので良い妻・良い夫になる傾向にあります。ただ、家庭を大切にしすぎるところがあるので、結婚後こそ仕事との両立をしっかりと意識しなければなりません。

愛した分だけ愛してほしい

月星座が蟹座の人というのは、母性的で相手に対して無償の愛を注ぐタイプが多いですが、注いだ愛の分だけ自分のことも愛して欲しいと強く思っています。そのため、相手からの愛を感じられなくなると、他に愛してくれる人を探してしまうので注意が必要です。

月星座が蟹座の人との恋愛は、最後までしっかり愛情を受け取り、同じだけ愛するということが最も大事なのです。

月星座が蟹座の適職とは?

月星座が蟹座の人の性格から、蟹座の人にぴったりな仕事とはどんなものがあるのでしょうか。また、向いていない仕事もあるのでしょうか。月星座からみた性格を元に合う仕事や合わない仕事を調べてみました。

家庭的で奉仕する仕事は適職

愛情深く、相手に合わせることが得意な月星座が蟹座の人は、仕事においても誰かの為になる奉仕するような仕事が適職といえます。保育士・介護し・看護師はもちろん、家庭的な面からシェフなど料理を作る仕事も適しているでしょう。

奉仕するのは、なにも人間だけではありません。動物園の飼育員や動物看護師、ペットショップ店員なども蟹座の深い愛情をもった性格に合っている仕事です。

蟹座女性の場合は、結婚して子どもが生まれると子育てに専念したいという思いから、フルタイムの勤務を諦めることもあるでしょう」、

冷静に客観視することを求められる仕事は不向き

月星座が蟹座の人は、母性的な愛情を持っており「好き・嫌い」で物事を判断しがちな部分があります。そのため、冷静に第三者の立場から見た判断を必要とされる仕事は苦手な傾向があります。

また、家庭的で安心する場所を一つに決めたい蟹座の人にとって、頻繁に転勤や長期の出張が必要になる職業だと心の休まるところが無く、体調を崩してしまう可能性があり不向きといえるでしょう。転職後は環境の変化に慣れるのに時間がかかるので、不向きだと思った仕事も一度ゆっくり取り組んでみると徐々に楽しみを見いだせるようになります。

2019年の蟹座は新しいことにチャレンジを

月星座が蟹座の人は、男性も女性も相手の気持ちを考えて行動できる、優しい人が多いと分かります。また、家庭的な人が多く結婚相手としても最適でしょう。月星座が蟹座の人は、周りの困っている人を頬っておけない優しさと愛らしさから、愛されキャラとしてどんな所でも大切にされるでしょう。

2019年の蟹座はチャレンジの年であり、丁寧な仕事をすればどんどん運が上昇していきます。恋愛面での出会いも多い年になるので、恋人が欲しいと思っている人にとってはチャンスの多い年になる事間違いなしです。ただ、押しに弱い蟹座の人はたくさんの出会いの中からしっかりと相手を見極める必要がありそうです。

2019年は、仕事面においても恋愛面においても、月星座が蟹座の人にとっては変化が多い年になるかもしれません。新しい環境を恐れずに、運を味方につけてこれまでとは違う新鮮な1年を過ごしてください。
 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ