脳イキとは?脳イキできる人の特徴とやり方は?注意点も!

脳イキという言葉をご存知でしょうか?聞いただけでは、意味がわからない人も多いかもしれません。人間は、セックスやオナニーでオーガズムを感じることができますが、脳イキとは、性器に触れずにオーガズムに達することを言います。今回は、脳イキについてご紹介いたします!

脳イキとは?脳イキできる人の特徴とやり方は?注意点も!のイメージ

目次

  1. 1脳イキとは?やり方や注意点などをご紹介!
  2. 2脳イキとは?
  3. 3脳イキしやすい人の特徴とは?
  4. 41人での脳イキのやり方
  5. 5カップルでの脳イキのやり方
  6. 6脳イキのコツは?
  7. 7脳イキの注意点は?
  8. 8脳イキできるのは女性だけ?
  9. 9魅力はたっぷりだが訓練が必要

脳イキとは?やり方や注意点などをご紹介!

みなさんは、脳イキという言葉をご存知でしょうか?最近できた言葉で、一般的には浸透していませんので、知らない人が多いかもしれません。

逆に、中イキ・外イキという言葉は聞いたことのある人や知っている人が多いかもしれません。中イキ・外イキは、膣の中や外への刺激によってイクことです。

「脳でイク」と考えると、なんだか危険な行為のように感じますが、どういった意味なのでしょうか。今回の記事では、脳イキのやり方や、その注意点などについて、詳しくご紹介いたします。

脳イキとは?

人間は、セックスやオナニーなどで、性器に刺激を与えることによってオーガズム(性的な緊張が累積し、それが突然解放されることによって得られる快楽)に達することができます。しかし、性器に触れなくても、オーガズムに達することができる方法があるのです。

性器に触れずにオーガズムに達することができる方法なんて、にわかには信じがたいかもしれません。

しかし、同じ場所を同じように刺激していても、快楽を感じやすい日とまったく感じない日があるなど、オーガズムに達するためには、脳が重要であることは、わかる人も多いのではないでしょうか。

催眠状態でオーガズムに達するオナニー

脳イキとは、文字通り「脳だけでイク」ことですので、一種の催眠状態でオーガズムに達するオナニーのことです。脳イキという言葉は、名古屋県が発祥で、縄を用いた緊縛によるSMプレイを職業としている女性によって名付けられたそうです。

性器に触らずにオーガズムに達する

脳イキでは、性器に触れることなくオーガズムに達することができます。そして、脳イキをすると、狂ったように快楽を感じ続けるそうです。性器に触れずにこのような現象を引き起こすことができるので、オナニーでも脳イキをすることは可能であると考えられます。

脳イキのメリットは?

脳イキの最大のメリットは、快楽が大きく、長く継続する点にあります。性器に触れなくてもオーガズムに達することができるので、身体中のどんな場所でもイクことが可能です。

脳イキができるようになると、触覚に限らず、視覚や聴覚など、五感の全てで快楽を感じることができるようになるそうです。

また、男性の場合、普通のセックスやオナニーでは、オーガズムに達する際に射精を伴います。しかし、脳イキの場合、射精を伴わないため、何回でもイクことが可能です。

快楽が大きく、長く継続する上に、何回でもイクことができると考えると、脳イキができるようになりたいと思った人も多いかもしれません。

脳イキしやすい人の特徴とは?

それでは、実際に脳イキができる人や、脳イキをしやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか?こちらの項目では、脳イキをしやすい人の特徴について、詳しくご紹介いたします。

集中力が高い

脳イキをするためには、妄想の世界に入り込み、自分を浸らせるということが必要であるため、集中力の高い人が脳イキをしやすいと考えられます。

集中力がなく、雑念が多いと、脳イキから遠ざかってしまいます。勉強やゲームなど、集中力が必要な作業が得意な人は、脳イキをするのに向いているのではないでしょうか。

想像力が豊か

想像力が豊かな人は、妄想の世界に入り込み、自分を浸らせることができる人であるため、脳イキをしやすいと考えられます。脳イキは、脳だけでイクことですので、前述の通り、想像力や妄想に浸る力が必要です。

想像力が豊かな人は、エッチな妄想においても、尽きることなくさまざまな妄想を繰り広げることができるため、脳イキに向いていると考えられます。

そういった点では、人より少しオタク気質な人も、もしかしたら脳イキに向いている可能性があります。

イク感覚を理解している

脳イキをするためにも、まず中イキ・外イキなどによって「イク」という感覚を理解している必要があります。

セックスについての知識が深いことも重要ですが、実際にイク経験をしたことがない状態では、脳イキをするのは難しいと考えられるでしょう。

ゴールがわからないままスタートを切ることが無謀なのは、脳イキに限らず、どんなことにおいても同じです。中イキや外イキをしたことがない人は、そちらからスタートしてみるのがよいのではないでしょうか。

精神的に安定している

精神的に自立し、安定している人は、雑念や余計な不安に悩まされることが少ないです。脳イキをするための訓練においても、集中力や根気が求められますので、精神的に安定している人は、脳イキに向いていると考えられるでしょう。

精神的に安定している人は、外見からは判断しづらいですが、トラブルや問題が起こった際に、パニックにならずに冷静に対処できる人や、趣味などでストレスを発散することができる人などが、特徴として挙げられます。

1人での脳イキのやり方

ここまで、脳イキの意味や、脳イキをしやすい人の特徴についてご紹介いたしました。それでは、実際に脳イキをするためには、どのような訓練が必要なのでしょうか。まずは1人で脳イキをする方法について、ご紹介いたします。

室温を25℃にする

1人での脳イキの訓練方法として、第一に挙げられるのは、快適な室温です。人間が裸でいても寒さを感じない室温は、一般的には25℃と言われています。

脳イキの訓練には、集中力が欠かせず、妄想や催眠に浸ることが必要になってきます。暑さ・寒さなどは、ふと気が緩んだ瞬間に、妄想や催眠に浸ることを妨害してくるため、室温を快適な25℃に保つことで、脳イキの訓練が捗ることでしょう。

アロマオイルなど気分を高めるアイテムを使う

香りや音楽などで気分を高めることで、リラックス効果を得ることができ、脳イキに集中することができます。自分の1番リラックスできる香りのアロマオイルを見つけて、使ってみるとよいかもしれません。

要注意なポイントは、香りにしても音楽にしても、集中を妨げてしまうようなものは避けるべきです。強い香りだったり、激しい曲だったりすると、集中力を奪われてしまう可能性があります。

香りであれば、きつすぎないもの、音楽であれば、ジャズなどのムードを高めてくれるものを選ぶとよいでしょう。

目隠しをする

目隠しをすると、視界が真っ暗になります。情報の8割~9割は視覚から入ると言われていますので、その視覚を遮断することで、オナニーや妄想に集中することができます。

視界からたくさんの情報が入ってきている状態では、集中していても、途中で集中力が途切れてしまう可能性があります。

目隠しをすることで、集中力が途切れてしまう可能性を下げることができますので、効果的な方法の1つでしょう。

しかし、普段から目隠しをすることに慣れていないと、それはそれで集中力を奪われてしまい、逆効果かもしれません。目隠しをしたことがない方は、アイマスクをつけて寝ることの習慣化などから始めてみてもよいかもしれません。

最近では、蒸気で目元を温めてくれるアイマスクなども販売されていますので、そういったアイテムを効果的に取り入れることで、集中力を高めるだけでなく、リラックス効果も得られると考えられます。

いつも通りのオナニーをする

以上を試してみて、心身ともにリラックスできたら、次は普段通りにオナニーをしてみましょう。脳イキができるようになるまでは、快楽を味わうことが重要です。ただし、ここで中イキ・外イキをしないように気を付けましょう。

中イキ・外イキをしてしまうことで、累積された性的な緊張から解き放たれ、快楽に達してしまうため、その日はそれ以上脳イキの訓練を継続することが困難になってしまう可能性があります。

カップルでの脳イキのやり方

ここまで、1人での脳イキの訓練方法についてご紹介いたしました。それでは、カップルの場合は、脳イキをするためには、どのようにすればよいのでしょうか。こちらの項目では、カップルでの脳イキのやり方について、ご紹介いたします!

オナニーに集中できる空間を作る

こちらは、1人での脳イキのやり方でご紹介した方法と同じで、快適な室温や香り、音楽など、オナニーに集中できるような環境を整えることが重要です。

脳イキをするためには、妄想の世界に浸り、快楽を味わうことが必要ですので、カップルにおいても、オナニーに集中できる空間作りは必須と言っても過言ではないでしょう。

また、部屋の照明の明るさなども、オナニーへの集中力に関わる場合があります。男性の場合は、一般に、視覚的な情報から性的興奮を得やすいと言われていますが、脳イキの場合は、ムード作りが重要になってきますので、照明は暗めの方がよいかもしれません。

先にセックスでオーガズムに達する

カップルの場合、先にセックスをして、オーガズムに達することで、セックスのときの快楽を反芻しながら、脳イキの訓練をすることが可能です。そのときのセックスの体験をもとに、オナニーや脳イキの訓練に励むことで、より妄想を膨らませることができるでしょう。

セックスを思い出しながら脳イキをする

セックスでオーガズムに達したあとに、脳イキの練習をするコツとしては、セックスのときにどこを触られて感じたかを細かく思い出すことです。

セックスのときに味わった快楽を鮮明に思い出すことができれば、より妄想の世界に浸ることができるので、脳イキしやすいのではないでしょうか。

思い出しながらオナニーや脳イキの訓練をするときは、記憶に意識を集中させて、気分を高めることがとても重要ですので、いつでも鮮明に思い出すことができるように、脳イキの訓練をしている期間も、定期的にセックスをするとよいかもしれません。

脳イキのコツは?

ここまで、1人での脳イキの方法や、カップルでの脳イキの方法についてご紹介いたしましたが、それだけで本当に脳イキなんて難しいことができるのか?と疑問に思う人も多いでしょう。

脳イキにも、きちんとコツが存在しますので、ご安心ください。こちらの項目では、脳イキのコツについてご紹介いたします!

リラックスできる環境を作る

こちらは前の項目でもご紹介いたしましたが、アロマや音楽などで、リラックスできる環境を作ることはとても重要です。脳イキとは、簡単に言えば妄想だけでオーガズムに達することですので、妄想に集中できるような環境を作ることが絶対に必要だと考えられます。

勉強や、仕事の際にもいい香りや、BGMなどがあると捗るように、脳イキも同じですので、快適な室温を保ち、妄想に集中しやすい環境を整えることは、脳イキをするためのコツの1つとして考えられるでしょう。

また、前述の通り、アロマや音楽などのアイテムを取り入れる際には、逆にそれらがあなたの集中力を奪ってしまわないように注意する必要があります。

音楽を選ぶときは、ジャズなどの落ち着いていてムーディーな曲や、インストゥルメンタル(歌のない曲)、洋楽などを選曲するとよいでしょう。

日本語の歌詞の曲や、激しいロックバンドの曲などは、集中力を奪ってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

セックスしたい気持ちを持つ

基本的なことのようですが、「セックスをしたい」「イキたい」という気持ちがなければ、脳イキをすることは難しいでしょう。

逆に考えれば、「セックスをしたい」「イキたい」という気持ちを保っておくことで、脳イキへより近づけると考えられます。欲求不満気味の方には、嬉しいお知らせかもしれません。

どうしてもそういった欲求が湧かない場合には、本やドラマ、アダルトビデオなどを見ることで、そういった快楽への欲求を奮い立たせてから、脳イキの練習に取り組む必要があります。

必ず脳イキができるようになる必要はありませんので、そういった欲求が湧かず、停滞している場合は、無理をしない方がよいでしょう。

興奮状態を長く保つ

脳イキをするためには、一種の催眠状態にいる必要があるので、セックスをしたい・イキたいという気持ちに持っていけたら、その興奮状態を長く維持する必要があります。

せっかく興奮状態になっても、徐々に脳をコントロールする必要があるため、それが一時的なものではあまり効果がありません。

ずっと興奮し続けていないといけないと考えると逆に苦しいので、普段のオナニーの回数を減らしてみるなど、セックスをしたい・イキたいという気持ちを間接的に高める工夫をしてみるのもよいかもしれません。

女性の場合は「ポルチオ」を開発する

ポルチオ(Portio)とは、膣の中で子宮が突き出ている部分(子宮膣部)のことです。膣に指を入れたときに、コリっとした突起物があれば、それがポルチオです。一般に、出産の経験がない女性のポルチオは固く、出産の経験がある女性のポルチオは少し柔らかいと言われています。

このポルチオや、ポルチオの周囲、子宮、内臓への刺激によって感じることは、「ポルチオ性感」と呼ばれることがあります。

しかし、このポルチオは、刺激したからと言ってすぐに快楽に直結するようなものではありません。いきなり刺激されても、違和感や痛みを感じてしまう女性の方が多いでしょう。

中には、ポルチオ性感の存在すら疑わしいといった声も上がっていますが、ポルチオで得られる快楽は、脳で作られているので、ポルチオで快楽を感じることができるようになれば、脳イキしやすくなると考えられるでしょう。

ポルチオの開発方法は?

ポルチオ性感も、極めることで行きつく先は脳イキですので、セックスの際などに、言葉などで女性の脳を敏感にする必要があります。

また、前戯(セックスの前に行う、性的な興奮を高めるための愛撫)を入念に行い、性的に興奮した状態にする必要があります。膣奥への刺激が違和感ではなく、快楽に変わるように、上手にリードしましょう。

オーガズムにこだわりすぎない

一見、脳イキから遠ざかってしまうように見える言葉ですが、実は、脳イキにおいても重要とされているのが、オーガズムにこだわりすぎないことなのです。

オーガズムにこだわりすぎてしまうと、オーガズムに達するまでの過程で快楽を感じられなくなってしまう可能性があります。脳イキには訓練が必要で、性器に触れずにオーガズムに達することができるようになることがゴールですので、その道のりは長いです。

その過程で、快楽を味わうことを忘れてしまっては、脳イキに達する前に、性的な欲求が減退してしまう可能性があります。

1人での脳イキの方法においても、カップルでの脳イキの方法においても言えることですが、脳だけでオーガズムに達することへのプレッシャーを感じすぎないことが重要です。

時間をかける

脳イキをするためには、それまでの過程にたっぷり時間をかけるのがよいでしょう。セックスであれば、愛撫や交接に30分~1時間ほどかけてみてもよいかもしれません。

こちらは前の項目にも通じるところがありますが、短時間で済ませようとしたり、焦って脳イキができるようになろうとしたりするのではなく、脳イキができるようになるまでの過程を楽しみ、幸福を感じることが重要です。

脳イキの注意点は?

ここまで、脳イキのコツについてご紹介いたしました。魅力的な脳イキですが、デメリットや注意点などはあるのでしょうか?次の項目では、脳イキの注意点について、詳しくご紹介いたします!

脳イキは訓練が必要

脳イキとは、脳だけでオーガズムに達することを指しますので、当然のことながら、誰もがやろうと思ってもすぐにできるものではありません。セックスに対する欲求を高め、興奮を継続し、妄想の世界に浸り込むという訓練が必要になります。

さらに、脳イキの訓練中は、中イキや外イキでオーガズムに達してしまわないように気を付けなければいけないため、集中力を使うだけでなく、欲求との戦いになるでしょう。

集中しすぎて、疲れてしまっている状態で無理をすることは、逆にあなたを脳イキの快楽から遠ざけてしまいますので、オーガズムに達したいという気持ちを保ちながらも、その過程を楽しむことが重要かもしれません。

依存症になる場合も

脳イキには、大きく継続的な快楽が伴い、何度でもオーガズムに達することが可能ですので、依存症になる場合があります。

しかし、脳イキに限らず、性行為には快楽が伴うものです。危険なことをしているわけではありませんが、快楽に溺れ、依存症になってしまう可能性は、普通のオナニーやセックスにも伴います。

依存すると言っても、セックスやオナニーを頻繁にすることで、日常生活に支障が出なければ、それほど大きな問題はないと考えられます。

しかし、寝ても覚めてもそのことしか考えられなかったり、仕事や学業などに支障が出たりするようであれば、いったん脳イキから離れてみるのもよいでしょう。

脳イキできるのは女性だけ?

脳イキできるようになるためには、訓練が必要ですが、メリットが多いとわかりました。そんな脳イキですが、男性でも脳イキすることは可能なのでしょうか?次の項目で、詳しくご紹介いたします!

男性も脳イキできる

結論からお伝えしますと、男性でも脳イキをすることは可能です。しかし、脳イキをするには、女性の方が向いているのもまた事実でしょう。

その理由の1つに、女性の方が脳イキをするための妄想をする力に長けている点があります。女性は感受性が豊かな人が多いと言われていますので、そういった点では、脳イキに向いているのかもしれません。

もう1つは、脳イキには訓練が必要です。男性は直接的な愛情表現を好む人が多いため、セックスだけで満足してしまう人が多いのではないでしょうか。

セックスだけでは満足できない、快楽への飽くなき欲求が脳イキへと導いてくれますので、そういった点においても、女性の方が脳イキに向いていると考えられるでしょう。

しかし、男性が脳イキを試みるのは決して悪いことではありません。脳イキのメリットに、男性でも女性のようにオーガズムに達することができるというメリットがありますので、普段のセックスやオナニーで満足できない男性は、脳イキを試みてもよいのではないでしょうか。

また、パートナーがいる男性の方は、パートナーをより幸福にしてあげるために、脳イキのことを教えて、一緒にトライしてみるのもよいかもしれません。

魅力はたっぷりだが訓練が必要

脳イキについて、その意味や特徴、方法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。脳イキとは、性器に触れずにオーガズムに達することで、脳イキができるようになるためには、自分を妄想に浸らせる訓練が必要だとわかりました。

しかし、脳イキができるようになると、大きく深い快感を継続して得られるようになるため、普段のセックスにおいても、相手により愛おしく思ってもらえる可能性が高まります。

普段のセックスやオナニーで物足りないと感じている人は、この記事を読んだことをきっかけに、脳イキの訓練をしてみるのもよいかもしれません。

パートナーがいる人は、相手との性的関係が良好であることはとても重要ですので、脳イキの訓練をする際には、一度相手に相談してみたり、一緒にトライしてみてはいかがでしょうか。

そして、脳イキの訓練をする上では、オーガズムへこだわりすぎず、その過程を楽しむことが重要です。脳イキをするという目的だけでプレッシャーに感じてしまい、ストレスになってしまうことのないように、気楽に取り組むのが一番よいでしょう。以上が、脳イキについてのご紹介でした!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ