ライトワーカーの意味や特徴とは?使命•役割や覚醒について!

世界をポジティブなエネルギーで癒すライトワーカーの意味や特徴とは何かをまとめていきます。また、ライトワーカーの使命や役割とは何かについても詳しく述べます。自分がライトワーカーかどうかが気になる人のために、診断方法を紹介しています。

ライトワーカーの意味や特徴とは?使命•役割や覚醒について!のイメージ

目次

  1. 1ライトワーカーの意味は特徴は?どんな使命があるの?
  2. 2ライトワーカーの意味
  3. 3ライトワーカーの特徴
  4. 4ライトワーカーの役割
  5. 5ライトワーカーの使命
  6. 6ライトワーカーが目覚める時は?
  7. 7ライトウォリヤーとの違い
  8. 8ライトワーカーの診断方法
  9. 9ライトワーカーとして生きていく

ライトワーカーの意味は特徴は?どんな使命があるの?

ライトワーカーの意味とは何なのでしょうか?また、ライトワーカーにはどんな特徴や使命があるのでしょうか?以下では、ライトワーカーの意味を詳細に説明し、ライトワーカーの特徴や使命を具体的にまとめていきます。

ライトワーカーの意味

ライトワーカーとはどういう意味かについて見ていきましょう。単に言葉の意味だけでなく、ライトワーカーという言葉が一体どういう人たちのことを表しているのか、一体どういうことをしている人たちなのかについてまとめていきます。

直訳は【光の仕事人】

ライトワーカーをそのまま直訳すれば、光の仕事人という意味になります。「光」というところが抽象的で分かりづらいですが、基本的には、ポジティブなエネルギーや愛を世界に広げていくことを仕事としているという意味です。

人間を不安や恐れといったネガティブな感情から救うために、また、スピリチュアルな世界との懸け橋となるために、自分で地球に生まれることを選んできた存在です。

仕事というと何か具体的な職業名をイメージする方もいるかと思いますが、具体的な職業名とは関係ありません。いろいろな職業の中に、ライトワーカーがまぎれ、普通の社会生活を営んでいることがあります。

スピリチュアル世界との架け橋

ライトワーカーは、ごく普通に社会に溶け込んで生活しています。しかし、ライトワーカーはスピリチュアルな世界とつながっている存在です。

本人はそのような自覚がないこともありますが、ライトワーカーはこの物質世界とスピリチュアルな世界をつなぐ架け橋としての役割を担って生きているわけです。

単に物質的な生活だけをしているのではなく、肉体を持ってこの三次元の世界に住みながら、スピリチュアルな世界とのつながりを保ったまま、生きている役割がある存在です。

天使界と人間界を繋げる人

ライトワーカーはスピリチュアルな世界との懸け橋としての役割を担って生きている存在ですが、同時に、天使界と人間界をつなげる意味を持った存在でもあります。

天使界のメッセージを受け取り、その意味を人間界に伝える役割を担っている存在と言えます。単に物質世界で人生を完結しているのではなく、人間界を超えたところとの関係を持っている役割を持つ崇高な意味を抱いた存在とも言えます。

ライトワーカーは3種類

では、ライトワーカーには具体的にどのような種類があるのでしょうか。以下では、ライトワーカーの主な3種類について詳しくまとめていきます。

自分自身がライトワーカーかもしれないと感じる人は、それぞれの特徴が自分に当てはまるかを考えながら読んでみましょう。

ヒーラー

ライトワーカーの大きな目的が地球に住む人間を不安や恐れから救うことですから、ライトワーカーは多かれ少なかれ、ヒーラーとしての役割があります。

人々に癒しの時間や場所を提供することを重点的に行っている役割の人は、ライトワーカーのヒーラータイプと言えるでしょう。これは何も具体的な職業名とつながっているわけではありません。

もっと広い意味で、人々に癒しを届ける存在という意味です。具体的な職業名を挙げるとすれば、セラピストが当てはまるでしょう。他には、看護師の中にも、ライトワーカーのヒーラータイプがいます。

メッセンジャー

ライトワーカーには、ヒーラータイプの他に、メッセンジャーの役割を担っている人がいます。メッセンジャーとは文字通り何かを他の人に伝える存在です。具体的には、様々な芸術作品を作るという形式が多いようです。

もっと具体的に言えば、歌手もメッセンジャーと言えます。歌というものを通して、愛や癒しを多くの人に伝えるメッセンジャーとしての役割を担っています。他には、文章を書く人もメッセンジャーであることがあります。

小説家やコラムニストの中にも、ライトワーカーのメッセンジャータイプがいます。文章を通して、多くの人に愛や癒しを提供している存在です。そのほかには、画家もメッセンジャーに含まれます。

トランスミューター

ヒーラーやメッセンジャーの他に、トランスミューターというタイプもいます。このトランスミューターは、世界中に蔓延するネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換し、愛や癒しを提供している存在です。

このように書くと非常に抽象的で、イメージしづらいと思いますので、具体例を挙げます。例えば、お笑い芸人もこのタイプに含められます。

辛かったこと、うまくいかなかったこと、大変だったことなどを、独得の切り口で面白く語ることで、ネガティブだったものをポジティブなものに変換させています。多くの人に違った視点や理解を与えている存在と見ることができます。

ライトワーカーの特徴

ライトワーカーの3種類について見ていきましたが、続いては、ライトワーカーの特徴とはどんなものがあるのかについてまとめていきます。

自分がもしかしたらライトワーカーかもしれないと感じている人は、以下に挙げるライトワーカーの特徴を読んでみましょう。当てはまることが多いと感じる人は、ライトワーカーである確率が高いと言えるでしょう。

他の人とは違う感覚

ライトワーカーは、他の人とは違う感覚を持っています。ライトワーカー自身も、かなり小さいときから他人と自分の感覚が違うことをいろいろな経験から学び理解しています。

こうしたことを大変に思う時期もありますが、徐々に他の人と違う感覚を自分が持っているという事実を受け入れていきます。自分にとって普通だと思って言ったことが、予期せぬ反応を招いてしまって驚いたことがある人は、これに当てはまると言えます。

複数人で話していて、自分だけ共感できなことがあるという経験をしたことがある人もいるかもしれません。ライトワーカーは、自分はほかの人とは違う感覚があるということを理解し、受け入れていく必要があります。

孤独を感じやすい

ライトワーカーは、他の人とは違う感覚を持っているため、孤独を感じやすいと言えます。当たり前の感覚というものが人とは違うので、自分のことを理解してくれる人がいないのではないかと考えがちです。

こうしたことを人生で何度も経験しているため、自己主張することを避けてきたライトワーカーも多いです。自分の感覚を話しても理解してもらえないどころか、変な目で見られてしまったといったという経験を重ねている場合があります。

こうした経験していく中で、人生において、孤独であることを痛感することがあります。ライトワーカーは、こうした事実を徐々に受け入れ成長していく必要があります。

普通の人と違う事がしたい

ライトワーカーは、自分は人とは違うことを小さいときから感じていて、孤独を感じることもありますが、人と違うことがしたいという強い欲求を持っています。

普通の人が歩む人生を自分は真似たくないという思いが人一倍強いのがライトワーカーの特徴の一つです。ライトワーカーは、小さいときから自分の人生には何か大きな使命があるに違いないと感じていることがあります。

そのため、普通の人のように普通の人生を送っていると、何か物足りない、何かこのままではいけないのではないか、と感じることがあります。このような思いを持っているという方は、ライトワーカーである可能性が極めて高いと言えるでしょう。

一人が好き

ライトワーカーはほかの人と違った感覚を持っているため、一人でいることを好みます。人から理解されないことが多いので、自分の感覚を人と共有することが難しいと感じているライトワーカーは、一人の世界を穏やかに充実させていくことに満足感を覚えます。

自分のペースで物事をじっくり進めたいとも思っています。孤独を感じやすい傾向はあるものの、人といると疲れてしまいやすいという傾向も持ち合わせています。

そのため、結局、一人でいることを選択することが多いです。一人でいて、別につらいとか感じることはなく、自分の時間を有意義に過ごせます。

ライトワーカーの役割

ライトワーカーの特徴について見てきましたが、続いては、ライトワーカーの役割とはどういうものがあるのかについてまとめていきます。

ライトワーカーは、世界中の人々を不安や恐れから解放することを大きな目標にしている人々ですが、より具体的にはどのような役割があるのでしょうか。

光を与えること

ライトワーカーの役割は、光を与えることです。光を与えるという言葉は抽象的ですが、愛や癒しを提供していくということです。

ライトワーカーがネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換して、多くの人に提供することで、世界がより明るく生き生きとなってくれたらいいと考えています。

すでに述べたように、ヒーラータイプ、メッセンジャータイプ、トランスミュータータイプが、それぞれの個性と能力を使って、光を与えています。

良い方向へ向かうようにサポート

ライトワーカーの役割は光を与え、世界を良い方向へ向かうようにサポートすることです。ライトワーカーがこうした仕事をしないと、世界はネガティブなエネルギーに圧倒されてしまいます。

とはいえ、何か特別なことをするわけではありませんし、ライトワーカーは普通の人として社会生活を営んでいます。普通の人としてある職業に就きながら、世界全体が良い方向へ向かうようにサポートしているわけです。

具体的には、様々な芸術作品を作ったり、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換できるような切り口を提供したりしています。

特殊な力は持っていない

ライトワーカーは何も特殊な力を持っているわけではありません。超能力などを駆使して、神秘的な作用で人々に癒しや愛を提供しているわけではないのです。

ライトワーカーは普通の市民として、社会生活を営んでいます。そうした普通の人としての存在を保ったまま、世界が良い方向へ向かうようにサポートし、光を与え続けているわけです。

ですから、ライトワーカーが何か特殊な能力がなければなれないものであるという理解は間違っています。ライトワーカーは、人々を不安や恐れから解放するために、自分自身で地球を選んで生まれてきた存在です。

ライトワーカーの使命

ライトワーカーの3種類とライトワーカーとはどんな特徴があるのかについて見ていきましたが、続いては、ライトワーカーの使命についてより具体的に見ていきましょう。

ライトワーカーが愛や癒しを提供し、世界がより良い方向へ向かうようにサポートしている存在であることをご紹介しましたが、ライトワーカーはいったいどういう使命があり、こういうことをしているのでしょうか。

愛を伝えること

ライトワーカーの使命は、愛を伝えることです。ライトワーカーは、愛には様々な種類があります。親が子供を思う愛、兄弟の間の愛、パートナーを思う愛、人間を思う愛など、様々な愛がある中で、ライトワーカーは自分自身ができる範囲で、愛を伝えようとします。

何も大それたことをするわけではありません。身近な存在に愛を伝えます。身近なところから愛を広めていく以外に、世界に愛を届ける方法はないと知っているからです。ですから、ライトワーカーは、自分の子供、自分の親、友人、パートナーに愛を伝えます。

そして、さらに多くの人に愛を伝えたいと思えば、グループを作ったり、様々な人と交流する機会を設けたりしながら、愛を伝え続けます。愛を伝えることがライトワーカーの最も基本的な使命だからです。

光を広げること

ライトワーカーは愛を伝え、光を広げていくという使命を持っています。光を広げるとは、ポジティブなエネルギーを広げることです。世界には、ネガティブなエネルギーが満ち満ちています。

すべての人がネガティブなエネルギーに圧倒されています。こうした状況で、ライトワーカーは自分のできる範囲で、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換して、世界に光を広げていきます。

すでに見たように、ヒーラーは、直接的に人々に癒しを提供し、光を広げています。また、メッセンジャーは、芸術作品を発表することで、光を広げています。

使命を果たすための必要事項

ライトワーカーの使命は、愛を伝え、光を広げることです。では、このようなライトワーカーの崇高な使命を果たすためには、一体どのようなことが必要なのでしょうか。

以下では、ライトワーカーがしっかり自分の使命を果たせるために必要なことをまとめてみました。自分がライトワーカーかもしれないと感じている人は、参考にしてみてください。

3次元の仕組みを知る

ライトワーカーが自分の使命を果たすためには、自分が住む3次元の仕組みをしっかりと理解しておくことが重要です。まず、この3次元では、肉体という入れ物の中で生きていく必要があるということを理解しなくてはいけません。

また、感情というものに振り回されていては、使命が果たせません。感情に振り回されるのではなく、感情を理解し、感情とうまく付き合っていく術を学ぶ必要があります。また、3次元では、物質的誘惑が非常に多いことを理解しておくべきでしょう。

ライトワーカーとして生まれ落ちたにもかかわらず、3次元の物質的誘惑に飲み込まれ、ライトワーカーとしての使命を全うできずに人生を終えてしまう人もたくさんいます。

使命の意味を知る

使命を全うするには、使命の意味をよく理解しておくことも重要です。ライトワーカーは、自分で地球という惑星を選んで、人々を不安や恐れから解放するために生まれてきた存在です。

そして、ライトワーカーの使命とは、愛を伝え、光を広めることです。何も特別な能力を持っているわけではありません。

普通の社会生活を営みながら、自分ができる範囲で、愛を伝え、光を広めていくことが大いなる使命になっています。この意味をよくかみしめておくことが、ライトワーカーとして生きていくときの支えとなります。

人生の秘密を知る

ライトワーカーとしての使命をしっかりと果たしていくには、人生の秘密を知っておく必要があります。ライトワーカーは、自分の意思でライトワーカーとして生まれています。

このことをしっかりと理解しておきましょう。自分の意志で、地球という星を選んだのは、この地球という星を、この地球に住む人々を心の底から愛していたからです。

そして、混迷極まる現代の問題に心を痛め、何とかしたいという思いから、地球に生まれることを選んだわけです。それを決めたのには、あなた自身の中に、素晴らしい優しさがあったからです。

ライトワーカーが目覚める時は?

ライトワーカーの特徴や使命とはどんなものであるのかについて見てきました。続いては、ライトワーカーが目覚めるときについてまとめます。ライトワーカーは、自分の意志で、自分の選択で、地球に生まれてきましたが、それをいったん忘れています。

したがって、ライトワーカーとして目座ネルには、何らかのきっかけが必要になるわけです。そうしたきっかけとしてよくあるものをまとめましたので、参考にしてみてください。

ツインソウルと出会う

ツインソウルと出会うと、自分がライトワーカーであることに目覚めることがあります。ツインソウルとは、もともと一つだった魂が前世で二つに分かれ、今世でお互いがしっかりと成熟したあとに合う運命になっている相手のことです。

かなり強い魂の結びつきを持った相手です。ですから、ツインソウルと出会えば、それがツインソウルであるとしっかり理解できます

そして、やがては、自分がライトワーカーであることに目覚めることになるのです。こうした出会いは本人にとって強烈な体験となるので、人生が一変することがあります。

自分を信じ続ける

自分自身を信じ続けた先に、ライトワーカーに目覚めることがあります。この3次元で生きていくことは、疑問や恐れに勝っていくことです。

そうした疑問や恐れに負けないで、自分自身を信じ続けられると、自分がライトワーカーであることに目覚める瞬間がやってきます。現代社会の物質的誘惑に惑わされることなく、自分自身を信じ続けられるかが問われています。

ライトワーカーとして生まれ落ちたのにもかかわらず、3次元の誘惑に惑わされて、自分自身を信じ続けることができないで、ライトワーカーとしてついに目覚められなかった人は大勢います。

ポジティブな感情でいる

ポジティブな感情でいれば、ライトワーカーとして目覚めることがあります。ライトワーカーは基本的にポジティブなエネルギーに満ちています。ネガティブなエネルギーのままでは、ライトワーカーとして生きていけません。

ネガティブなエネルギーに飲み込まれたままでは、ライトワーカーとして生きていけないだけでなく、そもそもライトワーカーとして目覚めることもできません。

ライトワーカーの使命は、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換して、愛を伝え、光を広げることでした。この使命を全うするためには、自分自身がネガティブなエネルギーに打ち勝っている必要があるのです。

ライトウォリヤーとの違い

ライトワーカーの特徴や使命、ライトワーカーとして目覚めるときについてまとめましたが、続いては、ライトワーカーとライトウォリヤーとの違いについて見ていきます。

二つとも、愛を伝え、光を広げることを使命として自分で地球で生きることを選択してきた存在ですが、詳しく見ていくと、大きな違いがあります。

ワーカーは共感的

ライトワーカーは、共感的です。ライトワーカーは、自分自身の持つバイブレーション(波長)だけで人々を癒すことができる存在です。

愛や優しさを十分に持っているため、非常に敏感に人々の感情を把握できます。その一方で、繊細であまりタフとは言えません。この現代の様々な社会問題、環境問題に心を痛めています。

ウォリヤーは積極的

一方、ライトウォリヤーは、積極的に行動するタイプです。性別に関係なく、直感が優れていて、自分の直感を信じ行動していくタイプです。非常に忍耐強く、他者の気持ちを汲み取ることも得意なタイプです。

何らかのリーダーとしてグループを先導していく立場を務めたりします。まさに、光の戦士と言える存在なのです。

直感で見分けられる

ライトワーカーとライトウォリヤーのそれぞれの特徴について見てきましたが、両者の違いは直感的に見分けられます。見た目の違いが特にあるわけではありませんが、直感の鋭い人なら、どちらのタイプであるかはすぐに分かるでしょう。

ライトワーカーは共感的で、非常に繊細な人が多いですし、ライトウォリヤーは積極的に行動するタイプと言えます。こうした違いを理解して、自分がどちらのタイプかどうかを考える際の参考にしてみてください。

ライトワーカーの診断方法

ライトワーカーの特徴や使命とはどういうものかや、ライトウォリヤーとの違いなどについて見てきましたが、自分がライトワーカーではないかと考えている方もいるかもしれません。

以下では、ライトワーカーかどうかを診断できる方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

前向き

ライトワーカーは、とても前向きです。ライトワーカーは、ポジティブなエネルギーを世界に広めていくことを人生の使命としています。そのため、ライトワーカーは、ネガティブなエネルギーに圧倒されていては務まりません。

誰しも人生で辛いことや大変なことを経験しますが、そうしたネガティブな経験も、人生の糧として、ポジティブなエネルギーに変換していくのが、ライトワーカーの特徴です。

ネガティブな感情に支配されずに、ポジティブな考え方ができる人はこの項目にあてはまると言えるでしょう。

瞑想をしている

ライトワーカーは、瞑想している人が多いです。ライトワーカーはネガティブなエネルギーに圧倒されていては務まりませんから、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換するすべを身につけておく必要があります。

そうした術の一つが、瞑想です。瞑想を習慣的にしている人はこの項目に当てはまります。人生が大変な時に、瞑想をしたくなるとか、実際に、瞑想する時間を取っているという人は、ライトワーカーである可能性が高いです。

感受性が鋭い

ライトワーカーは感受性が鋭いです。ライトワーカー自身が、自分の感覚は人とは違っていると感じる人生を生きてきました。そのため、人との感覚のずれなどに非常に敏感で、繊細な心を持っています。

そのため、大勢の人がいるところでは、様々な感情やエネルギーを感じてしまい疲れてしまうことがあります。こうした傾向があなたにもあれば、あなたはこの項目当てはまっていると言えそうです。

社会性が乏しい

ライトワーカーは社会性が乏しいです。権威や権力というものが嫌いで、多数決の原理で物事が決まっていくことに好ましい感情を抱いていないことがあります。自分のペースで穏やかに暮らしたいという願望が強く、様々なルールで縛られる生活を好みません。

選民思想を持っている

小さいときから、自分は人とは違った感覚を持っていると思ってきたライトワーカーは、自分は人とは違うんだという感覚をもって生きています。ごくまれに共感できる人はいますが、その数はとても少ないです。

理解してもらおうともあまり思っていません。孤独を感じることはありますが、一人が嫌いではありません。人とは違っている自分というものを徐々に受け入れながら、そういう自分を大切にしたいと考えています。

ライトワーカーとして生きていく

ライトワーカーの特徴や使命とはどういうものかや、ライトワーカーの診断方法などについてまとめてきましたが、いかがでしたか?ライトワーカーの診断方法で多くの項目に当てはまった人がいるかもしれません。

そのような人はライトワーカーとしての目覚めに近づいていると言えるでしょう。ライトワーカーとして生きていくには、覚悟がいります。自分自身もネガティブなエネルギーに飲み込まれないようにしながら、世界に愛を伝え、光を広げていくことは簡単ではありません。

しかし、同時に、大変なやりがいを感じることでしょう。自分がライトワーカーかもしれないと感じた人は、まずは、こうした壮大な使命をもって生まれてきた自分をいたわってあげましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ