市川一家4人殺人事件!関光彦死刑囚や少女(長女)のその後や現在!

本稿では、1992年に関光彦死刑囚が起こした市川一家4人殺人事件について記述します。市川一家4人殺人事件では、犯人である関光彦が未成年であるにも関わらず死刑判決を受けたことでも有名となりました。また、被害者少女の事件のその後や現在についても調べていきましょう。

市川一家4人殺人事件!関光彦死刑囚や少女(長女)のその後や現在!のイメージ

目次

  1. 1市川一家4人殺人事件の犯人は?事件のその後や現在をご紹介!
  2. 2市川一家4人殺人事件概要
  3. 3犯人「関光彦」の生い立ち
  4. 4市川一家4人殺人事件の逮捕後
  5. 5市川一家4人殺人事件の裁判結果は?
  6. 6被害者長女のその後と現在
  7. 7市川一家4人殺人事件の悲劇

市川一家4人殺人事件の犯人は?事件のその後や現在をご紹介!

本稿では、1992年に起きた悲惨な殺人事件である市川一家4人殺人事件について記載していきます。市川一家4人殺人事件とは、当時19歳の少年・関光彦が1992年に千葉県市川市で起こした強盗殺人及び強姦事件です。

犯人の関光彦が19歳の未成年であった事からこの事件はたちまち有名となり、多くの日本人がその事件の惨さに凍り付きました。関光彦は未成年ですが、本事件で死刑執行される事となりました。

本稿では、市川一家4人殺人事件の概要、関光彦死刑囚の生い立ちから死刑執行されるまでの心情の変化、そして市川一家4人殺人事件で唯一生き残った少女の事件のその後及び現在について詳しく見ていきましょう。

Thumb「てるくはのる」とは?京都小学生殺害事件の概要や自殺した岡村浩昌など!
1999年の京都小学生殺害事件をご存知でしょうか?この殺人事件では、「てるくはのる」という暗...

市川一家4人殺人事件概要

こちらでは、市川一家4人殺人事件の事件概要について記載していきます。関光彦死刑囚が実行した恐ろしい殺人事件とはどのようなものだったのでしょうか?事件発覚から逮捕直前の関光彦死刑囚の行動も見ていきましょう。

19歳の少年による暴行・強姦殺人事件

市川一家4人殺人事件とは、1992年に当時19歳の未成年であった関光彦死刑囚が起こした強姦及び強盗殺人事件です。関光彦死刑囚は、被害者である市川家の少女を強姦し、その現場で少女の所持していた身分証明書を無理やり奪い取りました。

そして、それから約1か月後に市川家の少女が在住していたマンションに強盗目的で侵入すると、そこで関光彦死刑囚の犯行を目撃した市川一家の4人を絞殺・刺殺しました。また、本事件では強姦された少女のみが生き残りました。

市川家の4人を殺害すると、関光彦死刑囚は被害者宅及び市川主人の勤務先から金目のものを奪い、更に少女を長時間監禁し、強姦しました。こちらが市川一家4人殺人事件の大まかな概要です。

最初はパブで働く女性の監禁

事件の流れを細かく見ていきましょう。まず、関光彦死刑囚は1992年2月6日に千葉県市川市のスナックで働いていたフィリピン人のホステスを連れ出すと、店側には無断で自宅のアパートに泊めていたと言われています。

また、関光彦死刑囚はこのフィリピン人のホステスと性的関係にあったと言われており、その上でホステスを自宅に監禁し負傷させるという犯罪行為を行っていました。

その後2月8日に店に戻ったホステスが泣きながらこの事実を訴えると、当然のごとく店側はこの事に対して激怒しました。

店側は暴力団に「落とし前」を依頼したため、関光彦死刑囚はこの1件をきっかけに暴力団に追われるようになりました。暴力団は関光彦死刑囚の自宅に取り立てにも行ったと言われています。

市川家(被害者)長女を強姦

ここから市川一家4人殺人事件の核へと入っていきます。1992年2月12日の午前2時頃、市川家長女であった県立高校に通っていた15歳の少女は、夜遅くまで勉強をしていました。

勉強の最中にシャープペンシルの芯がなくなった事に気づいた少女は、近くのコンビニに購入しに出かけました。

買い物を終えて帰宅しようとしていた少女の元に、愛車のクラウンに乗った関光彦死刑囚が姿を現しました。帰宅途中だった少女に背後から接近し、マンション前の狭い路地で少女を止めるためになんと少女の乗る自転車の後輪部分にクラウンの左前部衝突させました。

その衝撃で少女は転倒してしまい、右膝に擦り傷を負いました。降車した関光彦死刑囚は少女にやさしく「病院に連れていくよ」と声をかけたと言います。その後関光彦死刑囚は少女を車に乗せるとその場を走り去りました。

関光彦死刑囚の態度が急変

関光彦死刑囚は、車を走らせ千葉県浦安市内の病院に少女を連れていくと治療を受けさせました。当初関光彦死刑囚を警戒していた少女もこの時点で少し心を開き、治療後には家に送り届けると言われたため安心したと語っていました。

しかし、少女を家まで送り届ける道中で関光彦死刑囚の中の悪魔が覚醒しました。関光彦死刑囚は突如このまま返すのは勿体ないと思い始め、人通りの少ない路肩に車を停車させました。

長女強姦後に個人情報を盗み取る

関光彦死刑囚は、本性を表すと刃物を使って少女を脅し、抵抗した少女の左頬及び左手を切りつけました。このけがは全治2週間の負傷であったと言われています。

更に関光彦死刑囚は、「黙って俺の言うことを聞け」というと、そのまま自宅のアパートに少女を連れ込むと、2度にわたり少女を強姦しました。また、少女の所持品及び現金を盗みました。

関光彦死刑囚は、そこで少女の所持していた高校の生徒手帳から少女の個人情報を入手しました。関光彦死刑囚が部屋を出る際に少女は自力で脱出することに成功しましたが、関光彦死刑囚は少女の脱走については無関心だったとの事です。

長女の家に押し入り強盗

関光彦死刑囚が、なぜ強盗を企てたのかと言いますと、先程記述したホステスへの暴行の件で暴力団から200万円を要求されていた為でした。

関光彦死刑囚はそんな資金の当てもないにもかかわらず何とかすると言ってのけ、その後どうやって金を工面するか考えあぐねていました。

自宅にいては暴力団の取り立てに遭うとして、関光彦死刑囚は自宅に帰ることも出来ず車中泊の日々を送っていました。そんな時に、以前少女から奪った生徒手帳から少女の住所を特定し、強盗に入ることを決めたのでした。

関光彦死刑囚の入念な下見

関光彦死刑囚は、強盗に入る前に少女宅に下見に行ったと言われています。また、家族の在宅状況を把握するために様々な時間帯に電話を掛けるなど慎重な面も伺えます。電話を繰り返した結果、午後は留守であるか、老女が1人だけであることを把握しました。

その他にも、下見では少女の自宅がマンションの806号である事を突き止めた他、1階のエレベーターホールに監視カメラが設置されていることもチェックしました。

長女以外の家族を惨殺

関光彦死刑囚は、1992年3月5日午後4時30分頃に市川家に侵入しました。この時彼は市川家にある財産を全部盗むと決意すると共に、再度長女であった少女を強姦しようと考えていたと述べています。市川一家4人殺人事件はこうして幕を開けてしまいました。

関光彦死刑囚は、市川家に侵入する前に事前に電話をかけたと言います。その際電話には応答がなかったため留守であると判断し、1階にある防犯カメラに映らないよう外階段を利用してマンションに侵入しました。

マンションの806号室の前で玄関チャイムを鳴らしましたが、やはり応答はありませんでした。また、市川家の部屋は施錠されていなかったため関光彦死刑囚はそのまま部屋に入る事に成功しました。

祖母を発見

ドアを開けて侵入し中の様子を見た関光彦死刑囚は、やはり家族は留守であると確信しました。しかし、洋室の扉からテレビの音がしており、静かに開けてみると祖母がテレビをつけたまま昼寝をしていました。

侵入に成功した関光彦死刑囚は靴をベランダに隠しておくと、市川家の家を物色しましたが、金目のものはなかなか見当たりませんでした。

そのため、関光彦死刑囚は強行手段を取ります。洋室で昼寝をしていた祖母を起こすと脅迫し、現金のありかを聞き出そうとしたのです。それに対して祖母は自身の財布を差し出すと、その中身持って出ていくように伝えました。

祖母を殺害

しかし200万円が必要だった関光彦死刑囚はそれで帰るわけにはいかず、再度現金のありかを問いただしましたが、祖母はそれにも応じませんでした。すると関光彦死刑囚は突然尿意を催し、祖母に「通帳を探しておけ」と命じるとトイレに向かいました。

トイレから戻った関光彦死刑囚は祖母が電話で警察に通報しようとしているところを目撃し、祖母に体当たりして突き飛ばすと手近にあった電気コードで祖母の首を絞め、殺害してしまいます。

母親を殺害

関光彦死刑囚は祖母を殺害した後も金品を探し家を物色し、バッグの中から現金10万円を発見しました。関光彦死刑囚は他の家族の帰宅に備えて台所から数本の包丁を持ち出していました。そこへ買い物に出かけていた母親と長女が帰宅しました。

関光彦死刑囚は帰宅した2人を脅迫するとうつ伏せにさせ、母親の背中に何度も包丁を突き立て殺害しました。母親の遺体は長女を脅し2人がかりで洋室に運んだとされています。

父親と妹も殺害

午後9時40分頃に市川家の父親が帰宅しました。関光彦死刑囚は、今度は父親を脅迫し通帳のありかを聞き出しました。その上、父親の勤務先にも通帳があることを知り、その通帳も手に入れようとしました。

自身の車で事務所に向かう際、少女を1階で待機させると部屋にいた父親までもを殺害しました。少女を連れて事務所に向かい通帳を強奪すると、そのままラブホテルに向かいました。そのホテル内では少女に対する強姦を行っていたと言います。

3月6日午前6時30分頃、関光彦死刑囚は再び市川宅に戻り、あろうことか死体が転がるその家でくつろいでいたと言います。すると眠っていた妹が目を覚まし泣き出し、その妹までもを背後から包丁で突き刺し刺殺しました。

父親の会社の通報

関光彦死刑囚が市川家の父親の勤務先に通帳を強奪しに行った際、そして6日の早朝の計2回、父親の勤める会社の社員から警察に通報がなされていました。この通報により、市川一家4人殺人事件が発覚しました。

そして警察が市川宅までやってきた逮捕直前に、関光彦死刑囚はあろうことか長女に罪を擦り付けようとし、包丁を少女に差し出すと「俺に包丁を突き付けて脅しているふりをしろ」とまで言いました。

しかし、目の前で家族が殺害されもぬけの殻状態となっていた少女は座り込んだまま動くことが出来ませんでした。光彦死刑囚がいらだって彼女を怒鳴りつけた瞬間に、突入してきた警察によって逮捕されました。

14時間で4人を殺害

たった14時間のうちに一家4人が殺害された市川一家4人殺人事件はこうして幕を閉じました。1992年3月6日午前7時ごろに関光彦死刑囚は現行犯逮捕されました。

当時15歳の長女のみ救出されましたが、祖母の順子さん、母親の照夜さん、父親の功二さん、妹の宇海ちゃんの4人は帰らぬ人となりました。

Thumb佐世保事件とは?加害者の辻菜摘のその後!辻菜摘は現在結婚した?
長崎で起きた佐世保事件は記憶に新しく残っている人も多いでしょう。当時小6の辻菜摘が同級生を殺...

犯人「関光彦」の生い立ち

市川一家4人殺人事件のような残忍な事件を起こした関光彦死刑囚ですが、どのような生い立ちを経て成長したのでしょうか?

関光彦死刑囚は幼少期に父親から虐待を受けており、とても恵まれた環境で育ったとは言えない幼少期を過ごしました。関光彦死刑囚の事件直前までの周囲の環境を見ていきましょう。

普通のサラリーマン家庭?

関光彦死刑囚は一般的なサラリーマンの家庭に長男として生まれました。また、弟も1人いたとされています。

関光彦死刑囚の祖父

次に関光彦死刑囚の身内である祖父について紹介します。関光彦死刑囚の祖父は、うなぎ屋でうなぎの卸売業を営んでおりました。

また、その働きぶりは目を見張るものがあり、やがて祖父は東京23区の主に東部をメインに約10件もの店舗を構えるうなぎ料理屋のオーナーとなりました。

関光彦死刑囚の祖父の仕事に対する情熱は並大抵のものではありませんでした。祖父の指導についていけずにうなぎ屋を辞めて行った修行者も多く存在しました。それでも祖父はうなぎや仕事を愛し、うなぎ料理屋のチェーン店を事業拡大させるなどの成功を収めました。

ネット上では、関光彦死刑囚も祖父のように物事に対して熱心になる心があれば、もしくは祖父のうなぎ屋を継いで頑張っていれば、市川一家4人殺人事件のような悲惨な事件を起こすこともなかったという声が聞かれます。

父親による家族への虐待

関光彦死刑囚の弟が生まれると、父親は家族や仕事よりも酒やギャンブル、そして女遊びを優先するようになったと言います。また、この時から父親は母親に対して暴力を振るうようになりました。そして、関光彦死刑囚や弟も父親から児童虐待を受けていました。

市川一家4人殺人事件のような残忍な事件を起こしてしまった要因の1つには父親からの虐待が挙げられます。もちろん殺人が正当化される事はありませんが、虐待を受けた児童はその後の生活において他の児童よりも犯罪を起こしてしまう割合がとても高くなります。

高校中退後祖父のうなぎ屋で働く

関光彦死刑囚は、高校を中退すると先程記述した祖父の経営するうなぎ屋で働きました。しかし、関光彦死刑囚はろくに働きもせず、その上店の売上金を盗む泥棒行為までしていました。

高校中退後の関光彦死刑囚は、祖父のうなぎ屋以外でも窃盗を繰り返しており、他にも傷害や薬物乱用などの多数の犯罪に手を出していました。

パブの女性と結婚するも相手が蒸発

ある日関光彦死刑囚は、祖父のうなぎ屋で共に働く仲間たちとフィリピンパブへ出かけました。そこで働いていたフィリピン人女性と恋に落ちると、1991年10月31日に籍を入れ、正式に結婚しました。

しかし、その女性は故郷にいる姉の病態を案じて1992年1月22日にフィリピンへと帰国し、その後日本に戻ることはありませんでした。

これから約1か月後に、市川一家4人殺人事件が幕を開けることになります。関光彦死刑囚は壮絶な生い立ちを過ごしており、親から愛されることがなかった辛い幼少期であったと言えます。

しかし、関光彦死刑囚は熱心な祖父の元で生活しても変わらず犯罪を繰り返していたので、市川一家4人殺人事件を起こした要因は生い立ちだけではなく関光彦死刑囚自身の問題であることもわかります。

Thumb川奈毅(川名毅)の現在とは?関東連合のリーダーの父親・逮捕や事件!
本稿では、関東連合の元リーダー「川奈毅」について紹介します。川奈毅とは、タクシー強盗の容疑で...

市川一家4人殺人事件の逮捕後

こちらでは、市川一家4人殺人事件のその後の関光彦死刑囚の言動や心情の変化について調べていきます。逮捕後の関光彦死刑囚は、自らの生い立ちについて、そして犯した重大な罪について真摯に向き合う姿が認められたとされています。

関光彦死刑囚は義務教育の9年間は無邪気にはしゃいだ記憶がないと語っており、自らの暗い生い立ちについて言及し、その環境を恨むような姿が目立ちました。他にも、東京拘置所では東京新聞社の記者と文通を交わしていました。

再審請求は却下

関光彦死刑囚の市川一家4人殺人事件の裁判の判決は、無論「死刑」が言い渡されました。市川一家4人殺人事件では、4人の尊い命を奪った上に長女を強姦し、挙句の果てには長女に罪を擦り付けようとまでしたのですから当然の判決と言えます。

しかし、関光彦死刑囚は裁判のやり直しを求めました。当然のことながら関光彦死刑囚の再審は認められず、2017年に死刑が執行されました。そのため、関光彦死刑囚は現在この世には存在しません。

被害者の眠る寺に写経を送る

最高裁において死刑判決を受けた当時の関光彦元死刑囚は、母親や弟、祖父にも迷惑を掛けることになるし、このまま生きていても恥ずかしいと口走るなど自暴自棄になる面がみられました。

また、事件から14年が経過した2006年には、2500文字に渡る写経を被害者の遺骨が眠る寺の住職に宛てて送っていました。その写経を受け取った住職は、関光彦元死刑囚の母親に依頼されて関光彦との面会のため刑務所に足を運んだこともあるとの事です。

この住職の話によると、この当時の関光彦元死刑囚は自分が犯した市川一家4人殺人事件の罪の重さに苦しんでいるように見えたとされています。14年の月日を経て、ようやく自らが起こした市川一家4人殺人事件の罪の重大さを理解したのです。

獄中で東京新聞の記者と文通

1998年10月より、市川一家4人殺害事件の記事を書くために東京新聞社の記者が関光彦元死刑囚に元に面会にやって来ていました。

この記者の話によりますと、面会は1日に1回までと決められていたためなかなか面会の時間が取れなかったと言います。約1日かけて拘置所に行っても、無駄足に終わることもしばしばありました。

その後面会を確保する事が難しいと判断した記者は、文通を始めることを提案しました。文通を始めた当初は落ちつた様子が文面から伺えましたが、拘置期間が長くなると精神的に不安定な状態に陥っていったとの事です。

死刑への恐怖

文通を始めて1年が経過した1999年12月17日には東京拘置所と福岡拘置所にて2人の死刑囚の死刑執行が執り行われ、関光彦元死刑囚は文面で「眠れない」「正気を保てない」と訴え、その後しばらくは手紙がかえって来なかったと言います。

手紙に香水をかける奇行

その一方で、関光彦死刑囚の手紙には父親や母親、そしてうなぎ屋を経営していた祖父に対する罵詈雑言などの自分の生い立ちを恨むような記述が目立つ文面もしばしば見受けられました。

また、2000年を過ぎると記者が受け取る手紙からは香水の香りがするようになりました。関光彦死刑囚は、手紙に香水を振りかけて記者に送っていたのです。

これに対して記者は、独房で書いた手紙に香水を振りかけるとはどういった精神なのだろうと怪訝に思ったと言います。

関光彦死刑囚の手紙からは、回を重ねるごとに心情の変化が伺えました。文面には、市川一家4人殺害事件の被害者に対するお詫びの言葉や、死刑執行に対する恐怖など、関光彦死刑囚の心中が綴られるようになりました。

Thumbハーメルンの笛吹き男は実話が元?実際にあった事件をご紹介!
グリム童話で有名なハーメルンの笛吹き男。この童話の真実をご存知でしょうか?実は、ハーメルンの...

市川一家4人殺人事件の裁判結果は?

市川一家4人殺人事件の犯人である関光彦は、ご存知の通り死刑判決を受けました。しかし、当時関光彦死刑囚は未成年の19歳でした。

この死刑判決は未成年2人目の死刑判決として世間を大変騒がせました。こちらでは死刑判決となった時の世間の反応も含めて調べていきましょう。

最終判決は死刑

関光彦死刑囚は、自分が未成年であることから刑は軽くなると考えており、まさか死刑になるとは思ってもいませんでした。しかしながら、関光彦に下された判決は死刑でした。

関光彦死刑囚の逮捕後

関光彦元死刑囚には、逮捕後まず精神鑑定が行われました。その後強盗殺人及び傷害の容疑で千葉家庭裁判所へと送致されると、市川一家4人殺人事件以前に起こした複数の余罪で更に追起訴されました。

千葉地裁にて、1992年12月25日に第1回公判が行われ、1993年3月3日に第2回公判が行われました。その後も裁判を重ね、最後の公判は1994年8月8日に実施された第11回公判となりました。

最後の公判にて、関光彦死刑囚の死刑が確定しました。関光彦死刑囚の不幸な生い立ちを考慮しても、死刑という判決が覆ることはありませんでした。

未成年の死刑執行は2人目

未成年での死刑執行は関光彦死刑囚で2人目でした。1人目の死刑判決を受けた未成年は4人の死者を出した永山則夫連続射殺事件の犯人・永山則夫死刑囚で、彼もまた当時19歳でした。1997年8月1日に永山則夫の死刑が執行されました。

永山則夫は1969年の逮捕から1997年の死刑執行までの28年の間、獄中で小説を書き続けており、彼の小説『木橋』は第19回新日本文学賞を受賞しました。

また、現在の法律では18歳未満の死刑囚は死刑ではなく無期懲役に刑を軽くするよう定められていますが、上記の2人はどちらも19歳だったためこの法律には当てはまりませんでした。

死刑よりも終身刑が良いとの声も

関光彦死刑囚の判決は賛否両論ありました。未成年の死刑執行という事で、世間からは終身刑の方が良いのではないかという声も上がり、議論を巻き起こしました。

死刑反対派の意見

死刑反対派は、関光彦はまだ19歳である上に、不遇な生い立ちのために犯した事件であると捉えられると訴えました。更生の余地がある、死刑自体が許されない行為である等の意見を持った反対派もいました。

他にも、市川一家4人殺人事件を起こした当時の関光彦には正常な判断能力が備わっていなかったと見て取れるため、責任を彼に負わせることは不適切だと述べる人もいました。

死刑肯定派の意見

しかしながら、大半を占めたのはやはり死刑肯定派の意見でした。事件の残虐性、被害者心情、そして社会的な影響も考慮すると関光彦の死刑は当然であるとの考えられました。

また、関光彦の犯罪で死刑にならなければ、他の未成年犯罪者が現れることにも繋がる上に、何かといえば育った境遇に責任を転嫁できるという風潮になってしまうとの声もありました。関光彦の死刑は今後の少年犯罪への抑止力とも捉えられたのです。

2017年に死刑執行

事件から25年が経過した2017年12月19日、関光彦死刑囚の死刑が執行されました。また、同日には1994年群馬県安中市にて3人を殺害した事件で死刑判決を受けていた松井喜代司死刑囚(当時69歳)の死刑も執行されました。

Thumbスーパーフリー事件まとめ!早稲田の和田真一郎や被害者の現在は?
早稲田大学のサークルが起こしたスーパーフリー事件。主犯の和田真一郎の発言やギャルズの存在など...

被害者長女のその後と現在

市川一家4人殺人事件の唯一の生き残りである当時15歳の少女は事件後どのように生活し、そして現在はどうしているのでしょうか?こちらでは少女の現在について調べていきます。

母方の家で生活後美大へ

市川一家4人殺人事件の後、当然のことながら少女は精神を非常に病んでいました。事件後は両親の知人の元でしばらく生活し、その後熊本県に住んでいたと言います。熊本は実母の実家がある場所でした。

そして、熊本県の高校を卒業すると、美術系の大学へと進学するため、熊本を離れたとされています。家族を失った辛さや事件の恐怖は時間が経過した現在でも忘れられないものですが、長女が大学に進学できたことは唯一の救いです。

結婚後ヨーロッパで暮らす

関光彦死刑囚の死刑執行が確定した2004年に、長女は以前より交際していた男性とめでたく結婚しました。現在はヨーロッパに移住し、そちらで暮らしていると言います。ヨーロッパに住むことは両親の夢でもあり、その夢を代わりに叶えようと考えたのでした。

Thumbベナベンテ事件とは?実際にあった復讐殺人事件の概要!
ベナベンテ事件という事件を聞いたことはありますか?ベナベンテ事件とは、スペインで起こったとさ...

市川一家4人殺人事件の悲劇

本稿では、市川一家4人殺人事件の概要や、関光彦死刑種の生い立ち、そして被害者少女の現在について執筆しました。

本事件では、犯人が未成年であるという点、そして不幸な生い立ちである点を考慮したにも関わらず、少年に死刑判決が言い渡された事で、世間でも話題となりました。

2007年に死刑執行されたため、関光彦は現在この世には存在しません。この判決が、今後の少年犯罪の抑止力になることを祈るばかりです。

Thumb女子高生コンクリート詰め殺人事件の概要とは?再犯した犯人の現在を紹介
コンクリート事件は、少年犯罪史上、最も残忍で凶悪な事件の1つです。この記事では、被害者女性が...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ