月星座•射手座!いて座の性格の相性や適職•恋愛!

今年は新しい元年がスタートします。というわけで、今回は、月星座でみる射手座の運勢や、性格、恋愛、相性、月星座射手座の特徴、月星座射手座と太陽星座の違いにもせまっていきます。そして、神話からみる射手座の運命や、星からのメッセージも合わせてご覧ください。

月星座•射手座!いて座の性格の相性や適職•恋愛!のイメージ

目次

  1. 1月星座が射手座の特徴や運気をご紹介!
  2. 2月星座の意味とは?
  3. 3月星座がいて座の運勢
  4. 4いて座の女性の性格の特徴
  5. 5月星座が射手座の人の結婚観
  6. 6月星座が射手座と他の月星座との相性
  7. 7月星座が射手座の適職とは?
  8. 8月星座が射手座の2019年の運勢は?
  9. 9神話にみるいて座の運命

月星座が射手座の特徴や運気をご紹介!

今年はいよいよ新しい元年が始まります。そんな意味ある年だからこそ、今年1年の自分の運勢が気になる方も多いのではないでしょうか。今回のテーマは、月星座射手座です。12星座ある星座の中で、今回は月星座射手座の特徴と2019年の運気、また彼らの性格や恋愛傾向、相性についてもご紹介いたします。

月星座の意味とは?

西洋の占星術として、ホロスコープが使われますが、これは、個人の誕生日、他の惑星の位置関係を12の宮図で示したものになります。生まれた誕生日によって、12の星座に分けて個人の運勢を占う、古代ギリシャ以降現代も一般的に使われる占星術の有名な手法です。

私達が理解している自分の星座とは、このホロスコープで、自身が生まれた時に太陽がいた場所になります。現在一般的に星占いで表わされている占星術は、この太陽星座の星占いになります。

月星座というのは、上記の太陽の位置ではなく、自身が生まれた時に、月がいた場所ということになります。皆さん、裏性格というのを聞いたことはありませんか?この月星座というのは、個人の心の本質、深層心理によりせまるために編み出されたものです。

太陽星座が、個人の表面的な部分を表すのならば、月星座は個人の裏性格、心の深層心理を表していると言われています。元々ホロスコープで示すものは、12宮図でありましたが、より具体的な星占いをつきつめて近年編み出されたのが、月星座占いなのです。そのため、別名24星座占いとも称されます。

心の本質をあらわすもの

普段私達の目に映る、他者は、表面に映る部分です。しかし、それは、本当のわたし、あなたでしょうか?誰もが心の声を感じたこと、あると思いますが、何かを尋ねられて、本当はそう思っていなくとも、返答に相手の望む答えをすること、ありませんか?

実は、その押し殺してしまった心の声こそ、本当のわたし、あなたの気持ちであり、心の本質を表しているのです。月星座は、そんな心の本質に、より迫った新しい発見と言えます。しかし、自分の心の本質を実際知るのは、少し怖いものです。今まで当たり前に、肯定していたやり方を否定されると、人は戸惑うものです。

しかし、月星座は太陽星座を否定するものではなく、両方を通して表裏一体で、より一層自身の占いを突き詰めていくことができるようにしたものです。

太陽星座と月星座はどちらが正しい?

新しい占い方がわかったところで、では、太陽星座と月星座、どちらで占うのが正しいのか?と混乱される方もいるでしょう。これは、どちらが正しい、のではなく、太陽星座と月星座を表裏一体で見ることが、より真実のわたしやあなたをとらえることができるということです。

太陽星座占いでは、カバーできない裏性格を月星座からくみ取り、より一層、今後の自分の行く筋に役立てていってください。

月星座がいて座の運勢

さて、いよいよ本題です。月星座射手座の運勢をこちらでご紹介していきましょう。月星座射手座の人の本質は、いて座の持つ自由と冒険をこよなく求め続けている人です。結果よりもその過程を大事にし、まだ見ぬ何かを求めて旅を続けるため、ジプシーと揶揄されることもあるでしょう。

立ち止まることを望まない、月星座射手座の人は、表向きの太陽星座の自分にとらわれず、冒険へのそのあくなき欲求を解放し、自分の本質に気づくことで、魅力と才能がさらに開花していくものでしょう。

また、エネルギッシュでアグレッシブなため、せっかっく穏やかな生活を手に入れても、まだ何か足りない、と次々と新しいものを求めてしまう傾向もあります。

そんな月星座射手座を持ったあなたですが、人生を旅と考えているため、時として山あり谷ありで苦労することが懸念されます。しかし、月星座射手座のそんな本質を押し殺してしまうことの方が、あなたの才能を閉じ込めてしまうことにもなるため、認めて解放してあげる方が、あなたの魅力を引き出していくことでしょう。

総合運

2019年の射手座は12星座の中でもトップクラスの運気と言えそうです。蒔いた種が芽を出し、やがて花を咲かせるように、今年のあなたは周囲からの注目度も激アツです。その代わり、疲弊してしまわないように、時には立ち止まって一息つくことを忘れないでください。

秋も深まる頃には、忙しすぎて走り続けた分、疲労を感じることも出てきそうです。月星座射手座の人は、そこを意識して、着実に前進していく年にしていきましょう。

恋愛運

とにかく実りの多い1年のいて座です。まだ恋していないあなたも、すでに恋人のいるあなたも、この1年は前進の年です。元来のジプシー気質を活かして出向いた先に新しい出会いがあったり、恋人のいる人は結婚へと話が進む予感がします。

元々、恋多き星座のいて座のあなた、恋愛に関してはあまり困ることはありませんが、今年1年はさらにお誘いが増える予感です。気晴らし兼ねてお誘いに応じてみてはいかがでしょうか?素敵な恋をつかめることを期待しましょう。ただし、妥協は禁物です。

恋人同士の人はお互いの両親の顔合わせ、なんてこともあるかもしれません。プレゼントが指輪、だなんてサプライズもあるかもしれません。

仕事運

とにかくスピーディな忙しい1年となりそうです。それは、嬉しい悲鳴であると同時に、オーバーワークも意味しています。体が資本ですから、自分をいたわることも忘れないでください。月星座射手座の人も、そこを意識して仕事を受けると、オンとオフがうまく使い分けられると思います。

それでも、幸運の神様は毛が3本しかないといいますから、スピーディに降ってくる仕事の質をしっかり見極め、チャンスを逃さないようにしましょう。

金運

今年1年様々なところで運の開けるいて座ですが、残念ながら金運は少々トーンダウンのようです。新しい仕事が入ってくる反面、決まった収入ではないため、購入したいものがある時は、慎重に購入しましょう。

秋が深まる頃に少し懐が温かくなる気配があります。大きな金額の買い物は、その時まで我慢しましょう。

いて座の女性の性格の特徴

月星座射手座女性の特徴といえば、元来射手座の持つ、情熱的で好奇心旺盛かつアグレッシブな性格の持ち主であると言えます。体育会系でもあるため、細かいことにもこだわらず、付き合いやすい女性も多いです。また、明るく前向きなため、周囲からもとても魅力的に映るでしょう。

出かけることも大好きないて座女性、当然出かけた分の出会いも豊富です。いて座は恋多き人が多く、恋愛体質です。別名恋のハンターとも言われたりしますが、狙った獲物を落とすまで果敢にアタックをする傾向があります。

しかし、相手が自分の手中に納まると、途端に恋の魔法が解けてしまい、たちまち次の恋愛へと矛先を変えてしまうという、すでに落ちてしまった相手にはなんとも解せない状況になってしまうこともあります。振り回されてしまう感があるため、いて座との恋愛は少しやっかいかもしれません。

いて座女性は社交的で、誰とでも仲良くすることを望み、陰口やいじめを嫌います。情は厚く、友達を大切にするため、男女問わず人気があります。

いて座女性の仕事に対する姿勢

基本的にジプシー気質のいて座ですから、地位や名誉のために仕事を頑張るというよりも、自分がそれに興味をもってしまったから、というような感じで仕事に没頭していきます。そんな自分の特性を理解し、仕事に打ち込めば、道は開けて行きます。

ただし、地位や名誉欲が少ないため、プロジェクトを達成してしまうと急激に興味がなくなり、あっさり仕事を辞めてしまうという極端な人もいるため、長く仕事を続けるためには、クリエイティブに働ける職人や、新しい役を演じられる芸能人、より素晴らしい記録を求められるスポーツ選手などが、いて座の人には向いています。

いて座女性の好きなタイプの男性

いて座の女性のそのジプシー気質は、恋愛にもその傾向が見られます。あんなに情熱的に攻めた恋も、翌日には冷めていた、なんてこともあります。恋の始まりは、まだ相手をそんなに知らないため、誰でもうきうきわくわくするものですが、いて座女性は、相手を理解してしまうと、急激に興味がなくなってしまうという一見ドライな面も見受けられます。

いて座女性が恋愛に求めるものは、自分が成長できる相手、新しい刺激を与えてくれる相手を求め続けていく性質があるため、ワンナイトラブもあまり気にしません。恋多き女と揶揄されることもあるでしょう。もし、射手座女性に恋をしたのなら、束縛せずに、自由に泳がせてあげることが、関係を長く続けられるヒントと言えます。

いて座女性の趣味嗜好

じっとしているのが苦手そうないて座の女性ですが、実は読書が大好きな人でもあります。恋も仕事もアグレッシブに動いているイメージのいて座女性ですが、本から様々な知識を吸収することにも、喜びを見出すこともあるのです。

もちろん、アクティブな女性が多いですから、夏はマリンスポーツ、冬はスキー、スノーボードといったスポーツを嗜み、運動神経がいいのも特徴です。また、ここでもジプシー気質が垣間見え、自分の本能と直感で物事を始めるため、色々な趣味を持ったり、好きなものがあったりと話題作りも豊富です。

いて座女性の金銭感覚

いて座の女性は、宵越しの金は持ちません。基本的に、お金を作ることはできても、貯蓄するセンスは残念ながらあまりないと言えます。とにかく、新しい刺激と冒険にいそしむため、持っているお金があれば、そちらに支出してしまうのです。

そう、お金は天下の回りもの、という考え方で、お金は自分の人生を彩るためのツールであり、貯めるものではないと考えているのです。良くも悪くもお金への執着がない人と言えます。そのため、死ぬまでに自分のお金は使い切る、という人が多く、家族に財産を残す人もあまりいないかもしれません。

これは、けしてケチで自分だけ贅沢をするというわけではなく、死ぬ時には何も持たずに無一文の方がすっきりしていて返って残された人もすがすがしいだろうという発想があるからです。

いて座の男性の性格の特徴

いて座ア女性の性格や特徴が理解できたところで、では、いて座男性はどうなのか、ここではいて座男性の性格と特徴を見て行きましょう。いて座の持っている性分がそもそも、アグレッシブで、バイタリティがあり、情熱的というのは男女問わず共通しています。

物事を自分の感覚とセンスで行動するいて座男性は、とてもチャーミングで、魅了される女性は少なくないでしょう。いて座男性は、とにかく夢見る夢子です。その夢を語る情熱的な雄弁に、女性は思わず世話を焼きたくなってしまうのです。

いて座のモデルとなっているケンタウロス族は、大変女好きという言い伝えがあります。その宿命を受け継いでか、いて座は常に恋愛をしている気がします。好きになったら猪突猛進で、果敢にアタックしてくるため、女性も悪い気はしません。いつのまにか、いて座男性のその魅力の虜になってしまう人が多いようです。

射手座男性の性格

いて座男性の性格は、やはり人生の旅人、夢を追い続ける夢追い人です。性格はとてもロマンチストと言えます。冒険をこよなく愛するため、物事へのチャレンジ精神やその行動力は、とても勇気もある人だと言えるでしょう。

性格は、基本的に純粋です。疑いもなく、夢を壮大に語るため、なんだか本当に叶えてしまうんじゃないかと相手には思わせることができるようです。子供のように無邪気な性格の持ち主が多いため、女性はほっておけないかもしれません。

射手座男性の恋愛傾向

いて座男性の恋愛傾向は、好きになったら猪突猛進、瞬間湯沸かし器です。しかし、手に入いると、あっさりと次の恋に目を向けてしまうという、ドライな面が見られるのもたまにキズです。しかし、人を退屈させない魅力の持ち主ですから、どうしようもなく惹かれてしまう女性が多いのも事実です。

子供のように無邪気に冒険を楽しむ射手座男性ですから、パートナーに求めるものは、恋愛の愛情よりも、友情のような信頼関係を構築したほうが、長続きすると言えそうです。家を出たら、そのうち帰って来るだろうくらいのおおらかな心で構えるくらいがちょうど良いでしょう。

射手座男性へのアプローチの仕方

ジプシー気質のいて座男性にアプローチするならば、束縛をしないこと、これは鉄則です。夢追い人の彼の夢を温かく見守り、また一緒に夢を追うくらいになれば、彼からの信頼を勝ち取ることができるかもしれません。

また、安定を望まない性質がありますから、あなた自身も自立した女性ならば、お互い同士のように、違う世界観を共有できて、新鮮味も長続きするかもしれません。

月星座が射手座の人の結婚観

月星座射手座の結婚観はどうでしょうか?結婚は、相性が大事とも言います。また、結婚には、安定というキーワードが連想されますが、自由と冒険を愛する射手座男性にとって結婚は、自分の人生の旅が終わってしまうと感じてしまう人も多いはずです。

射手座の性質として、元々頭の回転は早く、頭は良いです。しかし、彼らは、物事を人生の旅の中から経験として体得していくため、悟りという形で学習していきます。やがて人生のほろ苦さを経験した時、彼の傷ついた心の琴線に触れることができるのは友情だったり、信頼なのです。

その時あなたがそれらを与えられる人ならば、もしかしたら彼は人生の最大のパートナーとしてあなたを選ぶのかもしれません。その行為こそ、射手座男性の考える相性と言えます。

月星座が射手座と他の月星座との相性

月星座射手座の男女別の性格や特徴が理解できたら、では、そんな彼らと相性の良いのはどの月星座になるのか?ここでは、相性のいい月星座と相性の悪い月星座をご紹介していきます。

ホロスコープの4つのエレメントにおいて、射手座は火のエレメントに属します。燃えたぎる熱い炎は、射手座の情熱と行動力を象徴していると言えましょう。

相性が良い月星座

ホロスコープで見る4つのエレメントは、火、地、風、水に分類されます。同じエレメント同士では、似たもの同士のため、たいがい意気投合できます。火は、他に火のエレメントには牡羊座と獅子座がいます。彼らもまた、情熱的でリーダータイプ、行動力がある星座として周知されています。

また、火は風によって勢いを増すことができることから、相乗効果の関係で風のエレメントとも相性が良いです。風のエレメントには、双子座、天秤座、水瓶座があります。

風のエレメントの星座には、交友関係に伴う、コミュニケーション能力の高さがあり、射手座との信頼関係も構築しやすいと言えます。また、言葉を操る能力や機転がきく人も多いため、射手座の知識欲を刺激し、射手座の目には常に斬新的に映るのかもしれません。

相性が悪い月星座

では、月星座射手座の相性が悪い星座とは何でしょうか?残り2つのエレメントは「地」と「水」になります。地と水はどちらも植物や動物を育てるうえで、不可欠です。

地の星座は、火によって、燃やしつくされてしまうため、地からみると火は苦手な存在と言えます。それとは逆に、火は水によって消し去られてしまうため、火にとって水は苦手の存在と見ることができます。

地の星座には、牡牛座、乙女座、山羊座があります。彼らは伝統や文化等に価値を感じ、射手座とは異なって、物質的な豊かさや安定を望みます。常に動き続けている射手座にとって、地のエレメントの星座と付き合うのは、苦痛を伴い、相性が悪いと言えます。

水の星座には、蟹座、蠍座、魚座があります。彼らのベースには共同体を構築する特性があり、束縛を嫌う射手座にとっては、これまた窮屈に感じることでしょう。また、他人に翻弄されるところもあるため、ジプシーのようにとどまらない射手座には疲れてしまうため、これまた相性が悪いと言えるでしょう。

月星座が射手座の適職とは?

続いて月星座射手座の適職を見てみましょう。月星座射手座の人は、1つのところにとどまることが苦手です。それは、彼らの星の持つ宿命、ジプシー気質たるゆえんであるからでしょう。

常に新しいものを求めて旅を続けるその特性を活かすには、日々変化に富んだ仕事が望ましいです。ここでは、そんな月星座射手座に向いているであろう仕事について調べてみました。

動物を相手にする仕事

動物を飼ったことがある人も多いと思いますが、動物のように、生きている生き物というのは、手がかかります。また、毎日行動も違います。時には病気になり、より世話が必要になったり、とにかくハラハラさせられた経験がある人もいるでしょう。

上記のことから、月星座射手座の人にとって動物を扱う飼育員や、ペットショップのスタッフの仕事は、大変適職と言えるのではないでしょうか?種別が異なれば、それだけ餌やりの方法や餌の種類も異なり、世話のアプローチも異なります。そのため、動物を扱う仕事とは、月星座射手座の人にとって毎日が新鮮な発見ができる適職と言えそうです。

スリルのある芸能関係の仕事

また、月星座射手座の人にとって、芸能に関わる仕事というのは、とても適職ではないでしょうか?俳優にしろ、タレントにしろ、常に違う誰かを演じたり、いくつか異なる番組に出演したり、その仕事は多岐に渡ります。そのため、常に真新しい感覚で仕事に望め、飽きることなく続けることができそうです。

月星座が射手座の2019年の運勢は?

月星座射手座の2019年の運勢ですが、昨年は太陽星座でみる射手座に滞在していた試練の星でもある土星が、やっと山羊座に移動し、心も晴れ晴れと収穫も感じられた1年だったのではないでしょうか?

今年はさらに、昨年11月頃から守護星である木星が射手座のもとに戻ってきたため、運気がパワーアップすることが予想されます。そのため、何をやってもわりとうまくいくことが多いでしょう。まさに、12年に1度の大幸運期になるかもしれません。

とにかく、新しいことにチャレンジしても吉ですし、射手座はもともと出会いも多く、12星座の中では、恋多き星座と言われていますが、今年は異性の出会いもさらに増し、恋愛に事欠かない1年になりそうです。また、恋愛体質の射手座ですが、今年はついに人生のパートナーとゴールインなんて人も出てきそうです。

仕事の依頼も多いようですが、これは善し悪しをしっかり見極めて取り組まないと、後にオーバーワークがたたって、疲れが出てしまいそうです。日ごろから健康にも留意しておきましょう。また、相性のいい仕事とパートナーにも巡りあいそうです。

金運はちょっと浮き沈みがありそうですので、大きな買い物だけはタイミングに注意が必要です。秋が深まる頃に大きな買い物をするのがベターのようです。

神話にみるいて座の運命

射手座は南の空の低い位置で輝く大きな星座です。その大きさから、実は日本の本土からは半分程の上半身くらいしか見ることができません。南方まで南下していくと(沖縄県の一部や小笠原諸島くらいのみ)次第にその雄大な全体像をとらえることができるようになります。

星の神話には、諸説あるように、この射手座もまた、様々な言い伝えがあります。射手座はケンタウロス座という、上半身が人間で下半身が馬の、古代ギリシャでは想像上の動物がモデルになっているとされています。また、ケンタウロスは人名ではなく、そういう種族を呼んだものです。

もともとケンタウロス族は野蛮で荒くれ者が多く、また好色であったと言われています。その中にケイロンという素晴らしい賢者がいました。射手座のモデルは、特に彼にスポットを当てた神話からきているようです。ケイロンは文武両道かつ芸術面とありとあらゆるものに秀でていたため、彼を師事する者も多く、たくさんの教え子がいました。

その中に有名なヘラクレスがいました。ある時のケンタウロス族との酒席にて、ヘラクレスは大層酔っ払ってしまいます。同様に酔っ払っていたケンタウロス族の数名が、ヘラクレスにちょっかいを出します。酔っ払いながら火がついてしまったヘラクレスが、怒って無作為に矢を放ってしまいます。

その矢には、猛毒であるヒドラの毒が塗ってあり、ささるとたちまち息絶えてしまうというものでした。無作為に放った矢は師であるケイロンの胸をとらえました。しかし、ケイロンは大神ゼウスの父クロノスの子であり、不死身の体であったため、猛毒に苦しむものの死ぬことができませんでした。

酔いの冷めたヘラクレスは自分のしてしまった行為と苦しむ師匠への申し訳なさから、大粒の涙をこぼします。そしてゼウスに師を楽に死なせてあげてほしいと頼むのでした。この話を聞きいれたゼウスが、ケイロンを安楽死させ、空に放ち、星となったというのが伝説の1つです。

これは、最初の安楽死と言われています。この神話からも読み取れるように、ケンタウロス族は好色で野蛮な荒くれ者ですが、射手座もまた恋多き人が多く、少し意味合いは違いますが、情熱的で猪突猛進に突き進むところがあるため、通じるものがあると言えます。

また、賢者ケイロンにあっては、頭脳明晰、文武両道なので、スポーツもさることながら、多方面で才能が見られます。これは、占星術における射手座のモデルの象徴とも言えるのではないでしょうか。ただし、可愛がっていた弟子に命を奪われてしまうというなんとも気の毒な神話でもあります。

星からのメッセージ

月星座射手座について、太陽星座射手座を絡めてご紹介してみましたが、星占いというのはそんな悲しい神話や歴史から、学び、糧にしていくちょっとした手段です。結局のところ、人生は自分がその時々で選択していくものです。それでもよりどころがほしい時、星はあなたにメッセージをくれるのかもしれません。

気休め程度に星占いを楽しみながら、明日のあなたを信じてほしいものです。あなたがふと立ち止まった時、気づけるきっかけの何かであれば星占いの意味もあるということです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ