伊織という名前の意味とは?由来や漢字の画数・名付けのポイントなど!

古風なのに新鮮さも感じられる伊織という名前は、男の子に付ける名前として人気です。伊織という漢字にはどのような意味があり、由来があるかご存知でしょうか?伊織という名前の意味や由来、そして我が子に名付ける時のポイントなどをご紹介します!

伊織という名前の意味とは?由来や漢字の画数・名付けのポイントなど!のイメージ

目次

  1. 1伊織という名前の意味や由来は?名付けのポイントや画数まで
  2. 2伊織という名前の意味とは?
  3. 3伊織という名前の由来や歴史とは?
  4. 4伊織という名前の画数は?運勢が良い?
  5. 5伊織という名前が持つイメージとは?
  6. 6伊織という名前の名付けのポイントは?
  7. 7伊織以外で「いおり」と読める名前の漢字は?
  8. 8伊織という名前の有名人は?
  9. 9偉人にちなんで名付けることが多い
  10. 10伊織は独特の魅力がある名前!

伊織という名前の意味や由来は?名付けのポイントや画数まで

「伊織」という名前は、2017年に明治安田生命が発表した赤ちゃんの名前ランキングで、男の子部門の29位でした。飛び抜けて大人気というわけではありませんが、根強い人気を誇り愛されている名前だということがわかります。

我が子の名付けの際には、両親は名前にいろいろな願いを込めるものです。「伊織」という名前には、いったいどのような願いや想いが込められているのでしょうか?

今回は「伊織」という漢字の意味や、名前として付けられるようになったその由来などをご紹介します。「伊織」という漢字の画数についても解説しますので、我が子の名付けに悩んでいるというご家庭は必見です!

伊織という名前の意味とは?

「伊織」という名前は古風な響きがあり、一方でどこか新しい雰囲気も感じられる名前です。高貴な気品も感じられ、男の子に付ける名前として一般的ですが、最近では女の子に付ける名前としても人気が高いです。

響きの良さに注目されがちな「伊織」という名前ですが、漢字自体にもとても素敵な意味があるのをご存知でしょうか?「伊」と「織」のぞれぞれの漢字の意味から、「伊織」という名前にはどのような意味が込められているのかを知りましょう。

「伊」の意味

「伊」という漢字は、元々は聖職者を表す象形文字です。「い」と読む他に「かれ」や「これ」などと読ませることもあります。「尹」には杖を持った右手という意味があり、にんべんと一緒になることで、杖を使い神様を呼ぶ聖職者という意味になります。

つまり「伊」という漢字には人を導くという意味があり、周囲の人々を引っ張っていくような立派な人になって欲しいお子さんの名前に付けるにはぴったりの漢字なのです。

歴史上の人物で「伊」を使った名前の人物と言いますと、「藤原伊実(ふじわらのこれみち)」や「藤原伊尹(ふじわらのこれただ)」が有名です。

「織」の意味

「織」という漢字は、目印を意味する「戠」に「糸」が組み合わさって出来ている漢字です。模様を目印にしながら織る様子を表しています。「おり」と読む他に、「しき」や「しょく」などと読みます。

着物などに使われる織物は、その道の職人が長い時間をかけて丁寧に少しずつ織っていきます。その様子から、コツコツと頑張れる子になって欲しいという願いを込めて、「織」という漢字を我が子の名前に付ける人が多いです。

また、1本1本の糸を紡いでいく織物の様子を人間関係に見立て、我が子には人と人との繋がりを大事にする人間になって欲しいという願いを込めて、「織」を名前に使う人もいます。

「伊織」の意味

「伊織」という名前の意味は、「伊」という漢字の人を導くという意味と、「織」という漢字の模様を目印にしながら織る織物という意味を統合した意味になります。

「伊織」という名前には、人と人との繋がりを大事にしながらみんなを導ける子になるように、という両親の願いが込められています。周りのみんなから頼りにされる子になって欲しい、という願いが込められた名前でもあります。

伊織という名前の由来や歴史とは?

「伊織」という名前は、最近になって注目されるようになった名前に感じられます。しかし、実は数百年前から日本にある、とても深い歴史のある名前なのです。「伊織」という名前の由来を見ていきましょう。

東百官に由来

「伊織」という名前は、「東百官(あずまひゃっかん)」に由来しています。「東百官」とは、朝廷が金銭で役職などに合わせて与えていた「百官名」を、江戸時代に関東の武士たちが真似て使ったもののことです。

鎌倉時代から個人の名前は「諱(いみな)」と言われ、親や主君以外の人間が呼ぶことは無礼に当たるとされていました。そのため、朝廷から与えられた「織部」や「帯刀」などの官職を通称とした「百官名」で呼んでいました。

関東の武士たちは「百官名」に憧れがありましたが、役職を持っていない武士が「百官名」を名乗ることはできません。どうしたかと言いますと、「百官名」に似せて作った「東百官」で呼ぶことにしたのです。

江戸時代に関東の武士たちは「主水」や「左内」、「左門」や「平内」など官職風の名前を「百官名」のように苗字の後に入れるようになりました。「伊織」はそういった「東百官」の内の1つだったというのが「伊織」という名前の由来です。

「百官名」と「東百官」の違い

「伊織」という名前の由来である「東百官」は、元々あった「百官名」を真似たものです。しかし、「百官名」として使われた名前が国の名前や役職にまつわるものだったのに対して、「東百官」に使われた名前は深い意味のあるものではありませんでした。

「伊織」という「東百官」は、織部司にちなんでいると言われています。織部司とは昔の大蔵省に属する機関の1つで、高級織物の生産に携わっていました。「伊織」という名前は、元々は武士が名乗っていた名前というのが由来なのです。

明治時代に戸籍制度ができる

明治時代に入りますと、戸籍制度ができて「百官名」や「東百官」はなくなりました。しかし、その一部は江戸時代からの名残りとして人名として使われるようになりました。

「百官名」や「東百官」を名乗っていたのが男性でしたので、その1つだった「伊織」は男性名として使われるのが当たり前になりました。それが、今でも「伊織」が男の子の名前として使われることが多い理由なのです。

伊織という名前の画数は?運勢が良い?

我が子に名前を付けるとなると、漢字の意味はもちろん重要ですが画数も大事になってきます。画数の良し悪しは運勢の良し悪しに関わってきます。素敵な名前を付けてあげても、画数が悪かったら台無しです。

「伊織」という名前の画数はいくつなのでしょうか?そこから導き出される運勢は良いものなのでしょうか?

伊織の画数は24画

「伊織」という名前の画数は、24画です。内訳は「伊」が6画、「織」が18画となっています。画数24というのは、地格としては大吉になります。

「伊織」という名前は家庭運や金運が良く、また健康運にも恵まれます。年齢を重ねるごとに良くなっていく運勢ですので、「伊織」という名前は赤ちゃんの名付けにとてもおすすめの名前であることがわかります。

画数の良し悪しは苗字と組み合わせてチェック

画数をもとにした姓名判断で運勢を占う際には、苗字と名前の画数のバランスが大事になります。名前の画数が良くても、苗字の画数が良くないと総合的な運勢が良くない場合があります。

「伊織」は画数が申し分ない名前ですが、苗字の画数と組み合わせた時に運勢が変わってくる可能性があります。画数から我が子の運勢を占う際には、苗字の画数と名前の画数とを組み合わせてチェックするようにすると良いでしょう。

伊織という名前が持つイメージとは?

「伊織」という名前の由来からわかるように、「伊織」は元々武士が使っていた名前です。古くから男性として使われてきた名前で、現在でも男の子の名前として使われることが多いです。

しかし、最近では女の子の名前として使われることも増えてきました。それは「伊織」という名前の響きやイメージなどが関係していると思われます。

「伊織」という名前は、一般的にどのようなイメージがあるのでしょうか?男の子と女の子のどちらにふさわしい名前なのでしょうか?

男の子の「伊織」

江戸時代から男性の名前として使われてきた「伊織」は、現代でも男の子の名前というイメージを持っている人がほとんどです。特に歴史を知っている人からすれば、「伊織」を女の子の名前に使うことはあり得ないと感じることでしょう。

「伊織」という名前は美男子に使われることが多く、それは榊原伊織のイメージによるものが大きいと思われます。榊原伊織とは、時代劇「大岡越前」に登場する、竹脇無我さん演じる医師です。彼が上品で二枚目でしたので、そのイメージが強いのです。

榊原伊織は努力家で知られています。そのイメージから、漢字の意味は関係なく努力家になって欲しいという願いを込めて、「伊織」という名前を我が子に名付ける人も多いです。

女の子の「伊織」

男の子の名前として使われることが多い「伊織」ですが、決して女の子の名前に使ってはいけないというわけではありません。

「織」という漢字は意味だけでなく響きも良く、「佳織」や「沙織」、「詩織」など女の子の名前に入れる人が多いです。それと同じように「伊織」もその響きの良さから、女の子に付ける名前として人気が高くなってきました。

また、アニメやゲームの女性キャラクターに「伊織」という名前が使われることが増えてきており、それが「伊織」が女の子の名前として定着してきた理由の1つになっています。

「伊織」という名前は男の子に使う時にはかっこいい響きに、女の子に使う時には女性らしい可愛らしい響きになるという、とても使い勝手の良い名前であることがわかります。

伊織という名前の名付けのポイントは?

赤ちゃんの名付けの際にはポイントがいくつかあります。「伊織」という名前はその漢字の意味も画数も問題ないことはわかりましたが、そのポイントに当てはまるのでしょうか?

男の子向きか女の子向きか

赤ちゃんの名付けには、男の子には男の子らしい名前を、女の子には女の子らしい名前を、というのが一般的な考えでした。しかし、時代と共にその考えは薄れてきています。

ただし、誰にでも間違われてしまうような名前を付けることはおすすめできません。後々の場面で我が子が困ってしまうような名前は避けてあげたいものです。

その点「伊織」という名前は中性的な雰囲気があります。男の子の名前に使っても女の子の名前に使っても違和感がありません。「伊織」という名前は男の子向き、女の子向きと限定してしまうことなく、どちらにも使うことができる万能型の名前と言って良いでしょう。

書きやすいか

我が子に付ける名前には、書きやすいかどうかも重要なポイントになります。意味が良くてもあまりにも画数が多い漢字ですと、書くのに時間がかかってしまいます。受験の時などに不利になってしまう可能性があります。

「伊織」の場合、「伊」はたった6画と単純な漢字です。「織」についても、画数は多めですが漢字自体は小学校で習うものなので特別難しくはありません。

書きやすさと共に読みやすさも名付けの際の大事なポイントになりますが、「伊織」は「いおり」と読むことがほとんどで、誤読される心配がありません。

画数が良いか

画数が良いか悪いかも、名付けの際には重要なポイントの1つです。「伊織」という名前の画数は、先にご紹介しました通り24画です。24画は地格として大吉ですので、まったく問題ありません。

伊織以外で「いおり」と読める名前の漢字は?

赤ちゃんの名付けの際、漢字の意味に重きを置くのではなく、響きにポイントを置くご家庭もあることでしょう。

「いおり」という言葉の響きは古風でとても美しく、語呂も良いです。「いおり」を使いたいけども「伊織」だとありふれている、というご家庭におすすめの「いおり」と読むことができる「伊織」以外の名前をご紹介します。

彩織

「彩織」は女の子におすすめの名前です。「彩」という漢字には「彩る」や「程よく色を付ける」などの意味があります。着物や浴衣などの和装が似合うしとやかな女性になって欲しいのなら、ぴったりの名前です。

ただし、「彩織」は「いおり」以外に「さおり」や「あやり」などと読ませることもあり、間違えられやすいのが難点です。

唯織

「唯織」は男の子におすすめの名前です。「唯」には「ただ」や「それだけ」、「ひたすら」や「他でもない」などの意味があります。

「唯織」は、他にはない人間関係を作って欲しい我が子にはぴったりの名前なのではないでしょうか?まだまだ使っている人が少ない名前ですので、個性を出すのにもおすすめです。

依央利

「依央利」は、男の子にも女の子にもおすすめの名前です。「依」には「物に寄りかかる」という意味の他に「頼りにする」という意味があります。「利」が表すのはスラリと刃が通って鋭い様です。

「依央利」という名前は、普段はおとなしくしていてもここぞという時には自分の力を発揮することができる、そんな人間になって欲しいという願いが込められた名前です。

伊織という名前の有名人は?

「伊織」という名前の有名人には、男性も女性もいます。どのような人物が活躍しているのかご紹介します。

関口伊織

関口伊織さんは、元プロ野球選手です。1995年にドラフト2位でプロ入りし、2013年からは東北楽天ゴールデンイーグルスで投手として活躍していました。2014年の出場を最後に、現在は引退しています。

野水伊織

野水伊織さんは声優に女優、歌手や作詞家、タレントとマルチに活躍しています。野水伊織は本名で、アーティスト活動をする時には「野水いおり」名義で活動しています。

野水伊織さんは、アニメ「そらのおとしもの」で声優デビューしました。たちまち人気者になり、その後はゲームのキャラを演じたり、ラジオに出演したりするようになりました。

偉人にちなんで名付けることが多い

「百官名」や「東百官」を名乗っていた人物には偉人が多く、そこから我が子の名前を付ける人もいます。例えば、片山右京さんの「右京」は「百官名」の1つです。

「伊織」で言いますと、宮本武蔵の養子が宮本伊織です。そうした偉人にあやかって、我が子に「伊織」などの「百官名」や「東百官」を名付ける人は多いと思われます。

伊織は独特の魅力がある名前!

「伊織」という名前は漢字の意味が素晴らしく、また響きもとてもきれいな名前です。男の子の名前にも女の子の名前にもふさわしく、画数からも幸せが約束された名前です。

キラキラネームも素敵ですが、「伊織」という名前も決してありふれてなく、独特の魅力があります。我が子の名付けに迷ったら、検討してみるのはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ