統合失調症の芸能人や有名人!統合失調症になったタレントなど紹介!

統合失調症は、顕在化していないだけで意外と多くの人が患っており、芸能界などプレッシャーが大きい世界では見えないところで有名人も患っていたりします。今回は、統合失調症のことを簡単にご紹介するとともに、統合失調症になった芸能人や有名人を画像を交えてご紹介します。

統合失調症の芸能人や有名人!統合失調症になったタレントなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1統合失調症の芸能人や有名人をご紹介!
  2. 2統合失調症とは?
  3. 3統合失調症の症状や原因は?
  4. 4統合失調症の治療方法は?
  5. 5統合失調症の発症者に対する接し方
  6. 6統合失調症の芸能人・有名人11選【男性編】
  7. 7統合失調症の芸能人・有名人10選【女性編】
  8. 8統合失調症の芸能人・有名人3選【偉人編】
  9. 9統合失調症は知らず知らずの内に

統合失調症の芸能人や有名人をご紹介!

私たちが普段よく目にする芸能人や有名人は、有名人であるがゆえにかなりのプレッシャーと闘いながら生きています。その過度のプレッシャーがストレスとなり、精神的な病を引き起こした人もたくさんいます。

精神的な病の中でも。一般の人から有名人・芸能人まで多く見られるのが統合失調症です。統合失調症とは、ストレスから、主に妄想が激しくなったり、幻覚などが見えたりして、実際に起きている出来事以上に本人を苦しめてしまう病気です。

今回はそんな統合失調症のことを簡単にご紹介するとともに、統合失調症になった芸能人や有名人を画像を交えてご紹介します。

統合失調症とは?

統合失調症という病気は名前こそ広く知られていますが、意外とその実態は知られていません。また特に日本では、根性論が根付いている部分もあることから、精神病を心の弱さだととられる人もいるため、まだ多くの人に理解されていません。

ここでは、まずそんな統合失調症がどのようなものであるかをご紹介していきます。

発症者数は?

現在、統合失調症や統合失調症に関連する病名を持つ精神病と診断された人が、一日に病院を受診している数は、日本でおよそ25万人で、そこから文部科学省は、本人が統合失調症だと理解している発症者がおよそ80万人いると推測しています。

また、世界の統計によると、人生の中で、統合失調症を発症するのは、総人口の0.7%ほどだといわれています。

女性の方が少し発症者数は多く、また10代後半から30代の、社会人になったばかりの人や、社会において第一線で活躍している年齢の人が統合失調症になりやすい傾向にあります。

以前は精神分裂病と呼ばれていた

統合失調症は、以前は「精神分裂病」と呼ばれていました。確かに幻覚・幻聴や妄想が強くなり、コミュニケーションなども円滑にしづらくなるため、精神が分裂しているようだ、という印象は受けます。

しかし、いわゆる二重人格などに代表される解離性同一性障害と識別しづらいことや、「精神が分裂している」というイメージのマイナスイメージから、発症者の回復を妨げる病名と判断され、現在の統合失調症という、病名に変わりました。

統合失調症の症状や原因は?

統合失調症の病状としては、大きく分けて3つあり、1つ目は妄想、幻覚、幻聴などの本来存在しないものへの感覚が異常に強くなり、不利益をこうむりやすくなること、2つ目はコミュニケーションなどが円滑に進められなくなることによって生活に障害になることです。

そして3つ目は、自分がどの点をもって病気であるかがなかなか理解できず、思うように治療ができない、というものです。

これらの症状の原因は、明確にはなっておらず、個々人によっても異なる場合が多いです。ただし、最終的なきっかけとしては、環境が大きく変化したときが多いようです。

統合失調症の治療方法は?

統合失調症の治療方法としては、大きく2つあります。1つは薬を使う方法、2つは日常生活に対するリハビリが挙げられます。

薬を使う方法は、主に症状を抑えるために使う場合が多いです。精神病の場合、ホルモンバランスが崩れたり、体内の伝達が極端であったりし、それを自らの機構で制御できないため、薬でサポートすることで、症状を抑えることはできます。

リハビリは、主に社会生活に再び戻れるようにすることを目的とします。統合失調症の原因を見つけて対策したり、社会との新たな向き合い方を探したりすることで、再び自立できるようにします。

統合失調症の発症者に対する接し方

身の回りに統合失調症の方がいる場合、その人にとって、周りの理解は必要不可欠ですので、その際の接し方についてご紹介します。

必ず覚えておいてほしいのは、偏見をしないこと、急かさないこと、安心させてあげることです。第一に、統合失調症の方を偏見の目で見ることは論外です。

また、統合失調症の方は多くのことは処理できず、自分のペースを乱すとパニックになってしまいますので、急かさずに待ってあげることも大切です。そして、本人は周りとの差異に劣等感や疎外感を感じる場合も多いので、安心させてあげることも大切です。

統合失調症の芸能人・有名人11選【男性編】

ここまで、統合失調症のことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。統合失調症で苦しむ人のために、少しでも理解していただけたら幸いです。

さて、ここからは、芸能人や有名人、タレントなどで、統合失調症である人、またそうだといわれている人をご紹介していきます。まずは男性からです。

堂本剛(アーティスト)

59649049 360437494580499 6694786935136207266 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
kinki0929

男性有名人の統合失調症者1人目は、言わずと知れたジャニーズのアイドルデュオ・KinKi Kidsのメンバー、堂本剛さん。ソロでも精力的に活動しており、ジャニーズの顔の一人といえます。

しかし、実は周りの期待に応えるがあまり小さい頃は、自分を押し殺すことも多かったそうで、エンターテインメントのために自分をないがしろにしていた部分があったそうです。

また、有名人では意外ですが、胃薬を頻繁に使用するほど、人前は苦手で、デビューしたての頃は、過呼吸になったりもしていたそうです。

2003年にパニック障害を公表

堂本剛さんの場合、実は統合失調症でなく、症状が似ているパニック障害であったことが分かっています。2003年に、コンサート中に体調不良で倒れたことをきっかけに、自らパニック障害と闘病していることを公表しました。

有名人としてのプレッシャーや過酷さで、死にたいと思ったこともあったそうですが、音楽を通して、自分をさらけ出したりできるようになってから、だんだんと死にたいと思わなくなっていたそうです。

岡村隆史(芸人)

57488136 118302899366831 2821440791047235941 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
since1967ann

男性有名人の統合失調症者2人目は、人気お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さん。「めちゃ×2イケてるッ!」の中心メンバーとして長年にわたって日曜8時の顔として活躍していました。

ラジオで読むハガキすらわからなくなった

岡村隆史さんは、現在でも「オールナイトニッポン」でパーソナリティを務めていますが、以前に、ハガキを選んでいる最中に、自分が選んだハガキが分からなくなり、判断能力が著しく低下していたことがあります。

2010年には体調不良を理由におよそ5ヵ月間の長期休養をしており、その際も、うつ状態で、精神的に状態が悪かったことをほのめかしています。お笑いの有名人としてのプライドが人気番組を生み出した半面、自らを苦しめていたようです。

玉置浩二(アーティスト)

59313175 291231231822037 2874573649938006831 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
yuzutama0407

男性有名人の統合失調症者3人目は、ロックバンド「安全地帯」のボーカルで、日本で随一といわれる歌唱力を持つ玉置浩二さん。実際に「音楽のプロ200人が選ぶ本当に歌が上手いランキング」で1位を獲得するなど、名実ともに有名人となっています。

統合失調症で入院経験も

玉置浩二さんは、実際に自分の半生本の中で、統合失調症で入院をしていたことを語っています。実際に、天才な歌声の裏で、常軌を逸した行動も目立つことがありました。

一時期、統合失調症の治療に反発し、実家のある北海道で母親や友人たちに助けられながら、自然と触れ合うという生活を続け、回復に向かっていきますが、その経験をもとに生まれたのが、代表曲「田園」だったそうです。

ハウス加賀谷(芸人)

13628410 1730130627240686 1816918734 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
great_nature_okamoto_official

男性有名人の統合失調症者4人目は、お笑いコンビ・松本タウンのハウス加賀谷さん。『タモリのボキャブラ天国』、『電波少年』などの番組に出演し、1990年代を中心に活躍しました。

高校時代から幻聴や幻覚に苦しんでいた

芸人としての活動を始める前の高校時代から、受験のストレスで幻覚・幻聴に悩まされていました。有名人となってからもしばらくは隠していたそうですが、1999年に耐えられなくなって倒れてしまい、統合失調症と診断され、治療のために、芸能界を引退しました。

その後10年という長い療養を経て復帰し、松本ハウスも活動再開しています。また統合失調症に関する本を出しとともに、現在では、タレント・芸人活動の傍ら、統合失調症に対する理解を呼びかける活動も精力的に行っています。

ASKA(アーティスト)

59204061 1117895548413552 2249874498025165038 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
pentaro_ca

男性有名人の統合失調症者5人目は、CHAGE and ASKAのメンバーであるASKAさん。1979年からCHAGE and ASKAとしてデビューし、無期限の活動休止を宣言する2008年まで第一線で活躍し、その後もソロで活動していました。

薬物が原因で統合失調症か

2014年にASKAさんは覚せい剤取締法違反で逮捕されています。当初は薬物と知らずに使っていたものの、ちょうど覚せい剤を手にしていたと思われる時期に、不可解な言動が目立っていたため、統合失調症なのではないかといわれている有名人の1人です。

本人は、自身のブログで統合失調症否定していますが、当時精神状態が良くなかったことは間違いないようです。現在は活動を復帰しています。

シド・バレット(アーティスト)

59289041 286851028872140 6641264800878369866 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
stevrockofficial

男性有名人の統合失調症者6人目は、イギリスのミュージシャン、シド・バレッドさん。当初はピンク・フロイドというバンドでデビューし、共感覚からくる彼の独特な感性で、在籍わずか5年にも関わらず、バンドを成功へ導きました。

麻薬中毒で脱退

ピンク・フロイドはその後も続いていく長寿バンドとなりますが、シド・バレッドさんは、ストレスから薬物中毒に陥り、音楽活動に支障をきたし、わずか5年で脱退してしました。

その後も有名人としてソロ活動もしましたが、統合失調症に近い精神病に苦しみ、表舞台から姿を消しました。2006年に亡くなっています。

ヴァーツラフ・ニジンスキー(バレエダンサー)

46710929 2274946902749801 808006410650729797 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
rutilioclivi

男性有名人の統合失調症者7人目は、ロシアのバレエダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーさんです。1900年代後半から第一次世界大戦後の1920年ごろまで活躍しました。

心労によって神経衰弱に

バレエの活躍こそ有名人としてふさわしい活躍したものの、自身が旗揚げしたバレエ団の興行が失敗した結果、心労を積み重ねていき、次第に人と会うのが怖くなり、統合失調症の兆候が表れ始めました。

最後は神経衰弱状態にまで陥ったうえ、当時統合失調症の患者に行われていたインスリン・ショック療法という大変危険な治療法を受け、それでもバレエ界に復帰することはできませんでした。

佐久本傭介(小説家)

17587392 403230020049123 1194098232246927360 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
seiwado.book.store

男性有名人の統合失調症者8人目は、小説家の佐久本傭介さんです。第1回CRUNCH NOVELS新人賞で大賞を受賞し、2015年に「青春ロボット」でデビューしました。

統合失調症の闘病生活を公表

佐久本傭介さんは19歳の時に統合失調症を発症し、当時は幻聴が聞こえたり、意味もなく歩き回ったりしていたそうです。

その後、障害を持つ人たちが技能を競い合いながら互いの理解を深める、という目的で開催されるアビリンピックというイベントに参加し、ホームページ部門で優秀な成績を収めたことが回復のきっかけになりました。

現在では、小説を書きながら、統合失調症と闘う有名人として活動しつつ、統合失調症の闘病時代の話を自分のホームページに載せるなど、精力的に活動しています。

ジョン・ナッシュ(数学者)

51869182 145293419824947 7904172294562126895 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
viacheslavnichik

男性有名人の統合失調症者9人目は、アメリカの数学者、ジョン・ナッシュさんです。特に経済学におけるゲーム理論や、微分幾何学、偏微分方程式などの分野ではかなりの有名人で、ノーベル賞やアーベル賞を受賞しています。

数学における最大の難問が精神をむしばむ

ジョン・ナッシュさんは。29歳という若い年齢で、数学界のそれなりの地位を得るほどの有名人でしたが、同じころから異常な言動が目立ち始め、検査した結果、統合失調症と診断されます。

数学における最大の難問と呼ばれ、今だに証明できたものはいない、リーマン予測の証明に打ち込むうちに、精神をむしばんでいってしまったという考える者もいたそうです。その後、統合失調症と闘いながらも、さまざま数学の分野で活躍しました。

ジェイク・ロイド(映像作家)

24178128 378744202578207 6063124328679997440 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
masayuki.hosono

男性有名人の統合失調症者10人目は、アメリカの元俳優で、2000年代は映像作家をしていた、ジェイク・ロイドさんです。スターウォーズ・エピソード1のアナキン・スカイウォーカー役を演じたことで、世界的に有名人となっています。

統合失調症でカーチェイス

ジェイク・ロイドさんは2015年に、車を運転している際に、警察に停止要求を拒み、パトカーを轢こうとした上に、およそ25キロもの距離でカーチェイスを起こしました。結果として、逮捕に至りましたが、のちに統合失調症による影響であることが判明しました。

このことで、スターウォーズのエピソード1のDVDが世界中の店から回収され、今でもTVで再放送されないという状態となっています。

小林和彦(アニメーター)

17932011 189024098274916 2530952651902812160 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
daikihosaka

男性有名人の統合失調症者11人目は、日本のアニメーターである、小林和彦さんです。彼は早稲田大学を卒業後、アニメ制作会社に就職しますが、しばらくして、統合失調症を患いました。

統合失調症の時の体験を本に

小林和彦さんは、統合失調症の時の体験や思考を元に本を出版しています有名人です。そこには、わかりやすいが理解できない独特な思考がつづられており、また、「死」より恐ろしいとも述べています。

統合失調症の芸能人・有名人10選【女性編】

ここまで男性芸能人や、有名人、タレントの統合失調症である人や、統合失調症だと言われている人をご紹介していきました。

続いては、芸能人や有名人、タレントなどで、統合失調症である人、またそうだといわれている女性をご紹介していきたいと思います。

卯月妙子(漫画家・エッセイスト)

53244176 639722633133723 4445368384270958522 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
tbooksshimokita

女性有名人の統合失調症者1人目は、漫画家・エッセイストである卯月妙子さんです。彼女は、漫画の分野で有名人ですが、主軸は、自分を漫画のネタとしたエッセイ漫画であり、自身の過酷な生活環境や精神病の経験を元にしています。

幼いころに自殺経験すらもある統合失調症

卯月妙子さんは幼少のころから、生活環境や育った環境が過酷であったため、小学5年生から異常行動を行うようになり、中学時代には自殺未遂を図っています。そのころから統合失調症の傾向がありました。

その後、結婚した夫の自殺によって統合失調症が悪化し、一時は漫画執筆が困難になるほどでした。芸罪でも精神病は続いていますが、一方で自身のエッセイ漫画が人気を博して、有名人となっています。

山田花子(漫画家)

18380598 659236777594424 2684445991263797248 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
sankakuyama.books

女性有名人の統合失調症者2人目は、漫画家の山田花子さんです。いじめられた経験から、人間関係のマイナス面(差別など)を取り扱ったギャグ漫画で有名人になりました。

24歳でこの世を去る

山田花子さんは、いじめ経験から人間不信の傾向があり、それが次第に悪化したことで統合失調症(当時は)精神分裂病)と診断されます。2年の入院生活を経て退院するものの、その直後に投身自殺を図り、亡くなりました。24歳という若さでした。

松居一代(タレント)

52001971 383065365823443 7906073275605675538 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
irasshassee

女性有名人の統合失調症者3人目は、タレント・女優の松居一代さんです。女優やママタレントとして活躍し、その後はさまざまな場面で重宝されるマルチタレントとして活動していました。

元夫・船越英一郎との離婚騒動

2017年に夫であった船越英一郎さんの不倫疑惑を訴えますが、その際、動画サイトで、狂気じみた動画を投稿したり、船越英一郎さんも、松居一代さんに恐怖を感じていたことを告白したりしたことで、この有名人同士の騒動で世間を大きく騒がせることとなりました。

その際の、「松居劇場」と呼ばれた異常な行動の数々から、一部では統合失調症ではないかと噂されている有名人の1人です。

藤谷美和子(女優・アーティスト)

40318809 1094242594064995 6501700878921930633 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
yokosukamiyuki

女性有名人の統合失調症者4人目は、女優・アーティストの藤谷美和子さんです。演技面でも歌唱面でも数々の賞を受賞し、一部では天才とまで呼ばれる活躍をした有名人でした。

皇居前に突然現れる

藤谷美和子さんは2003年、突然皇居前に現れ、門番であった警察官に開門を要求し、断られると「紀宮さまは私の妹なのでお会いしたい」と詰め寄り、それでも拒まれ、タクシー内で立てこもる騒動を起こしました。

それ以来、芸能界の音手舞台から姿を消してしまいました。一説には、統合失調症を患い、療養のために休養したといわれています。

ゾーイ・サルダナ(ハリウッド女優)

58410078 232957630996546 3690566709433550193 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
everythingmedia.yt

女性有名人の統合失調症者5人目は、アメリカの女優、ゾーイ・サルダナさんです。2009年の映画「アバター」でヒロイン役を演じ、サターン主演女優賞などを受賞し、世界的に有名人となりました。

「アバター」のプロモーションが原因で統合失調症に

世界的な大ヒットを記録した「アバター」ですが、プロモーションのために、世界各地を渡って宣伝し、時差による影響を大きく受けた結果、心身ともに疲労し、統合失調症となってしまいました。

現在は、私生活と仕事のバランスはとれているようで、統合失調症の気配はありません。

藤圭子(演歌歌手)

54731720 312179352812630 5484945756094592221 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
sukiyaki_records

女性有名人の統合失調症者6人目は、演歌歌手の藤圭子さんです。圧倒的な歌唱力と個性的なハスキーボイスで、一世を風靡しました。同じく有名人である宇多田ヒカルさんの母親でもあります。

2013年に投身自殺

藤圭子さんは、宇多田ヒカルさんのデビュー後から、表舞台から姿を消し、2013年に、投身自殺をし、亡くなってしました。娘の宇多田ヒカルさんや夫のコメントから、藤圭子さんが精神病を患っていたことが発覚しました。

境界性パーソナリティ障害など、病名の様々な考察がされましたが、娘と夫のコメントでわかった病状から、統合失調症ではないかといわれている有名人の1人となりました。

今井メロ(タレント)

12394000 193746824303032 857480162 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
choromen_85

女性有名人の統合失調症者7人目は、タレントの今井メロさんです。10代のころはモーグルやスノーボードで名を馳せ、スノーボードではオリンピックにも出場している有名人です。

オリンピックをきっかけに引きこもりに

しかし、オリンピックで惨敗したことをきっかけに引きこもりになり、その後は夜の世界に足を踏み込んでいき、借金をするなど、転落していきました。

現在では、タレントやAV女優として活動しており、ブログで統合失調症であることも公表しています有名人の1人です。

岡本夏生(タレント)

21296460 860554894091812 8085965508899241984 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
okamotonatuki

女性有名人の統合失調症者8人目は、タレントの岡本夏生さんです。モデルとしてデビューし、レース区員の経験から「ハイレグ女王」として有名人となり、その後はバラエティタレントとして幅広く活躍しました。

突然の引退宣言は統合失調症が原因か

岡本夏生さんは、近年、イベントの直前に音信不通になるなどの奇行が目立つようになり、番組を突然降板したりしたことから、統合失調症の疑いがありました。

加えて、現在ほぼ引退状態であることから、統合失調症の影響なのではないかと噂されています有名人の1人です。

鳥居みゆき(芸人)

58453926 2408606689191580 4309480100818750038 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
nayu.jp_149cm

女性有名人の統合失調症者9人目は、芸人の鳥居みゆきさんです。その狂気じみたネタで有名人となりました。また、芸人活動の傍ら、女優としても活動しており、劇団「東京ギロティン倶楽部」では看板女優を務めています。

過剰な繊細さは統合失調症が原因か

本人は統合失調症であることを認めているわけではありませんが、自律神経失調症、対人恐怖症などであることは公表しており、かなりの繊細さを持っていることが分かります。

有名人となった芸が、狂気じみたネタであったこともあり、さまざまな症状の原因として、統合失調症を患っているのではないかといわれています有名人の1人です。

中島知子(芸人)

10860173 1528082217472564 1745825258 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
_nishizawa_

女性有名人の統合失調症者10人目は、タレント・芸人である中島知子さんです。お笑いコンビ、オセロのメンバーとして、2013年ごろまでは、さまざまなバラエティ番組で引っ張りだこの活躍を見せていた有名人でした。

洗脳騒動は統合失調症が原因か

中島知子さんは、2013年ごろに占い師に洗脳され、家に立てこもった洗脳騒動を起こしています。その当時は、洗脳を受けてしまうこと様な精神状態であることから、統合失調症ではないかといわれていました。

2015年にTVに出演した際、洗脳騒動における週刊誌の報道は嘘であるとし、実際は洗脳もなく、事務所とのトラブルが、洗脳騒動として大きく独り歩きしてしまったと発言しているため、これがほんとである場合、有名人の中では統合失調症の可能性は低いといえます。

統合失調症の芸能人・有名人3選【偉人編】

ここまでは、現代の統合失調症の芸能人や有名人を紹介してきました。ここからは、過去の偉人の中でとくに有名な統合失調症の有名人をご紹介していきます。

現代でも名を残すような人ほど、意外と常識を逸脱していることも多く、統合失調症などの症状を患った有名人も多かったといわれています。

フィンセント・ヴァン・ゴッホ(画家)

58622831 133204981111197 8222503957276467241 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
mtgmgtgd

偉人の中で特に有名な統合失調症の有名人1人目は、画家のフィンセント・ヴァン・ゴッホです。「ひまわり」や「夜のカフェテラス」など、多くの有名な作品がありますが、生前に評価されたのは、「赤い葡萄畑」の1つだけだった特殊な有名人です。

自らの耳を切る奇行

そんな彼は、当時では原因の特定が難しい発作を患っていたようです。さまざまな説がありますが、統合失調症の説もあります。

根拠としては、発作の性質が、他の説で説明しづらい性質を持っていたこと、またゴーギャンとの共同生活が波状するきっかけとして、自らの耳の切る「耳切り事件」を起こしていることなどがあげられます。

夏目漱石(小説家)

58468846 321509718741399 421517590281894282 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
koji.shigak

偉人の中で特に有名な統合失調症の有名人2人目は、「吾輩は猫である」などで有名な夏目漱石です。日本の紙幣にも描かれるほどの有名人でもあるので、皆さんご存知でしょう。

実は奇行が多かった

夏目漱石は、実は現実と空想の区別があまりついていなかったという説があり、また訳もなく暴れることもあったそうです。そこから、夏目漱石が統合失調症を患っていた、という説もあります。

晩年は胃潰瘍によって亡くなっていますが、実は、統合失調症によるストレスが胃潰瘍の原因になったのかもしれません。

芥川龍之介(小説家)

57506342 307341306831138 8602935088813640664 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
16kuriyama

偉人の中で特に有名な統合失調症の有名人3人目は、「羅生門」などで有名な芥川龍之介です。夏目漱石と並んで、近代小説家の代表的な有名人で、自分の内面や死生観などを主題としました。

35歳で自殺

そんな芥川龍之介は、服毒自殺によって35歳でこの世を去り、当時の社会に衝撃を与えました。彼は自殺の少し前に幻視を体験しており、また、晩年は神経衰弱気味であったことから、統合失調症ではないかといわれている有名人の一人です。

統合失調症は知らず知らずの内に

ここまで、統合失調症の概要や、統合失調症になった芸能人や有名人を画像を交えてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

意外と多くの有名人・芸能人が統合失調症を患っており、やはりプレッシャーやストレスが多い世界でしょう。加えて、有名人・芸能人はその仕事の性質から、人前では見せないようするため、表面化したときのインパクトも大きくなりがちです。

元々の繊細な性格も関わってくるため、有名人でなくとも、繊細な人は明日は我が身だと思って気を付けたほうがよいでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ