月星座占いとは?自分の月星座を調べるには?

月星座占いをご存知ですか?月星座占いではどのような占いができるのでしょうか?また、その調べる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?太陽星座と月星座の違いなども気になるところです。そこで、月星座占いや自分の月星座を調べる方法などをご紹介します。

月星座占いとは?自分の月星座を調べるには?のイメージ

目次

  1. 1月星座占いとは?自分の月星座を調べる方法を徹底解説!
  2. 2月星座占いとは?
  3. 3月星座ではどのような占いができる?
  4. 4月星座を調べる方法
  5. 5月星座・太陽星座の4つのエレメント
  6. 6月星座でわかる12星座の性格の特徴
  7. 7月星座占いを活用しよう!

月星座占いとは?自分の月星座を調べる方法を徹底解説!

最近は、月星座占いが人気を集めています。本来の自分の性格の特徴や恋愛運、仕事運、他の星座との相性なども調べることができるので話題を呼んでいます。ここでは、月星座を調べる方法を徹底解説していきましょう。

一般的にテレビや雑誌などで紹介されている占いは、太陽星座の占いとなっています。星座占いには太陽星座と月星座の2種類の占いがあります。

太陽星座は、表面的な自分、社会との関わり方などを見ることができます。逆に月星座では、自分の内面、本来の自分の性格などを調べることができます。それゆえに、星座占いは太陽星座と月星座をバランスよくみていくことが重要なのです。

月星座占いとは?

月星座とは内面の自分の性格を見ることができる星座占いとなっています。月星座とは、あなたが生れた日に月がどこの星座の位置にいたかによって見ることができます。ちなみに、雑誌やテレビなどで見ることができる星座占いは太陽星座となっています。

太陽星座とは、あなたが生れた日に太陽がどこの星座の位置にいたかによって見ることができます。太陽は約一ヶ月一つの星座に滞在します。月は2.2日という速さで次の星座に移動しています。太陽は12星座全てを一周するのに1年という時間がかかります。

しかし、月は12星座すべてを回りきるのに約4週間という速さで可能なのです。月星座は本来の自分の性格の特徴を教えてくれるとともに、自分でも気づいていないような才能や気質を知ることができます。月星座は内面の本質を教えてくれているのです。

月星座と太陽星座の違いとは?

月星座と太陽星座の違いをご紹介していきましょう。太陽星座は、テレビや雑誌でよく登場している星座占いとなっています。生年月日によって簡単に調べることができます。しかし、月星座を調べる時には、生年月日と一緒に生れた時間、出生時間が必要となってきます。

月星座は、あなたが生れた日に月がどの星座の位置にいたのかで見ることができます。太陽星座はあなたが生れた日にどこの星座の位置にいたのかで調べることができます。

月と太陽の移動速度がそれぞれ異なりますので、太陽星座が双子座だからといって、月星座も双子座とは限らないのです。また、太陽星座は表面の人と関わる時の自分の姿勢や傾向をあらわしています。それとは逆に月星座は内面をあらわしています。

月星座と太陽星座が同じ人のメリット

月星座と太陽星座が同じ人も、もちろん、います。自分の基本的な要求やメンタルなどの内面ををつかさどっている月星座と周囲に対しての姿勢や行動、言動、外見などの表側をコントロールしている太陽星座が一緒ということは、言動や行動に矛盾がないのです。

月星座と太陽星座が同じ人は、自分が進むべき道をしっかりと意識して行動できるというメリットがあります。月星座と太陽星座が異なるということは2つの星座の影響を受けているということになります。それゆえに感情や性格のブレが生じやすくなるのです。

太陽星座と月星座が異なる人は、運勢の波のふり幅が広くなる傾向があります。しかし、自分の持っていない要素で補いあうことができるというメリットもあります。

月星座と太陽星座のバランスが重要!

月星座と太陽星座はどちらが正しいや、どちらが大事ということはありません。月星座と太陽星座のバランスが重要となってくるのです。人間には表の顔と内面の顔が存在しています。

表と内面の顔の表情が近いほどストレスを溜めずに楽しく過ごすことができます。表面的にはとても優等生でも心からそうしたいと考えていないのだとしたら、外見を気にしてそう繕ているのだとしたら、そこには大きなストレスを抱えることになります。

太陽星座で表の顔、自分の姿勢や行動を確認しつつ、月星座で自分の本来の姿や本質を知ることですり合わせていくことができるようになります。表と内面があまりにも異なるようでしたら、自分自身としっかりと向き合うことが重要です。

月星座ではどのような占いができる?

月星座では、内面の本来の自分や自分の本質を知ることができます。具体的にはどのような占いができるのでしょうか?月星座占いでは、衣食住や習慣、人間関係などの身近なテーマを占いうことができます。

月はとても身近な存在となっています。それゆえに占いの内容も身近なテーマがわかるようになっています。逆に太陽星座では月星座とは異なって大きなテーマである人生の目標などを占うことができます。

その他にも月星座は人の性格を見ていくことができます。月は人間の性格を深いところからコントロールしているからです。逆に太陽星座では、人生の目的などを調べることが出来ます。

月星座を調べる方法

性格の特徴や人間関係、衣食住、習慣など身近なテーマを調べることができる月星座の調べ方をご紹介しましょう。月星座の調べる方法をマスターして、自分はもちろん、家族や友人の月星座を調べるのもいいでしょう。

月星座を調べる方法は、太陽星座よりも複雑になっています。太陽星座は生年月日のみで簡単に調べることができますが、月星座は生年月日だけでは調べることができません。

月星座を調べる時には、自分の生年月日と生まれた時間である出生時間を調べることが重要となっています。月星座を調べる前に生年月日と生まれた時間である出生時間を確認しておきましょう。

月星座は誕生日と生まれた時間が重要!

月星座を調べる時には、生年月日と生まれた時間が重要となってきます。月星座は足が速いですので、太陽星座よりも複雑になっています。それゆえに同じ生年月日だとしても、生まれた時間が数時間異なるだけでも星座が変わってしまうのです。

正確な月星座を調べるためには、出生時間を調べることが重要です。出生時間が曖昧な時は午前か午後だけでも大丈夫です。全く見当がつかない、わからない場合は、正午である12:00に設定することで、誤差を12時間以内におさめて調べることができます。

より詳しく月星座を調べる時には、0:00、12:00、23:59などと入力して調べる方法もあります。このように調べることで前後の星座が何かを知ることができますので、参考にすることも可能なのです。

ホロスコープで調べる

月星座の調べる方法としては、ホロスコープで調べるという方法があります。月星座を調べるには自分でホロスコープを作ってみるのが一番いいでしょう。初心者の方には簡単に調べることができるサイトがありますのでご紹介しましょう。

「初心者でもカンタン!惑星の星座と月星座の調べ方」で検索しますとそのサイトが登場しますので、そのサイトを参考にして自分でホロスコープを作って調べると自分の月星座を簡単に知ることができます。

初めは戸惑うことも多いでしょうが、慣れてしまえば簡単にホロスコープを作って調べることができるようになります。自分の月星座を調べることができたら、家族や友達にも月星座を調べる方法を教えてあげることができるようになります。

早見表で調べる

月星座を調べる方法としては、早見表で調べるという方法があります。月星座の早見表で生年月日や出生時間を照らし合わせていくことで、自分の月星座を調べることができます。

しかし、月星座の早見表といっても調べるのになかなか苦労します。もっと簡単に月星座を調べる方法が知りたい方には、「月星座&太陽星座チェック:https://tsukiyomi-magazine.com/moonastrology/」というサイトがおすすめです。

こちらのサイトでは、生年月日と出生時間、出生地を入力するだけで簡単に自分の月星座を調べることができるようになっています。

月星座・太陽星座の4つのエレメント

星座には大きく分類すると4つのエレメントが存在しています。12星座が4つのエレメントのどれかに属しています。同じ元素であるエレメントに属していることで、その星座同士は価値観や世界観が似ている、共通点が多いということができるでしょう。

逆にそれとは相反する性質を持っている同士では、上手く付き合っていくヒントを得ることができます。月星座・太陽星座の4つのエレメントについてご紹介しましょう。

地のエレメントには牡牛座、乙女座、山羊座、水のエレメントには蟹座、蠍座、魚座、火のエレメントには牡羊座、獅子座、射手座、風のエレメントには双子座、天秤座、水瓶座となっています。

月星座でわかる12星座の性格の特徴

月星座でわかる12星座の性格の特徴をご紹介していきましょう。月星座は内面の自分の才能や欲求を知ることができます。内面の本質の自分の性格を知ることで、表向きでの姿勢や言動、傾向と照らし合わせていくことができます。

表と内面のバランスが取れることで良好な生き方をすることができます。本当はそうしたくないのに表向きではつくろっている場合は大きなストレスを感じることになりますので、バランスをとっていくことが重要になります。

牡羊座

月星座が牡羊座の性格の特徴としては、行動派ということができるでしょう。前向きで思い立ったらすぐに行動に移す性格となっています。すぐに行動しなければ気が済まない性格なので、それが叶わない時には大きなストレスを溜めることになります。

牡牛座

月星座が牡牛座の性格の特徴としては、穏やかでいつも安定を求めてやまない性格ということができるでしょう。牡牛座の人は、経済的な安定や家庭での安定、心の安定など、全てにおいて安定を望んでいます。

穏やかな時間を過ごしていることで何よりも幸福感を味わうことができるのです。ギャンブルや賭けには全く興味がありません。

双子座

月星座が双子座の性格の特徴としては、コミュニケーション能力に優れており、ワクワクするような刺激的なことが大好きな性格となっています。常に新しい商品や情報を求めています。双子座の人は、おしゃれで洗練されている人が多いのも特徴となっています。

蟹座

月星座が蟹座の性格の特徴としては、愛情深いということができるでしょう。蟹座の人は、家族や友人、自分の居場所などにも深い愛情を注ぐ性格の持ち主となっています。愛情と守りが蟹座に与えられた使命ということができるでしょう。

獅子座

月星座が獅子座の性格の特徴としては、真面目で正義感の強い性格ということができるでしょう。常に主役でありたいと望んでいます。自分を信じることができますので、より自分の魅力をアピールすることに長けています。不正を嫌い、真っ向から勝負します。

乙女座

月星座が乙女座の性格の特徴としては、真面目で清潔感を何よりも好みます。部屋でも自分の服装でも常に清潔感を演出することができます。ピュアで真っ白な心を持った性格の持ち主ですので、マナーと正義をしっかりと守ることができます。

天秤座

月星座が天秤座の性格の特徴としては、平和主義で美的感覚に優れています。また、バランスをとるのがとてもうまいです。家庭での調和、社会での調和、自分の気持ちにおいても調和を第一に考えます。

天秤座はバランスをとることが使命となっています。刺激のあるものよりも穏やかでゆったりとした環境を望んでいます。

蠍座

月星座が蠍座の性格の特徴としては、集中力が抜群だということができるでしょう。蠍座は狙った獲物は逃しません。自分が思い通りに事を進めていくためには、かなりの集中をすることができます。しかし、興味のないことには全く見向きもしないのも特徴です。

射手座

月星座が射手座の性格の特徴としては、社交的でおおらかなタイプの人が多いです。射手座の人は、歩むことが大好きです。自分のやりたいことや仕事、目標、夢などに向かって一歩一歩歩んでいくことが大好きなのです。社交的ですので誰からも慕われます。

山羊座

月星座が山羊座の性格の特徴としては、真面目な性格ですがどこか天然で抜けているところがあります。普段はしっかりしているのにうっかりしているギャップに魅力を感じてしまう人も多いでしょう。頑張りすぎる事で本来の力を発揮できなくなります。

水瓶座

月星座が水瓶座の性格の特徴としては、感性が豊かで次々に新しいアイデアが湧いてくる性格をしています。どんなことにも疑問をもって取り組みますので、他の人が思いもつかないような発想やアイデアが浮かびます。芸術肌ということができるでしょう。

魚座

月星座が魚座の性格の特徴としては、インスピレーションに優れています。穏やかでふんわりとした性格の持ち主ですが、アイデアマンですので、新商品の開発などでは本領を発揮することができるでしょう。常に、ひらめきとアイデアが溢れています。

Thumb月星座が蟹座の運勢!男性•女性の性格や恋愛•適職!
月星座で占う運勢というのは、毎年気になってしまうものです。2019年、蟹座さんの運勢はどうな...
Thumb月星座•乙女座!おとめ座の性格など紹介!
月星座というのは、一般的に耳にしている星座とは違う意味合いを持ちます。その人の本質の部分など...

月星座占いを活用しよう!

月星座占いでは、自分の身近なテーマを占うことができます。その人の性格や衣食住、習慣、人間関係を見ていくことができます。自分でも気づかなかった内面の本質を知ることができますので、太陽星座と組み合わせることでバランスの良い自分になることができます。

表向きで頑張りすぎていないか?自分の内面の心を見ていくことでさまざまな矛盾やストレスから解放されていくでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ