キスのタイミングとは?付き合う前やカップルなどパターン別に解説!

キスをする行為は、恋愛関係にあるカップルにとって大切な愛情表現です。だからこそ、キスのタイミングは失敗したくありません。2人の関係を盛り上げるために、ベストなキスのタイミングを関係性やシーン別で解説します。また、キスのサインを見逃さないコツも伝授します。

キスのタイミングとは?付き合う前やカップルなどパターン別に解説!のイメージ

目次

  1. 1キスのタイミング!何回目のデートが理想?
  2. 2キスのタイミング【付き合う前編】
  3. 3キスのタイミング【カップル編】
  4. 4キスのタイミング【夫婦編】
  5. 5キスのタイミング【高校生・中学生編】
  6. 6キスのタイミング【初キス編】
  7. 7これはキスのサイン!?見逃さないコツやポイントとは?
  8. 8キスのタイミングが2人を変える!?

キスのタイミング!何回目のデートが理想?

恋愛が成就して恋人ができると、「何回目のデートでキスをするのが理想的なんだろう」と疑問に感じる人、多いんじゃないでしょうか。

実際、「会う回数を重ねてからキスをしたい」と思う人もいますし、「初めてのデートでキスするのもアリ」と思う人もいます。では、キスをするタイミングとして、何回目のデートが理想的なのかを分析しましょう。

男性が理想とするキスまでのデート回数

まずは、男性の理想についてお話しします。とあるアンケート結果で、キスをする理想のタイミングは「初めてのデート」と答えた男性が一番多いことが分かりました。これは、キスへのハードルが女性に比べて低いことの表れにも見えますが、素敵な女性を目の前に欲が抑えられない男性の性(さが)とも言えます。

女性が理想とするキスまでのデート回数

次に、女性の理想についてお話しします。とあるアンケート結果によると、女性が理想とするキスのタイミングで一番多い回答は「3回目のデート」でした。男性に比べて女性は、キスをするまでに少し時間が必要です。ですが、続いて多かった意見が「初めてのデート」でした。

キスは2~3回目のデートが理想的

以上の結果を踏まえて、キスをするタイミングとして理想的なデート回数を分析してみましょう。まず、相手に2人の関係を軽視されているという不安を与えないよう、初めてのデートでは、キスはお預けにした方が無難です。しかし、3回目のデートでもまだキスをお預けにすると、相手に「キスしたくないのかな」と、別の不安を与えてしまう可能性があります。

従って、キスのタイミングは2~3回目のデートが理想的と言えます。しかし、キスまでの理想的なデート回数だけでなく、デート中のどのタイミングでキスをすれば良いのかも重要です。次に、キスのタイミングについてもう少し踏み込んでみましょう。カップルや夫婦などの関係性やシーン別における、キスのタイミングを解説します。

キスのタイミング【付き合う前編】

まずは、付き合う前のキスのタイミングについてお話しします。付き合う前は恋愛において不安定な関係だからこそ、緊張感が漂うものです。その分、キスも刺激的な思い出に繋がりやすいとも言えます。さらに、キスのタイミングが絶妙だと、2人の恋愛はさらに盛り上がりが増します。

気になる人との恋愛関係が進まないと悩んでいる場合は、キスのタイミングをシミュレーションしてみるといいでしょう。

告白の時にキス

まずは、告白された時のキスについて解説します。愛の告白をされる直前まで、2人の関係はカップルではありません。そこに、「好きです」という告白が加わり、お互いが合意することで、めでたくカップルになるわけです。恋愛関係になった2人の間が、一番最初に盛り上がる瞬間とも言えます。

そんな情熱的な瞬間のキスは、想像しただけでも胸がキュンとしてしまいます。実際、告白をされてOKをしたら、キスをされて恋愛感情が一気に湧き上がるケースもあるようです。

告白した時にキス

また、「告白したらお願いしますと言いながらキスされて、盛り上がっちゃった」と、告白した側がキュンとするエピソードもあります。

告白の時のキスは、正式にカップルになった証としてのキスやOK代わりのキス、告白でOKをもらうための最後の一押しとしてのキスなど、様々な意味合いを持つようです。

どんなキスであれ、告白の時のキスは今後の2人の恋愛関係を大いに高めてくれるものになるでしょう。

花火大会でキス

次に、付き合う前のデートにスポットを当ててみましょう。夏のデートスポットの定番として挙げられるのが、花火大会です。花火大会のキスについて解説します。花火大会は日が沈み、暗い中で開催されるイベントなので、キスをするには絶好のチャンスです。

花火大会には、何発も花火が上がるクライマックスの時間があります。大きい音と打ち上がる花火の輝きに囲まれる、クライマックスの時間にキスをすることに憧れを抱く人が多いようです。

花火大会デートの帰り道の静けさにも注目

また、花火大会が終わった帰り道も、キスのタイミングとしては理想的です。「花火の後の静けさにキスが欲しい」と憧れを抱く人もいるようです。

花火の大きい音から一変して静かになった空気には、少し寂しさを感じるものです。そんな寂しさをキスで埋めるというのは、とてもロマンチックな話です。

夜のイベントに一緒に行ける時点で、2人の恋愛関係は約束されたも同然とです。あとは、キスのタイミングをしっかり押さえれば、花火大会の日が2人の交際記念日になる可能性は十分あります。

クリスマスデートのキス

夏が花火大会なら、冬はクリスマスです。次は冬の定番、クリスマスデートについて解説します。「クリスマスは好きな人と過ごす」という認識は、1980年代後半のある鉄道会社のCMがきっかけと言われています。数十年経った今でも、クリスマスは好きな人と過ごしたいと思う男女は多いようです。

クリスマスは一緒に過ごすけどまだ付き合う前という2人は、クリスマスが交際記念日になる可能性が高くなります。だからこそ、キスのタイミングは失敗はできません。

外で過ごすクリスマスデートでキス

まずは、外で過ごすクリスマスデートについて注目しましょう。寒い中で過ごすクリスマスデートでは、「ツリーの前でキスをされてキュンキュンした」「寒い中でイルミネーションが綺麗だねって彼を見たらキスされて嬉しかった」など、冬ならではのキスに重きを置くといいようです。

特に、冬は寒さで人肌が恋しい気持ちも加わります。また、クリスマスカラーの赤には興奮作用を促す効果があると言われています。さらに、イルミネーションの光で相手の目がキラキラして見えることなど、『クリスマスパワー』を借りるとキスに繋げやすいでしょう。

おうちで過ごすクリスマスデートでキス

また、クリスマスデートはおうち派という方もいます。2人きりであれば、人目を気にしなくてもいいので、キスもしやすいです。

「2人でクリスマスケーキをつついていたらキスされた」「DVDを見ていたらキスシーンになって、その流れてしちゃいました」など、クリスマスの感動的なキスのエピソードはおうちデートでもたくさんあります。

年に1度しかないクリスマス、キスのタイミングを逃さず、2人で素敵なクリスマスの思い出を作りましょう。

別れ際にキス

デートの別れ際も、キスをするにはふさわしいタイミングです。デートをすれば、必ず別れの時間が訪れます。楽しい時間が終わる時は、どこかセンチメンタルになってしまいます。そんなセンチメンタルな気持ちは、キスによって晴らしましょう。

付き合う前の2人がデートを終えて別れる時、心の中にあるのはカップルではないという不安ではないでしょうか。カップルではない故に、「次もデートしてくれるのかな」という不安が襲ってくる人も多いようです。

車を降りる間際のキスや、駅で電車を待つ間にキスなど、デートの別れ際にはキスのタイミングがたくさんあります。

別れ際のキスには、まだ帰りたくない気持ちを相手に伝える効果が期待できます。そんな名残惜しさに気付いてもらうことができれば、2人がカップルになる可能性もグッと上がります。

勢いで何となくキス

付き合う前の2人がキスをする時には、『勢いで』『何となく』というシチュエーションもあります。こういうキスに多いのが、異性として全く意識していなかった友人や同僚がキスの相手というケースです。でも、そんな勢いで何となくしたキスがきっかけで、2人の恋愛関係が進展することもあります。

何となくキスしてしまうケースは、居酒屋の個室やカラオケ、車中などが多いようです。「カラオケで通された部屋が狭くて、近い距離で歌を歌っていたらキスされてドキッとした」「居酒屋で個室に通されて、酔った勢いでキスした」というエピソードにもあるように、『密室』というのがポイントになるようです。

また、異性の友人への悩み相談がキスのタイミングになることもあります。悩みを相談する、 すなわち弱さを見せて心を開くという隙がキスのタイミングに繋がりやすいようです。

もし、異性の友人や同僚と2人で会う予定がある場合は、キスの準備をしておきましょう。

キスのタイミング【カップル編】

続いて、恋愛関係にあるカップルのキスについて解説します。カップルであれば、もうキスを済ませているケースが多いでしょう。恋愛関係にあるカップルがマンネリ化しないよう、刺激的で理想的なキスのタイミングをご紹介します。

帰り際にキス

楽しいデートが終わってしまう寂しい気持ちは、帰り際のキスで埋めましょう。明日の仕事が苦痛でも、帰り際のキスによって「頑張ろう!」という気持ちに切り替わることもあるようです。そんな、デートの帰り際にするキスのタイミングをご紹介します。 

「ねぇねぇって肩を叩かれて振り返たらキスされた」「キスしよっかって言われて返事をする前にキスされちゃってた」というエピソードにもあるように、相手に呼びかけてキスをするという方法は、1つのタイミングとも言えます。

そして、「遠足は帰るまでが遠足です」という小学校の先生の名言を利用すると、「デートも帰るまでデート」というわけです。すなわち、家の玄関を閉めるまでがデートの時間です。

彼氏が彼女を家の前まで送って、デートが終わる最後の最後に玄関前でキスというのもベストなタイミングと言えるでしょう。

2回目のデート以降のキス

次に、一度デートを済ませているカップルのキスにも注目しましょう。2回目のデートであれば、まだまだ初々しさが残っているはずです。しかし、何10回目のデートであれば、マンネリ化した恋愛関係を防ぐために、お互いが少しずつ刺激を加えていくことも大切です。

そんな2回目以降のデートにおけるキスのタイミングについて、外で過ごすデートとおうちで過ごすデートに分けてご紹介します。

外で過ごすデートでキス

室外デートのキスは、人目を気にしなくてはいけない分、タイミングを掴みづらいものです。そんな時におすすめなのが観覧車です。 

「観覧車の一番上に来た瞬間にキスは嬉しい」「ベタだけど観覧車のキスは萌える」など、『カップルで観覧車に乗ったらキス』というのは、ありがちでもやはりキスのタイミングとしてはベストと言えます。また、観覧車の頂上は眺めも良く、夜であれば夜景を見渡せて、こんな絶好のチャンスはありません。

最近は、遊園地だけでなく街中でも観覧車を見かける機会が増えてきました。「今日は素敵なキスをしたい!」と意気込んでいる場合は、2人の恋愛関係をさらに深める観覧車の中がおすすめです。

おうちで過ごすデートでキス

また、室内デートは人目を気にしなくてもいい分、ロマンティックなムードが作りにくいとも言えます。ですが、ロマンティックなムードを必要としないキスもあります。

ふと目が合った時や、うたた寝をしている恋人を見つめた時など、さりげない瞬間はキスのタイミングに繋がります。 

しっかりとシチュエーションを整えたムードでのキスよりも、ふとした瞬間のキスの方が刺激的だと感じることも多いようです。

会話が無くなった時のキス

その場の空気が変わった時も、キスのタイミングになり得ることがあります。そのいい例が、2人の会話が無くなった時です。 

2人の間で会話がなくなり沈黙が続くと、少し気まずさを感じます。その気まずい瞬間が、キスに繋がるいいタイミングになります。気まずさをキスで埋めるというわけです。

少し切ないキス

キスには、ほろ苦くて切ないものもあります。特に、遠距離恋愛をしているカップルや、就職や入学を期に旅立ちを迎えるカップルに多い『別れのキス』です。

「彼が海外留学前に旅立つ前にキスをした」という切ないキスのエピソードは、しばらく後を引くようです。しかし、「しばらく会えなくなるねとキスをされて寂しかったけど、新しい人生頑張ろうと思う糧になった」というエピソードもあります。 

別れのキスは、ほろ苦さや切なさもありますが、「自分も頑張ろう!」とモチベーションを高めて自分を奮い立たせる効果もあるようです。

キスのタイミング【夫婦編】

次に、夫婦間のキスのタイミングについてご紹介します。結婚して夫婦になると、キスの回数がつい減りがちです。それは、毎日顔を合わせていくうちに、異性ではなく家族になっていくことが影響しているのでしょう。

しかし、キスは夫婦間にとっても必要不可欠な愛情表現です。おじいちゃんおばあちゃんになってもラブラブなキスができるよう、今のうちにタイミングを掴みましょう。

通勤前のキス

毎日顔を合わせる夫婦にとって、一番キスをしやすいタイミングは『いってらっしゃいのチュー』ではないでしょうか。

例えば、お互いが仕事に向かう前にケンカをすると、1日中憂鬱で仕事が手に付きません。逆に、『いってらっしゃいのチュー』によってお互いの愛情を感じて家を出ると、「今日も1日頑張ろう!」という意欲が湧きやすくなります。

もし、『いってらっしゃいのチュー』に抵抗がある場合は、『いってらっしゃいのハグ』から始めてみましょう。

子供が見ていない時にキス

結婚をするとキスの回数は減りがちですが、子供が生まれると、さらに減ってしまいます。それは、子育てに追われることの疲れや、子供の目線が影響しているようです。

ですが、これは言い換えると、子供が寝静まって奥様が育児から解放されたら、キスのタイミングがあるということです。2人きりになった夜、ソファーに並んでテレビや借りてきたDVDを見て隙を作ることによって、キスのタイミングも生まれやすくなります。

定期的に夫婦2人の時間を作ることが大切

子供を祖父母に預けて、定期的に2人で過ごす時間を作ることも、キスのタイミングを増やすきっかけになります。

元々2人は、恋愛関係にあるカップルとして、たくさんデートにも出かけていたはずです。そして、デートの時にキュンとするキスをたくさんしてきたのではないでしょうか。

日頃のストレス発散を兼ねて、カップルだった頃を懐かしみながら、定期的に夫婦デートを楽しむことも大切です。

キスのタイミング【高校生・中学生編】

ファーストキスの平均的な年齢は17歳前後と言われています。つまり、高校生の時にファーストキスを経験する人が多いというわけです。次に、中学生や高校生のキスのタイミングについてご紹介します。

下校デートでキス

まずは、授業が終わって学校から解放される下校時のキスについてお話します。学校にいる間は、校則である程度の行動を制限されてしまいます。ですが、学校を一歩出てしまえば、校則の範囲内であれば、ある程度自由に過ごせます。

学生カップルの場合、恋人と下校する学生が多いでしょう。そんな下校時のデートには、キスのタイミングがたくさんあります。

下校中、キスをするタイミングを作るには『寄り道』がポイントになります。

例えば、通学路に公園があれば、「疲れたね」とベンチに座ってキスをすることができます。また、ちょっとした建物の陰に隠れてキスをすることもできます。どちらかが電車通学なら、駅の陰に隠れてキスをすることもできます。

「校門の前でキスしました」なんていう、大胆なエピソードもあるぐらいなので、下校デートにはキスのタイミングがたくさんあるようです。

プリクラを撮っている最中にキス

下校に限らず、休日のデートなどで2人でプリクラを撮ることで、キスのタイミングを作ることができます。

プリクラ撮影のブースは、2人きりの半密室状態です。人目を気にせずキスをすることができます。一時期、キスをしてプリクラに映る『チュープリ』というものもあったほどです。

真相は不明ですが、一説によると「プリクラ内でキスをすると別れる」なんていうジンクスもあります。そんなジンクスを覆してしまうほどのキスを楽しみましょう。

早朝や終礼後の教室でキス

学校内のキスで思わずキュンとしてしまうキスは、誰もいない教室でするキスです。教室の片隅でキス、しゃがんで机に隠れてキス、カーテンの向こうキスなど、『普段は大勢のクラスメイトがいる空間』『誰かが入ってくるかも』という緊張感のあるキスは、心がときめくようです。

教室で2人きりになるためには、クラスメイトが登校する前の早朝の教室や、終礼後にクラスメイトが下校した後の教室が狙い目です。

Thumb中学生のキスの仕方!中学生の恋愛とは?
中学生の多くはキスの仕方がわからず、もどかしい気持ちになったことがあるでしょう。特に初キスが...

キスのタイミング【初キス編】

先ほどもお話ししたように、ファーストキスの平均年齢は17歳前後と言われています。ファーストキスは、一生で一回しかない貴重な体験です。そんなファーストキスが失敗に終わらないよう、一生の思い出になるファーストキスのタイミングについてご紹介します。

初デートの時にキス

将来、ファーストキスのことを思い出すことが嫌にならないよう、ファーストキスのタイミングや場は淡い思い出として残るものが理想的と言えます。

初めてできた恋人と、人生で初めてのキスをする場として相応しいのは、やはり初デートの時ではないでしょうか。

お互いがキスに不慣れな状況だと、キスのタイミングは掴みづらいものです。そういう場合は、キスができる状況を強引に作ることも大切です。

例えば、デートの場所を観覧車やカラオケなど、密室になれる場所を選ぶことで、キスのタイミングが作りやすくなります。

さらに、映画館のような暗い空間で、キスシーンが期待できるラブストーリーを鑑賞することもおすすめです。そのキスシーンが、キスのタイミングを作るきっかけになってくれます。

2人の記念日にキス

キスのタイミングを掴みづらい場合は、何かの記念日をきっかけにすることで、キスが成功するケースがあります。

どちらかの誕生日や交際何ヶ月目といったお互いの記念日や、バレンタインデーやクリスマスなど、季節行事を利用しましょう。そういった記念日を利用することで、その日が何年経っても素敵な思い出として残ります。

ハプニング的なキス

「あ、キスしちゃった!」というハプニングのようなキスは、お互いの刺激になります。つまづいたタイミングで「キスしちゃった」というケースや、ぶつかったタイミングで「キスしちゃった」というケースは偶然起こることですが、実は必然的に起こすことも可能です。

ただし、作為的なものだとバレないよう、気を付けましょう。冷静になるととても恥ずかしくなりますが、今後の2人の関係を大いに盛り上げてくれるきっかけにもなります。

これはキスのサイン!?見逃さないコツやポイントとは?

刺激的かつ感動的なキスのタイミングを知る上で重要なのが、相手の『キスしたいサイン』の掴み方です。人間誰しも、恥ずかしさや照れくささを持っていて、なかなか自分から「キスしたい」とは言えません。

次に、相手が示す『キスしたいサイン』についてご紹介します。相手がこんな行動をし始めたら、それは「キスしたい」ということです。

①女性が拗ねて上目遣いをしている時

女性が拗ねて上目遣いをしたら、キスのチャンスです。女性から「キスしたい」とはなかなか言えません。でも、キスをしたい願望はちゃんとあります。それなのに、男性がなかなかキスをしてくれないというのは、女性にとってとても寂しいのです。

だからこそ、男性は女性の言葉からでなく行動からキスをしたいという気持ちをキャッチしなくてはいけません。その行動の1つが、拗ねて上目遣いをした時です。

サイン②車に乗っている時

車に乗っている時は、常に密室です。だからこそ、キスをしやすいタイミングでもあるし、お互いがキスを待つ状態になりやすい傾向があります。

信号待ちをしている時や、お互いの腕が当たった時は、車内キスの絶好のタイミングです。ただし、安全運転には十分気を付けましょう。

サイン③体が密着した時

ふと気付くと、体が密着しているという時は、相手が敢えてくっついている可能性があります。そういう時は、触れたい・温もりを感じていたいというサインでもあり、キスをしたいというサインの可能性もあります。

体が密着していれば、唇と唇までの距離は僅かなはずです。キスしやすい距離にいるわけですから、このタイミングを見逃さないよう、行動に移しましょう。

サイン④落ち込んでいる時

落ち込んでいる時は、人の温かみに触れたいものです。場合によっては、好きな人とのキスで癒されたいと感じている可能性もあります。

仕事関係や友人関係など、相手に何かトラブルがあって癒しを欲しているようであれば、それがキスのサインと取れるでしょう。

キスのタイミングが2人を変える!?

日本人は、キスに対してわりと消極的な面があります。キスのタイミングに戸惑う人が多いのは、そのことも影響しているのではないでしょうか。 

しかし、キスは自分の愛情を言葉なしで表現できる素敵な表現です。そして、キスには2人の関係を良い方向にも悪い方向にも動かす力を持っています。

2人の関係を深めるために、キスのタイミングをしっかり掴んで、大切な人とのキスタイムを日常的に取り入れていきましょう。

Thumbキスの仕方!誘い方からディープキスのやり方まで徹底解説!
女性にとって、気になる男性との初キスはとても重要です。キスで相手との相性が直感的に分かってし...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ