キスの上手な女性とは?男がハマる上手なキスのテクニック!

キスの上手な女性は男性がハマる魅力的な存在になれます。そこで今回はキスの上手な仕方に注目。うまい人はどんなテクニックを持っているのか、唇や仕方にはどんな特徴があるのか、キスが上手な女性になりたい人必見のことをお届けしていきます。

キスの上手な女性とは?男がハマる上手なキスのテクニック!のイメージ

目次

  1. 1キスが上手な女性のコツやテクニックって?
  2. 2キスが上手な女性に男子はハマる
  3. 3下手なキスとの違いとは?
  4. 4キスが上手な女性の特徴
  5. 5上手なキスのテクニック
  6. 6上手なキスはタイミングも重要
  7. 7上手なキスで男性を翻弄していこう

キスが上手な女性のコツやテクニックって?

キスが上手な女性のコツやテクニックを知っていれば、恋人や夫、または狙っている男性に対して効果的なアピールが出来るようになります。

しかし、だからといって簡単にキスのうまい人になれるとは限りません。上手なキスの仕方やコツ、何か気をつけるべきポイントなどを知っていなくては、なりたいと思ってもキスが上手な女性にはなれないのです。

そこで、今回はそんな女性のためにキスが上手な女性になるための仕方や方法に注目。キスに対して自信がないという人は是非注目してみてください。

キスが上手な女性に男子はハマる

キスが上手な女性になるための仕方や方法に注目していく前に、キスが上手な女性になれたらどんなメリットがあるかについてチェックしておきましょう。

特に自分に自信がないという人や、パートナーともっと仲良くなりたいという人は知っていて損はないので、メリットを踏まえた上でこれから紹介することについて注目してみてください。

男性が夢中になってくれる

キスが上手な女性になれば、男性が夢中になってくれるというのが最大のメリットだと言えるでしょう。

例えば、床上手な女性は男性を夢中にさせると言われていますが、それと同じようにキスが上手な女性も男性を夢中にさせます。その人以外としかキスをしたくない、この女性とのキスをもっとしていたい…そう思わせられるというわけなのです。

夢中になればなるほどに、浮気や他の女性に目移りするリスクを防げる可能性がアップします。付き合っていく中で不安を感じている人は、キスの上手な女性になって男性をがっちりと繋ぎ止めてみてはいかがでしょうか。

下手なキスとの違いとは?

キスの上手な仕方などに注目をしていく前に、まずは、下手なキスと上手なキスとの違いについても見ていきましょう。

特にキスに自信がないという人や、今の自分のキスが下手なのかどうか知りたいという人は、違いについて注目してみてください。

上手なディープキスは難しい

キスの上手い人と言えば、ディープキスが上手いという印象がある人も多いでしょう。しかし、ディープキスはテクニックや相手との相性なども関係してくるため、上手いディープキスをするのは難しいのが事実です。

例えば、ディープキスと言えば呼吸のタイミングや歯が当たらないような配慮、舌の使い方など、高度なテクニックが必要となります。しかし、これらのテクニックは経験や知識、相手への気遣いなどが欠けてしまえば下手なキスと思われてしまうこともあります。

上手なキスをするためには、まずキスの難易度について知っておくことが大切です。その上で、どのようなところにポイントを置けばキスが上手くなるのか、それについて考えていくようにしましょう。

キスが下手な人は呼吸や息継ぎが苦手

ディープキスに限ったことではありませんが、下手なキスの共通点として挙げられるのが呼吸や息継ぎが苦手というものです。キスは呼吸や息継ぎが上手さを大きく左右すると言っても過言ではないだけに、呼吸や息継ぎの下手さは致命傷となります。

特に、呼吸や息継ぎが苦手な人は普段から息遣いや呼吸が荒い、やや特徴があると言われています。そのため、キスをしようとした時に相手との呼吸が合わずにいたり、自分本意なキスになったりしてしまうのです。

キスは二人の共同作業であり、それを忘れてしまえばどんなに経験を積んでも下手なキスでしかありません。

キスが上手な女性の特徴

次に注目をしていきたいのが、キスが上手な女性の特徴について。キスが上手な女性はどんな特徴を持っているのかを知っていれば、上手いキスを知るための参考になります。

いきなりテクニックを身につけるというのも空回りしてしまう可能性があるため、まずは、特徴からキスが上手い女性のイメージ像を掴んでいきましょう。

特徴①唇のケアが行き届いている

キスが上手な女性の特徴には、唇のケアが行き届いているというものがあります。唇のケアが行き届いていれば魅力的な唇として男性の目に映り、その唇にキスをしたいという気持ちを盛り上げられるのです。

また、実際にキスをしてみてもケアをされた唇のほうが気持ちがいいキスと思われるようになります。ガサガサの唇とのキスは、ガサガサとした質感に意識が持っていかれてしまいますし、お世辞にも気持ちがいいキス、上手なキスという印象は残りません。

キスは実際のテクニックでも上手さは左右されますが、キスをしたいと思うほどの唇を持ち、雰囲気を作ることも上手さの秘訣だと言えます。キスが上手な女性は唇のケアを徹底し、常に気持ちがいいキスの状態をキープしているのです。

特徴②熱い視線を男性に送るのが上手

キスがうまい人というのは、キスだけのテクニックだけでなく、キスをする時の雰囲気作りもうまいと言えます。キスが上手な女性の場合、そういった雰囲気を作るのがとても上手く、その雰囲気の心地よさがキスが上手いと言われる理由になるのです。

特にキスがうまい人の場合、熱い視線を相手に送るという特徴があります。熱っぽい視線を女性から送られてしまえば、男性は女性から目を離せなくなるのです。

雰囲気が出来上がってしまえば、その雰囲気だけですでに気持ちがいいという印象が出来上がっていきます。キスのテクニックがたとえあまりなかったとしても、視線による雰囲気作りが上手い女性はキスが上手い女性として見られることになるのです。

特徴③受け身で居続けることはしない

キスが上手い女性は受け身で居続けることはしません。キスをすると男性からリードされることが多いかと思いますが、だからといって全て受け身でいれば、男性は刺激を感じられませんし、自分ばかり夢中になっているかもしれないと自信をなくすこともあります。

キスが上手い女性の場合、基本的に受け身でいることはありますが、タイミングを見計らって自分からキスをしてみたり、攻めてみたりして、男性に「私もキスを楽しんでいる」「もっとキスをしてほしい」という気持ちをキスで伝えているのです。

恥ずかしいと思える人もいるかもしれませんが、キスを積極的にすることがキスを盛り上げるスパイルになります。二人が燃え上がるキスになれば、テクニックはどうであればキスがうまい人、気持ちがいい人と見られることに繋がっていくのです。

特徴④口臭に気を遣っている

女性に限らず、キスがうまい人全てに共通するのが口臭に気を遣っているという特徴です。キスはお互いの口臭を感じる行為になるため、口臭に問題があるとキスをしたくないと思われることに繋がります。

キスがうまい人は口臭に気を遣い、キスだけに集中出来るような環境を常に意識しています。いくら雰囲気やテクニックがあったとしても、口臭が気になるようではキスに集中出来ませんし、キスがうまい人という印象はつきません。

口臭は自分ではよくわからないと言われていますが、歯磨きや口臭ケア、キスの前には口臭をオフしてくれるタブレットなどを食べるなどして、口臭が気にならない環境を出来るだけ心がけていくと良いでしょう。

上手なキスのテクニック

次に、上手なキスのテクニックについて注目をしていきましょう。キスはテクニックだけで上手さが左右されるものではありませんが、キスのテクニックがあったほうが上手いキス、気持ちがいいキスと思われる可能性は遥かに高くなります。

また、自信を持って積極的にキスが出来るようになるためにも、テクニックやポイントを掴み、キスの仕方への理解を深めていきましょう。

テクニック①リラックスをして男性に身を委ねる

上手いキスは緊張状態でするものではありません。そのため、基本的なテクニックとして意識しておきたいのがリラックスをして、男性に身を委ねるということです。

男性に身を委ねていることが伝われば、男性もキスに集中しやすくなり、気持ちがいいキスが出来るようになります。男性に身を委ねていき、お互いが一つに溶け合うようなイメージでキスに没頭していけば、キスがうまい人と思われること間違いなし。

緊張してしまう場合もありますが、そんな時には深呼吸をしてみるのもおすすめ。また、男性に対して緊張している旨を伝えてあげれば、男性もキスのタイミングを合わせやすくなるので素直に気持ちを伝えてみると良いでしょう。

テクニック②相手の呼吸と合わせる

キスがうまい人は、相手の呼吸と自分の呼吸を合わせるのが上手いという特徴があります。呼吸のタイミングが合えば、攻める瞬間、受け身になる瞬間もわかりやすくなり、テンポ良いキスが出来るようになるのです。

キスの具体的なテクニックがわからなかったとしても、呼吸を相手と合わせられればそれだけで上手いキスは出来るようになっていくものです。相手の呼吸を感じるような意識をしていけば、相手がどうしてほしいのかも伝わってくるでしょう。

また、下手なキスの項目でも紹介をしましたが、いくらテクニックがあっても呼吸のタイミングが合わなければ本末転倒です。まずは呼吸のタイミングを合わせることが一番大切なテクニックであることを意識して、キスをしていきましょう。

テクニック③焦らしたキスをする

キスがうまい人は焦らすことで場の雰囲気を盛り上げていきます。キスをするかしないか、そんな瞬間というものはとてもドキドキするもので、キスへの集中力を高めていきます。

特にキスが上手い女性は、男性に対してキスをするような素振りをしつつ、恥ずかしがってしないというテクニックを見せつけていきます。男性からすればやや小悪魔な感じがして夢中になっていき、翻弄されていることに刺激を感じます。

なかなか自分からキスをするのは恥ずかしいという女性も多いかもしれませんが、キスがうまい人になるためには積極性は欠かせません。男性を翻弄して自分がリードをする場面も必要である、ということを意識して焦らしテクニックでキスを楽しみましょう。

テクニック④舌を遊ばせることを意識する

ディープキスがうまい人は異性を魅了するものですが、特に女性でディープキスがうまい人は男性の心を掴んで離さない存在となります。なかなか積極的にキスをする女性が少ないだけに、キスが上手な女性という印象が強く残りやすいのです。

そこで意識していきたいのが、舌を遊ばせるというものです。ディープキスは舌を絡めるキスの仕方になりますが、仕方がわからないという人は、まず、舌の力を入れたり抜いたりしてみるところから始めてみてください。

舌の力が入ったり抜けたりするだけでも、相手に伝わる感覚は段違いに変わっていきます。さらにそこから、男性の舌を吸う、または包み込む、舐めるなど、とにかく出来る限りのことを力加減を変えながらやってみると、上手いキスが出来るようになります。
 

上手なキスはタイミングも重要

最後にキスのタイミングについてチェックしていきましょう。キスはテクニックも大切ですが、何度も紹介している通り雰囲気作りがとても大切です。

雰囲気を作るためにはタイミングを見極めることも重要なので、タイミングがなかなか掴めないという人はこれから紹介するタイミングを参考にしてみると良いでしょう。

タイミング①デート終わり

場所にもよりますが、デート終わりのキスは最高に盛り上がるのでおすすめです。デート終わりというと、寂しい気持ちが二人を包み込んだ状態でいるため、惹かれ合うようにキスをしていけば熱く刺激的なキスを楽しめるはずです。

また、積極的なキスが恥ずかしいという女性でも、寂しいことを理由にキスをすれば通常よりもキスはしやすいでしょう。奥手な女性の場合、なにか理由や口実がないと積極的に動けないものですが、寂しいという理由があれば大きな原動力になり、照れ隠しにもなります。

ただし、人前の場合でキスをしてしまうと男性から嫌がられてしまうこともあります。二人きりで人目を気にせずにキス出来る環境で、キスをするようにしましょう。

タイミング②二人きりになった瞬間に

人目がある場所でのキスはお互い恥ずかしいだけでなく、周囲からも白い目で見られてしまうこともあります。気持ちがいいキス、または、上手いと思われるキスはキスに集中することが大前提なので、そういった環境でキスをするのはおすすめ出来ません。

そこで、タイミングとして覚えておきたいのが二人きりになった瞬間です。どちらかの家について一息ついた瞬間や、人目を一切気にしなくてもいいような場所に移動した瞬間に、熱い視線を送ってキスをせがんでみてください。

二人きりならば人目を気にすることもありませんし、男性もキスを思う存分楽しもうという気持ちになっていきます。キスをしたいと思ったら、二人きりになれる場所へと強引に男性を連れ出すのも良いでしょう。

タイミング③喧嘩後の気まずい時に

男性と喧嘩をしてしまった後というのは、お互いとても気まずく、キスを出来る状態ではありません。しかし、そんな状態も実はキスをするにはぴったりのタイミングだってご存知でしたか?

男性の場合、性格にもよりますが、なかなか素直になれずに謝れなくて気まずさを引きずる人も多くいます。男性がそういった姿勢だと、女性としても気まずい思いをしてしまうものですが、そんな素直じゃない男性に自分からキスをすれば雰囲気を逆転させられるのです。

さらに、喧嘩後というのはやや感情的になっていることが多くあります。そんなタイミングで積極的なキスをしてしまえば、男性に火がつくのもあっという間であり、気まずさを感じさせないラブラブな時間を過ごせることが期待出来るのです。

タイミング④会話が途切れて沈黙した時に

ふとした瞬間にキスをしたいと思ったならば、会話が途切れて沈黙した時にキスをするのが良いでしょう。恋人や夫など、パートナーとの沈黙は心地よいものであり、そのタイミングでキスをすればスムーズにキスに集中出来るようになります。

特に普段自分からキスをしない女性は、沈黙の瞬間を狙ってキスを仕掛けてみるのがおすすめ。最初恥ずかしい場合には、テクニックで紹介をした焦らしを駆使してキスをするかしないか、フェイントをかけて男性を翻弄してみると効果的です。

もし、自分からキスをするのが苦手ならば唇を近づけて、キスをしたいアピールをしてみるのもおすすめ。自分からキスが出来なくても、キスをしたいという意思が伝われば男性に刺激を与えられるため、唇でアピールをすることも意識してみると良いでしょう。

上手なキスで男性を翻弄していこう

いかがでしたか?上手なキスの仕方についてまとめてきましたが、上手なキスの仕方がわかれば男性を翻弄し、夢中にさせることも夢ではありません。

テクニックに関してはなかなか難しいと感じられる人も多いかもしれませんが、唇や視線、雰囲気作りなどから始めていけば、上手いキスが出来る女性として成長をしていけるはずです。

キスが上手くなりたい、男性を夢中にさせたい…そんな女性は今回紹介したキスの仕方やテクニックを参考にして、男性を夢中にさせる上手で気持ちがいいキスを手に入れていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ