東京ディズニーリゾートで起きた事故や事件!日本で死亡事故?

あなたは、東京ディズニーリゾートで起きた事故や事件を知っていますか?多くの人に大きな楽しみを与えている東京ディズニーリゾートですが、事故や事件がなかったわけではないのです。以下では、東京ディズニーリゾートで起きた死亡事故などについて詳しく見ていきます。

東京ディズニーリゾートで起きた事故や事件!日本で死亡事故?のイメージ

目次

  1. 1東京ディズニーリゾートで事故や事件って起きてるの?
  2. 2東京ディズニーリゾートは実は怖い?
  3. 3東京ディズニーリゾートでの事故・事件【東京ディズニーランド編】
  4. 4ディズニーで人気のスペースマウンテンでは死亡事故も!?
  5. 5東京ディズニリゾートでの事故・事件【東京ディズニーシー編】
  6. 6東京ディズニーリゾートで起こった事故【ホテル・レストラン・施設編】
  7. 7【番外編】海外のディズニーでも事故が!
  8. 8東京ディズニーリゾートの事故や事件を忘れないようにしよう!

東京ディズニーリゾートで事故や事件って起きてるの?

毎年非常にたくさんの人が訪れる日本の東京ディズニーリゾートでは、残念なことに、事故や事件が起き、死者が出ています。以下では、東京ディズニーリゾートで起きた事故や事件を詳しく紹介します。最後に、海外のディズニーで起きた事故も見ていきましょう。

東京ディズニーリゾートは実は怖い?

非日常を味わえて、楽しくてたまらないはず日本の東京ディズニーリゾートですが、実は怖い場所と言えるかもしれません。日本の東京ディズニーリゾートでは、死亡事故が多いのです。また、事故の中には、原因が特定できなかった原因不明のものも含まれています。

死亡事故が多い

日本の東京ディズニーリゾートは、いつ訪れても楽しい気分にさせてくれる、夢のような場所です。あらゆる場所が清潔に保たれており、キャストたちも心からの笑顔を見せています。しかし、そんな東京ディズニーリゾートは、実は怖い場所なのかもしれません。

東京ディズニーリゾートが怖い場所と考えられる理由は、東京ディズニーリゾートで事故が多発し、死者が出ているからです。日本の東京ディズニーリゾートには、アトラクションがたくさんあります。しかし、アトラクションは、死亡事故を招く場所でもあるのです。

「イッツ・ア・スモールワールド」、「ホーンテッドマンション」、「ビッグサンダーマウンテン」のような人気スポットでは、不気味な事件が多数目撃されています。東京ディズニーリゾートのパーク内にお札が無数に貼られているという噂もあります。

原因不明の事故も

日本の東京ディズニーリゾートが怖い場所であると考えられる理由としては、原因不明の事故がある点です。事故が起きれば、必ず原因を徹底的に究明します。しかしながら、東京ディズニーリゾートで起きた事故の中には、結局、原因が分からないままの事故も存在するのです。

「イッツ・ア・スモールワールド」では、閉演ぎりぎりになってアトラクションに乗った女の子が行方不明になったことがありました。原因不明の事故や事件の中には、子供がらみのものが多数報告されています。原因がわからないことで、多くの人を不安にさせてしまうことでしょう。

東京ディズニーリゾートでの事故・事件【東京ディズニーランド編】

まず、日本の東京ディズニーリゾートでの事故・事件のうち、東京ディズニーランド編を見ていきましょう。東京ディズニーランドでは、トムソーヤ島で幼児が転落してしまった事故が有名です。それ以外にも、スペースマウンテンで部品が落下する事故がありました。

トムソーヤ島で幼児が転落

この事故が起きたのは、まだ日本の東京ディズニーランドが開園して1か月も経たない1983年のことでした。楽しくて人気のあるトムソーヤ島には、たくさんのドクロ岩や秘密基地があります。そして、トムソーヤ島では、子供たちが冒険することができます。

そんな子供に特に人気の高いトムソーヤ島の岩場で、非常に痛ましい事故が起きてしまいます。トムソーヤ島の岩場で遊んでいた幼児が、その岩場から下に転落してしまったのです。その結果、その幼児は頭蓋骨骨折というひどい重傷を負ってしまったようです。

しかも、トムソーヤ島で起きた事故はこれだけではありません。岩場が関係する事故がたびたび発生したため、東京ディズニーランド側は、トムソーヤ島の岩場を何度も改修する工事をしています。安全対策はしていても、事故は完全には防げないようです。

スペースマウンテンで部品落下

日本の東京ディズニーランドでは、トムソーヤ島以外の場所でも事故が起きています。続いて紹介するのは、スペースマウンテンで起きてしまった部品落下事故です。スペースマウンテンは、東京ディズニーランドの中でもかなり人気のアトラクションの一つです。

スペースマウンテンでは、真っ暗な宇宙空間をハイスピードで駆け巡るため、大きなスリルを味わうことができます。スリルがあるのはいいのですが、スペースマウンテンも事故とは無縁ではありません。事故とともに不吉な出来事も報告されています。

1986年11月、スペースマウンテンの部品が落下し、アトラクションを楽しんでいた乗客1名が軽いけがを負いました。この部品落下事故は、人為的なミスであると考えられたため、発生後2か月間アトラクションがクローズとなったのです。

スペースマウンテンで車軸が折れ車両脱線

実は、東京ディズニーリゾートのスペースマウンテンでは、部品落下事故以外の事故も起きています。2003年12月、スペースマウンテンの車軸が折れ、車両が脱線してしまうという事故が起きます。こちらも人為的ミスであったため、発生後2か月間クローズされました。

東京ディズニーリランドの中でもかなりの人気を集めるスペースマウンテンですが、事故が多発していることは憂慮すべきことです。スペースマウンテンは、2007年、およそ半年という長い期間をかけて、全面的なリニューアルされました。

過去の事故を踏まえて、安全面を強化しただけでなく、ライトアップや装飾をグレードアップさせたのです。これによって、より一層アトラクションを楽しんでもらいたいと考えたのでしょう。かなりのスピードが出てしまうスペースマウンテンでは、負荷がかかりやすいのが特徴です。

暴力団に利益供与

東京ディズニーランドでは、さらに深刻なことが起きています。それは、暴力団に対する利益供与です。2005年5月、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドによる、元暴力団関係者が関与する不動産会社に対する利益供与疑惑が世間の注目を集めました。

この事件は、読売新聞がスクープしたことをきっかけにして、広く報じられました。広域指定暴力団・松葉会の元最高顧問だった志賀三郎という人物の関連企業である「中央興発」に、オリエンタルランドが本社の社屋や別館の清掃業務を全面的に委託したのでした。

それに対して、中央興発は、その仕事をすべて大手ビルメンテナンス会社に丸投げしていました。その結果、年間5,000万円ほどの利益を得ていたと言われています。契約が締結された1984年9月以降、非常に長い間、巨額の費用が裏社会に流れていたことになるのです。

停電によるシステム障害

東京ディズニーランドでは、停電によるシステム障害も発生しています。2007年12月9日午後6時ごろ、東京ディズニーランドで、園内のアトラクションを動かすコンピューターシステム障害が発生し、41のアトラクションのうち、25ものアトラクションが非常停止しました。

アトラクションの一斉停止となったのは、東京ディズニーランドが1983年に開園してから、初めての事だったそうです。その後、ほとんどのアトラクションでは、非常用電源が作動し、乗り物が乗降場まで移動したため、乗客は安全に避難できたのでした。

システム障害が発生した当時、園内には、4万人の来場者がいたそうです。レストランや園内の照明などには影響がなかったため、それほど大きなトラブルにはならなかった模様です。花火やパレードなどのイベントは予定通り実施されたそうです。

ディズニーで人気のスペースマウンテンでは死亡事故も!?

続いては、日本の東京ディズニーランドで人気のスペースマウンテンで起きた死亡事故について詳しく見ていきましょう。非常に残念なことに、大人気アトラクションであるスペースマウンテンでは、過去に死亡事故が2件も発生しているのです。

スペースマウンテンは、圧倒的なスピードを体感できる楽しいアトラクションです。しかし、そうしたスピードは同時に、乗客に対して大きな負荷を与えます。スペースマウンテンで起きた死亡事故は、このスピードが原因ではないかと言われています。

事故や事件が多いアトラクション

東京ディズニーランドのスペースマウンテンは、事故や事件が多いアトラクションとして有名です。スペースマウンテンでは、ものすごいスピードでエリア内を駆け巡ります。途中に急カーブもたくさん存在することから、「重量制限」まで設けられています。

過去2件の死亡事故が発生

スペースマウンテンでは、過去に2件の死亡事故が発生しています。最初の死者が出た事故が起きたのは、1984年10月の事でした。「スペースマウンテン」に乗車した女性が意識不明となってしまったのです。病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

このとき死亡した女性の死因は、心不全だったと言われています。ものすごいスピードで疾走することに驚いて、心臓に負担がかかったのかもしれません。スペースマウンテンの醍醐味は、圧倒的なスピードにあるので、かなりスピードが出るのは避けようがないでしょう。

2人目の死者が出た事故は、1987年6月に起きました。スペースマウンテンが停止した後に、最前列の男性が立ち上がらなかったため、担架が運び込まれました。男性は脳溢血で、すでに死亡していたのです。こちらもスピードが原因と考えられています。

天井にはお札が

あるとき、スペースマウンテンが運行している最中に、機械のトラブルが発生し、スペースマウンテンが緊急停止したことがありました。そして、安全確認のために、真っ暗なアトラクション内に照明が付けられたのです。そのとき、乗車してた女性客が悲鳴をあげました。

その女性客は、天井を見つめていました。女性客が見つめる天井には、赤・黒・白のお札がびっしりと貼られていたのです。死者が出るような事故・事件が多発するスペースマウンテンでの安全を祈って、誰かが大量のお札を貼ったのだろうと考えられました。

しかしながら、このお札の話は、デマではないかと言われています。死者が出る事故が立て続けに起きたために、不吉な話が創作され広まったのではないかとささやかれています。いずれにしても、スペースマウンテンは体調を万全にして乗ることをお勧めします。

東京ディズニリゾートでの事故・事件【東京ディズニーシー編】

日本の東京ディズニーリゾートでの事故・事件の東京ディズニーランド編を見てきましたが、続いては、東京ディズニーシー編を見ていきましょう。東京ディズニーシーでも、残念ながら、死者が出るような事故や事件が起きてしまっているのです。

レイジングスピリッツで安全バーが上がったまま出発

東京ディズニーシーは、7つのエリアで構成されたテーマパークで、2001年に開園されました。東京ディズニーシーのテーマは、「冒険とイマジネーションの海へ」です。そんな東京ディズニーシーのレイジングスピリッツでは、安全バーが上がったまま出発する事故が起きています。

レイジングスピリッツは、東京ディズニーシーの中でも人気のアトラクションの一つです。レイジングスピリッツは、崩れかかった古代神の発掘現場をものすごい駆け抜けていく絶叫コースターです。かなりスリリングなアトラクションで、人々を引き付けています。

2012年5月28日、レイジングスピリッツが、会社員の男性の安全バーを下ろさずに出発しようとしました。危険を感じた男性が出発直後に降りようとしたため、男性は右足を負傷したのです。発生直後に異常を感じたスタッフが緊急停止ボタンを押しました。

停止ボタンが押されたことでいったんは停止しましたが、何かの理由で再び動き出してしまいます。男性が降りた直後に再び緊急停止ボタンが押され、レイジングスピリッツはようやく止まりました。男性の軽傷で済みましたが、大惨事につながりうる事故でした。

全域で大規模停電

また、東京ディズニーシーでは、全域で大規模停電が起きたことがあります。2004年10月23日午後3時40分ごろ、東京ディズニーシーで大規模な停電が発生しました。これは、2001年9月の開園以来、初めての大規模停電でした。

この停電により、全23アトラクションのうち、「海底2万マイル」、「センター・オブ・ジ・アース」、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」など主要アトラクション7つが停止しました。また、昼のショー&パレード「スタイル!」は規模を縮小して実施されました。

また、夜の花火を用いた水上ショー「ブラヴィッシーモ!」は、中止とせざるを得ませんでした。結局、復旧の見込みが全く立たないことから、閉演時間を早め、午後6時に閉演することになったのです。この一件は、メディア等で大きく報じられました。

ハンガーステージで照明割れ事故

東京ディズニーシーで起きた事故・事件はまだあります。2005年8月22日、午後2時10分ごろ、東京ディズニーシーのエンターテインメント施設である「ハンガーステージ」でショーが公演されている最中に、照明のガラス電球が割れる事故が発生しました。

そして、割れた破片が20代の女性客の左腕に当たり、擦り傷と軽いやけどを負ったのです。割れた電球は、直径約2センチメートル、長さ約5センチメートルで、高さ約8.5メートルの位置にあり、スタッフの通路の天井近くに取り付けられていたと言います。

照明が割れたのは、ショーが始まって約10分が経過したころでした。落下した破片が前から5列目に座っていた女性の左腕に当たってしまったのです。その結果、公演されていたショーは中断され、約1,000人の観客が従業員の誘導に従って、施設の外に出ました。

ヴェネツィアン・ゴンドラの水路で従業員が死亡!

東京ディズニーシーには、川があります。東京ディズニーシーの川と言えば、ヴェネツィアン・ゴンドラです。陽気でおしゃべりな漕ぎ手たちがゴンドラを漕いでいきます。非常に優雅でロマンチックなアトラクションで、イタリアの港や美しい街並みを堪能できます。

そんなヴェネツィアン・ゴンドラでも死者が出る事故が起きてしまったのです。メディテレーニアンハーバーと呼ばれる区域の一角にあるヴェネツィアン・ゴンドラが通る水路で、アルバイト作業員が沈んでいるのが発見されました。沈んでいたのは46歳の男性でした。

清掃中に転落した?

その後、残念ながら、発見されたアルバイトの男性の死亡が確認されました。水路を清掃している最中に、転落してしまったと考えられました。男性が見つかったのは、水深1メートル60センチメートルのところで、おそらく足がつく場所だったはずです。

しかしながら、深夜で、辺りが非常に暗かったため、パニックになってしまい溺れたのだろうと考えられました。アルバイトの男性が作業を開始したのは、午前0時ごろだったそうです。ほかの従業員数人とともに、ゴンドラの乗り場の桟橋の清掃作業をしていたようです。

このアルバイトの男性の姿は、午前3時から4時の間には確認されています。しかし、男性従業員がおぼれた具体的な経緯については、詳しいことは分かっていないようです。深夜に行われた清掃作業には、危険が付きまとっていたと言えるのでしょう。

人手不足が原因とも

死者が出てしまったのは、人手不足が原因ではないかと言われています。日本の東京ディズニーシーは、客としていくときには、心から楽しめる素晴らしい場所と言えるでしょう。しかし、日本の東京ディズニーシーの労働条件は決して良くはないのが実情なのです。

東京ディズニーシーのアルバイトの時給は、コンビニと同じくらいの1,000円だと言われています。しかも、外で働くため、夏は暑く、冬は寒いという過酷な労働環境です。さらには、労働量が多いだけでなく、覚えることもコンビニよりもはるかに多いそうです。

東京ディズニーシーで働くには、身だしなみや振る舞いも高い基準のものが求められます。さらには、東京ディズニーシーで働く際の考え方も、厳しく叩き込まれると言います。そういうことから、かなりブラックな労働条件だとささやかれているのです。

東京ディズニーリゾートで起こった事故【ホテル・レストラン・施設編】

続いては、日本の東京ディズニーリゾートで起こった事故のホテル・レストラン・施設編を見ていきましょう。東京ディズニーリゾートで死者が出るような事故や事件が起きるのは、アトラクションが中心ですが、ホテル・レストラン・駐車場といった場所でも事故が起きているのです。

中でも、駐車場で死者が出た事件は悲惨と言えるでしょう。開園して間もない時期に起きた事故として、大きく報道されたのです。また、そのほかにも、ボヤ騒ぎや賞味期限切れのチーズを提供してしまったという出来事もあります。

駐車場で3歳児が観光バスに轢かれ死亡

1984年3月18日、東京ディズニーランドの駐車場で、3歳児が観光バスに轢かれて死亡するという痛ましい事故が起きてしまいました。東京ディズニーランドが開園したのが、1983年ですから、開園して間もない時期に、死者が出るような事故を起こしていたのです。

ミラコスタでボヤ騒ぎ

2001年11月11日午後4時35分ごろ、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのテラスに取り付けられていたクリスマス用のイルミネーションが発火し、ボヤ騒ぎとなりました。このボヤにより、一時園内のゲストに対し、避難指示が行われる事態になったのです。

イーストサイド・カフェで賞味期限切れチーズ提供

東京ディズニーランドのイーストサイド・カフェで、賞味期限切れのチーズが提供されたことがありました。一日だけですが、賞味期限が切れたモッツァレラチーズを使用した料理が出されたのです。提供された側は体調不良などは訴えなかったそうです。

オリエンタルランドは、「大変ご迷惑をお掛けし、お詫び申し上げる」とすぐに謝罪しました。1日くらい賞味期限が切れていても問題はないだろう、という声もあります。しかし、サービスの行き届いた東京ディズニーランドで起きた出来事として話題となったのです。

【番外編】海外のディズニーでも事故が!

日本のディズニーリゾートの事件や事故を見てきましたが、続いては、海外のディズニーにおける死者が出た事故について見ていきましょう。事故や事件は日本だけでなく、海外でも多発しています。以下では、3つの事故について詳しく見ていきましょう。

2歳児がワニに引きずられ湖で死亡

アメリカ合衆国フロリダ州オーランドのテーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」のホテル前にある人工湖で死者が出てしまいました。深さ30センチメートルのところで遊んでいた2歳の男児が、ワニに引きずられ、湖で、遺体となって発見されたのです。

カリブの海賊で指2本を切断

2014年7月11日、イギリスから来ていた旅行者が、フロリダのウォルト・ディズニーワールドのアトラクション「カリブの海賊」で、薬指と小指を切断するという事故が発生しました。実は、その3か月前にも別の指切断事故が起きていることが分かっています。

ビッグサンダーマウンテン脱線で男性死亡

アメリカのディズニーランドでは、脱線事故による死者が出ています。2003年9月5日、ビッグサンダーマウンテンの先頭に登場していた22歳の男性客が、脱線事故により死亡しました。開園以来10件目の死亡事故であると、AP通信が配信しました。

東京ディズニーリゾートの事故や事件を忘れないようにしよう!

東京ディズニーリゾートの事故や事件を詳しく見てきました。本来、東京ディズニーリゾートは、心から楽しめる、文字通り、夢のような空間です。家族連れやカップルがせわしない日常を忘れて、非日常を心から満喫できる、素晴らしい場所なのです。

しかし、そうした場所にも死者が出るような事故は存在しています。東京ディズニー側のミスによる事故の場合は、客としては防ぎようはないです。身を守る手段として、絶叫系のアトラクションに乗るときは、体調を万全にしておくことを意識しておきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ