中学生のキスの仕方!中学生の恋愛とは?

中学生の多くはキスの仕方がわからず、もどかしい気持ちになったことがあるでしょう。特に初キスがまだの場合だと、キスはハードルが高い行為であり、もどかしさを感じてしまうものです。そこで今回は中学生のキスや恋愛に注目。キスの仕方や注意点が知りたい中学生必見です。

中学生のキスの仕方!中学生の恋愛とは?のイメージ

目次

  1. 1中学生だって彼氏や彼女とキスしたい!
  2. 2最近の中学生の恋愛は?
  3. 3中学生のキファーストキスのタイミング
  4. 4中学生におすすめのキススポット
  5. 5中学生がキスするまでの段階
  6. 6中学生のキスのコツ
  7. 7中学生のキスの注意点
  8. 8自分たちのペースでキスをしよう

中学生だって彼氏や彼女とキスしたい!

中学生はちょっぴり大人の階段を登った段階で、様々なことに敏感になる時期です。特に恋愛に関していえば、興味を持っている人が多く、好きな人と付き合いたい、彼氏や彼女とキスをしたいと思う人も増えてきます。

しかし、それでも中学生にとっては知識や経験が乏しいのもあり、キスをしたくても出来ない、そもそも恋愛とは何をすればいいのかわからないと悩む人も多いでしょう。

今回はそんな恋愛に興味津々の中学生のために、キスの仕方に注目。初キスの経験がないという人や、恋愛がよくわからない、タイミングなどを知りたいという人のために、力になれるポイントをまとめていきます。

最近の中学生の恋愛は?

まず、最近の中学生の恋愛事情はどうなっているかについて注目していきましょう。中学生というのは高校生ほど恋愛に対してオープンではないため、周りがどの程度恋愛経験を積んでいるのかがわからず、恋愛に対して臆病になってしまっている人も少なくありません。

キスの仕方に注目をしていく前に、まずは今の時代の中学生はどの程度恋愛経験をしているのかについてチェックしていきましょう。

中学生はキスも当たり前

実は最近の中学生は、キスも当たり前になってきていると言われています。実際に昔よりもキス経験者の割合は増えてきているとされており、恋愛に対してオープンになって好奇心も旺盛になっていると考えられています。

また、SNSやネットの普及によって、簡単に恋愛にまつわるコンテンツ(漫画やドラマ、動画など)を簡単に見れるようになりました。そういったものが中学生に刺激を与えていき、キスをしたいという欲求に火をつけているのです。

ただし、やはりそこは中学生であり、周囲の目や噂話、気まずさなどを考えてしまうことによって、キスをしたという報告を周りにするという人は少ない様子。実際、恋愛に対してからかう人もいるため、隠すのも当然でしょう。

彼氏や彼女もいる

キス経験者が意外にも多いと言われる中学生ですが、もちろんその相手は彼氏や彼女です。小学生までは好きな人が出来たというだけで完結していたものが、中学生になると好きな人が出来たら付き合いたいと思えるようになっていくため、カップルも増えていくのです。

また、先程も紹介した通り、恋愛にまつわることに触れる機会が今の時代は多いため、付き合ったらキスをしたり抱き合ったりする、というイメージがすでに出来上がっています。彼氏や彼女が無事出来たら、次はキスをしよう、と新たな目標が出来ていきます。

キスの経験者は3割以上

中学生のキス経験者の割合は、全体で3割以上だと言われています。こういったキス経験者の割合に関しては、ティーン向けファッション雑誌などの恋愛特集などで掲載されていることもあるので、だいたいの割合は知っていたという人もいるかもしれません。

中学生になって恋をして初めての恋人が出来て…毎日が楽しいことやドキドキすることの連続になっていくと、恋愛に対しての興味がどんどん湧いていきます。ネットでも恋愛に関するコンテンツに触れられるということもあり、その興味はより大きなものになります。

そういった興味や好奇心から、思い切って彼氏や彼女とキスをする中学生は増えてきているようです。

中学生のキファーストキスのタイミング

彼氏や彼女はいるけれど、なかなかキスが出来ない…そんな中学生の多くはキスのタイミングがそもそもわからないと悩んでいるようです。

確かにキスのタイミングに関しては、大人でも上手く掴めない人は掴めず、キスが失敗に終わってしまったという人もいます。大人でも難しいキスのタイミングなので、中学生がわからず悩むのも当然でしょう。

そこで今回は中学生でもしやすいキスのタイミングを3つ紹介していくので、キスをしたい中学生は彼氏や彼女と一緒にいる時に是非意識しておくと良いでしょう。

抱きしめられた後

キスのタイミングとして最適なのが抱きしめられた後です。抱きしめられた後というのは、お互いに照れくさいかもしれませんが、キスをする雰囲気としてはばっちりです。

まだお互いに恋愛に慣れていない状態だと、抱きしめられた後にどのようにキスに持っていくか悩むかもしれませんが、そこまで深く考えずに【相手の唇や瞳を見つめる】【顔を近づけてみる】などして、キスをしたいアピールをしてみましょう。

むしろ気まずい雰囲気だからこそ、機転がきけばロマンチックな雰囲気に変えられるとも言えます。恥ずかしいのはお互い同じことですが、一歩勇気を出せば彼氏や彼女とぐっと距離が縮まるはずなので、勇気を出して頑張ってみましょう。

手をつないだ時

中学生におすすめしたいキスのタイミングなのが、手をつないだ時です。中学生カップルの場合、手をつなぐことですらドキドキしてしまうという人が多いと思いますし、さらにキスと考えるとハードルの高さに頭を抱えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、あえてそのドキドキをバネにしてキスにチャレンジしてみると良いでしょう。大人でも恋人と進展するために、その場のノリや勢いを利用することがあります。ドキドキした雰囲気の流れのままキスをしてしまえば、確実に二人の距離は縮まるはずです。

また、中学生の場合、手をつなぐのも人目を気にして二人きりの時にということも多いでしょう。二人きりというのはキスをする絶好のタイミングです。手をつないだ勢いやノリから、キスへと繋げていきましょう。

誰もいない場所で

中学生カップルが必ず意識したほうが良いキスのタイミングなのが、誰もいない場所でということです。ただでさえ中学生の多くは恋愛に対して恥ずかしさを感じているため、人前でキスが出来るほど勇気を持っている人はほとんどいません。

誰もいない場所でというのも緊張感溢れるシチュエーションになりますが、ドキドキした雰囲気のままだからこそキスはしやすくなるものです。沈黙が続いたらジっと相手を見つめてみるのもいいでしょうし、寄り添ってみるのもおすすめです。

人前で強引にキスをしてしまうと、彼氏や彼女が傷ついてしまうこともありえます。経験がない、まだお互いに未熟である、それを忘れずに、キスをするならば二人きりの場所でするようにしましょう。

Thumb抱きしめる時の心理を解説!女性を抱きしめたいときの男性の心理は?
抱きしめる行為は、言葉での愛の告白とはまた異なったドラマチックなコミュニケーションとなってい...

中学生におすすめのキススポット

続いて注目をしていくのが、中学生におすすめのキススポットです。キスはタイミングが大切ですが、同時にどこでするのか場所も重要です。特に中学生は恋愛に対して大きな憧れを抱いているケースが多いため、適当な場所でキスをすれば幻滅されてしまう可能性もあります。

素敵なキス、特に初キスをとっておきの甘い思い出にするためにも、キスの場所にはこだわっていきましょう。

大きめの公園

誰でも気軽に立ち寄れて、中学生のデートスポットとしても最適な場所である大きめな公園は、かなりキスをするのにおすすめのスポットになっています。

大きめの公園と聞くと、人目があるしキスには向かないのではないか?と思う人もいるでしょう。しかし、大きめの公園だからこそ人がいても他人に注目している人は少なく、二人きりで隠れられる場所も多くあります。

さらに、時間帯を意識してみると人がほとんどいないというシチュエーションを作り上げられることもあります。特に下校時間に当たる夕方は人が少ないことが多いため、学校帰りに思い出のキスを試すというのもロマンチックでおすすめです。

動物園や水族館

中学生カップルでも行きやすいデートスポットである動物園や水族館も、彼氏や彼女とキスをするのにうってつけのスポットになっています。特に初キスにこだわりたい人の場合には、思い出の場所にもなるためかなりおすすめです。

動物園や水族館の2つの中でも特に注目したいのが水族館。水族館は照明が落とされ、幻想的な雰囲気が漂う空間です。暗いからという理由で手を繋ぎやすいですし、自然にロマンチックな雰囲気が出来ているので人目に隠れてキスもしやすいのです。

動物園の場合にはロマンチックな雰囲気を作るのは難しいかもしれませんが、夕方の帰り際などの雰囲気はロマンチックなので、キスをするのにはぴったりです。人目につきやすいという点はありますが、十分に隠れられるため是非試してみましょう。

映画館

中学生カップル御用達のデートスポットである映画館も、キスするのにぴったりなスポットです。どのタイミングでキスをするのかが難しいものですが、おすすめなのが上映中か上映後です。

上映中にキスする場合だと、映画の内容はロマンチックな恋愛ものにしておく必要がありますが、そんな作品のロマンチックな雰囲気がキスの雰囲気を作り上げてくれて、思い出に残るようなドラマチックなキスを演出してくれるはずです。

上映後の場合はタイミングが難しいものですが、エンドロール中や上映ルームを出た暗がりでさりげなくキスをするのがおすすめです。映画館は比較的暗がりなので、人目を気にせずにドキドキするようなキスが出来ます。

中学生がキスするまでの段階

次に注目をしていくのが、中学生がキスするまでの段階です。そもそも恋愛経験がそこまでない中学生にとって、どうやって恋愛をすればいいのか、どうやって彼氏や彼女と付き合えばいいのかわからず、キスもいつすればいいのかわからないと悩む人も多いでしょう。

今回は、あくまで目安なので必ずしも正解というわけではありませんが、だいたいの基準になる段階を紹介していくので、付き合い方がわからないと悩む中学生も是非注目してみてください。

第一段階・一緒に登下校

まず大切なのが、一緒にいる時間を作るというものです。特に付き合ったばかりの中学生カップルの場合、一緒にいる時間を増やすことでお互いのことを知り、理解力を深め、恋愛経験を増やしていくことが大切です。

そこでおすすめなのが、一緒に登下校をするというものです。部活の時間などもありますが、出来るだけ一緒に登下校することを心がけてみてください。周りからの視線が恥ずかしいと思えるかもしれませんが、それも慣れれば気にならなくなります。

一緒に登下校をしていけば、最初は緊張した気持ちも心地よい落ち着いた気持ちへと変わっていきます。緊張感が良い意味でほぐれていけば、次の段階にもいきやすくなるので、出来るだけ一緒に登下校をしていきましょう。

第二段階・デートで手を繋ぐ

次の段階で目指していきたいのが、デートで手をつなぐというものです。初キスもまだ、恋愛経験もないという中学生からしてみれば、手をつなぐというだけでも一大事かもしれませんが、初キスをするためにも頑張っていきましょう。

手をつなぐというのもハードルが高いように思えてしまいますが、普段一緒に登下校していれば自然と手をつなぐタイミングは掴めてくるはずです。また、デートではなく、登下校中の二人きりになったタイミングで手をつないでみるのも良いでしょう。

もし、無言て手をつなぐことが恥ずかしく上手く出来ないという場合には、素直に手をつなごうと提案してみるのがおすすめ。中学生ではなく大人でも恥ずかしいと思う人も多い提案ですが、言ってしまえばグっと距離が縮まるので思い切って伝えてみましょう。

第三段階・ぎゅっと抱きしめる

登下校を一緒にする、手をつなげるようになる、そこまで進んだならば抱きしめることを目標に関係を築いていきましょう。中学生にとって抱きしめるというのはかなりハードルが高いかもしれませんが、初キスを果たすためならば必要なことです。

抱きしめるタイミングを掴むのは難しいかもしれませんが、先程紹介をしたキスのタイミングやスポットを参考にしてみるのがおすすめです。人目がない場所、二人きりのタイミングなど、抱きしめることに集中できる環境でするのが重要なポイント。

中学生というのは男女の体つきに変化や差が訪れてくる時期でもあるので、抱きしめた時に彼氏や彼女と自分の体の違いに驚いてしまうかもしれません。しかし、そういった感覚も相手を良い意味で意識していく大切な感覚になるため、怖がらずに大切にしていきましょう。

第四段階・キスをする

抱きしめることが出来たならば、いよいよキスをしてみましょう。キスのタイミングは抱きしめた流れでもいいですし、何度か抱きしめることに慣れた後、キスのタイミングやスポットを参考にしてキスをしてみるのがおすすめです。

初キスの場合はひどく緊張してしまうかもしれませんが、緊張するのは当たり前のことであり、そのままの自分でキスをしてみましょう。たとえ初キスでなかったとしても、初めての相手とキスをする場合大人でもひどく緊張するものであり、おかしなことではありません。

また、初キスを済ませた後に気まずくなってしまう中学生カップルが多いのも要注意です。気まずい気持ちになるのは当然ですが、そのままでは初キスのまま次がない状態になってしまいます。そうならないためにも、キスに少しずつ慣れていく努力をしていきましょう。

中学生のキスのコツ

中学生カップルのキスまでの流れがわかったところで、次は具体的なキスのコツについても注目していきましょう。

初キスがまだの場合、または初キス済みでも経験が浅い場合だと、どのようにキスをしたらいいのかわからなくなってしまいます。時にはキスの仕方を間違え、二人の関係が気まずいものになる恐れもあります。そうならないためにも、キスのコツを覚えておくようにしましょう。

軽いキスから始める

恋愛ドラマなどを見ていくと、濃厚なキスをしている様子を多く見かけます。そのため、恋人とのキス=濃厚なキス、時間が長いキスというイメージを持つ中学生も多いかもしれません。しかし、必ずしも大人なキスや時間が長いキスが良いというわけではないのです。

無理をしたキスは唇がこわばってしまい、気まずい雰囲気を生んでしまいます。そうならないためにも、初キス、またはキスの経験がまだ浅い中学生カップルは軽いキスから始めてみるようにしましょう。

軽いキスならば緊張感を感じる割合も減っていきますし、スキンシップの一つとして気軽に出来るようになります。まずはキスはどんなものなのだろう、というところから手探りで二人だけのキスを探していけばいいので、焦らずに軽いキスから始めていきましょう。

ディープキスは深い仲になってから

キス=ディープキスという考えを持つ中学生は意外にも多くいます。特に中学生はちょっぴり大人になったという気持ちから、恋愛に対して背伸びしがちになり、無理をしてしまっていることも少なくありません。

しかし、無理してディープキスをしてしまうと二人の関係にヒビを入れてしまうこともありえるのです。ディープキスはテクニックが必要ですし、何より思春期で様々なことに敏感な中学生にとっては刺激が強すぎてしまいます。

中には中学生なのに恋愛をしているということに対し、イケナイことをしているという気持ちの人もいます。そんな気持ちに気づかずにディープキスをしてしまえば、相手を傷つけてしまうこともありえるため、二人の仲が深いものになってからやるようにしましょう。

まずは頬やおでこから

初キスがまだ、キスの経験が浅い中学生にとってのキスは、とてもハードルが高く、難しく、人によっては怖いと思えてしまう行為でもあります。背伸びをしたいという気持ちがあるのに、上手く出来ない自分に対して苛立ちを覚えてしまう中学生もいるかもしれません。

しかし、キスは焦ってするものではないのです。焦ってしたキスは相手を思いやるキスではなく、自分本位のキスになり、相手との関係をより良いものにはしてくれません。まずはお互いに慣れるためにも、キスは頬やおでこから始めてみると良いでしょう。

唇へのキスの仕方はテクニックが必要にもなり、実際ハードルは高めです。キスとはどんなものなのか、二人の関係を深めてから探るのでも遅くはないため、まずは頬やおでこから始めてみましょう。

歯や鼻をあてない

キスの仕方で注意をしたいのが、歯や鼻を相手に当てないというものです。これは中学生に限らず、大人でも間違っている人がいるポイントですが、相手に歯や鼻を当てるようなキスの仕方をする人は幻滅されてしまうだけでなく、不快に思われてしまうこともあります。

しかし、キスの仕方や注意点がわかったとしても、すぐにそれを実行出来るかは話が別なのも事実です。そのため、中学生カップルの間でキスをする場合には、キスの仕方をしっかりと意識した上で、ゆっくりと丁寧に相手にキスをするのがおすすめです。

つい背伸びをしてかっこいいキスの仕方などを真似てしまう人もいますが、失敗したら元も子もありません。中学生だからこそ、そして今後キスが上手い大人になっていくためにも、ゆっくりとした丁寧なキスでキスに慣れていきましょう。

中学生のキスの注意点

最後に、中学生のキスの仕方の上での注意点についてチェックしていきましょう。キスの仕方がわかったとしても、実際初キスや経験の浅いキスをすると間違いを犯してしまうこともあります。

間違うことは悪いことではありませんが、間違わないように事前に気をつけておくことも大切です。キスの仕方と共にキスの注意点について紹介をしていくので、初キスや彼氏彼女とのキスをとっておきのものにしたいという中学生は、ここで覚えてキスのタイミングで意識するようにしましょう。

がっつかない

特に男子中学生が注意をしたいのが、がっつかないというものです。女子中学生にも言えることですが、付き合えたという感動、恋愛に対しての興味や好奇心が最高潮に達してしまうと、雰囲気や相手の気持ちを考えず、がっついたキスをしてしまいがちになります。

がっついたキスは勢いがあって良いと思われがちですが、それはあくまでドラマや漫画での話です。キスは共同作業であり、どちらか片方が自分勝手なキスをしてしまえば、相手はキスを楽しめなくなってしまいます。

さらに、がっついたキスは歯と歯があたり、相手の口内や唇を傷つけてしまう恐れもあります。初キスの勢いや恋人とのキスにテンションが上がってしまうのはわかりますが、がっついたキスは恋人との距離を開くものであるということを忘れないようにしましょう。

慣れないディープは厳禁

中学生で初キスも済んでいてキスの経験がそこそこあったとしても、慣れないディープキスはするものではありません。特に中学生は片方にキスの経験があったとしても片方に経験がないと、刺激が強いキスは恐怖を与え、二人の距離を引き裂くものになりかねません。

そうならないためにも、お互いに慣れないディープキスは控えたほうが良いでしょう。つい背伸びをしてディープキスをやりたくなってしまうかもしれませんが、ディープキスは様々なキスの経験や知識、テクニックが必要になるキスの仕方です。

中学生の慣れないキスの段階でディープキスをするのは気まずい思いや大失態を犯すリスクがかなり高いため、普通のキスでの経験やキスに関する知識を蓄えて、今後のために控えておくようにしましょう。

相手の表情見る

中学生のキスでも大人のキスでも同じことですが、キスというのはお互い思い合い、呼吸を合わせ、タイミングを掴んでこそ最高のものになります。そのため、キスをする場合には相手の表情をしっかりと見て、相手が何を考えているのかを意識した上でキスをしましょう。

どんなに鈍感な人だったとしても、相手の表情や視線を見れば、今はキスをするタイミングなのか、どんなキスをすればいいのかが掴めてくるはずです。これも経験が必要となるものですが、頑張って相手の気持ちを探ろうとすれば、その努力は必ず報われます。

また、相手の表情を見つめていけばキスをするロマンチックな雰囲気も出来上がります。一石二鳥とも言えるポイントなので、キスをする際は相手の表情をじっくりと見て、相手の呼吸やテンポと合わせてキスをしていきましょう。

自分たちのペースでキスをしよう

中学生活である3年間は、恋愛を含め様々なことが起こり、自分を大きく成長させてくれる時間になります。だからこそ身近ではすでにキスを何度も経験していたり、時には急かされ、時にはからかわれてしまうこともあるかもしれません。

しかし、恋愛に正解はありません。もちろんモラルや常識を踏まえることは何よりも大切ですが、それを守った上で自分たちに合ったペースで関係を育んでいくことが大切なのです。

無理をして背伸びをしたくなっても、まずは今目の前にいる恋人を見て、自分たちの恋愛の形を確かめながら育んでいきましょう。自分たちのペースでしたキスはどんなものよりも甘く、思い出に残るはずです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ