キスの仕方!誘い方からディープキスのやり方まで徹底解説!

女性にとって、気になる男性との初キスはとても重要です。キスで相手との相性が直感的に分かってしまうこともあるかもしれません。彼女に好まれるキスの仕方を紹介していますので参考にしてみてください。NGとなるキスの仕方をしないように気を付けましょう。

キスの仕方!誘い方からディープキスのやり方まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1キスの仕方・やり方がわからない!
  2. 2キスの手順・流れとは?
  3. 3キスの誘い方
  4. 4キスの仕方【初心者編】
  5. 5キスの仕方【上級者編】
  6. 6キスの後の理想的な流れは?
  7. 7理想のキスやNGなキスの仕方
  8. 8素晴らしいキスをして愛情を確かめ合おう!

キスの仕方・やり方がわからない!

キスの仕方が分からないと悩んでいませんか?キスは、彼氏彼女の関係において、愛情を確かめ合う素敵な行為です。そんなキスをどうすればよいのかわからない、キスの仕方・やり方を知りたいと考えている方もいるかもしれません。

以下では、キスのやり方を詳しく説明していきます。具体的には、初心者のためのキスのやり方と上級者のためのキスのやり方に分けて紹介していきます。初心者と上級者では、同じキスとはいえ、気を付けるところが違うからです。

キスには、こうしなくていけいないというようなルールはありません。しかし、これはしない方が良いというNGなキスというものも存在します。彼氏の立場としては、NGなキスをすると、彼女を幻滅させてしまうかもしれません。

キスに余り慣れていない人は、キスの大まかな流れを頭に入れておきましょう。そして、NGなキスをしないように気を付けましょう。

キスの手順・流れとは?

それでは、早速キスの手順・流れを説明していきます。とはいえ、キスには絶対にこうしなくてはいけない、というような法則があるわけではありません。きわめてプライベートな行為なので、各カップルが自分たちが好きなようにキスをしていいわけです。

しかし、間違った手順や流れをしてしまったがために、パートナーに幻滅されてしまうこともあり得ます。ですから、おおよそのキスの手順・流れをマスターしておきましょう。この手順や流れをマスターしておけば、あとは自分たちだけのやり方をすれば良いでしょう。

以下では、まず、キスをするための前段階として、キスの誘い方から見ていきます。キスというのは、いきなりしてはいけません。いいキスをするには、うまい誘い方をする必要があります。逆に言えば、うまい誘い方ができれば、キスまでは簡単に進みます。

キスの誘い方

キスというものは、突然するものではありません。もちろん、長く付き合っている彼氏彼女の関係であれば、彼女の方から不意にキスをして、彼氏を良い意味で驚かせるということもあります。それはあくまで長く付き合っているからこそできる行為です。

まだ付き合って間もない彼氏彼女の関係の場合、いきなりキスをしないで、徐々にキスができる状況を作っていく必要があります。キスをしたいと思っても、彼女もそう思ってくれないとキスはできません。

キスはカップル二人が了解して合意して始まる行為です。ですから、キスができる環境を作り出すにはどうしたらよいかということがポイントになってきます。

誘い方①いい雰囲気を作り出す

キスをしたいからと言って、キスをしたいと彼女に伝えるのは、あまりおすすめはしません。それよりは、彼女がキスをしたくなるような雰囲気を作り出すことを目指しましょう。

キスをするためには、二人の間にいい雰囲気が流れていることが大前提です。では、このいい雰囲気はどのように作り出せば良いでしょう。まずは、二人がいる場所が重要です。人が大勢いたり、近くで物音がするようなところでは、落ち着いた雰囲気にはなりません。

理想的な場所としては、人気が少ない場所、明るすぎない場所、静かな場所が挙げられます。この3つが同時に満たされている場所だとなお良いでしょう。具体的には、おしゃれなバー、静かな公園のベンチ、観覧車の中などがキスをするには適した場所と言えます。

誘い方②スキンシップをする

キスをする前段階として、人気がなくて、明るすぎず、静かな場所を選べたら、キスをするための雰囲気としては整っていると言えます。だからと言って、いきなりキスをするのはやめましょう。

まず、良い雰囲気になったら、相手とスキンシップをしましょう。スキンシップと一言で言っても様々なことが含まれます。見つめ合うこと、手をつなぐこと、髪をなでてあげること、これらはすべてスキンシップの一つです。

あなたが彼氏の場合、微笑みながら、彼女を大事に思っている気持ちを感じてみましょう。自然に、彼女を優しく触ることができてくるでしょう。いい雰囲気の中で、相手を優しく触り、ぬくもりを感じてみましょう。

誘い方③相手の目を見つめる

静かで人気のない場所で、相手とのスキンシップをしたら、そろそろキスまであと少しです。キスの直前には、相手の目を見つめましょう。相手の目をいつもより少し長く見ると、相手もキスがそろそろ来るかもしれないと察知するでしょう。

キスをする前に、相手の目を見ることは重要です。スキンシップしたからと言って、いきなりキスをしてはいけません。相手の目を見つめることで、相手がキスを受け入れる態勢であるかは直感的に理解できます。相手がキスを受け入れているかを確認する意味もあります。

また、相手の目を見つめることで、徐々に気持ちを高めていくことができます。キスは、そこへ至るまでの過程が大事な行為です。いい雰囲気を作り出し、相手を優しく触って、目を見つめるというこうした流れを大切にして、ようやくキスができる環境が整うわけです。

誘い方④黙ってみる

いい雰囲気でスキンシップをして、相手の目を見つめたら、キスの直前に、黙ってみましょう。文字通り、相手の目を見つめたまま、何もしゃべらないでいましょう。何もしゃべらない状況が恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、ここは口を閉じましょう。

自分が黙って、相手も黙って目を見つめてきたら、キスを受け入れる態勢ができていると判断して良いでしょう。相手と手をつなぐか、相手の方に手を置くかして、優しくキスをしてあげましょう。

日頃からよくしゃべるほうだという人は、黙ることに抵抗を感じるかもしれませんが、別の考え方をしてみましょう。日頃からよくしゃべる人が、目を見つめて黙ったとしたら、相手はいつもと違う状況にどきどきすることでしょう。

そういう状況を作り出せれば、あなたがキスをしたい、あるいは、キスを受け入れる準備ができていることは相手にすぐに伝わります。

キスの仕方【初心者編】

キスの誘い方について流れを説明してきましたが、続いては、初心者のためのキスの仕方を説明していきます。初心者がキスをするときには、キスに慣れていない分、キスの仕方を最初にある程度理解しておく必要があります。

自分は良かれと思ってしたことが相手にとっては不快なことかもしれません。そうしたことにならないように、初心者はこのようにキスをすると良い、というキスのやり方を紹介していきます。

誰しもキスを初めてした瞬間はあります。誰しも最初は緊張してどうしていいかわかりませんでした。ですから、安心してください。キスの仕方の大まかな流れを頭に入れておくだけでも、気持ちの持ちようが変わってきます。

初心者のキス①目をつむり顔を近づける

キスをするときには、基本的に、目をつむります。相手といい雰囲気になったら、手をつないでみましょう。そして、キスができる体勢になったら、目をつむり、相手の方へ顔を近づけます。

自然に目をつむれない人もいるかもしれません。また、緊張してどうしても目を開けていたいと感じるかもしれません。でも、ここは相手にゆだねましょう。状況を受け入れて、静かに目をつむりましょう。

目をつむるということは、相手を信頼している証拠です。もしあなたが女性なら、彼氏は目をつむっているあなたを見て、いとおしく感じるかもしれません。

かなり近くで人が目をつむっているのを見ることはそうあるものではありません。彼氏を信頼していることが伝わるかもしれません。

初心者のキス②軽いフレンチキスをする

相手と十分に近づいたら、軽いフレンチキスをしましょう。フレンチキスとは、唇と唇を軽く重ねるキスのことです。初心者がするキスはフレンチキスで十分です。音で言えば「ちゅっ」という擬音になるようなキスです。

このとき、5秒以上唇を重ねないようにしましょう。フレンチキスは長くするものではありません。唇を軽く触れるだけのキスですから、長くても3秒以内で唇を離しましょう。長すぎると、パートナーが不快に感じてしまうかもしれません。

フレンチキスをしたら、相手から少し顔を話して、微笑んでみましょう。相手もきっと微笑んでくれることでしょう。唇を合わせるということは、非常に心を許している証拠です。フレンチキスを通して、お互いが相手を思う気持ちにあふれていることでしょう。

初心者のキス③相手の顔を触る

軽いフレンチ・キスをしたら、相手から少し顔を離して、優しく微笑んでみましょう。相手も優しく微笑み返してくれることでしょう。そうして、いい雰囲気のまま、相手の顔を触ったり、髪の毛をなでたりしてみましょう。

キスという行為は単に唇を合わせるだけではありません。唇を合わせることは、相手の愛情を確かめ合う愛情表現の中のたった一つの行為にすぎません。相手を見つめたり、相手の顔をなでたり、相手の髪の毛を触ったりすることすべてが愛情表現です。

このような愛情表現を繰り返すことで、相手を思う気持ちが高まり、再びキスをしたいという気持ちになることがあります。こうしてパートナーとの濃密な時間を楽しむと良いでしょう。

初心者のキス④もう一度フレンチキスをする

いい雰囲気の中で、目を見つめ合い、フレンチキスをして、愛情表現をしたら、また、軽くフレンチキスをしましょう。相手が許すようなら、少しだけ長く唇を重ねてもいいでしょう。フレンチキスを繰り返すのも、相手との絆を確かめ合う良い方法です。

初心者は、フレンチキスをしただけで、恥ずかしくなってしまうかもしれません。せっかくいい雰囲気だったのに、その雰囲気が何か気恥ずかしく、雰囲気をわざと壊すようなことを言ってしまうこともあるでしょう。

気恥ずかしい気持ちはぐっとこらえて、相手をいたわる時間を大事にしましょう。相手がフレンチキスをしたがっていて、あなたがそれを嬉しいと感じているのなら、恥ずかしさは脇へ置いておいて、身をゆだねましょう。

キスの仕方【上級者編】

初級者のためのキスの仕方を見てきましたが、続いては、上級者のためのキスの仕方を見ていきましょう。初級者と上級者ではキスのやり方が違います。上級者は舌を使って、より濃厚なキスをしていけると良いでしょう。

初級者の人でも上級者のキスの仕方を知っておくことは意味があります。何度も言うように、キスにこうしなくてはいけないという決まりはありません。キスの初心者だからと言って、上級者のキスの仕方をしてはいけないということもないのです。

すべては、あなたとあなたのパートナーの二人が合意して、受け入れていることが大前提です。初心者であっても、二人が上級者のキスの仕方を少しずつでも真似してみたいと思うなら、どんどん真似してみればよいのです。

上級者のキス①舌を出す

フレンチキスをしている状態で、口をやや半開きにして、舌を出しましょう。相手もすぐにあなたが舌を出していることに気づきます。最初は、フレンチキスの合間に、少しだけ舌を出して、相手の反応を待ちましょう。

お互いに相手の舌を感じたら、徐々に舌を出している時間を長くして、相手の舌の感覚を感じましょう。この段階では、あくまでもフレンチキスの延長というイメージです。

上級者のキス②舌を奥に入れる

フレンチキスをしながら、舌を少しだけ出したら、相手の反応を確認します。相手も少し舌を出して来たら、相手が舌を絡めることを了承したサインです。舌をもっと出して、相手の口の奥の方まで入れてみましょう。

相手の口の中を舌でなめ回すのはやめましょう。それよりは、相手の舌の反応を楽しむように、奥に入れていきます。舌を奥に入れて、相手の口の中のぬくもりを感じましょう。相手のことを舌で感じていくと、より深く相手を思う気持ちがわいてくるかもしれません。

上級者のキス③舌を絡める

フレンチキスから舌を出して、下を相手の口の奥の方まで入れたら、相手の舌と自分の舌を絡めていきましょう。舌と舌が絡まる感覚を楽しみながら、相手とのやりとりを感じてみましょう。舌が絡まると、より相手のことがいとおしく感じるかもしれません。

舌を絡めるのに、決まったルールのようなものはありません。二人がやりたいように舌を絡めればよいだけです。ときに強く、ときに弱く、相手の反応を楽しみながら、二人だけの時間を満喫しましょう。

上級者のキス④ディープキス

舌を絡ませたら、もうディープキスの段階です。相手との駆け引きを楽しみましょう。舌を奥に入れたり、あるいは引っ込めたりしながら、相手の反応を楽しみましょう。

また、ディープキスをしている間は、相手の腰をもって、顔を左右に振るなどして、情熱的にキスをすると気分が高揚します。

急にフレンチキスに戻してみたり、また、ディープキスをしてみたりしながら、二人だけの時間を楽しみましょう。ここまでくれば、もう二人だけの空間です。好きなように濃密な時間を楽しみましょう。

キスの後の理想的な流れは?

キスの流れを初心者と上級者に分けて説明してきましたが、続いては、キスの後の理想的な流れを紹介していきます。キスという行為はそれだけ独立して行われるものではありません。相手のことを大事に思うという愛情表現の一部です。

ですから、キスをしたらもうそっぽを向いてしまったでは、相手はさみしく感じてしまうかもしれません。キスをした後にも、相手のことをいたわり、愛情深く接してあげれば、より濃密な時間が待っているかもしれません。

キスの後①唇を放しながら髪をなでてあげる

キスをした後に、唇を離しながら髪をなでてあげると、パートナーは幸せな気分になるでしょう。自分は愛されているんだと感じさせてあげることができます。人間にとって、非常に重要な場所である頭をなでてあげると、相手は大きな安心感を感じるでしょう。

キスをするという行為は独立した行為ではないですから、愛情を確かめ合ったキスの後の行為は意外に重要なのです。キスをしてから、相手を違う方法でいたわって優しく接してあげると、相手は心から嬉しく感じることでしょう。

キスの後②手を腰に回す

キスの後に、髪の毛をなでてあげたら、手を腰に回してみましょう。相手の体を引き寄せて、相手とより近い距離で、相手を感じてみましょう。そのときに、相手を見つめても良いでしょう。

髪をなでたり、体を触るということは、相手に対して大きな愛情表現になります。幸せな時間を味わいながら、相手を思う気持ちを表現していきましょう。

キスの後③体を密着させる

キスの後に、髪をなでたり、腰に手を回したりして、体を密着させていきましょう。強く抱きしめてあげるのも良いでしょう。相手のぬくもりを体全体で感じてみましょう。相手の心臓の鼓動を感じるかもしれません。

体と体を密着させるとより深い安心感に包まれるでしょう。相手に対する深い愛情を感じて幸せな気分になる人も多いことでしょう。

理想のキスやNGなキスの仕方

キスの仕方やキスの後の理想的な流れを説明してきましたが、続いては、理想のキスやNGなキスの仕方を見ていきます。キスには絶対にこうすべきという流れはないわけですが、それでも、理想のキスというものはあります。

一方、これだけは避けた方がいいというNGなキスもあります。あまりキスの経験がないという人は、NGなキスの仕方を頭に入れておくと良いでしょう。また、理想のキスのやり方も覚えておいて、いつか実践してみてはいかがでしょうか。

理想の仕方①:口臭ゼロで流れもスムーズ

理想のキスの仕方は、口臭がゼロで、流れもスムーズであるやり方です。口臭に関しては、特に注意が必要です。口臭があると、キスどころではないからです。キスをするタイミングは突然やってくるかもしれませんから、日ごろから自分の口臭をケアしておきましょう。

具体的には、歯ブラシを丁寧に行うことです。歯と歯の間に隙間があると、そこに歯垢がたまりやすいので気を付けましょう。そうした歯垢が口臭の元になることがあります。日頃から自分の口のにおいを気にして生活すると良いでしょう。

流れがスムーズなキスは理想的です。流れがスムーズでなく、ぎこちない印象を与えてしまうと、相手の気分も冷めてしまうかもしれません。キスをスムーズにしてくれると、気持ちも乗りやすく、キスを楽しめるからです。

理想の仕方②:彼女からの不意のキス

続いての理想のキスの仕方は、彼女からの不意のキスです。ここでのポイントは、彼女から、という点です。彼氏の方からの不意のキスは、避けるようにしましょう。単に彼女を怖がらせてしまう可能性もあり得るからです。

良い関係を築けているカップルの場合、彼女から不意のキスをすることで、彼氏は愛情を感じ、より一層深い関係を築くことができるでしょう。少しだけ非日常を取り入れることで、彼氏との関係がマンネリ化しなくなるというメリットがあります。

落ち着いた雰囲気の所で、彼女から彼氏に不意のキスをして、ほほえんであげれば、彼氏は嬉しく感じるものです。ちょっとだけ彼氏を驚かせたい彼女は、不意のキスをしてみると良いでしょう。

NGな仕方①:初キスで舌入れ

理想のキスの仕方について見てきましたが、続いては、NGなキスのやり方について見ていきます。まず、最初のNGなキスのやり方は、初キスなのにもかかわらず舌を入れることです。

彼氏の方が高揚して、初キスで舌を入れてしまうことがありますが、初キスで、舌を入れることはやめましょう。舌を入れるのは、どちらかというと上級者向けですから、少なくとも初キスでは絶対にしない方が良いです。

カップルとはいえまだ関係が浅い段階では、フレンチキスを楽しむ程度にしましょう。彼氏としては、早く舌を入れてみたいと思うかもしれませんが、舌を入れるのは、関係がある程度深まった時からにしましょう。

男性からのキスで一番気を付けることが、舌を入れるタイミングです。すでに述べたように、初キスで舌を入れるのは論外です。舌を入れてよいタイミングに正解はありません。もし可能なら、彼女に聞いて見ても良いでしょう。

NGな仕方②:リップグロスがべったりつく

続いてのNGなキスのやり方は、リップグロスがべったりついてしまうことです。キスをするときに、リップグロスがべったりとつくと彼氏はいい気分はしないでしょう。

キスはどのタイミングでするものかわからないものですが、キスをするかもしれないなら、べったりとリップグロスを塗りたくるのはやめましょう。彼氏はあなたはを傷つけまいと、リップグロスをやめてほしいとは言わないかもしれません。

だからと言って、リップグロスがあっても全く気にならないという人は少ないでしょう。相手の身になってみて、リップグロスをつけるタイミングを見極めましょう。お互い変なところに気を使わないで、キスを楽しめるようにしたいものです。

素晴らしいキスをして愛情を確かめ合おう!

理想のキスのやり方、NGなキスのやり方などを見てきましたが、いかがでしたか?キスのやり方が分からない人も、だいたいのキスのやり方をつかめたことでしょう。NGなキスのやり方を避けて、パートナーとのキスを楽しみましょう。

キスはパートナーとの愛情を確認する非常に素晴らしい行為です。相手の目を見つめ、髪をなでて、相手をいたわりながら、キスを楽しみましょう。いいキスとは、唇を重ねることだけを指すのではありません。いい雰囲気で、相手に触れ、愛情をたっぷり込めましょう。

パートナーとの濃密な時間を通して、キスができる喜びを感じましょう。パートナーとの絆を感じられれば、より一層人生を楽しんでいけることでしょう。

 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ