蛙化現象の意味とは?冷めてしまう原因や克服法など徹底解説!

蛙化現象とは、せっかく両思いになっても、気持ちが冷める現象のことです。その原因は様々ですが、自覚症状がないのが特徴であることです。そこで、蛙化現象の意味や由来、せっかく両思いとなっても冷めてしまう原因や克服法などを徹底解説します。

蛙化現象の意味とは?冷めてしまう原因や克服法など徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1蛙化現象の意味!冷めてしまう原因や克服法などご紹介!
  2. 2蛙化現象の意味や由来
  3. 3蛙化現象の原因とは?
  4. 4蛙化現象になりやすい女性の特徴
  5. 5蛙化現象のデメリット
  6. 6蛙化現象になっていないかチェック!
  7. 7蛙化現象の克服法
  8. 8蛙化現象を克服して恋愛を楽しみましょう

蛙化現象の意味!冷めてしまう原因や克服法などご紹介!

蛙化現象とは、両思いになった途端に相手に対する気持ちが冷める現象のことです。相手からすれば、突然の心変わりに戸惑いますし、何よりも辛いのは蛙化現象に陥った本人なのです。そこで、蛙化現象の意味や由来、冷めてしまう原因や克服法などを紹介します。

蛙化現象の意味や由来

日常会話や様々なメディアで、蛙化現象という言葉を耳にする機会が増えてきました。これまでは、あまり聞き慣れない言葉だけに戸惑う人も少なくありません。

しかし、良好な人間関係を形成する上で、蛙化現象はとても大切なキーワードです。そこで、蛙化現象の意味や由来について解説します。

好かれると気持ちが冷める

蛙化現象とは、自分が好意を持っている人から好かれると、「気持ちが冷める」「気持ち悪いと思うようになる」といった現象です。なぜ、このような現象が「蛙化」と表されるのか疑問に思う人も多いと予想されますが、その由来を知ることで理解が深まります。

グリム童話が元ネタ

「蛙化現象」という言葉が、一般的に認知されるようになったのは、誰でも子供の頃に読んだことのある、グリム童話の「かえるの王さま」です。

ある王国の王女が、魔法によって蛙の姿に変えられた王子と出会う物語であり、多くの人々に親しまれてきました。実は「蛙化現象」とは、このグリム童話が元ネタなのです。

王子(好き)から蛙(嫌い)に変化

グリム童話「かえるの王さま」の中で、王女は魔法によって蛙の姿をした王子に対して「気持ち悪い」という感情を抱きます。ところが、魔法が解けて人間の姿に戻ると、王女は王子に恋心を持つようになり、やがて両思いとなり結婚するといった物語です。

このように、「かえるの王様」とは、あることをきっかけに「嫌い」から「好き」へと心変わりしていく様を表現した童話であり、まさしく「蛙化現象」の由来であり、その特徴をとらえていると言えるのです。

Thumb女性不信の彼氏との恋愛とは?トラウマ男性の心理や特徴を紹介
女性不信の男性は意外と多いようです。男性が女性不信になるにはそれなりの理由や、幼いころのトラ...

蛙化現象の原因とは?

蛙化現象とは、誰にでも訪れる可能性があり、振り返って見ると、思い当たる出来事が思い起こされる人も少なくありません。

しかし、蛙化現象に陥る原因を説明できる人は極端に少なく、自覚症状があったとしても、克服法を見つけることが困難です。そこで、蛙化現象に陥る原因をまとめてみました。

自虐的に物事を考える

蛙化現象の原因に、自虐的に物事を考えることがあります。誰もが自分自身に対して、何らかのコンプレックスを抱えているものです。しかし、コンプレックスに対して、ネガティブな思考が強くなり過ぎると、自虐的に物事を考えるようになります。

そのため、自分が好意を抱いている人から好かれることがあっても、「自分が好かれるはずがない」「騙されてるかもしれない」と疑心暗鬼になってしまうのです。挙句には、相手に対して、嫌悪感を抱くようになるのです。

恋愛に対して刺激ばかり求めている

恋愛に対して刺激ばかり求めることも、蛙化現象になる原因です。本来、恋愛とは両思いとなって、おつきあいを始めてからが楽しいものであり、心も充たされるものです。ところが、両思いになった途端に心が充たされ、気持ちが冷める人もいるのです。

そのため、両思いになると片思いだった頃のワクワク感が薄れていき、相手のことを「本当に好きなのだろうか」と自問自答するようになり、好かれることさえ疎ましく思うようになるのです。

つまり、「相手を振り向かせること」が達成できれば、相手に対する興味がなくなるだけでなく「嫌い」という感情が生まれ、他の相手を探すといった悪循環に陥るのです。

恋愛に対して過度な期待を抱いている

恋愛経験の少ない人は、恋愛に対して過度な期待を持つ傾向にあり、蛙化現象の原因となることも少なくありません。片思いをしている時は、相手のことを自分が理想とするパートナー像に仕立て上げてしまうのです。

そのため、いざ、両思いになってみると、現実と理想のギャップに耐えられなくなり気持ちが冷めるのです。本来、恋愛とは、相手の良い部分を発見するものですが、恋愛に対して過度な期待を持つ人は、相手の悪い部分ばかりが気になるようになるのです。

また、恋愛経験の少ない人は、恋愛を神格化している傾向も強く、プラトニック・ラブこそ究極だと考えています。そのため、手が触れただけでも、相手のことを「汚らわしい」と思ってしまうので、異性に好かれることすら疎ましく思うようになるのです。

ルックス重視で相手を好きになりやすい

相手の心の内を理解せず、ルックスだけで好きになってしまうのも、蛙化現象に陥る原因の一つです。こういった人は、外見重視なので、相手のことを最初から理解しようとは思っていません。

そのくせ、無意識のうちに相手に対して、自分にとって都合の良い虚像を作り上げています。そのため、両思いになると「こんなはずじゃなかった」と後悔するようになり、やがて相手への気持ちが冷めることにつながっていきます。

相手側からしてみれば、ケンカをしたわけでもなく、急に嫌悪感を抱かれてしまうので、どうすればよいのか困惑してしまうのです。

蛙化現象になりやすい女性の特徴

蛙化現象に陥りやすいのは、男性よりも女性に多い傾向にあるのが特徴的です。というのも、男性は好きな人ができると、素直に「好かれたい」「両思いになりたい」と思います。

しかし、女性心理とは、とても複雑なので他愛のないことで蛙化現象になりやすいのです。そこで、蛙化現象になりやすい女性の特徴をまとめてみました。

恋愛がゲーム化している

蛙化現象になりやすい女性に特徴として、まるで、ロールプレイングゲームを楽しむように、恋愛はゲームだと割り切っている人があげられます。こういった女性は、相手に好かれることにだけ神経を傾注しています。

そのため、相手に好かれると達成感が優先してしまい、急激に熱が冷めることになるのです。そこで、初めて現実に引き戻され「この人のこと、好きじゃない」と思うようになり、挙句には相手への想いが冷めるのです。

恋愛経験が少ない人に多い

恋愛経験が少ない人も、蛙化現象になりやすい人の特徴です。恋愛経験が少ないため、恋愛を神格化する傾向が強く、男性に対しても過度な期待をしてしまう傾向にあり、自分の理想から少しでもズレると許せません。

こういった女性は、厳格な家庭に育ち、女子校出身者に多く見られますが、特徴的なのは自分は絶対に正しいと思っていることです。自分が蛙化現象に陥っていることを気付かぬまま、男性に好かれることを避けるようになることも少なくないのです。

妄想癖になりやすい

何事も「たられば」で考える傾向が強い妄想癖の強いのも、蛙化現象に陥りやすい女性の特徴です。こういった女性は、恋に恋するタイプであり、未来の彼氏の彼氏に対する願望が強く、恋愛に対する妄想が頭の中で膨らんでいます。

そのため、せっかく相手に好かれることとなり両思いになっても、思い通りに事が運ばないと不平不満が爆発してしまい、相手への想いが冷めることになるのです。

好きな人と「お付き合いしたら」と考えるのは楽しい事ですが、妄想と現実の区別がつかなくなると、蛙化現象に支配されることになってしまうのです。

自己の肯定感が低い

蛙化現象に多い女性の特徴に、自己肯定感の低さもあげられます。自分に対する評価が低いため、常に「自分が好かれることはない」と考えています。そのため、いくら理想の男性に好かれても、心を開こうとしません。

さらに、特徴的なのは、自分が好かれるのは、世間的にも評価の低い男性からだと思い込んでいることです。そのため、お付き合いする男性が、理想とはかけ離れてしまうことも少なくありません。つまり、気持ちが冷めるのは必然と言えるのです。

蛙化現象のデメリット

蛙化現象になってしまうと、せっかく両思いになっても、徐々に相手への気持ちが冷めるのが特徴的ですが、蛙化現象のデメリットとは、具体的にどういったものがあるのでしょうか。ここでは、蛙化現象のデメリットとは何かを詳しく解説します。

恋愛を楽しむことができない

蛙化現象になってしまうと、素直に恋愛を楽しむことができないのが特徴です。片思いの時には、彼氏と過ごす時間のことを想像して幸せな気持ちになっていたものが、いざ両思いとなると気持ちが冷めることになるのです。

さらに、相手に対して嫌悪感すら増してきますので、恋愛を楽しむことができず、恋愛恐怖症に陥る人が多いのも蛙化現象のデメリットの特徴です。

周りから理解されず中傷される

蛙化現象に陥ると、両思いとなり、お付き合いを始めても短期間で別れてしまうため、周りからは「恋多き女性」「男性を手玉に取っている」と思われかねません。

「蛙化現象とは何か」といったことが、多くの人々に認知されていませんから、周りにはその苦しみが理解されません。そのため、中傷されても反論することもできず、自分一人で悩みを抱えることが多いのも蛙化現象のデメリットの特徴です。

相手の対する罪悪感に圧し潰されそうになる

人の感情とは、理屈だけではどうすることもできません。とりわけ、蛙化現象に陥ると、相手に対して罪悪感は抱くものの、一度「嫌い」になると「好き」には戻れないのです。

そのため、せっかく両思いになった相手に対する罪悪感が生まれ、心が圧し潰されそうになることも、蛙化現象のデメリットの特徴だと言えます。

蛙化現象になっていないかチェック!

蛙化現象の特徴は、ほとんど自覚症状がないため、自分でも気づかないまま、蛙化現象に陥っていることも少なくありません。しかし、放っておくと蛙化現象が進んでしまい、恋愛恐怖症になることもあります。そこで、簡単に蛙化現象をチェックする方法を紹介します。

手軽に出来る診断リスト

「蛙化現象とは何か」「自分はなっていないか」を診断するには、自分で以下の内容をチェックしてみましょう。自分に正直になって診断するのがポイントです。
 

チェック項目
恋愛は片思いの時期が一番楽しい
付き合い始めるとつまらないと感じることが多い
男性から手を触られただけで嫌悪感を感じる
ラインやメールが疎ましく感じる
彼氏から「冷たいね」と言われることが多い

上記の項目で3つ以上概要するようであれば、蛙化現象の危険信号だと言えますので、その原因を解明して克服法を試してみましょう。

友達に診断してもらうリスト

自分で診断するリストをチェックしたら、以下の友達に診断してもらうリストも試してみましょう。自分では気づかない蛙化現象の兆候などがわかるかもしれません。
 

チェック項目
片思いの相手の話はよく聞く
付き合い始めると彼氏との話を聞かなくなる
男性に対して免疫がないと感じる
彼氏からの連絡に「疎ましそうだ」と感じることがある
彼氏に対して「冷たいな」と感じることがある

上記の項目で3つ以上概要するとチェックされれば、蛙化現象の危険信号だと言えますので、その原因を解明して克服法を試してみましょう。

蛙化現象の克服法

両思いとなった人とは、心変わりなどせず、永く恋愛を楽しみたいものです。しかし、蛙化現象に陥ると、せっかく好きになった人を徐々に嫌いになってしまい、恋愛を楽しむことができないのが特徴です。

また、蛙化現象とは何か、またその原因を理解し、自分自身で克服法を試したいと思っても、どう対処すればよいのかわからず悩んでいる人が多いのも特徴です。そこで、誰でも簡単に実行できる、蛙化現象の克服法を紹介します。

高すぎる理想を持たない

蛙化現象の人とは、相手に対して非常に高い理想を持っているのが特徴です。それが少しでも崩れてしまうと、我慢できなくなる傾向にあります。こういった人は、相手の良い部分を見つけようとせず、自分の理想と異なる部分ばかりを見つけようとしています。

そこで、相手の良い部分を見つける努力をするのも良い克服法です。デートをした後、ラインやメールの後に、うれしかったことや彼の良い部分だけを探し出し、ノートに書き記すだけでも、ずいぶんと心の持ち方は変わるものです。

そして、時折このノートを読み返すことで、過去の良いイメージが呼び起こされ、相手に対する気持ちも安定しますから、蛙化現象も徐々に改善されていきます。

自分に自信が持てるようにする

蛙化現象の人とは、往々にして自分に自信がないため、理想の相手から告白されても、心を開くことができません。そればかりか、自分が馬鹿にされているのではないかと思い込んでしまい、相手に対する嫌悪感を生み出すのも特徴です。

そこで、自分に自信をつけるために、習い事を始めたり資格を取得するなど、新しい世界に飛び込んでみるのも一つの克服法です。成果が表れれば、大きな自信につながりますし、集中できるものがあれば、気持ちを落ち着かせることもできます。

また、日々の出来事を日記につけ、客観的に自分を褒めるのも良い克服法です。最初は、少し気恥ずかしい気持ちになりますが、思い切って自分を褒めてあげましょう。日々、積み重ねることによって、自分に自信がつくようになるものです。

蛙化現象になっても恋愛を捨てない

自分が蛙化現象に陥っていることを自覚できている人は、自分に対して嫌悪感を抱き、恋愛することをためらったり、恋愛恐怖症になってしまう人も少なくありません。しかし、恋愛を捨ててしまっても、蛙化現象を改善することはできません。

付き合い始めるまでの期間を長くしたり、付き合い始めてからも、相手と会う頻度を変えてみるなど、これまでとはパターンを変えることも良い克服法です。様々な経験をすることにもなりますし、そのことで理想と現実のギャップを埋めていく術も得ることができます。

大切なのは、恋愛を捨てることではありません。恋愛に真正面から向き合って、その本質を理解することこそ最良の克服法です。そうすれば、必然的に蛙化現象を改善することができるようになるのです。

彼氏に協力してもらう

付き合っている人がいるなら、自分が蛙化現象であることを告白するのも良い克服法です。彼氏に告白することによって、胸につかえていたものが取り除かれ、気持ちが楽になることもあります。

もちろん、彼氏もびっくりするかもしれませんが、蛙化現象とは何かを説明し、真剣に告白すればきっと理解してくれますし、その克服法に力を貸してくれるはずです。

蛙化現象を克服して恋愛を楽しみましょう

蛙化現象とは、両想いになったにも関わらず、相手のことを嫌いになる現象のことです。相手からすれば、冷たい態度に驚いてしまう現象ですが、本人にも気付いていないことが多く、放っておくと自己嫌悪に陥り、恋愛恐怖症になることもあります。

蛙化現象の克服法は、まずは自覚することです。自覚することによって、始めて克服法が見つかると言っても過言ではありません。大切なのは、蛙化現象になっても恋愛に対して前向きになることです。蛙化現象を克服して、大好きな相手と恋愛を楽しみましょう。
 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ