クールスモーキングの方法とは?吸い方のコツやおすすめのタバコなど!

あなたは、クールスモーキングというタバコの吸い方をご存知ですか?クールスモーキングとは、タバコをゆっくりと、煙があまり出ないように吸う方法です。以下では、クールスモーキングのコツや、クールスモーキングに適したおすすめの銘柄を紹介していきます。

クールスモーキングの方法とは?吸い方のコツやおすすめのタバコなど!のイメージ

目次

  1. 1クールスモーキングの方法や吸い方のコツ!おすすめのタバコも!
  2. 2クールスモーキングのメリットとデメリット
  3. 3クールスモーキングの方法
  4. 4クールスモーキングの吸い方のコツ
  5. 5クールスモーキングにおすすめのタバコの銘柄は?
  6. 6アイコスでもクールスモーキング!
  7. 7クールスモーキングをしてみよう!

クールスモーキングの方法や吸い方のコツ!おすすめのタバコも!

クールスモーキングとは、タバコをできるだけゆっくりと、あまり煙を出さないように吸う方法です。以下では、クールスモーキングの方法や吸い方のコツを紹介していきます。また、クールスモーキングに適したタバコのおすすめ銘柄を3つ紹介していくので、参考にしてみてください。

クールスモーキングのメリットとデメリット

まずは、クールスモーキングのメリットとデメリットを紹介していきます。クールスモーキングには、以下で挙げるように主に3つのメリットがあります。クールスモーキングはメリットの多い吸い方なのです。一方で、デメリットも存在するので、以下で詳しく紹介します。

メリット①タバコの単価を抑えられる

クールスモーキングの最初のメリットは、タバコの単価を抑えることができる点です。クールスモーキングの鉄則は、とにかくタバコをゆっくりと吸うことです。タバコをゆっくりと吸って、タバコを味わうのです。タバコのために、ある程度の時間を割くことがポイントです。

クールスモーキングの吸い方に慣れてくると、タバコ1本にかける時間が長くなることでしょう。何本も一気に吸うことが少なくなっていくはずです。このように、1本1本にじっくりと時間をかけてふかしていくと、当然のことながら、タバコの減りも少なくなります。

ですから、クールスモーキングをすることで、購入するタバコの量が確実に減ることになります。タバコ1本にかける時間が長くなるので、コスパが良くなるのです。そして、喫煙の間隔があけばあくほど、タバコ代が節約されていくことになるでしょう。

メリット②喫煙回数が減る

クールスモーキングの続いてのメリットは、喫煙回数が減る点です。クールスモーキングを続ければ、タバコ1本にかける時間が長くなるので、当然、喫煙回数は減ることになります。クールスモーキングは、隙があれば一服しようというふかし方ではありません。

クールスモーキングは、タバコ1本をどこまでじっくり楽しめるのか、という意識で吸うふかし方なのです。一番大切なことは、タバコのふかし方に対する意識の変革です。タバコを次から次へとふかし続けることより、1本にどこまで向き合えるかが重要なポイントなのです。

クールスモーキングの考え方が身についてくると、1日2~3本で、満足できるようになることでしょう。タバコをいかに深く味わってふかしていくかを考え続ければ、量ではなく質に意識が向かうはずです。たばこを惰性で吸う意識とは決別しましょう。

メリット③タールの吸入量が減る

クールスモーキングの続いてのメリットは、タールの吸入量が減るという点です。すでに見てきたように、クールスモーキングを続ければ、タバコ1本にかける時間が増えるため、必然的に、タバコの本数が激減します。これは、タールの吸入量が減ることを意味します。

クールスモーキングでは、タバコ1本とどれだけ向き合えるかを重視します。タバコをたくさん吸うことより、タバコ1本をどれだけ味わえるかに力点があるのです。ですから、タバコの本数は少なくなり、結果として、タールの吸入量が激減します。

クールスモーキングは、禁煙につながることもありえます。タバコを暇さえあれば吸っていた人が、クールスモーキングの考えに変わり、一日に2本程度で満足できる場合もあるのです。一気に禁煙しようとして失敗を繰り返すくらいなら、クールスモーキングを実践しましょう。

デメリット①火が付きにくい

クールスモーキングのメリットを3つ紹介してきましたが、クールスモーキングには、デメリットも存在します。クールスモーキングのデメリットは、火が付きにくいという点です。火が付きにくいために、ストレスを感じてしまうかもしれません。

たとえば、クールスモーキングに適した銘柄と言われている「アメリカンスピリット」の場合、葉に燃焼促進剤が含まれていないため、非常に着火しづらいのです。ただ、このことが燃焼速度を遅くすることに一役買っているため、クールスモーキングには適していると言えます。

クールスモーキングの方法

クールスモーキングのメリットとデメリットを見てきましたが、続いては、クールスモーキングの方法を詳しく紹介します。クールスモーキングをするときには、両切りタバコを使います。そして、火を遠ざけて息を吸いながら着火することがポイントの一つです。

両切りタバコを使う

クールスモーキングをするときには、両切りタバコを使用しましょう。クールスモーキングには、タール10以上の両切りタバコが向いていると言われています。いきなり両切りの強いタバコを使うのは敷居が高いと感じられるようなら、徐々に変えてみるとよいでしょう。

火を遠ざけて息を吸いながら着火

クールスモーキングでは、火を遠ざけて、息を吸いながら着火するようにしましょう。これによって、最初の一服における燃焼温度をかなり低めに抑えることができます。そして、くわえ方に関してですが、深くくわえすぎないように注意しましょう。

クールスモーキングをするときは、タバコを深くくわえてはいけません。深くくわえすぎると、吸引する力がかかり、燃焼温度を上げてしまいます。両切りタバコの場合、唇で濡らさないように気を付けながら、浅くくわえるようにしましょう。

呼吸よりゆっくりと吸う

クールスモーキングをするときは、呼吸よりもゆっくりと吸いましょう。タバコの先端が、だいたい0.5mmほど赤く燃えたら、口からタバコを話しましょう。もう少し強い味を味わいたければ、もう少し吸っても構いませんが、1mmは吸いすぎだと言えるでしょう。

このような吸い方は、火種を小さく保つためです。火種を小さく保てば、燃焼温度を低く抑えることができます。1回あたりの数時間は、1秒未満が目安だと考えておきましょう。コツは、ゆっくりと少しずつ吸うことです。クールスモーキングの吸い方を実践していきましょう。

クールスモーキングの吸い方のコツ

クールスモーキングの方法を詳しく見てきましたが、続いては、クールスモーキングの吸い方のコツを見ていきましょう。クールスモーキングの吸い方には、いくつかのコツがあります。以下では、クールスモーキングの吸い方のコツを3つ紹介するので、意識してみてください。

熱いスープを連想しながら吸う

クールスモーキングのコツは、熱いスープを連想しながら吸うことです。熱いスープを飲む時を想像してみましょう。熱いスープを一気に飲もうとしたら、間違いなくやけどをしてしまいます。やけどにならないように、少しずつ口にしていくはずです。

クールスモーキングでタバコを吸うときは、熱々のスープを吸うように、少しずつ吸いましょう。吸った煙をすぐには吐き出さず、口の中にしばらく留めておきましょう。そして、舌の上を転がすように味わうことをお勧めします。

煙が出ないように吸う

クールスモーキングにおける続いての吸い方のコツは、煙が出ないように吸うことです。クールスモーキングでは、吸った煙をすぐには吐き出さないようにしましょう。舌の上で転がすように味わったら、煙がなるべく出ないように吐き出します。

口の中にためた空気を、口から吐き出すのではなく、口を閉じたまま、優しく外に出す感じでふかしましょう。このように吐き出すことで、タバコの味わいを深く感じられるはずです。クールスモーキングでは、常に、ゆっくりじっくりふかしていくことがポイントととなります。

甘みを感じられるふかし

続いてのコツは、甘みを感じられるようなふかしを意識することです。上記のように、着火してから吸引するまで、そして、ためて吐き出す一連の流れを、かなり意識してゆっくりと行うと、甘みすら感じることができるはずです。これがクールスモーキングの醍醐味なのです。

クールスモーキングでは、ゆっくりじっくり1本のタバコと向き合うことで、甘みを感じるふかしが実現できるのです。クールスモーキングに慣れるには、実践あるのみです。何度も試してみれば、徐々にコツがつかめるでしょう。甘みを味わえるふかしを堪能してみてください。

クールスモーキングにおすすめのタバコの銘柄は?

クールスモーキングの吸い方のコツを見てきましたが、続いては、クールスモーキングをするときのおすすめのタバコの銘柄を紹介してきます。タバコには、クールスモーキングに向いているタバコとそうでないタバコが存在します。以下では、3つのおすすめの銘柄を紹介します。

「アメリカンスピリット」

最初に紹介する、クールスモーキングにおすすめの銘柄は、「アメリカンスピリット」です。「アメリカンスピリット」は、根強い人気に支えられている銘柄です。「アメリカンスピリット」が人気の理由の一つは、化学薬品を全く使用していないからです。

「アメリカンスピリット」は、化学薬品のない、100パーセント無添加のタバコなのです。そのため、健康を意識した多くの人達が、「アメリカンスピリット」を好んで吸っています。すでに述べたように、葉に燃焼促進剤が含まれていないので、着火しづらいというデメリットはあります。

しかし、着火しづらいということは、タバコを吸った時の燃焼温度を遅くすることを意味するので、クールスモーキングをする上では、非常に適しているタバコと言えそうです。クールスモーキングを始めようとしているならば、この銘柄がおすすめだと言えます。

「ショートピース」

続いて紹介する、クールスモーキングに適したおすすめ銘柄は、「ショートピース」です。「ショートピース」は、タールを28mg、ニコチンを2,3mgそれぞれ含んでいます。圧倒的なパワーを持ったタバコと言えるため、クールスモーキングに適していておすすめであると考える人も多いのです。

ちなみに、20本入りの銘柄で「ピース」という名前のタバコがありますが、「ピース」はフィルター付きなので注意しましょう。ピースファミリーにはいくつかの銘柄がありますが、愛煙家の間では、ピースと言えば、「ショートピース」を指すようです。

「ピースクラシック」

続いて紹介するおすすめ銘柄は、「ピースクラシック」です。「ピースクラシック」は、2016年に、ピース生誕70周年を記念して、JTが特別に発売したプレミアタバコです。20本で1500円という破格の値段でしたが、残念ながら、2019年現在では、店舗で販売されていません。

「ピースクラシック」は、ピースの原点であるバージニア葉の格別なブランドで作られていました。「ピースクラシック」は、平型缶に収められており、購入者には、「ピースクラシック」を、専用の紙の下げバッグに入れて手渡されたそうです。

「ピースクラシック」を味わった人の意見としては、着火する前から香りがして、価格に見合っていた、というものが多数を占めたそうです。限定発売された、1500円の「ピースクラシック」は、今でも語り草となっています。

アイコスでもクールスモーキング!

クールスモーキングをするときのおすすめの銘柄を見てきましたが、続いては、アイコスでもクールスモーキングできることを紹介します。アイコスは、タバコの代替品としてかなり支持されていると言えるでしょう。そんなアイコスでクールスモーキングしてみましょう。

煙が出ないのが共通

アイコスとクールスモーキングには、煙が出ないという共通点があります。アイコスは、全く火をつけないでタバコの葉のカートリッジを300℃前後で加熱し、蒸気を出しています。それを効率よく吸うことで、従来のタバコと似た感覚を味わえるのです。

アイコスでは、燃焼していないので、ふかしても煙が出ません。クールスモーキングでも、できるだけ激しい燃焼を避けようという考え方をしています。そういう意味では、アイコスとクールスモーキングは似ていると言えます。両者とも、吸う間隔がある程度空いてくるのです。

適した温度を味わえる

アイコスであれば、適した温度が味わえるのです。紙巻タバコの先端の燃焼温度は、900℃以上になると言われています。クールスモーキングでは、このような高温を避け、煙がほとんど出ないようにすることを目標としているのです。

アイコスの加熱温度は、300℃程度に抑えられています。この温度は、電子タバコの中では、比較的高音と言えます。しかし、この温度は、クールスモーキングの適温に最も近いと言えるのです。結果として、アイコスは、クールスモーキングに非常に向いていると言えるでしょう。

クールスモーキングをしてみよう!

クールスモーキングについて詳しく見てきました。クールスモーキングでは、タバコをゆっくりと時間をかけて味わうことを意識しています。このような吸い方が慣れてくれば、吸うタバコの本数も減り、タバコにかけるお金も少なくて済むことでしょう。

暇さえあれば、タバコを次から次へと吸うような習慣は少しずつ少なくしていきましょう。クールスモーキングの考え方を取り入れてみれば、徐々に少ない本数でも満足感を得られるようになっていきます。クールスモーキングで、1本1本のタバコをじっくりと味わってみましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ