ボールルームへようこその作者•竹内友とは?休載理由は病気?復帰が決定?

あなたは、「ボールルームへようこそ」の作者である竹内友さんを知っていますか?「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんは、Twitter上で休載を発表しました。竹内友さんが休載した理由や、竹内友さんが復帰が決定したことを紹介します。

ボールルームへようこその作者•竹内友とは?休載理由は病気?復帰が決定?のイメージ

目次

  1. 1「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友とは?休載理由や復帰について
  2. 2「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友とは?
  3. 3「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の経歴
  4. 4竹内友の「ボールルームへようこそ」はどんな漫画?
  5. 5竹内友が「ボールルームへようこそ」を休載した理由とは?
  6. 6「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の休載に対してファンの声は?
  7. 7「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の病気の真相とは?
  8. 8「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の復帰が決定?
  9. 9「ボールルームへようこそ」をこれからも楽しもう!

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友とは?休載理由や復帰について

「ボールルームへようこそ」という漫画をご存知でしょうか?以下では、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんとはどういう人物なのかを経歴とともに紹介し、竹内友さんが休載した理由や、復帰が決定したことなどについて詳しく説明していきます。

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友とは?

まずは、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんとはどういう人物なのかについて見ていきましょう。以下では、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんのプロフィールを表にしてまとめます。ただ、竹内友さんのはっきりとした年齢などは残念ながら不明です。

竹内友のプロフィール

竹内友のプロフィール
 

本名 竹内友
生年月日 ?年3月9日
年齢
(2019年現在)
不明
活動内容 漫画家
代表作 隣の肖像

日本の女性漫画家である竹内友さんは、群馬県前橋市出身で、武蔵野美術大学を卒業されています。竹内友さんの漫画のジャンルは、少年漫画です。2009年に、「月刊少年マガジン増刊 月マガGREAT」(講談社)掲載の「隣の肖像」で漫画家デビューを果たしました。

2011年に、「月刊少年マガジン」(講談社)12月号から「ボールルームへようこそ」の連載を開始しました。以下で詳述するように、体調不良により、休載を余儀なくされていますが、2017年2月号から再開し、「ボールルームへようこそ」のファンを大いに喜ばせました。

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の経歴

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんのプロフィールを見てきましたが、続いては、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんの経歴を見ていきましょう。竹内友さんは、武蔵野美術大学を卒業し、2009年に漫画家としてデビューを果たしました。

武蔵野美術大学を卒業

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんは、武蔵野美術大学を卒業されています。生年月日が不明なので、武蔵野美術大学を卒業した年も不明です。「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんは、SNS上で自分に関する情報を発信することは少ないようです。

最近では、多くの漫画家がSNSを使って情報発信していますが、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんのプライベートは謎に包まれているのです。竹内友さんが、武蔵野美術大学を卒業したことは事実のようなので、竹内友さんの最終学歴は少なくとも分かっていると言えます。

大学生当時の竹内友さんは、大学の4年間を漫画家としてデビューするために費やそうと考えていたそうです。漫画家の夢を抱いていた竹内友さんでしたが、先輩が躍っている姿に心を奪われてしまいます。そして、結局、競技ダンス部に入部することにしたのです。

この時の経験が、のちの「ボールルームへようこそ」に存分に生かされることになります。「ボールルームへようこそ」で描かれるスピード感や躍動感には素晴らしいものがあります。作者の竹内友さん自身が体で感じたことだからこそ、ダンスをリアルに描き切れたのでしょう。

2009年「隣の肖像」で漫画家デビュー

漫画家を志していたにもかかわらず、競技ダンス部に入部し、ダンスに明け暮れた竹内友さんは、武蔵野美術大学を卒業します。ただし、生年月日すら不明な竹内友さんが、何年に武蔵野美術大学を卒業したかは全くの不明です。

大学を卒業した竹内友さんは、2009年、「隣の肖像」で漫画家としてデビューを果たします。竹内友さんが描いた「隣の肖像」は、「月刊少年マガジン増刊 月マガGREAT」に掲載されました。竹内友さんは、夢だった漫画家としてのデビューをついに果たしたのです。

2011年から「ボールルームへようこそ」連載

2009年に漫画家としてデビューを果たした竹内友さんは、2011年から「ボールルームへようこそ」の連載をスタートさせます。競技ダンスをテーマとする「ボールルームへようこそ」は、2011年に発売された「少年マガジン」12月号から、連載されたのです。

竹内友さんの「ボールルームへようこそ」は、画力が素晴らしいと大変な評判を呼んでいます。高い評価を受けるのは、美術大学を卒業された竹内友さんの絵が素晴らしいからでしょう。竹内友さんは、体調不良で休載に入りますが、休載中も「連載中」扱いだったのです。

「ボールルームへようこそ」のファンブックが話題に

「ボールルームへようこそ」は何度休載しても、ファンからの支持がなくなることはありませんでした。2018年2月16日には、「公式ファンブック」が発売され、大きな話題となりました。「ボールルームへようこそ」に根強いファンがいることが明らかとなったのです。

公式ファンブックには、「ボールルームへようこそ」に登場するキャラクターの細かい設定が書かれていたり、未公開の絵などが掲載されていました。そのため、この「ボールルームへようこそ」の公式ファンブックの情報は、ファンたちに瞬く間に広まりました。

竹内友の「ボールルームへようこそ」はどんな漫画?

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんの経歴を見てきましたが、続いては、竹内友さんが描いた「ボールルームへようこそ」はどんな漫画なのかについて詳しく見てきましょう。「ボールルームへようこそ」は、競技ダンスをテーマにした漫画なのです。

「月刊少年マガジン」の人気漫画

竹内友さんが描いた「ボールルームへようこそ」は、「月刊少年マガジン」(講談社)に掲載された人気漫画です。作者の竹内友さんにとって初の単行本である「ボールルームへようこそ」の第1巻は、2012年5月17日に発売されました。

作品名である「ボールルームへようこそ」に出てくる「ボールルーム」とは、ホテルなどの「舞踏室」を指している言葉で、この「ボールルーム」が漫画の主要舞台となります。竹内友さんは、この漫画で、美大で鍛えた画力を見せつけたのです。

競技ダンスがテーマ

竹内友さんの「ボールルームへようこそ」は、競技ダンスがテーマとしている漫画です。竹内友さんは、武蔵野美術大学時代に、競技ダンス部で、競技ダンスに打ち込みました。「ボールルームへようこそ」は、その競技ダンス部での経験が存分に発揮された漫画なのです。

「ボールルームへようこそ」の素晴らしさは、そのダンスシーンのリアルさです。「ボールルームへようこそ」の作者である竹内友さん自身が、実際に競技ダンスを何年も体験していることが関係しているのでしょう。「ボールルームへようこそ」には、リアルな描写があふれています。

「ボールルームへようこそ」のあらすじ

では、「ボールルームへようこそ」のあらすじを簡単にご紹介しましょう。「ボールルームへようこそ」の主人公は、将来の夢もなく、日々を無気力に過ごしている中学3年生の「富士田多々良」です。主人公は運悪くカツアゲに遭ってしまうのです。

富士田多々良は、カツアゲの被害に遭っていたところを、偶然通りかかったプロダンサーの仙石要に助けてもらいます。仙石要と出会ったことで、富士田多々良は社交ダンスと出会うことになったのです。富士田多々良は、日々をただ無気力に過ごしているだけの自分を変える決心をします。

富士田多々良は、自堕落な生活を改め、思い切って社交ダンスの世界に飛び込むことを決めます。富士田多々良は、自分は場違いな存在だと感じながらも、スタッフから見せられたビデオを見て、ダンスの虜になっていきます。富士田多々良は仙石要に弟子入りしたのです。

主人公の富士田多々良の周りには、プロのダンサーを目指している同級生の花岡雫や、富士田多々良のライバル的な存在である兵藤清春らがいます。彼らから刺激を受けながら、富士田多々良は、次第にダンスの才能を開花させていくのです。

スピード感や躍動感に高い評価

竹内友さんが描く「ボールルームへようこそ」は、競技ダンスのスピード感や躍動感が見事に描かれており、非常に高い評価を集めています。竹内友さんは、この漫画で、さすが美大を卒業しているだけのことはある、と思わせるような画力を遺憾なく発揮しているのです。

「ボールルームへようこそ」では、非常に細かい部分まで、精密に描かれているのです。特に、競技ダンス漫画の醍醐味である、ダンスシーンは圧巻と言えるでしょう。ダンスのスピード感や躍動感が読み手に伝わり、実際にダンスを見ているかのように感じられると言われています。

「ボールルームへようこそ」はアニメ化も

多くの人気を集めた「ボールルームへようこそ」は、アニメ化もされています。2013年、「ボールルームへようこそ」は、「このマンががすごい!オトコ編」で第9位に入りました。また、「マンが大賞」では第2位にランクインしたのです。

「ボールルームへようこそ」は、連載からほどなくして、大変な勢いで人気漫画の仲間入りを果たしました。しかも、その人気は、回を重ねるごとに高まっていったのです。そうしたことが積み重なり、2017年、ついに「ボールルームへようこそ」のアニメ化が発表されました。

2017年1月1日、「ボールルームへようこそ」のアニメ化が発表され、板津匡覧さんが監督を務めた「ボールルームへようこそ」のアニメが、2017年7月から2007年12月まで放送されました。「ボールルームへようこそ」はアニメ化を通して、さらに人気を拡大させていきます。

竹内友が「ボールルームへようこそ」を休載した理由とは?

竹内友さんの「ボールルームへようこそ」がどんな漫画なのかについて見てきましたが、続いては、竹内友さんが「ボールルームへようこそ」を休載した理由が何なのかについて見ていきましょう。竹内友さんが突然、休載を発表したのには、どんな理由があったのでしょうか?

2015年4月Twitterで休載を発表

竹内友さんは、2015年4月に、Twitterで「ボールルームへようこそ」を休載することを発表します。実は、それ以前にも「ボールルームへようこそ」を休載したことはありました。竹内友さんは、これまでの1年間の間に心身ともに色々とあったことを赤裸々に明かしたのです。

その上で、「ボールルームへようこそ」のページ数を多く描くことが困難な状況であると述べています。発表時に、「ボールルームへようこそ」が大事なシーンに入っていく展開だったため、この休載の決断が、苦渋のものだったのだろうと考えられています。

このTwitterでの発表では、竹内友さんが「心身ともに」の部分の詳細を説明しませんでした。病気を患っていることも公表しなかったため、「うつ病なのではないか?」と言われるようになってしまったのです。ファンはこの発表に大いに、不安を募らせました。

Twitterで制作スケジュールの遅れと公表

「ボールルームへようこそ」の公式Twitterが、2015年10月6日に更新されました。その中で、公式Twitterは、「少年マガジン」11月号に掲載されるはずだった「ボールルームへようこそ」が休載となっていることを報告しています。

そして、Twitterで、制作スケジュールの遅れが休載の理由であることを公表したのです。2015年4月の段階で、「ボールルームへようこそ」の作者の竹内友さん自身が、ページ数を多く描けないことを明かしていたため、制作が追い付かなくなったためと考えられました。

「ボールルームへようこそ」の休載については、「ボールルームへようこそ」が掲載されている「月刊マガジン」の中でも報告されました。「ボールルームへようこそ」の多くのファンは、休載が多いことに理解を示し、竹内友さんが元気に戻ってくることを祈ったのでした。

体調不良での休載を発表

2018年3月6日に発売された「月刊少年マガジン」4月号に掲載される作品の制作中に、竹内友さんが体調不良になってしまい、4月号は休載となっています。「ボールルームへようこそ」の公式Twitterは、ファンへの謝罪と5月号への掲載再開を目指していることを発表しました。

竹内友さんの体調不良の詳細は不明です。何らかの病気を患っている可能性も排除できません。プライベートなことを公表しないタイプの漫画家なので、病気だとしても公表はしないのかもしれません。ファンは、体調不良が病気なのか否かも分からず、不安を抱えたことでしょう。

休載理由はアシスタント不足とも

実は、「ボールルームへようこそ」の休載の理由は、アシスタントが不足しているせいではないかともささやかれています。竹内友さんが体調不良を公表する前の2014年5月、竹内友さんは、作画アシスタントの募集を考えていることをTwitterで明かしています。

その後、公式Twitter上で、アシスタントが募集されます。人気漫画「ボールルームへようこそ」のアシスタントということもあって、すぐにアシスタント希望者がが殺到して、募集が締め切られるかと思われましたが、2015年4月になっても募集は続いていたのです。

2015年11月に、竹内友さんは、アシスタントを募集している理由を明かしています。「以前お世話になっていたアシさんがご実家に帰られて、その穴埋めができていないんですよね」と吐露し、アシスタントを確保するのが難しい現状を嘆いています。

このように、竹内友さんが、非常に長い間、アシスタントを募集していることを知っているファンたちは、竹内友さんの体調不良の理由は、アシスタント不足ではないかと考えているようです。アシスタントがいないせいで、竹内友さんにかかる負担は大きかったのでしょう。

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の休載に対してファンの声は?

続いては、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんの休載に対してファンの声はどういうものだったのかについて見ていきましょう。「ボールルームへようこそ」は非常に人気があった漫画なので、ファンたちの間では復帰を望む声が多いようです。

復帰を望む声が多い

「ボールルームへようこそ」が休載されることに対して、ファンの間では、竹内友さんの体調を心配する声が溢れました。作者の体調不良が理由である以上、ファンとしては、作者の体調が戻り、元気に復帰されることを望むことしかできないのでしょう。

SNS上では、竹内友さんの体調を心配する声と、漫画が非常に面白かったので続きが早く見られるように祈っているとする声が目立ちます。競技ダンスを躍動感たっぷりに描いていた「ボールルームへようこそ」には、根強いファンがいるようです。

連載終了を心配する声も

ファンの声の中には、連載終了を心配する声もあります。作者の体調不良が原因ということは、作者の体調が戻らなければ、連載は終了してしまうことになります。「ボールルームへようこそ」には根強いファンがいるようで、連載終了を危惧する声が目立ちます。

竹内友さんが、何らかの病気を患っている場合は、連載を継続させることが困難になることも考えられます。竹内友さんは、自身の体調について詳しいことを公表していません。ファンからすれば、重い病気を患っている可能性もあるため、不安感が消えないことでしょう。

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の病気の真相とは?

続いては、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんの病気の真相について見ていきましょう。竹内友さんは、「ボールルームへようこそ」の連載が開始されたときから、何度も休載しています。竹内友さんは、うつ病を患っているのではないかと言われていますが、どうなのでしょうか?

連載開始から度重なる休載

「ボールルームへようこそ」は、実は、何度も休載になっています。休載されたのは、一回だけではないのです。「ボールルームへようこそ」が連載をスタートさせたときから、幾度となく休載と再開が繰り返されている、ある面で、珍しい漫画なのです。

「ボールルームへようこそ」は、何度も休載しているので、「ボールルームへようこそ」のファンは、休載に対して、それほど驚かなくなっているようです。これほど、不定期の休載が繰り返されるということは、竹内友さんの体調がずっと良くないままであるということなのでしょう。

うつ病を患っている?

「ボールルームへようこそ」のファンの中には、竹内友さんの体調不良は、実は、うつ病なのではないかと考えている人もいるようです。「ボールルームへようこそ」のファンがこのように思うのには、根拠がないわけではありません。

実際、「ボールルームへようこそ」の作者である竹内友さん自身が、Twitterで「心身ともに」という表現を使ったことがありました。ファンたちは、このTwitterで、体力的に辛いだけでなく、精神的にもきついのだろうと考えたのです。

Twitterで半年の寝たきり生活を報告

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんは、Twitterで半年間の寝たきり生活を報告しました。半年という非常に長い間寝たきりで過ごすのは、ちょっとした体調不良ではありません。ファンたちは、この短いTwitterに、非常に心を痛めたのです。

死を覚悟した瞬間も?

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんは、死を覚悟した瞬間もあったようです。竹内友さんは、Twitterで、「まさか生きて新刊が出せるとは思っていなかった」と述べています。この表現は、竹内友さんの体調が非常に深刻なものだったことをうかがわせます。

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友の復帰が決定?

続いては、「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんの復帰が決定したことを見ていきます。竹内友さんは、Twitterで、復帰を報告しました。そして、アシスタント募集を継続させています。竹内友さんの復帰に対して、ファンはどのように反応したのでしょうか?

Twitterで復帰を報告

病気で休載していた竹内友さんは、2019年5月13日、自身のTwitterで復帰を報告しました。竹内友さんは、「長らくお休みをさせていただきましたが、お仕事を再開しました。単行本修正などをしながら少しずつ進めているところです。」と述べています。

アシスタントも募集

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんは、仕事の再開を報告しました。そして、2019年5月16日のTwitterで、アシスタントの募集も再開させています。竹内友さんは、「私と一緒に働いてくださる方、漫画のアナログ作業が好きな方、ご連絡くださいませ。」と書いています。

復帰に対するファンの反応は?

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんの復帰に対して、「ボールルームへようこそ」のファンたちは、一様に喜びの反応を見せています。ファンたちは、長い間漫画の再開を待ったために、今回の復帰を心待ちにしていたようです。

「ボールルームへようこそ」をこれからも楽しもう!

「ボールルームへようこそ」の作者・竹内友さんについて詳しく見てきました。「ボールルームへようこそ」は、作者の竹内友さんの病気により、休載されていました。しかし、つい最近になって、竹内友さんが仕事に復帰されたことが分かっています。

作者の病気による休載に、「ボールルームへようこそ」のファンは心配を募らせたことでしょう。病気が治らなければ、連載が終了することも考えられるからです。結局、竹内友さんの病気の状態は不明ですが、仕事に復帰できるくらいには回復したようです。

これからも「ボールルームへようこそ」を楽しみにしていきましょう。これから先も、病気等で休載になるかもしれません。しかし、竹内友さんも、ファンの存在が心の支えになっているに違いありません。病気を完全に克服できるように、祈っているファンは多いでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ