たい焼きのカロリーや糖質を解説!ダイエット中に食べても大丈夫?

甘くて美味しいたい焼きのカロリーや糖質は、どれくらいあるのでしょうか?また、たい焼きはダイエット中に食べても大丈夫なのでしょうか?そこで、たい焼きのカロリーや糖質、ダイエット中に食べても大丈夫?などを詳しく解説していきましょう。

たい焼きのカロリーや糖質を解説!ダイエット中に食べても大丈夫?のイメージ

目次

  1. 1たい焼きのカロリーや糖質・ダイエット中に食べても大丈夫かを解説!
  2. 2たい焼きのカロリーや糖質は?太る?
  3. 3たい焼きの中身別のカロリーは?
  4. 4市販のたい焼きのカロリーを比較
  5. 5たい焼きと他のスイーツとの比較
  6. 6たい焼きのダイエット効果とは?
  7. 7たい焼きのダイエット効果を高める食べ方とは?
  8. 8ダイエット中におすすめの中身とは?
  9. 9たい焼きの注意点とは?
  10. 10小豆あんのたい焼きはダイエット効果あり!

たい焼きのカロリーや糖質・ダイエット中に食べても大丈夫かを解説!

甘くて美味しいたい焼きは、昔からある人気のスイーツです。子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで幅広く支持を得ています。そんな甘くて美味しいたい焼きの中身もあんこだけでなく、カスタードやチョコなど種類が多くなってきました。

そこで、たい焼きのカロリーや糖質はどれくらいあるのでしょうか?また、ダイエット中にたい焼きを食べても大丈夫なのでしょうか?たい焼きのカロリーや糖質、ダイエット中に食べても大丈夫か?などをご紹介していきましょう。

たい焼きは、日本のみならず海外から来ている人にも人気のスイーツですが、たい焼きの中身によっては意外なダイエット効果もあるようです。たい焼きも食べ方次第でダイエットに貢献してくれるかもしれません。

たい焼きのカロリーや糖質は?太る?

商品名 カロリー(100g) 糖質(100g)
たい焼き 232kcal 40.3g

甘くて美味しいたい焼きのカロリーや糖質は、どれくらいなのでしょうか?甘くて美味しいたい焼きをダイエット中に食べると太るのでしょうか?たい焼きのカロリーや糖質をご紹介します。たい焼きのカロリーや糖質は上記の表の通りです。

上記のたい焼きのカロリーや糖質は、通常のレシピに沿って作ったもので、中身はあんこになっています。たい焼きは1個あたりの平均のカロリーは約220kcalですが、100gあたりで計算すると上記のようになり、高カロリーな食べ物に入るでしょう。

さらに、中身がカスタードやチョコレートなどになると糖質やカロリーはさらに高くなりますので、たい焼きを食べると太るという認識になるのです。しかし、たい焼きを食べると太るのでしょうか?それらについても詳しくご紹介していきましょう。

たい焼きの中身別のカロリーは?

中身 カロリー(100gあたり)
小豆あん 325kcal
白あん 325kcal
カスタード 315kcal
八女茶あん 290kcal

あんこの入った定番のたい焼きのカロリーは、232kcalとなっています。最近のたい焼きは中身の種類も充実していますので、たい焼きの中身によってもカロリーや糖質は異なるので食べる時は注意が必要です。

ここでは、たい焼きの中身別のカロリーをご紹介していきましょう。たい焼きの中身別のカロリーは、上記の表の通りです。定番の小豆あんのカロリーが一番高くなっていることに驚く人もいるでしょう。

カスタードの方が小豆あんよりもカロリーが高いイメージがありますが、実際はそうでもないのです。たい焼きは、高カロリーな小豆あんを生地で包んでいるので、高カロリーな商品になります。たい焼きを食べる時は、中身のチョイスも重要になるでしょう。

市販のたい焼きのカロリーを比較

商品名 カロリー
ローソン・もっちりとした白いたい焼き(カスタード) 170kcal
セブンイレブン・(冷凍)たい焼き 204kcal
ファミリーマート・カスタードたい焼き 213kcal

コンビニなどで売られている市販のたい焼きのカロリーは、どのようになっているのでしょうか?コンビニなどで売られている市販のたい焼きのカロリーをご紹介していきましょう。コンビニなどで売られている市販のたい焼きのカロリーは、上記の表の通りです。

コンビニのたい焼きは一見カロリーが低いように感じますが、一般的なたい焼きのサイズよりも一回り小さくなっています。ダイエット中で太るのを気にしているのであれば、少量サイズのコンビニのたい焼きが良いかもしれません。

ちなみに、銀だこさんから登場している最近人気のクロワッサンたい焼きのカロリーはどれくらいなのでしょうか?銀だこさんから登場している人気のクロワッサンたい焼きのカロリーは、336kcalとなっています。さすが24層のクロワッサン生地はカロリーも高いです。

たい焼きと他のスイーツとの比較

商品名 カロリー
たい焼き 220~350kcal
ショートケーキ 360kcal
チョコレートケーキ 400kcal
カステラ 140kcal
バニラアイスクリーム 230kcal
クレープ 300~400kcal
あんみつ 180kcal
わらび餅 170kcal

たい焼きは意外とカロリーが高いスイーツですが、その他のスイーツを比較してみるとカロリーはどうでしょうか?たい焼きと他のスイーツとのカロリーの比較をご紹介していきましょう。たい焼きと他のスイーツとのカロリーの比較は上記の表の通りです。

やはり、たい焼きは、ショートケーキ同様にカロリーが高いスイーツの一つになっています。たい焼きのサイズや中身によってカロリーは異なりますが、基本的にはカロリーが高いスイーツと考えて間違いないでしょう。

それゆえに、たい焼きを食べると太ると感じてしまうのは、仕方のないことです。しかし、たい焼きは食べ方次第ではダイエット効果を望むことができます。太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果とは何でしょうか?たい焼きのダイエット効果を探りましょう。

たい焼きのダイエット効果とは?

食べると太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果には、どのようなものがあるのでしょうか?食べると太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果をご紹介していきましょう。

小豆のポリフェノールが血行促進

食べると太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果として、小豆のポリフェノールが血行を促進するというのがあります。たい焼きの中身に使用されているあんこの原料は小豆です。小豆には、ポリフェノールという成分がたっぷり含まれています。

このポリフェノールという成分には、血行を促進してくれる効果があり、あんこを食べることで血行を良くすることができるのです。小豆のポリフェノールという成分によって、血行が促進されて血液中に含まれている栄養素や酸素が身体の隅々まで行き渡ります。

その結果、身体の働きを活発にさせて、基礎代謝を高めることができるのです。基礎代謝が高まると、1日における消費カロリーを高くすることができます。それゆえに、痩せやすくなるので、たい焼きを食べてもダイエット効果が期待できるでしょう。

小豆のサポニンがむくみを解消

食べると太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果として、小豆のサポニンがむくみを解消してくれます。小豆には、ポリフェノールの他に、サポニンという成分も豊富にも含まれています。

サポニンには、身体に生じたむくみを解消したり、予防したりする効果が期待できるのでダイエットの大敵であるむくみの解消に効果を発揮してくれるでしょう。身体がむくむことで、実際の体重以上に太って見えてしまいます。

女性にとってむくみは大敵ですので、たい焼きのサポニンを取ることで、むくみを解消、予防することができるのは嬉しいでしょう。食べると太るとされているたい焼きですが、ダイエット効果がたくさんあることがわかります。

小豆の食物繊維で便秘の解消

食べると太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果として、小豆の食物繊維で便秘の解消ができます。小豆には、食物繊維も豊富に含まれているので、食物繊維の整腸作用によって腸内環境を整えてくれるという素晴らしい働きがあるのです。

それゆえに、たい焼きを食べることで便秘の解消に効果的と言われています。便秘が解消されると、身体に蓄積されている毒素や老廃物を排出することができるようになるでしょう。その結果として、痩せやすい身体を手に入れることができます。

小豆には、ポリフェノール、サポニン、食物繊維などが豊富に含まれていますので、ダイエット効果を発揮してくれるのです。小豆を使用しているスイーツであるたい焼きは、そのような理由でダイエット効果があるスイーツになるでしょう。

たい焼きは腹持ちが良い

食べると太ると思われがちなたい焼きのダイエット効果として、たい焼きは腹持ちが良いです。たい焼きは高カロリーなスイーツですが、腹持ちが非常に良く、ちょこちょこ食べる必要がないので結果的にダイエットに繋がります。

また、たい焼きの中身のあんこには、ポリフェノールやサポニン、食物繊維がたっぷりと含まれていますので、ダイエット効果を発揮してくれる女性にはおすすめのスイーツです。

それゆえに、1日のトータル摂取カロリーとして考えると腹持ちが良く満腹感を感じることができるたい焼きは、ダイエットに効果的なスイーツと言えるでしょう。

たい焼きのダイエット効果を高める食べ方とは?

たい焼きのダイエット効果を高める食べ方としては、どのようなものがあるのでしょうか?たい焼きのダイエット効果を高める食べ方をご紹介していきましょう。たい焼きをおやつとして取り入れて、ダイエットに成功されている人は意外と多いです。

人によっては20kgのダイエットに成功した人もいます。たい焼きを食べたい時に我慢して他のものを食べたとしても満足感を得ることができずに結局は食べすぎてしまったり、ストレスを感じたりすると過食の原因となるでしょう。

成人女性の1日平均消費カロリーは約1,800kcal、成人男性の1日の平均消費カロリーは約2,200kcalとなっています。基本的にそれを超えないようにすればいいのです。たい焼きを食べたい時は、1日の摂取カロリーを超えないように工夫して食べるといいでしょう。

ダイエット中におすすめの中身とは?

ダイエット中におすすめのたい焼きの中身には、どのようなものがあるのでしょうか?ダイエット中におすすめのたい焼きの中身をご紹介していきましょう。

白いたい焼きに小豆あんがおすすめ

ダイエット中におすすめのたい焼きの中身として、小豆あんがおすすめです。小豆あんには、ポリフェノール、サポニン、食物繊維などたくさんの栄養が含まれていますのでダイエットに効果を発揮してくれるでしょう。

さらに、白いたい焼きで小豆あんがダイエットにはおすすめです。白いたい焼きは、卵白のみを使用していますのでカロリーを低くすることができます。高カロリーなあんこに対して、低カロリーな生地はバランスがよくダイエットに効果があるでしょう。

ダイエット中にたい焼きを食べたい時は、白いたい焼きで小豆あんを選ぶことでダイエット効果を得ることができます。たい焼きも中身次第でダイエット中も食べることができるのです。

たい焼きの注意点とは?

ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点としては、どのようなものがあるのでしょうか?ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点をご紹介していきましょう。

チョコレートなどの高カロリーな中身に注意

ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点として、チョコレートなどの高カロリーな中身は避けた方が良いでしょう。

ダイエット効果が期待できるたい焼きは、中身が小豆あんの場合です。それ以外の高カロリーなたい焼きの場合は、ダイエット効果は期待できませんので要注意です。

あんこたっぷりのたい焼きに注意

ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点として、あんこたっぷりのたい焼きは避けた方が良いでしょう。最近のたい焼きには、しっぽまであんこたっぷりを売りにしているたい焼きもあります。

しかし、ダイエット効果のある小豆あんも高カロリーな食品ですので食べすぎはよくありません。普通の量の小豆あんのたい焼きを選ぶことをおすすめします。

自分がどれくらい食べているかを知る

ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点として、自分がどれくらい食べているかを知りましょう。ダイエット中は、1日の摂取カロリーを超えないようにすることが重要です。

自分がどれくらい食べているかを認識することでダイエット効果を期待できるようになります。1日の摂取カロリーを超えないようにすれば、たい焼きも食べることができるのです。

ランチのデザートとして食べる

ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点として、ランチのデザートとして食べるようにしましょう。たい焼きをいきなり食べることで血糖値を急激に上げてしまうことになります。

ランチで血糖値を穏やかに上げていきながら間を開けずにランチのデザートとしてたい焼きを食べることでダイエット効果を期待できるでしょう。

夕方以降は食べないようにする

ダイエット中にたい焼きを食べる時の注意点として、夕方以降は食べないようにしましょう。夜にたい焼きを食べてしまうと眠るまでに消化が間に合いませんので、消化できなかった分は脂肪になります。これはたい焼き以外でも言えることです。

就寝時間を考えて夕食の時間を決めることでダイエットに効果があります。たい焼きを食べる時は、夕方までに食べるようにしましょう。

小豆あんのたい焼きはダイエット効果あり!

たい焼きのカロリーや糖質、ダイエット効果など、様々ご紹介してきました。たい焼きの中身次第で、ダイエット効果を得ることができます。また、食べる時間帯や食べ方もマスターすることでダイエット中も太るのを気にせずに食べることができるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ