もみあげが白髪になる原因や処理の方法!おすすめな白髪染めも!

白髪の発見はただでさえ気分が沈むのに、もみあげに白髪を発見してしまったらもう諦めるしかないのかというくらい絶望的ではないでしょうか。もみあげは、白髪が非常に目立つ箇所になります。そんなもみあげに生えてしまった場合の対処方法について解説していきましょう。

もみあげが白髪になる原因や処理の方法!おすすめな白髪染めも!のイメージ

目次

  1. 1もみあげが白髪になる原因は?処理方法や白髪染めのおすすめも!
  2. 2もみあげが白髪になる原因
  3. 3もみあげの気になる白髪の処理方法
  4. 4白髪染めでもみあげを上手に染める方法は?
  5. 5もみあげにおすすめの白髪染め
  6. 6もみあげを白髪にしないためには?
  7. 7もみあげの白髪を目立たせないヘアスタイルは?
  8. 8工夫次第でもみあげ白髪も自然に見える

もみあげが白髪になる原因は?処理方法や白髪染めのおすすめも!

61494184 128836101649567 4369027411429165944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shi.63_

どこから生えてきても、白髪は気分を憂鬱にさせます。そんな白髪がもみあげに生えてきてしまったら、諦めの境地になってしまうかもしれません。そんな白髪について原因や処理方法、お勧めの白髪染め等について詳しく解説と対策商品についてご紹介していきましょう。

もみあげが白髪になる原因

61872210 141477237015978 2054668364257551998 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ayahysvv

もみあげが白髪になる原因には、様々な要因が考えられます。例えば眼精疲労であったり、使っているコスメが合わなかったり、加齢やホルモンバランスの乱れも考えられるでしょう。全体的に白髪が目立ってくるのであれば加齢によるものなのかもしれませんが、もみあげのようにある部分だけ白髪が顕著になる人もいるようです。

また、若くても若白髪として10代でも白髪がたくさんある人もいます。どこから生えてきても気分を憂鬱にさせる白髪ですが、現代その原因として考えられている代表的なものを下記にまとめてご紹介していきましょう。

目を酷使している

もみあげに白髪ができやすい原因の1つに、目を駆使しているからということがあります。現代社会は、パソコンを始めとして携帯電話のスマートフォンやiphoneの普及に伴い、老若男女がこのようなモバイルツールを使いこなしている時代に突入しているのです。

かつては移動式電話なんて、未来のツールだと思っていた時代もありました。手軽に小さな画面を長い時間ネットサーフィンしたり、仕事のための書式を作ったり、メールの返信やチェックをしたりと至るところでこれらのツールを使っています。

長時間小さな画面を見続けた結果、前頭葉や側頭葉の筋肉が凝り固まり、毛細血管の収縮によって血流が悪くなっていきます。またドライアイにもなりやすくなり、目の周りの筋肉も固くなり血流が悪くなっていくそうです。

合わないコスメを使っている

今まで使用していたのであればトラブルもないでしょうが、新しい化粧品に変える等してスキンケアが合わない、といったことから皮膚トラブルが起きてしまうことがあります。

もみあげの位置は、丁度そのようにスキンケアの刺激を受けやすい部分になり、ひどいと吹き出物が頻繁に繰り返しできて、しまいには毛根が傷つき、もみあげが白髪になっていくことがあるのです。もちろん、化粧水等だけでなく、洗顔フォームや石鹸の洗い残しも肌トラブルに繋がっていきますので、ご注意ください。

加齢

もみあげに限らず、多くの人は加齢とともに白髪は増えて行きます。髪の毛には、色素幹細胞なるものがあり、産まれてから成長するにしたがって長い年月の間にその色素幹細胞が力を失っていくのです。やがては毛根の色素幹細胞は、全て死滅してしまうこともあります。

加齢による白髪自体年を取れば当然と思いますが、中には怖い病気のサインとも言われることもあるのです。加齢が原因の白髪には、予防や現状維持といったことは可能ですが、加齢を止めることはできません。そのため、以後白髪を増やさないために食生活や十分な休養と睡眠、ストレスフリーや頭皮のマッサージといった方法を駆使することがあります。

ホルモンバランスの乱れ

もみあげ白髪の原因として、ホルモンバランスの乱れもあります。特に女性の場合、かつてダイエットをしたことがある人はたくさんいるのではないでしょうか?

このダイエットが過度であればあるほど、身体に負担をかけ、血流が悪くなり、まんべんなく栄養を身体に運んでいた血液が滞ります。やがて最も身体の中で病気を気にしない髪等の部分から衰退していき、白髪となって現れるのです。

もみあげの気になる白髪の処理方法

よく白髪になったら、見つけ次第根元からカットすると良い等聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、根元からのカットは、量がまだ少ない時分は良いでしょう。もしくはもみあげくらいしか白髪がないのであればカットすることも可能です。

他にも白髪染めを使ったり、白髪を抜いたりという人もいるかもしれません。下記に白髪染めを使う場合、白髪を抜く場合、白髪を根元からカットする場合について解説していきましょう。

白髪染めを使う

最もポピュラーな白髪予防、改善の方法には白髪染めを使った方法があります。ただし、白髪染めもあまり頻繁に塗ってしまうと、薬液で頭皮がかぶれたり炎症を起こしたりしてしまう人もいるようです。ひどくなるとアレルギーの酷い状態であるアナフィラキシーといった呼吸困難の症状が出てしまいます。

この白髪染めによるアレルギー症状をジアミンアレルギーと呼びますが、炎症等の症状が出る前に白髪染めの薬を使わず、トリートメントタイプのものやシャンプータイプのもの等を使用する方法もお勧めです。

白髪を抜く

白髪を抜くという人が、たまにいらっしゃるようです。しかし、これは大変毛根にダメージを与え、抜いた部分から雑菌が入り、化膿してしまう場合もあります。また、もみあげ部分を抜くとなると、それほど髪の量もない部分ですから、その部分だけ禿げてしまう可能性もあるので絶対に行わない方が良いでしょう。

白髪を根元から切る

男性ではれば、もみあげをかりあげにしたり、白髪を根元からカットしたりするという方法も良いでしょう。しかし、女性の場合、個性的なファッションを好む人ならばもみあげをかりあげたり、白髪を根元からカットしたりするのは、問題ないかもしれません。

けれども、一般的な感性の持ち主の女性で、もみあげに大量の白髪があってそれを全て根元でカットするとなると、ちょっと個性的なヘアスタイルにして、かつ似合わないと絶望的です。そのため、この方法は、もみあげの場合特に、あまり白髪の本数が少ないうちは有効的と言えます。

白髪染めでもみあげを上手に染める方法は?

では、最も白髪を上手にカバーする方法である白髪染めについて、白髪染めでもみあげを上手に染める方法にはどのような方法があるのか下記にご説明していきましょう。

多めに白髪染めを塗布する

まず、もみあげ部分に多めに白髪染めを塗布するという方法があります。しかし、白髪染めを多めに塗布したところで、色がしっかり乗せられるものかといったらそうではありません。同封の取り扱い説明書に記載の通り、適切な用法容量を守って利用する必要があります。

もみあげ自体は、それほど塗布するスペースがありません。しかし、生え際ぎりぎりからしっかり塗り込み、メーカーが推奨する塗布後の寝かせる時間をしっかり守ることも大切です。

ラップとドライヤーで白髪染めの効果をアップ

よく美容院で仕上げてもらうカラーや白髪染めというのは、自分自身で行うよりも、持ちが良いと感じたことはないでしょうか?美容師はプロでもあるため当然ですが、プロフェッショナルであればあるほど、室温や季節に応じて、薬剤の放置時間や塗布した部分への熱の加え方に重点を置いています。

例えばカラーや白髪染めを美容院でやってみたことがある方はイメージがわきやすいでしょうが、薬剤を塗布後にラップで髪を覆い、熱を加える機械を頭皮にあてた覚えはありませんか?自宅で自分で行う場合も塗布後にはラップで頭を巻いて、薬剤がまんべんなく浸透するようにします。

そして、美容室のような機械が自宅にはないので、ドライヤーをもみあげ部分に集中的にあてるのです。薬液は、夏場が最も浸透しにくく、またすぐに色が抜けやすいそうです。これは、エアコンの冷たい風が与える影響になります。

逆に冬場は暖房が効いた中で行うでしょうから、薬剤の持ちは良くなるようです。夏場に白髪染めを使う時は、エアコンは我慢したほうが良いでしょう。

染め終わったしっかり乾かす

実際に染め終わりましたら、しっかりとドライヤーで髪を乾かしましょう。しっかりドライヤーで乾かすことで、ドライヤーの熱に反応して、色がしっかり定着していくことになります。特にもみあげや生え際部分は白髪になると最も目立つ部位になるのですぐに色落ちしないように定着させることがポイントです。

オイルなどでのケアも

もみあげ部分はそれほど髪が密集していないため、頭皮が荒れることは比較的少ないですが、カラーでも白髪染めでも、色を変色させる効果がある分、肌への刺激は0ではありません。アレルギーでなくても、炎症を起こしてしまうことはあります。

そのため、薬剤使用後は、しっかりと頭皮のケアをする必要があるのです。例えばオイルを使って頭皮マッサージをし、皮膚を保護する等、念入りにケアをしましょう。

もみあげにおすすめの白髪染め

もみあげにフォーカスしたお勧めの白髪染めについて、この項目でご紹介していきましょう。現在流通している白髪染めは、種類も非常に豊富です。

昔ながらの髪に塗布して一定時間を置いて色を定着させる美容院で使われるものと同様のタイプから、即席で水で洗い流せるタイプのもの、また上手くできない人のために、シャンプーやトリートメントタイプといったものもあります。

ブローネ泡カラー

初心者の人でも比較的簡単に白髪染めができることがうたい文句のブローネ泡カラーは、手のひらに出した泡を髪全体にもみ込むように使ってむらなく染めることができるようになっています。予め、皮膚に着色しないように、生え際からもみあげにかけてクリームを塗布しましょう。

ブローネ泡カラーを塗布前に髪が絡まらないように、くしでとかしておきます。白髪染めの混合液を作り、両手にはかぶれ防止に備え付けの手袋を装着してください。髪はざっくりとわけ目をつけておき、手に取った泡をたっぷりと塗布していきます。

全体的に塗布したら、今度は浸透させるようにくしゅくしゅともみ込んでみましょう。生え際やもみあげ等気になる部分にはたっぷりつけてください。髪が絡まっていないか手ぐしで確認し、ピタッと密着させます。

基本は20分程の放置ですが、染まりにくい人はプラス5分から10分放置しても良いようです。時間になったら、少しずつぬるま湯で流し、よく洗い流した後シャンプーを2回、付属のアフターヘアパックで仕上げます。

ボタニカルヘアマスカラ

めんどくさがりの人や、初心者で上手くできない心配性の人には、お出かけ前等にすぐできる即席のヘアマスカラはいかがでしょうか?もみあげや生え際等のピンポイントの場所には、ボタニカルヘアマスカラのように、ひと塗りするだけで、キラキラと白く主張するもみあげ生え際白髪もあっという間に目立たなくさせます。

お手入れも簡単で、帰宅後のお風呂で簡単にシャンプーで洗い流してしまうことができる優れものです。見た目はぼかしたレベルですので、実際白髪染めに比べてその効果はどうしても落ちてしまいますが、急いでいる時や自分で染めることに抵抗がある人、もみあげや生え際等のピンポイントでの処置には大変お勧めの方法と言えるでしょう。
 

利尻カラーシャンプー

また、いつものルーティンとしてできる方法もあります。それが、シャンプーやトリートメントで白髪を染め上げるという方法です。特にその道で有名な商品は、利尻カラーシャンプーでしょう。こちらは、即効性はないものの、毎日使用していく度に個人差はあるものの5回後、10回後には、かなりの染まり具合になっているそうです。

同ブランドからトリートメントも出ていますが、簡単で間違いないのは、こちらのシャンプータイプではないでしょうか。それこそもみあげや生え際だけでなく、全体的に美しく染め上げることができます。

もみあげを白髪にしないためには?

もみあげを白髪にしないために、白髪染めに頼らない方法としては何があるのでしょうか?ここでは、白髪染め以外で行える軽減方法についてご案内していきます。

頭皮マッサージで血行促進

まず、もみあげが白髪になる原因が、ストレスや生活習慣の乱れに起因する場合等では、その進行を阻止して改善することができます。例えば、頭皮マッサージです。頭部には、たくさんのツボが点在し、親指の腹で指圧することで、血行促進をし、血流改善して黒髪が蘇ることが期待できます。

規則正しい生活

もみあげのように部分的に白髪になる原因には、生活リズムが崩れてしまったからということもあります。そのため、3食きちんと食べ、十分な睡眠をとり、適度な運動をするという規則正しい生活リズムに戻すことで、ある程度もみあげ白髪は改善できると言われているのです。

バランスの取れた食事

もみあげ白髪の原因には、実は食生活が大きく関わっているそうです。近年欧米化の食生活へとシフトチェンジしている日本の若者は特に、ジャンクフードが大好きな人が多い気がします。そこには、肉や炭水化物、わずかな野菜といった偏った食事が連想されませんか?

また、朝からしっかり食べることが苦手な人も多いようです。最近日本食が世界でも注目を浴びています。もみあげ白髪対策には、納豆や豆腐といった大豆製品も非常に有効なこともわかってきました。是非、大豆製品を積極的に取り入れて野菜とたんぱく質、炭水化物のバランスの取れた食生活をエンジョイしましょう。

もみあげの白髪を目立たせないヘアスタイルは?

もみあげ白髪は、とにかく目立つのでできる対策は積極的に取り入れましょう。例えば、もみあげ白髪を目立たせない髪型は、どんなものがあるでしょうか?生え際白髪を隠すのには、前髪はおろしておいた方が目立ちません。

もみあげ部分は髪を耳にかけても目立ちますから、ゆるめのハーフアップで、上品な色気も演出しつつ頭頂部よりも後ろでヘアクリップ等で留めるともみあげ部分の白髪を上手に隠すことができます。

工夫次第でもみあげ白髪も自然に見える

もみあげ部分はどうしても正面からも横から見ても、目立つため、女性は特に気になる部分です。上記の項目で、ヘアアレンジを1つご紹介しましたが、例えばショートヘアでも重ためのスタイルで、十分もみあげ白髪をカバーできます。

また、ロングやセミロングの人も同様に、ふんわりウェーブになるように無造作にパーマ等をあてたりコテを使ったりすることで、もみあげへの意識を散らすことができ、また素敵女子に見せることもできるのです。是非、試してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ