青空文庫のおすすめ人気名作ランキング!読みやすくて面白い作品を紹介!

青空文庫をご存知でしょうか?青空文庫では、著作権切れになった作品や著者自身が許可した作品を無料で読むことができます。以下では、青空文庫のおすすめの人気名作ランキングを紹介します。また、読みやすく面白いおすすめの作品も紹介するので、参考にしてみてください。

青空文庫のおすすめ人気名作ランキング!読みやすくて面白い作品を紹介!のイメージ

目次

  1. 1青空文庫のおすすめ人気名作ランキングをご紹介!
  2. 2青空文庫の魅力って?
  3. 3青空文庫の選び方は?
  4. 4青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【ミステリー編】
  5. 5青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【恋愛編】
  6. 6青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【古典編】
  7. 7青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【長編作品】
  8. 8青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【短編作品】
  9. 9青空文庫で読書を楽しもう!

青空文庫のおすすめ人気名作ランキングをご紹介!

様々な本を無料で読むことができる青空文庫をご存知でしょうか?以下では、青空文庫のおすすめの人気名作ランキングをご紹介していきます。ミステリー編、恋愛編、古典編、長編作品、短編作品の5つに分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

青空文庫の魅力って?

まずは、青空文庫の魅力をご紹介します。青空文庫の最大の魅力は、たくさんの面白い作品を無料で読むことができるところです。本を読みたいけれど、お金に余裕がないという人もいることでしょう。青空文庫では、読みやすい名作が無料で読み放題なのです。

たくさんの面白い作品が無料で読める

青空文庫では、たくさんの面白い作品が無料で読めるようになっています。なぜなら、青空文庫では、著作権切れになった作品や、著者自身の許可した作品が扱われているからです。作品のデータはすべて電子上に公開されているので、公式サイトを訪ねれば、すぐに読むことができます。

青空文庫には、SFやミステリー、恋愛ものなど実に多種多様な小説が所蔵されています。その中には、いわゆる人気作品や名作と呼ばれる作品も含まれているのです。また、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでも読めるので、読む場所を選びません。

青空文庫の選び方は?

続いては、青空文庫の選び方を見ていきましょう。青空文庫には、実にたくさんの種類の小説が所蔵されています。人気作品や名作も含まれているので、どれを選べばよいか悩んでしまう人もいることでしょう。読む作品を選ぶときには、ジャンル、作品、読みやすい長さのいずれかで絞っていきましょう。

好みのジャンルで選ぶ

好みのジャンルがあるならば、好みのジャンルで選ぶのが一番良いでしょう。例えば、ミステリーが大好きな人は、ミステリーの中から読む作品を選べば間違いがないはずです。ただ、好きなジャンルがない人も、なんとなく気になるジャンルを選べば、本を選びやすくなるでしょう。

青空文庫には、実にたくさんのジャンルがあります。ミステリー、SF、恋愛ものなどの中から、自分が気になるジャンルを選びましょう。好きなジャンルの作品を読んだら、今まであまり読んだことがないジャンルに挑戦するのも、楽しい経験になるかもしれません。

好きな作者で選ぶ

好きな作家がいるなら、好きな作家で選ぶのが良いでしょう。好きな作家の本であれば、大きな外れはないはずです。本の選択で失敗したくないなら、好きな作家で選ぶようにしましょう。ただ、好きな作家がいない場合は、聞いたことがある作家の作品を選ぶとよいかもしれません。

まずは、有名な作家の作品から読んでみるのも良いでしょう。名前を聞いたことがあるということは、その人はある程度有名な作家である可能性が高いです。好きな作家が特にいないのなら、有名な作家の作品を読んでみて、どの作家の作品が面白いかを覚えておきましょう。

読みやすい長さで選ぶ

読みやすい長さで選ぶという方法もあります。小説と一口に言っても、その長さは実に千差万別です。ほんの5分ほどで読み終えられるような短編小説もあれば、何日もかけないと読み切れないような長編作品も存在します。読みやすい長さが分かっている人は、長さで本を選びましょう。

自分がどんな長さの作品が読みやすいのかがわからないという人もいるかもしれません。小説を読むという習慣があまりない人は、短編小説から始めてみるとよいでしょう。いきなり長い作品にトライすると、途中で嫌になって、本を読むことが嫌いになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、まずは、短めの作品から始めてみるとよいでしょう。短編と言われる作品を読んでみて、自分がどう思うのか覚えておきましょう。あまりに短くて拍子抜けしたという人は、もっと長い作品を読むことができるタイプと言えるでしょう。

短編であっても読み切るのに苦労したという人であれば、2冊目からも短編小説を選ぶとよいかもしれません。短編を続けて読んでいけば、本を読むことに慣れてくる可能性もあります。たくさんの本を読めるようになれば、好きなジャンルや好きな作家が分かってくるでしょう。

青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【ミステリー編】

続いては、青空文庫のおすすめ人気名作ランキングのミステリー編をご紹介します。ミステリー小説には、長い間読者に愛された名作がいくつも存在します。以下では、おすすめの人気名作のミステリー小説を第5位から第1位まで、詳しく解説していきます。

第5位:怪人二十面相(江戸川乱歩)

青空文庫のおすすめミステリー第5位は、江戸川乱歩の「怪人二十面相」です。この作品は、「少年倶楽部」において連載された少年向けの推理小説シリーズの第1話目にあたります。怪人二十面相は、20の違う顔を持っているとされる変装名人であり、ものを盗む際には予告状を送ることで、新聞をにぎわせている大怪盗なのです。

怪人二十面相は、名探偵である明智小五郎や、その助手である小林少年と対峙することになり、終盤では、小林少年を団長とする少年探偵団とも対峙していきます。この作品には、次々に続編が出されており、当時の少年たちからは絶大な支持を得ていました。

変装の達人である怪人二十面相は、明智小五郎に成りすまして工芸品を盗み出すことに成功します。怪人二十面相は、大胆不敵で、実にとらえようのない存在として描かれているのです。前半部分では、助手の小林少年が奮闘し、ほぼ互角に渡り合います。

しかしながら、小林少年は、怪人二十面相をとらえることができませんでした。名探偵である明智小五郎が帰国すると、怪人二十面相は順調に盗みが出来なくなっていきます。明智小五郎自身も変装の達人で、上には上がいるというドキドキのストーリーが展開されていくのです。

第4位:監獄部屋(羽志主水)

第4位は、羽志主水の「監獄部屋」です。この作品は、日本のミステリーの初期に書かれた、とても短い小説です。思想犯や荒くれ者が監獄部屋という場所に閉じ込められ、労役に酷使される様子を描いた作品です。この作品は、世相を切った、ある種の皮肉を含む作品と言えます。

この作者は、短編をほんのわずかしか書いていないことで有名です。現代から見ると、作品のオチはありがちで、単純であると言えます。しかし、ミステリーの初期に書かれたことを考えれば、重要な作品と言えるでしょう。

第3位:秘密の相似(小酒井不木)

第3位は、小酒井不木の「秘密の相似」です。この作品は、上で紹介した「監獄部屋」が掲載された翌月の「新青年」に掲載されました。この作者は、異色の経歴の持ち主で、医学者としてヨーロッパに留学し、東北大学の医学部教授にもなっています。

江戸川乱歩は、探偵小説がつまらない作品だと世間から思われないように、法曹界や医学界などにいる様々な名士に小説を書いてもらったようです。名士に小説を書いてもらうことで、探偵小説自体の地位を向上させようと考えたのだろうと言われています。

探偵小説が世の中に出始めたころは、探偵小説の世界は、まったく世間から認知されていませんでした。今でこそ、探偵小説は一つのジャンルとして確立していますが、そうした背景には、江戸川乱歩をはじめとする人々の努力があったと言えるでしょう。

第2位:三狂人(大阪圭吉)

第2位は、大阪圭吉の「三狂人」です。この作者は、戦病死してしまったので、作品数が非常に少ないと言われています。ただ、この作者が描く作品は、ミステリー分野の短編としては、外れがなく、非常に面白いと評判なのです。

ですから、この作品を読んでみて、面白いと感じた人は、この作者のほかの作品も読んでみるとよいでしょう。ミステリーの醍醐味を味わえるはずです。当時の時代背景が分かる作品となっており、徐々に戦意高揚の色が濃くなっていく様子も感じられるはずです。

第1位:アンゴウ(坂口安吾)

ミステリー編の第1位は、坂口安吾の「アンゴウ」です。坂口安吾自身も、ミステリーが大好きだったと言われています。坂口安吾には、「不連続殺人事件」や「明治開化 安吾捕物」などの面白い作品があります。今回紹介する「アンゴウ」は、戦時中の隠れたメッセージのやり取りを題材にした作品として有名です。

青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【恋愛編】

続いては、青空文庫のおすすめ人気名作ランキングの恋愛編を見ていきましょう。恋愛小説を読むと、当時の時代の様子が手に取るようにわかるはずです。人々の交流の仕方が詳しく理解できることが魅力の一つと言えるでしょう。以下では、読みやすい5作品を紹介します。

第5位:舞姫(森鴎外)

第5位は、森鴎外の「舞姫」です。「舞姫」は、森鴎外を代表する短編作品と言ってよいでしょう。森鴎外は、ドイツに留学していたことがあります。その留学のときに、いろいろな経験をしました。「舞姫」には、森鴎外の実体験をもとに描かれたラブストーリだと言われているのです。

当然のことながら、現代とは恋愛に対する意識が異なります。そのため、現代の感覚から、この作品を恋愛ものだと分類しづらい面があります。しかしながら、「舞姫」には、当時の男女のロマンチックなやり取りが含まれているため、まぎれもなく昔の恋愛小説と言えるでしょう。

「舞姫」で使われている文体は、現代と異なり、かなり古いものになっています。そのため、読みやすい小説を期待している人にはきついかもしれません。しかし、使われている文体が美しく、ロマンチックな雰囲気を上手に醸し出しているため、極上の恋愛小説と言われています。

第4位:風立ちぬ(堀辰雄)

恋愛編の第2位は、堀辰雄の「風立ちぬ」です。作者の堀辰雄は、日本の小説の中に、西欧風のロマンを意識的にフィクションとして取り入れようと奮闘した作家なのです。「風立ちぬ」は、宮崎駿監督により、アニメーション化されたため、抜群の知名度を誇る作品と言えます。

そこで描かれている恋愛模様は、悲しく、しかも、美しいと言われています。現代の恋愛小説には見られないような、はかなさやピュアな感じが描かれており、現代人が読むと逆に新鮮に映るはずです。主人公は、軽井沢で、一人の女性と出会うのです。

そして、主人公は、その女性と婚約しますが、女性は、不幸にも、結核にかかってしまいます。当時、結核は不治の病と呼ばれ、非常に恐れられていました。主人公の男性は結核にかかってしまった女性を懸命に看病します。死というテーマを、男女の恋愛を通して、美しく描いた作品と言えるでしょう。

第3位:三四郎(夏目漱石)

恋愛編の第3位は、夏目漱石の「三四郎」です。「三四郎」は、「吾輩は猫である」や「こころ」などで知られる夏目漱石の長編恋愛小説です。「三四郎」で描かれる恋愛は、とにかくピュアで、透き通るような輝きを放っていると言えるでしょう。

現代の恋愛とは全く異なる恋愛が描かれているので、現代人が読むと、強烈な新鮮さを味わえるはずです。シャイな男性である主人公の三四郎が次第に成長していく様子を描いた作品です。この作品を現代人が読めば、こんな時代があったのかと驚くと共に、心が洗われるような感覚を味わえるに違いありません。

東京の大学に合格し、九州の田舎から上京してきた主人公の「小川三四郎」は、大学で、一人の女性と出会います。その女性は、美しいものの、どこか謎めいており、ミステリアスな雰囲気を醸し出していました。一目ぼれしてしまった三四郎は、次第に女性のとりことなっていくのです。

真面目でうぶな性格の三四郎は、友人たちや大学教授との交流を経て、次第に成長していきます。夏目漱石の作品は、読みやすいイメージからは遠いものが多いですが、この作品は、恋愛小説ということもあって、面白いし、読みやすいものとなっています。

第2位:たけくらべ(樋口一葉)

恋愛編の第2位は、樋口一葉の「たけくらべ」です。「たけくらべ」は、吉原で暮らす少年少女の話で、たくさんの子供たちが登場してくるのです。その中で、「美登利(みどり)」、「信如(しんにょ)」、「正太郎」の3人が中心的な役割を演じていると言ってよいでしょう。

主人公の美登利は14歳で、近所の子供たちからすると姉のような存在です。吉原の売れっ子遊女を姉に持っていることから、気前もいいし、勝気な性格をしているのです。また、信如は、僧侶を父に持つ15歳の少年で、真面目で内向的なところがある人間として描かれています。

最後の正太郎は、金貸しの息子で、けんかっ早くて大人びた少年です。正太郎は、美登利を慕っており、この2人の関係もこの物語の見どころと言えるでしょう。この3人を中心に、ストーリーが展開されていくのですが、子供たちの対立や喧嘩、周りの大人たちの関わりなどがポイントと言えるでしょう。

結局、美登利は遊女に、信如は僧としてそれぞれ生きていくことになります。この2人は、それぞれ決められた運命を歩んできているという類似点があるのです。大人になっていく子供たちが抱えるはかなさと切なさが、この「たけくらべ」の最大の魅力と言えるでしょう。

第1位:金色夜叉(尾崎紅葉)

恋愛編の第1位は、尾崎紅葉の「金色夜叉」です。この作品は、連載当時から絶大な人気を誇り、現代でもたくさんの人に読み継がれています。また、内容が普遍性を持っているためか、何度も映画化やテレビドラマ化されている、根強い人気を誇る読みやすい小説です。

15歳で両親と死に別れた間貫一は、鴫沢家に引き取られて学問に励んでいます。高等中学への進学が決まり、将来は、鴫沢家の娘である宮と結婚して、家を継ぐことを考えていました。未来が約束されていたと思われていたのに、かるた会の大富豪が宮を見初めてしまいます。

大富豪が持っていたダイヤモンドに目がくらんだ宮は、その男性と結婚することに決めてしまうのです。その後、熱海の海岸で3人が出会っていくという展開です。本作は、明治期を生きた尾崎紅葉の代表作と言っても過言ではないでしょう。

実は、尾崎紅葉はこの作品を連載している最中に死亡してしまうのです。尾崎紅葉の死因は、胃がんだったと言われています。37歳という若さでこの世を去った尾崎紅葉は、美文家として知られ、言文一致の文章で、内面描写に成功しました。尾崎紅葉の面白い作品をぜひ読んでみましょう。

青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【古典編】

続いては、青空文庫のおすすめの人気名作ランキングの古典編を見ていきましょう。古典は難しいというイメージを持たれている人もいるかもしれませんが、古典にも面白い作品はたくさん存在します。また、古典の中には、読みやすいものもあるので、ぜひトライしてみましょう。

第5位:吾輩は猫である(夏目漱石)

第5位は、夏目漱石の「吾輩は猫である」です。この作品は、明治の文豪、夏目漱石の処女作で、日本で最も有名な小説と言っても過言ではないでしょう。昔の作品だから読みやすいはずはないと思われるかもしれませんが、現代の私達でも普通に読める面白い作品です。

第4位:こころ(夏目漱石)

青空文庫の古典編第4位は、同じく夏目漱石の「こころ」です。この作品は、非常に考えさせられる作品と言えるでしょう。また、男女で読み取り方が変わってくる小説と言えるかもしれません。読みやすい上に、面白い作品となっていますから、ほかの人と感想を語り合うと面白いかもしれません。

青空文庫で、夏目漱石の「吾輩は猫である」や「こころ」といった、おすすめの名作作品が無料で読めることは信じられないくらい素晴らしいことと言えます。日本を代表する作品が無料で読めるのですから、ここで列挙しているおすすめ小説をぜひ読み始めてみましょう。

第3位:蜘蛛の糸(芥川龍之介)

青空文庫の古典編第3位は、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」です。この作品もかなりおすすめの作品と言えます。地獄に落ちた男が、以前蜘蛛を助けたことで、お釈迦様が救済の蜘蛛の糸を男に垂らします。現代でも高い評価をされている、おすすめで読みやすい作品です。面白い設定を堪能しましょう。

第2位:浮雲(二葉亭四迷)

青空文庫の古典編第2位は、二葉亭四迷の「浮雲」です。人間がいかに生きるべきかを自問した二葉亭四迷の代表作で、言文一致の口語体で書かれており、日本の近代小説の始まりを告げた作品として考えられています。二葉亭四迷の作品も非常におすすめで、読みやすいですから、ぜひ手に取ってみましょう。

第1位:山月記(中島敦)

青空文庫のおすすめ古典の第1位は、中島敦の「山中記」です。この作品は、昭和初期に活躍して早世した中島敦の代表作と呼ばれるおすすめ小説です。詩に執心して、ついに虎に変身してしまった男のすさまじい宿命を描いた作品です。青空文庫で無料で読めるおすすめ作品の一つです。

青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【長編作品】

続いては、青空文庫のおすすめ人気名作ランキングのうち、長編作品部門を見ていきましょう。青空文庫には、おすすめの長編作品がたくさんあります。青空文庫では、小説を無料で読めるのですから、この機会に、以下で紹介するおすすめ長編作品を読み込んでみましょう。

第3位:源氏物語(紫式部)

青空文庫のおすすめ長編小説第3位は、紫式部の「源氏物語」です。教科書に必ず載っている「源氏物語」を最初から最後まで読破してみましょう。日本人であれば、一生で一度は、「源氏物語」を読み切りたいものです。内容は非常に生々しく、当時のリアルを知ることができるおすすめ作品です。

第2位:審判(フランツ・カフカ)

青空文庫のおすすめの古典第2位は、フランツ・カフカの長編小説「審判」です。この小説は、1914年から1915年にかけて執筆されました。理由がわからないまま裁判を起こされた男ヨーゼフ・Kが様々に立ち回りますが、最後には無残に処刑されてしまうのです。

結末部分は書かれてい入るものの、途中の章は断片に留まっているため、全体としては未完の作品であると考えられています。カフカの生前に発表されず、カフカの死後1927年に、マックス・ブロートによって、編集・公刊されました。

第1位:斜陽(太宰治)

青空文庫のおすすめ古典第1位は、太宰治の「斜陽」です。太宰治と言えば、「人間失格」が有名ですが、ここで紹介するおすすめの作品の「斜陽」も世間に衝撃を与えました。この小説では、上流階級の没落を描いています。現代人からはやや理解しづらい面がありますが、おすすめの作品であることは間違いないです。

「斜陽」は、第2次世界大戦後に、没落していく上流階級を生々しく描いています。太宰治は、名家であった津島家(太宰治の実家)が没落したことを、小説にしたいと考えたのでした。また、当時太宰治と不倫関係にあった太田静子の日記を参考に書かれた作品としても有名です。

青空文庫のおすすめ人気名作ランキング【短編作品】

続いては、青空文庫のおすすめ人気名作ランキングの短編作品部門です。青空文庫にはおすすめの長編作品が多数ありますが、短編作品も豊富に存在します。以下では、青空文庫にあるおすすめの短編小説を3つご紹介します。長さは短くても、濃いストーリーを味わえるおすすめ小説ばかりです。

第3位:桃太郎(芥川龍之介)

青空文庫のおすすめ短編小説第3位は、芥川龍之介の「桃太郎」です。この「桃太郎」は、5,800文字数程度の短編小説です。非常に斬新で、面白いおすすめの作品と言えます。芥川龍之介は、冒頭部分で、桃太郎が生まれる桃の実がなっていた木に言及しているのです。誰もが知る昔話を芥川龍之介の視点で切り取った作品と言えます。

第2位:白痴(坂口安吾)

青空文庫のおすすめ短編小説第2位は、坂口安吾の「白痴」です。この小説は、終戦後の新時代の旗手として一躍脚光を浴びた坂口安吾の代表作の一つと言えるでしょう。映画の演出家の男が、隣家の白痴の女と奇妙な関係を持ち、魂の真実を見出そうとするおすすめの物語です。

第1位:檸檬(梶井基次郎)

青空文庫のおすすめ短編小説第1位は、梶井基次郎の「檸檬」です。この「檸檬」を描いた梶井基次郎は、小林秀雄が高く評価したことで、文壇的な評価も高まったと言われています。この作品を書いたころ、梶井基次郎は、神経衰弱気味になっており、「以前の私」と「その頃の私」が見事に対比されている作品と言えるでしょう。

青空文庫で読書を楽しもう!

青空文庫にあるおすすめの作品を紹介してきました。青空文庫は、無料で良質な作品が読める素晴らしい文庫です。青空文庫で様々な小説を読み、豊かな時間を過ごしましょう。青空文庫には、実にたくさんの小説が含まれているので、きっとあなたにぴったりの小説に出会えるはずです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ