ミハエル・シューマッハの現在!事故で脳死状態?最新の容態は?

ミハエル・シューマッハさんという人物をご存知でしょうか?ミハエル・シューマッハさんはドイツの天才F1レーサーですが、スキー事故で現在も治療を受けています。以下では、ミハエル・シューマッハさんの現在の様子やスキー事故後の最新の容態を詳しく見ていきます。

ミハエル・シューマッハの現在!事故で脳死状態?最新の容態は?のイメージ

目次

  1. 1ミハエル・シューマッハの現在は?脳死状態?最新の容態について
  2. 2ミハエル・シューマッハとは?
  3. 3ミハエル・シューマッハのF1成績
  4. 4ミハエル・シューマッハがスキーで事故!?脳死状態は本当?
  5. 5ミハエル・シューマッハのスキー事故の原因は?
  6. 6ミハエル・シューマッハの事故後の容態は?
  7. 7ミハエル・シューマッハの現在は?
  8. 8ミハエル・シューマッハの息子がF1の道へ?
  9. 9ミハエル・シューマッハの名言
  10. 10ミハエル・シューマッハをこれからも見守っていこう!

ミハエル・シューマッハの現在は?脳死状態?最新の容態について

数々のF1レースで素晴らしい成績を収めてきたミハエル・シューマッハさんをご存知でしょうか?以下では、ミハエル・シューマッハさんの現在の様子を詳しく見ていきましょう。ミハエル・シューマッハさんは脳死状態にあると言われましたが、ミハエル・シューマッハさんの最新の容態を解説していきます。

ミハエル・シューマッハとは?

まずは、ミハエル・シューマッハさんとはどういう人物なのかについて詳しく見ていきましょう。非常に多くのレースで輝かしい成績を残してきた、天才F1レーサーであるミハエル・シューマッハさんの詳しいプロフィールを表にまとめていきます。

60816154 1634542310013079 7828059398036985597 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
setsuko_6

ミハエル・シューマッハのプロフィール
 

本名 ミハエル・シューマッハ
生年月日 1969年1月3日
年齢
(2019年現在)
50歳
国籍 ドイツ
出身地 ドイツ・フュルト・ヘルミュールハイム

ミハエル・シューマッハさんはドイツ出身のF1レーサーです。ミハエル・シューマッハさんは、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にある、都市ケルン郊外のフュルト・ヘルミュールハイムという場所で生まれ育ちました。ノルトライン=ヴェストファーレン州の人口数は、ドイツの州の中で最大です。

ミハエル・シューマッハのF1成績

ミハエル・シューマッハさんのプロフィールを見てきましたが、続いては、ミハエル・シューマッハさんのF1での成績を見ていきましょう。ミハエル・シューマッハさんは、数々のF1レースで、素晴らしい成績を収めてきました。フェラーリ時代やメルセデス時代などに分けてご紹介します。

F1デビューまで

ミハエル・シューマッハさんは、4歳のときに、煉瓦職人の父親から「原動機付きペダルカー」を贈られ、車と出会いました。ミハエル・シューマッハさんは夢中になって路上を走らせていたそうです。ミハエル・シューマッハさんは夢中になるあまり、電柱に衝突してしまったのです。

車に夢中になるミハエル・シューマッハさんを見て、父親は、ミハエル・シューマッハさんを近所のカート場に連れていきました。ミハエル・シューマッハさんは、「本格的レーシングカート」と出会い、心を奪われます。ミハエル・シューマッハさんの父親は、カート場の管理を兼業するようになったのです。

ミハエル・シューマッハさんは、1983年にライセンスを取得し、1984年~1987年にドイツ・ジュニア・カートチャンピオンになりました。経済的にそれほど豊かではなかったミハエル・シューマッハさん一家は、出費がかさむこのスポーツを継続できる状態にありませんでした。

そのため、ミハエル・シューマッハさんは他人が使い古したタイヤを拾ってきたこともあったそうです。厳しい状況でしたが、恩師らの支援があり、ミハエル・シューマッハさんはレースを継続させることができたと言われています。

ミハエル・シューマッハさんは、中学校を卒業した後は、自動車販売店に入社し、整備士の資格を取得しました。1988年、ジュニアフォーミュラにステップアップしたミハエル・シューマッハさんは、フォーミュラ・フォードに参戦したのです。

ジョーダン-ベネトン在籍時代の成績

ミハエル・シューマッハさんは、成長して、徐々に実力をつけていきます。ミハエル・シューマッハさんは、ベネトン在籍時は、ミハエル・シューマッハさんがF1レーサーとして本格的に始動した時期と言ってよいでしょう。当時のチャンピオンや天才レーサーと戦った伝説の幕開けとも言えます。

F1へのフル参戦初年度となった1992年には、ミハエル・シューマッハさんは、ネルソン・ピケに代わるベネトンのエースとしての活躍が期待されていました。ミハエル・シューマッハさんは、第2戦メキシコGPでは、2位に食い込み、初の表彰台を獲得したのです。

ドライからウェットへ移行する難しいコンディションとなった第12戦ベルギーGPでは、ミハエル・シューマッハさんは、この年のチャンピオンチームとなるウィリアムズ勢を見事な戦略で破りました。ミハエル・シューマッハさんは、デビュー18戦目で見事にF1初勝利を達成したのです。

ミハエル・シューマッハさんは、シーズンを通してコンスタントに上位を走行したため、前年のチャンピオンであるアイルトン・セナを上回る、ランキング3位を獲得しました。アイルトン・セナを上回ったミハエル・シューマッハさんは、ここからも素晴らしい成績を残していきます。

1993年は、加熱するハイテク競争の中で、B193Bの信頼性不足のため、決勝は表彰台に登るかリタイアという両極端な年になってしまいました。モナコGPでは、トップを独走していたミハエル・シューマッハさんのマシンが炎上して、リタイアするという不幸もあったのです。

フェラーリ在籍時代の成績

ミハエル・シューマッハさんは、10年もの長い間フェラーリに在籍しており、この時代がミハエル・シューマッハさんにとって、最も栄光に満ちた時期だったと言えるでしょう。2000、01、02、03、04と5つのタイトルを獲得し、ミハエル・シューマッハさんの名前は世界中に知れ渡ることになります。

ミハエル・シューマッハさんが打ち立てた72勝、116回の表彰台(優勝を含めた回数)は、フェラーリに在籍するほかの多くのレーサーの中でも、とびぬけてすばらしい記録です。そんなミハエル・シューマッハさんは、死亡してもおかしくないほどの大事故に見舞われてしまったのです。

1999年第6戦カナダGPでは、ミハエル・シューマッハさんはスタートで出遅れてしまいました。ストウ・コーナーへのアプローチで減速できなかったミハエル・シューマッハさんのマシンは、コースアウトしてタイヤバリアへまっすぐに突き刺さってしまったのです。

このときのブラックボックスの記録では、タイヤバリアへの衝突時の速度は107km/hでした。ミハエル・シューマッハさんが乗っていたマシンには、瞬間的に50Gが懸かっていたのです。ミハエル・シューマッハさんは、モノコック内部に足を強打し、ヘリコプターで緊急搬送されました。

ミハエル・シューマッハさんは、右足の脛骨と腓骨の骨折により、自身のレースキャリアで初めての負傷欠場に追い込まれたのです。事故の時の状況について、ミハエル・シューマッハさんは、「どんどんブレーキが効かなくなった。なんとかスピードを落とそうとしたが駄目だった」と述べています。

メルセデス在籍時代の成績

2009年12月23日、メルセデス・グランプリから、ミハエル・シューマッハさんが4シーズンぶりにF1に復帰することが発表されました。しかし、ミハエル・シューマッハさんは復帰したものの、良い成績が残せず、苦戦が続いたのです。

そんなミハエル・シューマッハさんに対して、ミハエル・シューマッハを解雇すべきだ、などといった厳しい批判の声が上がりました。批判は非常に鋭いものでしたが、ミハエル・シューマッハさん自身は、F1に復帰したことを後悔したことはなく、自信を失ったことは一度もないと述べています。

ミハエル・シューマッハさんは、3年の契約期間中に、安定した成績を残すことはできませんでした。良い成績も残したものの、継続的に良い成績を残すことは叶わなかったのです。「苦戦」と呼ばれたり、「かつての目覚ましい才能の輝き」と呼ばれたりと、乱高下のような成績が続きました。

ミハエル・シューマッハさん自身のレース後の発言も、このような不安定な成績が反映されたものでした。「レースが面白くない」というコメントを残したこともあれば、「心から追い抜きを楽しんだ」と全盛期のような発言が飛び出すこともあったのです。

ミハエル・シューマッハがスキーで事故!?脳死状態は本当?

続いては、ミハエル・シューマッハさんがスキーで事故を起こし、脳死状態になったと言われていることは本当なのかについて見てきます。ミハエル・シューマッハさんは、2013年に家族でスキーをしている間に、事故に遭遇してしまいます。この事故で、ミハエル・シューマッハさんは脳に重傷を負ったのです。

2013年家族でスキー中に事故

2013年12月29日、ミハエル・シューマッハさんは、当時14歳だった息子のミックと、フランスアルプスにあるグルノーブルのメリベル・リゾートでスキーをしていました。ミハエル・シューマッハさんは、ゲレンデの外を滑走中に、転倒し、岩に頭を強打してしまったのです。

事故後は情報が錯綜

事故の第一報では、ミハエル・シューマッハさんの容体についてはダメージは軽いものと報道されました。関係者は、「彼は常識的な速度で事故当時ヘルメットを着用しており、ショックを受け軽い脳震盪を起こしていましたが、意識はあります。頭蓋に外傷があるかもしれないが、重症ではありません」と発言しています。

しかしながら、時間が経つにつれて、徐々に深刻な状態が伝えられていくようになりました。ミハエル・シューマッハさんの代理人であるザビーネ・ケームさんは、「彼は頭部外傷を受けており、迅速な神経外科的治療を要する昏睡状態にあります」とする声明を発表したのです。

当初は楽観的な情報を知らされていた世界中のF1ファンは、ミハエル・シューマッハさんの深刻な容態に不安になったことでしょう。ミハエル・シューマッハさんの事故は、軽いものではなく、非常に危険なものであることが瞬く間に知れ渡ったのです。

検査で脳挫傷や脳浮腫などが見つかる

当時治療に当たっていた医師は、もし、ミハエル・シューマッハさんがヘルメットを着用していなければ、おそらく死亡していただろうと述べています。ミハエル・シューマッハさんの衝突時の速度は、時速20km程度だったそうですが、ヘルメットが割れるほどの衝撃だったのです。

緊急搬送された地元の病院の検査では、ミハエル・シューマッハさんに脳挫傷や脳浮腫などが見つかってしまいました。ミハエル・シューマッハさんは、脳外科の専門チームが待つグルノーブル大学附属病院に搬送され、治療を受けることになったのです。

人工的な昏睡状態での治療

ミハエル・シューマッハさんは、ここで二度に渡る手術を受けました。その結果、危険な状態からは脱し、回復を待つために、「人工的な昏睡状態」に置かれたのです。しかしながら、この状態が「脳死」であるという誤解が世界中に広まってしまいました。

このように人工的な昏睡状態に置くのは、術後の状態が安定する2~3週間程度が一般的であるとされています。ミハエル・シューマッハさんの場合も、容態が安定するまで、この状態のままにしておくことが決められました。この状態は、いわゆる脳死状態とは異なります。

ミハエル・シューマッハは脳死?

ミハエル・シューマッハさんが脳死状態になってしまったと間違って報道されたことがありましたが、ミハエル・シューマッハさんは脳死状態ではありません。ミハエル・シューマッハさんは脳死ではなく、「頭蓋内出血」を起こしてしまったと言われています。

2013年までF1ドクターを務めたゲイリー・ハートスタインさんは、Twitterでミハエル・シューマッハさんの容体を医学的に、「血腫ができ、圧力の急増によって思いがけない劇的な徴候が起こります。圧力は素早く軽減させなくてはなりません。これは、神経外科処置によってなされます」と説明しました。

脳死とは、ヒトの脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に回復不可能な段階まで低下して、回復不能と認められた状態を言います。脳死判定の前提として挙げられるのが、深昏睡です。脳死は、原疾患が確実に診断されており、回復の見込みがない状態を指しています。

ただ、脳死については、各国で見方が異なるとも言われているのです。ミハエル・シューマッハさんの場合、スキー事故によって脳に与えられた損傷を回復させ、外部刺激から一時的にシャットダウンするための人工的昏睡状態ですから、完全な脳死状態とは違います。ただ、彼が脳死状態であるという間違ったニュースが広まったことは事実です。

ミハエル・シューマッハのスキー事故の原因は?

ミハエル・シューマッハさんの事故とその後の容態について見てきましたが、続いては、ミハエル・シューマッハさんのスキー事故の原因を見ていきましょう。ミハエル・シューマッハさんは、スキー事故を起こしたときに、危険なコースを滑走していたと言われているのです。

危険なコースを滑走?

ミハエル・シューマッハさんは、整備されたコースには挟まれた未整備のコースを滑走していたと言われています。未整備のコースには、鋭利な岩が存在しており、非常に危険な状態だったのです。ただ、鋭利な岩が雪によって、部分的に、あるいは完全に隠れていた状態だったため、彼はそれほど危険には感じていなかったかもしれません。

ミハエル・シューマッハの事故後の容態は?

続いては、ミハエル・シューマッハさんの事故後の容態について詳しく見ていきましょう。ミハエル・シューマッハさんは、2014年6月に、昏睡状態から目覚めました。このニュースは世界中に広まり、ミハエル・シューマッハさんのファンたちは、ひとまず安堵したことでしょう。

2014年6月昏睡状態から目覚める

ミハエル・シューマッハさんは、2014年6月に完全に意識を取り戻しました。ミハエル・シューマッハさんは、その後、リハビリのためにスイスの大学病院へ転院し、リハビリに専念することにしたのです。2014年9月には、自宅に戻る許可が出されています。最新の情報では、容態は安定しており、自宅でリハビリをしているそうです。

ミハエル・シューマッハの現在は?

続いては、ミハエル・シューマッハさんの現在の様子について見ていきましょう。ミハエル・シューマッハさんが現在どういう状況なのかが気になる人もたくさんいることでしょう。実は、ミハエル・シューマッハさんの50歳の誕生日に「Michael 50」が開催されたのです。

スポンサーによる契約解除

事故から時間が経った現在では、多くのスポンサーがミハエル・シューマッハさんに対する契約を解除しています。ミハエル・シューマッハさんの容体が詳しく公表されていないため、契約を結んでいたスポンサーにもミハエル・シューマッハさんの現在の容体を詳しく伝えていない可能性もあります。

ミハエル・シューマッハさんはスキー事故後、圧倒的に露出が減りました。そのため、スポンサーがミハエル・シューマッハさんとの契約を解除するのは、ある面では、自然なことと言えるでしょう。ミハエル・シューマッハさんの容体が分からない中、いくつかのスポンサーは現在でも契約し続けています。

現在でも契約しているスポンサーはありますが、契約金額を減らしている企業が多いようです。ただ、今現在、何社くらいのスポンサー契約があるのかは不明です。現在のように露出が減ったミハエル・シューマッハさんとスポンサー契約をする企業はかなり少ないと言えるでしょう。

50歳の誕生日に「Michael 50」が開催

ミハエル・シューマッハさんが50歳の誕生日を迎えるにあたり、スクーデリア・フェラーリはこれを記念して、チャリティ団体「Keep Fighting Foundation」と共に、イタリアのマラネロにあるフェラーリ記念館で「Michael 50」と題した特別展覧会を開催しました。

現在の写真がマスコミに売られる?

ミハエル・シューマッハさんの友人がお見舞いに訪れた際に、ベッドに横になっているミハエル・シューマッハさんの写真を自宅から持ち出し、欧州メディアに売却して裁判になったことがあります。その写真が買い取られた金額は、約100万ドルだったそうです。

もしこの写真が公表される事態となれば、ミハエル・シューマッハさんの家族とエージェントが必死で守ってきた、伝説のF1ドライバーの現在の様子が、白日の下にさらされてしまったことでしょう。夫の現在の写真が不法に売却されたことを知った妻は、激怒したと言われています。

現在捜査に当たっている検察当局は、「ある身元不明の人物が、大金のために写真を提供した」との声明を出しました。しかしながら、写真を買い取ったメディアは、現在、情報提供者保護の観点から、名前を明かすことを拒否しているのです。

自宅に併設された施設で治療を続けている

最新の情報によると、ミハエル・シューマッハさんは現在、自宅に併設された施設で治療を受けていると言われています。最新の容態はかつてより落ち着いているとのことですが、現在も歩くことはできないようです。脳死とも言われた、ひどい状態からは脱して現在では、家族に支えられていると思われます。これからも最新情報に注意していきましょう。

ミハエル・シューマッハの息子がF1の道へ?

ミハエル・シューマッハさんの現在の様子について見てきましたが、続いては、ミハエル・シューマッハさんの息子がF1の道へ進むのかという点について見ていきましょう。2017年11月に、ミハエル・シューマッハさんの息子であるミック・シューマッハさんは、ヨーロッパF3選手権に参戦しました。

ミハエル・シューマッハさんの息子は、現在、父親と同じ道を歩み始めたのです。息子は、現在に至るまで、父のミハエル・シューマッハさんの容態について一切語っていません。ミハエル・シューマッハさんの最新の容態について語ることは絶対にしないと決意しているということなのでしょう。

ミハエル・シューマッハの名言

ミハエル・シューマッハさんの息子について見てきましたが、続いては、ミハエル・シューマッハさんの名言を見ていきましょう。天才F1ドライバーであるミハエル・シューマッハさんは、数々の名言を残してきたことでも知られた存在なのです。彼の名言は、現在でも人々の心に残っていることでしょう。

名言①東日本大震災の被災者へ

ミハエル・シューマッハさんは、東日本大震災の被災者に対して、「未曾有の震災に心が痛みます。しかし、あきらめないでほしい。必ず日本は立ち直ることができます」というメッセージを残しました。こうした言葉は、現在でも、被災者たちを勇気づけたことでしょう。

東日本大震災の影響は、現在でも、残っていると言えます。現在でも、立ち入れない区域があるのも事実です。天才F1レーサーからの温かい言葉は、きっと誰かの心に現在でも残っているはずです。現在治療に励む彼を応援する日本人は、きっと少なくないことでしょう。

名言②「考え得る最高を常に行う」

ミハエル・シューマッハさんは、「考え得る最高を常に行う」という名言を残しています。チャンスを生かすことが必要だと語るF1ドライバーは数多くいますが、ミハエル・シューマッハさんは、どんなときにも常に自分のベストを出そうと心がけることの重要さを訴えました。

この言葉は、きっと今現在の彼自身をも勇気づけているはずです。彼は、どんなときでも、今現在出来る最善を尽くす人間だからです。現在、彼の容態がどのくらいなのかは知る由もありませんが、彼が今現在、懸命に最善の努力をしていることだけは事実でしょう。

名言③「負け方を学んだ」

ミハエル・シューマッハさんは、「負け方を学んだ」という名言も残しています。ミハエル・シューマッハさんは、「ふたつの異なるキャリアを過ごした。そのひとつにおいてはすべてを勝ち取ったんだ。ふたつめのキャリアでは、負けることの意味を知った」という言葉に続けて、「負け方を学んだ。でも、そのおかげでさらに成長した」と述べています。

名言④「決して逃げることがなかったファイターと呼ばれたい」

ミハエル・シューマッハさんは、2度目の引退の時に、「決して逃げることがなかったファイターと呼ばれたい」と述べています。ミハエル・シューマッハさんはあらゆる記録を塗り替えた天才ドライバーです。ミハエル・シューマッハさんは現在でもファイターであり続けるのでしょう。

最新の情報では、容態は比較的落ち着いているようです。この名言を残したミハエル・シューマッハさんがあきらめることはないでしょう。最新の容態は不明ですが、今はコースの外で戦い続けていると言えます。これからも最新の情報に注意し続けましょう。

名言⑤「チームで仕事をする場合、チームワークを優先しなければならない」

ミハエル・シューマッハさんは、「チームで仕事をする場合、チームワークを優先しなければならない」という名言も残しています。天才F1ドライバーだったミハエル・シューマッハさんは、自分だけでなく、チームのことを常に考えて行動していた人なのでしょう。

この言葉も、現在の彼に当てはまる言葉と言えるかもしれません。最新の情報によれば、ミハエル・シューマッハさんは家族と一緒に暮らし、リハビリを行っているようです。最新の容態は不明ですが、家族というチームを信頼しあい、支えあっていることは確かなはずです。

ミハエル・シューマッハをこれからも見守っていこう!

天才ドライバーのミハエル・シューマッハさんについて詳しく見てきました。現在のミハエル・シューマッハさんの容態の詳細は分かりません。しかし、最新の情報によれば、現在でも戦い続けていることは確かです。彼は現在家族に支えられ、治療に専念してるのでしょう。最新の情報に注意しながら、現在の容態がより良いものになるよう、祈りましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ