TAIJIの死因は自殺?謎の死の真相やXJAPAN脱退理由など紹介!

カリスマ的な人気を誇るロックバンド・XJAPANのベースTAIJIが謎の死をとげて約8年、カリスマ的人気を誇っていたTAIJIの死因にはいくつもの謎が残っているのをご存知でしょうか。今回は、TAIJIのXJAPAN脱退の理由や死因についてご紹介します。

TAIJIの死因は自殺?謎の死の真相やXJAPAN脱退理由など紹介!のイメージ

目次

  1. 1TAIJIの死因は自殺?死の真相やXJAPAN脱退理由などについて
  2. 2TAIJI(元XJAPAN)とは?
  3. 3TAIJI(元XJAPAN)の経歴
  4. 4TAIJIの死去までの経緯
  5. 5TAIJIの死因は首吊り自殺?
  6. 6謎が多く残るTAIJIの死
  7. 7TAIJIの死に対するSNSでのファンの反応
  8. 8XJAPANの脱退理由は?
  9. 9TAIJIは結婚していた?嫁や子供は?
  10. 10天才ミュージシャンの惜しまれる死

TAIJIの死因は自殺?死の真相やXJAPAN脱退理由などについて

カリスマロックバンド・XJAPANは、日本のみならず世界中で愛されるバンドですが、活動期間中にあらゆる事件があり、波乱万丈な歴史を刻んできたバンドです。

そんなXJAPANのベーシストとして今尚多くのファンに愛されているTAIJIは、2011年にサイパンで謎の死をとげています。今回は、謎の死をとげたTAIJIの本当の死因やXJAPAN脱退の理由についてご紹介します。

TAIJI(元XJAPAN)とは?

60323534 161521028214059 1674214955500821128 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
qinglong_ss

・TAIJIのプロフィール

本名 沢田 泰司(さわだ たいじ)
生年月日 1966年7月12日
年齢
(2019年時点)
2011年7月17日(45歳没)
活動内容 ミュージシャン、ロックベーシスト
代表作 ・B.O.X.CD 〜Best of X〜
・PERFECT BEST
・X JAPAN BEST 〜FAN'S SELECTION〜

1966年7月12日、千葉県市川市に生まれたTAIJIは、3人兄妹の次男です。兄弟は兄と妹がおり、妹は歌手・SisterのMAYOとし活動しています。

遊び感覚で始めたギターですが、始めてすぐにその才能を開花させました。TAIJIがギターを始めたのは小学校2年生の時で、アコースティックギター歴3ヶ月で「禁じられた遊び」を披露したと言います。

「禁じられた遊び」と言えば、ギターを練習する人が必ず通ると言っても過言ではない程の名曲ですが、わずか3ヶ月でマスターするというと、TAIJI本人の努力に加えて天性の才能がぴったりハマったのではないかと考えられます。

TAIJI(元XJAPAN)の経歴

XJAPANの元メンバーとして輝かしい経歴を持ちながらも、2011年に死去したTAIJIの死因や未だに残る謎をご紹介する前に、TAIJIの輝かしい経歴をご紹介します。

天性の音楽センスを持ち、XJAPANのベーシストとして世界中から愛された「TAIJI」になるまでにはどのようなことがあったのでしょうか。

2歳で右手中指を切断

世界的なバンドの天才ベーシストとして活躍したTAIJIですが、実は2歳のときに親が経営する工場の機械に手を巻き込まれ、右手中指の第一関節から上を失っています。

ベースの演奏テクニックから、不安定さを感じない為、右手中指の第一関節から上を切断していることを知らない人もいます。ベースを演奏する際、通常は人差し指と中指を使い弦を弾きますが、TAIJIは中指の先が無いので、人差し指と薬指を使い演奏していました。

薬指は中指よりも力が弱い為、演奏が不安定になってしまいますが、TAIJIは人一倍血の滲むような努力をして、世界レベルの演奏テクニックを手に入れたのです。

高校時代よりロックに傾倒

TAIJIが中学生の時に両親が離婚し、母親が別の男性と再婚したことをきっかけに、TAIJIはどんどん非行の道に進むようになります。

1982年には、千葉明徳高等学校に進学し高校生活をスタートさせますが、TAIJIは勉強よりも音楽に夢中になります。幼少期よりアコースティックギターに慣れ親しんでいたTAIJIは、高校生になるとエレクトリックギターを始めロックにのめり込むようになります。

高校中退後YOSHIKIの勧誘でXに加入

高校へ進学したものの、TAIJIは勉強よりもバンド活動に熱中します。友人たちとバンドを組み、メジャーデビューするために高校はわずか1年で中退してしまいます。

この時のTAIJIはギタリストとしてメジャーデビューを目指していましたが、友人が参加していたバンド「DEMENTIA」(ディメンシア)で、たまたまベースをプレイしたことがきっかけで、ギタリストからベーシストへ転向することを決意します。

その後、いくつかのバンドを渡り歩いたTAIJIは、XJAPANの前身となる「X」に出会います。当時TAIJIは「X」の音楽性が自分の目指すものとは違うと感じており、加入するつもりはなかったそうです。しかし、YOSHIKIの熱心な誘いを受けるうちにYOSHIKIの熱意に惹かれ「X」に加入することになりました。

1991年XJAPAN脱退

1985年にXJAPANの前身となる「X」に加入しベーシストとして活動をスタートしたTAIJIは、XJAPANのメンバーと共に1989年に「X」がメジャーデビューを果たします。

1991年12月31日にTAIJIは「X」から脱退しています。ラストステージは、1992年1月7日からの東京ドーム3days公演でした。TAIJIの「X」脱退にはいくつか理由があるようですが、大きな脱退理由としては、YOSHIKIとの間に生じた軋轢だったと言われています。

脱退以降はケガや病気などによる転落人生

人気バンド「X」を脱退後のTAIJIは、いくつかのバンドを渡り歩いたものの活動は上手くいかず経済的に困窮し、ホームレスのような生活を送ることになります。そんな中で妻と離婚、喧嘩に巻き込まれ角材で前歯を折られるケガを負いました。

「X」で共に活動したHIDEの葬儀には、自身の生活もままならない状態で訪れたといいます。その時に折れた前歯をYOSHIKIに見られたことで、YOSHIKIは前歯の治療代として200万円を渡したと言われています。

また、2005年には足の靭帯を切る大怪我もしています。その後も持病の悪化や体調不良が続き、命の危機も経験しています。

一度は人生のどん底を経験したTAIJIでしたが、HIDEの葬儀で再開した古くからの音楽仲間に助けられ、アーティストとして再出発することができたのです。

TAIJIの死去までの経緯

「X」のベーシストとして活躍し、脱退後は一時期ホームレスのような過酷な生活を送っていたTAIJIですが、昔からの音楽仲間の力を借りて、アーティストとして再始動したTAIJIは、2011年7月17日にサイパンで急死しています。TAIJIが死去した経緯についてご紹介します。

サイパン行きの航空機内でCAへの暴行で逮捕

TAIJIは2011年7月11日に仕事のためマネージャーらとサイパンへ出発しました。成田国際空港からサイパン島へ向かう飛行機の中で暴れ、CAへの暴行で逮捕されたと報道されましたが、実際には共に仕事の為サイパンへ向かっていた当時の女性マネージャーと騒動を起こし、窓や座席を叩いたことで逮捕されました。

拘置所内で自殺を図り意識不明

そして、拘留尋問を控えていた14日夜に拘置所内で首吊り自殺を図る。その後、地元医療機関の集中治療室で治療を受けるも、17日、帰らぬ人となった。

飛行機内での騒動をきっかけに、TAIJIはサイパン島に到着後身柄を拘束され逮捕となりました。身柄を拘束されたTAIJIは拘留尋問を控えていた2011年7月14日のよる、拘置所内で首を吊り自殺しているところを発見されました。

首をつっているところを発見された後、サイパン島の医療機関で治療を受けるものの、2011年7月17日に帰らぬ人となってしまいました。死因については、未だに謎が残っています。

TAIJIの死因は首吊り自殺?

2011年7月17日に、首吊り自殺が死因として発表されたTAIJIですが、TAIJIの本当の死因が首吊りだったのかどうかについて、実は今も謎が残っていると言われているのです。

TAIJIが発見された際、首を吊ったようなうっ血痕がなかったことや、体に不審な傷があったことから、直接的な死因が首吊りではなかったのではといわれているのです。

ベッドシーツで首つり自殺を図る

TAIJIの自殺の一報を受けた当時の内縁の妻とTAIJIの親族は、サイパンへ急行しTAIJIの遺体と対面します。サイパン当局からの説明では、ベッドシーツを使い首吊り自殺を図ったという説明だったそうですが、TAIJIの顔は腫れ上がり、胸板には細い棒で殴られたような痕があったそうです。

また、死因を不審に思った親族がカルテの開示を申し出たところ、カルテを紛失したと言いカルテ開示は受け入れられなかったそうです。

さらに、司法解剖や死後解剖も行われておらず、本当の死因が首吊りだったとは言い切れない状態となっています。

謎が多く残るTAIJIの死

サイパン島の拘置所内で自殺を図っているところが発見され、治療も力及ばすその後死去したTAIJIですが、本当の死因については未だに謎が多いと言われています。TAIJIの場合、自殺を思い立つ理由はいくつも思いつきますが、最終的な死因が自殺によるものだったのかというと謎が残るようです。

未だに謎が多く残っているTAIJIの死因について、謎が残っている部分をご紹介します。直接的な死因は本当に首をつったことによる自殺だったのでしょうか。

首にうっ血痕がない?

TAIJIが自殺を図ったとの連絡をうけた当時の内縁の妻は、TAIJIの親族と共にサイパン島へ向かいました。自殺を図ったTAIJIの遺体を確認したところ、通常首を吊った歳に出来るであろううっ血痕が見当たらなかったそうです。

ただ、体には外側から何者かに暴行を加えられたような傷がいくつも残っていたとのことです。そういった理由から、TAIJIが本当に首を吊り自殺したのかどうか、死因については謎が残っています。

口元に粘着テープが貼られたような跡あと?

親族と内縁の妻がTAIJIの遺体を確認したところ、口元に粘着テープが貼られたような跡があったそうです。ただ、親族が到着した歳にTAIJIは人工呼吸器を装着されていたことから、人工呼吸器を装着する際についた跡ではないかとも言われています。

自殺を図って意識不明の時間帯にメールが

他にもTAIJIの死で不可解な点として残っているのが、TAIJIが自殺を図ったとされる時間帯に、内縁の妻や音楽関係者宛にTAIJIからメールが届いたというのです。サイパン当局の説明が本当であれば、TAIJIはすでに意識不明になっているはずの時間帯だったそうです。

サイパンに同行していたマネージャーが行方不明

サイパンでTAIJIのそばにいて、自殺についても一番良く知っているはずのマネージャーが、サイパンに同行した後日本に帰国せず、行方不明になっているという点もTAIJIの死に残る大きな謎です。当時同行していたマネージャーの行方は、今もわかっていないと言われています。

TAIJIの死に対するSNSでのファンの反応

TAIJIの死につていは、多くのファンが「自殺じゃない」と感じているようです。死因についてはいろいろな憶測があるものの、遺体を確認した当時の状況から、自殺ではないと感じるファンが多いのもうなずけます。

ここ数年、XJAPANのメンバー、YOSHIKIやTOSHIがテレビ出演する機会が増え、過去のメンバーとの関係について取り上げられることが多くなりました。どの番組でもTAIJIの死因については「自殺」としていることから、ファンは番組の取り上げ方に疑問を感じる人も多いようです。

XJAPANの脱退理由は?

世界的な人気バンドとして数々の伝説を残してきたXJAPANの前身バンドである「X」のメンバーとして華々しく活躍していたTAIJIですが、実質1年あまりで「X」を脱退してしまいます。

その後の活躍や生活が保証されていたであろうTAIJIが、なぜ「X」を脱退したのか、今ではTAIJI本人が語ることはできませんが、脱退にはいくつかの理由があったようです。

バンド内での収入格差?

「X」から発表されたTAIJIの脱退理由は、「音楽性とファッション性の違い」ということが表向きだったようですが、実際はそんな簡単な理由ではなかったようです。

TAIJIは自身の自伝で、バンド内での収入格差があったこと、それに対しメンバーに文句を言ったこと、YOSHIKIのドラムプレイに対してダメ出しをし、YOSHIKIとの間に軋轢が生じたことを語っています。

しかし、TAIJIのこの発言に対しYOSHIKIはTAIJIの脱退理由を「TAIJIが自分との約束を破った」と脱退理由を語りました。

TAIJIは結婚していた?嫁や子供は?

数々の栄光を手にしながらも、人生のどん底を経験したミュージシャン・TAIJIですが、プライベートについてはあまり知られていない部分もあるようです。ここでは、TAIJIが結婚していたのか、嫁や子供はいるのかについてご紹介します。

最初の嫁の間に息子と娘

TAIJIは、XJAPANの前身であるバンド「X」としての活動をスタートさせ、「X」のメジャーデビューが決まったことをきっかけに交際していた女性と結婚しています。これがTAIJIにとって最初の結婚であり、この女性との間に、一男一女をもうけています。

経済的理由で離婚

TAIJIは「X」を脱退後、友人のバンドでベーシストをするも脱退、その後1994年に自身がリーダーを務めるバンド「Dirty Trash Road」を結成し活動をスタートしました。

しかし、バンド活動がうまくいかず、1996年にバンドは事実上の活動休止、日々の生活にも困るほど困窮した生活を送るようになり、時同じくして妻と離婚しています。

内縁の妻がいた?

TAIJIは最初の妻と離婚した後、結婚を約束した婚約者の女性がいたようです。TAIJIが自殺を図ったサイパンで、TAIJIの身元を確認した女性です。

TAIJIの婚約者の女性は、赤塚友美さん。TAIJIの死から4年後の2015年7月17日にはTAIJIと歩んだ日々を綴った著書「TAIJI_沢田泰司_」を出版しました。事故や病気からの復活、謎に包まれた死因、TAIJIを失った後の生活についてを綴っています。

天才ミュージシャンの惜しまれる死

TAIJIは「X」のメンバーとしてだけでなく、自身もバンドを立ち上げ精力的に音楽活動をしていました。活動が上手くいかず低迷した時期もありましたが、実力は世界的に見てもトップレベルだったことは間違いないでしょう。

「TAIJIが生きていれば」「またXのステージが見たい」と、TAIJIの死を惜しむ声は、TAIJIの死から5年経った今も多く聞こえてきます。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ