セックス後に筋肉痛になる原因は?エッチの筋肉痛への対処法!

パートナーとの愛を感じることができるセックスですが、セックス後に筋肉痛を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。久しぶりのセックス、少し激しめのセックスで筋肉痛になる原因とは、またセックスで筋肉痛になってしまった際の対策とは、まとめてチェックしましょう。

セックス後に筋肉痛になる原因は?エッチの筋肉痛への対処法!のイメージ

目次

  1. 1セックス後に筋肉痛になる原因は?対処法など解説!
  2. 2セックス後筋肉痛になりやすい部位や体位
  3. 3セックス後筋肉痛になる原因は?
  4. 4セックス後の筋肉痛を避ける方法
  5. 5セックス後筋肉痛になった時の対処法
  6. 6セックスはダイエットにも良い?
  7. 7セックス後の筋肉痛は幸せな痛み

セックス後に筋肉痛になる原因は?対処法など解説!

パートナーと愛を確かめるセックス、楽しく甘い時間を過ごしながら幸せな時間を過ごした後、ふと気がつくとあちこちに筋肉痛を感じるという経験をしたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。

筋肉痛といえば、慣れない運動や激しい運動をした後にやってくる地味に辛い痛みですが、セックスでも筋肉痛になることがあります。今回は、セックスで筋肉痛になる原因や、セックス後筋肉痛にやりやすい部位、セックス後筋肉痛になってしまった時の対処法についてご紹介します。

セックス後筋肉痛になりやすい部位や体位

セックスに夢中になって、翌日ふと気がつくと筋肉痛になっているという経験をした人も多いと思いますが、セックス後に筋肉痛になりやすい体の部位はどこなのでしょうか。セックス後の筋肉痛を経験したことがある人に筋肉痛の多い部位をご紹介します。

また、筋肉痛になりやすい体位もあわせてチェックしましょう。筋肉痛になりやすいセックスの体位を知っておけば、大切な予定がある日の前は筋肉痛にならないように調整しながら楽しいセックスをしましょう。

筋肉痛になりやすい部位

まずはセックスで筋肉痛になりやすい体の部位をご紹介します。筋肉痛になってしまう原因や、力が入ってしまうポイントもチェックしましょう。セックスは、恥ずかしさや気持ちよさから、普段は意識していない部分に力が入っていることも多く、運動よりも筋肉痛になりやすいのです。

①腕の筋肉

セックスで筋肉痛になりやすい体の部位、1つ目は腕の筋肉です。腕の筋肉が筋肉痛になるのは女性よりも男性の方が多いようです。原因の一つに、男性は女性の上に覆いかぶさり、腕で体重を支えることが多い為、腕の筋肉が筋肉痛になるようです。

同じように、女性が男性の上に乗って体を支える場合も腕が筋肉痛になる場合もあります。正常位のように腕で体を支えて上下に動く場合は、腕立て伏せを続けている状態なので腕が筋肉痛になる大きな原因となるでしょう。

②腹筋

セックスで筋肉痛になりやすい部位の2つ目に、腹筋があります。セックスで腹筋が筋肉痛になる原因の一つに、セックス中はお腹に力が入りやすいということがあります。腰が反らないよう腹筋に力を入れたり、上半身を安定させるために力を入れたり、意外にもセックスは腹筋を使う行為なのです。

体を支える為に腹筋に力を入れることで、セックス後に筋肉痛を感じますが、女性の場合は腹筋が鍛えられてお腹のたるみ対策になりくびれが出来ることもあります。

③太ももの筋肉

セックスで筋肉痛になる部位でダントツに多いのが太ももの筋肉です。太ももの筋肉は体の中でも非常に大きな筋肉であり、日頃から運動をしている人でもセックス後に筋肉痛を感じる場合もあるほど、太ももの筋肉はセックスにおいて筋肉痛になりやすいようです。

セックスで太ももが筋肉痛になる原因を、正常位を例にご紹介します。正常位の場合、女性は脚を開脚し男性が間に入ります。その際女性は脚を上げ続けることで太ももの筋肉を使い、男性は体を支える為に太ももの筋肉を使うのです。

普段よりも筋肉を収縮させている時間が長くなる上に、セックス中は脚を伸ばすタイミングやストレッチをするタイミングも無い為、乳酸が溜まりやすく筋肉痛になる原因になるようです。

筋肉痛になりやすい体位

セックスで筋肉痛になりやすい体の部位をご紹介しましたが、筋肉痛になりやすい体位についてもご紹介します。普段何気なくやっている体位で、いつもは筋肉痛にならないのに、いきなり筋肉痛を感じる場合もあるかもしれません。

その場合は、体調が悪い時やリズムが合わない、体格差があるといった理由も含まれているようです。筋肉痛になりやすい体位にトライする時は、筋肉痛にならないように対策を考える必要もあるでしょう。

①正常位

まずは正常位です。正常位で筋肉痛になりやすいのは、男女ともに腕と太ももです。特に男性は女性に覆いかぶさって体を上下に動かす為、長時間腕立て伏せを続けている状態になり、腕の筋肉痛になる原因といえるでしょう。

女性は正常位の時に脚を開脚し上げっぱなしにするため、脚に乳酸が溜まりやすく筋肉痛になってしまいます。対策としては、途中で脚を下ろすことで筋肉痛になるリスクを和らげることができます。

②騎乗位

騎乗位はセックス後に女性が筋肉痛を感じることが多い体位の一つです。騎乗位の中でも、女性が男性の上にM字開脚のようにして座り、上下運動するとスクワットをしているような動きになるため、太ももに筋肉痛を感じます。

騎乗位で太ももに筋肉痛を感じない為には、ベッドに膝を付く状態で騎乗位をすると良いでしょう。AV女優のようにM字開脚で騎乗位をするのはハードルが高い上に、筋肉痛の原因となるため、日常的にスクワットで鍛えていない人は避けたほうが良いでしょう。

セックス後筋肉痛になる原因は?

セックスで筋肉痛になる人は、年齢や性別を問わずいます。さらに、普段運動をしている人でもセックス後に筋肉痛を感じることもあり、なぜセックスで筋肉痛になるのだろうと気になる人も多いのではないでしょうか。ここからは、セックス後に筋肉痛になる原因をご紹介します。

セックス後に筋肉痛になる原因を理解しておけば、セックス後筋肉痛にならないように対策を考えることもできるのではないでしょうか。

単純に運動不足

セックスで筋肉痛になる原因で最も多いのは、単純に運動不足ということが上げられます。年齢を重ねてくると運動不足になっていく人が多く、普段使わない筋肉をセックスで刺激されることにより筋肉痛を引き起こしてしまいます。

デスクワーク中心の生活をしている人や、車移動が多くなかなか体を動かす時間がないという人は運動不足で、セックス後に筋肉痛を感じやすくなります。

筋肉痛にならなためには、日常的に筋肉痛にならないように運動をしておく必要があります。後ほど、セックス後に筋肉痛にならない対策をご紹介します。

無理な体勢だから

セックスの時に、無理な体勢をしていると筋肉痛になりやすくなってしまいます。男性優位な体勢の場合は女性は筋肉痛になりやすくなってしまいます。また、最近多いのがAVの体位を真似しようと男性が多いことも原因の一つです。

AV女優やAV男優はセックスのプロなので、多少無理な体位でもこなしますし、演技も入っているので気持ちよさそうにしているということを忘れてはいけません。一般人がセックスをする際には、無理な体勢でセックスをするのは筋肉痛の原因になってしまいます。

SMプレイをしたから

セックスのプレイが多様化し、数多くのラブグッズが手軽に手に入るようになってから、ソフトなSMプレイをするカップルも増えてきました。見た目も可愛く、痛い思いをしないようなグッズも増えたことで、SMプレイが身近になりましたが、SMプレイも筋肉痛の原因の一つと言えます。

SMプレイの場合、手足を拘束したり普段しない体位をしたりと、体に負担のかかる場合が多く、日常生活で使わない筋肉を刺激されることが多いのです。SMプレイも程々にしなければ筋肉痛になってしまいます。

セックスに不慣れ

セックスは勉強のように机に向かってマニュアルを読むだけで上達するものではありません。セックスに慣れるには、セックスの回数を増やさなければなりませんが、なかなか回数を増やせない人も多いでしょう。セックスに不慣れな場合、緊張から体に力が入ってしまい、筋肉痛になる可能性が高いです。

相手の顔色を伺いすぎたり、逆に行為に夢中になりすぎたり、落ち着いて休憩を取るタイミングを掴めなかったりすると、最初から最後まで体に力が入った状態で筋肉痛を引き起こしてしまいます。セックスに慣れるには回数を重ねるしかありません。

また、イメージトレーニングやテクニックにばかり気を取られず、心から相手と一緒に気持ちよくなることや、一緒にリラックスすることをイメージしてセックスすると緊張を和らげることができるでしょう。

セックスが激しいから

若いカップルや、セックスで盛り上がってしまった時などに多いのが、激しいセックスをした後の筋肉痛です。若いカップルであれば性欲が有り余っていて一晩に2回3回と求め合うこともあるでしょう。その場合は、激しい運動をした時と同じように筋肉痛を感じます。

また、普段から定期的にセックスをしていても、有るタイミングでとても盛り上がってしまってつい激しくしすぎてしまったという場合も、セックス後に筋肉痛を感じるでしょう。

セックス後の筋肉痛を避ける方法

激しいセックス、久しぶりのセックス、運動不足による筋肉痛、セックス後の筋肉痛には色々な原因がありますが、原因を取り除く対策を立てればセックス後に辛い筋肉痛を感じることなく、セックスを楽しむことができるようになります。

セックス後筋肉痛にならない為の対策にはどのようなことをすればよいのでしょうか。対策を知ることでセックスを思い切り満喫してみると良いでしょう。

ストレッチや柔軟体操をする

体が硬いと、セックス後に筋肉痛になりやすくなります。そのため、日頃から柔軟体操をして体を柔らかくしておくことが大切です。筋肉がほぐれることで血行が良くなり、筋肉痛になりにくくなりますし、筋肉痛になっても軽く済むでしょう。

お風呂上がりにストレッチすることを習慣づければ、いざセックスのときに筋肉痛を感じなくても良くなります。また、体が硬いとセックス中に脚や背中をつることもあります。せっかくのムードを台無しにしないためにも体は柔らかくしておくべきです。

セックスの回数を一定に保つ

セックス後の筋肉痛を軽減する対策として、セックスの回数を一定に保つということがあげられます。セックスの頻度が少なく、長期間セックスをしないと、緊張や筋肉の硬直により筋肉痛を感じる他、心から気持ち良いと感じることができなくなってしまいます。

パートナーと定期的に会える距離にいるのでれば、セックスの回数は少なくとも1ヶ月に2回程度はセックスをする機会を設けたほうが良いでしょう。パートナーがいない場合も、オナニー等でセックス筋を鍛えておきましょう。

筋トレをする

雨後の筋肉痛を軽減するには、日々の生活の中で筋肉を鍛えておく必要があります。自宅の中で出来る簡単な筋トレはもちろん、定期的にウォーキングやジョギングをして健康的でしなやかな筋肉を作ることが、セックス後に筋肉痛を感じなくなる対策の一つです。

ハードな筋トレを続けるのは、時間的にも体的にも難しいと感じる人が多いでしょう。しかし、自宅の中でできるスクワットや腹筋であれば簡単に鍛えることができるのでおすすめです。ストレッチと合わせて日課にすると良いでしょう。

水分をしっかりと取る

筋肉痛を引き起こす原因には、乳酸という筋肉の中で作られる酸が関係しています。乳酸の減退を遅らせるためには水分補給も必要であり、セックスも運動と同じように途中での水分補給が必ず必要になります。

セックスに夢中になりすぎて、筋肉痛だけではなく脱水症状になってしまう場合もあります。愛を確かめ合うことだけに夢中にならず、水分補給休憩もとりながらお互いの存在を愛し合う必要があります。

セックス後筋肉痛になった時の対処法

実際にセックスをした後、ふと気がつくと体のあちこちに筋肉痛を感じた時、どのように対処すればよいのでしょうか。筋肉痛になってしまって、日常生活も辛いという状況になってしまうと、せっかく幸せだったはずのセックスも嫌な思い出になってしまいかねません。

セックス後の筋肉痛を減らし、次もパートナーとセックスをして充実した日常生活を送りたいと思っている人は、セックス後に筋肉痛を感じたらこれからご紹介する対処法を試してみましょう。

体をアイシングで冷やす

筋肉痛で疲労が溜まってしまった筋肉は、アイシングをすることで筋肉痛を軽減することができます。冷たい氷枕のようなものを使うことはもちろん、スポーツのときに使うアイシングスプレー等で筋肉を冷やすのも効果的です。

アイシングの冷たさでスッキリするのと同時に、地味に辛い痛みを緩和してくれるので、セックス後に筋肉痛を感じた場合は、無理に動いて筋肉痛を悪化させてしまう前に、アイシングで痛みを軽減してみましょう。

栄養補給をする

セックスで筋肉痛を感じる時、体が疲れている場合や体調が良くないということもあります。その時は栄養補給をしっかり行い、良質な睡眠を取ることを心がけてください。また、心の疲れもセックスで筋肉痛になる原因の一つです。

体の影響補給はもちろん、心の栄養補給も重要になります。美味しいものを食べてよく眠り、ストレスの少ない生活をすることで、セックス中に無駄な緊張や体のこわばりを感じずにリラックスしてセックスに挑むことができます。

セックスはダイエットにも良い?

パートナーと愛を確かめ合うセックスが、セックスはダイエットにも効果があるということをご存知でしょうか。1回30分のセックスで、約70kcal~110kcalの消費に繋がります。これは約30分間ジョギングをするのと同じ程度の消費カロリーであり、定期的に続けることでダイエット効果も期待できます。

さらに、普通のダイエットよりも効果が期待できる理由に、異性の目があるという点が上げられます。セックスで得られるダイエット効果についてもご紹介します。

セックスで体形を意識できる

セックスはパートナーの自分の体を包み隠さず必要があります。異性の目、パートナーの目を意識することで体形を維持しようとする気持ちや、良くしようと思う気持ちが湧いてくるでしょう。

セックスをすると女性はキレイになる、とは昔から言われていますが迷信ではなく、異性の目を気にするということが非常に重要になります。セックスの時に服を脱いでも恥ずかしくないように、筋トレをして体を作ることも、筋肉痛を防ぐ対策の一つになります。

普段使わない筋肉を鍛えられる

筋肉の部位を意識しながら体を鍛えている人は多いですが、セックスでは普段意識しないインナーマッスルを鍛えることができます。意識せずにインナーマッスルを鍛えることで体幹が強化され、知らず知らずの内に体が引き締まることも期待できます。セックス後に筋肉痛を感じたら、筋肉が成長している証拠です。

セックス後の筋肉痛は幸せな痛み

愛するパートナーとのセックスは、とても幸せを感じるものでしょう。セックスの後ふと気がついて筋肉痛になっていた時、「ちょっと激しくしすぎちゃったな」「久しぶりだったからな」とセックスのことを思い出しながら、幸せな痛みに浸ってみるのはいかがでしょうか。

ただ、あまり激しくしすぎると筋肉痛だけでなく体を痛めてしまう可能性もある為、あまり乱暴なセックスではなく、愛を確かめ合うようにお互いの体を気遣いながらセックスすると良いでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ