エンパス体質の意味とは?共感で疲れやすいエンパスの特徴を紹介!

日本人にはエンパスと呼ばれる体質の方が多いと言われています。エンパスとはどんな特徴があるのか、改善していくことはできるのか、どのようにすれば改善がみられるのか、エンパスでも幸せになれるのか、などについて詳細にご説明します。

エンパス体質の意味とは?共感で疲れやすいエンパスの特徴を紹介!のイメージ

目次

  1. 1日本人に多い?エンパスの意味や特徴をご紹介!
  2. 2エンパス体質の意味とは?
  3. 3エンパスはサイコパス?超能力?
  4. 4エンパスが日本人に多い理由
  5. 5エンパス体質な人の特徴
  6. 6エンパス体質を改善して幸せに生活するには?
  7. 7エンパス体質が幸せになる方法
  8. 8エンパス体質とうまく付き合っていく

日本人に多い?エンパスの意味や特徴をご紹介!

エンパスという言葉を知らない方も多いかもしれませんが、これに悩む方は現在日本にはたくさんいます。日本人の人口の20%程度、すなわち5人に1人がエンパス体質、あるいはその兆候があるといわれています。

エンパスの特徴についてみていく中で、もしかしたら自分もそうなのではないかと感じる部分もあるかもしれません。今回は、このエンパスについて詳しく見ていくとともに、その対処方法や改善方法について考えていきたいと思います。

エンパス体質の意味とは?

まず、エンパスがどんな体質なのか、説明をします。エンパスとは、一言でいうと共感力が非常に高いという性質を持っていることです。他人の苦労や悲しみ、怒りなどに必要以上に共感してしまい、当事者同様の感覚をもってしまいます。

普通の人だと客観的に見て終わってしまうような事でも、まるで本人のように悲しみ、怒り、憎しみを持ったりするということで、心労が絶えない生活を送ることになります。

エンパス体質の方の中には、自分の意志で共感力をオンにしたりオフにしたり、その切り替えをすることができる方もいるといわれています。そんな方々は、時と場所に応じて使い分けをすることができるためそれほど深刻に悩むことはないといわれています。

しかし、そのコントロールができない方にとっては、日々の生活が苦しいものになってしまっているのが現状です。むしろコントロールできる人の方が少ないので、実質的に精神的なストレスを感じながら生活している人の方が多いといえます。

エンパスはサイコパス?超能力?

過去にエンパスのことを公表したアメリカの有名セラピストの方は、最初エンパスのことをサイキックの一種だと発言していたという記録が残っています。今ではこの定説は否定されています。

確かにエンパスとサイコパス・超能力には体質上似ている特徴を持っているといえます。第三者の感情を読み取れるという面では確かに似ています。

しかし、根本的に異なるのが、エンパスは善処的・自然的であるのに対し、超能力の方は意識的・作為的であるという点です。サイコパスや超能力が悪意を持って用いられることが多いのに対し、エンパスは望まなくても自然に感じ取ってしまうという特徴があります。

サイコパスや超能力の類と同類で語られることが多いですが、エンパスの方々にとってこれは大きな誤解になります。共感することを止めたくても止められずに悩んでいる方が大勢いる事実を理解する必要があります。

エンパスが日本人に多い理由

エンパスの体質を持っている日本人が多いという見解が一般的になっています。日本人の5人に1人がエンパスだといわれていますが、これはなぜでしょうか。このように見られている要因についてご紹介します。

日本の旧来からの風習

日本では、鎌倉時代に「わび」「さび」文化が浸透したことなど、古来から落ち着いた控えめな文化が好まれてきました。その文化の脈々とした特徴が現在も息づいていることで、エンパス体質の日本人が育成されてきたという視点があります。

今でも教育面や風習面で日本特有の雰囲気というものは存在しています。諸外国と比べて、控え目を良しとする文化であるとか、相手の気持ちを慮ることが望ましいとする風習は根強く残っています。数年前にはやった「おもてなし」の文化もこれに関連する感覚でしょう。
 

四季折々の季節

日本は、世界的に見てもかなり美しい四季の移り変わりが見られます。季節ごとにそれぞれの魅力があり、生活しやすく感受性がはぐくまれるということがいわれています。エンパスと感受性は綿密なつながりがあるためにエンパスと日本人がつながりやすいのではないかといわれています。

エンパス体質な人の特徴

エンパス体質の方には、共感力の高さゆえにいろんな特徴がみられます。軽度の場合は日常生活に支障が及ばないことが多いですが、重度だと生活が苦しいレベルまでに陥る方も多くみられます。ここでは、主にみられるエンパス体質の特徴を6つ紹介します。

特徴①他人の感情が移る

エンパス体質の人は、他人の感情を意図することなく自分に移行してしまうという特徴を持っています。「合わせる」のが上手で、喜びや楽しさなどのプラスの感情が移行する分にはいいのですが、怒りや悲しみ、つらさといったマイナスの感情も否応なしに乗り移ってきてしまいます。

毎日心労が絶えず、つらい毎日を送っている方もたくさんいるといわれています。改善したくてもできない重症の方も大勢います。

特徴②直感力に優れている

エンパスの人は直観力がとても優れているといわれています。理屈で考えることなく、自分の直感を優先して物事を判断する傾向があります。

社会人として直観力があることはとてもいいことですが、知らなくてもいいマイナスの部分まで直感で判断してしまうと後でつらい経験をすることになる危険があります。

直感を活かす職種につくと最大限の力を発揮することができる場合もありますが、一般的な会社勤めをしている方には、苦痛を感じてしまうケースの方が多くなってしまっています。

特徴③一人になる時間が必須

健常者でも一人になれる時間が欲しいと思うこともありますが、エンパス体質の人は特にこの傾向が強いです。周辺の人のエネルギーの影響を受けやすく、そのたびにエネルギーを使うことになるので、1人にならないとエネルギー切れになってしまいます。

1人でゆっくりできる時間を作ることで、負の感情が改善され、リラックスすることができます。人ごみになってしまう電車移動が苦手で、自家用車でプライベート空間を維持した移動を好みます。

職種や住んでいる環境によっては、1人になる時間を作れないという方もいます。その場合は相当な精神的ストレスを常に受けながら、それを解消できずに我慢して生活していくことになります。

特徴④自然豊かな環境が好き

エンパス体質の人は、人混みが苦手に対して、自然豊かの中ではとてもリラックスすることができます。森林でいろんな木々の声を静かに感じたり、海で寄せる波を静かに見守ることで、身体にエネルギーが充填され、明日への活力にできます。

都心部で生活している方や、公園などの自然環境が乏しい場所での暮らしをしている方は、自然との触れ合いを持つことができず、エネルギー充填ができずにいて、生活にへの活力が見いだせないと苦しんでいる方も大勢います。

特徴⑤神経質になることが多い

エンパスの人は神経質になりがちです。周りのことが理解できてしまう分、気にする度合いも普通の人よりも大きくなるため、はた目から見ると神経質に映る場面も少なくありません。

近くに大声でよくしゃべる人がいるだけで、大きなエネルギー消耗につながってしまいます。気持ちの面で滅入ってしまいます。

エンパスについて理解が浸透している環境の場合は、むやみに怒鳴り声をあげたり無配慮な言動を意識的に避けるという雰囲気ができているところが多いため、エンパス体質の方にとっては過ごしやすい環境にあるといえますが、日本にはそのような環境が維持されている場所は多くありません。

特徴⑥行き過ぎた思いやり

たとえば見知らぬ人に困っていたからと助け船を出すことは日常茶飯事です。もちろん悪いことではありませんが、だまされる危険性が高まることと、後悔の念からか、突然精神が不安定になってしまうことも少なくありません。

エンパスについて知らない方にとっては、単なるおせっかいだと感じてしまうかもしれませんが、思いやりの気持ちが強いことからの言動であることを理解していれば、納得して付き合っていくことができます。

エンパス体質を改善して幸せに生活するには?

エンパス体質の方は、良くも悪くも感受性が豊かで、それ故に苦労をしていてどうにか改善したいと考えている方も多いかもしれません。エンパス体質改善を促す方法として有名な処理方法を検討したいと思います。

自己治癒能力を高める

人間には誰でも多かれ少なかれ自己治癒能力を備えています。体の異変に対して自然かつ自主的に改善していく体の動きで、健康的で安全な治癒力ということができます。

エンパス体質の改善に、この自己治癒能力の効果があると期待されています。重度の共感性を抑え、心身ともに安定した姿勢に自主的に改善していくことができます。

この自己治癒能力をどのように向上させればいいかというと、まずは規則正しい生活を心掛け、バランスの良い食事及び十分な睡眠、適度な運動を継続することが重要になります。また、東洋医学の観点から、漢方を導入したり禅の精神を学ぶというのも効果があるとされています。

他人を意識しすぎない

エンパス体質の方は、どうしても他人のことが気になってしまうという特徴を持っています。これをできるだけ気にしないようにする、というのが改善方法となりますが、それができたら最初から苦労はしないと感じる方も多いかもしれません。

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、意識的に周りのことを気にしないようにするということはとても重要です。無理だと思ってもまずは一生懸命に周りを気にしないよう意識してみましょう。

もちろん、いきなり人ごみに飛び込んで訓練するのではなく、少人数の社会に入り込んで少しずつ自分の体を慣らしていく、というやり方がお勧めです。

パワーストーンを身につける

最近は、いろんなパワーストーンのグッズが販売されています。ブレスレットやネックレスが多いです。一般の人にとって、パワーストーンの恩恵を実感するケースというのは少ないですが、エンパス体質の方にとっては大きな効果が期待できます。

パワーストーンには、その種類ごとに効果は異なりますが、精神安定の効果をもたらしてくれるものがあります。エンパス体質だからこそ、パワーストーンの持つセラピー性を共感することができ、その効果を実感することができるのではないかと言われています。

インターネットでもパワーストーンを利用した口コミ情報がたくさん掲載されています。もちろん効果は個人差がありますのでこのような口コミ情報などを参考に、パワーストーンを試してみてはいかがでしょうか。

エンパス体質が幸せになる方法

エンパス体質の方が普段の生活において辛い状況になっていることは事実です。では、エンパスの方はその苦しみから解放されることはできないのでしょうか。エンパスの方が幸せな生活を送るために有効な手段ももちろんあります。一般的な推奨方法をご紹介します。
 

ポジティブな人と一緒にいる

エンパスの方の性質として、周りにいる人の影響を良くも悪くも受けてしまうということはすでに述べました。そのため、周辺にポジティブな考え方をする方が集まっていれば、エンパスの本人も同様にしてポジティブになれるという考え方です。

これはとても理にかなっています。とはいえ、人間はいろんな考え方を持っていてその性質は千差万別ですので、全ての社会において周辺にポジティブな人を集めるということは不可能です。

とはいえ、せめて家族やお勤め先などに所属する方々がポジティブであれば、生活の大半の時間をポジティブに過ごせるということにつながります。

相性が良い人と仲良くする

エンパスの人が心安らかに過ごすためには、お付き合いをする周囲の人を選ぶことも重要になります。本人と相性の良い友人と付き合うことで、精神的に安定した状態で過ごすことができます。

相性の良い、気の合う人と一緒に過ごすことで、精神的にプラスの方向に強く影響を受けるのもエンパス体質の方の特徴です。通常以上の力を発揮することができるケースも多くなります。

エンパス体質とうまく付き合っていく

ここまで、エンパス体質についての解説や特徴、具体的な対処方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分にも当てはまる部分が多いと感じる点も多かったという方も多いかもしれません。

エンパス体質は、それ自体病気というわけではなく、むしろプラスに働く部分も少なからずあります。状態の程度にもよりますが、完全にこの体質をなくしてしまうことは難しいと考えられています。その中でゆとりのある幸せな時間を過ごすためには、エンパスと賢く付き合っていくことが重要になってきます。

前述のように、付き合っていく相手を選んで相性の良い方と優先して行動を共にすることはとても有効な対処方法です。人ごみなど苦手な場所に行かなければいけない時には、定期的に人目を避けられる場所を確保し休憩するなどの対応を取ればいいのです。

要するに、気持ちの面でいかに安定できる環境を確保するか、という点に焦点を当てて対処していければ、エンパス体質の方もきっと心安らかに生活していけるはずです。周囲の方々の理解も得られるとなお良いことは言うまでもありません。

エンパスに関する世間的な認知度がさらに増して、エンパス体質の方がより生活しやすい環境を確保できるようになればいいと思っています。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ