処女のセックスマニュアル!初体験を成功させるためにすべきことは?

処女にとって、セックスとは未知の世界だと言えます。知識がないと、恥ずかしさと緊張から何も考えられなくなり、初体験が痛い思い出になってしまうかもしれません。処女の女性や、処女とセックスする予定のある男性の為のセックスマニュアルとして、解説していきます。

処女のセックスマニュアル!初体験を成功させるためにすべきことは?のイメージ

目次

  1. 1処女のセックスマニュアルをご紹介!
  2. 2処女のセックスの印象
  3. 3処女とのセックスを男性はどう思う?
  4. 4処女とのセックスの際に注意したいこと
  5. 5処女とのセックスを成功させるコツ
  6. 6処女の初体験の体験談
  7. 7処女を捧げる相手にふさわしい男性像
  8. 8初体験は無理せずリラックスして

処女のセックスマニュアルをご紹介!

処女にとって、初体験のセックスは怖くもあり、かなりドキドキしてしまうものです。高校生にもなると、初体験についての様々な噂を耳にする事があるでしょう。処女の女性や、これから処女とセックスをする予定のある男性の為にセックスマニュアルとして解説していきます。

処女のセックスの印象

処女とはこれまでセックスをした事のない女性の事を指します。初体験を済ませる事を「処女喪失」とも言い、処女にとって未体験のセックスは未知の世界であり、周りにも詳しくは聞きにくい内容です。

若い10代、20代で処女だとしてもそこまでの驚きはありませんが、30代、40代まで処女を貫く方もいます。アラサーの処女は、周りに引かれる事を恐れ、自分が処女だという事をカミングアウトしにくいものですが、それだけ初体験を大切にして来たと言えるでしょう。

処女はセックスに対して様々な想像を膨らませます。ここで、処女が思うセックスのイメージをいくつかご紹介します。

とにかく痛い

処女からしてみたら、あそこに何かを入れるなんて想像もつかない方もいるでしょう。ましてや、処女膜というものを破って、出血まで伴うと聞くと、かなり痛いイメージを抱いている方も多いようです。実際、初体験は痛いという方もいます。

しかし、初体験でも全く痛くなかったり、血も出なかったりする方もいるようです。処女膜とはティッシュくらいの薄さであり、クラシックバレエや新体操、などを長年経験されていたような身体を柔らかい方は、既に処女膜は無くなってしまっている方もいます。

処女は、まだセックスでの快感を感じにくく、あそこが濡れにくい為、初体験が痛い思い出になってしまう方も多いようです。

ものすごく気持ちよさそう

漫画や雑誌の知識で、セックスとはものすごい快感を得られる行為という印象だけを強く抱いている処女も多いようです。実際、セックスとは多くの方にとってそういう物です。オナニーを経験している処女は、既に快感が得られやすくなっているかもしれませんが、全くの未経験の方は、初体験で挿入時の快感は得られにくいと言えます。

処女とのセックスを男性はどう思う?

多くの処女が特に気になるのが、相手の男性に処女という事が知られたら、どのようなイメージを持たれてしまうのかでしょう。年齢によって変わって来るかもしれませんが、男性にとっても、処女の初体験は多少特別になってきます。

ここで、多くの男性が処女に対して思うリアルな意見をご紹介しましょう。処女に対して嬉しく思う方もいれば、あまり良く思わない方もいるようです。

面倒

一部の男性からすると、処女は正直、面倒くさいというイメージがあるそうです。処女との初体験は血が出る為、シーツの洗濯なども必要で、痛いと騒ぐ方が多い為、経験人数の多い男性は面倒に感じてしまうようです。そのような男性は、処女と処女じゃない女性がいたら、迷わず処女を選ぶという意見があります。

嬉しい

逆に、処女とのセックスを素直に嬉しいと思う男性もいるようです。処女とは「汚れていない綺麗な身体」というイメージが強い為、そのような女性とセックス出来る事に、考えただけで興奮する男性もいます。アダルトビデオなどでも処女をテーマにした作品もあるくらいなので、処女には付加価値が付けられる場合もあるようです。

しかし、人の価値観にもよりますが、アラサー、アラフォーの女性が処女だった場合、引いてしまう方も多いかもしれません。その年代の女性が初体験に挑む際は、相手の男性との信頼関係が十分に築けてからカミングアウトする事をおすすめします。

育てる喜びを感じる

男性の中には、処女を自分好みに育てる喜びを感じる方もいるようです。最初は痛いと騒いでいた女性が、セックスの回数を重ねるごとに、だんだんと気持ち良くなっていく姿を観察していく事に成長を感じ、嬉しく思えるのだと言います。処女だった女性を思いやってこそ芽生える気持ちです。

また、処女はセックスに関してはまっさらな状態とも言えますので、男性は自分好みに育てられるという喜びを感じる方もいます。自分の好きな体位などを伝授していって、だんだんとエロく成長していく女性を見ていく事を楽しんでいるようです。

思い出に残りたくない

男性の中には、よほど好きな相手でない限り、処女の初体験の思い出に残りたくないと思う方もいるようです。女性でも男性でも、初体験はどんな相手と、どのようなシチュエーションでセックスをしたか、長年覚えているでしょう。

逆に思えば、そのような男性はそれだけ処女の初体験を重く考えてくれるという事です。生半可な気持ちで処女とのセックスに挑んではいけないという、真剣な思いが好感を持てます。

処女とのセックスの際に注意したいこと

処女とのセックスで注意すべき点はどのような所なのでしょうか。もし男性がセックス経験者の場合、処女の女性をぜひリードしてあげましょう。もし女性が痛いと訴え、挿入がどうしても難しいようであれば、また次回に持ち越すという選択肢も考えておくべきです。

まずはセックスを始める前の準備として、重要なポイントをご紹介します。処女の女性だけではなく、男性もチェックしてみましょう。

避妊はしっかりと

処女とのセックスで特に重要なのが、避妊です。生理が来ている限り、処女でも妊娠する可能性は大いにあります。処女があまりセックスの知識がないからといって、「外に出せば大丈夫」などの嘘はご法度です。

そんな男性の言葉を信じて、避妊無しのセックスで万が一妊娠してしまった場合、その女性にとってセックスが一生のトラウマになってしまう可能性があります。コンドーム一つで重大なトラブルを防げるので、処女とのセックスは特にきちんと避妊をしましょう。

ムード作り

処女とのセックスでもう一つ、大事なポイントはムード作りです。処女にとって、初めてのセックスは思い出深いものになるでしょう。しっかりとムード作りをして、大好きな人と触れ合うだけでドキドキして、幸せな気持ちになります。

ムード作りを大切にし、しっかりと前戯をすれば、処女でもあそこが濡れてくる方もいるでしょう。挿入時の痛い思いを少しでも軽減する為には、甘い言葉をかけるなどして、お互いの気持ちを高める事が大切です。また、万が一挿入が出来なかったとしても、ムード作りさえしっかりしてあれば、前戯だけでも良い思い出になります。

処女とのセックスを成功させるコツ

経験者とのセックスとは違い、処女とのセックスは特別なものです。そんな処女とのセックスを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。処女の初体験を苦い思い出にさせないように、成功させるコツをいくつかご紹介しましょう。

リラックスさせる

処女にとって、初体験は初めて自分の裸を他人に見られるという女性も多いでしょう。恥ずかしい気持ちと、どうしていいか分からない気持ちで緊張してしまうと、なかなかうまくいかないと言えます。そんな処女のリラックスさせてあげる事が大切です。

ムード作りにも重要な、照明はなるべく暗くしてあげて、男性の視線を感じにくくしてあげましょう。身体をジロジロ見つめる行為は禁物です。優しい言葉をかけてあげると効果的でしょう。コンドームなどの避妊具を準備しておく事も安心材料になりますので、伝えてあげてください。

前戯にたっぷり時間をかける

処女とのセックスを成功させるには、丁寧に進めていきましょう。処女はセックスの手順などが分からない女性が多いです。男性がリードしてあげて、まずは前戯からたっぷり時間をかけてあげてください。

好きな人と触れ合っているという行為に時間をかけてあげれば、処女でも気持ち良く感じ、興奮してくる女性も多いでしょう。気持ち良くなればあそこも濡れてくるかもしれません。挿入の痛みを少しでも和らげる為に、前戯で色々な所を愛撫してあげましょう。

挿入時の痛みを和らげる

処女のあそこは、経験者のあそこよりも引き締まっている可能性が高いです。男性のあそこのサイズにもよりますが、挿入時は女性の様子を伺いながら進めてあげてください。まずは練習として、指を挿入してみても良いでしょう。

もし、処女のあそこが全く濡れない場合、潤滑ゼリーやローションなどを使用すると効果的です。しかし、使用する前に必ず処女に使っても大丈夫か聞いてからにしましょう。無理に進めてしまうと、ただ身体目当ての自己中心的なセックスなのかと疑ってしまいます。

処女の初体験の体験談

処女の初体験は、人によって様々です。大好きな彼との素敵な思い出になった女性や、挿入が痛くて苦い思い出になってしまった女性もいます。しかし、そんな思いでも初体験だからこそ鮮明に覚えている女性が多いでしょう。そんな処女達のリアルな体験談をご紹介します。

体験談①痛くて途中で挫折した

私の初体験は19歳の時、大学で出会った彼とのセックスでした。付き合って1ヶ月くらいのクリスマスデートでそういう流れになり、ラブホに向かったのですが、クリスマスだった為、なかなか空いているラブホがなく、何件かはしごする事になったのです。

やっと部屋が見つかり、お互いシャワーを浴びました。先にシャワーを浴び、バスローブ姿でベッドにいた私を彼が押し倒してきて、何度もキスをしてくれたのです。私は緊張と興奮でドキドキして、何が何だか分からないまま、いよいよ挿入する時が来ました。

彼のあそこが大きくなっていて、こんなサイズが、私のあそこに入るのか不安でいっぱいだったのですが、案の定、彼が少し入れただけで激痛が走ったのです。思わず我慢出来ず、「痛い痛い!」と叫んでしまいました。

その後も、何度かチャレンジしたのですが、どうしても我慢出来ず、次第に彼の方が萎えてしまい、この日は挫折したのです。

体験談②留学先のフランスで

高校を卒業し、大学進学も決まっていた時期に、1ヶ月程フランスへ留学をしていました。帰国2日前のある夜、ホテルのロビーで1人退屈していた私に、1人の外国人男性が話しかけて来たのです。今思うとナンパだったのでしょう。

あまり外国人に話しかけられる事のなかった私は、嬉しくなり、彼と意気投合しました。少しお茶をして、また次の日に会う約束をしたのです。

次の日、彼と夜ご飯を一緒に食べ、そのまま流れで彼の家に行く事になりました。後々思うと危険な行為だったのではと思いましたが、その夜が私の初体験になったのです。しかし、外国人の彼のあそこがあまりにも大きすぎて、なかなかスムーズには挿入出来ませんでした。

かなり痛かったのですが、我慢してなんとか最後まで行く事が出来ました。次の日に私は帰国し、彼とはあれ以来会っていませんが、初体験が外国人だったので、日本の男性のあそこが小さく思えてしまうようになってしまったのです。

体験談③3分で終了?

私の初体験は25歳の時でした。周りの友達には処女なんてほとんどいなかったので、女友達にさえ、処女という事を隠していたのです。そして、彼のお誕生日デートの時に、ついにその時がやって来ました。

私は、覚悟を決めてはいましたが、「胸とか小さいし、見られてがっかりされないかな」、「どんな風に声を出せばいいんだろう」や「元カノと比べられたらどうしよう」などと色々な考えを巡らせていたのです。

実際、彼のリードが上手く、前戯からしっかりキスや愛撫、優しい言葉などをかけてくれ、私はすっかり身も心もとろけていました。そして、いざ挿入の時、少しだけ、「痛い!」と感じたのですが、思っていた程ではありませんでした。

彼が動いてくれて、なんとものの3分くらいでフィニッシュを迎えたのです。思わず「もう終わったの?」と聞いてしまったのですが、彼は「あ~、俺小さいし早いんだよね」と話してくれました。彼のあそこが小さめで、早漏だった為、私は救われ、初体験が良い思い出になったのです。

処女を捧げる相手にふさわしい男性像

処女は、大事な初体験をこの男性に捧げて良いのか、見極めたい方も多いでしょう。初体験を素敵な思い出として大切にしたい方は、適当な相手とセックスしてしまうと、失敗してしまう事もあります。大切なポイントとしては、その男性が女性の事を一番に考え、思いやれるかという点です。

多くの男性は、恋愛感情がなくてもセックスが出来る方が多いと言われています。自分の快楽しか考えず、強引にセックスを遂行させようとするような男性は、初体験を捧げるのにふさわしいとは言えません。普段のデートから、女性を思いやってくれるような男性かどうか見極めましょう。

初体験は無理せずリラックスして

処女の為に、どのように初体験を進めれば良いのか解説して来ました。裸を見られるという恥ずかしさもあり、緊張してしまう女性も多いと思われますが、なるべくリラックスして臨みましょう。また、自分の身を守る為にもある程度セックスの知識を付けておく事も大切だと言えます。初体験を素敵な思い出に出来るよう、相手を見極めましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ