ブレサリアンは嘘じゃない?実在する食べなくても生きられる人達!

食べなくても生きられるといわれているブレサリアンは、本当に実在するのでしょうか?また、実在するのであれば、どうして栄養を取らなくても生きていけるのでしょうか?そこで、ブレサリアンの意味や実在する食べなくても生きられる人達を国別にご紹介します。

ブレサリアンは嘘じゃない?実在する食べなくても生きられる人達!のイメージ

目次

  1. 1食べなくても生きられるブレサリアンは嘘じゃない!
  2. 2ブレサリアンとは?
  3. 3実在のブレサリアン【海外編】
  4. 4実在のブレサリアン【日本編】
  5. 5長期の断食で死んでしまうことも
  6. 6ブレサリアンになるには?なる方法をご紹介
  7. 7ブレサリアンはまるで植物のよう!

食べなくても生きられるブレサリアンは嘘じゃない!

世界では、食べなくても生きていられるブレサリアンと呼ばれている人が存在しています。なぜ、何も食べなくても生きていけるのでしょうか?ブレサリアンは、食べたり、飲んだりすることをしなくても生きていけます。

ブレサリアンは、空気だけで生きていけるのです。ここでは、そんなブレサリアンについて詳しくご紹介していきましょう。また、実在するブレサリアンを海外編、日本編としてご紹介します。

ブレサリアンになる方法としては、どんな方法があるのでしょうか?断食は専門家の指導がないと死亡に繋がりかねない危険な行為です。それらもよく理解しておくことが重要でしょう。ブレサリアンなる方法も一緒にご紹介します。

ブレサリアンとは?

世の中には、さまざまな食事スタイルをとっている人がいます。何も食べないブレサリアンもその中の一種です。世界中で何も食べないで現在生きている人は、約10人ほどいるそうです。

彼らブレサリアンは、太陽と空気、水のみで生きているのです。世の中にはビーガンと呼ばれている純菜食主義やベジタリアンと呼ばれている菜食主義者、フルータリアンの果食主義者、リキッダリアンという液体のみを摂取する人がいます。

最後に極めつけなのが、何も食べず、空気と太陽と水のみで生きていけるブレサリアンが存在しているのです。

空気だけで生きている気食主義者?

空気だけで本当に生きていくことができるのでしょうか?ブレサリアンは、気食主義者とも呼ばれていて、空気、つまり呼吸だけで生きているのです。

ある一定の期間、水だけで過ごすことを断食と言います。しかし、ブレサリアンは、数日単位ではありません。なんと年単位で固形物を一切取らないで生きていけるのです。

世界中でブレサリアンは、10人ほどですが、70年間一切何も食べずに生きているという人もいるから驚きです。何も食べないで生きているブレサリアンは、本当に存在しているのです。

実在するのは本当?

人は食べないと餓死して死んでしまいます。それが一般的な概念ですが、ブレサリアンは、その概念を覆してしまう存在です。それゆえに、世界中の人々はなかなか理解することが困難なようです。

食べない、排せつもしないで本当に大丈夫なのだろうか?信じられないと感じてしまうのです。ブレサリアンは、固定観念となっている食べるというものから解放されて自由になっていると言います。

世界中でブレサリアンと呼ばれている人は、約10人ほどです。ブレサリアンとしての数は少ないですが、本当に実在していることに間違いはありません。ブレサリアンの中には、70年間何も食べないで生きているヨギの方もいるのです。

どんな生活?

何も食べないで生きているブレサリアンの人は、どのような生活を送っているのでしょうか?ブレサリアンの人は、飲んだり、食べたり、排せつしたりもしなくていいのです。それゆえに睡眠時間も通常よりもかなり短くてすみます。

ブレサリアンの人は、ほとんど空気だけで暮らしている方が多いです。しかし、ブレサリアンの人は、食べなくても生きていけるけど、年に何回か友達と会った時やつき合いで食べることはあるそうです。

不食は、経済的にも節約できるし、精神安定にも貢献してくれます。ブレサリアンの人は、食べることから解放されていますので、食べないようにしているのではなく食べる必要がないのです。

実在のブレサリアン【海外編】

ブレサリアンの人は、世界中で約10人ほどいます。ここでは、海外に実在するブレサリアンの人をご紹介していきます。海外では、夫婦でブレサリアンの人もいれば、ヨギの人もいます。

ブレサリアンになってから9年くらいの人もいれば70年もの長い期間ブレサリアンの人もいます。食べる必要がないブレサリアンの人も、人によってさまざまなスタイルを持っています。

アカヒ・リカルドとカミラ・カステロ夫妻【アメリカ】

アメリカのカリフォルニア州にもブレサリアンがいます。9年以上もの間ほとんど空気のみで生きているアカヒ・リカルドとカミラ・カステロ夫妻です。

妻であるカミラさんは、妊娠、出産もしていますのでお子さんがいます。妊娠、出産のときも何も食べないですみました。しかし、アカヒ・リカルドとカミラ・カステロ夫妻の子供は元気に育っています。

自分たちは食べる必要がないので食べることをしませんが、子供たちには強要していないようです。食べたいものがあるのであればそれを与えているようです。全く何も食べないと決めつけているわけではないのです。

プララド・ジャニ【インド】

ヨギ(ヨガの行者)であるプララド・ジャニさんは、ブレサリアンとしても有名です。70年もの間何も食べないで生きている人でもあります。

インド西部に位置しているアーメダバードンお病院で本当にブレサリアンなのか?と缶詰にされたことがあります。15日間、24時間態勢で30人の医師によって見守られました。その間は一度も何も食べなかったそうです。

また、トイレにもいかなかったとのことです。しかし、ブレサリアンであるプララド・ジャニは、肉体的にも精神的にも素晴らしい状態だったと言われています。ブレサリアンのほとんどが食べる必要がないのです。

ジャスムヒーン【オーストラリア】

オーストラリアのジャスムヒーンさんもブレサリアンの一人です。ジャスムヒーンさんは、ブレサリアンとしては世界中で有名です。ご本人の著作も何冊か出版されているのでご存知の方も多いでしょう。

宇宙の生命プラーナだけで生きているのが、ジャスムヒーンさんです。プラーナとは、息吹や呼吸を意味しています。また、生物そのものをあらわしていることもあります。プラーナとは、宇宙に存在している生命エネルギーなのです。

ブレサリアンは、生き物は呼吸によってプラーナを取り入れていくことができるので、食べる必要がないのです。宇宙の生命エネルギーであるプラーナによって生きているという考えです。

実在のブレサリアン【日本編】

海外のブレサリアンは、世界中に有名な人が多いですが、日本にもブレサリアンは実在しています。日本のブレサリアンは、弁護士だったり、俳優だったりします。何も食べないで生きているブレサリアンの日本編をご紹介しましょう。

弁護士の秋山佳胤

22158897 298231583989613 4751000017181868032 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
e3michan2

何も食べないで生きているブレサリアンは、日本にも存在しています。認定ホメオパスでもあり、弁護士でもある秋山佳胤(あきやまよしたね)さんも、その一人です。

ブレサリアンの秋山佳胤さんは、弁護士や認定ホメオパス以外にもコーヒー豆の焙煎卸業者でもあります。さまざまな活動をされているユニークな方なので、ネットなどで検索するとすぐに見つけることができるでしょう。

秋山佳胤さんは、オーストラリアのジャスムヒーンさんのブレサリアンのワークを受けてからブレサリアンになった人でもあります。秋山佳胤さんは、不食という生き方という著書も出版されています。

俳優の榎木孝明

35574703 213304196161433 3940416543124357120 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mittsshiraha

俳優の榎木孝明さんもブレサリアンの一人です。榎木孝明さんが挑戦した30日間の不食が話題を呼びました。秋山佳胤さんにしても、ジャスムヒーンさんも基本的には食べる必要がないけれども付き合いなどで食べることはあるということです。

断食と言うと、食べたいのを我慢して食べないというイメージがあるのではないでしょうか?不食とはそれとは違って、食べてもいいけれど、食べなくても生きていけるという感覚なのです。基本的には食べない方が楽なのです。

ブレサリアンの人は、食べることから解放されていますので、食べることにはこだわらないで自由に生きているということができるでしょう。精神的に穏やかな性格の人が多いのもブレサリアンの特徴です。

森美智代(リキッダリアン)

17934117 1407560949305432 979847529602482176 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hikarulandland

ブレサリアンは、何も食べないで生きていける人のことを言いますが、リキッダリアンは、液体のみを摂取しながら生きています。リキッダリアンで有名なのは、森美智代さんでしょう。

森美智代さんは、1日青汁一杯だけで生活していることでも話題を呼び注目されたリキッダリアンです。リキッダリアンの生活で20年以上生きているのですから驚きです。リキッダリアンは、固形物は一切摂取しません。

野菜などを液体化して栄養を摂っているのが、森美智代さんのようなリキッダリアンなのです。森美智代さんも断食の教科書という本を出版されています。

長期の断食で死んでしまうことも

長期の断食によって死亡してしまっている人も世界中では存在しています。ドキュメンタリー映画によって世の中には太陽の光りのみでも生きていけることを知ったスイスのアンナ・ガットさんもその一人です。

エレン・グレープ氏の書籍によってそれを実践しようとしました。彼女も順番をおって行動していったのですが、周囲で見ていた子供たちの目には目に見えて衰弱しているように見えました。止めさせようとしましたが、聞き入れられませんでした。

2011年の冬に音信不通になり駆け付けると、餓死で死亡していました。2005年の時点で死者が出ているエレン・グルーブ氏の主催する断食セミナーは問題となっていました。

ブレサリアンになるには?なる方法をご紹介

何も食べないで生きていけるなんて、素晴らしいと感じる方も多いでしょう。食べることが大好きな人にとっては、そんなの考えられないという意見が聞こえてきそうです。しかし、人によっては食べるのが面倒という方も意外と多いです。

そのような方は、仕方なく生きるために食べているといいます。水だけで生きていけるのであれば、そうなりたいと願っています。ましてや何も食べないで生きていけるなんて素晴らしいと感じるでしょう。

ここでは、ブレサリアンになる方法をご紹介しましょう。ブレサリアンになる方法をしっかりと理解することが重要です。断食は人によっては死を招きます。正しい知識と専門家が必要不可欠なのです。

必ず専門家の指導を受ける

ブレサリアンになる方法として、とても重要なことは必ず専門家の指導を受けるということです。ブレサリアンとして生きている秋山佳胤さんも初めは、ジャスムヒーンさんの21日間ワークに参加されています。

しかも、1回ではなく、2回ほど参加されて、今現在はブレサリアンとして生活できるようになったのです。段階を経ることなくいきなりブレサリアンとして生きていこうとするのは危険すぎます。

また、専門家の指導の下に行わないと最悪の場合は死亡する恐れがありますので、十分心に止めておきましょう。専門家の指導を受けても死んでいる人もいますので、信頼のおける指導者を見るけることが重要です。

本を読んだだけでの実践は危険

ブレサリアンとして生きていく方法としては、本を読んだだけでの実践は、大変危険ですので、絶対にしないようにしましょう。

ブレサリアンとして生きている方の著書はたくさん出版されています。その本を参考程度に読むのは一向に構いませんが、その本をもとにブレサリアンとして生きていくのはおすすめできません。

人によって今現在の体調や今までの生活環境などが異なるのですから、その人にあった独自の方法が必要になってくるのです。生死を分けることになりますので、本を読んだだけでの実践は絶対にしないようにしましょう。

正しい過程は順番

ブレサリアンとして生きていく方法としては、正しい過程である順番をしっかりと時間をかけて行っていくということです。今まで3食プラスおやつまで食べていた人が、いきなり断食すると体調を崩すのは当たり前です。

まずはベジタリアンからスタートするのが一番いいでしょう。ベジタリアンで満足できるようになったら、ヴィーガンに移行します。ストレスなくヴィーガンを楽しめるようになったらフルータリアンに挑戦してみましょう。

フルータリアンも可能になったらリキッダリアンにしていってもいいでしょう。リキッダリアンでも元気で健康に過ごせるようでしたら、徐々にブレサリアンとして生きていくといいでしょう。順番が重要です。

腸内環境が重要

ブレサリアンとして生きていくには、まずは腸内環境を整えることが重要です。ベジタリアンからヴィーガンに移行していくことで、劇的に腸内環境をきれいにしていくことが出来ます。

リキッダリアンの森美智代さんの腸内環境は、まるで草食動物のようになっています。彼女もその腸内環境を玄米菜食によって手に入れました。腸内環境を整えることで、わずかな食物のみでアミノ酸を作り出すことが可能となります。

呼吸と日光浴が大切

何も食べないで生きていけるブレサリアンにとっては、呼吸と日光浴が何よりも重要です。ブレサリアンは、光合成の機能を獲得することによって、二酸化炭素と日光によって栄養を作り出すことができているようです。

ブレサリアンはまさに植物の成長過程を持っているということができるでしょう。人間としては、光合成によって栄養を作り出すことは考えられません。

しかし、長年の菜食をすることで、植物のように光合成の機能を獲得している可能性は十分にあるということできるでしょう。

ブレサリアンはまるで植物のよう!

何も食べないで生きていけるブレサリアンは、まるで植物のような成長過程を踏んでいるのではないかと考えられています。

長年の菜食によって、人間としては考えられない、植物のような光合成機能によって自ら栄養を作りだして生きているということです。ブレサリアンは、今現在も実在しています。とても、神秘的な存在ということができるでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ