人といると疲れる心理や原因は?人といるのが苦痛な時の改善方法!

人といると疲れることがありませんか?人といると疲れる心理やその原因について詳しくまとめていきます。人といるのが苦痛に感じることは多かれ少なかれ誰しもあるものです。以下では、人といるのが苦痛の時の改善方法も紹介していきます。

人といると疲れる心理や原因は?人といるのが苦痛な時の改善方法!のイメージ

目次

  1. 1人といると疲れるのには原因や心理がある?改善方法をご紹介!
  2. 2他人といると疲れる人の心理的特徴
  3. 3人といると疲れる原因は?
  4. 4人といても疲れなくなる改善方法
  5. 5もしかしたら相手にも原因がある?
  6. 6一緒にいると疲れている人の接し方は?
  7. 7自分に合ったペースで人付き合いをしていこう!

人といると疲れるのには原因や心理がある?改善方法をご紹介!

人といると疲れるのには原因や心理があります。人といるときに疲れる原因が分かれば、その原因を克服するための方法も見えてきます。人といるときに疲れると感じる心理を把握しておくことで、そういう心理状態にならないようにする方法も分かってきます。

人といると疲れると感じることはおかしなことではありません。多かれ少なかれ誰しもが感じたことのある心理状態です。それにその原因は自分の側だけにあるというものでもありません。多くの人にとって付き合いづらい人という存在もいるからです。

人といると疲れるときに、自分がだめなんだと思う必要もないわけです。そういう心理状態になっている自分をまずは認めてあげて、その上で、自分がどうなりたいのかを探っていくようにしましょう。人といて疲れるときの改善方法も紹介していきます。

他人といると疲れる人の心理的特徴

他人といると疲れるという場合、そういう人の心理にはどのような特徴があるのでしょうか。多かれ少なかれ誰しもが感じる心理状態ではあるものの、かなり深刻にこうしたことを感じる人もいます。人といて疲れるという人の心理的特徴をまとめてみます。

他人といて疲れるというのは、何も特別なことではありません。自分自身の体調がすぐれないときはそう感じやすいでしょう。また、何かで落ち込んでいるときに、一人になりたいと感じる人もいるでしょう。

以下で紹介するのは、そのような気分的な落ち込みとは違う、もう少し内面の深い部分の特徴について見ていきましょう。

人に弱みを見せたくない

人といて疲れる人の中には、人に弱みを見せたくないという意識がある場合があります。人との付き合いにおいて、自分の弱みを見せることができないと親密にはなりづらいでしょう。仲の良い関係には、お互いの弱みを見せあっても問題ないきずながあるものです。

人に弱みを見せたくないという人は、人といるときに基本的に緊張状態にあると言えるでしょう。こんなことを言ったら馬鹿にされるのではないかとか、こんなことをしたら変な人と思われるんじゃないかとか、常に心のどこかでびくびくしている可能性があります。

そういう心理状態では、その人の素の部分が出てこないので、相手もその人に魅力を感じられない場合があります。人が他人に魅力を感じるのは、その人の優れているところというよりは、その人のその人らしさ、巣の部分が見えたときである場合があります。

人といて自分の弱みを見せられないという人は、弱みを見せると嫌われると思っているということです。しかし、その弱みが逆にその人の魅力につながっている場合があります。人に弱みを見せたくない人は、まさかそれが魅力にもなり得るとは想像もできません。

病気で寂しい=パーソナリティ障害

人といて疲れるという人の中には、病気で寂しいという人もいます。そのような場合、パーソナリティ障害という病気を患っている場合もあります。このパーソナリティ障害を患っていると、人といて疲れると感じることがあります。

寂しいのに人付き合いが苦手

人といて疲れるという場合に、寂しいのに人付き合いが苦手ということもあります。人は誰しも全くの孤独状態では寂しさを感じるものです。そうした寂しさを感じたことがない人はいないことでしょう。寂しいという感覚は多くの人にとってなじみのある感覚と言えます。

そして、その寂しさは人と会わないときだけでなく、大勢と一緒にいるときに感じる場合があります。たくさんの人と出会ったり、会話しているのに、寂しいと感じる人もいます。寂しいと思って多くの人と関わろうとする人もいます。

そうしてたくさんの人と交流しているのに寂しいという場合、人付き合いそのものが苦手なのかもしれません。人付き合いというものは、得手不得手があるものですし、他人あってのものなので、こうすればよいというマニュアルは存在しません。

人付き合いで悩んだことがない人はいないでしょう。人付き合いは簡単ではないですし、苦痛を感じる度合いも人それぞれです。寂しいという思いを抱えていて人と交流しているのに、人といて疲れるという人は、人付き合いを苦手としていると言えそうです。

人といると疲れる原因は?

他人といて疲れるという人の心理的な特徴をいくつか見てきましたが、続いては、人と疲れる原因について見ていきましょう。人といて疲れるという心理状態には、いくつかの原因があります。こうした原因を知っておけば、原因を克服するための対処法も見えてきます。

人といて疲れると感じる人は、以下で挙げる原因が自分にも当てはまるかどうかを確認しながら読んでみてください。自分が人といて疲れる原因が分かれば、次にどう行動すべきかが見えてきます。

空気を読んで話すのが苦手

人といて疲れるときの原因の中には、空気を読んで話すのが苦手であるというものがあります。人といるときには、その場に流れる空気をうまく察知して発言する必要があるものです。その場にふさわしくない発言をしては、その場で浮いた存在になってしまうからです。

とはいえ、空気を読むということは、具体的にどういうことなのかを説明するのは簡単ではありません。相手の表情やしぐさをよく見ている必要もあります。ましてや、3人以上で話している場合は、なおさら発言しづらいと感じる人もいるでしょう。

ほとんど無意識に空気を読みながら話せる人もいます。しかし、空気を読むということがよくわからないと感じる人もいます。空気を読むことがどういうことかわからずに、空気を読めてない言動をしてしまって、場の空気を乱してしまう人もいます。

本人としては何がいけないのかわからない場合もあります。他人といて疲れる人の中には、空気を読むということがよくわからず、他人といることが苦痛に感じている人もいます。他人と一緒にいるときにどう振る舞えばよいかわからないというのは、大きな苦痛です。

八方美人の可能性

他人といて疲れるという人の原因には、空気を読むのが苦手な場合があることを見てきましたが、八方美人であるという可能性もあります。その場にいる全員に好まれるような発言をしなくては、と考えるあまり、他人といることが疲れてしまうという場合があるのです。

人に嫌われるよりは好かれる方がいいと思う人は多いでしょう。何も進んで人に嫌われる必要もないですし、できれば、波風を立てないで生活したいものです。ただし、そういう心理もいきすぎてしまうと生きづらくなるようです。

別に嫌われてもいいと思えれば楽になるものですが、中には、どんな人にもいい人と思われたいと思ってしまう人もいます。こういう八方美人になってしまう原因には、その人が育ってきた環境が大きく影響している場合があります。

誰からも嫌われたくない、全員から好かれていたいと思うと、人付き合いが苦痛になるものです。人があなたのことをどう思うかは、結局のところ、あなたのコントロールできるものではありません。コントロールできないことをコントロールしようとすると当然疲れます。

帰る時間が遅くなるのが苦痛

他人といるのが疲れるという人には、空気を読んで話すのが苦手な人や八方美人タイプの人がいることを見てきましたが、帰る時間が遅くなるのが苦痛だという人もいます。人といるとどうしても帰る時間を予測しづらい場合があります。

何時までと決めておいても、その約束が簡単に破られてしまうこともあります。そういうことが何度も続くと、人と会うことが苦痛になってしまう場合があります。

特に、家に帰ってちゃんとくつろぎたいとか、家族と会話する時間を持ちたいとか、リラックスしたいとか、明日が早いからとか、そういう気持ちで人と会っているのに、帰りが遅くなると気持ちが沈んでしまいます。

人といるのが疲れるという人は、他人といると自分の計画が簡単に壊れてしまうことを嫌うという心理の人もいます。先に立てておいた予定が、人と会うことで、壊れてしまうことが苦痛なのです。こういう意識のある人は、人といることが疲れてしまうことでしょう。

人といても疲れなくなる改善方法

人といるのが疲れる人の原因について見てきましたが、続いては、人といても疲れなくなる改善方法についてまとめていきます。人といることが疲れる場合、そういう自分を変えようがないと感じてしまっている人も多いようです。

しかし、人といることが疲れるという心理には、上で見たように原因があるので、その原因に対処すれば、改善することができます。以下では、具体的な改善方法について見ていきましょう。

ミスを引きずらない

人といるのが疲れる場合、ミスを引きずらないようにすると良いでしょう。上で見たように、人といることが疲れる人の中には、自分の弱みを他人に見せられないというタイプの人がいます。こういう人は、比較的完璧主義的な考えを持ってしまっている場合があります。

完璧主義になってしまうと、人といることが苦痛になりかねません。人といるときには、こういうことはしてはいけないといろいろなことを自分に課してしまうと、非常に疲れてしまいます。人といて何かミスをしてしまったら、誠実に謝れば許してくれるものです。

許してくれたのに、自分の方がずっとそのミスを引きずっていると、人付き合いが苦痛なものになってしまいます。人といて疲れるという人は、一つのミスに対して引きずってしまう傾向があるでしょう。

一つのミスをクリアしたら、もうそれを繰り返さないように気を付けて、次へ進みましょう。人付き合いの中で、ミスをしない人なんていません。ミスをしないように気を付けたら、次へ進むようにしましょう。

人にお願いをしてみる

人といて疲れるというタイプの人におすすめなのが、人にお願いをしてみるという方法です。人といることが苦痛に感じる人は、なんでも自分でやらなくてはいけないと思っている場合があります。人に頼ることを自分からやめているのです。

人にお願いごとをすることを想像すらしたことがないという人もいます。何事も自分でやってこそ成長するのだと教えられてきたかもしれません。こういう心理状態でいると、人といるときに緊張状態になってしまいかねません。

人といて疲れるという人は、思い切って、何か小さなことでいいので、人にお願いしてみましょう。予想していた反応とは違って、喜んでそのお願いを聞き入れてくれるかもしれません。人にお願いすると、意外にもその人との距離が縮まることがあります。

人間関係に距離を置いてみる

人といることが疲れるという場合の改善方法としては、ミスを引きずらないことと、人にお願いをしてみる方法があることを見てきましたが、人間関係に距離を置くことも一つの方法です。人といることが疲れたと感じたならば、人間関係を遠くから眺めてみましょう。

人といて苦痛であれば、必要最低限の人間関係だけを残して、あとは一回整理してみるというのもちゃんとした改善方法の一つです。

無理して付き合って、自分の精神状態が悪くなっていくのなら、一回一人になってのんびり趣味に没頭する方がよっぽど自分にとって良いと言えるでしょう。

人間関係は絶対になくてはならないものではありません。もちろん、あらゆる人との関係を断ち切ることは現実的ではないですが、別に結んでいる必要のない人間関係もあるはずです。人生は自分のものです。無理して何かをするより、時間を有効に使いましょう。

もしかしたら相手にも原因がある?

人といるのが疲れる原因と改善方法について見てきましたが、続いては、人といて疲れるというときには、相手にも問題がある場合もあることを見ていきます。人との付き合いというのは、当然のことながら、自分だけでなく相手もいる話です。

人間関係に疲れるという場合、それは、あなた側ではなくて、付き合っている相手側に問題があることだってあるわけです。そういう場合もあると知っているだけで、心が軽くなると感じる人もいることでしょう。

以下では、こういう人と付き合うと疲れるという4つのタイプについて見ていきます。あなたの身近に以下のような人がいる場合、あなたはその人との関係において疲れて当然です。その人との付き合い方を考えるきっかけになることでしょう。
 

価値観を押し付けてくる

人といて疲れる場合、相手があなたに相手の価値観を押し付けている場合があります。人間関係で苦痛なのは、価値観を共有することを強要されるときです。

あなたが付き合っている人間が、いろいろな価値観があることを認めずに、自分の考えばかりを主張してくる場合、あなたは疲れて当然です。

ある物事について会話していて、あなたの意見を頭ごなしに否定してくることもあるでしょう。あなたが感じたことを頭から否定して、自分の考えがいかに正しいかを説明してくる場合もあるかもしれません。誰しもそういう人とは付き合いたくないと思うものです。

あなたが苦手と感じる人を思い浮かべて、価値観を押し付けられていないか考えてみてください。もし思い当たる節があるなら、あなたがその人との付き合いに疲れるのは、至極当然のことです。あなたでなくてもほとんどの人がそう感じるはずです。

話が早すぎる

人といて疲れるときに、相手があなたに相手の価値観を押し付けている場合があることを見てきましたが、相手の話が早すぎる場合もあります。相手の話が早すぎてついていけないと感じることが多いと、人はその人といて疲れるものです。

人には人それぞれの快適なペースというものがあります。そして、多くの場合、話のスピードが速い人は同じように速い人といることを好みます。一方で、ゆっくりと話す人の周りには、ゆっくりと話す人が集まるものです。

しかし、話のスピードが速い人とゆっくりの人が交流することもあります。相手のペースになじめずに、一緒に時間を過ごすことが苦痛に感じられる場合があります。人といて疲れてしまう場合、相手のペースがあなたのペースよりも早い可能性があります。

他人任せな人

人といて疲れる場合、価値観を押し付けられているかもしれないし、ペースが速すぎるからかもしれません。そのほかには、あなたが他人任せの人と付き合っている場合も考えられます。他人任せの人といると、何かとやらされる羽目になり、疲れてしまうものです。

人には人それぞれの生まれ育ってきた環境というものがあります。きょうだいがどのくらいいるのかも影響するでしょう。そういう環境の下で、他人任せでも生きてこられた人がいます。そういう人は自分が他人任せだとは思っていないでしょう。

あなたが人といて疲れると思うとき、あなたが付き合っている人が、非常に他人任せな人である可能性があります。ある人といるときに、自分ばかり何か作業をさせられていると感じるならば、その相手はあなたに任せることが普通だと感じている人かもしれません。

ネガティブな発言が多い

あなたが人といて疲れる場合、相手があなたに相手の価値観を押し付けているかもしれないし、話のペースが速すぎるかもしれません。それに、その人が他人任せの性格をしていることも考えられます。他には、相手がネガティブな発言ばかりしている可能性もあります。

ネガティブな発言というものは、それを受け取った側にも影響を与えます。どんな話をしても、ネガティブな発言をしてくる人というのは存在します。物事のネガティブな面ばかりを見つめているタイプの人間です。

そういう人と付き合う場合は、応対しているこちら側も気持ちが滅入ってきてしまうでしょう。一緒にいて楽しい気分にはなりません。あなたが人といて疲れると感じる場合、日頃から接している人がネガティブ発言ばかりしている人かもしれません。

一緒にいると疲れている人の接し方は?

人といて疲れる場合、原因は相手にもあるかもしれないということを見てきましたが、続いては、一緒にいると疲れる人の接し方を見ていきます。一緒にいて疲れる人と交流する場合、こちら側も何らかの対処法を考えておかないと気分が滅入ってしまいます。

一緒にいて居心地が良い人ばかりではないはずです。誰しも、付き合っていると疲れると感じる人がいるはずです。そういう人との関係を簡単に切れない場合は、その人といるときに以下のようなことを気を付けると心が楽になるかもしれません。

前向きな話題をふる

一緒にいるのが疲れる人といるときに、前向きな話題をふるようにしましょう。一緒にいるのが疲れる人には、何事もネガティブな視点でしか見ていないネガティブ発言ばかりのタイプもいます。そういう人といるときは、自分もネガティブな気分になってしまうものです。

そういう事態にならないように、ネガティブな発言ばかりする人には、前向きな話題を積極的にふるようにしましょう。たとえば、その人が好きだと感じている話題とか、その人が関心のある話題とかをふれば、ネガティブ発言は減るかもしれません。

そうした努力もむなしく、その相手のネガティブ発言が減らない場合は、少しだけ距離を取るようにしましょう。その人との関係を切ることが難しくても、何とかうまく距離を取る方法を考えていきましょう。

会う時には一対一で接しない

一緒にいて疲れる人と会うときには、一対一で接しないことも良い方法です。一緒にいて疲れる人と一対一で接すると、疲れ方が大きいと言えるでしょう。けれど、一対一で会わずに、複数人で会うようにすれば、あなたが感じる疲れは必ず軽減されます。

極力誰かを参加させるようにしましょう。一対一で会わなくてよいのに、一対一で会いたいと言われたら、何とか会わなくて済む方法を考えましょう。一対一で会ってどっと疲れるのなら、あの人とは一対一では会わないと決めてしまった方が気が楽です。

相手に自信を持たせる

一緒にいて疲れる人というのは、自信がない人である可能性が高いです。自信がないからネガティブな発言が多くなるということも考えられます。ですから、一緒にいて疲れる人と会うなら、その相手に自信を持たせる方法もあります。

本来のその人はネガティブな発言を繰り返す人ではないかもしれません。その人自身も悩んでいて、現在の自分に嫌気がさしている場合があります。自信が持てなくて苦しんでいる可能性もあるのです。そういう苦しさをあなたの前だから出せているのかもしれません。

もしその人との関係をより良いものにしたいとあなたが思うのなら、その人に自信を持たせてあげると良いでしょう。何かができないと愚痴をこぼしていたら、できると励ましてあげるのも良い方法です。その人との関係が重要なら、励まし続けてあげましょう。

そうして徐々にその人に良い変化が生まれてくることもあるかもしれません。だんだんとネガティブ発言が減ってくることも考えられます。もしかしたら、そうした経験を乗り越えて、親友と呼べる関係に発展するかもしれません。

自分に合ったペースで人付き合いをしていこう!

人といて疲れるという場合の改善方法などについて見てきました。どうしても生きていくために必要であるという人間関係でなければ、無理して付き合わなければならない関係などないと言ってよいでしょう。一緒にいて疲れる人とは離れることも一つの選択肢です。

一緒にいて疲れる人とこれからも関係を続けたいなら、上に挙げた対処法を試してみましょう。どの人とどのくらいの付き合いをするかは、あなたが決めることです。

無理して付き合う必要はない

子どもの頃は、毎日顔を合わせて狭い世界で生きていかなくてはいけない場合があります。けれど、大人になれば、毎日顔を合わせる必要のある人は限られます。

それに、その世界以外にも人間関係を結ぶことはできます。自分の趣味を共有できる人間関係を構築するのも良いでしょう。大人になれば、一緒にいて疲れる人と無理して付き合う必要もないのです。

自分に合った付き合い方が分かる

人間関係に正解はありません。自分に合った人付き合いの仕方を考えて、それを実現できるように行動していくだけです。その行動の結果が、人間関係から離れてみることだとしても何の問題もありません。

現代は、生の交流以外にもたくさんの交流の形があります。自分に合った交流の仕方を見つけられれば、ストレスのない人生になるかもしれません。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ