100均ダイソーのベビーオイルが話題!洗顔など用途別の使い方など!

100均のダイソーに売られているベビーオイルがコスパ抜群で話題なのをご存じでしょうか。ダイソーで売られているベビーオイルは天然成分由来で赤ちゃんでも使えるというものです。コスパ抜群な上に高品質なダイソーのベビーオイルについて見ていきましょう。

100均ダイソーのベビーオイルが話題!洗顔など用途別の使い方など!のイメージ

目次

  1. 1 100均ダイソーのベビーオイルが話題!使い方などご紹介!
  2. 2ダイソーのベビーオイルとは?
  3. 3ダイソーのベビーオイルの使い方
  4. 4ダイソーのベビーオイルにおすすめの組み合わせ
  5. 5ダイソー以外のプチプラなベビーオイル
  6. 6ダイソーのベビーオイルの口コミ
  7. 7ダイソーのベビーオイルのコスパと携帯性と品質の良さ

100均ダイソーのベビーオイルが話題!使い方などご紹介!

100均ダイソーで販売されているベビーオイルが、高品質ということで話題になっています。ベビーオイルの使い方は、肌を保湿するために使うのが一般的ですが、髪の毛のケアにも使うことができます。手のひらサイズのボトルの容器のため、持ち運びもかさ張らず、携帯性も良いものとなっています。

ダイソーのベビーオイルとは?

ダイソーのベビーオイルは、2012年の@cosmeベストコスメ大賞にて、100均アイテムにもかかわらず、オイル・バーム部門の第3位を獲得しました。それ以来、ダイソーのベビーオイルは人気の定番アイテムとして定着しました。それ以来、天然成分由来のナチュラルなベビーオイルとして、その地位を守っています。

天然由来の成分

ダイソーのベビーオイルは、天然由来の成分で構成されているため、お肌や髪にとってダメージを与えることもなく、お肌と髪の潤いを保ってくれます。ダイソーのベビーオイルの含有成分には、スクワランという成分が含まれており、これは肌によくなじむ上に、酸化を防いでくれます。

他にもオリーブオイルが含まれており、油が肌を保湿してくれ、水分の蒸発を防いでくれるのです。また、ホホバ油は人間の肌と同じ成分によって構成されており、どんな肌質の方にも合うという特性を持っているのです。

赤ちゃんが使えるオイル?

ダイソーのベビーオイルは、赤ちゃんに使用することもできます。ベビーオイルは、肌にとって低刺激なものなので、とても敏感な赤ちゃんの肌に対しても使用することができます。肌が乾燥するとかゆみが出てしまったりしてしまいますが、ベビーオイルを使うことによってそれを防ぐことができるのです。

乾燥しがちな肌にも

ベビーオイルは、肌に塗ることによって、乾燥しがちな肌の保湿を保ってくれるという特徴を持っています。ベビーオイルは、肌の水分が逃げてしまわないように、膜を作ってくるという特性をもっています。ですので、お肌の保湿を助けるという効能があります。ですので、ベビーオイルの使い方は水分が逃げてしまわないように塗るという用途だと言えます。

ベビーローションとの違い

ベビーオイルと違う用途として使うものとして、ベビーローションがあります。ベビーローションを使用する際の効能は、肌に水分を与えるということです。ベビーオイルは肌の乾燥を防ぐために使うものですが、ベビーオイルは肌に水分を与えるということなので、使用意図が違うと言えます。ですので、用途に応じてそれぞれ使い分けるといいでしょう。

ダイソーのベビーオイルの使い方

ダイソーのベビーオイルは、色々な使い方がありますが、どのような時に、どのようなケアに向いているのかは気になるのではないでしょうか。ダイソーのベビーオイルは無香料なので、匂いを気にせずに使用することができますが、その特徴を活かしたダイソーのベビーオイルの使い方を見ていきましょう。コスパがいいので、お試しに試せるのも魅力です。

ヘアオイルとして使用

100均ダイソーのベビーオイルの使用方法としては、髪をケアするためのヘアオイルとして使うこともできます。髪の毛が多少痛んでいたり、頭頂のアホ毛などを落ち着かせるために、ベビーオイルを使用することによって、その跳ねた部分を抑えて、落ち着かせることができるので試しに使用してみてください。

洗顔に使用

ベビーオイルは保湿成分を含有しているため、洗顔をする際にも使うことができます。ダイソーのベビーオイルは多少べたつくということもあるので、洗顔フォームに数滴たらして、それで洗顔をするといいでしょう。そうすると、かさついていた顔に保湿成分が働き、乾燥を防ぐことができるできるでしょう。乾燥肌の方は試してみてください。

マッサージ用のオイルに

ダイソーのベビーオイルの使い方として、マッサージをする際に、ベビーオイルを使うのもおすすめの使用方法です。頭皮へのマッサージとして使うこともできます。頭皮が乾燥すると、痒みやふけがでる原因となるります。頭皮をマッサージすることにより、乾燥を防ぎ、頭皮の血行を促進し、健康な髪を保つための助けとなります。

また、ベビーオイルを使用してボディマッサージをすると、保湿効果により、乾燥による肌のトラブルを防いでくれます。冬場など、とても肌が乾燥しやすい季節などには、肌が乾燥することにより摩擦に弱くなりますが、それが原因により衣服が肌と擦れることにより、痒みが出ることがありますが、ベビーオイルの保湿によってそれを防げます。

メイクのケア用に

メイクのケアをする際にも、ダイソーのベビーオイルを使うことはおすすめです。メイクをする前の前日の夜や、メイク前などに、首やデコルトにオイルマッサージをすることによって、顔の浮腫みを防ぎ、メイクをしやすくなるのです。

他にも、ダイソーのベビーオイルはメイク落としにも効果を発揮します。ベビーオイルを使って、メイクを落とします。ダイソーのベビーオイルを使うとメイクがとても落ちやすく、その後洗顔をすればすっきりとした状態になることができるのです。

ダイソーのベビーオイルにおすすめの組み合わせ

ダイソーのベビーオイルですが、香水やローションと一緒に使うことによって、その効果の実感をさらに感じることができます。もちろん、ベビーオイルを単体で使うことによってでも、色々な使い方があるのですが、他のものと組み合わせて使うことにより、さらに効果を実感することができるのです。

香水×ベビーオイル

ダイソーのベビーオイルと香水を組み合わせることによって、ヘアコロンを作ることができます。その作り方はとても簡単で、ダイソーのベビーオイルを数滴、精製水200mlほどにたらし、それに自分の好きな香りの香水を数滴たらすことによって、オリジナルなヘアコロンを作ることができるのです。容器は霧吹き用のものがおすすめです。

ダイソーにもそういう容器は売っているので、ベビーオイルを買う際に見てみるといいでしょう。香りを付けるのと同時に、ヘアケアもできるという優れものです。

日焼け止め×ベビーオイル

夏の紫外線の強いときに必須なのが、日焼け止めです。その日焼け止めと、ダイソーのベビーオイルを組み合わせることができます。日焼け止めにベビーオイルを加えることにより、日焼け止めと肌の保湿もできるという一石二鳥なお得感があります。日焼け止めに、ベビーオイルを数滴加えるだけでいいという手軽さです。

ローション×ベビーオイル

ローションとダイソーのベビーオイルを組み合わせることにより、肌に水分を与えると同時に、その水分の保湿をできるという効果が得られます。ローションは、肌に水分を与える効果がありますが、ベビーオイルは肌の水分を逃がさないように保湿する効果があるものです。一緒に使うことにより、肌の保湿効果がとても上がるというわけです。

ベビーオイルを塗った後に、ローションを塗れば、肌の保湿にとって、素晴らしい効果を実感することができます。

ダイソー以外のプチプラなベビーオイル

ダイソーのベビーオイルは、コスパも抜群で保湿効果も優れたものですが、ダイソー以外のベビーオイルはどのようなものがあるのか、気になる方もいるでしょう。そこで、ダイソーのベビーオイル以外のベビーオイルを紹介していきます。

ジョンソンベビーオイル

ダイソーのベビーオイル以外のベビーオイルとして、まず紹介するのはジョンソンベビーオイルです。美容の商品についての流行も移ろっていくものですが、定番として認知されているのがジョンソンベビーオイルです。オフィシャルが提案しているケアの仕方だけでも14の方法があるという、多様な使用方法があります。

太陽油脂のパックスベビーオイル

パックスベビーオイルは、敏感肌の大人の方や、赤ちゃんの繊細な肌にもつかえるベビーオイルです。その低刺激なやさしさが特徴です。原料で使われているマカデミアナッツオイルは、お肌にしっかりとなじみ、無着色、無香料で、合成防腐剤等が使われていないやさしいベビーオイルです。
 

熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイル

熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイルですが、こちらのベビーオイルは、さらっとしていて、べたつきも少なく、保湿効果もばっちです。ダイソーのベビーオイルも、優れたものですが、色々試してみたいという方はこちらも試しに使用してみるといいでしょう。

ダイソーのベビーオイルの口コミ

ダイソーのベビーオイルは、コスパも優れていて、保湿効果もあるということで人気ですが、実際使用したユーザーの意見はどのようなものなのでしょうか。ここでは、実際に使用した方の感想を見てみましょう。

ダイソーのベビーオイルには日本製も!

日本製というものは、やはり安心できると思われている方も多いのではないでしょうか。ダイソーのベビーオイルに対してもそれは同じで、日本製に対しての信頼が感じられます。

ダイソーのベビーオイルのコスパと携帯性と品質の良さ

ダイソーのベビーオイルの良さは、コスパ、持ち運びしやすい大きさによる携帯性の良さ、そして何よりも品質の良さが挙げられます。低価格で高品質というとても消費者にとって嬉しいダイソーのベビーオイルは、これからも必需品として人気を博していくことでしょう。

100均に関する記事はこちら

Thumb100均のマニキュアがおすすめ!ダイソーやセリアのネイルを紹介!
100均のマニキュアの進化が止まりません!決して100均だからと侮るがなかれ、特にマニキュア...
Thumb100均のヘアカーラーで巻き髪!ダイソーやセリアのおすすめカーラー!
たかが100均のヘアカーラーとあなどってはいけません!100均のヘアカーラーは、使い方がとて...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ