コストコのエビは絶対買うべき!冷凍エビの種類や値段など解説!

今大人気コストコの冷凍エビの、種類や値段を詳しく解説していきます。コストコのエビはなぜ人気なのでしょうか?コストコで買える、おすすめ冷凍エビ6選を紹介していきましょう。また冷凍エビの解凍方法やアレンジレシピ、口コミなども調べましたので、最後までご覧ください。

コストコのエビは絶対買うべき!冷凍エビの種類や値段など解説!のイメージ

目次

  1. 1コストコのエビの種類や値段など解説!
  2. 2コストコのエビの人気の理由
  3. 3コストコで買えるおすすめ冷凍エビ6選!
  4. 4コストコの冷凍エビのおすすめの解凍方法
  5. 5コストコの冷凍エビのアレンジレシピ
  6. 6コストコのエビを食べた人の口コミ
  7. 7コストコの冷凍エビを美味しく食べよう

コストコのエビの種類や値段など解説!

今話題のコストコの冷凍エビ。なぜコストコのエビは人気なのでしょうか?コストコの冷凍エビの種類や値段などを詳しく解説していきます。コストコで買える冷凍エビ6選も紹介していきましょう。

またコストコの冷凍エビの、おすすめ解凍方法やアレンジレシピ、実際に食べた人の口コミも調べましたので最後までご覧ください。

Homepage | Costco Japan

コストコのエビの人気の理由

コストコのエビが今人気なのですが、なぜそんなに人気があるのでしょうか?コストコのエビの、人気の理由や種類などを調べましたので、一緒に見ていきましょう。

種類は6種類

コストコのエビは種類が豊富で、6種類のエビを販売しています。コストコのオリジナルブランド「カークランド」が製造している商品で、生エビのまま冷凍されたものから、ボイルして冷凍されているエビがあるのです。

また尾が付いているものや、付いていないものなど種類が豊富にありますので、料理に合わせて選べるのも人気の1つでしょう。

大容量でコスパも良い

コストコの商品は規格外の大きさで有名ですが、冷凍エビも大容量。冷凍なので賞味期限も長く持ちます。大容量パックでコストパフォーマンスも良いのも人気の秘密でしょう。家族で食べたりパーティーのご馳走にしたり、みんなでシェアするのも良いでしょう。

またエビはバラバラとしているため、使いやすいもの魅力です。今晩のおかずに少しだけ使うことも、大量に使うことも出来るでしょう。

どのエビも908gと大容量

コストコの冷凍エビは5種類ありますが、どのエビも908gと大容量サイズです。一般的なスーパーでは、冷凍エビ1パック160g程で売られていますので、その差は歴然でしょう。たっぷりと入っているコストコの冷凍エビでエビ料理が沢山作れます。

コストコで買えるおすすめ冷凍エビ6選!

大容量で値段も安く、種類豊富で人気のあるコストコの冷凍エビですが、ここでコストコで買える冷凍エビ6選を紹介していきましょう。これから購入しようと考えている人は、これを参考にしてみてください。

冷凍シュリンプ尾なし

コストコの冷凍エビまずは、「カークランドシュリンプ調理済みむきエビ(尾無)」を見ていきましょう。このエビは、冷凍する前に下処理をしていてボイルしてあります。

尾も付いていませんので、そのまま入れて料理出来るでしょう。サラダなどに入れると、見た目も華やかで豪華な一品になります。1袋50~70尾入っていて、値段は2,937円です。

冷凍生エビ尾なし

コストコのおすすめ冷凍エビ「カークランドシュリンプ冷凍生エビ(尾無)」を紹介します。このエビは冷凍する前に、尾が取られているエビになります。解凍してエビチリやカレー、アヒージョなどの料理に入れて楽しめるでしょう。1袋50~70尾入っていて、値段は2,642円とお得な値段になっています。

クックドサラダ

次はコストコおすすめの冷凍エビ「カークランドクックドサラダシュリンプエビ」を紹介します。名前の通りサラダに最適な小ぶりなエビが、1袋に100尾~200尾入っているでしょう。

小さめのエビを沢山使いたい時に便利な商品となっています。値段は2,458円1匹あたり約12円程ですので、かなりお安くなっているでしょう。

冷凍生エビ尾付き

コストコおすすめの冷凍エビ「カークランドシュリンプ冷凍生エビ(尾付き)」を紹介していきましょう。このエビは生のまま、尾付きで冷凍されたエビになります。シッポ付きなのでエビフライなど、シッポが付いていた方が良いエビ料理に使うと良いでしょう。

1袋31尾~40尾、大きさによって数はまちまちのようです。値段は3,230円となっています。一般的なスーパーでは、尾付きの冷凍エビが10尾~20尾などで売られているので、「カークランドシュリンプ」はかなりの大容量と言えるでしょう。

クックドシュリンプ

次に紹介するコストコおすすめの冷凍エビは「カークランドクックドシュリンプ(尾付き)」です。このエビは、シッポ付きでボイルされて冷凍されたエビになります。もともとボイルして調理済みなので、軽く火を通すだけで食べられるでしょう。

シッポが付いていて、見た目が豪華になりますので、パーティーなどにも最適な冷凍されたエビです。1袋31尾~40尾入っていて、値段は3,117円となっています。

冷凍エビ餃子

最後に紹介するのは、コストコのおすすめ「冷凍エビ餃子」です。こちらのエビは加工された餃子になっていて、簡単にエビ餃子を食べることが出来ます。ツルツルとした餃子の皮に、プリッとしたエビが美味しいおすすめの商品です。

こちらの商品はタレが付いていませんが、そのままでも十分に美味しい餃子です。濃い味が好きな人は、タレを手作りしてもいいでしょう。「冷凍エビ餃子」は40個入りで、約1,600円となっています。スープに入れたり、茹でてそのまま食べたり色々な食べ方が出来そうです。

コストコの冷凍エビのおすすめの解凍方法

種類豊富なコストコの冷凍エビの種類を紹介しましたが、ここでおすすめの解凍方法を紹介します。どのエビも冷凍されているエビですので、解凍するのは必須となるでしょう。上手に解凍して美味しく食べる方法をご覧ください。

使う分だけボールに出し水に漬けるだけ

コストコの冷凍エビのおすすめ解凍方法ですが、まず使う分だけボールに出し水を張って漬けて置くだけ。春や夏の暖かい季節なら5分程で解凍されます。秋や冬の寒い季節には、倍の10分程掛かりますが、その間他の調理をしていればすぐに解凍されるでしょう。

簡単に解凍出来ますので、料理時間も短縮されて便利です。また袋からエビを出す時に、エビ同士がくっついて離れないなんてことはなく、ちょっと力を入れれば、簡単に取り出せるのもいいところでしょう。

流水ではなく溜め水で解凍

コストコの冷凍エビの解凍方法ですが、流水で流して解凍するのはあまりお勧めできません。水と一緒にエビの旨味も逃げていくからです。ボールなどに水を溜めて解凍しましょう。

再解凍はNG

コストコの冷凍エビに関わらず、冷凍食品は再解凍してはいけません。再解凍すると食品の細胞構造が破壊され、栄養や質が損なわれてしまいます。基本的に冷凍食品が冷凍される際、-40℃以下で瞬時に冷凍されるのです。

そのため、細胞組織の破壊を極力抑えて冷凍されているので、味は落ちにくいでしょう。また味や栄養素以外に、雑菌の繁殖が起こる可能性もありますので、再解凍はしないようにしてください。

むきエビは解凍後加熱が必須

コストコの冷凍むきエビですが、以前は解凍すればそのまま食べられたのですが、現在販売されているコストコのむきエビは、調理済みですが解凍後加熱が必要になります。火を十分に通してから食べるようにしてください。火を通す時間や手間は掛かりますが、解凍が簡単ですのでそれ程手間ではないでしょう。

コストコの冷凍エビのアレンジレシピ

コストコの冷凍エビは、大容量パックで沢山料理が作れます。そこでコストコの冷凍エビを使ったアレンジレシピを紹介していきましょう。

シュリンプサラダアレンジ

コストコの「クックドサラダシュリンプ」でシュリンプサラダを作りましょう。作り方は簡単です。まずは「クックドサラダシュリンプ」をお好みの量出してください。次に鍋にお湯を沸かします。お湯が沸いたら「クックドサラダシュリンプ」を湯通しし、10秒ほどでお湯からあげて氷水で冷やしましょう。

その間に、レタス、ブロッコリー、玉ねぎ、パプリカなどお好きな野菜を切りましょう。アボカドやズッキーニを加えると、女性が好みそうなサラダになります。切った野菜とエビを器に盛り、お好みのドレッシングをかけてお召し上がりください。

エビフライにアレンジ

次に紹介するのは、エビ料理の定番と言っても過言ではないでしょう。子供から大人まで大好きなエビフライです。コストコの「シュリンプ生エビ冷凍(尾付き)」で作ると、サイズも大きくシッポが付いていていいかもしれません。

作り方は基本のエビフライと一緒です。エビに薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて油でカリッと揚げましょう。付け合わせにキャベツ、レモン、タルタルソースがあると良いでしょう。

パスタにアレンジ

次はコストコの冷凍エビを使ったパスタのレシピを紹介します。「シュリンプ冷凍むきエビ(尾無)」で作ってみましょう。トマトや和風、クリームなどなんのパスタにも相性が良いエビです。今回は定番のエビのトマトクリームパスタを紹介していきましょう。

まず大きめの鍋にお湯を沸かし沸騰したら塩を加え、パスタを茹でましょう。この時に表示されている時間の1分前にエビも一緒に投入します。フライパンを熱し、オリーブ油、にんにくを入れて炒めます。香りが立ったらトマト缶200gを入れ、木べらで潰しながら弱火で5分煮込みましょう。

コンソメ小さじ1、生クリーム50ccを投入し塩コショウで味付けします。フライパンに茹でたパスタとエビを加えて和えましょう。お皿に盛って完成です。

エビマヨやエビチリなどの中華に

コストコの冷凍エビはエビチリやエビマヨにも最適です。「シュリンプ冷凍生エビ(尾無)」を使っていきましょう。どちらも食卓の人気メニューですが、最初はエビチリを紹介します。まずは冷凍生エビ約200gを解凍しましょう。解凍したエビに酒大さじ1、塩少々を振りかけ揉みこんでいきます。

その後水洗いしてキッチンペーパーで水分をふき取り、片栗粉をまぶしましょう。チリソースの作り方は、水(70cc)、鶏がらスープの素(小さじ1/2)、ケチャップ(大さじ2)、砂糖(大さじ1/2)、豆板醤(小さじ2~)、酒(小さじ2)、塩コショウ(少々)を混ぜ合わせておきます。

小さめの鍋にお湯を沸かしエビを茹で、ざるに上げましょう。フライパンに油、にんにく、生姜を炒めて、香りが立ったらみじん切りしたネギを入れ炒めます。さっきのチリソースを加え沸騰したらエビを投入。水溶き片栗粉でとろみを出し、ごま油を加えたら完成です。

次に子供が好きなエビマヨの作り方を見ていきましょう。解凍したエビ8尾を塩とお酒で下味を付けて、片栗粉をまぶしましょう。マヨネーズ大さじ3とケチャップ大さじ3、レモン汁を少々ボウルに入れて混ぜ合わせソースを作ります。

フライパンに油を敷きエビを軽く焼き、ソースを絡めたら出来上がり。エビは大きいものを選ぶと、見栄えも良く食べ応えがあるでしょう。簡単ですのでぜひ作ってみてください。

生春巻きでエスニックアレンジ

今回は自宅で挑戦しずらい生春巻きを紹介していきましょう。コストコの冷凍エビを使えば、簡単に生春巻きが作れます。それではコストコの冷凍エビを使った生春巻きの作り方を見ていきましょう。まずはコストコの「クックドサラダ」を解凍しておきます。

解凍したエビを半分に切りましょう。コストコのライスペーパーを水、またはぬるま湯で戻します。サニーレタスを食べやすい大きさにちぎり、キュウリを千切り、アボカドは薄くスライスしましょう。戻したライスペーパーに、レタスやキュウリ、エビをのせて巻いたら完成です。

子供がいる家庭では、半分に切っても良いでしょう。スイートチリソースを付けて食べると美味しく頂けます。簡単ですので、ぜひ作ってみてください。

コストコのエビを食べた人の口コミ

コストコの冷凍エビを紹介してきましたが、ここで実際にコストコの冷凍エビを購入し、食べた人や料理した人の口コミを紹介していきましょう。

コストコでの「冷凍エビ餃子」を購入したようです。長ネギ・しめじ・肉団子も入れて具沢山スープの出来上がり。とっても美味しそうです。

「シュリンプむきエビ(尾無)」を購入したようです。しっかりとした大きいサイズで、食べ応えがあるでしょう。調理済みで料理もしやすくなっています。

こちらはコストコの冷凍エビを使ってエビチリを作ったようです。ソースは手作りでも市販でもいいでしょう。夜な夜なエビチリとコメントしていますので、エビチリが好きなのでしょうか。

コストコで販売されている冷凍エビと冷凍ブロッコリー、豚肉と卵を炒めた一品。味ぽんをかけてさっぱりと頂けます。栄養バランスも良く、簡単で嬉しい料理でしょう。今晩のおかずにいかがでしょうか?

コストコの冷凍エビを美味しく食べよう

コストコの冷凍エビは大容量で値段も安くおすすめの商品です。まとめ買いして毎日の料理に使ったり、パーティーなどでエビのおもてなし料理を作ったり、コストコの冷凍エビは使い道が沢山あるでしょう。冷凍エビを使えば、料理も簡単で時短になります。コストコに行ったときは冷凍エビを購入してみてください。

コストコに関する記事はこちら

Thumbコストコの餃子は超おすすめ!餃子計画の冷凍餃子の値段や味など解説!
コストコといえば食料品を思い浮かべる人は多いと思いますが、その中でも冷凍食品はコストコの主力...
Thumbコストコのお寿司が人気!おすすめのネタの味や値段など徹底解説!
コストコでお寿司を買ったことはありますか?以下では、コストコのお寿司のうち、おすすめのネタの...

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ