ワンナイトラブとは?クラブやクリスマスなどでは女性は落とされやすい?

みなさんは、ワンナイトラブとはご存知でしょうか?ワンナイトラブというとあまり良い印象を受けないかもしれません。今回は、ワンナイトされやすい時期や、ワンナイトされやすい場所など、ワンナイトラブについて、詳しくご紹介していきます!

ワンナイトラブとは?クラブやクリスマスなどでは女性は落とされやすい?のイメージ

目次

  1. 1「ワンナイトラブ」ってやったことある?
  2. 2ワンナイトラブの意味とは
  3. 3男性はワンナイトラブを狙っている?
  4. 4女性がワンナイトラブしたい心理
  5. 5寂しさからくるワンナイトラブに注意
  6. 6後悔しないワンナイトラブとは
  7. 7安全にワンナイトラブを楽しんで

「ワンナイトラブ」ってやったことある?

皆さんはワンナイトラブをしたことがありますか?ワンナイトラブってなにそれ!という方もいるでしょう。後にも詳しく説明しますが、ワンナイトラブとは、一夜限りの恋、身体の関係。のことを指します。

身体の関係と聞くと、何となくちょっとな。なんて考えを持つ人もいるでしょうが、ワンナイトラブを良しと考えている女性は、約3割近くいるのも事実です。誰にも迷惑をかけないならいいでしょう。と考えているそうです。

ちなみに、ワンナイトラブが起こる季節は、ダントツ冬が多く、クリスマスの時期はもっとも多いらしいです。やはり、クリスマスや冬は、人肌が恋しくなってしまいます。

ワンナイトラブの意味とは

ワンナイトラブの意味を知らない方もいると思いますので、まずはワンナイトラブについて、詳しくご紹介していきます!ワンナイトラブについて知らないと後々後悔してしまうかもしれませんので、しっかりチェックしましょう!ワンナイトラブについて、大きく2つに分けて、説明してみました!

文字通り一夜限りの恋!

ワンナイトラブとは、直訳すると一夜の愛。その通りなのです。名前の通り、一夜だけの関係を指すのです。正確には、一度だけの身体の関係を持つということです。

ワンナイトラブがあまり良い目で見られない事が多いのは、こういった一度だけの身体の関係を持つことに抵抗があるのが多いからなのかもしれません。

ちなみにワンナイトラブ以降も続けて関係を持ち続けているのは、それはもうワンナイトラブではありません。

英語だとワンナイトスタンド

ちなみに、英語だとワンナイトラブではなく、ワンナイトスタンドといいます。ワンナイトスタンドを直訳すると、一夜だけの情事という意味になります。情事とは、恋愛に関する事柄で、特に夫婦でない男女の肉体関係を表すものとなっています。

ワンナイトラブだったら、直訳すると一夜の恋で、まだ可愛いもんですが、ワンナイトスタンドだと情事なので生々しいです。

男性はワンナイトラブを狙っている?

クラブや、夜に人が集まるお店では、ワンナイトラブを狙っている男性がいることが多いです。ワンナイトラブというだけあって、ナイト、夜ですから!その他にも、クリスマスの時期などは、寂しさを感じている女性を狙う男性も多いのです。

ワンナイトラブをしてみたい!という男性もじつは多いのです。男性は、なぜワンナイトラブをしてみたいのでしょうか?4つご紹介します!

①後腐れなさそう

後腐れとは、物事が済んだあとがきれいに片付かず、ごたごたや悪影響が残ることをいいます。そんな後腐れが、ワンナイトラブにはなさそう。一夜限りだし。なんて考える男性が多いです。

実は、ワンナイトラブを狙っているのは男性だけでなく、少数ですが、女性もいます。そんな、ワンナイトラブを狙っている女性は、サバサバ系ビッチ女子が多いです。

サバサバ系ビッチ女子は、自分も快楽のために、ワンナイトラブを楽しむために、面倒なことは避けますし、きっちりと関係を1度で終わらせます。サバサバ系ビッチ女子は、ある程度経験も豊富で、ワンナイトラブに慣れているため、ワンナイトラブを狙っている男性からは重宝されています。

②ホテル代だけで済む

好きな人がいる。その人と付き合って、行為もして。なんて、実現するには、正直結構お金がかかることが多いです。素敵なディナーをご馳走したり、プレゼントしたり、やっと付き合えてもすぐに行為できるわけではありません。

ワンナイトラブでは、ホテル代だけで済むのに性的欲求を解消できる!と考える男性が多いです。ホテル代だけで済んで性的欲求も解消できて、一夜のみだからめんどくさい事にはなりづらいし、後々楽。良い事づくめ!ということなんでしょう。

③セフレに出来そう

性的欲求はあるけれど、風俗に行くお金も、相手をしてくれる彼女もいない。なんてちょっと可哀想な男性が、定期的に性的欲求を解消するために、セフレを作りたいと考える場合もあります。

ワンナイトラブとは、上記でもご紹介したとおり、一夜限りの恋、肉体関係の事なので、その先関係が続くようであれば、それはセフレになります。ワンナイトラブから、うまい事セフレ関係に持ち込もう!と考えている男性も、実は結構いるのです。

この場合、相手にパートナーがいない状態ならば問題ありませんが、相手にパートナーがいた場合、とてもめんどくさい事になってしまい、最悪事件に巻き込まれてしまう恐れがあります。

④本命彼女以外とやりたい

性的欲求が強すぎるのか、男性の趣味なのか、はたまた男性の本能なのか。どれにせよ本命彼女がいるのに本命彼女以外とやりたいなんて、たちが悪いです。

ばれなきゃいいだろうという軽い考えでワンナイトに誘って、そのまま関係が長引いてめんどくさい事になって、本命彼女と別れる羽目になってしまってなんてことも実際あります。

本命以外の彼女とやりたいと思っている男性は、本命彼女以外の女性と行為をしている背徳感が好き。なんて人もいれば、本命彼女に飽きてきたから。なんて人もいます。

女性がワンナイトラブしたい心理

ワンナイトラブと聞くと、男性が主に狙っている!と思うかもしれませんが、実は女性も、少数派ですが、ワンナイトラブを狙っているのです。

女性だって男性のように性欲はありますし、クリスマスの時期などは寂しい気持ちもあり、女性だってワンナイトしたい!という気持ちはあるです。ワンナイトラブを狙っている女性の心理を、5つ紹介していきます!

運命的な出会いに感じる

誰しも、運命的!と感じたことはあるでしょう。たとえば1日のうちで知らない人と違う場所でばったりと遭遇したり、前にハンカチを拾ってくれた人が取引先の相手だった!ビビっと運命を感じてしまうことを体験した人は多いでしょう。

女性は優しくしてもらったという理由だけで男性を好きになってしまいがちいな生き物です。何となく話が合う男性に対して運命を感じ、ワンナイトに持って行ってしまうというなんてこともあるのです。

運命を感じた男性に流されるようにワンナイトに誘われたら、雰囲気に押され、やってしまった、なんて女性もいます。

都会的に感じる

ワンナイトラブをしてみたい。と考える女性は都会に住んでいる、煌びやかな(きらびやか)な人だけではありません。

田舎に住んでいる女性は、少ないですが、ワンナイトラブに憧れを持つ人もいます。田舎に住んでいる人はわかるでしょうが、少し発達した、にぎわっている都会に行くと、住む世界に違いを感じます。

田舎から上京した友人が2年後再開したら別人になっていた!なんて人も多いでしょう。都会にでた女性が、バーで飲んでいるなんていう都会的な雰囲気にのみこまれ、その場にいる男性に流されてワンナイトをしてしまう。誰しも1度は都会にあこがれがあるからでしょう。

イケメン相手

イケメンが嫌い!なんて女性はなかなか居ないのではないでしょうか?やっぱり外見というものは大事なもので、イケメンに声をかけられると、舞い上がってしまう女性は多いです。そんなイケメンが紳士的に誘導してくれると、ワンナイトであっても、やってしまう女性は多いです。

寂しい思いをしていて、クリスマスパーティーに参加したのはいいものの、孤立してしまっている。そんな時にイケメンに声をかけられたら、もうテンションは最高潮です。

ワンナイトラブに抵抗がある女性だってとしても、イケメンに優しく誘導されてしまうと、1度だけだしと、考えてしまうのです。

遊んでいる女を演出したい

なかなか、遊んでいる女に見られたい女性はいませんが、中にはこれがカッコいいと思っている痛い人もいます。実際何年後かに、遊んでいる女に見られていたことを、後悔する人が多いのです。

クラブなどでは遊んでいる女の方が、慣れていて、ワンナイトラブをするにあたってめんどくさい事になりにくいと思っている男性が多いことを、こう考える女性は知っているのです。

クラブなどでは、遊んでる女は、慣れていて、比較的簡単にワンナイトラブに持ち込めるので重宝される存在ですが、一般的に遊んでいる女は、ただのビッチです。

誰でもいいから甘えたい

人は誰しも、寂しさを抱える生き物です。いくらクールにふるまっている女性や、しっかりしている女性でも、寂しさは感じるものです。特にクリスマスなどは寂しさを感じがちです。

仕事の疲れや、人間関係、恋人にふられた。マイナスなことがあった時、寂しさなどを埋めるため、甘えたいという思考になります。そういった女性が、ワンナイトラブで寂しさを埋めるとともに、甘えられる事ができ、日ごろのストレスを発散する事ができるとして、ワンナイトラブを誘うことがあります。

めんどくさいパターンでは、常に寂しさを感じていて、誰かに甘えていないと気が済まないメンヘラも、ワンナイトラブを狙っていることがあります。

ワンナイトラブが発生しやすいタイミング

ワンナイトラブ、実際皆さんどうやって行っているのでしょう。どこでどのように相手を見つけているのか、気になります。実はワンナイトラブには発生しやすいタイミングなどがあったのです!

ワンナイトラブがしてみたいけど、実際どこに行ったら、ワンナイトの相手を見つける事ができたり、ワンナイトを受け入れてくれる方がいるの?と思っている方は必見です。

クラブでナンパ

ワンナイトラブといったら、クラブで多発している!と思う方も多いでしょう。クラブとは、主に同じ目的の人が集まったり、娯楽や、社交の場として活用される場所です。もちろん、ナンパをやワンナイトラブを狙っている人のたまり場としても利用されることが多いです。

クラブでは、お酒を飲み、踊り、様々な事が行われていて、羽目を外しすぎる人も多いので、比較的簡単にワンナイトラブに持ち込みやすい場所になっています。

クラブといっても、すべてのクラブでワンナイトラブでお持ち帰りされる人がいるわけではありません。クラブはみんなでワイワイ盛り上がってるところですし、人がたくさん集まるため、そういったことを考える人は、少なからずはいます。

クラブはクラブでも、ワンナイトラブが積極的に行われているのは、やはりナイトクラブです。クラブとナイトクラブとはそこまで違いはありません。名前の通り、夜に営業しているクラブです。

忘年会後同僚と

忘年会後に同僚の人とワンナイトラブを。なんてことは実際少ないですがあることです。忘年会とは、年末に開催される、宴の事です。いろいろなお店を転々とし、お酒もたくさん飲んでしまいがちです。何度もお店を回るごとに、羽目をどんどん外してしまい、なんでもアリになっていしまうことも少なくありません。

なかなか話したことがなくて、気になってはいたけど。なんて子がいた場合、席が近ければ、話すチャンスはたくさんあります。

ある程度仲良くなった中で、2人きりで抜け出そう。なんていわれたとき、女性は雰囲気にのまれ、ワンナイトラブをしてしまうことがあるのです。

この時、ワンナイトを誘っていくる相手の口が上手い場合、いくら忘年会で、大人数いたとしても、簡単に連れ出されちゃいます。会社の同僚なので、その時に弱みを握られてしまえば、ややこしい事になりがちです。

同窓会の後

何十年後かに、会う同窓会でも、ワンナイトラブは起こりがちです。ちなみに同窓会とは、昔同じ学校などに通っていた友人で、何年後かに集まることを言います。

久しぶりだねと、言葉を交わし、何件かお店を転々とするたびお酒を飲むので、酔いが回ってきます。当時好きだった。なんて告白されてしまうかもしれません。そのまま2人だけの世界になってしまい、2人でお店を抜け出し、ワンナイトしてしまう。ということも、実際あります。

1度で終わればいいものの、何十年か経ってからの同窓会。相手や自分が結婚していたり、お付き合いしている人がいた場合、めんどくさい事になってしまいます。

終電を逃して駅ナンパ

飲み歩いていたら、終電を逃してしまった!なんて経験がある人もいるでしょう。駅で夜を明かすという選択もありますが、真冬なら、凍えてしまうかもしれません。

そんな時、駅を通りかかった人に声をかけて、家に上がろうとする人もいます。本当に家に泊めて翌朝帰宅してくれるならいいですが、そのままワンナイトラブをしてしまうことがあるので注意が必要です。また、逆に終電を逃してしまった人をナンパして、ワンナイトラブに持ち込もうとする人もいます。

寂しさからくるワンナイトラブに注意

寂しさからくる、衝動的な言動は、実は結構怖かったりします。クリスマスなど、パートナーがいないための寂しさを埋めるためのワンナイトラブには、注意をしなければいけない事もあります。知らないと、悲しい目にあってしまうかもしれません。

失敗しやすい例①クリスマスイブの相手として

クリスマスは、冬という季節とも重なり、ひと肌恋しくなる季節です。町はクリスマスカラー、道を歩けばカップルだらけ。それを照らす綺麗なイルミネーション。クリスマスは、カップルたちの季節といっても過言ではありません。カップルたちでにぎわう、クリスマスの街を1人で歩くなんて考えただけで切なくなります。

1人では寂しい!という方は、クリスマス限定の彼氏を作る女性までいるみたいです。そんな時、寂しさを埋めるために、クリスマスパーティーなどで知り合った男性と、ワンナイトラブをしてしまう女性が多いです。

ですが、クリスマスもワンナイトも終わってしまった後、とてもむなしい気持ちになってしまう女性も多いのです。その時はロマンチックでも、後から考えると。そこまで、なんてことが多いようです。

失敗しやすい例②彼氏に振られて

彼氏に振られてしまった。それは悲しい事ですし、それゆえに気を病んでしまう女性もいるほどです。男性からすると、こういった女性は、かまちょ、だったり、メンヘラ。だと思うことが多い様です。しかも、このような、かまちょだったりメンヘラだったりする女性は、やり捨てというイメージまで持っているようです。

彼氏に振られてしまったつらい感情から、安易にワンナイトをしてしまうと、後々自分でも、何やってるんだろうと、むなしい気持ちになってしまいます。

失敗しやすい例③恋愛に対して理想が高い

恋愛に対しての、理想が高い場合は、ワンナイトラブに対して、後々やめとけばよかったと、罪悪感を感じてしまいがちです。

白馬の王子様が迎えに来てくれる!なんて理想と、ワンナイトラブは、かけ離れているからです。おとぎ話のような恋は、お互いを愛する時間を得てから行為に及びますが、ワンナイトラブでは、すぐに行為を始めてしまいます。しかも、1度きりの関係です。

失敗しやすい例④経験があまりない

恋愛経験や、性行為にあまり経験がない女性は、ワンナイトラブがそもそも向いていません。まず、性行為にあまり経験がない女性は、ワンナイトラブでは正直めんどくさい女性になります。

テクニックもないに進め方も下手。快楽を求めてるのにこれじゃ何をしてるかわからない。無垢っぽくていいという人もいますが、ほぼワンナイトラブを狙っている男性にそれは必要ありません。

恋愛経験がない場合は、自分が傷つく場合が多いです。恋愛経験がない分、騙されやすく、相手に恋に落ちてしまいがちです。相手にパートナーがいたり、騙されていたと気が付いた時には、もう遅いです。

後悔しないワンナイトラブとは

悪い事ばかりでないワンナイトラブですが、後悔しないためにも、しっかりと注意しなければいけない点はいくつかあります。

あの時あんなふうにしていればよかったと、後々後悔しても、もう遅いのです。できる限りの後悔しないためにできそうな注意点をまとめてみましたので、しっかりと読んでいきましょう!

後で気まずくなる相手は避ける

ワンナイトラブでは、同僚や、元同級生、その日知り合った相手と行為をするのですが、後で気まずくなる相手と関係を持つのは避けた方がいいです。

場合によっては、関係を持ったことにより、会社を首になったり、現在交際しているパートナーなどがいた場合、破局に追い込まれたりするからです。

同僚とワンナイトラブをしてしまったことで、弱みを握られてしまったりすることもあるからです。ワンナイトラブをした後に顔を合わせることを気まずく思う方も、やめておいた方が無難です。

酔って関係を持たない

酔うと正常な判断ができなくなり、いろいろ身に危険が及びがちです。ワンナイトラブも、べろべろに酔った状態で行うのはやめた方がいいです。相手に流されてしまって行為をしたのはいいものの、名前や連絡先を聞くことを忘れていた。ということもあります。

お酒に酔った勢いで行為をした後、気が付いたら避妊具がしっかりと装着できていなかった!なんてことが起こってしまったら、大変です。

その後何かしらのトラブルに巻き込まれてしまった場合、泣き寝入りするしかできません。ワンナイトラブに限らず、べろべろに酔った状態では、素直に家に帰宅しましょう。酒は飲んでも飲まれるなです。

避妊は完璧に

ワンナイトラブに限らず、常識的な話ですが、避妊は完璧に行いましょう。避妊を完璧に行わないで、自分たちの快楽のみに任せ、後先考えず行為をしてしまって、子供ができてしまった。なんてことになれば、これこそ最悪の事態です。堕ろすにせよ、女性の身体に負担もかかりますし、何より授かった命なのにかわいそうです。

避妊方法には、いろいろあります。幅広く知られていて、比較的コンビニなど、入手しやすい、ゴムと呼ばれるコンドーム、処方してもらう薬。そもそも予測して避妊するリズム法です。様々な方法はありますが、正直手術しない限り、妊娠の可能性はわずかですがあります。

しっかりと自分が出来る限りの避妊をすることで、ごくわずかまで確立を下げる事ができます。性病にもなりにくくなるので、避妊具の活用はしっかりしましょう。

最低限連絡先は聞いておこう

トラブルがあった時のために、最低限の連絡先は聞いておくべきです。いくら1夜限りの関係だからと言って、やっておしまいは少し違います。連絡先を聞いておけば、その後もお礼が伝えられますし、何かしらのトラブルがあった時に、いろいろと便利です。

生年月日など、細かすぎる情報は聞かなくてもいいですが、名前や年齢、何の仕事をしているかは、聞いておいた方がいいでしょう。また、LINEだけでなく、電話番号は、聞いておいた方が無難です。

安全にワンナイトラブを楽しんで

ワンナイトラブをする理由も、人それぞれでした。決してワンナイトラブが悪い!というわけではないですし、日ごろのストレスなどを解消できる、いい行為だということが分かりました。

ワンナイトラブに対しての印象が変わった方もいるかもしれませんし、実際してみたい。なんて思った方もいるでしょう。

ワンナイトラブ自体があまり良い目で見られていない世の中ですが、しっかりと自分の身を守る行動を心がけていたら、安全で楽しいワンナイトを送る事ができます。

最低限の連絡先を聞いたり、しっかりと避妊には気をつけて、大事なのは、お酒の勢いで行為に至らないことです!

ワンナイトラブを実行しようと思っている方は、せめて知識だけでもたくさんつけて、安全に楽しんでください!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ