レゴランドのガラガラ問題まとめ!過疎った理由や現在の状況など紹介!

今回は、名古屋にあるレゴランドについて紹介します。レゴランドは、開園してすぐにガラガラである事が話題となったテーマパークです。レゴランドはどうしてガラガラなのでしょうか。ガラガラである理由や、現在のレゴランドについてまとめていきます。

レゴランドのガラガラ問題まとめ!過疎った理由や現在の状況など紹介!のイメージ

目次

  1. 1レゴランドがガラガラの閑古鳥?理由や現在の状況について!
  2. 2レゴランドとは?
  3. 3レゴランドがガラガラでひどい!?過疎った理由は?
  4. 4今もレゴランドはガラガラ?現在の状況は?
  5. 5レゴランドがガラガラすぎ!潰れるという噂は本当?
  6. 6ガラガラでもOK!レゴランドの楽しみ方!
  7. 7レゴランドのガラガラ状況への口コミやレビュー
  8. 8レゴランドはガラガラなところも楽しもう

レゴランドがガラガラの閑古鳥?理由や現在の状況について!

今回は名古屋にあるレゴランドについて紹介します。レゴランドが名古屋に誕生する時には、東の東京ディズニーリゾート、西のユニバーサルスタジオジャパンについで、第3のビッグテーマパークになると期待されていましたが、現在ガラガラの閑古鳥状態だと言われています。レゴランドに何があったのでしょうか。

レゴランドとは?

そもそもレゴランドとは、どんなテーマパークなのでしょうか。レゴランドとは何なのか、レゴランドの営業時間や入場料についてもみていきましょう。

名古屋にあるレゴの大型テーマパーク

レゴランドは正式にはレゴランドジャパンと言われる、名古屋にあるレゴの大型テーマパークになります。1968年にデンマークに作られたレゴランド・ビルン・リゾートを始め、2019年の時点で世界に9ヶ所あり、日本のレゴランドは8ヶ所目のレゴランド・リゾートでした。

レゴランド・リゾートは、レゴランドとシーライフ名古屋、ホテルが一体となっています。東京ディズニーリゾートのようなイメージです。

レゴランドの営業時間や休園日

レゴランドの営業時間は、基本的には10:00から18:00となっています。季節によって変わるようです。また休園日は、パークカレンダーに準ずるとなっています。

2019年は年末まで無休で営業しているようです。ただし海沿いにあるテーマパークなので、天候によっては休園となる事があるかもしれません。事前に休園しているかチェックしていくといいでしょう。

レゴランドの入場料

1dayパスポート(ピーク) おとな:6,900円 こども:4,500円
1dayパスポート(オフピーク) おとな:5,000円 こども:3,700円
年間パスポート(スターター) おとな:9,900円 こども:6,500円
年間パスポート(スタンダード) おとな:16,400円 こども:10,700円
年間パスポート(プレミアム) おとな:21,900円 こども:16,900円

レゴランドの入場料は、休日に来場すると、おとな6,900円です。ピークとオフピークは、レゴランドの公式ホームページのカレンダーで確認する事ができます。

年間パスポートが3種類あるのは、ピーク時期でも利用できるタイプとオフピークのみしか利用できないものなど、年間パスポートでも入れる時と入れない時があるように設定されているからです。

レゴランドがガラガラでひどい!?過疎った理由は?

それでは現在、レゴランドがガラガラでひどい状態になっている理由についてみていきましょう。どうしてレゴランドは、こんなにガラガラになってしまったのでしょうか。

料金が高い

レゴランドがガラガラになってしまった原因の1つが、料金です。レゴランドの入場料は、ピーク日で大人6,900円になります。

東京ディズニーランドの1デーパスポートで、おとな7,400円、ユニバーサルスタジオジャパンの1デイ・スタジオ・パスは、7,400円程度です。

東京ディズニーランドもユニバーサルスタジオジャパンも7,400円なら、そこまで高くないのではないかと思うかもしれません。しかしアトラクションの規模や、パーク自体の大きさを考えるとやはり高いのです。

オープン時はたくさんの人が来場しましたが「これだけのパークに6,900円は高過ぎる」という噂が広がってしまいました。

アクセスの悪さ

レゴランドがガラガラになってしまった理由には、アクセスの悪さもあります。東海三県に住んでいる人であれば、車でレゴランドに行く事ができます。

しかしレゴランドに車で行っても、レゴランドに駐車場がないので、近隣の駐車場に駐車する事になります。近隣にはたくさんのコインパーキングがあるものの、始めて名古屋に来た人にとっては親切とは言えないでしょう。

東海三県ではない人は、電車で来場する人も多いようです。電車でレゴランドに行くには、各線「名古屋」駅であおなみ線に乗り換える必要があります。

「名古屋」駅から「金城ふ頭」駅までは25分程度です。「金城ふ頭」駅に付いたら、そこから徒歩で10分ほど歩く事になります。道順としては簡単なので、ややこしいと感じる事はありませんが、徒歩10分がやけに遠く感じてしまうようです。

アトラクションが子供向け

東の東京ディズニーリゾート、西のユニバーサルスタジオジャパン、そして名古屋のレゴランドという気持ちで来場される人が多いので、アトラクションがあまりにも子供向けである事に驚くというのも、現在のレゴランドがガラガラの理由です。

子供も大人も楽しむ事ができるテーマパークだと思って来場すると、がっかりするかもしれません。子供が楽しむ事ができて、大人もそこそこ楽しむ事ができると思っていれば、十分に楽しむ事ができるのです。

期待値が大きすぎて、がっかりして帰って行く人が多かった事で、悪い噂が広がってしまったのでしょう。子供しか楽しむ事ができないアトラクションも、レゴランドにはたくさんあります。

105cm以上ではないと乗れないアトラクションは4つだけです。つまり大人も楽しむ事ができるアトラクションは、4つだと思った方がいいでしょう。

規模が小さく外の景色が丸見え

レゴランドは1度行ったらもう行く必要がないと思われてしまった理由は、レゴランドの規模の小ささです。規模の小ささは、料金が高いと思われてしまう理由にもなりました。

東京ディズニーランドで51ヘクタール(ディズニーシーと合わせると100ヘクタール)、ユニバーサルスタジオジャパンが54ヘクタールの広さです。レゴランドは、たった12.8ヘクタールしかないのです。

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンは1日遊べるテーマパークですが、レゴランドは3時間いれば十分満喫できてしまいます。3時間で6,900円は高いとなってしまったのです。

また規模が小さい事で、周りの景色が丸見えとなっているところもデメリットとなりました。高速の高架下にレゴランドがあるため、レゴランドから高速道路がみえてしまいます。おとぎの世界にいるような気持ちになる事ができません。

写真を撮影しても高速道路が映り込んでしまう、残念な写真になってしまう事もあるようです。インスタ映えしないというところも、ガラガラの理由になっているのでしょう。

今もレゴランドはガラガラ?現在の状況は?

名古屋のレゴランドがガラガラであるというのは、レゴランドがオープンして1か月後ほどの事でした。オープンした時は、レゴランド・リゾートではなくレゴランドしかなかったのです。

現在は、レゴランドとシーライフ名古屋、ホテルもあります。ガラガラだと騒がれたレゴランドの状況は、変わっているのでしょうか。

休日は適度に混んでいる

ガラガラと言われたレゴランドですが、現在は休日は適度に混んでいるようです。混んでいると言っても、大型テーマパークのように、待ち時間何時間待ちというほどではありません。

アトラクションに並んでも、せいぜい10分程度で乗る事ができる程度です。しかしガラガラで人がいなさすぎて、寂しいという状態ではなくなっていると言われています。

子供連れで楽しめる

名古屋のレゴランドは、適度にガラガラなので、子供連れで楽しむ事ができるテーマパークになっています。もともと子供向けのアトラクションなので、子供は十分楽しむ事ができるでしょう。

適度にガラガラでほとんど並ぶ必要がないので、並んでいる時に子供がぐずって困るという事もありません。サクサクとアトラクションを楽しんで、子供が眠ってしまう前に車に戻る事ができるというところもポイントでしょう。

年齢制限があるアトラクションや、身長制限があるアトラクションもありますが、小学生の子供であれば、ほとんどのアトラクションを楽しむ事ができます。

レゴランドがガラガラすぎ!潰れるという噂は本当?

レゴランドがガラガラすぎるので、潰れてしまうのではないかという噂があるようです。確かにレゴランドは、当初見込んでいた収益の半分にもなっていないと言われています。

ガラガラすぎるからか、レゴランドが迷走していると言われる事もあります。利用者から休園日が分かりにくいという指摘があったので、ほぼ無休の営業にするというのも迷走の1つです。

また2019年3月には、年間パスポートの購入特典リニューアルや、更新価格の値下げも発表されています。しかしこのシステムができた事で、さらに料金がわかりにくくややこしくなってしまいました。「結局、安くはなっていない」という事に、利用者が気がついてしまったのです。

レゴランドに併設されている商業施設「メイカーズピア」も、レゴランドがガラガラなのでレゴランドから客を呼び込む事ができず、1年で12店舗が閉店に追い込まれました。

このままガラガラの状態が続いたら、レゴランドも潰れてしまうのではないかと、年間パスポートを購入するのを躊躇っている人もいるようです。

しかし現在のところ、レゴランドはガラガラではありますが、潰れるという計画はないと言われています。わかりやすいキャンペーンで、レゴランドがガラガラではなくなる事を期待しましょう。

ガラガラでもOK!レゴランドの楽しみ方!

現在のところ、まだガラガラな状態が続いているレゴランドですが、そんなガラガラな状態を楽しむ方法はあるのでしょうか。ガラガラなレゴランドの楽しみ方をみていきましょう。

写真をたくさん撮る

レゴランドはガラガラなので、現在であれば写真を思いっきり撮る事ができます。東京ディズニーランドなどのように、撮影スポットで順番待ちをする必要はありません。

ガラガラなので、何パターンもポーズを変えて撮影する事もできます。レゴランドでは撮影も自由にできるところが多いので、細部まで撮影をして楽しむのもいいでしょう。

基本的にレゴランドにコスプレをしていく事はできないのですが、ハロウィーン・パーティ・コスチューム・コンテストというイベントの期間に限り、コスプレをして入場できるようです。写真撮影がさらに楽しくなるでしょう。

ただしレゴランドは子供用のテーマパークなので、ゾンビなど、恐怖を与えるコスチュームや、露出が多すぎるコスチュームは禁止などのルールがあります。コスプレのルールを、しっかりとチェックしてから出掛けましょう。

平日を狙う

現在もレゴランドはガラガラですが、待ち時間ゼロでアトラクションを楽しみたいと思っている人におすすめなのが、平日のレゴランドに行くという方法です。

休日はガラガラとはいっても、そこそこ来場者がいます。人気のアトラクションは10分程度並ばなくてはいけません。10分でも並ぶのは嫌だという人は、平日のガラガラなレゴランドを狙って来場するといいでしょう。

平日なら好きなアトラクションに待ち時間なしで、何度もトライする事も可能です。レゴランドが、ガラガラだからこそできる事でしょう。

限定レゴブロックを買う

レゴランドは、現在はだいたいガラガラです。来場者が少ないので、お土産コーナーもじっくりとみる事ができます。レゴランドには、限定のレゴブロックも販売されています。どんなアイテムがあるのかをじっくりとみて、購入するかどうか考える事もできるでしょう。

限定レゴブロックには「レゴランド パーク」や「ドライビングスクール」、「サムライロボ」などがあるようです。

限定レゴブロックを買う場合も、レジもガラガラなのでスムーズにレジを終わらせる事ができます。並ばなければいけないというストレスがないのは、並ぶのが苦手な人にはメリットでしょう。

レゴランドのガラガラ状況への口コミやレビュー

それでは実際に、ガラガラのレゴランドに行った人はどんな感想を持ったのでしょうか。レゴランドの口コミや、レビューをチェックしてみましょう。

空いていて快適

現在もレゴランドはガラガラです。お世辞にも、混んでいるとは言えない状況でしょう。しかし人混みが苦手な人にとっては、とても快適なテーマパークだと言えます。お盆期間中でも、入口がしっかりみえるくらいガラガラなテーマパークです。

アトラクションもたっぷり楽しめる

レゴランドはガラガラなので、ユニバーサルスタジオジャパンなどのように「今日はこのアトラクションに乗るのは諦めよう」という事がありません。どのアトラクションにも、比較的スムーズに乗る事ができるのです。

レゴランドはブロックで作られた、展示品をみる事が多いテーマパークでもあります。展示品は屋根のない屋外で展示されているものが多いので、寒い時期や暑い時期には対策も必要です。

レゴランドはガラガラなところも楽しもう

今回はガラガラだと言われる、名古屋のレゴランドについて紹介しました。現在はレゴランドはガラガラのようですが、これからの企画次第では混雑していく可能性もあります。ガラガラなうちに、レゴランドを楽しみましょう。レゴランドは、アーケードが少ないので、日差しが強い時には帽子を持っていくといいと言われています。

Thumb東京ディズニーリゾートで起きた事故や事件!日本で死亡事故?
あなたは、東京ディズニーリゾートで起きた事故や事件を知っていますか?多くの人に大きな楽しみを...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ