体力がない人の特徴とは?体力がない原因やつける方法など紹介!

最近なんか体力がないなとか、疲れやすいな、寝てるのに眠いなと感じることはないでしょうか。体力がないのは、加齢によることもありますが、不規則な生活習慣などにより影響を受けて、体力がないと感じることもあるようです。体力をつけるにはどのような方法があるのでしょうか。

体力がない人の特徴とは?体力がない原因やつける方法など紹介!のイメージ

目次

  1. 1体力がない人の特徴や原因などご紹介!
  2. 2体力がないと感じる時は?
  3. 3体力がない人はどんな特徴がある?
  4. 4体力がない原因は?
  5. 5体力がない人がつける方法【食事編】
  6. 6体力がない人がつける方法【運動編】
  7. 7体力がない人がつける方法【生活編】
  8. 8体力がない人におすすめの職業
  9. 9体力のないということに対する考え方

体力がない人の特徴や原因などご紹介!

体力がない人の特徴として、多少の仕事や運動をしただけで疲れ切ってしまったり、なぜかすぐに風邪を引いてしまうという症状などが出てしまうことがあります。ですので、体力がないということは、効率が悪くなってしまうことがあるのです。原因としては、食生活の乱れや運動不足、眼精疲労などあり、それが重なって体力がなくなったりしてしまうのです。

体力がないと感じる時は?

体力がないと思う人は、自分が体力がないと感じるときはどのようなことなのでしょうか。よくある例を挙げると、少しの運動を行っただけで貧血を起こしてしまい、立ち眩みがしてしまったりすることがあります。他には、椅子に座ってパソコンに向かい文字を打っているだけでも、やたら肩が凝って疲れてしまうということがあります。

他にも、すぐに疲れると感じてしまう瞬間を多く感じることが多い人は、体力がない人だと言えるでしょう。では、その具体的な体力のなさの特徴とはどのようなものかを、見ていきましょう。

普段から疲れやすい時

体力がない人の特徴として、非常に多く起こる症状として、多少歩いたり、運動したりしただけでも、すぐに疲れてしまうということです。それに付随して、すぐに眠くなってしまうということもあります。この普段疲れやすいということには、非常に多い要因があるのです。その要因は、後で詳しく見ていきます。

日中に眠気に襲われる時

体力がない人の特徴として挙げられるものは、日中の最中に眠気に襲われてしまうということがあることです。もちろん、寝不足の時の場合はさらに頻繁に眠気に襲われるわけですが、別に寝不足でもないのに、日中に眠気に襲われることがあるのです。この日中に眠くなってしまうという兆候は、体力がなくなっているサインだとも言えます。

体力がない人はどんな特徴がある?

体力がない人は日々を生活する際に、どのような生活態度を取っているのでしょうか。ある種の不摂生があるために、体力がないという状態になるのですから、そう状態になるある特徴があるはずです。ですから、その体力がない人に特有の特徴を観察することによって、それを改善したり避けたりすることによって体力の改善が望めるはずです。

そこで、体力がない人に顕著な特徴を概観していくことによって、体力がない状態を脱出するための糸口を探してきましょう。

筋肉不足で猫背

体力がない人に特徴的なこととして、筋肉不足のために猫背になっているということが挙げられます。なぜ猫背になるかといえば、体をまっすぐな姿勢に保つために必要な筋肉が発達していないということです。そのために、腰や背中などに不必要な負荷がかかってしまい、それによって疲れしまうということが起こるのです。

喫煙している人

タバコを吸うことによって、体力がない状態になるというのは誰もが聞いたことのあることでしょう。タバコを吸うことによって、なぜ体力がない体になってしまうのかというと、タバコに含有されているニコチンやタールが、心肺機能や肝機能の機能をかなり低下させてしまうという事実があるためです。

肝臓が、タバコが含有している毒素を分解するために必死に働いているのですが、本数が増えれば増えるほど、肝臓が毒素を分解する機能がすべてを分解しきれなくなってしまうのです。よって、体内に毒素が残ってしまうため、体力のない状態になってしまうわけです。

お酒を普段から飲む人

体力のない人が行っている悪い習慣と言えるものは、大量のアルコールを摂取することです。アルコールは肝機能に影響を及ぼしますが、そこはタバコと同じだと言えます。問題は、大量のアルコールを嗜むということであり、少量ならば体にいいとさえ言われています。少量のアルコールならば、肝機能も正常に働くのです。

しかし、大量のアルコールを摂取するということになると、肝臓をかなり酷使することになってしまい、肝機能の低下を招き、非常に体力のない状態になってしまうのです。それに、大量にアルコールを摂取すると貧血の原因となるということも知られています。
 

胃腸の働きが弱い人

体力のない人に特徴的な特有の状態として、胃腸の働きが弱いということがあります。食事をバランスよく摂ったとしても、その栄養素の吸収や消化がうまくいかないため、体内において栄養素が行き渡らないという事態が起こってしまうのです。それに、胃腸の調子が悪い場合は、食欲不振や便秘や下痢などに悩まされ、体力のない状態になってしまいます。

特に下痢の時は、水分やミネラルの成分を排出してしまうために、体内の状態が慢性的に栄養不足になってしまうということもあります。その理由によって、体を動かすための力が出せず、体力のない状態になってしまうのです。

ジャンクフードが大好き

体力のない状態になっている人の特徴として、ジャンクフードが大好きという要因が挙げられるでしょう。なぜ、ジャンクフード好きな人が体力のない人に特徴的なのかというと、ジャンクフードには大量の化学調味料が使用されていたり、塩分がかなり高いなど、肝機能を低下させてしまう要素がふんだんにあるからです。

コンビニの弁当やファストフードなど、ジャンクフードと呼ばれるものを、日常的に大量に食べているという自覚のある人は、肝機能の低下を防ぎ、体力をつけるためにも食生活の見直しを考えた方がいいでしょう。

完璧主義者

体力のない人の特徴のあることとして挙げられるのは、完璧主義者のことです。なぜ体力のない人が完璧主義者に多いのかというと、仕事や目標に対して全力で取り組み、100パーセントの成果を出せないとだめだというプレッシャーを自分にかけてしまって、体力的にも疲れてしまうのです。

それに、完璧主義者は全てのことに対して、完璧じゃないと気が済まないため、プレッシャーが常にかかり続けてしまうということもあります。その多大なプレッシャーなどによって気疲れしてしまい、心の疲労が体力のない状態に繋がってしまうわけです。

集中力に欠ける

体力のない人に特徴的な点として挙げられるのは、集中力に欠けるということです。一般的な集中力がある人が特に疲れもせずに続けられる仕事でも、集中力のない人はすぐに疲れてしまうのです。同じことをし続けるために必要な集中力は、体力と関連付けられます。ですので、集中力が散漫であると体力のない感じになってしまいます。

毎日の眠りが浅い

体力のない人に特徴的なこととして、毎日の眠りが浅いということが挙げられます。浅い眠りしかすることができずに、深い眠りに入れない人は体力のない人の特徴だと言えます。眠りが浅いために、活動をするための必要な力を出すために必要な疲労の回復ができないため、気力がでずに体力のない状態になってしまいます。

加えて、浅い眠りしかできない人は、慢性的に常に眠いという状態になりがちなため、それもまた体力のない状態に関係してしまうのです。慢性的な眠さがある人は、精神的に情緒不安定になってしまったりもするという悪影響もあります。

体力がない原因は?

体力がないという特徴がなぜ起こるのか、体力がない人はそれを是非知りたいところでしょう。体力がないことに対する原因は複数あります。もしかしたら、その原因の1つによって体力がない体になっているかもしれないし、さらには、その複数の原因が重なり合って、体力のないという状態になっているのかもしれません。

ですので、まずは自分が今どのような生活をしており、そして、その生活態度が体力のないことに繋がっていないかを知ることが大事と言えるでしょう。複数の原因が重なっている場合でも、1つずつ解きほぐしていくことによって、解決することができるかもしれません。それでは、体力のない原因となるものの特徴を見ていきましょう。

食生活の乱れ

体力のない人にありがちなこととして挙げられる1つの原因は、食生活の乱れです。朝昼晩ときちんと3食、食事を摂らずに間食ばかりしてしまうということはないでしょうか。間食で食べるお菓子の栄養素は、偏っているものが多かったりする場合もあるため、それが原因ということも考えられます。

もし、朝昼晩、3食きちんと食事を摂っているという方もいるかもしれません。しかし、3食摂ればいいというものでもなく、きちんと栄養のことを考えて食べないと、偏った食事になってしまい、体力のない状態になってしまいます。タンパク質やビタミン、鉄分などバランス良く摂ることが大事です。でないと、貧血などの症状を引き起こしてしまいます。

運動量が足りない

体力がない方の仕事がもしデスクワークならば、運動量が過度に少なくなるため、体力がないということになってしまいます。さらに、休日も仕事の疲労で動く気になれず、家でゴロゴロと過ごしているとすれば、さらに体力の低下が進むということになりかねません。やはり、ある程度の運動をしない限り、体力のない感じになってしまうのです。

運動といっても、そんなに激しく動く運動をする必要はありません。ただ単にウォーキングをするだけでも、肺に負荷がかかり、心肺機能の強化につながります。ジョギングにレベルを上げるさらに、心肺機能を強化することができます。心肺機能の強化は、体力の増強につながるのです。

毎日睡眠不足

体力のない人にありがちな原因として、毎日の睡眠不足が挙げられます。睡眠は、体の疲弊を癒すためにかなり重要な役目を追っています。しかし、毎日、睡眠時間が不足してしまうと、その睡眠不足の状態が慢性化してしまい、眠りが浅くなることのよって、日々の疲れを取ることができないことになり、常に軽く眠たいという状態になってしまいます。

そして、そのことが体力のないという原因になってしまうのです。それに、睡眠時には、成長ホルモンが分泌されており、それが分泌されることによって、病気などに対しての抵抗力を高めてくれる働きをしてくれます。ですので、体力のない状態で病気にかからないためにも、十分な睡眠が必要だということになります。

妊娠中

体力のない状態として想像できる状態として、女性が妊娠中の期間が挙げられます。妊娠をすることによって体力のない状態になぜなるのかというと、妊娠中は体内のホルモンバランスが急激に変化するという事実が挙げられます。ホルモンバランスの変化が、体の至るところに影響を与え、普段の体の状態よりも体力のない状態になってしまうのです。

加えて、妊娠をしている間はつわり等によってご飯をあまり食べられないという人も出てきます。ですので、きちんとした栄養摂取をすることができなくなることによって、体力のない体になってしまうのです。その上、お腹も大きくなり重くなるため、さらに体力的にきつくなってしまうということが起こるのです。

年を取った

体力のない状態になる原因として、加齢によって年齢を重ねたということがあります。年を取るということはやめることはできないため、年を取ればとるほどに、やはり体力のない状態になっていくというのは、避けることのできない運命だと言えるでしょう。体力だけではなく、免疫能力や、スタミナなども、すべて落ち気味になっていきます。

体力がない人がつける方法【食事編】

体力のない人は、どのようにして体力をつければいいのでしょうか。体力をつける方法として、食事をバランスよく摂るということが大事だと言えます。食事の栄養素をバランスよく摂ることによって、体力がつき、疲れにくい体になるのです。ですから、食事のバランスを考えるということは非常に重要なことだと言えます。

それでは、食事の栄養素を具体的にどのように摂ればいいのかを見ていきましょう。

栄養バランスを考えて食事をする

体力のない人が、体力をつけるためには栄養バランスを考えて食事を摂る必要があります。疲れやすく貧血を起こしやすい人は、鉄分を多く摂る必要があります。疲労を回復するためには、ビタミンEを摂るのがいいでしょう。ビタミンEは、血液の流れを良くしてくれて、蓄積された疲労物質を運び去ってくれます。

ビタミンCは、細胞の参加を防ぎ、体の免疫力を高める働きがあり、そして、体内のエネルギーをも作る働きがあるのです。ビタミンB12は、タンパク質などをエネルギーに変えてくれる働きを持ち、神経機能を正常に保ってくれます。これは、集中力を保つためにも必要なビタミンです。他にも、色々な栄養素がありますので、自分の体に合わせて摂るのがいいでしょう。

サプリで栄養を調整

体力のない人が、体力をつけるためにバランスを考えて食事を摂ったとしても、どうしても食事だけでは摂りきれない栄養素がでてきてしまいます。そのような場合に、便利なのがサプリを摂取することによって栄養を摂ることです。サプリは、コンビニや薬局、スーパーなど、どこでも購入することができます。

それに、今ではネットでも手軽に購入することができるため、体力のない自分にとって何が足りていないのかを確認し、サプリで栄養を補給するという方法をとるのがいいでしょう。

体力がない人がつける方法【運動編】

体力がない人が、体力をつけるために効果的な方法といえば、運動を適度にすることでしょう。体力のない人は、ほとんど運動をしていないという事実があります。特に激しい運動をする必要はなく、日々の生活の中で適度に体を動かすだけでも、体力のない感じがなくなるのを実感できるはずです。

初めは普通の人にとっては、大したことのない運動でも、体力のない人にとっては非常に疲れてしまうかもしれません。しかし、継続的に体を動かすことによってそういうこともなくなり、間違いなく体力がついてきます。ですので、無理をしない程度に継続的に体を動かすということを意識するといいでしょう。

筋トレをする

体力のない人にとって、体力をつけるために最適な運動は筋トレをすることです。特に器具を用意する必要もありません。まず初めにやるべき運動は、スクワットです。なぜならば、ウォーキングをするにしても、太ももなどの筋肉をある程度鍛えないことには、効果的にウォーキングを行えないからです。

そして、その太ももを鍛えるのに非常に効果的なのがスクワットなのです。スクワットは慣れないうちはかなりきつく感じる運動ですが、多少の負荷をかけない限りは筋力、または体力をつけることはできません。ですので、少なめの回数から徐々に増やしながらやっていきましょう。

歩く時には速足で

ウォーキングをする際に、効果的に体力をつけるように歩くには、速足が効果的です。しかし、ただ速足で歩くだけではきちんとした効果を得ることは難しいのです。ではどうすればいいのかというと、きちんとした姿勢で歩くということです。ベストな姿勢は、背筋をピンとしっかり伸ばし、腕を大きく振りながらできるだけ速足で歩くことです。


体力をつけるための基本は、歩く事にあります。しかし、ただ歩くだけではしっかりとした効果を得る事はできません。背筋をしっかり伸ばし、腕を振りながらなるべく早歩きをしましょう。そうする事で心肺機能を高める事ができます。また、正しいフォームで歩く事は足だけでなく全身の筋肉を使うため、体全体の筋力維持にも繋がります。

体力がない人がつける方法【生活編】

体力がない人が日々生活するにあたって、実践するべき行動を紹介します。バランスのいい食事や、筋トレをすることなどももちろん大事ですが、日々の生活上の行動指針のようなものも必要なのです。やはり、そういう規則正しいルーティンを考え、それを継続するということも体力をつけることにとって重要なことと言えるでしょう。

それでは、生活の上で体力がない人が、するべきルーティン的な行動とはどのようなものなのでしょうか。それを具体的に見ていきましょう。

シャワーだけではなく湯船に浸かる

日々の生活が忙しく、湯船にゆっくりと入る時間がないということで、手早くシャワーで済ませてしまうという方もいるかもしれません。しかし、体力がない人にとってはそれはマイナスになってしまいます。シャワーだけだと、体の芯を温めることができません。湯船にゆっくりと浸かることによって、体を芯から温めることができます。

それにより、体温を高い状態に保つことができます。なぜ、体温を高い状態に保つことがいいことなのかといえば、体が冷えた状態で眠るより、質のいい睡眠に入ることができるからです。深い眠りに入ることにより、疲れも取れ、気力も起こりやすくなるのです。

瞑想して脳をリラックスさせる

体力がない人に、有効なリラックス方法として、瞑想をするという方法があります。仕事や日々の生活の忙しさにかまけて、頭の中が色々なことで一杯になることがあるはずです。そして、そういう頭の状態だと、頭が疲労状態となってしまい、集中力や気力等が衰えてしまい、物事に対して行動を起こすということができにくくなるのです。

正式な瞑想の仕方をする必要はありません。ただ単に目をつぶって、頭の中を空っぽの感じにするようにしているだけでも、頭の混乱が抑えられ、気持ちにも余裕が出てきます。その余裕によって、色々なことに対する気力がわいて、行動を起こすことが容易になります。

睡眠時間をしっかりと取る

体力がない人にとって非常に重要なことは、睡眠時間をしっかりと取るということです。睡眠時間が短く、浅い眠りしか取れない体力がない人は、日中の疲れが取れず、目が覚めても眠気が残ってしまい、日中の活動している間でも、集中力や気力が続かない状態になってしまいます。

ですので、体力がない人は、慢性的な睡眠不足という、集中力や気力の低下の原因の元となるものを断ち切るためにも、しっかりとした睡眠時間を取るということが非常に重要なことなのです。

体力がない人におすすめの職業

体力がないために、激しい疲労を伴う仕事はできないという方もいるでしょう。そこで、体力がない人におすすめの職業を紹介します。まずは、事務系の仕事がおすすめできるでしょう。デスクワークですので、机に座ってやる作業が多いため、体力を消耗しすぎるということもないでしょう。

他には、在宅ワークが挙げられます。通勤の際のラッシュアワーなどに巻き込まれると、非常に体力を使います。しかも、座れずに長時間かけて職場に行く場合は立ちっぱなしなのでかなりの疲れてしまいます。ですが、在宅ワークだと出勤の必要もありません。今はネットでたくさんの在宅ワークがありますので、自分に合うものを探してみましょう。

体力のないということに対する考え方

体力がないより、体力があった方がいいということは誰もが思うことでしょう。しかし、1人1人、それぞれの体によって違いがあるため、体力をつけようとしてもなかなかつかないということもあるでしょう。ですが、それを気にするばかりではなく、体力がないということを自覚し、自分に合った仕事、生活をめざすことが一番重要なことだと言えるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ