愛人契約とは?費用の相場はいくら?探し方や注意点など解説!

今回は愛人契約について紹介します。費用を払えば割り切った肉体関係を持てるならいい契約だと思う人もいるかもしれません。実際に愛人契約を結ぶ時には、どれくらいの金額のやり取りがあるものなのでしょうか。愛人契約の費用の相場から、注意点もチェックしていきましょう。

愛人契約とは?費用の相場はいくら?探し方や注意点など解説!のイメージ

目次

  1. 1愛人契約の費用の相場や探し方など解説!
  2. 2愛人契約とはどんな契約?
  3. 3なぜ愛人契約をするの?
  4. 4愛人契約の費用の相場はいくら?
  5. 5愛人契約とパパ活はどう違うの?
  6. 6愛人契約の相場の違い【年齢別】
  7. 7愛人契約の相手の探し方は?
  8. 8愛人契約を結ぶ時の注意点
  9. 9愛人契約では割り切った関係を

愛人契約の費用の相場や探し方など解説!

割り切った関係の相手を探したいという人に人気なのが、愛人契約です。しかし愛人契約をする時には、どれくらいの金額のやり取りがあるものなのでしょうか。

基本的には愛人契約をする時には、男性が女性にお金を払う事になります。今回は愛人契約の費用や相場、愛人契約をする相手の探し方をチェックしていきましょう。

愛人契約とはどんな契約?

まずは愛人契約とはどんな契約の事なのかをまとめます。愛人契約をするメリットとは、どんなところにあるのでしょうか。

金銭を支払って疑似恋愛を楽しむ関係

愛人契約とは金銭を払って、疑似恋愛を楽しむという関係です。愛人契約というのは、男性と女性が既婚者でも、どちらかだけが既婚者でも、どちらも独身でも契約する事ができます。

お金で繋がっている関係なので、相手と結婚しなければいけないとか責任を取らなければならないという、「しがらみ」がないところがいいと言われているようです。

愛人契約のメリット

そんな愛人契約には、どんなメリットがあるのでしょうか。しがらみがないという事以外に、メリットになる事をチェックしてみましょう。

お互いの性欲を満たせる

愛人契約のメリットには、費用を支払うだけでお互いの性欲を満たす事ができるというところがあります。お互いの性欲を満たす事ができるというのは、男性のメリットでもあり女性のメリットにもなるようです。

結婚をしているけれど、結婚相手と体の相性は悪いという場合、不特定多数の異性と関係を持つよりは、体の相性がいい相手と愛人契約を結んだ方がいいと考える人もいます。

しっかりと契約を結ぶ事で、愛人契約を結んでいる相手が自分のパートナーへ、関係についてバラすという事がないメリットもあるのです。さらに、相手を限定して肉体関係を結ぶ事で、病気になるリスクも減らす事ができるでしょう。

簡単にお金が手に入る

愛人契約を結ぶ時には、費用が発生します。基本的には男性が女性に金銭を支払うものですが、場合によっては女性が男性に金銭を支払う事もあります。

愛人契約には、「秘密を守る」「プライベートを詮索しない」などのルールも加えられているため、普通のアルバイトよりも高額な費用で契約を結ぶ事が多いと言われているようです。

愛人契約を結ぶ事で、アルバイトをするよりも短時間で、簡単に高額のお金が手に入る事が多いというメリットもあります。

なぜ愛人契約をするの?

それでは愛人契約をするのは、どうしてなのでしょうか。費用を払ってまで、愛人契約をする理由についてみていきましょう。

副業の一つとして契約

愛人契約をする理由には、愛人契約が副業となっているという場合があります。しっかりと働いてはいるものの、収入が足りない事から副業感覚で愛人契約を結ぶという人もいるのです。

会社によってはアルバイトや副業を禁止しているところがあります。しかし愛人契約の場合は、愛人契約をしている事自体が秘密なので、契約で支払われた金額を誰かに報告するという事はほとんどないのです。

会社にも愛人契約で金銭のやり取りを知られる事なく、収入を増やす事ができるというメリットがあります。収入に困っているわけでなくても、お金が欲しいという理由で、愛人契約をする場合もあるようです。

癒しを得られて性欲を満たせる

結婚をしている人でも愛人契約をするのは、癒やしを得られてなおかつ、性欲を満たす事もできるというメリットがあるからです。

結婚をするというのは生活をする事なので、恋人同士だった頃のようにただイチャイチャしていればいいというものではありません。些細な事で喧嘩をしてしまう事も増えます。

しかし愛人契約を結んでいる相手とは、結婚をするとか責任を取るという必要がないため、いつまででも恋人同士の関係でいる事ができるのです。

多くの場合で、愛人契約を結んだ相手はプライベートを詮索しないというルールがつきます。プライベートを知られていない事で、例えば会社であまり上の立場にいる人でなくても、愛人契約をした相手の前では、社長だと言い張る事もできるわけです。

普段の自分ではない自分でいる事ができるという事で、癒やされる人もいます。また、体の相性がいい相手であれば、愛人契約を結ぶ事で性欲も満たす事ができるのです。

割り切った関係を続けられる

愛人契約というのは、あくまでも契約で付き合うという事です。そこに愛がなくても構わないというのが、愛人契約というものでしょう。

「好きです。付き合ってください」と告白をして付き合い始めると、別れる時に納得のいく説明を相手にしなければいけないという事があります。また告白して付き合っている時には、他の人と付き合えば浮気をしたと相手に責められてしまうでしょう。

しかし愛人契約をしている相手とは、お金で繋がっている関係なので「終わりにしよう」と言えば、それで契約終了となります。

愛人契約をしている時に、お互い恋人を作ろうが、結婚しようが関係ないのです。費用を払う方であれば、愛人契約をたくさんの人と結ぶ事もできるでしょう。

愛人契約の費用の相場はいくら?

それでは愛児契約の費用の相場とは、いくらくらいのものなのでしょうか。愛人契約の金額の支払い方や相場をチェックしてみましょう。

お互いが納得できる金額で決まりはない

愛人契約の費用の相場については、決まりがあるわけではありません。いくらの金額ならいいというものではなく、お互いが納得できる金額を話し合う必要があります。

平均の金額はありますが、その金額で納得する人もいれば、もっと支払ってくれなければ嫌だという人もいるのです。逆に安い金額でも問題ないという人もいます。

月間契約と単発契約の違い

愛人契約の費用に、金額の決まりはあるわけではありません。また金額を支払うタイミングも、2つのタイプがあります。

1つは月間契約です。毎月何日に、いくらの金額を支払うという契約内容です。基本的には月初めに、その月の分の金額を支払うという方法になります。

もう1つは単発契約です。会う度に、決まった金額を相手に支払うという関係になります。単発契約の方が、割り切った関係として続けやすいかもしれません。また収入が高くない人にとっては、ありがたいシステムでしょう。

月間契約の場合も単発契約の場合も、基本的には前払いというのが愛人契約となっているようです。お金で繋がっている関係なので、「お金が払えないなら、会う必要はない」という事になります。

肉体関係があると高くなる

愛人契約というと、肉体関係ありきだと思う人もいるかもしれませんが、肉体関係なしで、癒やしだけ求めるという愛人契約もあります。

当然の事ですが、肉体関係なしの愛人契約よりは肉体関係ありの愛人契約のほうが金額は高くなるでしょう。

愛人契約の相場に決まりがないため、どれくらい高くなるのかという相場も決まっていませんが、単発契約の場合で2万円程度、月間契約の場合は2倍程度になると考えた方がいいようです。

愛人契約とパパ活はどう違うの?

愛人契約と似ているものに、パパ活と呼ばれるものがあります。パパ活と愛人契約とは、どんな違いがあるのでしょうか。

明確な違いはない

愛人契約とパパ活の違いですが、笑み書くな違いは無いようです。愛人契約を結んでくれる相手を探す事をパパ活という事もあれば、若い女性が愛人契約を結ぶ事をパパ活という事もあります。

愛人契約の前段階の事をパパ活という事もあれば、愛人契約を結んでいる事をパパ活という場合もあるのです。

肉体関係がないことが多い

パパ活に定義はないと言われていますが、パパ活と呼ばれるものには肉体関係がないという意味が含まれる事が多いようです。

愛人契約の前段階は、当然肉体関係がない状態になります。愛人契約となっても、パパ活をしているという時は肉体関係が無い愛人契約であるという事です。

愛人契約をしている時のパパ活とは、パパと娘のような関係で、癒やしを求める関係という事になるでしょう。

愛人契約の相場の違い【年齢別】

愛人契約では、金額の相場は決まっていないと言われていますが、だいたいどれくらいの金額を相手に支払うものなのでしょうか。愛人契約での、年齢別のだいたいの相場をチェックしてみましょう。

未成年の費用相場

愛人契約をする場合、相手が未成年である時には肉体関係を持つと法律で罰せられる事があるため注意が必要です。本気で好きになった相手であれば仕方がありませんが、愛人契約をする相手には選ばない方がいいと言われています。

もしも未成年と愛人契約を結ぶのであれば、肉体関係無しという契約になります。そのため、未成年との愛人契約の相場は単発契約で5,000円から30,000円ほどとなるようです。

未成年なので、お酒を飲ませたりラブホテルへ連れて行ったりする事はできません。相手の年齢を確認して、愛人契約を結ぶようにしましょう。

20~25歳の費用相場

20歳から25歳と言えば、大学生か卒業して働き始めたばかりというあたりの年齢です。恋愛経験もそれほど豊富ではないため、愛人契約を結んでも、相手が楽しませてくれるという事は少ないかもしれません。

20代前半の相手との愛人契約の相場は、単発契約で8,000円から50,000円程度となるでしょう。肉体関係が含まれる場合には、少し高額になる可能性はあります。

若い相手と愛人契約をする時には、男性か女性のどちらかが本気になってしまうという危険性もあるようです。ルールをしっかりと確認して、契約をするように注意しましょう。

30~40歳の費用相場

30代から40代の相手と愛人契約を結ぶ時には、単発契約で8,000円から30,000円程度となります。30代を過ぎると、肉体関係が含まれていてもやや金額は下がる傾向にあるようです。

しかし30代以降になると、結婚している相手が増えてくるため、単発で愛人契約をする相手の探し方が難しいという事もあります。

相手が結婚している事を承諾して愛人契約をした場合は、相手のパートナーにバレる事がないようにしなければいけないため、会いたい時に会えない事があるというデメリットもあるようです。

40歳以上の費用相場

40歳以上の相手と愛人契約を結ぶ時こそ、相場はあってないものだと言えるでしょう。単発契約で3,000円から50,000円ほどになります。

愛人契約を結ぶ相手が、どんな相手なのかによって金額は大きく変わるため注意が必要です。40歳以上になると、愛人契約をする相手も知恵がついていて、肉体関係をもってから金額を交渉してくる場合もあります。

思ったよりも高い金額を言われる事もあるので、割り切った関係で終わらせたいと考えているのであれば、最初に金額も決めて契約を結んでから、肉体関係をもつようにしましょう。

Thumbエロい体の特徴とは?男が思うエッチでセクシーな体の作り方は?
エロい体の特徴や、セクシーな体の作り方を調べました。エロい体をしている女性の特徴や、エロい体...

愛人契約の相手の探し方は?

それでは愛人契約を結ぶ相手は、どのような探し方があるのでしょうか。愛人契約の相手の探し方についてみていきます。

デートクラブで探す

愛人契約の相手の探し方には、デートクラブで探すという方法があります。デートクラブは、経済力のある男性が集まりやすいため、女性にとってはメリットが多い場所でしょう。

出会い系サイトで探す

気軽に愛人契約の相手を探したいという時の探し方には、出会い系サイトで探すという方法があります。出会い系サイトは、比較的安い金額で愛人契約ができるというメリットがあるでしょう。しかし気軽に探す事ができる分、詐欺も多いというデメリットがあるようです。

クラブやキャバクラで探す

クラブやキャバクラで探すという探し方もあります。お店で探すので、相手の事をみて、時にはお店の人に相手の事を聞いてから、愛人契約を結ぶのかどうかを決める事ができるというメリットがあります。

しかしお店で相手を探すという探し方になるので、周りの人に愛人契約をしている事がバレてしまう事があるというデメリットもあります。

Thumbセックスの相性とは?セックスで体の相性がいいと感じる瞬間は?
セックスの相性がいい、体の相性がいいことでのメリットはたくさんあります。その一つに結婚生活が...

愛人契約を結ぶ時の注意点

愛人契約を結ぶ相手の探し方は、色々な方法があるようです。それでは、愛人契約を結ぶ時には、どんな事に注意をするといいのでしょうか。

金銭感覚がおかしくなることがある

愛人契約を結ぶ時の注意点には、金銭感覚がおかしくなることがあります。普通に考えて、10,000円というのは高額です。

社会人であれば、ランチに10回程度行く事ができる金額でしょう。しかし。愛人契約を結ぶ時には、10,000円20,000円と、どんどん金額が上がっていく事があるのです。

愛人契約をする相手の交渉が上手である時にも、注意が必要になるでしょう。例えば最初に「80,000円」と言われて無理だと伝えたら「仕方ないから、50,000円でいい」と言われたら、なんだかとても得した気分になってしまいます。

金額の交渉をしているうちに、金銭感覚がおかしくなる事があるので注意が必要です。交渉する前に、「この金額以上なら、愛人契約を結ばない」と決めておくといいでしょう。

相手のパートナーに訴えられる危険性

愛人契約というのは、お互いに割り切った関係というものです。愛人契約をしている2人にとっては割り切った関係でも、相手のパートナーや自分のパートナーが同じように考えてくれるとは限りません。

相手のパートナーに、愛人契約をしている事がバレた場合、肉体関係があれば訴えられる危険性はあります。多額の慰謝料を請求される事があるため、相手にバレないように注意が必要になるでしょう。

相手を本気で好きになることも

愛人契約をするというのは、お互いに割り切った関係で付き合うという事です。しかし肉体関係になれば、相手に情がでてきてしまう事もあります。

長く愛人契約を結んでいると、情が湧いてくる事もあるでしょう。ただの情が愛情に変わってしまう事もあるのです。割り切った関係を続ける事ができなくなる事もあるので、注意が必要です。

割り切った関係を続けるためには、決まった相手と何年も愛人契約をしないという方法も必要になるでしょう。

Thumbセフレの作り方を解説!簡単にセックスフレンドを作る方法を知りたい!
付き合っているわけではなく、セックスをする相手「セフレ」ですが、セフレがほしいと思っている男...

愛人契約では割り切った関係を

今回は愛人契約について紹介しました。愛人契約の費用の相場や、注意点などをまとめました。愛人契約は、お互いに割り切った関係で付き合うという契約です。どちらかが本気になってしまうと、修羅場しか待っていません。愛人契約をする時には、自分にしっかりと言い聞かせる事も必要でしょう。

愛人契約に関する記事はこちら

Thumb愛人募集掲示板は危険?トラブル続出?愛人が見つかるサイトは?
愛人を募集する掲示板「愛人募集掲示板」をご存知でしょうか。掲示板上で、自身の希望する場所にい...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ