駆け落ちの意味とは?メリットやデメリットは?成功する方法も!

駆け落ちという言葉を知っていますか?以下では、駆け落ちの意味やメリット、デメリットを詳しく紹介していきましょう。また、駆け落ちが成功する方法や、駆け落ちが失敗しやすい理由、駆け落ちする場所などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

駆け落ちの意味とは?メリットやデメリットは?成功する方法も!のイメージ

目次

  1. 1駆け落ちの意味やメリットとデメリットなど解説!
  2. 2駆け落ちにはどんな意味があるの?
  3. 3駆け落ちのメリットやデメリット
  4. 4駆け落ちが成功する方法
  5. 5駆け落ちが失敗する理由とは?
  6. 6駆け落ちする場所はどこが多い?
  7. 7駆け落ちのメリットとデメリットを理解しよう!

駆け落ちの意味やメリットとデメリットなど解説!

駆け落ちをしたことはありますか?以下では、駆け落ちの意味やメリット、デメリットなどを詳しく解説していきましょう。また、駆け落ちが成功する方法や、駆け落ちが失敗しやすい理由、駆け落ちする場所はどこが多いのかなどについて詳細に解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

駆け落ちにはどんな意味があるの?

まずは、駆け落ちにはどんな意味があるのかを説明していきましょう。駆け落ちという言葉を知らないという人も少なくないかもしれません。また、駆け落ちという言葉自体は知っていても、意味を詳しく知らないという人もいる可能性もあります。駆け落ちという言葉にはどんな意味があるのでしょうか?

両親に結婚を反対されたカップルが一緒に逃げる

駆け落ちとは、両親に結婚を反対されたカップルが一緒に逃げることを指す言葉です。一般的には、結婚しようとしているカップルは両親の了解を得て、結婚に踏み切ります。しかし、中には、両親に結婚を反対されているカップルもいるのです。両親が反対していても、カップルの2人は結婚が諦められないということもあるでしょう。

両親に結婚を反対されても一緒にいたいと願うカップルは、両親から一緒に逃げるという選択をする場合があります。このような状態を駆け落ちと呼ぶのです。そのため、駆け落ちした2人は、周囲の祝福がないまま生活をしていくことになります。駆け落ちは昔から存在しており、映画やドラマでも取り上げられることがあるのです。

駆け落ちしたカップルの7割は失敗する

駆け落ちしたカップルは、周囲からの祝福を得られません。周囲からの祝福が得られない2人は、それでもずっと一緒にいようと誓いますが、失敗する可能性も高いのです。駆け落ちしたカップルの7割は失敗すると言われています。駆け落ちしたカップルは、次第に厳しい現実に直面して、別れてしまうことが多いのです。

ただ、この7割という数字をどう捉えるかは、人それぞれでしょう。別の見方をすれば、3割は駆け落ちを成功させているのです。3割も駆け落ちを成功させていると考えれば、駆け落ちが成功する可能性は低くはないと言えるかもしれません。駆け落ちは、成功しづらいですが、成功できないわけではありません。

駆け落ちのメリットやデメリット

続いては、駆け落ちのメリットとデメリットを見ていきましょう。駆け落ちは、非常に情熱的な行動ですから、メリットも当然あります。2人が互いを思う気持ちは非常に強いものがあるのです。一方、駆け落ちにはデメリットも存在します。駆け落ちのメリットとデメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか?

メリット①好きな人と一緒に暮らせる

駆け落ちの1つ目のメリットは、好きな人と一緒に暮らせるということです。駆け落ちした2人は、両親から結婚を反対されています。両親から結婚を反対されているので、両親から結婚を祝福されることがありません。そのままでは別れてしまう運命にある2人なのです。駆け落ちをした2人は、誰に妨害されることなく2人の生活を満喫できます。

メリット②真剣さを親に伝えられる

駆け落ちの2つ目のメリットは、2人の気持ちが真剣であることを親に伝えられるということです。両親から結婚を反対されている理由の中に、真剣に結婚を考えていないように見えるというものがあるかもしれません。そういう理由で両親が反対している場合、駆け落ちをすることで、結婚に対する気持ちが真剣であることが両親に伝わるでしょう。

もしかしたら、駆け落ちをすることで、両親が結婚を賛成してくれるかもしれません。駆け落ちをするくらい相手のことを思っているということが両親に伝われば、両親から結婚を祝福されて、仲良く結婚できる可能性もあるのです。駆け落ちする人の中には、そうしたことも考えて駆け落ちをする人もいます。

メリット③周囲の目が気にならなくなる

駆け落ちの3つ目のメリットは、周囲の目が気にならなくなるというものです。駆け落ちをしている2人は、2人のことしか頭にありません。2人で一緒に生活したいという思いだけで、駆け落ちをしているのです。駆け落ちをしている間は、相手に対する愛情が溢れているので、興奮状態にあると言えるかもしれません。

デメリット①住民票の移動が面倒

しかし、駆け落ちには、デメリットも存在します。駆け落ちの1つ目のデメリットは、住民票の移動が面倒だということです。駆け落ちをする場合、今まで住んでいた場所から引っ越す必要があるでしょう。引っ越すたびに住民票を移動させる必要があります。駆け落ちには、こうした事務作業が付いて回るのです。

デメリット②親と絶縁しなくてはいけない

駆け落ちの2つ目のデメリットは、親と絶縁しなくてはいけないということです。駆け落ちをすると、親との関係が非常に悪くなります。最悪の場合、親と絶縁しなくてはいけなくなるでしょう。親に結婚を反対されている以上、親とパートナーのどちらかを選ばなくてはいけないのです。これは、駆け落ちの最大のデメリットでしょう。

親は子供が可愛いので、基本的には絶縁を望まないものです。しかし、大人になった子供が駆け落ちをして、全く連絡もしてこなくなると、親の方も意地になってしまうことがあります。最悪の場合、駆け落ちをしてから、一生連絡を取らなくなってしまうケースもあるのです。駆け落ちには、親との絶縁もありうるという相当な覚悟が必要になります。

デメリット③相手が嫌になっても逃げ場がない

駆け落ちの3つ目のデメリットは、相手が嫌になっても逃げ場がないということです。駆け落ちをしたからと言って、相手との関係がずっと良好であるとは限りません。最悪の場合、相手のことが嫌いになることもあります。駆け落ちした相手を嫌いになった場合、戻る場所がないという状態に陥ってしまうのです。

駆け落ちをする時には、相手のことが大好きですから、相手のことが嫌いになることなど絶対にないと思っているでしょう。しかし、人の心はささいなことで変わり得ます。人の心が変わるきっかけの1つが、経済的な苦しさです。駆け落ちした相手を嫌いになってしまうと、自分にはパートナーも家族もいないという状況になりかねません。

駆け落ちが成功する方法

続いては、駆け落ちが成功する方法を紹介していきましょう。駆け落ちは、基本的に成功しづらい作戦です。しかし、駆け落ちが成功する方法も存在します。駆け落ちをしたいと考えている人は、駆け落ちが成功する方法を知りたいはずです。駆け落ちが成功する方法とは、どんな方法なのでしょうか?

冷静になり計画を練る

駆け落ちを成功させるためには、まずは、冷静になりましょう。駆け落ちには、とてつもなく大きなエネルギーがいりますが、同時に、冷静さも必要です。駆け落ちを成功させるためには、冷静になって計画を練りましょう。一番避けるべきは、途中でどうにもならなくなることです。

駆け落ちをする時は、その場の勢いだけでしないようにしましょう。駆け落ちを最後の手段として考えておくことをおすすめします。どうしようもなくなったら駆け落ちをするつもりでいると良いでしょう。そして、駆け落ち後も生活できるように、長期的な計画を立てておくことをおすすめします。

行き先や働ける場所を決めておく

駆け落ちを成功させる方法で重要なのは、行き先や働ける場所を事前に決めておくことです。駆け落ちは、一時の感情でするものではありません。駆け落ちした後には、厳しい日常生活が待っています。駆け落ちした後に、お金を稼げますか?住む場所はありますか?まずは、この2点をクリアさせておくことが重要です。

覚悟を決めて誰にも頼らない

駆け落ちを成功させるためには、冷静さと大きな覚悟が必要です。駆け落ち後の生活をしっかりと想像しておく冷静さと同時に、誰にも頼らずに生活していくという覚悟が必要となります。現実的な判断を冷静に下しながら、2人でどんな困難な状況も乗り越えていくという覚悟を決めましょう。

駆け落ちが失敗する理由とは?

続いては、駆け落ちが失敗する理由を紹介します。すでに述べたように、駆け落ちは、7割が失敗に終わります。駆け落ちは成功率が非常に低い作戦なのです。では、駆け落ちが失敗する理由にはどんなものがあるのでしょうか?以下では、駆け落ちが失敗する理由を3つ紹介します。

相手との関係が冷めてしまうから

駆け落ちが失敗してしまう1つ目の理由は、相手との関係が冷めてしまうからです。駆け落ちをする時には、情熱にあふれているので、相手のことを心から愛していると感じていることでしょう。しかし、やがて厳しい現実がやってきます。徐々に、相手との関係が冷めてしまうという危険性は常に付きまとうのです。

駆け落ちをする2人には、相手を思う強い気持ちがあります。しかし、この強い気持ちは、何かの拍子に、冷めてしまいやすいのです。急激に熱したものは、急激に冷めることがあります。駆け落ちをする時は、まずはこのことを意識しておきましょう。自分が相手を思う気持ちは本物なのかを、冷静に問うてみることをおすすめします。

金銭的な面で生活が苦しくなるから

駆け落ちが失敗する2つ目の理由は、金銭的な面で生活が苦しくなるからです。駆け落ちは、金銭的な問題を抱えやすいでしょう。今まで勤めていた会社を辞める必要が出てくるかもしれません。安定的な収入を捨てて駆け落ちをする人もいるでしょう。経済的に苦しくなると、愛が冷めてしまうこともあります。

家族の元に戻りたい気持ちが湧くから

駆け落ちが失敗する3つ目の理由は、家族の元に戻りたい気持ちが湧くからです。駆け落ちをする時は、結婚を認めてくれないことに腹を立てて、家族との縁を切っても良いとさえ思っていることがあります。しかし、徐々に冷静になると、家族が恋しくなることでしょう。家族の元に戻りたい気持ちが強くなれば、駆け落ちをやめたいと思うかもしれません。

駆け落ちする場所はどこが多い?

続いては、駆け落ちする場所はどこが多いのかを紹介していきます。駆け落ちをするということは、家族と離れるということです。では、駆け落ちする場所はどこが一番多いのでしょうか?駆け落ちする2人は、住むところを探すのにも苦労するはずです。

相手の家

駆け落ちをする場所で多いのは、相手の家です。相手の家の場合、相手の実家ということもあれば、相手が一人暮らししている家ということもあります。相手の実家の場合は、相手の両親は結婚に賛成している場合がほとんどでしょう。相手が一人暮らしをしている場合は、比較的転がり込みやすいはずです。

友人の家

駆け落ちをする場所で多いのは、友人の家です。2人の交際に理解を示している友人であれば、家に招き入れてくれるかもしれません。とは言え、友人の家に長居することは難しいでしょう。友人の生活もあるので、友人との関係が悪くなってしまうかもしれません。一時的に生活させてもらう、というのが現実的でしょう。

駆け落ちをするために友人の家にいる状態は、非常に不安定です。友人との関係がどれだけ深いものであろうとも、ずっと生活場所にさせてもらうことはできないと理解しておく必要があります。友人の家で生活させてもらう時には、最悪の場合、友人との関係が悪くなるかもしれないと想定しておく必要があるでしょう。

車中

駆け落ちをする場所で多いのは、車中です。駆け落ちをする場合、住む家を見つけることが非常に難しいでしょう。また、経済的にも苦しい生活を余儀なくされます。そうした状況では、なるべくお金を使わないために、車中泊をするカップルがいるのです。車中泊をすれば、お金を使わずに済みます。

しかし、車中泊は、ストレスがたまる上に、健康にも良くありません。車中泊は、一時的な生活スタイルとしては可能ですが、長くは続けられないでしょう。いずれどこに住むかを真剣に考える必要が出てきます。車中泊をする駆け落ちカップルは、徐々に不仲になりやすいとも言われているのです。

ホテル

駆け落ちをする場所として多いのは、ホテルです。ホテルを転々としながら、駆け落ちをするカップルもいます。しかし、ホテルを転々とする生活は、非常にお金を使ってしまうのです。そのため、長くホテル住まいをすることは現実的には難しいでしょう。経済的に余裕がなくなってくると、ホテル生活はできなくなります。

よほど経済的に恵まれている人なら、ホテル生活で駆け落ちを成功させられるかもしれません。しかし、ほとんどの人は、ホテル生活がどこかの段階で破綻するはずです。ホテル生活は、次の住居を見つける間の仮住まいとして考えると良いでしょう。駆け落ちをホテルだけで成功させることは難しいのです。

駆け落ちのメリットとデメリットを理解しよう!

駆け落ちのメリットやデメリットについて詳しく解説してきました。駆け落ちが成功する方法は、冷静に計画を練り、覚悟を決めることです。しかし、駆け落ちは7割は失敗すると言われています。駆け落ちを成功させたければ、相当な覚悟がいると覚えておきましょう。駆け落ちをしたい人は、成功する方法を理解することをおすすめします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ