不倫相手とのセックスの魅力は?ハマる理由や注意すべきことを解説!

不倫をしたことはありますか?以下では、不倫相手とのセックスの魅力を詳しく解説していきます。また、不倫にハマる理由や注意すべきこと、不倫相手とのセックスのメリットとデメリット、不倫相手相手とのセックスで興奮する体位なども紹介していきましょう。

不倫相手とのセックスの魅力は?ハマる理由や注意すべきことを解説!のイメージ

目次

  1. 1不倫相手とのセックスの魅力や注意点など解説!
  2. 2不倫相手とのセックスの魅力
  3. 3不倫相手とのセックスにハマる理由
  4. 4不倫相手とのセックスのメリットとデメリット
  5. 5不倫相手とのセックスで興奮する体位
  6. 6不倫相手とのセックスで注意すべきこと
  7. 7不倫相手とのセックスをやめる方法は?
  8. 8不倫相手とのセックスを楽しもう!

不倫相手とのセックスの魅力や注意点など解説!

不倫相手とセックスをしたことはありますか?以下では、不倫相手とのセックスの魅力や注意点を詳しく解説していきましょう。また、不倫相手とのセックスのメリットやデメリット、不倫相手とのセックスで興奮する体位、不倫相手とセックスをやめる方法などを紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

不倫相手とのセックスの魅力

まずは、不倫相手とのセックスの魅力を紹介していきましょう。不倫をしたことがないという人も少なくないでしょう。ただ、女性の中には、不倫に少し魅力を感じている人もいるかもしれません。不倫にハマってしまう女性は実際にいるのです。不倫にハマってしまう人は、どのような魅力を感じているのでしょうか?

一度ハマると抜け出せない

不倫相手とのセックスは、一度ハマると抜け出せないと言われています。不倫相手とのセックスでは、普通のセックスとは違って、大きな興奮が得られるでしょう。ほとんどの人は不倫は良くないことだと理解しています。ただ、頭で理解していても、体が不倫相手とのセックスを望むのです。不倫相手とのセックスは、罪悪感が伴うので興奮するでしょう。

刺激が得られる

不倫相手とのセックスに多くの女性がハマってしまうのは、不倫相手とのセックスによって刺激が得られるからです。不倫相手とセックスをすると、いけないことをしているという罪悪感が興奮へと変化します。セックスで精神面が果たす役割は非常に大きいので、罪悪感が良いスパイスになって刺激が感じられるのです。

秘密の関係で得られる背徳感やスリル

不倫相手とのセックスでは、秘密の関係で得られる背徳感やスリルが味わえます。普通の日常生活を送っているだけでは、こうした背徳感やスリルを味わうことは難しいでしょう。日常生活をつまらなく感じている人ほど、不倫相手とのセックスにハマってしまいやすいのです。背徳感やスリルがあるために、ハマって抜け出しにくいでしょう。

不倫相手とのセックスにハマる理由

続いては、不倫相手とのセックスにハマる理由を紹介していきましょう。不倫相手とのセックスで、大きな刺激が得られることが分かりましたが、多くの女性が不倫相手とのセックスにハマってしまうのには、どんな理由があるのでしょうか?以下では、不倫相手とのセックスにハマってしまう理由を8つ紹介します。

相手に純粋に恋をしている

不倫相手とのセックスにハマってしまう1つ目の理由は、相手に純粋に恋をしているからというものです。不倫相手に純粋に恋をしている女性は少なくありません。別の言い方をすれば、素敵な男性だと思っていた人が既婚者で、結果的に不倫相手になってしまったということも非常に多いのです。

既婚の男性と分かった段階で、その恋愛をあきらめる女性はたくさんいます。しかし、中には、既婚者であることで恋愛感情を諦められずに、不倫関係に陥ってしまう女性もいるのです。相手が既婚者かどうかが分からない段階で恋愛感情を抱いてしまった場合、引き返すことには、大きなエネルギーがいるのでしょう。

寂しい気持ちを紛らわす

不倫相手とのセックスにハマってしまう2つ目の理由は、寂しい気持ちを紛らわすためです。日常生活に寂しさを感じている人ほど、不倫にハマりやすいのかもしれません。日頃の生活で満たされない思いが強くある人は、ちょっとした刺激を求めて、不倫関係にハマってしまう危険性があるのです。

寂しいという気持ちを意識している人もいますが、全く無自覚であるという人もいます。寂しさに無自覚な女性は、思わぬ行動に出ることがあるのです。中の良い友人が不倫関係はやめた方が良いと忠告しても、聞く耳を持たない場合があります。寂しい気持ちを埋め合わせたいという動機は、非常に強いのです。

夫や彼氏の恋愛に飽きた

不倫相手とのセックスにハマってしまう3つ目の理由は、夫や彼氏の恋愛に飽きたというものです。夫や彼氏との関係で、何らかの不満を抱えている場合、不倫関係に陥りやすいと言われています。夫や彼氏と一緒にいても付き合いたてのようなドキドキを感じられなくなった女性は、新たなドキドキを求めることがあるのです。

もちろん、全ての女性が新しい男性を求めるわけではありません。しかし、女性の中には、恋愛初期のドキドキをずっと感じていたいと考える女性もいます。恋愛初期のドキドキをずっと感じるためには、常に新しい男性を必要とするでしょう。刺激を強く求める人は、不倫関係に陥りやすいのです。

単純にセックスがしたい

不倫相手とのセックスにハマってしまう4つ目の理由は、単純にセックスがしたいというものです。男性に限らず、女性の中にもセックスが大好きな人がいます。ほとんど毎日のように誰かとセックスをしたいと望んでいる女性もいるのです。そうした女性は、いろいろな男性とセックスをしたいと望む傾向があります。

長く同じパートナーと似たようなセックスを繰り返すと、楽しくないと感じやすいでしょう。新たな刺激を求める女性は、違うパートナーを探す傾向があります。こうした女性は、不倫相手とのセックスに強い興奮を感じることでしょう。しかし、やがて新たなパートナーを求めて去っていく可能性も高いのです。

優越感に浸れるから

不倫相手とのセックスにハマってしまう5つ目の理由は、優越感に浸れるからです。不倫相手とのセックスをしていると、相手の男性の奥さんに対して優越感を感じられることでしょう。既婚している男性とセックスをすれば、相手の男性の妻よりも愛されていると感じられるからです。人よりも優位に立ちたいと考える女性は、不倫に走りやすいかもしれません。

不倫相手と結婚したい

不倫相手とのセックスにハマってしまう6つ目の理由は、不倫相手と結婚したいというものです。不倫関係を続けている女性の中には、将来的に不倫相手と結婚したいと真剣に考えている人もいます。女性の方は、たまたま相手の男性が既婚者であったというだけで、普通の恋愛をしていると考えていることもあるのです。

ただ、不倫相手と結婚したいと考えている女性は、不倫相手との結婚が不可能に近いということも悟っています。もちろん可能性はゼロではありませんが、現実的ではないことを理解しているのです。それでも不倫相手と結婚したいと願っている女性は、次第に行動がエスカレートしてくる危険性があるでしょう。

彼氏や彼女を信頼している

不倫相手とのセックスにハマってしまう7つ目の理由は、彼氏や彼女を信頼しているからというものです。今付き合っている彼氏や彼女を信頼しているため、自分が不倫関係をしていても大丈夫だと考えているパターンがあります。もし不倫していることが知られても、破局しない自信があるという人がいるのです。

女としての本能

不倫相手とのセックスにハマってしまう8つ目の理由は、女としての本能です。女として生まれた以上、素敵な男性とセックスをしたいと考えている人がいます。その男性が既婚であろうが、未婚であろうが、好きになった男性とは絶対にセックスをしたいと考えていれば、必然的に不倫関係が多くなることでしょう。

女としての本能のままに生きている女性も少なくないのです。こうした女性は、社会的な価値観よりも、自分の本能を優先させます。そのため、周りの人間には理解できないような行動も取ることがあるのです。本能を何よりも重視している女性は、不倫を悪いことだとは思っていないことさえあります。

不倫相手とのセックスのメリットとデメリット

続いては、不倫相手とのセックスのメリットとデメリットを見ていきましょう。不倫相手とのセックスには、メリットもあれば、デメリットもあります。当然のことながら、メリットしかないわけではないのです。では、具体的に、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリットは?

不倫相手とのセックスのメリットは、大きな刺激が得られるということでしょう。不倫相手とのセックスで得られる刺激の大きさは、普通の生活をしているだけでは、決して感じることはできません。そのため、1度不倫相手とのセックスで大きな刺激を感じてしまうと、それ無しでは生きていけないと感じられるかもしれません。

不倫相手とのセックスのメリットには、女性として生き生きとしていられるという面もあります。女性は、大好きな男性とセックスをすると、魅力的になると言われることがあるのです。相手の男性が魅力的であれば、既婚者でも、構わずにアプローチするという女性も少なくありません。そうした女性は、素敵な男性とセックスして、女であり続けたいのでしょう。

不倫相手とのセックスは、刺激をもたらしてくれるだけでなく、生活に潤いをもたらしてくれるはずです。恋愛初期に感じるドキドキよりも強いドキドキを常に感じていられるので、刺激に満ちた生活を送れます。日常生活が、モノクロからカラーに変わったと感じる女性もいるのです。映画の主人公にでもなった気分で、毎日を楽しめるでしょう。

デメリットは?

一方で、不倫相手とのセックスにはデメリットもあります。一番最初に挙げられるデメリットは、終わりが見えない関係をしていることに対する虚しさです。普通の恋愛関係で相手のことが大好きであれば、やがて結婚する可能性があります。しかし、不倫関係では、結婚する可能性は極めて低いのです。

不倫相手とのセックスのデメリットには、刺激が強すぎるというものもあります。刺激が強いことはある面ではメリットでもありますが、依存的になるという意味では大きなデメリットです。不倫関係で大きな刺激を感じてしまった女性は、普通の恋愛では全く満足できなくなってしまうこともあります。

普通の恋愛に戻れなくなってしまった女性は、常にいろいろな人と不倫し続ける人生を送ることがあるのです。不倫関係には希望がないため、ずるずるとハマっていく一方でしょう。不倫関係にハマってしまった女性は、気づいた時には自分の年齢だけが上がっているという現実に気づかされることになります。

不倫相手とのセックスで興奮する体位

続いては、不倫相手とのセックスで興奮する体位を具体的に紹介していきましょう。不倫相手とのセックスでは、夫や彼氏とはできないような体位をどんどん試せるのです。以下では、非常に興奮できる体位を7つ紹介します。不倫相手とのセックスで、いろいろな体位を試してみましょう。

流鏑馬

最初に紹介する興奮する体位は、流鏑馬です。流鏑馬は、人が馬に乗って走りながら、弓で的を射る日本の伝統的な儀式のことですが、体位を表す言葉にもなっています。流鏑馬は、騎乗位に非常に近いのです。女性が男性の上にまたがって、ペニスを挿入するというところまでは、普通の騎乗位と同じと考えて良いでしょう。

しかし、流鏑馬では、ここからが普通の騎乗位とは違うのです。流鏑馬では、騎乗位の状態で、男性の首に紐をかけていきます。つまり、流鏑馬は、女性が男性の首に紐をひっかけて、腰を振り続けるエキサイティングな体位なのです。女性が紐を引っ張りながら激しく腰を振る様子は、日本古来の流鏑馬に非常に近いと考えられています。

女性紐を男性の首にかけると聞くと、ハードなSMプレイだと誤解されてしまうかもしれません。しかし、流鏑馬はSMプレイではないのです。もちろん、SMプレイとして楽しんでも良いですが、ソフトな体位として人気があります。セックスがマンネリ化してきたら、流鏑馬を取り入れてみると良いでしょう。

理非知らず

続いて紹介する興奮する体位は、理非知らずです。理非知らずには、道理をわきまえない行動という意味があります。この理非知らずは、なんと江戸時代から伝わる体位の1つなのです。体力的に劣る女性の手足を拘束してペニスを挿入するという点が、道理をわきまえていないと考えられています。

理非知らずは、女性の体をロープや縄を使って拘束してセックスする体位です。理非知らずでは、一見、女性が拘束されて無理やり挿入されているように見えます。そのため、理非知らずをされることを嫌う女性が多いと思われるかもしれませんが、実は、この理非知らずを好んでいる女性は意外にも多いのです。

不倫関係をしているような女性の中には、SMプレイに興味がある人がたくさんいます。そうした女性は、理非知らずを経験すると、ハマってしまうことがあるのです。男性に無理やり犯されたいという願望を秘めている女性も多いので、不倫関係になったら、理非知らずを試してみると良いでしょう。

うしろやぐら

続いて紹介する興奮する体位は、うしろやぐらです。うしろやぐらは、非常に簡単に挑戦しやすいので、おすすめでしょう。うしろやぐらでは、女性は立った状態で壁や窓枠に両手を置く姿勢になります。男性は女性の後ろから、女性を突き上げるように挿入していくことになるのです。うしろやぐらは、いわゆるたちバックと考えて良いでしょう。

うしろやぐらでは、2人とも立った状態でセックスをすることになります。そのため、比較的狭い場所でも問題なく挿入できるというメリットがあるのです。しかも、立った状態で挿入できるので、全裸になる必要もないでしょう。例えば、スカートやワンピースをまくって、ペニスを挿入することもできます。うしろやぐらは、着衣セックス向きなのです。

うしろやぐらは、服を着たままでも挿入しやすいので、野外でのセックスにも向いています。うしろやぐらをすれば、衣服を汚す可能性も低いのです。セックスをしても服がシワにならないので、おすすめでしょう。うしろやぐらは、場所を選ばずにできる素晴らしい体位なのです。

寝バック

続いて紹介する興奮する体位は、寝バックです。寝バックとは、女性がうつぶせの状態で値いているところに、男性が後ろから馬乗りになって挿入する体位となっています。男性が女性の後ろから攻めるため、女性の背中や首筋、うなじを舐めることができるのです。首筋が性感帯であるという女性も少なくないでしょう。

寝バックをすると、ペニスの付け根が女性の柔らかいお尻に当たるので、大きな快感を感じられやすいのです。寝バックは、女性人気が高い体位ですが、男性人気もあります。挿入されている時に感じている顔を見られたくない女性も少なくないのです。そうした女性は、寝バックをしてもらうと良いでしょう。

寝バックの場合、普通のバックよりも女性が感じやすいと言われています。正常位やバックではイクことが出来なかった女性が、寝バックでイクことができたということもあるのです。寝バックでは、女性のGスポットが刺激されやすいと言われています。セックスに寝バックを取り入れれば、女性の満足度が上がるでしょう。

菊一文字

続いて紹介する興奮する体位は、菊一文字です。菊一文字では、仰向けで横になった男性の上に女性がバレリーナのように足を広げながら挿入される体位となっています。この菊一文字では、女性の柔軟性が求められるのです。菊一文字のメリットは、いろいろな体位に移行しやすいというものでしょう。

また、菊一文字をしている時は、男性は非常に動きやすいので、ストレスを感じません。そして、男性は深く挿入することが可能になるので、気持ち良さも感じられやすいのです。さらに、菊一文字をしている時の男性は、両手が空いた状態なので、女性のクリトリスや乳首を両手でいじることができるでしょう。

菊一文字は、女性が上に乗っているように見えますが、正確に言えば、側位です。女性は上に乗っかるわけではありません。菊一文字では、女性がまず大きく足を広げます。男性は開脚した女性の両足と平行になるように横たわり、そのまま挿入しましょう。男性から女性のデリケートゾーンが丸見えになるので、興奮するはずです。

首引き恋慕

続いて紹介する興奮する体位は、首引き恋慕です。首引き恋慕は、女性人気が非常に高い体位となっています。首引き恋慕は、縄を使った非常におしゃれな体位なのです。首引き恋慕では、お互いの首に縄をかけて、対面座位をしてペニスを挿入します。高い密着度と逃げられない状況に、興奮を抑えられない女性も多いのです。

首引き恋慕では縄を使うため、SMプレイの1つとなっています。しかし、SMプレイとは言え、ハードなプレイではありません。セックスレスに陥ってしまったら、首引き恋慕をすると良いでしょう。普通のセックスでは感じられないような大きな興奮を感じられるため、セックスで大きな満足感が得られるはずです。

首引き恋慕をする時には、縄が無くても問題ありません。縄が無ければ、ネクタイを使いましょう。ネクタイをお互いの首にかければ、かなり密着できるはずです。首引き恋慕は、SMプレイにちょっとだけ興味がある女性におすすめでしょう。首引き恋慕を経験すれば、SMプレイにもっと興味を持つかもしれません。

ロールスロイス

最後に紹介する興奮する体位は、ロールスロイスです。ロールスロイスは、バックの変形体位となっています。高級車であるロールスロイスのエンブレムに似ているため、この名前が付けられました。ロールスロイスでは、女性が膝をついてお辞儀をするような格好になるところから始まります。

男性は、女性のお尻を両脚で挟むような格好で後ろから挿入するのです。男性は女性の両肩を掴むような形で手前に引っ張り、上半身を起こしてから胸を反らせるような体勢にしましょう。男性はペニスを突き上げるように挿入することで、女性のGスポットとポルチオという2つの性感帯を刺激することができます。

さらに、女性のお尻を両脚でロックすることで、女性の膣内が圧迫されるのです。そのため、ロールスロイスをすると、女性は男性のペニスの大きさや硬さを感じやすくなります。その分、男性のペニスに加わる刺激も強くなるのです。早漏で悩んでいる人は避けた方が良いかもしれません。

不倫相手とのセックスで注意すべきこと

続いては、不倫相手とのセックスで注意すべきことを紹介していきましょう。不倫相手とのセックスは刺激に満ちているので、時を忘れて没頭できるはずです。しかし、不倫相手とのセックスには、注意しなくてはいけないこともあります。注意しなくてはいけないこととは、どんなことなのでしょうか?

避妊は必須

不倫相手とのセックスでは、避妊は必須です。不倫相手とセックスする時に一番気を付けなくてはいけないのは、間違って中出ししてしまうことでしょう。不倫関係にある2人の間に子供が生まれるようなことがあれば、大きな問題になってしまいます。責任をもって子供を育てられない状態なら、避妊を忘れてはいけません。

セックスの後はお泊りせずに帰る

不倫相手とセックスをしたら、お泊りせずに帰りましょう。もしあたなに夫や彼氏がいるならば、お泊りすることは絶対に避けるべきです。不倫していることがバレるだけでなく、夫や彼氏との関係も悪化するでしょう。不倫関係にある2人は、セックスをしたら、早めに離れることをおすすめします。

一緒にホテルに入らない

不倫関係にあるならば、ラブホテルに一緒に入らない方が良いでしょう。ラブホテルに一緒に入っていくと、誰かに不倫関係が見られてしまう危険性があります。不倫関係を誰にも知られたくないならば、時間をずらしてラブホテルに入りましょう。また、ホテルから出る時も別々に出てくることをおすすめします。

衣服に香りがつく

不倫相手とのセックスをすると、衣服に香りがつくことがあります。衣服についた香りは、気を付けないとずっと残っているものです。不倫相手と別れたら、衣服についた香りを取り除きましょう。衣服についた香りが全て綺麗に取れてから、自宅に戻ることをおすすめします。

不倫相手とのセックスをやめる方法は?

続いては、不倫相手とのセックスをやめる方法を紹介します。不倫相手とのセックスは非常に興奮するので、やめることが難しいのです。しかし、ずっと不倫相手とセックスする生活をしていたくないと感じる時がくるかもしれません。不倫相手とのセックスをやめるには、どうしたら良いのでしょうか?

セックス自体をやめる

不倫相手とのセックスを辞めるには、セックス自体をやめるのが有効です。セックスに依存している状態から脱却しましょう。具体的には、熱中できる趣味を作ったり、体を動かしたりすると良いかもしれません。寂しさからセックスを求めていたと気づいたら、寂しさを別の方法で埋めるようにしましょう。

彼との連絡手段を絶つ

不倫相手とのセックスを辞めたければ、思い切って、彼との連絡手段を断ちましょう。彼といつでも連絡できる状態にあると、ついついセックスがしたくなってしまうかもしれません。思い切って連絡手段を断てば、セックスがしたいと思わなくなるでしょう。不倫相手とのセックスをやめるには、大きな覚悟が必要なのです。

不倫相手とのセックスを楽しもう!

不倫相手とのセックスについて詳しく見てきました。不倫相手とのセックスは、非常に興奮するので、すぐにはやめられないでしょう。なぜなら、不倫相手とのセックスは、夫や彼氏とのセックスではできないような体位を試すことができるからです。もし不倫相手とのセックスをやめたければ、思い切って連絡手段を断つと良いでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ