玉井さんの現在とは?暴走族・川越総本部毘沙門天の玉井の今!

孤高のリーダー、玉井さんをご存知でしょうか?そう、あの川越総本部毘沙門天の頭(ヘッド)、玉井さんです。現在彼はどのような人生を送っているのでしょうか。バイク好きは変わらずなのかなど、興味は尽きません。現在の玉井さんについて調べてみました。

玉井さんの現在とは?暴走族・川越総本部毘沙門天の玉井の今!のイメージ

目次

  1. 1暴走族のリーダー!毘沙門天の玉井さんの現在とは?
  2. 2玉井さんとは?
  3. 3川越総本部毘沙門天とは?
  4. 4玉井さんの現在①結婚してる?
  5. 5玉井さんの現在②バンド結成の噂
  6. 6玉井さんの現在③バイクへの拘り
  7. 7現在は産婦人科に勤務?
  8. 8癖になる魅力の持ち主玉井さん

暴走族のリーダー!毘沙門天の玉井さんの現在とは?

11848971 784911231629910 1163354634 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yas1994nara

川越総本部毘沙門天の孤高のリーダーとして知られている、玉井さん。彼の出演した数十秒の動画を元にして、ネットで様々な動画や画像が作られるほどの人気を得ます。

時を経ても、未だに愛されている玉井さんの動画の数々。一度見たら忘れられないキャラ、玉井さんの今はどうなっているのでしょうか。数々の噂は真実かという事と共に、玉井さんの今を調べました。

玉井さんとは?

一時期ネット上で話題になった、川越総本部毘沙門天の頭(ヘッド)の玉井さんは、暴走族の特集ビデオのに出演した際の、一人孤軍奮闘している姿が、ネット住民の間で話題を呼んだ人物です。とてもバイクが好きなようで、彼の派手なカスタムバイクにも同時に注目が集まりました。

暴走族グループ「毘沙門天」の元リーダー

当時、埼玉で知らない人はいないと言われるほど有名だった暴走族チーム、川越総本部毘沙門天。チーム解散後に、玉井さんは一人で再結成したため、必然的にリーダーとなったとされています。

孤高のリーダーと話題

玉井さんは、チームが解散した後、パクられている先輩の為に、たった一人で川越総本部毘沙門天を再結成しました。それ故に孤高のリーダーと呼ばれています。友情に厚い昔気質な、玉井さんの性格が窺えます。先輩の為にという人情味のある玉井さんには、孤高にして最強という呼び名まで付きました。

YOUTUBEなどに一人で出演

暴走族の特集ビデオに1人で、川越総本部毘沙門天の頭(ヘッド)として出演します。その他の出演しているチームも大所帯ではないものの、少人数でもチームとして出演している中にたった一人で登場し、終わりには自慢のカスタムバイクで走り去った玉井さん。インパクトのある登場の仕方で、玉井さんのキャラクターが一部で話題になり、一躍ネット住民の人気者になります。

MAD動画が流行

玉井さんの動画は、ネット界で瞬く間に拡散され、様々な動画サイトや2chねるなどへ拡散されます。有名なものは、ニコニコ動画でのMAD動画です。

MAD動画とは、音声や画像、アニメーションなどを個人が好きに編集し、合成させ再構成されたもののことを指し、ネット上ではMADと呼ばれているものです。

MAD動画を作成する事は、ファン活動の一環と見られています。川越総本部毘沙門天頭(ヘッド)玉井さんのMAD動画には、画面を覆いつくすようなコメントが付いていることからも、大人気ということが見てとれます。

川越総本部毘沙門天とは?

そんな玉井さんが所属していた川越総本部毘沙門天は、暴走族の活動が全盛の、1970年代半ばから1980年代前半に有名になったチームだそうです。

その勢力は、埼玉川越にとどまらず、東京から茨城などにも広く展開され、沢山の支部があった暴走族グループといわれています。大所帯にも関わらず、統制の行き届いた集会での走りは、他の暴走族を圧倒していたとのことです。

1970年代初頭の老舗暴走族

川越総本部毘沙門天は、1970年初頭に結成された当時の暴走族ブームの火付け役のようなチームでした。今から約50年前に結成されたということで、老舗暴走族という呼び名も頷けます。

当時、暴走族という文化は、社会現象になるほどの人気だったそうです。不良少年や暴走族をモデルとした、多くのドラマや漫画が作られて、人気を博します。

そして、70年代から80年代にかけて暴走族の人気により、沢山の暴走族チームが日本全国で結成されたようです。日本各地で、様々な個性を持った暴走族がうまれました。週末に、集会の後にバイクで暴走行為を働くという流れが、当時の主流だったようです。

全日本狂走連盟の結成

1970年代初頭から中盤にかけて、チームが増えると同時に、暴走族間での縄張り争いが激しくなったため、チームの勢力を広げる為にチーム同士が連合を組んでいくという流れが生まれました。

この時に、後の暴走族史に残る大連合が次々と誕生します。暴走族連合の代表的なものをあげていくと、全日本狂走連盟、CRS連合、東京連合、キラー連合、全日本レーシング連盟(横浜連合、相州連合、湘南連合等)、武州連合などがあります。

川越総本部毘沙門天が所属した、全日本狂走連盟は、関東を含む東日本で日本最大規模を誇る連合勢力へと、力を拡大していきました。有名な事件は、道路交通法改正直前の、1978年(昭和53年)11月22日土曜日の夜に開催された、全日本狂走連盟全支部3000人総動員の決起集会です。

この集会は、ニュースになるほど話題を呼び、全日本狂走連盟の名は全国に知れ渡ります。ちなみに、あの有名な関東連合も、この時期に結成されました。

玉井さんの動画で一躍有名に

youtubeにアップロードされた玉井さんの動画は、時間は数十秒のものであるにもかかわらず、なんと再生回数が約150万回、ニコニコ動画では約100万回も再生されています。かなりの再生回数です。繰り返し見たくなる中毒性のある動画という事でしょう。

見方によっては未成年の憧れ

1970年代は暴走族の全盛期であり、多くの不良少年達は、家庭でも学校でもない暴走族のチームに居場所を見つけていったとみられます。独特なファッションやスタイル(特攻服や感じの当て字など)は、若者のトレンドとなり、憧れる未成年達が続出します。悪のスタイルに憧れた若者は、一大ブームを作りました。

当時の警察は驚くことに、無理な追跡や規制などを行わなかったそうです。暴走行為は、若い世代の社会への反発心や、行き場のないエネルギーの発散行為だと認識して、迷惑行為だとしつつもある程度は容認していたそうです。今の時代に比べると、70年代半ばまでは、まだ若者に優しい時代だったことがわかります。

しかし、次第に暴走族は抗争や暴力事件を起こすようになり、警察や世間の目は厳しくなっていくのでした。

玉井さんの現在①結婚してる?

玉井さんの気になる今は、あちこちで色々な噂が囁かれていますが、そのうちの一つに結婚というキーワードがあります。玉井さんは結婚したのでしょうか。調べてみました。

ニコニコでも祝福メッセージ

玉井さんの動画に、いつからか「玉井さん結婚おめでとう!」「お幸せに!」などというコメントが、数多く現れるようになります。玉井さんの実年齢は定かではないですが、今はいいお年頃と思われますので、結婚したというのは事実かもしれません。

荒れがちなニコニコ動画上で、結婚のお祝いコメントで埋め尽くされると言うのは、玉井さんが人気者である証拠なのでしょう。

結婚指輪の噂

そこで噂を元に調べましたところ、とある手作りアクセサリー屋さんのホームページに、「玉井さん夫妻」という幸せそうな素敵なご夫婦の顔写真が掲載されていました。

気になるご夫妻の旦那さんのお顔は、動画で見る玉井さんに似ています。優しそうな幸せそうな笑顔で、あの動画のつっぱり具合は今は見てとれませんが、顔の造形からして、多分玉井さんに間違い無いと考えられます。

京都の手作りアクセサリー屋

とある手作りアクセサリー屋さんというのが、京都の福知山市にある、手作りアクセサリー工房「南十字星」というお店です。こちらで玉井さん夫妻は、結婚指輪を手作りされたそうです。完成したものを見て、非常に喜んでいたと、ホームページには書かれていました。

そして、玉井さんご夫婦は、京都府福知山市から来られたとも書かれていました。もしかすると玉井さんは、関西方面に引っ越されたのかもしれません。

玉井さんの現在②バンド結成の噂

玉井さんがバンドを結成した、という噂もあります。今もバイク好きで、バンドもやっているとしたら、玉井さんはかなりロックンロールなお人なのでは無いかと窺えます。バンド結成は真実なのか、調べてみました。

暴走族グループの動画を元に

残念ながら、玉井さん本人が実際にバンドを結成された訳ではなく、ネット上の動画内の話でした。ニコニコ動画内での話しで、暴走族グループの特集ビデオ動画を加工して作られたもののようです。玉井さんの動画は、もともと数が少ないにもかかわらず、上手く作られている動画でした。

こちらも評価が高く、再生回数も約40万回再生、コメント数は約1万コメントもされている、人気動画となっており、すぐ見つけることができました。もちろんボーカルは玉井さんですが、バンドメンバーは全てキャラクター化されており、皆に「たま」が付く名前になっており面白い作りになっているものもありました。

動画内での名セリフ

様々な音に乗り、名ゼリフの「川越総本部毘沙門天!頭やってる玉井だぁ!一人だけどよぉ、ビッとやってっからよぉ、喧嘩ならいつでもやってやるよぉ!いつでも来いコノヤロォー!それからよぉ、パクられてる先輩の為にもよぉ!頑張るからよぉ!」という言葉が、上手く踊ります。

バンドバージョンだけではなく、「初めてのチュウ」バージョンや、「キューピー3分クッキング」バージョンなどもありました。

「一人だけどよぉ、ビッとやってっからよぉ」

このフレーズは汎用性に富んでいるらしく、多くのMAD動画で使われているのを見かけました。「一人だけどよぉ、ビッとやってっからよぉ」という言葉に、並々ならぬ玉井さんのチームに対する熱い想い、バイクに対する熱い想いが、画面からも伝わってきます。

玉井さんの現在③バイクへの拘り

玉井さんはただ暴走するだけではなく、昔からただならぬバイク愛があったのだという事が、バイクに対する扱いから窺えます。

バイク王という雑誌での愛車紹介や、ただならぬバイク愛の持ち主ということが友人からコメントされていたり、バイク好きが高じて今はレーシングにいそしんでいるのではないか、という噂もありました。バイク好きで有名な玉井さんの愛車を、見てみましょう。

愛車「紫キャベツ号」

有名なのは、暴走族特集出演当時の際に乗っていた、通称「紫キャベツ号」。由来は紫キャベツに似たカラーリングと、カスタム模様のためとあります。このインパクトのあるバイクは、一目で玉井さんのバイクだ!とわかる、カラーリングとデザインのバイクでした。噂ではいまだに自宅に「紫キャベツ号」が置いてあるのではないかと、言われているそうです。

ホンダのCBX400Fを改造

出回ってる情報によると、愛車はホンダのCBX400Fという事がわかりました。「紫キャベツ号」も、CBX400Fをカスタムして乗っていたそうです。調べてみるとこのバイクは、1981年から1983年の間に製造販売されていた物で、廃盤になりかけたところにバイク愛好家達の強い要望で、1984年に再販された人気の根強いバイクということがわかりました。

4ストローク4気筒エンジンを搭載するロードスポーツモデルで、本田技研工業の400ccクラスとしては、1977年に生産中止となったドリームCB400FOUR以来の、4気筒エンジン搭載車であるそうです。その後、姉妹車も販売されたとのことで、バイク好きにはたまならい魅力があるバイクなようです。

3段シート裏を初音ミク仕上げ

バイク好きな方のブログから、今の玉井さんのバイクの3段シート裏には、エアブラシで初音ミク仕上げが行われているとの情報がありました。カスタムバイクのシートに初音ミクが描かれているなんて、玉井さんは、相当な初音ミクファンだという事が窺えます。そして、バイクに対する並々ならぬこだわりが伝わってくるエピソードでした。

現在は産婦人科に勤務?

玉井産婦人科医院という病院が、埼玉県北葛飾郡杉戸町にあることから、玉井さんは今、産婦人科に勤めているという噂も、ネット上ではありました。玉井さんの実家が産婦人科だ、などの噂もあるようです。事実なのか、調べてみました。

埼玉にある玉井産婦人科医院との繋がり

ただの噂のようです。玉井産婦人科医院の院長を務める玉井輝章さんは、約50年近く地元で活躍しておられる方で、患者さんからの信頼も非常に高い先生として、親しまれているそうです。

玉井さんと玉井輝章さんがつながる証拠は得られませんでした。何故このような噂が立ったのかは、調べてもわかりませんでした。自然に発生した、噂のようです。埼玉、玉井で調べると結構な数の会社もヒットしますが、玉井産婦人科医院には勤めてはいないということは確かでした。

癖になる魅力の持ち主玉井さん

何故、玉井さんの動画が、こんなにもたくさんの人の心を掴んだのでしょう?事なかれ主義が良しとする昨今、たった一人で信念を貫き、好きなものを堂々と愛するあの姿勢に、多くの人が胸を打たれたからなのではないでしょうか。今では恥ずかしいとも取られかねないガッツのある玉井さんの姿勢に、皆忘れていた何かを思い出したのかもしれません。

川越総本部毘沙門天の頭(ヘッド)から卒業し、結婚もされて立派な大人になった玉井さん。今でも、バイクに対する愛やこだわりは、変わらずに持ち続けているという事もわかりました。好きな物に対する愛を貫く姿勢は、今も変わってはいないようです。これからもそのままの姿勢で、事故にはくれぐれも気をつけて、愛するバイクと共に走り続けてほしいです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ