緊張をほぐすには何をする?緊張を解く方法やほぐし方!

緊張をする場面はたくさんあります。大事な試験や面接の前、プレゼンや会議進行など様々なシチュエーションで緊張する場面はやってきます。そんなときどうすれば、緊張をほぐすことができるのでしょう?緊張する原因や緊張をほぐす方法などを探っていきます。

緊張をほぐすには何をする?緊張を解く方法やほぐし方!のイメージ

目次

  1. 1緊張を解く方法は?今すぐできるほぐし方!
  2. 2緊張する人の特徴
  3. 3緊張してしまう原因は?
  4. 4緊張しやすいタイミング
  5. 5緊張をほぐす方法ランキングTOP7!
  6. 6緊張をほぐす方法ランキング【番外編】
  7. 7ほどよい緊張感が成功の第一歩!

緊張を解く方法は?今すぐできるほぐし方!

ほとんどの人が、人生の大事な場面の前は必ずと言っていいほど緊張します。大事な場面で失敗したくはありません。緊張によって、力を発揮できくなることも避けたいでしょう。では、どうしたら緊張を解くことができるのでしょうか。

緊張をほぐすことができれば、大事な場面で成功する可能性がグンと高くなります。緊張を解く方法や今すぐできるほぐし方を知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。緊張をほぐすポイントを様々な視点からご紹介していきます。

自分に合った緊張のほぐし方を知ることは、大事な場面で気持ちが楽になることでしょう!

緊張する人の特徴

緊張をしない人は稀です。ほとんどの人が、緊張はするものです。しかし、緊張する頻度が高い人はいます。まずは、緊張する人の特徴を知ってください。緊張する人には、どんなタイプがいるのか?といった特徴を知れば、緊張を解くヒントが隠されています。

自分は緊張しやすいほうだという人は、緊張をなくすことはできなくても、緊張をほぐすことはできます。自分が緊張しやすいタイプなのかどうか、ぜひ確認してみてください。

完璧を求める傾向がある

緊張をする人の特徴として、完璧を求める傾向があります。大事な試験や面接、プレゼンや会議といった重要場面において、自分の出来具合はパーフェクトでないと気が済まない人です。自分の出来を点数にするならば100点満点でないと満足しません。

これは目標設定が高すぎて、少しの失敗も許されないため、過度の緊張をおこすのです。目標設定が高ければ高いほど、緊張度も高くなります。完璧を求めれば求めるほど緊張するのです。

完璧主義者な人ほど、緊張しやすい状態を自分自信で作りだしてしまいます。完璧主義者の人が緊張をほぐすには、自分の意識改革が大切なのです。

成果を抑える事も必要

緊張をする人の特徴として、完璧主義者が多いとご紹介しました。完璧を求めれば求めるほど成果のハードルが高くなり、心配を恐れる気持ちも大きくなります。

それゆえ、緊張度も高くなってしまうのです。完璧主義者の緊張をほぐす方法として、成果を抑える事も一つの方法です。緊張すればするほど失敗の確率も上がります。成果を抑えたほうが、結果的に成功が多くなるはずです。

自分は完璧主義かも?と思う人は、成果を抑えるということも心に留めておいてください。成果を抑えることが緊張を解く第一歩かもしれません。

周りの評価を気にする

緊張する人の特徴として、周りの評価を気にする人です。周りの評価を気にする人は、周りに低く評価されることを非常に恐れます。低い評価は許せないのです。

低い評価を恐れるあまり、失敗への恐れが緊張感となってしまうのです。どんな場合も周りの評価は、一つではありません。高い評価もあれば、低い評価もあります。低い評価ばかり気にしてしまうと、自分の良い部分を見失ってしまいます。

自分を見失わずに、自分の思った通りに行動している姿を想像してみましょう。自信を持つことは、緊張をほぐす方法につながります。

真面目すぎる

緊張する人の特徴として、真面目すぎる人です。真面目な人は、周りの期待に応えようとするあまり、頑張りすぎてしまう人が多いです。周りの期待に100パーセント応えたい一心で、大事な場面に臨むため緊張しやすくなるのです。

常に100点の成果は、疲れてしまいます。人から真面目すぎると言われる人は、平均点の成果を目指すぐらいにしてみましょう。平均点を目指したほうが、頭がリラックスし、良い成果が出ることも多々あります。

良い緊張感もありますが、過度の緊張感は質を下げてしまいます。真面目すぎる人は、緊張をほぐす方法として、平均点の成果を目指してみてください。

自分に自信がない

緊張する人の特徴として、自分に自信がない人です。自分に自信がない人というのは、過去の失敗が忘れられず、心のトラウマとして持ち続けている人です。

大事な場面に直面すると、過去のトラウマが蘇ってきて、また失敗するのではないかといった恐怖心から大きな緊張感を生みだしてしまいます。過度の緊張感は、失敗に強く影響します。

自分に自信がない人は、まず過去のトラウマと向き合って、その失敗を別の成功例で塗りかえる意識付けをおすすめします。毎日欠かさす意識付けができれば、だんだんと緊張度が少なくなっていくことでしょう。

自分に自信がない人は、緊張をほぐす方法として、成功例を自分の心に上書きしてください。

緊張してしまう原因は?

緊張は人間の体に起こる自然現象の一つです。ほどよい緊張は、プラスに働きますが過度な緊張はマイナスに働く傾向が強いです。ここでは、緊張してしまう原因をご紹介します。緊張してしまう原因を知ることは、緊張を解く第一歩です。

緊張してしまう原因を確認して、それぞれに合った緊張をほぐす方法を見つけてください。自分に合ったほぐし方が見つかれば、精神的なゆとりが生まれることでしょう。

交感神経が活発になるから

緊張してしまう原因の一つが、交感神経が活発になるためです。人が環境に適応して生きていくために、自律神経を持っています。自律神経は、体のさまざまな機能を調整する大事な役割を果たします。その自律神経には、交換神経と副交感神経あります。

交感神経は、人が日中アクティブな時に働く神経です。副交感神経は人が夜間にリラックスして眠る時などに働く神経です。緊張に大きく影響しているのが、交換神経です。人は緊張状態になると、交感神経が活発に働き、緊張感が増すのです。

交感神経が活発になることは、自然なことです。緊張することを悪いこととは捉えず、良い緊張感だと気持ち的にすり替えると良いでしょう。緊張をほぐすには、交感神経を落ち着かせることが必要です。

過度な緊張は病気の可能性

緊張してしまう原因の一つが、病気の可能性です。過度な緊張は精神的な病気の可能性があるのです。緊張するような場面でもないのに、過度に緊張してしまい動機がとまらなかったり、汗がとまらなかったりといった状態です。

理由があって緊張が起こるのは正常です。しかし理由のない緊張感は、精神的な病気の可能性があるため、専門の病院で原因を探るのも良いかもしれません。

社会不安障害

理由のない過度の緊張の一つとして、社会不安障害といった精神的な病気があります。社会不安障害とは、人前で恥をかきたくない心理が強く働き、過剰な心配や不安が起こります。非常に強い恐怖心から動機、多汗、腹痛や震えといった症状が現れる病気です。

社会不安障害が悪化すると、うつ病やパニック障害を発症するきっかけとなる場合があるため注意しましょう。

プレッシャーを感じる

緊張してしまう原因の一つが、プレッシャーを感じる時です。周りからの大きな期待は、人にプレッシャーを与えます。自分に自信がある人はそのプレッシャーに打ち勝つ器量がありますが、自分に自信がない人はプレッシャーの重圧に耐えられなくなってしまいます。

そのため、緊張感が増してしまうのです。適度なプレッシャーは良い緊張感を生みますが、重圧を感じるほどのプレッシャーは緊張の恐怖しか生みません。周りの期待は気になりますが、受け流す気持ちも忘れないようにしてください。

緊張しやすいタイミング

緊張するタイミングとは、どんなときでしょう?緊張しやすい場面は、学校や仕事における場面でたくさんあります。ここでは、緊張しやすいタイミングをご紹介します。

緊張しやすいタイミングを知って、タイミング別に緊張をほぐす方法を探してみると良いかもしれません。

大勢の前で話す時

緊張しやすいタイミングとして、大勢の前で話すタイミングです。人前で話すというのは、相手が一人であっても緊張する人はします。それが大勢の前となれば、たくさんの人の顔や表情が見えるため、それぞれがどう捉えるのかが気になります。

大勢の前で上手く話せなかったら、大勢の人からの評価が低くなってしまうといった不安から、緊張感が高まってしまうのです。緊張をほぐすには、人ぞれぞれの評価に振り回されないことです。

初対面の時

緊張しやすいタイミングとして、初対面の時です。初対面はお互いに、相手の事がまったく分かりません。そのため、自分の話し方や話す内容、与える印象が気になるものです。初対面の人が時分に下す評価が未知数なため、緊張感が生まれるのです。

初対面というのは、お互いに緊張している場合が多いと覚えておいてください。誰でも初対面は緊張するという意識は、緊張をほぐす方法のひとつです。

新しい仕事場に移った時

緊張しやすいタイミングとして、新しい仕事場に移った時です。これは新しい仕事場に馴染めるのか?新しい業務をやっていけるのか?といった不安から緊張感が生まれます。新しい仕事場の人は、誰もあなたのことを知りません。

これは、新しいあなたを知ってもらうチャンスだと捉えてください。最初は頑張りすぎる必要もありません。最初から大きな成果は求められません。新しい職場で緊張をほぐす方法は、新しい自分発見のチャンスだと意識してください。

緊張をほぐす方法ランキングTOP7!

大事な場面では、誰しもが緊張するものです。緊張することは自然現象ですが、緊張によって力が発揮できないのは避けたいです。そこで、緊張をほぐす方法ランキングTOP7をご紹介します!

さまざまな緊張のほぐし方があるので、あなたに合ったほぐし方を、ぜひ見つけてください!

第7位・深呼吸をする

緊張をほぐす方法ランキング第7位は、深呼吸です。深呼吸には、体調を整える効果があります。深呼吸は緊張をほぐす方法としてメジャーですが、正しい深呼吸をすることが大切です。

正しい深呼吸の方法は、姿勢を正して鼻から息をゆっくり吸って、ゆっくりと口から息を吐くことです。緊張すると、どうしても呼吸が浅くなります。腹式呼吸を意識して、鼻から吸って口から吐く動作を数回繰り返してください。

だんだんと緊張が解けていくことでしょう。緊張のほぐし方として、深呼吸の方法を正しく覚えておいてください。

第6位・自分を客観視する

緊張をほぐす方法ランキング第6位は、自分を客観視することです。緊張すると自分を冷静に見ることができなくなります。心臓がドキドキして不安な気持ちが高まります。そこで、自分を客観視すると、少しずつ冷静な自分を取り戻します。

自分を客観視するには、もう一人の自分を頭の中で思い浮かべ、今の自分の状況を言葉にしてみると良いでしょう。緊張が良い刺激になる!緊張感が成功につながる!といったポジティブな言葉を発することで、緊張は良いことだ!といった意識付けをするのです。ポジティブな意識付けが、緊張をほぐすことに繋がるのです。

第5位・ツボを押す

緊張をほぐす方法ランキング第5位は、緊張をほぐすツボ押しです。手には、たくさんのツボがあり、緊張を解くツボがあります。緊張を解くツボは、手のひらの中心部にあります。手のひらの中心のツボを押すと、血行が良くなります。

血行が良くなると次第に心が落ち着いてきます。手には緊張をほぐすツボがもう一つあります。手の甲、親指と人差し指の付け根部分で、少しへこむ部分があります。そのツボを押すと緊張で体がこわばった状態を和らげてくれます。

この二つのツボで緊張をほぐすことができます。手のツボ押しは、緊張をほぐす方法として手軽にできるほぐし方です。

第4位・太陽の光を浴びてみる

緊張をほぐす方法ランキング第4位は、太陽の光を浴びてみることです。太陽の光には、心身安定や幸福感を感じる、神経物質「セロトニン」が増えます。「セロトニン」が増えると心が安定し、ポジティブな気持ちで行動が起こせるのです。

緊張をほぐす方法として、太陽の光を浴びることは、とても簡単で人の精神的な部分へ大きく作用します。緊張しやすい人は、毎朝太陽の光をたっぷり浴びてください。不安な気持ちが減り、緊張する気持ちが高揚感に変わり、良い結果に結びつくことでしょう。

第3位・アロマを焚いてみる

緊張をほぐす方法ランキング3位は、アロマを焚いてみることです。アロマにはたくさんの種類があり、多くが精神安定を促しリラックス効果が高いです。緊張をほぐす方法として、アロマは効果的なほぐし方のひとつです。

アロマは部屋で焚く以外にも、職場における小型加湿器に使えるものもあります。また、ハンカチにリラックス効果のあるアロマオイルを2、3滴たらしておくといいでしょう。緊張をほぐすアロマオイルには「ラベンダー」や「ローズウッド」のアロマオイルが効果的です。

ラベンダー

緊張をほぐす効果のあるアロマオイルとして、ラベンダーがあります。ラベンダーは、自律神経のバランスを整えてくれるので、緊張を解くのに効果的です。またストレス緩和効果もあるので、緊張をほぐすにはおすすめのアロマオイルです。

ローズウッド

緊張をほぐす効果のあるアロマオイルとして、ローズウッドも効果が高いです。ローズウッドはイライラの抑制や、ストレス軽減に効果的です。精神安定効果が高いので、緊張をほぐすには、ローズウッドもおすすめです。緊張を解くために、効果的なアロマオイルを取り入れてみてください。

第2位・行動療法を実践する

緊張をほぐす方法ランキング2位は、行動療法を実践することです。過度な緊張に悩む人には効果が高くておすすめです。行動療法とは、自分の苦手なことに敢えて挑戦してみることです。

苦手なことを徐々に克服することによって、できない自分からできる自分への意識改革方法です。荒療治ではありますが、効果は高いため、緊張を解くきっかけをつかめるはずです。

第1位・漢方薬を試してみる

緊張をほぐす方法ランキング1位は、漢方薬を試してみることです。緊張をほぐす効果のある漢方薬には、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)があります。半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、不安感や緊張感、イライラを抑制する効果があります。

ほかにも緊張をほぐす効果のある漢方薬として、酸棗仁湯(さんそうにんとう)があります。酸棗仁湯(さんそうにんとう)は、精神安定効果が高く良質な睡眠を促すためにもつかわれる漢方薬です。漢方薬に即効性はありませんが、体にやさしく働き安定した効果が得られることでしょう。

緊張をほぐす方法ランキング【番外編】

緊張をほぐす方法はたくさんありますが、自分に合ったほぐし方を見つけることが一番です。そこで、ランキング以外の【番外編】をご紹介します。

【番外編】甘いものを食べる

緊張をほぐす方法【番外編】は、甘いものを食べることです。甘いものは人に幸福感を与え、リラックス効果もあります。食べすぎは禁物ですが、少量の甘いものを食べることは緊張を解く効果があります。少量をゆっくり食べてください。甘いもの好きな人にとって、最適な緊張のほぐし方です。

【番外編】手のひらに「人」と書いて飲み込む

緊張をほぐす方法【番外編】は、手のひらに指で「人」という字を書いて飲に込む方法です。おまじないのひとつですが、意識付けとして「これをすれば緊張しない」という思い込みから緊張を軽減する効果があります。

【番外編】きれいな景色や可愛い動物を見る

緊張をほぐす方法【番外編】は、きれいな景色や可愛い動物を見ることです。きれいな景色は心を豊かにし、可愛い動物は幸せな気持ちを高めます。緊張を解くのに、視覚的効果は意外と高いです。

ほどよい緊張感が成功の第一歩!

緊張とは何か?緊張をほぐす方法などをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ほどよい緊張感は自分の意識を高め、成功へと導きます。

緊張は決して悪いことではありません。緊張は自然なことで、良いことだと意識付けしてください。意識付けが成功すれば、大事な場面で良い緊張感が生まれるようになるでしょう!

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ