アセンデットマスターの意味とは?アセンデットマスター一覧や診断!

アセンデットマスターという言葉を耳にしたことはありますか?スピリチュアル方面に詳しい方なら耳にしたことがあるでしょう。聞いたことがないという方はぜひここでしっかりとその特性と内容を理解してください。アセンデットマスターとは何かを詳しく説明したいと思います。

アセンデットマスターの意味とは?アセンデットマスター一覧や診断!のイメージ

目次

  1. 1アセンデットマスターの意味は?マスターの一覧表もご紹介!
  2. 2アセンデットマスターの意味
  3. 3アセンデットマスターの使命
  4. 4アセンデットとエンジェルナンバーの関係
  5. 5アセンデットマスターの一覧!
  6. 6アセンデットマスターか診断!繋がる方法は?
  7. 7紹介できなかったアセンデットマスターとアセンデットマスターの認定の話
  8. 8アセンデットマスターのアドヴァイスを得て人生をより良いものに

アセンデットマスターの意味は?マスターの一覧表もご紹介!

アセンテッドマスターという言葉をよく耳にするようになってきました。聞いたことがある方も初耳の方もここでしっかりと説明していきますのでぜひ覚えていってください。

アセンデットマスターの意味

さて、気になるアセンデットマスターとは何か?という事ですが、これはAscented(アセンションした)Master(マスター)ということで、そのまま「アセンションしたマスター」という事になります。

高次元の存在

我々は普段はこの3次元にで生活をしていますが、アセンションに成功したアセンデットマスターはより高次の存在となり、なんと5次元に存在し、私たちにメッセージを送り続けています。

アセンデットマスター=魂の先生

アセンデットマスターの目的は3次元の我々のサポートをすることにより、より普段いる5次元よりさらに高次元にアセンションしようとしているのです。そのため、上から目線で一方的に教えを垂れるのではなく、あくまでも3次元の人々の気づきによるきっかけでサポートが始まるのです。

悟りを開いた存在

アセンデットマスターの多くは一度地上で生を全うした人物です。そのために生きる事の辛さ、困難さを知っています。その人生の中で偉大な足跡を残し、悟りを開いた後により高い次元である5次元へとアセンションして行ったのです。

Thumb5次元とは?5次元の世界は存在するの?
5次元という言葉を聞いたことはありますか?5次元とは4次元の一つ上の次元ですが、そもそも5次...

アセンデットマスターの使命

アセンデットマスターの使命は3次元にいる人類の精神性を高めることで地球そのもののアセンションを成功させることです。現在の発展を止められない物質社会に生きる我々では古来のようにゆっくりと時間をかけてアセンションをする事が出来なくなっているのです。

アセンションが成功する前に地球が滅びてしまうためだと言われています。そのためにかつて偉大な生を終えたアセンデットマスターがその手助けをしてくれているのです。

地球外の仲間との仲介

さて、アセンデットマスターの多くは5次元の存在とお伝えしましたが、更に上の次元に存在するアセンデットマスターも存在します「コマンダー・アシュタール」と呼ばれる11次元に存在する宇宙連合の司令官と呼ばれる存在です。アシュタールは全宇宙上に愛と平和の光を包みこむ事を最終目的としています。

地球の次元を高次元に

前述したとおりにアシュタールをはじめとして、多くのアセンデットマスターは地球のアセンションを成功させる事を目指しています。その大きな理由は地球の次元を3次元から5次元にアセンションさせる事にあるのです。

人類の援助

地球のアセンションを成功させるためにはやはり我々地球人のアセンションを成功させる必要があるわけです。その為にアセンデットマスターは我々に気づきのメッセージを送ってくれているのです。

Thumbプレアデス星人とは?性格の特徴や日本人との関係とは?
プレアデス星人をご存知ですか?プレアデス星人は、地球人を導いてくれる教師のような存在となって...

アセンデットとエンジェルナンバーの関係

アセンデットマスターからは様々な形でメッセージが送られてきます。「エンジェルナンバー」と呼ばれる数をヒントにアセンデットマスターは我々にメッセージを投げかけています。

マスターから送られるメッセージ

ふと、時計に目をやると11:11という表示だった。ふと前の車のナンバーをみると1111だった。私たちの生活の中には数字はありふれています。が、短期間の間に気になる数字を頻繁に見ることも経験していると思います。実はそれこそがアセンデットマスターから送られてくるエンジェルナンバーを介したメッセージなのです。

数字の3と深い繋がり

アセンデットマスターが送るエンジェルナンバーは3に関わる数字である事が多く、3には深い意味が込められています。特に3、33、333のエンジェルナンバーは大きな意味を持っています。

エンジェルナンバー3

3という数字は古来より珍重されてきた数字でもあります。例えば、キリスト教における三位一体、古代中国の鼎、日本でも三種の神器、近代でも三権分立と世界中を探せばキリがないほどあふれています。そしてどれも安定を表す意味を持ち合わせています。その3がエンジェルナンバーとしては「アセンデットマスターが近くにいる」と示しています。

エンジェルナンバー33

11や22や33は数秘術の中でも特に強い力をもつとされています。それはエンジェルナンバーにおいても変わらず、大変良い意味合いとなります。それは「大勢のアセンデットマスターがサポートしてくれている」という事を指し示しています。

エンジェルナンバー333

3桁にもなるとなかなか日常生活で身近な数字とはいかなくなりますが。333は3が3つ並ぶので大変にエネルギーが強いとされています。その333のエンジェルナンバーが指し示す意味は「アセンデットマスターと共に周りに貢献してください」ということを指し示します。

アセンデットマスターの一覧!

さて、ここからはいよいよアセンデットマスターの紹介をさせていただきます。それぞれのアセンデットマスターが伝えたいこと、得意なことがあります。それぞれのマスターが何を伝えたいかを理解することが一番重要なことです。そのためにしっかりとそれぞれのマスターの特性を理解してください。

世界中のアセンデットマスター

先述したとおり、アセンデットマスターは一度はこの地球に生を受けて生涯を終えました。3次元から5次元へとアセンションを達成した人生の先輩として現生でつまずきやすいところや陥りやすい失敗を実体験を持って教えられるのです。

そのための自身の現世での経験や体験により得意な分野があるため様々なアセンデットマスターがアドヴァイスをくれるのです。

イエス・キリスト

おそらくは知らない方は殆どいないかとは思います。キリスト教の開祖にして神の子で一度処刑された後に復活したことで有名です。

キリストの足跡とマスターとして伝えたいこと

キリストは聖母マリアの子としてベツレヘムで生誕しました。その出生に関しては世界中でさまざまに人々により膾炙されています。そしてユダヤ教徒として活動していましたが、預言者として各地でモーセ以来のいわゆる旧約聖書の教え以外の事も積極的に布教したことにより多くのユダヤ教とから疎まれる事となり結果として時のローマ帝国の命により磔刑が命じられることとなり、ここで一度は命を落としました。

しかし、その三日後にキリストは復活し、その300人ともいわれる弟子たちのもとへと姿を現したのです。その事からキリストの奇跡はあまねく世に知られる事となり、ますますキリスト教徒の勢いは増していきました。その死後から約300年たった後にキリストに処刑命令を下したローマ帝国はコンスタンティヌスの命によりキリスト教を公認する事となりました(ミラノ勅令)

キリストはアガペー(神による無償の愛)を説きまた、自身も実践し布教した偉人です。その最中の様々な困難に投げ出すこともなく、死んでからもなお復活し、弟子の支えとなりました。そのために、キリストがアセンデットマスターとして伝えたいことは「愛によって心を開く」という事になります。

聖母マリア

キリストの聖母であり、処女懐胎や東方の3博士のエピソードでも知られる聖母マリアです。聖母マリアもキリストの母であり、主たる神の祝福がありました。キリストとは違う方向から人々のサポートをしてくれるアセンデットマスターなのです。

マリアの足跡とマスターとして伝えたいこと

マリアは婚約者のヨセフとの結婚前に懐妊することとなりました。このことは聖霊、あるいは天使ガブリエルによってマリアに伝えられました。その生まれてきた子こそイエス・キリストです。

キリストの誕生に際し、星を見ていた3賢者が時のローマ皇帝のヘロデに「ユダヤの王として生まれた方はどちらにおられますか」と尋ねてみると、ヘロデは臣下を集め、問うと預言書にベツレヘムにおられると答えました。

その言葉をもとにベツレヘムに向かうと星がこの3賢者を先導する形となりました。そして、その星が指し示す家にいたのがマリアとキリストということです。そこで3賢者は拝謁し、乳香・没薬・黄金を贈り物として捧げたと言われています。これが世にいう東方より来たりし3賢者のエピソードです。

キリストの聖母であり、神の祝福を受けたマリアですが、彼女がアセンデットマスターとして伝えたいことは「自分を育む」という事なのです。

釈迦

仏教の開祖で、生老病苦から逃れる為に何不自由のない王族の暮らしを捨て、修行の果てに悟りを開いた偉人です。現世での様々な苦行と修行を重ねた釈迦は自信の体験と苦行の無意味さを説きます。その釈迦が人類に伝えてくれることを紹介します。

釈迦の足跡とマスターとして伝えたいこと

釈迦は、俗名をゴウダマ・シッダルーダといい、シャカ族の王子として産まれ、次期王として何不自由なく暮らしていました。しかし、母は早くに亡くなってしまっていたために考え込んでしまうタイプの内気な少年でした。

そして、4回の外出の時にそれぞれ「生」「老」「病」「死」を体験することで大きなショックを受け、この生老病死を避けるためにはどうすればよいかを深く考える事となります。四門出遊という有名なエピソードとなります。

生老病死を避ける為に釈迦はすべてを捨て出家する道を選びます。王子という立場、そして奥さんも子供もです。そして、長い修行の果てにやがて釈迦は悟りを開き仏陀(悟ったもの)として数十年かけて自分の教えを旅をしながら伝えてゆくのです。

人生のほとんどを瞑想と問答に費やし、人々を導いた釈迦のアセンデットマスターとして伝えたいことはズバリ「瞑想」です。特にその際に正式な瞑想の作法やなにかを学ぶ必要はありません。気を落ち着け、静かに目をつぶり、ただ、内なる声に問いかけてみましょう。

観音菩薩

観音様もアセンデットマスターの一員です。先に紹介した釈迦こと仏陀と観音様、後述する弥勒菩薩と仏教には様々な仏様が出てきます。こちらも違いを正しく理解していきましょう。

観音菩薩の足跡とマスターとして伝えたいこと

観世音、観自在とも呼ばれる観音様は女性的な柔和なほほ笑みでありますが、本来の観音は男性でも女性でもない性を超越した存在だとされています。観音は「観音経」というお経で「どんな困難も観音様のご利益によって恐れる事はない」と記されています。人生の災難を取り払ってくれる存在として導いてくれています。

観音様がアセンデットマスターとして伝えたいことは「手放す」です。困難を取り払うのも執着や自我や我欲で目が曇ってしまうものです。

マイトレーヤ(弥勒菩薩)

日本では弥勒菩薩として知られているマイトレーヤもアセンデットマスターとして導いてくれています。人類の為に気の長くなるほどの悠久の時を待つマイトレーヤが私たち人類に伝えたいことを紹介いたします。

マイトレーヤの足跡とマスターとして伝えたいこと

マイトレーヤは釈迦の次に悟りを開く(仏陀になる)仏様です。しかし、いつ悟りを開くというかいというと、なんと56億7千万年後です。それまでは兜率天という所で修行されています。マイトレーヤのアセンデットマスターとして伝えたいことは「あなたの喜び」です。

56億7千万年も人類救済の為に修行されている方ですので何よりも喜びというポジティブな感情を大切にされています。

アセンデットマスターか診断!繋がる方法は?

アセンデットマスターは一人だけでなく何人も存在し、3次元にいる我々人類の救済の為に力を貸してくれています。その効果を100%発揮してもらう為にアセンデットマスターの名前を特定し、深く繋がっていく必要があります。

アセンデットマスターか診断する方法

アセンデットマスターの方々を紹介してきましたが、今度はじゃあ、どうやったらそのマスターが現れてくれるの?今そばにマスターがいそうな雰囲気なんだけどどうやったら判明するの?と思われる方もいるでしょう。ここでは代表的なアセンデットマスターを知る方法をお教えいたします。

手順①普段との違い・違和感に気づく

自身が不調な時、またはアセンデットマスターが手を差し伸べているときは何らかの形でメッセージが送られてきています。それが前述のとおり、エンジェルナンバーという形で現れたり、あるいは古典的な方法ですが夢であったり、瞑想中の内なる声であったりします。

その普段と違う感覚を感じ取れたらアセンデットマスターがメッセージを送っている証拠になります。気づくという行為は何事においても第一歩となります。

手順②リラックスする

緊張状態にあったり、不安や心労があると分かりづらくなります。寝る前に瞑想をしたりしてきもちを整え、リラックスした状態を作ってください。ストレッチやマッサージ、瞑想などで心を落ち着かせてください。

手順③寝る支度をして紙を用意する

時間は夜中の2時3時くらいが良いとされています。そこで紙に「私のアセンデットマスター」と書いて枕元に置いておいてください。
 

手順④部屋を暗くして私のアセンテッドマスターは誰ですかと唱える

部屋を暗くして目をとじて静かな部屋で「私のアセンデットマスターは誰ですか?」と唱えてください。これは実際に口に出しても心の中で強く唱えてもどちらでも構いません。自分のやりやすいほうで試してください。

手順⑤山登りをイメージする

最初は低い山から、そしてどんどん高く険しい山をイメージしてください。その山を登っている自分を意識して下さい。

手順⑥人に会ったら名を尋ねる

その登山の途中で人と出会うことがあります。そうしましたらその人に名前を尋ねてください。教えてもらえた名前があなたにコンタクトを取ろうとしていたアセンデットマスターの名前になります。

手順⑦聞いた名前を紙に書き留める

そこで聞いた名前を枕元に置いた紙に記入してください。これで手順は夢の中で行われるものではありません。精神の内側からくる現実の声になります。もし、聞いて名前を書いたにも関わらず記入されていないとなると、残念ながら夢となりますのでもう一度最初からやり直してください。

繋がる方法①元々繋がっている

無事、アセンデットマスターの名前が判明したところで次はもっと深く繋がりメッセージをより良く理解し、自身の人生をより実りあるものにしていきましょう。

まず、名前が判明した時点でアセンデットマスターとは繋がりができています。残念な事ですが、アセンデットマスターのメッセージを受け取ろうとしなかったり受け取るタイミングでは無かったりするときはアセンデットマスターとの繋がりは非常にか細いものとなっています。

繋がる方法②チャネリング

より強固な繋がりのためにはチャネリングが必須となってきます。このチャネリングは高次の存在と周波数を合わせることを言います。これによりマスターのメッセージがよりダイレクトに伝わります。

繋がる方法③名前を呼ぶ

名前にはただそれだけで力を帯びています。困ったときはぜひマスターの名前を呼び助けを求めてください。必ずや力を貸してくれることでしょう。

紹介できなかったアセンデットマスターとアセンデットマスターの認定の話

ここまで様々なアセンデットマスターを紹介してまいりました、しかし、シヴァ、ガネーシャ、ミカエル、イシス、トト、クリシュナ、ホワイトターラ、ミカエルなどなどアセンデットマスターとされているものの、紹介しなかったアセンデットマスターがおります。

アセンデットマスターを説明した際に、一度は地上に生を受けた人物と説明させてもらいました。紹介しなかったアセンデットマスターの方々は他ではアセンデットマスターとされていることが多いですが、それぞれ神であったり、5次元よりも高次元にらっしゃる方ですので正確にはアセンデットマスターではありません。

更に、近年では統一されたルールも特にありませんのでチャネラーの方々がそれぞれアセンデットマスターに認定している事もあり、続々とアセンデットマスターが生まれてきています。例えば、マザー・テレサやマハトマ・ガンジーなどです。

もちろんそれが悪い事ではありませんし、アセンデットマスターも3次元に生きる私たちを助けてくれていることには変わりませんので、もし、不安なときや聞いたことのないアセンデットマスターがいたら自分でも調べてみることを強くお勧めいたします。

アセンデットマスターのアドヴァイスを得て人生をより良いものに

だいぶ複雑なアセンデットマスターですが、理解の一助となれたでしょうか?アセンションに成功するためにもぜひアセンデットマスターの声を聞き入れ、困ったときはこちらからも呼びかけてみましょう。きっと答えてくれる事でしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ