下多島村と上多島村の場所はどこ?地図にない村を解説!

下多島村と上多島村という場所をご存知でしょうか?知っていたらその人は都市伝説好きでしょう。下多島村と上多島村は地図には載っていない村で具体的な村の様子や場所はわかっていません。今回はそんな不思議な下多島村と上多島村を解説していきます。

下多島村と上多島村の場所はどこ?地図にない村を解説!のイメージ

目次

  1. 1日本の地図にない架空の村とは?下多島村と上多島村の場所はどこ?
  2. 2下多島村と上多島村は地図にない村
  3. 3下多島村の場所はどこ?
  4. 4下多島村の都市伝説
  5. 5日本に存在する地図にない村一覧
  6. 6地図にない村が日本にある理由
  7. 7なぜ村や集落が都市伝説となるのか
  8. 8都市伝説は信じすぎないほうがいい

日本の地図にない架空の村とは?下多島村と上多島村の場所はどこ?

日本の地図にはない架空の村と噂されている、下多島村と上多島村は架空と言われているだけあって本当にあるのかどうかは分かっていません。正体不明の村というのは少し不気味でこわさもありますが、なんとなく興味がわくもの。

そんな下多島村と上多島村の不気味な都市伝説の内容と、その二つの村があるとされてい場所をご紹介します。

下多島村と上多島村は地図にない村

下多島村と上多島村は、地図には乗っていない場所なのです。実際にそんな場所は存在するのでしょうか。もしあったとしてなぜ、地図上から消えてしまったのか。都市伝説が好きな人にとっては、好奇心をくすぐられるような村です。

今回は謎の村、下多島村と上多島村の場所と、どんな村なのか、なぜ都市伝説化したのかを解説していきます。

下多島村には数年前まで住人がいた?

なんと下多島村には、数年前までは住人がいたというのです。実際に掲示板サイトでは、「自分は下多島村に数年前まで住んでいた」と名乗る人が出ていました。その投稿者の話によると下多島村は、上多島村とは比べてとても閉鎖的で自殺者が絶えない村だったそう。

閉鎖的で自殺者が毎年のように出ているというそんな村に、投稿者はある程度まで住んでいたのでしょうか?にわかには信じられないような話です。しかし、そこで生まれ育ちその環境に慣れてしまうのが人間です。投稿者は村を「やばかった」と書いていますが、村人全員がそう思っていたのでしょうか。

下多島村と上多島村は隣り合わせ?

下多島村は都市伝説としてよく語られ、上多島村はほとんど情報がありません。しかし、二つの村はセットで語られることが多いです。投稿者が下多島村を語る際に、「上多島村と下多島村がある」とセットで語っていてそれが浸透したのかもしれません。

そして投稿者は、住んでいた下多島村だけでなく上多島村のことも知っているというような書きかたをしていたので、二つの村は比較的に近い場所にあり、もしくは川を隔てて隣りあわせで二つの村はあるのでないかと言われています。

下多島村と上多島村の違い

下多島村と上多島村の違いは、はっきりわかっていません。投稿者は下多島村はかなり閉鎖的。反対に上多島村はそんなことはない。と言っています。下多島村はお祭りごとでもそれ以外でも外部の人を招き入れたりはせず、関わりを持とうとはしなかったようです。

なぜ、上と下でこんなにも違うのか?それもわかってはいません。ただ、下多島村は部落的差別があるという噂があり、そういうことから下多島村は閉鎖的で外部とは関わりを持とうとはしないのかもしれません。

下多島村の場所はどこ?

話を聞いただけでもこわくなる村ですが、やはりその場所が気になってしまうが人間の性。下多島村という都市伝説が現れてから色々な人がその場所を特定しようと思考を巡らせ、ある二つの場所が下多島村ではないかと噂されました。

宮城県の下田島村説

宮城県にある「下田島村」という場所が、一番有力な説となっています。投稿者があえて「田」を「多」という漢字に変えたのではないかと言われていて、実際、下田島村は自殺者が多いと言われ非常に閉鎖的で外部と関わろうとはせず、他県の人を村に入れようとしないようです。

では、その近くに上田島村があるのか?と言われれば、それはわかっていません。投稿者がわざと存在しない場所を作ったのか?それもわかりません。

しかし、宮城県の下田島村の話が本当であればかなり信ぴょう性は高いのではないでしょうか。具体的な下田島村の話はありませんが、嘘とも言い切れないです。

香川県の下多肥村説

宮城県ほど有力な説ではありませんが可能性的はあり得る村です。下多肥村は1890年に上多肥村と出作村と合併し、多肥村となりました。しかし今は廃村になっているようです。

部落差別や他県民を受け入れないという話はありませんが、都市伝説であるように「上」と「下」があります。上多肥村と下多肥村が合併するということはそれなりに近い場所にあったのではないでしょうか。

しかし、多肥村は1956年に廃村になっており、掲示板サイトに投稿があったのが2008年。そこから数年前に住んでいたというのはおかしい話になります。少なくとも10年以上前でなければ話は合いません。

場所は特定されていない

他にも群馬県の上田島、下田島もありますが、やはり場所は特定されていません。色々な憶測を呼ぶ下多島村ですが、その真相を知っているのは投稿者だけかもしれません。また、下多島村が本当にあったとしても閉鎖的でお祭りにも人を呼びませんから、村全体がその事実を隠して過ごしているかもしれません。

むやみにその場所だとされている村に言って、聞き込みするのはもしかしたら危険かもしれませんので好奇心はほどほどに持っておきましょう。

下多島村の都市伝説

場所すらも色々な憶測が飛び交っていて、ますます謎が深まる下多島村ですが、下多島村の都市伝説の内容もまたかなり不気味で、信じがたいもの。

村も架空で噂も嘘だと言われていますが、もしも架空ではなく本当に日本に存在する村だとすれば、日本の闇は深いものではないでしょうか。しかしながら無さそうでありそうな都市伝説でもあるので嘘とも言い切れません。その具体的な下多島村の都市伝説をご紹介します。

自殺者が多い村として知られる

冒頭でも書いた通り、下多島村は自殺者が多いようです。噂では毎年のように自殺者がいるようで、投稿者もそのことについて不気味思っていたようです。ではなぜ自殺が多いのでしょうか。

自殺理由は過労によるものが大半

東京でも多い自殺者の数。その理由として、過労があげられ大半がそれで自殺をしているようです。寝る間も惜しんで稼働しなければならない今の時代では、そういった精神的も体力的にもつらいと感じる人は多いようです。最近でもこの過酷な労働のせいで、自殺を選んでしまった人がニュースでも流れていました。

全ての自殺が首つりだった?

首つり自殺は、日本で一番多い自殺方法だといいます。ロープなどは簡単に手に入ることができ外傷や苦しみが少なく、大掛かりにものを用意する必要もないのが理由なのではないかと言われています。

下多島村では、外部と関わることは少なく差別などで追い込まれて貧困に困る人は多いと考えられています。なのでそのような人でも手に入りやすいロープで自殺をしてしまう人は多いのかもしれません。

日本に存在する地図にない村一覧

この下多島村以外にも、地図にはない村がいくつかあることを知っていますか?都市伝説好きな人であればすぐにピンと来るかもしれませんが、ひとつひとつ紹介していきます。

犬鳴村

これは、かなり有名な村ではないでしょうか。福岡県の犬鳴峠に近い場所にある謎の村です。犬鳴峠旧トンネル付近を好奇心から心霊スポットとして毎日のようにたくさんの人が訪れているようです。

犬鳴村の噂は、「入ってしまったら命の保証はない」「日本国憲法は通用しない」「電波が無くなる」「差別を受けて孤立した」などと聞いただけでもこわくなる噂ばかり。日本国憲法が通用しないというのが一番怖い噂です。しかし、差別を受けて孤立してしまったという噂は日本の差別問題を示しているようで色々考えてしまいます。

かなり無残な殺人事件もあったということで、余計に犬鳴村の都市伝説に拍車がかかったのではないでしょうか。好奇心で行くのはやめておいたほうがいいでしょうが、もし行くとなったら十分に注意をしてください。

杉沢村

この都市伝説も有名で、当時は新聞でも掲載されるほど。昭和初期に青森県の山村で起きた残酷な事件とされていて、村はのどかなものでしたがある日突然、村人の男性が発狂してしまい村人を次々殺していき最後には自殺してしまった。というものです。

この事件を警察は隠蔽をし、ただの廃村として明るみにされることはありませんでした。しかしインターネットで話題を呼び、新聞やテレビでも話題になりその謎は世間に広まりました。

青森県の山にあり、廃家が今の残っており血しぶきの跡が残っている。という噂もあり、近寄るのは良くないようです。しかし、本当に存在するのかも謎で目撃した人も今まで一人もいないのです。

池添村

この池添村は、他の都市伝説の村と違い所在がわからないのです。都市伝説なのだからある程度は所在地が複数、噂されているんじゃないの?と思われそうですが、この池添村は全く噂されていません。それもそれでまた別のこわさがあり、憶測が人々の好奇心をそそりそうです。

あなたの住む県や近くの山に何らかの噂をされている村があったら、もしかしたらそこが池添村なのかも。どこにあるのかは分かりませんから、気を付けてください。

池添村に入ってしまった人間は数年以内に亡くなっているという噂がありますから、好奇心で近くにある小さな集落には立ち寄らない方が身のためかもしれません。

五木村

五木村というところは、本当にあります。熊本県にあり、五木の子守歌の発祥地なのだそう。この村ははきりとした噂はありませんが、平家などの落ち武者の村があり、五家荘か五木村と呼ばれているそうで、落ち武者の村というだけあってなにか都市伝説や昔から伝わる伝説や伝統がありそうです。

御蔵島

これは、神社や神様が出てくる都市伝説です。御蔵島はもともと無人だったとされていましたが、その御蔵島から煙が上がっていることに三宅島の人が気が付き、行ってみると男性がいました。その男性にいつからいたのかを聞いたところ「オサダの花が七まわり半咲いた」と言ったそうです。のちにこの男性をキュートウキュージン伝説としています。

ここにある稲荷神社が出来た理由は色々あります。たたりを恐れて神社が出来た話や、神社がある場所の木に神様がひっかかっており、その神様のために神社が出来たという話があります。しかし、この神様を見るといけないそうです。

神様や神社という神聖なものが出てくると、難しくてこわさも増しやすいです。神様は人間には到底かなわない存在ですから、頼るのと同時に恐怖感を持ってしまうのも仕方ないのです。

自殺未遂者の村

青木ヶ原樹海は、自殺で有名です。その樹海には自殺未遂者の村があるというのです。ここで自殺しようとしたが死にきれず、樹海の中にある村で暮らしているそうです。

サンカという原始的な生活をしている民族もそこにいて、自殺未遂者と一緒に暮らしているという噂もあります。サンカは昭和20年にはいたと思われていて、目撃者もいます。しかし時代が進むにつれてその姿を見なくなったそう。そう考えると、樹海という場所でひっそりと暮らしているようにも思えてきます。

そこで自殺未遂者とサンカがもし一緒に暮らしていたら、自殺未遂者は前よりもおだやかに平穏に暮らせているかもしれません。

地図にない村が日本にある理由

なぜ日本にはこんなにも地図にはない村があるのでしょうか。また、噂されている地図上にはない村はまだまだたくさんありそうです。しかしながら、理由はなんなのかを調べてみました。

取り壊し費用がかかる

本来は取り壊されるはずのものが、莫大な費用がかかってしまうという理由でそのまま残っていることがあるようです。市などが取り壊される予定にある、またはそうしなければならない村などを、費用がかかるという理由でそのまま残し、地図上からは消してしまうことがあるようです。

道路開発で廃村になった

この理由で廃村になってしまうことが多いようです。交通事故が起きやすい曲がり角が多い場所や整備をしなければならない場所などで、トンネルを開通することがありますがそのおかげで集落にある家やお店などを取り壊されてしまい、村の人は立ち退きをしなければなりません。

集落にあるすべての家やお店などが壊されるわけではないので、少しは残ってしまうのです。それば廃村ということになり心霊スポットや都市伝説になってしまうのです。

ダム建設

これも非常に多い理由のようで、たとえばダム開発が進んでいたとしても途中で中止になった場合はダム開発はなくなります。そういったときに地図からはその村は消されてしまいますが、村は残っています。

ダム開発が進み完成した場合、地図はその部分を水色に塗っていたりしますが、中止になった場合は村の表示もダムの表示もありません。

なぜ村や集落が都市伝説となるのか

日本各地にある村や集落がなぜ都市伝説として伝わるのか。それはインターネットなどで嘘でも本当でも簡単に噂が広まるからなのではないでしょうか。自分で考えたものだったり知人から聞いたものだったり、または本当に経験したり。

そして、昔からある小さな村や集落には、なじみのない掟や伝統、言い伝えなどが残りやすく、その内容もまた不思議で少しこわいものなので、都市伝説となることが多いのでしょう。昔の人などはとくにそういうのを信じるものなので昔ながらの生活をしている小さな村では、それが浸透しきってしまうのです。

神様であったり、心霊的なものであったり、人間が起こした狂気であったり、様々ではありますが人間の思い込みや信じる力は想像を超えてしまうものですから、そのせいで都市伝説は広がるのでしょう。

都市伝説は信じすぎないほうがいい

都市伝説は、人から人に伝わるものです。神話的なものであっても、今回の村や人が関わっているものであっても、人がそれを見てそれを信じて噂を広めるというのはすでに当たりまえになっています。

そして自らその都市伝説を調べようと動く人もたくさんいますが、中には本当に何が起こるかわからないものもありますから、興味を持つのも好奇心をもつのもほどほどがよいのです。

都市伝説はあくまで、都市伝説。確かに信じるか信じないかはその人次第ではありますが、あまりにもそれを信じすぎてしまったら何が起こるかわかりません。今回のように村や集落の話になると行きたいと思う人もいると思いますが、本当に何があるかわからないので、その好奇心は上手に押し込めてください。

もちろん法律的に入ることが禁止されている場合もありますので、あまりに気になってしまったら遠巻きにみるのが良いでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ