仙台女児連続暴行事件とは?高山正樹の犯行内容や現在!

仙台で起きた仙台女児連続暴行事件という事件をご存知でしょうか?高山正樹が起こした仙台女児連続暴行事件という事件は犯行内容がひどすぎると話題になりました。そこで今回は仙台女児連続暴行事件の犯行内容や高山正樹の現在についてご紹介します。

仙台女児連続暴行事件とは?高山正樹の犯行内容や現在!のイメージ

目次

  1. 1高山正樹の女児連続暴行事件とは?犯行内容や現在をご紹介!
  2. 2高山正樹の生い立ち
  3. 3仙台女児連続暴行事件の概要
  4. 4仙台女児連続暴行事件の高山正樹の犯行の手口
  5. 5高山正樹の逮捕とその後
  6. 6仙台女児連続暴行事件の裁判の結果は?
  7. 7無期懲役とは?
  8. 8高山正樹の現在
  9. 9仙台女児連続暴行事件の被害者の現在は?
  10. 10仙台女児連続暴行事件は卑劣な犯行

高山正樹の女児連続暴行事件とは?犯行内容や現在をご紹介!

仙台で起きた仙台女児連続暴行事件という事件をご存知でしょうか?仙台女児連続暴行事件は高山正樹が起こした事件なのですが、ニュースなどで報道された犯行内容が酷すぎると話題になりました。そのため、仙台女児連続暴行事件を覚えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は高山正樹が起こした仙台女児連続暴行事件の犯行内容や現在についてご紹介します。仙台女児連続暴行事件がどんな事件だったのか、高山正樹の現在についてチェックしてみましょう。

高山正樹の生い立ち

今回は仙台女児連続暴行事件の犯行内容や高山正樹の現在についてご紹介します。しかし、仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹の生い立ちが気になるという方も多いのではないでしょうか?

そこで、まず最初に高山正樹の生い立ちについてご紹介します。仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹の生い立ちはどんな生い立ちだったのかをチェックしてみましょう。

高山正樹はハーフ

高山正樹の生い立ちにはハーフと紹介されることが多くあります。どうやら高山正樹の父親は中国人だったようです。中国人の父親が日本で日本人の母親と出会って結婚し、生まれたのが高山正樹でした。ちなみに、中国人の高山正樹の父親は日本でシェフをしていたようです。

どこのお店でシェフをしていたかなどを公表されていませんが、宮城県のお店でシェフをしていたようです。シェフをしていた高山正樹の父親は、高山正樹が逮捕されたあと被害者への賠償金を支払っていたそうです。

少年時代にいじめを受ける

仙台女児連続暴行事件を起こしたハーフの高山正樹は、少年時代にいじめを受けるという経験をしたことがあるようです。どうやら高山正樹は中国人と日本人のハーフで在日中国人だることを理由に、中学生時代にいじめを受けていたと明かしました。

裁判のときに高山正樹は同情をひくためにいじめについて明かしたようですが、いじめを受けていた経験があるからといって強姦などの犯罪をしてはいいことにはなりません。仙台女児連続暴行事件と過去に受けていたいじめに関連性はありません。

また、中学生時代の同級生の証言によると、修学旅行のときには「できるだけ満員の電車に乗りたい」と話していたようです。もしかしたら、この発言も痴漢をしたいという思いからの発言だったのではないかと言われていました。

母親の保険金で生活

仙台女児連続暴行事件で逮捕された高山正樹は当時無職だったようです。無職だったということで高山正樹がどうやって生計を立てていたのか気になるという方も多いのではないでしょうか?そこで、高山正樹がどのように生計を立てていたのかについてご紹介します。

どうやら、高山正樹は母親の保険金を使って生活をしていたようです。いじめを受けていた高山正樹は家庭内暴力をふるうようになったのですが、母親に暴力をふるってけがを負わせ保険金を請求させていたようです。母親に自ら暴力をふるって保険金を請求させるという、ひどいことを実の親にもしていたようです。

仙台女児連続暴行事件の概要

仙台女児連続暴行事件はテレビなどで報道されて話題になった事件ですが、仙台女児連続暴行事件の犯行内容を詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで、高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件はどんな犯行内容だったのかについてご紹介します。仙台女児連続暴行事件はどんな犯行内容だったのかチェックしてみましょう。

女児11人のレイプ事件が始まり

2000年に発覚した仙台女児連続暴行事件は、女児11人のレイプ事件が始まりでした。女児に対する強姦事件の被害者は実際にはもっと多い場合があるのですが、女児ということで幼く事件が発覚しづらいという場合があります。この仙台女児連続暴行事件も、女児11人の強姦未遂や強姦致死の告訴をきっかけに明るみに出ました。

11人のレイプ事件をきっかけに明るみに出た仙台女児連続暴行事件の被害者は、なんと約3年間で焼く100人の女児になるようです。約100人もの小さな女児に乱暴をしていたなんて、信じられないという方も多いのではないでしょうか?

被害者は3~10歳の女児

仙台女児連続暴行事件の被害者になったのは女児ということで、被害者が何歳くらいだったのか気になるという方も多いのではないでしょうか?仙台女児連続暴行事件の被害者となった女児は、なんと3~10歳の女児だったそうです。大人の女性でも強姦は怖いのに、これだけ幼い年齢で襲われるなんてとても怖かったのは間違いありません。

小さなこどもばかりを狙った犯行ということで、特にこどを持つ多くの親が仙台女児連続暴行事件にショックを感じたようです。

犯行をビデオテープで撮影

高山正樹が逮捕されたあと、警察が家宅捜索を行うと犯行を撮影したビデオテープが発見されました。このビデオテープをきっかけに、仙台女児連続暴行には100人以上の被害者がいるということが発覚したようです。どうやらビデオテープには、45人の被害者を強姦する様子が撮影されていたようです。

ビデオテープの中には姉が襲われている姿を、妹が目撃してしまったという内容もあったようです。このように被害を受けた女児の人数が多いことや、卑劣な犯行内容だったということで当時は報道規制がされていたそうです。

犯行後恐喝で女児に口止め

仙台女児連続暴行を行った高山正樹は、犯行後に被害者の女児に恐喝をして口止めをしていたようです。高山正樹は幼い女児を強姦するだけではなく、誰かに話したら殺すといって口止めのために恐喝をしたそうです。そのため、被害届を出していない被害者が多くいたようです。

高山正樹は裁判で犯行時に判断能力が欠如していたことをアピールしていましたが、犯行後に口止めの恐喝まで行っているということで判断能力の欠如は認められませんでした。高山正樹は犯行後に口止めをしっかりしているということで、正常な精神状態で犯行を行ったとみられます。

仙台女児連続暴行事件の高山正樹の犯行の手口

仙台女児連続暴行事件の被害者は100人以上となっています。100人以上の被害者がいるということで、仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹の手口が気になるという方も多いのではないでしょうか?

そこで、高山正樹はどのような手口で仙台女児連続暴行事件を起こしたのかについてご紹介します。仙台女児連続暴行事件はどのような手口だったのかをチェックしてみましょう。

「猫を探して」と女児を誘いだす

仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹は、犯行を起こすときには常に暴行をするときに使うためのおもちゃやローション、撮影器具などを持っていたそうです。これらの道具を持ち、幼い幼女を探して歩いていたそうです。道具を持ちながら歩き、幼女を見つけると高山正樹は声をかけたようです。

高山正樹は幼い少女を見つけると、「猫を探して」と声をかけたようです。自分のことを医者だと名乗り、けがをした猫を治療するために探してほしいと幼女に声をかけたそうです。

被害者となった幼い少女は純粋に高山正樹を医者だと信じ、一緒に猫を探す手伝いをしてあげたのではないでしょうか?仙台女児連続暴行事件は幼い少女の純粋な気持ちを利用した卑劣な犯行です。

人気のないマンションに連れ出す

高山正樹は「猫を探してほしい」と声をかけた幼女を、人気のないマンションに連れ出しました。この時点では幼い少女が怪しまないよう、優しく接して人気のないマンションに連れて行ったようです。

仙台女児連続暴行事件の犯行現場となったのは、宮城県にある人気のないマンションの踊り場だったようです。高山正樹は犯行を行うときに、あらかじめ人気のないマンションについて調べていたそうです。

防犯カメラがあれば仙台女児連続暴行事件はもっと早く発覚していたのかもしれません。当時の宮城県は、不審者などに対する危機感が低く防犯カメラの設置が進んでいなかったようです。仙台女児連続暴行事件が起こったこともあり、現在では防犯カメラの設置が進んでいるそうです。

強姦や猥褻な行為の繰り返し

幼い少女を人気のないマンションに連れて行った高山正樹は、人気のないマンションで強姦をしたそうです。高山正樹は強姦をしやすいように、あらかじめローションを用意していたようです。もちろん幼い少女は痛みから泣き叫んだのですが、幼い少女が泣き叫ぶと「治療が必要だ、ここから薬が出る」といって幼い少女に口淫をさせたそうです。

その他にも高山正樹は自分の性欲を満たすため、幼い少女に卑劣な行為をなんども繰り返していました。先ほどもご紹介したように、犯行を行うときにビデオ撮影を行っています。そして、最後には犯行について誰にも話さないように幼い幼女を脅して口止めをしていました。

高山正樹が幼い少女に犯行後には脅して口止めをしていることからも、仙台女児連続暴行事件はとてもひどい犯行内容だったということがわかるのではないでしょうか?

高山正樹の逮捕とその後

高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件の犯行内容についてご紹介しましたが、高山正樹の逮捕やその後が気になるという方も多いのではないでしょうか?そこで、仙台女児連続暴行事件の犯人である高山正樹どのように逮捕されたのかや、逮捕された後についてご紹介します。高山正樹の逮捕された状況やその後についてチェックしてみましょう。

警察は単独犯と断定

仙台女児連続暴行事件発覚当時、警察は幼い少女を狙った事件についての捜査をしていたのですが、犯行内容や被害者の年齢・事件発生エリアから単独犯であるということを警察は断定していたそうです。そのため、犯行現周辺で不審人物の捜査をしていたそうです。

職務質問に不信感

犯行現場周辺を張り込んでいた警察は不審人物を発見したのですが、その不審人物が仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹でした。警察は犯行現場で目撃情報を集めていたのですが、目撃情報のイメージによく似た高山正樹が犯行現場の周辺を物色していたそうです。警察が高山正樹を見つけて声をかけると、高山正樹は「友人に会いに来た」と答えたようです。

そこで、警察は高山正樹に友人の部屋の番号を訪ねたのですが、高山正樹はなかなか会いに来たという友人の部屋番号をこたえなかったそうです。その後、警察は高山正樹にいくつかの職務質問を行ったのですが自分の名前も名乗らなかったようです。高山正樹は自分の名前を名乗らないだけではなく、職務質問中に近くにあったコンビニエンスストアに助けを求めたそうです。

職務質問中の不審さに警察は任意同行を求めたのですが、「ついていく理由がない」と任意同行を断ったそうです。そして、高山正樹は「警察に不信感がある」や「弁護士に連絡する」と同様しながら受け答えをしていたそうです。

緊急逮捕後テレビでも報道

職務質問中の不審な様子や任意同行を拒否したことから、高山正樹は強制猥褻容疑で緊急逮捕となりました。高山正樹が警察に職務質問を受けている様子や逮捕された様子はテレビ局が撮影をしていたため、高山正樹が逮捕された後にテレビでも職務質問の様子や逮捕された様子がテレビで報道されました。

仙台女児連続暴行事件は卑劣な犯行内容だったことから、多くの方が注目していてテレビの報道にも注目が集まりました。現在でもYouTubeなどで仙台女児連続暴行事件について調べると、高山正樹が職務質問を受けている様子や逮捕されるときの様子の動画を見ることができます。気になるという方は仙台女児連続暴行事件の動画をチェックしてみてください。

心神耗弱を装い減刑を嘆願

逮捕されたあと高山正樹は裁判へ出廷したのですが、第一回目では正常な状態で起訴内容について認めていました。しかし、第二回目のからは歩くことが困難な様子で車いすを使用していました。また、うなだれた様子のまま問いかけに対してこたえることもなくなりました。

その他にもボイスチェンジャーの幻聴がきこえてくるといい、心身耗弱を装って減刑を嘆願したそうです。心身耗弱を装ったことから精神鑑定が行われました。弁護士は高山正樹の精神分裂病などの症状を主張していたのですが、精神鑑定の結果は弁護士が主張していた症状は見られませんでした。そして、高山正樹には責任能力があると判断されたのです。

それでも高山正樹は精神病を装って、検察官にまともな受け答えをしなくなり、高山正樹の反省の色は見られなくなったそうです。刑が確定したあとも高山正樹は、精神病者のようなふりをして被害者に罪を償う態度も見られなくなりました。

元囚人の証言

高山正樹と同じ病舎にいた元囚人の証言が話題となりました。高山正樹と同じ病者にいた元囚人によると、高山正樹の精神状態はとても酷くときには糞尿を垂れ流した状態のときもあったそうです。そのため、高山正樹と同じ病舎にいた元囚人は、高山正樹のことを重度な精神病の可哀想な受刑者だというイメージを持っていたそうです。

そういったイメージが高山正樹に対してあったのですが、担当が高山正樹から目を話している間は普通の状態だったそうです。そして、担当の足音が聞こえて近づいてくると、高山正樹は手をふるわせたりうわごとを呟いたりしていたと高山正樹と同じ病舎にいた元囚人は証言しました。

また、高山正樹は元囚人に「早く病院に行きたい」など、街にある精神病院に行きたいということを話していたそうです。高山正樹は仙台女児連続暴行事件の犯行内容について反省するのではなく、精神疾患を装って一般の精神病院に移ることや無期刑の執行停止を願っていたそうです。

仙台女児連続暴行事件の裁判の結果は?

高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件の犯行内容や逮捕の様子についてご紹介しましたが、仙台女児連続暴行事件の裁判の結果が気になるという方も多いのではないでしょうか?仙台女児連続暴行事件は犯行内容が酷すぎるということから、裁判の結果が多くの方から注目されていました。

そこで、高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件の裁判の結果についてご紹介します。仙台女児連続暴行事件の裁判はどんな結果だったのかチェックしてみましょう。

強姦未遂・強姦致傷・強制わいせつで提訴

仙台女児連続暴行事件の裁判では弁護士は高山正樹に前科がないことや、犯行時には精神分裂病の症状があったということを伝え刑の軽減を訴えました。しかし、検察側は日本の性犯罪史上最も卑劣な犯行内容であり、最高刑である無期懲役を求刑したのです。

さらに、検察は犯行の様子をビデオ撮影していたことをあげ、高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件はおぞましい犯行内容だということを訴えました。このときに高山正樹は強姦未遂。強姦致傷・強制わいさつで起訴されたのです。

無期懲役が言い渡される

仙台女児連続暴行事件の裁判で高山正樹は犯行を行ったときの精神状況を訴え、減刑を求めましたが3月29日に仙台地方裁判所は高山正樹に検察側が求めていた結果である無期懲役を言い渡しました。これまでに死亡者のいない強姦事件での無期懲役はありませんでした。そのため、異例の判決として多くの方が仙台女児連続暴行事件の結果に驚いたようです。

異例の結果として無期懲役という結果に驚いた方も多いようですが、被害者の幼さや数などを考えると、無期懲役は妥当だと感じる方も多かったようです。多くの方が無期懲役という判決に納得していました。

上訴するも結果は変わらず

逮捕後に高山正樹は幼い少女への暴行について認めていたのですが、裁判が進むにつれて反省している様子が見られなくなりました。無期懲役を言い渡された後には、判決を不服として上訴をしたのです。無期懲役を言い渡されても反省するのではなく、不服として上訴をする高山正樹に多くの方が怒りを覚えたようです。

無期懲役とは?

仙台女児連続暴行事件の裁判の結果、高山正樹は無期懲役と言い渡されました。先ほどもご紹介したように死亡者のいない強姦事件での無期懲役は異例の判決でした。

仙台女児連続暴行事件の裁判は無期懲役となったのですが、無期懲役について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで、仙台女児連続暴行事件の裁判の結果となった無期懲役についてご紹介します。高山正樹が言い渡された無期懲役についてチェックしてみましょう。

無期懲役の刑期は?

高山正樹が言い渡された無期懲役についてご紹介しますが、まず最初に無期懲役の刑期についてご紹介します。基本的に懲役刑は刑期が満了になる時期を決めるのですが、無期懲役とは刑期が満了となる時期を決めない懲役刑のことです。

無期懲役となると拘禁施設に収容され、仮釈放が特別に認められることがない限り残りの人生を拘禁施設で過ごすことになります。しかし、無期懲役には満了になる時期がないといっても、反省する態度や更生する余地がある場合には仮釈放が認められる可能性があります。

そのため、無期懲役が言い渡されると必ず残りの障害を拘禁施設で贈らなければならないというわけではありません。そのため、仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹への無期懲役は軽いのではないかと言われているのです。

無期懲役の仮釈放は稀

高山正樹が言い渡された無期懲役の場合でも仮釈放が認められる場合があるとご紹介しましたが、無期懲役の服役者に仮釈放が認められるのは稀です。そのため、一度無期懲役となるとなかなか拘禁施設の外に出ることはできません。

また、無期懲役の服役者が仮釈放を認められて社会に戻ることができても、刑期中の身であることはかわりません。そのため、仮釈放が認められて社会に戻ってからも保護観察の対象となります。この保護観察はそのあとの生涯にわたって解除されることはありません。

日本で無期懲役は死刑のつぎに重い刑罰とされています。しかし、無期懲役は刑期が満了となる時期が決定されていないということから、無期懲役は死刑のつぎに重い刑罰とは言えないという意見も多くあります。

高山正樹の現在

仙台女児連続暴行事件の裁判では無期懲役を言い渡された高山正樹ですが、高山正樹の現在が気になるという方も多いのではないでしょうか?そこで、仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹の現在についてご紹介します。高山正樹の現在はどうなっているのかについてチェックしてみましょう。

刑務所で服役中

先ほどもご紹介したように、仙台女児連続暴行事件の裁判で高山正樹は無期懲役を言い渡されました。現在高山正樹は山形県にある刑務所の精神病舎に収監されているようです。無期懲役となり刑務所で服役中となった今でも、高山正樹は反省する様子が見られないようです。

反省するどころか、高山正樹が希望した少女の載っている雑誌を支援者が差し入れとして届けることもあるようです。現在も精神病を装って一般の精神病院に移ることや、早期釈放を試みている様子もあるようです。しかし、高山正樹と同じ精神病舎にいた元囚人の証言などから、刑務官も高山正樹の詐病に気付いているようです。

被害者に残された心と体の傷

高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件の被害者となったのは、3歳~10歳など幼い少女ばかりでした。2000年に発覚した仙台女児連続暴行事件ですが、ほとんどの被害者が残された心と体の傷に苦しんでいます。そのため、仙台女児連続暴行事件を起こした高山正樹の無期懲役という判決は甘いのではないかと考えている方も多いようです。

無期懲役は死亡者のいない強姦事件では異例の結果だったのですが、無期懲役は最低30年受刑すれば仮出所をすることができるのです。また、高山正樹は精神病を装っていますが、精神病が認められれば無期懲役の停止も可能です。被害者の幼い少女に残された心と体の傷を考えると、確かに無期懲役は軽いと感じる方も多いのではないでしょうか?

仙台女児連続暴行事件の被害者の現在は?

仙台女児連続暴行事件の裁判の判決文には被害者である幼い少女たちの「変なことをした男の人が出てきたら怖いから刑務所にずっと入れてください」や「事件のことを思い出すと今でも怖くて涙が出そうになります」などといった供述も述べられました。

仙台女児連続暴行事件の犯行内容が酷すぎるということで、被害者の現在が気になるという方も多いのではないでしょうか?そこで、仙台女児連続暴行事件の被害者となった方も現在についてご紹介します。

子宮破裂や大腸破裂となった少女

仙台女児連続暴行事件の被害者には死亡者はいないとご紹介しましたが、仙台女児連続暴行事件によって体に大きな傷を負った少女は少なくないようです。仙台女児連続暴行事件で高山正樹によって強姦された幼い少女の中には、子宮破裂によって子宮を摘出することになってしまった少女がいます。

幼いころはよくわからなくても、19年たった今では現実を知って苦しんでいるのかもしれません。その他にも仙台女児連続暴行事件の被害者には大腸破裂となってしまった少女もいます。被害者となった幼い少女にこれだけの傷が残っているのに、高山正樹は今でも精神病を装って無期懲役から逃れようとしています。

また、被害者となった少女の体に残った傷についてご紹介しましたが、体だけではなく心にも大きな傷が残っていることは間違いありません。仙台女児連続暴行事件の被害者は、現在でも高山正樹が行った犯行により苦しんでいます。

歩行障害となった少女

仙台女児連続暴行事件の被害者には子宮破裂によって子宮を摘出した少女や、大腸破裂となった少女がいることをご紹介しました。しかし、その他にも体に傷を負った少女はいます。仙台女児連続暴行事件の被害者には、歩行障害となってしまった少女もいるようです。

歩行障害になってしまった少女は、高山正樹に股関節を傷つけられたことをきっかけに歩行障害になってしまったそうです。また、仙台女児連続暴行事件の被害者には高山正樹の強姦によって人工肛門となってしまった少女もいます。心の傷だけではなく、歩行障害や人工肛門となり現在でも高柳よって苦しめられている少女もいるのです。

仙台女児連続暴行事件から19年経ちましたが、現在でも仙台女児連続暴行事件の被害者は苦しみ続けています。幼い少女が仙台女児連続暴行事件の被害者となり、被害者本人だけではなく家族も苦しんでいます。仙台女児連続暴行事件の被害者となった少女の家族の怒りや悲しみは計り知れません。

仙台女児連続暴行事件は卑劣な犯行

今回は仙台女児連続暴行事件の犯行内容や現在についてご紹介しました。高山正樹の起こした仙台女児連続暴行事件の犯行内容を知ったことで、仙台女児連続暴行事件の卑劣な犯行内容に怒りを感じた方も多いのではないでしょうか?高山正樹は現在も刑務所に服役中ですが、19年経った今でも反省する姿は見られないようです。

しかし、被害者となった当時の幼い少女は今でも残っている体と心の傷に苦しんでいます。仙台女児連続暴行事件だけではなく、現在でも強姦事件は起きています。仙台女児連続暴行事件のように恐ろしい事件が今後二度と起こらないように、高山正樹が起こした仙台女児連続暴行事件は風化させてはいけません。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ