明晰夢の危険性とは?明晰夢を見る人の特徴や注意点!

皆さん、明晰夢とは何かご存知ですか?夢を夢と認識しながら見ることの出来る明晰夢。自らコントロールできるなんて、一見便利で面白そうですが、実は多くの危険が伴います。今回は、その明晰夢の注意点や危険、見る人の特徴について、ご紹介していきます。

明晰夢の危険性とは?明晰夢を見る人の特徴や注意点!のイメージ

目次

  1. 1明晰夢の危険性!明晰夢が見られる人の特徴
  2. 2明晰夢の危険性!
  3. 3明晰夢を見る人の特徴
  4. 4明晰夢の危険を回避する注意点
  5. 5明晰夢は危険ではないという説もある
  6. 6良質な睡眠の取り方
  7. 7睡眠は人間の三大欲求の一つ

明晰夢の危険性!明晰夢が見られる人の特徴

突然ですが、普段皆さんは寝ている間に夢を見ますか?凄く楽しい夢だったのに、途中で起きてしまった、夢の中で誰かと話したんだけど、内容が思い出せない。こんな経験をされたことのある人が多いかと思われます。

夢は、現実と違い自分ではコントロール出来ないもの。皆さんそういう認識を持っているかと思われます。しかし、世の中には夢を自在にコントロール出来る人たちが存在しているのです。

夢を自在にコントロール出来る「明晰夢を見ることが出来る」人たちですが、一体どのような特徴があるのでしょうか?明晰夢を見ることが出来れば、なんだか楽しそうですが、実は明晰夢には危険性も潜んでいるようです。

明晰夢の危険性!

一見見ることが出来れば楽しそうな明晰夢ですが、数々の危険性が潜んでいるようです。明晰夢に今興味がある方や、明晰夢を実際に見てみたい方、もう実は普段から明晰夢を見ている方、まずはその危険性について知って頂こうと考えます。

明晰夢とは?

まずは明晰夢の意味から見ていきましょう。明晰夢とは、寝ている間に見る夢を「これは夢だ」と自覚しながら見る夢のことを指します。

夢の内容を自在にコントロールすることが出来たり、怖い夢などを見てしまった場合でも、その内容を変えることが出来たりと、ある程度意のまま思うままにコントロール出来るようです。

明晰夢の危険性①夢と現実の混同

明晰夢の危険性として、まず挙げるとすれば、夢と現実を混同してしまうということです。夢と現実が分からなくなってしまうとは、具体的にどのような悪影響があるのでしょうか?

例えば、明晰夢を見ている時に仕事で使う大事な書類を、カバンにしまったとします。しかし現実で、会社に着いてカバンの中を見てみたら、入れたはずの大事な書類がない!夢と現実を混同してしまうと、こんな現象が起きてしまう危険性があるのです。

また、昨日買ったはずのものがない。そういえば、あれは夢の中で買ったものだったのか、なんてことがあれば、気持ちもガックリしてしまいます。夢で起きたことなのか、現実で起きたことなのか、区別が付かなくなってしまうのは大変なことです。

明晰夢の危険性➁夢(睡眠)への依存

次に、明晰夢の危険性として、夢への依存というものがあります。明晰夢は、ある程度自由に自分の夢をコントロール出来てしまうのです。確かに、自分のおもうままの世界に浸れるわけですから、出来ることなら何回でも見てしまいたくなるでしょう。

しかし、夢の中なのか、現実の世界なのか、分からなくなってしまうのは恐ろしいことです。明晰夢にはそんな危険な中毒性があるようです。

明晰夢の危険性③脳の疲労が取れず起きれない

明晰夢には、脳の疲労が取れずに起きれないという危険性も潜んでいます。明晰夢は、夢を夢と自覚している状態です。言わば半分覚醒しているような状態で、睡眠を取っていることになります。明晰夢を見ている間は、楽しいひと時なのでしょうが、その間も脳みそは働き続けている訳です。起きた時は、寝不足感、倦怠感に襲われてしまいます。

日中眠くなってしまったり、朝に起きれなかったりなど、デメリットが多いです。脳の疲労は、注意力や思考力も落としてしまいます。

明晰夢の危険性④夢の中での死ぬと現実にも!?

明晰夢を普段見ない人でも、自分が苦しんでいる夢を見て飛び起きたら、なんだか息が上がっていた、用を足す夢を見て、ハッと起きたら尿意を催していた、そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。

明晰夢を見る人の中では、夢の中で死んでしまったら、現実でも死んでしまうという噂があるようです。結論から言うと、この噂はあくまでも都市伝説レベルに過ぎません。時には、夢と現実は混同してしまうことがある危険な明晰夢です。夢の中で死んでしまったら、どうなるのだろうと心配になってしまうのも理解できます。

明晰夢を見る人の特徴

自分の意のままに夢を操れる明晰夢ですが、明晰夢を見る人とは、一体どのような特徴があるのでしょうか?明晰夢は自然に見ることの出来るものなのか、何か特別な練習や訓練をした人のみが見られるものなのか、気になるところだと思われます。ここでは、明晰夢を見る人の共通点や傾向などについて、お伝えしていきます。

①明晰夢勉強法のために訓練した

皆さん、明晰夢勉強法はご存知ですか?明晰夢を使って、寝ている間にも勉強しようという、何ともストイックな勉強法です。勉強時間が足りない、寝ている間も時間を効率的に使いたい、そんな考えの方は明晰夢勉強法を使うようです。

明晰夢勉強法は、人によってさまざまな方法があるようですが、夢の中で記憶を整理したり、現実で教わったことの暗記に使ったりするようです。

普通の夢を見ていても、感覚的には2時間くらいの出来事でも、実際は10分しか経っていなかったということがあります。その理論で、明晰夢勉強法では1日を24時間以上に出来ると豪語する人も、中にはいました。

➁レム睡眠が長い人

深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」のサイクルは、人によって個人差があります。そして、レム睡眠が長い人が、明晰夢を見る傾向があるようです。レム睡眠中は、脳の一部が起きている時と同じように活動をしています。必然的にレム睡眠が長ければ長いほど、明晰夢を見る可能性が高くなります。

③生まれつき眠りが浅い人

生まれつき眠りの浅い人も、明晰夢を見る傾向にあります。生まれつき眠りの浅い人は、子供の頃から明晰夢を見ているようです。しかし子供の頃は、自分が見ている夢が明晰夢と呼ばれるものとは自覚がありません。大人になって、自分の夢の見方が他の人とは違うと初めて気づく方もいるようです。

明晰夢の危険を回避する注意点

今度は、明晰夢の危険を回避する注意点について考えていきましょう。良質な睡眠を取ることは、生きていく上でとても大事なことです。ただ明晰夢を見ないように意識しようとするだけでは、なかなか改善することは出来ません。夜にぐっすり眠るには、一体どうしたら良いのでしょうか?

明晰夢勉強法に頼りすぎない

明晰夢勉強法もやり方次第で、確かに暗記や復習が出来るかもしれません。しかし、その間は脳は働いています。起きた時は、倦怠感や疲労感で、朝が辛くなってしまいます。明晰夢勉強法を試してみたけれど、寝不足で本番のテストに集中出来なかったなんてことになれば、本末転倒です。

明晰夢勉強法は、かなりの訓練が必要のようです。それならば起きている時に、しっかりと勉強した方が良いかもしれません。日中はしっかり勉強に励み、夜はしっかり睡眠を取ることを心掛けましょう。

起きて疲労していたら睡眠改善する

明晰夢を見やすい人は、眠りが浅く、良質な睡眠が取れているとは言えません。朝起きると何だか疲れが残っている、そんな時があると思われます。よく眠れなかったというのは、脳が休めていない証拠です。

寝る前のスマホ、カフェインは控えたり、寝る時間を一定にしたり、リラックスした空間で睡眠が取れるように心がけて行きましょう。

明晰夢は危険ではないという説もある

ここまで明晰夢の危険性や特徴についてお伝えしてきましたが、明晰夢は危険でないという説もあるようです。明晰夢は、訓練が必要なものなので集中力が高まる、自分で夢をコントロール出来るので想像力が豊かになるなど、メリットが豊富にあると唱える人もいます。

良質な睡眠の取り方

毎日を心地よく過ごすために、良質が取れるよう心掛けていきましょう。現代は忙しく、睡眠時間を中々取れないという人も多いかと思われます。日本人は、世界中の中でも特に睡眠時間が短い国として、知られています。

なかなか長く睡眠時間を取ることが難しいのであれば、睡眠の質にこだわりましょう。一般的な良質な睡眠の取り方としては、まず寝る前に軽くストレッチをしたり、お風呂にゆっくりと浸かることが有名かと思われます。

その他にも、寝る前にスマホ、パソコンは触らない、他にもリラックス出来るアロマを焚くのも良いでしょう。最近では、様々な快眠グッズも簡単に手に入ります。それぞれ自分に合った快眠方法を見つけて、すっきりとした1日を迎えられるよう心がけましょう。

睡眠は人間の三大欲求の一つ

明晰夢は、時に危険が伴います。今から始めようとしていた方も、すでに行っている方にも、おすすめは出来ません。睡眠欲は人間の三大欲求の1つです。欲求の1つを疎かにしてまで、明晰夢を見る価値は果たしてあるのでしょうか。

日中の疲れた体と心を癒す、それが睡眠です。せっかくならば、気持ちよく眠りたいと誰もが考えているはずです。夜にぐっすり眠り、カーテンを開け、朝の陽ざしと共に1日を迎える。そんな毎日が続けば最高に幸せです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ