ノーハンドオナニーとは?手を使わずにオナニーするやり方男女別で!

ノーハンドオナニーと言う言葉を聞いたことがありますか?手を使わずに快感を感じる事ができるノーハンドオナニーですが手を使わないオナニーとはどうすればよいのでしょうか。今回は、手を使わないノーハンドオナニーのやり方を男女別にご紹介いたします。

ノーハンドオナニーとは?手を使わずにオナニーするやり方男女別で!のイメージ

目次

  1. 1ノーハンドオナニーとは?手を使わずに気持ちよくなるやり方をご紹介!
  2. 2ノーハンドオナニーとは?
  3. 3ノーハンドオナニーでオーガズムは感じられる?
  4. 4ノーハンドオナニーのやり方
  5. 5ノーハンドオナニーのコツ
  6. 6ノーハンドオナニーのメリットとデメリットとは?
  7. 7ノーハンドオナニーをするときの注意点
  8. 8ノーハンドオナニーの体験談
  9. 9ノーハンドオナニーはチャレンジして見る価値あり

ノーハンドオナニーとは?手を使わずに気持ちよくなるやり方をご紹介!

性的な快感を得る事ができるオナニーですが、基本的には自分の手を使って男性はペニスを、女性はクリトリスや乳首を刺激してオーガズムに達します。しかし、最近はノーハンドオナニーと言って、手を使わずにオーガズムに達する事ができる方法があります。

手を使わないとオーガズムに達することができないと思っている人も多いと思いますし、それが普通であることは常識として多くの人が知っています。ただ、手を使わずにオーガズムを感じることもできるということは一部の人にとってはよく知られた話です。どうすればノーハンドオナニーで手を使わずにオーガズムを感じることができるのか、その方法をまとめました。

ノーハンドオナニーとは?

そもそも、ノーハンドオナニーとは何なのかと知らずに気になっている人もいるのではないでしょうか。ノーハンドオナニーとは、その名の通り手を使わずにオナニーすることです。しかし、一般的には手をつかってオナニーをするのでノーハンドオナニーでオーガズムを感じる事ができる人は少ないと言われています。

ノーハンドオナニーは手を使わないので、オーガズムを感じることができるようになるまで時間がかかりますし、コツコツと練習しなければなりません。ノーハンドオナニーができるようになるにはどうすればよいのでしょうか。

テレビの企画で話題に

ノーハンドオナニーは、手を使わずにオーガズムを感じることができるものですが、手を使わないノーハンドオナニーが注目されたのは、スカパーで放送されている「地上波ではダメ!絶対!」という番組のコーナーである「エロ芸GP」で藤井くるみさんが披露したことがキッカケです。

地上波では放送されていませんが、それでもかなりのインパクトがあり、ネット上ではノーハンドオナニーが大きく話題になりました。

ノーハンドオナニーでオーガズムは感じられる?

手を使わずにオナニーをするノーハンドオナニーですが、そもそもオーガズムを感じることができるのかと疑問に思っている人は多いでしょう。ハッキリ言って、ノーハンドオナニーで手を使わずにオーガズムに達することができるようになるには時間をかけて体を慣らさなければなりません。

逆を言えば、男性でも女性でも時間をかけて訓練すれば手を使わずにオーガズムを感じることができるノーハンドオナニーを習得することができるのです。

ノーハンドオナニーのやり方

ノーハンドオナニーを成功させるには、それなりに環境を整えて何度も繰り返しやってみる必要があります。実際にできる人がほとんどいない上に、精神面のコントロールも必要になるので手を使わないノーハンドオナニーを習得するには長い時間と努力が必要です。

普通にオナニーをする時は、手を使い性器を触る必要があるので人がいる場所や集団生活の場ではなかなかやることができませんが、ノーハンドオナニーなら手を使わずにできるので、いつでもどこでもオーガズムに達することができます。今回は、男性と女性それぞれのノーハンドオナニーのやり方をご紹介します。

ノーハンドオナニーのやり方【男性編】

男性がノーハンドオナニーをするには、相当根気強く訓練しなければなりません。男性は女性よりも直接的な刺激を欲しがるので、手を使わないオナニーではなかなか射精にいたるまでの強い刺激を感じることができないのです。

それでも手順を踏んでコツを掴めば、ノーハンドオナニーで手を使わずにオーガズムに達することができるようになります。まずは男性がノーハンドオナニーで手を使わずに快感を得る方法をチェックしていきましょう。

我慢の限界までオナ禁をする

ノーハンドオナニーは、ペニスを直接刺激することなく射精に至るほどの快感を感じる必要があります。普段手毎日のようにオナニーをしている人は、最低でも3日以上オナ禁をして、女性と同じ空間にいるだけでも意識してしまうというぐらいオナ禁をすると効果が出やすいです。

手を使わないで頭の中だけでエッチなことを考えて、しっかり勃起してガマン汁が出てしまうぐらい、しっかりと性欲を溜め込むことで男性はノーハンドオナニーをする状態の体にすることができます。

集中できる空間をつくる

ノーハンドオナニーは、手を使わないで自分の想像力だけでオーガズムに達する必要があるので、自分が気持ちよくなることだけに集中できる空間を作る必要があります。ノーハンドオナニーですぐにオーガズムを感じることができる人であれば、人がいても気持ちよくなることができるそうですが、まずは一人で誰にも邪魔されない空間を用意しましょう。

周りの目を気にしたり、物音を気にして全神経をノーハンドオナニーに傾けることができない状態だと、ノーハンドオナニーで手を使わずにオーガズムを感じることは難しいでしょう。

楽な姿勢をとる

普段のオナニーの時でも、自分のイきやすい体勢をとることが多いでしょう。ノーハンドオナニーは手を使わないので、自分のイきやすい体勢でオナニーしたいと思う人もいるかもしれませんが、極端に足を伸ばしすぎたり体を縮めすぎるのは、普段のセックスでもイきにくくなってしまう可能性があります。

ノーハンドオナニーは、通常のオナニーよりも刺激が少ないので、妄想力を高めるためにも楽な姿勢をとることを心がけましょう。

お尻の穴に力を入れてペニスを持ち上げる

ノーハンドオナニーで手を使わずにセックスに対する想像力を高め、自分が実際にセックスをしている姿を頭の中で思い浮かべましょう。頭の中で思い描く快感が実際に体に感じられるようになってきたら、徐々に射精に向かっていきます。射精できそうになったら、お尻の穴にギュッと力を入れて、ペニスを押し出すようにしてみましょう。

お尻の穴にギュッと力を入れると、腰やペニスの周りの筋肉にも力が入り収縮するので、オーガズムに達しやすくなります。

ノーハンドオナニーのやり方【女性編】

女性の場合、男性よりも性に対してオープンにできないので、ノーハンドオナニーを習得したいと人に言うことはできないでしょう。しかし、男性よりも女性の方がノーハンドオナニーを習得しやすいのです。やり方とコツさえ掴めば、人のいるところでもいつでもどこでも絶頂を体験することができます。

女性がノーハンドオナニーをする時にはどのようにすればよいのでしょうか。女性のノーハンドオナニーのやり方をまとめました。

足の力を抜く

女性はオナニーをする時、足をピンと伸ばして力を入れてしまう人が多いでしょう。しかし、体の余計な部分に力が入って緊張した状態だと、ノーハンドオナニーでオーガズムを感じることができません。足の力をぬいて、リラックスした状態でノーハンドオナニーをしてみましょう。

体の緊張感が抜けると、より気持ち良いオーガズムを感じることができます。普段、足や体に力が入った状態でオナニーをしている女性は、体を抜くことを意識してみましょう。

膣を締めたり緩めたりする

おしっこを我慢する時、膣のあたりにグッと力を入れると思いますが、女性のノーハンドオナニーにはこの感覚がとても大切です。膣を締めたり緩めたりする時に使う筋肉を「骨盤底筋」と言い、この骨盤底筋が衰えると尿もれなどに繋がる場合があります。

骨盤底筋を鍛え、膣圧が上がると自分でオーガズムをコントロールすることができるようになります。また、骨盤底筋を鍛えると膣圧が上がるので尿もれ予防などにも効果があります。

好きな人を思い浮かべる

ノーハンドオナニーができるようになるには、好きな男性や好きな俳優やアイドルとセックスしていることを思い浮かべてみましょう。女性は男性よりも想像力が豊かなので、妄想の中でも快感を感じやすく、ノーハンドオナニーを習得しやすいでしょう。

女性の場合、あまりAVを見ない人もいますが、想像力に自信がない人はAVや声優のささやきボイスなどを取り入れて妄想の中で抱かれることに慣れていきましょう。

ヨガを取り入れてみる

ヨガは、体を鍛えて美しく整えるだけでなく、コアがズムと呼ばれる筋肉の収縮と緩和を鍛えることで、オーガズムを感じやすくなります。ヨガを生活に取り入れている人は、セックスでもイきやすくノーハンドオナニーの習得も早いと言われています。

日本では、ヨガを取り入れた膣トレやノーハンドオナニーについてはまだ多く知られていませんが、海外ではセックスでの快感を得ることを目的としたヨガも行われているそうです。

ノーハンドオナニーのコツ

手を使わないでオーガズムを得るノーハンドオナニーは、できるようになるまで時間がかかります。そこで大切なのは、いかにペニスやクリトリスを刺激せずに気持ちよくなれるかということです。コツを掴めないままだと、男性でも女性でも、ノーハンドオナニーができるようになりません。

ノーハンドオナニーには、男女別にいくつかのコツがあり、コツをつかむことで手を使わないオナニーで気持ちよくなることができるのです。男性と女性で、気をつけるべきコツが違う点もあるので、一つづつチェックしていきましょう。

ノーハンドオナニーのコツ【男性編】

男性がノーハンドオナニーを習得するのは、女性よりも難しいと言われています。男性はペニスに直接的な刺激を受けることで大きな快感を得るので、オナニーで手を使わないで妄想の中だけで快感を得られるようになるには相当な努力が必要です。

ただ、やみくもにノーハンドオナニーをしても習得することはできません。ノーハンドオナニーを習得したいのであれば、環境を整えた上でコツを掴む必要があります。

焦らず時間をかける

ノーハンドオナニーは手を使わないでオーガズムを感じることです。普段手を使ってオナニーしている男性は、ノーハンドオナニーができるようになるまでに時間がかかりますから、焦らずに時間をかけて妄想力を働かせましょう。

早くノーハンドオナニーができるようにならたいからと焦ってしまうと、妄想に邪魔が入ってしまうのでノーハンドオナニーができるようになるまで余計に時間がかかってしまいます。

最初はAVなどを利用する

手を使わないノーハンドオナニーで大切なのは、自分がセックスしている状態を思い浮かべたり、お気に入りのAVのシーンを思い浮かべたり、頭の中で快感を高める必要があります。ただ、最初から頭の中で鮮明にAVのようなシーンを思い浮かべることは難しいですから、最初はAVなどの映像を利用して興奮を高めていきましょう。

最近はVRを使った3DのAVもあり、よりリアルな映像を見ることができます。この時、手を使わなで映像や音に集中して、映像から快感を感じ取りましょう。慣れてきたら、音だけにしたり映像だけにしたり、徐々に外からの刺激を少なくするとコツが掴めてきます。

乳首や耳などを触る

ノーハンドオナニーは、ペニスを手で触ること無くオーガズムを感じることですが、男性の場合は体への実際の刺激が無いと中々気持ち良くなることができません。そのため、ペニスを触るのをやめる代わりに、乳首や耳など他に感じる部分を触って、感度を高めましょう。

乳首や耳への刺激で強い快感を感じることができるようになってきたら、男性でもペニスに触らずオーガズムに達して射精することができるようになります。

ノーハンドオナニーのコツ【女性編】

女性の場合、男性よりもノーハンドオナニーを習得しやすいので、コツを掴めば意外とできるようになる人は多いです。ただ、男性よりも性にたいして後ろ向きな人が多いので、まずはセックスやオナニーについて後ろ向きな考えを取り除くことから始めると良いでしょう。

「女性がオナニーなんて恥ずかしい・・・」と気持ちよくなることに罪悪感を感じていては、いつまで経ってもノーハンドオナニーでオーガズムを感じることはできないでしょう。

羞恥心を取り入れてみる

セックスの時、相手の男性に恥ずかしい言葉をかけられると感じてしまうという女性は多いでしょう。女性は男性よりも脳で快感を感じることが上手なので、「恥ずかしい」という感情が徐々に快感に変わっていきます。例えば電車やバスの中でノーハンドオナニーをしてみたり、オナニーをしているところを動画や写真で撮ってみるのもよいでしょう。

羞恥心を取り入れながらノーハンドオナニーを練習する際には、周りに気づかれたり、撮影した動画が流出してしまわないように注意しなければなりません。撮影した動画や写真は、クラウド上に保存したり人に見えるような場所に保存しないようにしましょう。

日常的にエッチなことを考えてみる

ノーハンドオナニーは、とにかく妄想を働かせて頭の中にセックスしている状態を思い浮かべる必要があります。そのためにも普段からエッチなことを考えて、エッチな妄想をすることに耐性をつけましょう。

例えば、普段は全く気にもしていない男性とのセックスを思い浮かべてみたり、すれ違う人の性器を想像してみたり、日常的にエッチな考えを持つことが大切です。思春期の男子のようなことですが、手を使わないノーハンドオナニーを習得するには妄想力はとても大切なことなのです。

ノーハンドオナニーのメリットとデメリットとは?

手を使わずにできるノーハンドオナニーは、できるようになるまで時間がかかりますが、メリットやデメリットはあるのでしょうか。ノーハンドオナニーを練習することで得られるメリット、またノーハンドオナニーの練習をすることで生じるデメリットについてまとめました。

ノーハンドオナニーのメリット

ノーハンドオナニーを練習することで得られるメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。一見すると、オナニーでメリットがあるとは考えづらいですが、ノーハンドオナニーを練習することで、精神面も体調面にもメリットを感じることができる場合があります。

妄想に集中できる

ノーハンドオナニーは性器に手を触れずに、妄想の中から強い快感を感じ取る必要があります。そのため、想像力が豊かになり、どんな場面であってもいろいろな方向に妄想を働かせることができるようになります。「妄想なんて簡単でしょ?」と思っている人は多いですが、詳細に鮮明に物事を妄想するのは意外と難しものです。

妄想力が上がると、ノーハンドオナニーだけでなく日常生活や仕事においても、先を予測したり様々なパターンの結果を考えて行動できるようになるので非常にオススメです。

骨盤底筋が鍛えられる

女性の場合、ノーハンドオナニーには骨盤底筋を鍛えることが何よりも重要です。骨盤底筋は、おしっこを我慢する時にキュッと締める筋肉で、膣の周りにあります。なかなか鍛え方がわからない人も多いと思いますが、力を入れて緩めてを繰り返すだけでも十分にトレーニングになります。

骨盤底筋を鍛えると、膣圧が上がりセックスのときの快感もこれまで以上によくなるでしょう。また、女性は年齢を重ねると尿もれに悩む人も多くなりますが、骨盤底筋を鍛えていると尿もれ予防にもなります。

前立腺がんの予防になる

男性の精巣では、毎日精液が作られます。そのため健康のためには毎日オナニーをして精子を出すことが望ましいとされていますが、毎日セックスできる環境にいる人の方が少ないでしょう。オナニーまでやめてしまうと古い精液が残り続けて、前立腺肥大や前立腺がんのリスクが高くなってしまいます。

ノーハンドオナニーにこだわらず、オナニーで定期的に精子を外に出すことで精巣の中がリセットされて前立腺がんのリスクが下がるのです。具体的な回数でいうと、月20回程度オナニーをする人はしない人に比べて前立腺がんの発祥リスクが2割ほど低いと言われています。

美肌になる

女性はオナニーをすると女性ホルモンが活発に作られるので、美肌になるということが医学的にも証明されています。恥ずかしいからとオナニーを控えている女性も多いと思いますが、オナニーをしてオーガズムを感じることで、女性らしい体つきになったり、美肌になったり、男性とのセックスの予行練習になるなどメリットはたくさんあります。

肌がカサカサで潤いが足りていない、と感じる女性は外からのケアや食事の見直しだけでなく、性生活の見直しも必要といえるのです。

ノーハンドオナニーのデメリット

ノーハンドオナニーで、男性も女性もメリットを得られることはわかりましたが、逆にデメリットが生じてしまうこともあるのでしょうか。オナニーのしすぎで日常生活に支障がでてしまうのは困ることですが、メリットとデメリットを考えて自分によいノーハンドオナニーの具合を探ってみるのもよいでしょう。

習得に時間がかかる

オナニーやセックスでもなかなかオーガズムを感じることができないという人もいますが、ノーハンドおオナニーは性器に直接的な刺激がないので、ノーハンドオナニーができるようになるまでには非常に時間がかかります。

時間をかけてでもノーハンドオナニーを習得したいという人は根気強く練習する必要がありますが、仕事が忙しかったり体調が整わないなど、タイミングが合わなくて練習できないことなどを考えると、1日や2日でできるようになるものではないということをしっかり頭に入れておきましょう。

感じやすくなり日常生活に支障が出ることも

ノーハンドオナニーを習得すると、体に直接的な刺激がなくてもエッチなスイッチが入ってしまうと、日常生活のちょっとしたポイントでオーガズムを感じてしまう可能性があります。真剣な場面であったり大勢の人がいるところで急にオーガズムを感じ始めてしまうと困りますし、どうしようもありません。

感じやすくなりすぎると、ちょっとしたことで快感を感じるので、日常生活でも気を抜けず疲れてしまう可能性があります。

ノーハンドオナニーをするときの注意点

ノーハンドオナニーをする時は、基本的にリラックスして自分ひとりの空間になれることころでするのが良いですが、それ意外にも注意する点がいくつかあります。無理のない範囲でノーハンドオナニーを練習する時に気をつけるべき注意点についてまとめました。

周囲に注意

まずは、心身ともにリラックスしてオーガズムを感じることができるように周囲に人がいないことや、部屋のドアやカーテンが開いていないか確認しましょう。ノーハンドオナニー上級者になると、電車の中や人前でもオーガズムに達することができますが、一般人でそのようなプレイをする人は少ないでしょう。

外でノーハンドオナニーにチャレンジする場合も、部屋で一人で練習する際も、周囲に気をつけて自分のプライバシーを守ることを第一に考えましょう。

先にトイレを済ませる

オナニーをする時は、男女とも共通して先にトイレを済ませておきましょう。オナニーは非常に体力を使うもので、オナニーした後にそのまま寝てしまうこともあります。トイレに行くのを我慢した状態でオナニーをしてそのまま寝てしまうと、膀胱に尿が溜まっている時間が長くなるので膀胱炎になってしまうリスクが高くなります。

「エッチな気分になってきたからトイレは後回し」とトイレに行くのを後回しにせず、先にトイレにいって万全の状態でノーハンドオナニーをしましょう。

無理をしない

ノーハンドオナニーは、非常に集中力や体力を必要とするもので、なかなかできる人はいません。できるようになりたいとコツコツ練習するのは良いですが、無理にノーハンドオナニーを練習する必要はありません。あくまでもオーガズムに達する手段の一つとして考えましょう。

ノーハンドオナニーでイけないからといって、セックスに支障が出るわけではありませんし、普通のオナニーでオーガズムを感じることができたり、セックスで気持ち良いと感じることができるのであればそれで問題は無いでしょう。

手は使わない

ノーハンドオナニーは、基本的に手を使わないオナニーです。しかし、ノーハンドオナニーを始めても、興奮が高くなると手を使って性器を刺激したくなっていまいます。我慢できないで手を使ってしまうと、いつまでもノーハンドオナニーを習得することはできません。ノーハンドオナニーは手を使わずに、妄想力でオーガズムまで達することで始めて得られる快感があるのです。

ノーハンドオナニーの体験談

仕事を理由にオナニーをすることなく2週間がすぎていました。大きな仕事が一段落して、同僚に誘われた合コンにいった時、隣に座った女の子のおっぱいが大きいのがとても印象に残り「触ってみたい、セックスしたい」と考えてしまいました。

合コンの結果は惨敗で、おっぱいの大きな女の子とは連絡先も交換できずに分かれたのですが、翌日のしごと中もその子のことを思い出してムラムラ。昼休みにトイレに駆け込むも、人が出入りする会社のトイレでオナニーするのはまずいと思い、ひたすら堪えました。しかし、午後もムラムラは収まらず、またトイレに駆け込んでみるとカチカチに勃起してガマン汁まで出ている状態でし。

合コンのときの写真を見返して、大きなおっぱいを揺らしながらセックスする姿を妄想した時、堪えきれず射精していまいました。仕事中に、会社のトイレで出てしまったのですが、ペニスに触れずに射精したのは始めてでした。(20代/男性)

ノーハンドオナニーはチャレンジして見る価値あり

ノーハンドオナニーは実際にやっている人は非常に少ないので、できる人はほとんどいないでしょう。そのため、どうやってやればいいかわからないことも多いと思いますが、妄想力を鍛えたり骨盤底筋を鍛えたり、メリットもあります。ノーハンドオナニーにこだわる必要はありませんが、セックスの感度を上げる為にも、チャレンジしてみる価値はあります。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ