気持ち悪い人の特徴13選!気持ち悪い人にならないための対処法!

あなたにも気持ち悪い人に出会ったことがきっとあることでしょう。気持ち悪い人の特徴をまとめているので、参考にしてみてください。また、自分が回りから気持ち悪い人と思われないためにどのような対処をしたらよいのかについても見ていきます。

気持ち悪い人の特徴13選!気持ち悪い人にならないための対処法!のイメージ

目次

  1. 1気持ち悪い人の特徴と対処法をご紹介!
  2. 2気持ち悪い人の特徴【性格編】
  3. 3気持ち悪い人の特徴【行動編】
  4. 4気持ち悪い人の特徴【外見編】
  5. 5気持ち悪い人にならないための対処法
  6. 6気持ち悪い人に好かれる人の特徴は?
  7. 7気持ち悪い人に好かれないためには?
  8. 8気持ち悪い人にならないように気を付けよう!

気持ち悪い人の特徴と対処法をご紹介!

誰にでも人生において、気持ち悪いと感じる人に出会った経験があるはずです。何か説明できないけれど、気持ち悪い人と感じてしまったという経験は記憶に残りやすいものです。以下では、気持ち悪い人の特徴を整理して、対処法を紹介していきます。

気持ち悪い人と言っても、そのタイプは様々です。気持ち悪い人の特徴を整理するので、頭に入れておくと良いでしょう。気持ち悪い人の特徴を見てみれば、自分がなぜあの人を気持ち悪いと感じたのかが分かることでしょう。

また、自分が気持ち悪い人にならないためにはどうしたらよいかについても見ていきます。気持ち悪い人の特徴がしっかり把握できれば、自分が気持ち悪い人にならないための方法が見えてきます。

気持ち悪い人の特徴【性格編】

では、まず気持ち悪い人の特徴として、性格を中心に見ていくことにしましょう。気持ち悪い人にはどんな性格があるのかを頭で理解しておくことはとても重要です。気持ち悪い人の性格が理解できれば、こちらにも対処する方法があるからです。

気持ち悪い人の特徴として、以下の4つの性格を見ていきましょう。あなたの頭の中に具体的に気持ち悪い人がいるならば、その人が次の性格に当てはまるかどうかを考えてみましょう。また、これからこうした性格の人と出会わないためにも理解しておくと良いでしょう。

特徴①口調がセリフっぽい

気持ち悪い人の性格としては、口調がセリフっぽいことが挙げられます。普通の会話をしているのに、何かセリフをしゃべっているかのように話す人がいます。そうした人には、不自然さを感じるのが普通でしょう。

普通に会話ができないので、何か気持ち悪い人という印象を持ってしまうこともあるでしょう。自然な会話が難しい相手とは、あまり関わらない方が良いでしょう。何か自分だけの世界観の中で生きている人なのかもしれません。

あるいは、今まであまり多くの人とコミュニケーションを取ったことがない人なのかもしれません。それで、人とどのように会話をしたらよいかが分からないのかもしれません。いずれにしても、会話が自然にできないので、気持ち悪い人と思っても仕方ありません。

特徴②自慢話ばかりする

セリフっぽい話し方をするほかには、自慢話ばかりする人も気持ち悪い人と感じやすいです。別に話してほしいと誰も言っていないのに、自分の自慢話を話し始める人は、気持ち悪い人と感じても仕方ありません。本人はもしかしたら無自覚なのかもしれません。

自慢話ほど聞いていて苦痛な話もないでしょう。しかも、誰も聞いていないのにもかかわらず、口を開けば自慢話をしてくるのであれば、徐々にその人からは距離を取っていくことをお勧めします。そういう人は、こちらが何を言ってもあまり変わらないでしょう。

自慢話を聞いてほしいと思っているはずなので、下手に話を聞いてあげようものなら、ずっと自慢話を聞かされる羽目になるかもしれません。優しさを見せるとつけあがるタイプかもしれないので、自分の時間を無駄にしないようにしましょう。

特徴③プライベートを聞きたがる

セリフっぽい口調で話したり、自慢話ばかりを話す人は気持ち悪い人と認知されやすいですが、プライベートなことを聞きたがる人も気持ち悪い人と感じられやすいです。こちらのプライベートに土足で入り込むようなタイプは、深い関係にならない方がましでしょう。

その人はあなたに興味があるのかもしれませんが、あなたがその人と親密になりたいと思っていないのなら、その人を避けていくのが良いでしょう。それほど親密になっていないのに、プライベートなことを聞いてくる人は気持ち悪い人と思っても仕方ありません。

人との付き合いには、それなりのペースというものがあります。親密になってからしか聞けないようなことを、ほとんど初対面の状態で聞いてくるようなら、気持ち悪い人と感じることは普通です。プライベートを聞きたがるのには、何らかの下心があるのかもしれません。

特徴④下ネタが多い

口調がセリフっぽかったり、自慢話ばかりしたり、プライベートを聞きたがったりする人は、気持ち悪い人の特徴であることを見てきましたが、下ネタが多いのも気持ち悪い人の特徴の一つです。下ネタばかりを言う人は、気持ち悪い人ととらえておいて問題ありません。

下ネタを言っても気持ち悪く感じないときや場面も確かにあるのかもしれません。しかし、下ネタばかりを言うことは気持ち悪い人の特徴と認識して良いでしょう。下ネタばかり言う人は、そういう言い方がしみついているはずなので、もう変わらないでしょう。

あなた自身がその人と一緒にいてどう思うのかが一番重要です。これからもよく会ってお話をしたいのかどうかはあなたが決めることです。あなたが少しでも不快に感じるのなら、徐々にその人とは距離を取っていくと良いでしょう。

気持ち悪い人の特徴【行動編】

気持ち悪い人の性格について見てきましたが、続いては、行動編です。気持ち悪い人の行動にはだいたい以下で挙げる5つの特徴があります。そのどれもが、ほとんどの人を不快にさせる行動と言えるでしょう。

気持ち悪い人は自分の行動を気持ち悪いとは思っていない可能性があります。ですから、それは気持ち悪いですよと言ったところで、改める気もないでしょう。ですから、そうした人に遭遇したら、あまりかかわりを持たずその場を離れましょう。

気持ち悪い人の行動を整理しておくので、頭に入れておくようにしましょう。こういう行動をされていないか、自分の生活を振り返る良いきっかけになるかもしれません。気持ち悪い人の行動の特徴を整理していきます。

特徴①挙動不審

気持ち悪い人の行動でまず挙げられるのが、挙動不審です。はたから見ると、何がしたいのかわからない行動をしている人がいます。また、大勢の人が見ている前で、おかしな行動をしだす人もいます。そういう人は気持ち悪い人として認識しておきましょう。

挙動不審な人は気持ち悪い人であると同時に、怖い人でもあります。次の行動が予測できないからです。その人のそばにいると、何らかの被害を受けてしまうことがあります。ですから、挙動不審な人がいたら、なるべく自然にその場から立ち去りましょう。

決して挙動不審な人に声を掛けたり、ずっと見ていたりしないようにしましょう。そういう人の中には、注目を浴びていたいと感じている人がいるからです。その人にとって注目は心から欲しいものであるはずなので、注目していると寄ってきてしまうかもしれません。

特徴②食べ方が汚い

気持ち悪い人の行動の特徴の一つは、挙動不審であることでしたが、食べ方が汚い人もいます。気持ち悪い人の特徴は、行動が気持ち悪いわけですが、特に食べ方が汚いことが多いです。ものをよくこぼすということだけではなくて、音を立てる傾向もあります。

気持ち悪い人は、食べ方が気持ち悪いと言えます。たくさんの食べ物をテーブルに落としていたり、噛むたびにくちゃくちゃ音をさせていたり、見ていて不快になることがあります。たまたま近くで食事をしているという不幸なことも起きてしまうかもしれません。

食べ方にはその人自身が出てくると言われることがあります。そういう育ち方をしたのです。ですから、食べ方が汚いと感じた人は、一事が万事、そういう人だと思うと良いでしょう。そうした面は、長年の習慣から培われてしまったので、変えるのは難しいです。

特徴③運動が苦手

気持ち悪い人は、挙動不審だったり、食べ方が汚かったりしますが、運動が苦手という面もあります。単にちょっと運動が苦手というレベルの人は気持ち悪い人まではいきませんが、走り方がおかしかったり、運動全般が全くできない人もいます。

運動以外はできるのに、運動になると全く何もできないという人もいます。仕事ができて格好いいと思っていた人が、まったく運動ができずに幻滅してしまったという人もいることでしょう。運動ができないと、気持ち悪い人というレッテルを貼られてしまいかねません。

特徴④ボディタッチが多い

挙動不審で、食べ方が汚く、運動ができないという気持ち悪い人は、ボディタッチが多いということもありえます。ボディタッチを軽々しくしてくる場合は、気持ち悪い人と感じてしまうのは自然なことでしょう。そういう関係でもないのにしてくる人がいます。

相手がどう思うかをそれほど考えずにボディタッチをしてくる人は、相手の気持ちを考えられない人だと認識して良いでしょう。ボディタッチをしたら相手は嫌ではないだろうかと考えることができない人なので、それ以外のことでも嫌な思いをさせられることでしょう。

ボディタッチがあまりに多ければ、毅然とした態度で拒否しましょう。言っても変わらなければ、他の男性に言うなどして、はっきりとした拒否を示す必要があります。あいまいな態度で対応していると、相手をつけあがらせてしまうかもしれません。

特徴⑤ジロジロ見てくる

ジロジロと見てくる人も気持ち悪い人と言えます。電車などで向かいに座った時にジロジロと見られたという経験をした人もいるかもしれません。相手のことをジロジロと見てくる人は、相手がどう思うのかという思考ができない人です。

相手が自分の行動で不快に思わないのかという考え方ができない人なので、無視するしかないでしょう。そういう人に、やめてほしいなどと言わない方が良いです。相手はあなたの反応を楽しんでいるかもしれないからです。

ジロジロ見てくる人は、もしかしたら本当に危ない人かもしれないので、関わらないようにしましょう。それがエスカレートする危険性もあり得るからです。もし本当に身の危険を感じたら、それなりにきちっと対処するようにしましょう。

気持ち悪い人の特徴【外見編】

気持ち悪い人の行動について見てきましたが、続いては、気持ち悪い人の外見について見ていくことにしましょう。気持ち悪い人と認識するにはそれなりに理由があるはずです。以下で挙げる外見的特徴を見れば、気持ち悪い人の特徴が分かるでしょう。

以下では、4つの特徴を挙げていきます。気持ち悪い人は、以下の4つのうちのどれか、またはすべてを持っています。身近に以下で挙げる外見的特徴を持っている人がいたら、観察してみると良いでしょう。

特徴①清潔感がない

清潔感がない人も気持ち悪い人と判断されやすいです。清潔感は最低限のエチケットだからです。外見上で清潔感がない人は、誰も近づきたくはありません。気持ち悪い人と思われないためには、清潔感があるかどうかを考える必要があります。

清潔感は、ちゃんとお風呂に入っているかどうかとはあまり関係がありません。物理的に不潔かどうかより、ただよわせている雰囲気に清潔感がないと判断される可能性もあるからです。清潔感がちゃんとあるかどうかは、よく鏡を見るなどして気を付けたいものです。

特徴②歯が汚い

清潔感がないのと似ていますが、歯が汚いと気持ち悪い人と判断されやすいです。例えば、面と向かって話しているときに、歯が汚いことが分かれば、それ以上会話をしたいとは思わないかもしれません。歯はよく目につく場所なので、清潔に保つ必要があります。

歯が汚いときは、歯ブラシをするなどしてケアすることも必要です。歯が汚い人は、歯を磨く習慣がないのかもしれませんし、あるいは、あまり歯医者に行っていないのかもしれません。いずれにしても、歯が汚いことは印象を低下させるので、気を付けたいものです。

特徴③髪の毛が汚い

歯が汚いことの他には、髪の毛が汚いと気持ち悪い人と判断されかねません。髪の毛が汚いというのは、例えば、その人のそばを通ると匂うとか、髪の毛があまりにぼさぼさであるとかそういうことを指します。髪の毛が汚いことは気持ち悪い人に直結してしまいます。

髪の毛が汚いというときは、同時に、不潔感を与えてしまいます。髪の毛すらもケアできない人だから、きっと仕事もできない人だと思われかねません。髪の毛が汚い人を見て良い印象を持つ人はいないでしょう。

特徴④無表情である

外見上の清潔感がない人は気持ち悪い人と思われやすいということについて見てきましたが、無表情の人も気持ち悪い人と判断されてしまうでしょう。人間は、会話などをする際に、相手の表情から相手の感情を読み取ります。

しかし、無表情の人と会話をしていると、その人の感情を読み取ることができないので、非常に会話がしづらいと感じられてしまうのです。人が会話をしているときには、言葉以上に相手の表情を含む非言語の部分が重要になってきます。

無表情の人からは、非言語の部分での情報が得られにくいので、会話をするのが難しいのです。無表情の人のことを気持ち悪いと思う理由は、その人が何を考えているのかわからないという不気味さがあるからです。

気持ち悪い人にならないための対処法

気持ち悪い人の様々な特徴について見てきましたが、続いては、気持ち悪い人にならないための対処法を見ていくことにしましょう。気持ち悪い人というのは、上で挙げたような特徴を持った人であることを見てきたので、それらの点に気を付けることが重要です。

気持ち悪い人の特徴をしっかり頭に入れて、そのような特徴が自分にはないかどうかを判断していく必要があるのです。よく鏡を見るとか、身近な人に聞いて見るとかして、自分という人間が気持ち悪いという印象を与えていないかをチェックする必要があります。

以下では、気持ち悪い人の特徴を考慮して、5つの対処法を列挙します。いずれも、即効性があり、効果抜群のものばかりです。自分でできそうなことから取り入れていくと良いでしょう。

清潔感を出す

清潔感があるかどうかは非常に重要です。清潔でないと判断されてしまったら、ほとんどの場合、すぐに気持ち悪い人という分類をされてしまうことでしょう。自分の身だしなみ、立ち居振る舞い、話し方など、不潔な印象を相手に与えていないかをチェックしましょう。

清潔感という言葉はちょっと抽象的な言葉でもあります。そのため、近しい女性がいれば、その人にチェックしてもらうというのも一つの手です。自分一人で判断すると、うまくいかないこともあるので、第三者の視点を入れるようにしましょう。

清潔感を出すことができれば、気持ち悪い人と思われることはぐっと減るはずです。清潔感さえあれば、気持ち悪い人という判断はほとんどの場合されないでしょう。それほど重要な点なので、ぜひ、考慮に入れておきましょう。

表情筋を鍛えて感情豊かに

清潔感の次に重要なのは、表情を豊かにすることです。無表情は相手に恐怖さえ感じさせます。無表情でいることに慣れてしまった人は、相当意識しないと、これからもずっと無表情のままになってしまうことでしょう。

自分の顔を鏡でチェックするなどして、自分の表情筋を鍛える練習をすると良いでしょう。表情筋を鍛えて、感情を豊かに表現できるようになれば、気持ち悪い人と言われることはほとんどなくなるはずです。笑顔でいる人のそばには人が集まってくるものです。

自分を客観的に見てみる

表情筋を鍛えて感情を豊かに表現できるようになったら、自分を客観的に見てみるようにしましょう。客観的に自分を見るということはそれほど簡単なことではありませんが、まずは、鏡を毎日見る習慣をつけましょう。

鏡を見ながら、いろいろな表情を作ってみるのも良いでしょう。自分の全身が映る鏡を用意して、立ち居振る舞いを見てみましょう。そうしていくうちに、どうすれば気持ち悪い人と思われないでいるかが分かってくるはずです。

気持ち悪い人の特徴を理解する

最後に重要なのは、気持ち悪い人の特徴を理解しておくことです。上で挙げたことを頭に入れておくと良いでしょう。周囲からどういう人が気持ち悪い人だと考えられているかを知ることで、自分がそうならないための方法が見えてきます。

逆に、どういう人が気持ち悪い人と考えられているかを知らなければ、自分が気持ち悪い人にならない方法も分からないでしょう。気持ち悪い人と判断されるような人の特徴をよく理解しておけば、そうならないようにする対策が立てられます。

気持ち悪い人に好かれる人の特徴は?

気持ち悪い人に好かれるタイプの人が存在します。気持ち悪いという人が寄ってくる人にはどんな特徴があるのでしょうか。そういう人は、自分に気持ち悪い人が寄ってくる理由が分からないという人もいます。以下を読めば、自分が当てはまると感じるかもしれません。

見るからに優しそう

見るからに優しそうな人は、気落ち悪い人が寄ってきてしまうでしょう。気持ち悪い人は、日頃あまり優しく接してもらえません。そのため、優しそうな人に構ってもらいたいと思う傾向があります。見るからに優しそうな人は、気持ち悪い人のターゲットになります。

外見が整っている人

また、外見が整っている人も、気持ち悪い人に好かれてしまう傾向があります。気持ち悪い人は、自分にはない外見を持ったあなたに興味があります。近くで見てみたいと思っているかもしれません。外見が整った人は、気持ち悪い人の興味を引く外見を持っているのです。

色っぽく好きのある女性

色っぽい女性も気持ち悪い人に好かれる傾向があります。また、さらに、隙があるような女性は、関心を持たれてしまうでしょう。気持ち悪い人は、それほど親密な関係になる女性が存在しないことが多いです。

そのため、色っぽくて隙のある女性には、話を聞いてもらいたいと感じるかもしれません。話し相手を欲している気持ち悪い人は、そんなあなたを見て、近づきたいと思うことでしょう。

気持ち悪い人に好かれないためには?

続いては、気持ち悪い人に好かれないためにはどうしたらよいかを見ていくことにしましょう。気持ち悪い人が好きになるタイプについて見てきたので、以上のタイプにならないように気を付ける必要があります。以下では、具体的な対処法を見ていきます。

深く関わらない

気持ち悪い人だと思ったら、深く関わらないことです。気持ち悪い人は、他人からあまり優しく接してもらっていない可能性があります。ですから、優しい人に出会うとその人に依存しがちになるでしょう。

あなたとしては、自分に依存的になられることを阻止する必要があります。深く関わってしまうと、関係を切ることが非常に難しくなってしまいかねません。そうなる前に、深く関わることを避けるようにしましょう。

無視する

気持ち悪い人を無視することも重要です。気持ち悪い人に出会っても、反応しないようにしましょう。相手はあなたの反応を楽しんでいる可能性があります。反応しなければ、相手はつまらないと感じてターゲットを変えることにするでしょう。

はっきり注意する

気持ち悪い人に出会って、何か不快なことをされたら、はっきりと注意しましょう。しっかりとした態度で相手に対して行動することで、相手に対してNOを告げることができます。あいまいな態度に終始していると、どんどんとあなたに依存してくる可能性があります。

さらっと流す

気持ち悪い人に好かれないようにするには、さらっと流すことも重要です。無視することと似ていますが、とにかく反応しないことです。必要以上な反応は、相手に誤解を与えてしまいかねません。気持ち悪い人は、自分に反応してくれる人を求めている可能性があります。

さらっと受け流すことで、相手はあなたに近づいてくることをやめるでしょう。変に反応してしまうと、相手はその反応を楽しむかのように、またあなたに不快なことをしてくるかもしれません。そうならないためにも、最初が肝心と言えそうです。

気持ち悪い人にならないように気を付けよう!

気持ち悪い人にならないように気を付けたいものです。気持ち悪い人にならないためには、気持ち悪い人にはどういう特徴があるのかについて、しっかりとした理解を持っておく必要があります。

気持ち悪い人が持っている特徴が自分に内かどうかをしっかりと客観視したいものです。それができれば、気持ち悪い人になることはないでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ