好き避けの態度の特徴や心理とは?好きな人を避ける行動って?

好きな人を避けてしまう「好き避け」をしてしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか。好きなのに相手を避ける心理と、好き避けされてしまった時の対応方法を、男女別にまとめました。好き避けしてしまう人、好き避けされているかもしれない人はぜひ参考にしてください。

好き避けの態度の特徴や心理とは?好きな人を避ける行動って?のイメージ

目次

  1. 1好き避けの特徴と心理は?対応の仕方などもご紹介!
  2. 2好き避けの意味と態度の特徴
  3. 3好き避けする心理【女性編】
  4. 4好き避けする心理【男性編】
  5. 5好き避けはLINEでわかる?
  6. 6好き避けの対応法
  7. 7好き避けと嫌い避けの違い
  8. 8好き避けとごめん避けとの違い
  9. 9周りの好き避けに気づいても世話焼きは不要

好き避けの特徴と心理は?対応の仕方などもご紹介!

「好き避け」とは、一体何なのか、経験したことがない人にとってはよく分かりません。好き避けする人の特徴や心理について、対応の仕方なども合わせてご紹介します。

好き避けの意味と態度の特徴

好きな相手を避けてしまう、という一見すると気持ちと行動が正反対の行動について、理解ができないという人も多いでしょう。しかし、素直になることができない人や恋愛に対して奥手な人は、好き避けをしてしまうことがあります。

避けられている気がするけど心当たりがないとか、急に避けられるようになったという人は、好き避けされてしまっている可能性もあります。

まずは、なぜわざわざ好きな人を避けるのか、その意味や好き避けの特徴について知っておきましょう。

好き避けの意味とは?

「好き避け」とは、文字通り「好きな相手を避けたり、そっけない態度を取ること」を指します。子どもだと、好きな相手をいじめてしまうというのはよく聞きますが、好き避けも似たような部分があります。

相手に好きだとバレたくない、意識しすぎてしまい恥ずかし、素直になれないなど避ける理由は様々ですが、好き避けをする人は相手のことを考えて避けている場合が多いです。

好き避けの態度の特徴とは?

好き避けをする人は、男性女性問わず一定数います。特に、思春期から20代の若い世代は好き避けをする人が多いです。そっけない態度をとられて、「もしかして嫌われている?」と思ったら、嫌われていると決めつける前にまずは相手が自分を避ける理由や心理を推測してみると良いかもしれません。

好き避けする人の特徴は、大きく分けて4つあります。相手を避ける態度の特徴について、それぞれ詳しく見てみましょう。

目が合うとすぐにそらす

好き避けの代表的な特徴の一つが、目が合うとすぐにそらすことです。

相手が仕事や勉強をしてる時、遊んでいる時など、近くにいる時は気がつくと相手のことを目で追ってしまいますが、実際目が合うと一気に恥ずかしさを感じます。好き避けしている人はすぐに目をそらす割には、好きな人をよく見ているのでよく目が合います。

ただ、視線で自分の気持ちに気づかれるのが怖いので、目が合うとすぐにそらすことが多いのです。この特徴は、学生などの若者や恋愛経験の少ない人に多い特徴です。

話をすぐに終わらせようとする

好き避けをする人というのは、相手と話して自分の気持ちがバレてしまうことを極端に嫌がる傾向があります。そのため、話していても必要な要件のみで話しを続けようとしません。

また、2人だけで会話をしているのが恥ずかしかったり、相手に見られているのが耐えられなかったり、とにかくこの会話を終わらせたいと思っている人もいます。

すぐに会話を終わらせて、相手と近い距離にいることを避けるので、好き避けで会話をすぐに切り上げられてしまうと、好き避けされているというよりも、「嫌われているのでは?」と感じることが多いでしょう。

好き避けをしている本人は、そそくさと会話を切り上げることで自分の気持ちを知られずに済むのでホッとするのです。

関わろうとしない割にはいつも近くにいる

好き避けをする人は、基本的には相手のことが好きなわけですから「近くにいたい」という心理は持っています。ですが、必要以上に関わるのは恥ずかしかったり気持ちに気づかれてしまうのが怖いので、気づくといつも近くにいる割には、関わってこないという特徴があります。

例えば、仕事中は全然会話もせず避けるような素振りを見せながらも、飲み会の席では隣や斜め向かいなど近くに座っていたり、無意識に好きな相手に近寄ってしまうのです。

他の人よりも厳しく接してくる

好きな子をいじめてしまう、というのは子どもだけでなく大人になってからもあることです。好き避けをする人の中には、相手に必要以上に厳しく接して、優しくしないことで自分の気持ちを知られないように隠している人もいます。

同じ職場内で、別の人には優しく対応しているのに自分にだけ厳しかったり、部活やサークルで自分にだけそっけない対応をする場合は好き避けされている可能性があります。

もっと掘り下げると、厳しく対応してきても最終的にはフォローしてくれたり、いざとなると助けてくれたり、好きな相手のことを見放さないという特徴があります。

好き避けする心理【女性編】

女性が、好きな男性を避けてしまう心理とは、どんなものなのでしょうか。男性よりも女性の方が好き避けをすることが多く、男性側からすると相手の女性に好意を抱いても、避けられてばかりで「俺って嫌われている?」と思ってしまう男性も多いはずです。

ただ、好き避けする女性は素直になって自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手な人が多いのですぐに嫌われていると判断するのは良くないです。好きな男性を避けてしまう女性の心理や特徴についてまとめました。

あまのじゃくな性格

好き避けをしてしまう女性は、あまのじゃくな性格であるという特徴があります。あまのじゃくな性格の場合、好きという気持ちを表に出すのが恥ずかし為、相手を避けたり冷たくしたり、素っ気ない対応をしたりします。

あまのじゃくな女性はとにかく、好きという気持ちを知られるのが恥ずかしい、相手に知られると気まずいという心理があります。素直になれない女性に多いタイプでしょう。

好きなことに気づいて欲しい

好きになった男性を避けることで、相手の男性に自分の気持ちに気づいて欲しいという女性もいます。

このタイプの女性は、恋愛経験豊富で相手の男性の気持ちを試したりする小悪魔タイプであるという特徴があります。これまで普通に接していたのに、いきなり好きな男性を避けるので、相手の男性は「最近避けられているけどなぜだろう?」と逆に女性のことが気になってしまいます。

好きな男性の気を引く為に、恋の駆け引きであえて好き避けを使うのは、恋愛経験豊富な女性に多いです。

気持ちを上手く伝えられない

女性が好き避けをする時の特徴の一つに、相手の男性に自分の気持ちを上手く伝えられずどう対応していいか分からないという場合があります。気持ちを上手く伝えられない女性の心理としては、相手に気持ちを伝える方法が分からなかったり、好きという気持ちを自分の中で整理する方法が分からない奥手で恋愛経験の少ない女性に多いです。

このタイプの女性は特に、目をそらしたり、近寄ろうとするとそそくさと逃げたりすることが多いので、第三者から見ると、意識して避けているというのが意外と分かりやすいという特徴もあります。

好き避けする心理【男性編】

男性は、社会経験を積みながら女性との関わり方をいろいろと学んでいくので、男性が好き避けをするのは、学生時代など若い時が多く、社会人になると好き避けする人は徐々に減っていきます。

では、男性が好き避けをする時の心理というのはどんなものがあるのでしょうか。女性の心理と違いがあるのか、確認しておきましょう。

好きなことをばらしたくない

好きなことをばらしたくない、という理由から好き避けをする男性は「相手との関係を崩したくない」という心理が強く働いています。

例えば、相手の女性が仕事の先輩や後輩であったり、部活やサークル仲間であったり、自分の好きという気持ちがばれることで今の関係に何かしらの影響が出る場合です。

男性は特に社会的立場を重要視するので、仕事や人間関係に支障が出る可能性がある好意を隠す為に好き避けします。こういった男性は、相手に迷惑がかかるのを嫌がる女性思いな人か、あるいは自己保身欲が強いという特徴があります。

恥ずかしいから

付き合う前、自分の気持ちを相手に知られるのが恥ずかしいというのは、男女問わず感じるものですが、男性は女性ほど恋愛に対してオープンになれない傾向にあります。そのため、友人や同僚にも好きな女性のことを知られるのが恥ずかしく、その恥ずかしさから女性を好き避けしてしまいます。

恥ずかしさから好き避けしてしまう男性の場合、時間をかけて少しづつ相手の女性と仲良くなると、徐々に避けることが少なくなる特徴があります。

恋愛経験が浅いから

男性にとって、恋愛経験の浅さというのは女性に知られたくない部分の一つです。スマートに相手の女性をエスコートしたり、リードしたりしたいのに、恋愛経験が少なく自信がないことから、対応の仕方が分からず無意識に相手の女性を避けてしまっている可能性があります。

恋愛経験の少ない男性にとって、女性との関わり自体が避けたいものなのです。このタイプの男性は、他のタイプの男性よりも仲良くなるのに時間がかかります。

好き避けはLINEでわかる?

現代は、スマホの普及によってLINEでより手軽に相手と連絡を取ることができるようになりました。電波さえ入っていれば、いつでもどこでも相手とコミュニケーションを取ることができるので、便利になった分、返信の内容ややり取りの頻度が気になってしまう人も多いでしょう。そのLINEの返信で、相手に好き避けされているのかどうかを推測する事ができます。

相手に嫌われているかもしれないと思う前に、LINEの返信をチェックしてみると良いでしょう。

LINEの返信が遅い

好き避けをしている人は、好きな人とのLINEでは返信が遅くなる特徴があります。これは、たとえLINEであっても相手に嫌な思いをさせたくないという心理が働いて、返信内容を考え込んでしまうからなのです。何度も何度も、返信内容を打っては消しを繰り返してやっとの思いで送信ボタンを押すので、LINEの返信が遅くなります。

好きな相手のことを大切に思っているからこそ、中途半端な返信をしたくないと時間がかかってしまうのです。

恥ずかしくて返事がそっけない

好き避けをする人のLINEの特徴の一つとして、LINEでも返事がそっけないということがあります。

本当は、絵文字やスタンプを使って楽しくLINEしたくても、恥ずかしくて送ることができなかったり、LINEで親しくするのに一歩踏み込む勇気がない場合です。トークがテンポよく続かなかったり、スタンプが無かったり逆にスタンプだけで返ってきたり、照れ隠しで敬語だったりします。

根本にあるのは、恥ずかしくて思うように返事ができないとうことです。

LINEだけで好き避けを判断するのは難しい

好き避けというのは、基本的にリアル世界で顔を合わせてみないと避けられているかどうかというのが判断しにくいものです。

例えば、避けているわけではなくても、連絡不精でLINEの返信をするのが面倒だと感じる人もいますから、LINEの返信が遅い・そっけかないという特徴があるだけで好き避けされていると判断するのは難しいでしょう。

好き避けの対応法

もし、職場や学校などで好き避けをされていると感じた場合、相手との関わりをどうすればいいか分からず対応に悩んでいる人も多いでしょう。好き避けをされてしまった場合の対応法を押さえておけば、徐々に関係をいい方向に持っていける可能性があります。

好き避けされている相手との関係を崩すこと無く、関わりを切らさない方法について確認しましょう。

嫌われているフリをする

好き避け基本的な対応として、相手の気持ちを汲んであえて「嫌われているフリ」をするということです。

嫌われているフリをして対応すれば、相手は自分の気持ちを知られてないことに安心できるので、余計に避けられることが無くなります。この対応で気をつけるべき点は、過度に周りの人に「私嫌われているみたい」というように言いふらさないことです。

好き避けする人は、好きな相手と一緒に注目されることを嫌がりますから、必要以上に嫌われているアピールをすることはやめましょう。「仲悪いの?」と聞かれたら「私は仲良くしたいけど、ちょっと避けられてるみたい」とあえて嫌われているフリをして対応しましょう。ただ、過度な演技は禁物です。

話しやすい雰囲気を作る

好き避けをする人は、男女問わず勝手に相手と会話しにくい雰囲気を作り出していることが多いです。これは、話している時に相手に好きであることがばれたらどうしようという心理が働いていることが多く、会話でヘマをしない為に自分から話しづらい堅苦しい雰囲気を作ってしまいます。

この場合は、話しやすい雰囲気を作ってあげて会話をアシストする対応をしましょう。相手に趣味や得意分野の話しを振ったり、仕事や勉強を教えてもらうなど、会話をする上で相手を優位に立たせるのが目的の対応です。

得意なことや趣味の話しなど、自分が相手よりも優位に立つ分野だと話しやすくなるので、この対応ができると会話できるチャンスは増えるでしょう。

好き避けと嫌い避けの違い

相手を避ける時、好き避けのように恥ずかしさなどの心理から「好きだけど避けてしまう」場合の他に、本当に相手のことを嫌いだったり苦手な相手で避ける「嫌い避け」の2種類があります。嫌いで避けるのと、好きで避けるのとでは、何気ない行動にも大きな違いが出るものです。

「好き避け」と「嫌い避け」の違いを理解することで、自分が相手からどう思われているのかを推測しやすくなります。避ける時の何気ない違いのポイントを押さえておきましょう。

そっけない態度の後のフォロー

まずは、そっけない態度をとられた後の行動についてです。好き避けの相手なら、そっけいない態度をとった後に仕事でフォローしてくれたり、忙しい時に手伝ってくれたりと、避けるだけでなくしっかりとフォローしてくれる事が多いです。これは、好き避け特有の心理で、避けることによって嫌われたくないという気持ちが大きいからと言えます。

逆に、嫌い避けの相手だと、必要以上に関わりを持ちたくないというのが本音ですから、自発的にフォローしたりすることは、まずありません。フォローしたり仕事を手伝うことによって、好意を持っているのではないかと勘違いされるのを避ける為、終始そっけない態度を取り続けます。好き避けか嫌い避けかを見極めるには、そっけない態度の後が重要です。

席の取り方

社会人になると、飲み会などに参加することは増えますが、この時の席の取り方にも好き避けと嫌い避けの違いがあります。

好き避けをする人は、できるだけ自分の気持ちを知られたくないけど近くにいたいという心理があるので、飲み会の時は意外と近くに座っていることが多いでしょう。飲み会に限らず、会議や講義の時も席が自由な場合は好きな相手の近くに座ります。喋れなくてもいいから、好きな人の声を聞いたり同じ会話の中にいたいというのが、近くに座る理由です。

一方、嫌い避けの場合は顔が見えないように、同じ並びの端や話を振られない遠い席に座るなど、近付こうとしない特徴があります。誰だって嫌いな相手と関わるのは嫌ですから、席も遠くに座ります。

視線をそらさない

好き避けをする人は、好きな人と目が合うと視線をそらす特徴があると先に述べましたが、それは好きな相手と話していない時で、会話をしている時は視線をそらさないことが多いです。会話できるチャンスの時は、少しずつ自分の気持ちをアピールしていきます。そのため、視線をそらさずにしっかり好きな相手を見て会話をします。

しかし、嫌いな相手といつまでも目を合わせるのは、男女問わずいい気分はしませんから、嫌い避けの場合は会話中も視線を合わせることはほとんど無いでしょう。
 

好き避けと嫌い避けの決定的な違い

好き避けと嫌い避けの違いを3つご紹介しましたが、決定的な違いとしては、相手と関わる意思があるかないかでしょう。嫌いな人と積極的に関わりたい人なんていません。

人前では避けられているような感じがしても、所々で力になってくれる人は、きっと好意を持っている好き避けでしょう。しかし、嫌い避けの場合は関わりを必要最低限にとどめて、プライベートは絶対に見せようとしません。

微妙な違いですが、相手が自分のことをどっちの意味で避けているのかは、案外すぐに気づくものです。

好き避けとごめん避けとの違い

好きな相手に、気持ちを気づかれたくない場合に多い「好き避け」や、本当に嫌いな相手を避ける「嫌い避け」とは別に、もうひとつ「ごめん避け」というものもあります。これは、自分に好意を向けている相手に対して、その気持に応えられな時におきます。複雑な心理ですが、どういったものなのか詳しく見てみましょう。

相手に好意があるかどうか

「嫌い避け」と「ごめん避け」の最も違うポイントは、相手に好意があるかどうかです。嫌い避けの場合は、とにかく相手が嫌いだから避けるのに対し、ごめん避けは「嫌いじゃないけど好意には応えられない」という場合です。

嫌いじゃないけど、恋愛対象ではない相手から好意をもたれると、どうしていいか分からず対応に困ってしまいます。その結果、相手の気持ちをかわす為に避けるようになります。

ごめん避けは対応が難しい

好き避けの場合は、相手に過度に関わろうとしなければ放っといても特に被害はありません。しかし、ごめん避けの場合はする方もされる方も対応が難しいのです。

例えば、職場の同じ部署内で、女性社員が先輩の男性社員に好意を抱いた場合、先輩男性は相手の女性を恋愛対象としてみていなくても、好意に気づいたら相手に期待を持たせない為にそっけいない態度を取ります。

そこで、女性が同僚に「嫌われているかもしれない」と恋愛相談をすると、いらぬ噂が流れたりと面倒になります。避けられている方も「避けられてかわいそう」という目でみられ、避けた方も「気持ちに応えず避けて嫌な人」と思われかねません。

実際に、こういったことが原因で仕事を辞める人もいますから、ごめん避けの状況というのは思っている以上に面倒くさいのです。

ごめん避けははっきりとした態度で早めの収束を

ごめん避けをされたり、ごめん避けをされてしまった場合は、早めに相手と直接話して気まずい状況を解消する必要があります。好意を寄せてくれている相手の気持ちに応えられないのは、残念ですが仕方のないことです。

「断るのが気まずいから」「断られるのが怖いから」といつまでも気まずい状態にいるのは、2人とっていいことではありません。気持ちをはっきりと伝えて、きっぱりと関係をリセットする方が身のためです。

周りの好き避けに気づいても世話焼きは不要

好き避けというのは、意外と避けている本人が無意識だったり、避けられている方もなぜ避けられているのか分かっていないことが多いです。

「あの人、きっとあの人のことが好きで避けてるんだ」というのは、案外第三者の方が先に気づきます。しかし、そこで2人をくっつけようと勝手に世話焼きをするのは絶対に止めましょう。

好き避けに対するおせっかいは最大の迷惑

好き避けをする人は、基本的にシャイで奥手な人が多いので、好きな人に対する好意を誰かに知られるのを極端に嫌います。そのため、2人のことを思ってとおせっかいをすると、周りに気づかれてしまい仕事や部活サークルに来るのが気まずくなります。

良かれと思ってやったことが、最大の迷惑になってしまいます。中学生が、仲間内で「告白しちゃいなよ!」と周りが勝手に盛り上がってしまうのは仕方ありませんが、大人になってまでも他人の恋愛に勝手に首を突っ込むのは止めましょう。

好き避けに気づいたら静かに見守って

仕事場や部活、サークル内に好き避けをしている人がいると気づいても、口出しせずに静かに見守ってあげましょう。

好き避けをする人は、相手と自分の関係を崩すのが怖いという心理もあるので、デートに誘ったり告白したりアクションを起こすタイミングを自分で探っています。どうしても付き合いたいとか、何かしらの進展がほしいと思えば自分から行動します。

好き避けをする人の恋愛は、普通よりも進展に時間がかかるので周囲の人がやきもきしてしまう事もありますが、本人のタイミングに任せるのが一番なのです。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ