社会不適合者診断!社会不適合者かチェック項目でテスト!

あなたは自分が社会不適合者だと思いますか?以下では、社会不適合者かどうかを診断できるチェック項目テストを用意しています。自分が社会不適合者だと思っている人も、そうでない人も、この診断チェックテストを受けてみると社会不適合者かどうかが分かります。

社会不適合者診断!社会不適合者かチェック項目でテスト!のイメージ

目次

  1. 1社会不適合者とは?チェック項目でテスト!
  2. 2社会不適合者の特徴とは?
  3. 3 社会不適合者かどうか自己診断
  4. 4社会不適合者の抱える問題点
  5. 5社会不適合者の適職とは?
  6. 6社会不適合者は結婚出来る?
  7. 7社会不適合者でも自分に合った生き方を模索しよう!

社会不適合者とは?チェック項目でテスト!

あなたは自分が社会不適合者だと思いますか?そう思うという人もいれば、そうは思わないという人もいることでしょう。以下では、社会不適合者かどうかを診断できるチェック項目を用意しました。このチェック項目を使ってテストを受けてみてください。

このテストを受ければ、自分が社会不適合者かどうかが分かります。社会不適合者といっても、軽度から重度まであります。社会不適合者だとしたら、どのくらいの度合いなのか気になるという人も、このテストを受けてみると良いでしょう。

社会不適合者の特徴とは?

社会不適合者かどうかを診断するチェックテストを受ける前に、まずは、社会不適合者という人たちの特徴を見ていくことにしましょう。社会不適合者という人がどういう人かをわからなければ、診断を受けても意味がありません。

とはいえ、社会不適合者と一口に言っても、さまざまなタイプがいます。以下で挙げるのは、多くの社会不適合者と言われる人に共通する特徴です。こうした特徴を持っていればいるほど、社会不適合者である可能性は高いと考えてよいでしょう。

時間にルーズ

まず、社会不適合者は時間にルーズです。時間にルーズであるために、よく人を怒らせてしまいます。本人としては、それをあまり悪いことだとは思っていない節があります。何度言われてもなかなかこうした点が改善されない場合は、重症度が高いと言えるでしょう。

自己中心的

社会不適合者は自己中心的であることが多いです。自己中心性はだれもが持っているものですが、社会不適合者はその度合いが普通の人とは違います。自己中心的であるとは本人は思っていません。自己中心的であるとは本人は気づきづらいものです。

社会不適合者と一緒にいると、その人の自己中心性が良く理解できるはずです。こうしたことは自分が気づくというより、他人に言われて気づくことが多いのです。他人から自己中心的だと言われたことがある人は、自己中心性が高いのかもしれません。

コミュニケーションが下手

社会不適合者はコミュニケーションが下手という特徴があります。人と自然にコミュニケーションが取れる人は、社会適合者です。社会不適合者は、人とのコミュニケーションが苦手で、苦労しがちです。人といることが苦痛だと感じる人はこの特徴があると言えそうです。

非常に不注意である

社会不適合者はコミュニケーションが下手ですが、非常に不注意であるという特徴があります。不注意の程度がひどいので、よく物忘れをしたり、なくしものをしたりすることがります。こうしたことがあまりに頻繁に起きるので、人からダメな人だと思われがちです。

計画性がない

社会不適合者は非常に不注意であるだけでなく、計画性がないのも特徴です。計画性がないので、やることがいきあたりばったりになってしまうのです。あることをやり始めたはいいけれど、長続きしないで早々とやる気をなくして、他のものに手を出す傾向があります。

社会不適合者かどうか自己診断

社会不適合者の特徴を見てきましたが、続いては、社会不適合者かどうかを自分で判断することができる自己診断をご紹介します。以下で挙げるチェックテストを受けてみれば、自分がどの程度の社会不適合者かが分かります。

もちろん、以下で挙げるどのチェックテストにもぴんと来なければ、あなたは社会不適合者ではないということです。自己診断なので、正直に答えるようにしましょう。チェックテスト診断を受けてみれば、自分というものがより深り理解されることでしょう。

また、自分だけでなく、他人にもこのチェックテスト診断をしてみるというのも良いでしょう。気になる人がいるなら、このチェックテスト診断を教えてやらせてみてください。社会不適合者の度合いがはっきりすることでしょう。

軽度のチェック項目

まずは、軽度の社会不適合者かどうかのチェック診断項目です。以下で挙げるチェック診断項目が当てはまると感じたら、あなたは軽度の社会不適合者と言えそうです。診断項目に全く当てはまらなかったという人は、社会不適合者ではないと言えるでしょう。

指図されるのが嫌い

指図されるのが嫌いな人は、軽度の社会不適合者である可能性があります。仕事の場面では、何かを言われてやる場面が多々あります。そうした状況では、何かを指図される場面もあることでしょう。指図を嫌悪していると円滑に共同作業ができない可能性があります。

もちろん誰もが理不尽な命令は嫌いでしょう。ただ、上司と部下などといった関係性では、指図される場面も出てくることでしょう。指図が大好きだという人は少ないでしょうが、普通はそれなりにやるものです。指図が嫌いな人は、社会不適合者の入り口に立っています。

大人数が苦手

続いての診断項目は、大人数が苦手かどうかです。大人数が苦手だと思う人は、軽度の社会不適合者です。苦手とは全く思わないという人は社会不適合者ではないと言えそうです。大人数で行動する機会を極端に避けるタイプの人は、社会不適合者の可能性が高いです。

例えば、二人なら問題ないという人でも、大人数だと苦手だと感じることもあるでしょう。このように、自分と一緒にいる他人の人数によって、自分の居心地が悪くなることがあれば、この診断項目に当てはまっていると考えてよいでしょう。

先輩や上司を尊敬できない

続いての診断チェック項目は、先輩や上司を尊敬できるかどうかです。先輩や上司を尊敬できないという人は、軽度の社会不適合者である可能性が高いです。先輩や上司という存在を尊敬できると考えている人は、社会不適合者ではありません。

先輩や上司であるというだけで尊敬できるかどうかは別問題だと考えるタイプの人は、社会不適合者の傾向が強いと言えます。先輩や上司という立場だけで尊敬できるわけがないと強く思っている人は、社会不適合である傾向が強く、社会生活で苦労しがちでしょう。

中等度のチェック項目

社会不適合者かどうかの自己診断のうち、軽度の診断チェック項目について見てきましたが、続いては、中等度の診断チェック項目について見ていきます。先ほどの軽度の診断チェック項目よりも、社会不適合者の度合いが高まった診断チェック項目になっています。

劣等感が強い

中等度の診断チェック項目の最初は、劣等感が強いかどうかです。劣等感がかなり強いという人は、中等度の社会不適合者と言えます。社会不適合者の特徴としては、自分の中にかなりの劣等感があるために、人に対して心を開きづらい傾向があります。

一方で、劣等感はないと思うという人は、社会不適合者である可能性は少ないと言えるでしょう。劣等感の有無、そして、その大きさは、社会生活を円滑に営むために重要な影響を与えます。劣等感が強いと人と競い合ってしまう傾向が出てくることでしょう。

思い込みが激しい

続いての診断チェック項目は、思い込みが激しいかどうかです。思い込みが激しいことは自分では気づきづらいものです。よく人から、思い込みが激しいと言われるという人は、この診断チェック項目に当てはまっていると考えてよいでしょう。

社会で人とうまくやっていくためには、思い込みはない方が良いです。思い込みが激しいと人と誤解が生じたり、円滑なコミュニケーションができなかったりします。社会生活を営むためには、自分の思い込みはなるべく減らしておくのが良いでしょう。

自信過剰

中等度の社会不適合者かどうかの診断チェック項目としては、自信過剰かどうかも重要です。自身が過剰だと社会不適合者の仲間入りを果たしたと言っても良いでしょう。自信はあるに越したことはありませんが、過剰になると人とうまくやれない原因になります。

社会不適合者は、自信過剰で人とぶつかりやすい傾向があります。人と競う傾向もあると言えます。自身というものは静かに秘めているくらいがちょうどいいのかもしれません。自信が過剰ということは裏を返すと自信がないことと直結しているのかもしれません。

重度のチェック項目

中等度の社会不適合者かどうかのチェック項目を見てきましたが、続いては、重度の社会不適合者かどうかを診断できる項目を見ていきましょう。以下で挙げる項目のいずれかに当てはまる場合は、社会不適合者であると断言して良いでしょう。

社会不適合者は文字通り、社会に適合しない人です。つまり、他人と協力したり、支え合ったりして何かを作り上げることが難しい人たちです。以下で挙げる性質を持っていれば、人といるより、一人でいることを望むのも無理はないかもしれません。

周囲に合わせるのが辛い

周囲に合わせるのが辛いと感じる人は、社会不適合者であると言えます。社会で生きていくためには、他人と協力する必要があります。他人と協力するときに、周囲に合わせる必要のある場面もあるでしょう。それが辛い場合は、社会にうまく適合していないと言えます。

社会不適合者は、周囲に合わせるのが辛いために、一人でいることを選択していることが多いです。一人でいることが好きというよりも、他人といるよりましだからと考えている人は、この傾向が強いと言えるのかもしれません。

虚言癖がある

虚言癖がある人も社会不適合者と言えます。虚言癖がある人とは普通の人は一緒にいたいとは思わないでしょう。社会の中で他人とうまく生きていくことが難しい人間と言えます。嘘ばかりついていたら、周りからどんどん人間が離れていってしまうことでしょう。

人間不信

人間に不信を持っているという人は、重度の社会不適合者です。人間不信があれば、他人と一緒にいたいとは思わないでしょう。人間不信に至るまでの間に、様々な出来事があったのでしょうが、人間不信を抱いてしまえば、社会生活は難しいと言わざるを得ません。

社会不適合者の抱える問題点

社会不適合者のチェック項目を見てきましたが、続いては、社会不適合者の抱える問題点について見ていくことにしましょう。社会不適合者は、その名の通り、社会に適合できない人です。したがって、様々な難しさと闘いながら生きている人たちとも言えます。

仕事仲間と上手くいかない

社会不適合者は、仕事仲間と上手くいかないでしょう。社会不適合者は、他人を信用できなかったり、時間にルーズだったりするので、仕事を一緒にしていくのには大変な困難が生じます。一緒に仕事をしたいと思う人はほとんどいないことでしょう。

恋愛が下手

社会不適合者は恋愛が苦手です。なぜなら、社会不適合者は自己中心性が高いからです。恋愛においては、自分だけでなく、相手の気持ちを考えて行動することが重要です。社会不適合者は相手の気持ちを考えて行動することが苦手なので、恋愛に失敗しやすいです。

和を乱してしまう

社会不適合者は、和を乱してしまうという問題点を抱えています。社会不適合者は集団生活や共同作業というものが苦手なので、そういう場面では、よく浮いてしまう存在になりやすいです。人と何かをすることが苦手なので、結局、一人で何かをすることになります。

社会不適合者の適職とは?

社会不適合者が抱える問題点を見てきましたが、続いては、社会不適合者の適職を見ていきましょう。こうした人たちに適する仕事が存在するのかと思われる人もいるかもしれませんが、実は、こうした人たちでも実力を発揮しやすい環境が整いつつあるのです。

フリーランスや自営業

社会不適合者は自営業に向いています。また、今ではフリーランスの働き方をしている人も増えているので、社会不適合者でもお金を稼げる仕組みができつつあるのです。会社というものに属さず、自分のペースで仕事ができる環境が作られつつあります。

プログラマーの仕事

社会不適合者に適した仕事としては、プログラマーという仕事もあります。プログラマーとして会社に属している人もいますが、フリーランスで働いている人もいます。プログラマーは極端なことを言えば、パソコンさえあれば良いので、会社に属する必要はありません。

ライターの仕事

社会不適合者は、ライターという選択肢もあります。ライターの中にも会社に属している人もいれば、フリーランスで稼いでいる人もいます。ライターもパソコンが一つあれば、場所も時間を自由に仕事をすることができます。社会不適合者もできる仕事です。

投資する仕事

フリーランスとして、プログラマーやライターという選択肢があるという話をしてきましたが、透視をする仕事も社会不適合者に適した仕事と言えそうです。投資をする仕事も会社に属する必要がなくできる仕事です。投資の知識さえ勉強すればお金を稼いでいけます。

社会不適合者は結婚出来る?

社会不適合者の適職について見てきましたが、続いては、社会不適合者は結婚できるのかどうかについてです。社会不適合者は、結婚に不向きであると言えます。しかし、お金を稼げる環境が整いつつあるので、理解のあるパートナーがいれば不可能とは言えません。

不適合者のままでは無理

社会不適合者は、まったくの不適合者のままでは結婚は無理でしょう。社会不適合者であるけれども、それなりに社会の中でお金を稼ぐことができれば、話は変わってきます。フリーランスという生き方もあるくらいなので、何かの仕事を見つけられると良いでしょう。

仕事をしていれば可能?

社会不適合者は結婚に向いていないと言えますが、不可能と言い切ることはできないでしょう。社会不適合者でありながら、お金を稼ぐ仕組みがあるので、仕事についていれば、可能性はあります。理解あるパートナーに出会えれば、結婚まで行くことさえあるでしょう。

社会不適合者でも自分に合った生き方を模索しよう!

社会不適合者かどうかを診断できるチェック項目を用意しましたが、いかがでしたか?ちょっと前までは、社会不適合者として生きていくのが辛い世の中でしたが、今ではネットが発達しているために、お金を稼ぐことが可能になってきました。

上の診断テストで社会不適合者であったとしても、まったく悲観する必要はないのです。自分に合った生き方がきっとあるはずです。あきらめず、自分らしい生き方を模索しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ